映画『わたしは金正男を殺してない』ネタバレ・あらすじ「北朝鮮の完全犯罪?」感想「首謀者は誰?」結末「真相は“藪の中”」

スポンサーリンク
映画『わたしは金正男を殺してない』ネタバレ・あらすじ「北朝鮮の完全犯罪?」感想「首謀者は誰?」結末「真相は“藪の中”」2020年製作

映画『わたしは金正男を殺してない』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。

映画『わたしは金正男を殺してない』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。

YouTubeで予告映像もご覧ください。

『わたしは金正男を殺してない』
(104分/G/アメリカ/2020)
原題『Assassins』

【監督】
ライアン・ホワイト
【製作】
ジェシカ・ハーグレーブ ライアン・ホワイト
【製作総指揮】
ダグ・ボック・クラーク ダン・コーガン ジェラリン・ホワイト・ドレイファス
【撮影】
ジョン・ベナム
【編集】
ヘレン・カーンズ
【出演】
シティ・アイシャ
ドアン・ティ・フォン
【HPサイト】映画『わたしは金正男を殺してない』公式サイト
【予告映像】映画『わたしは金正男を殺してない』トレーラー

スポンサーリンク
  1. 映画『わたしは金正男を殺してない』のオススメ度は?
  2. 映画『わたしは金正男を殺してない』の作品情報・概要
  3. 映画『わたしは金正男を殺してない』のあらすじ・ネタバレ
  4. 映画『わたしは金正男を殺してない』の感想・内容
      1. クリント・イーストウッドがシークレットサービスで「暗殺」を阻止します
      2. たった一人で政府や巨大企業にと対決する強気女性は暗殺者ではない
      3. ケビン・コスナーが世界の歌姫ホイットニー・ヒューストンを「暗殺」から守ります
  5. 映画『わたしは金正男を殺してない』の結末・評価
      1. インド版のスパイ映画はツッコミところ満載の「暗殺」物語
      2. テロリストへ立ち向かう青年たち
      3. 彼らの流儀では「暗殺」それとも「報復」のどちらでしょうか
      4. 政府の仕事であれば「暗殺」も正当化されるのか?
      5. アラン・ドロン演じる「暗殺者」は美しすぎる死生観が見える
  6. 映画『わたしは金正男を殺してない』のキャストについて
  7. まとめ 映画『わたしは金正男を殺してない』一言で言うと!
  8. 合わせて観たい映画
    1. 【ドキュメンタリー映画オススメ】
      1. 映画『ボウリング・フォー・コロンバイン』
      2. 映画『行き止まりの世界に生まれて』
      3. 映画『ようこそ映画音響の世界へ』
      4. 映画『ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方』
      5. 映画『三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実』
      6. 映画『M 村西とおる狂熱の日々 完全版』
      7. 映画『キューブリックに魅せられた男』
      8. 映画『ドリーミング村上春樹』
      9. 映画『サウナのあるところ』
      10. 映画『ジョアン・ジルベルトを探して』
      11. 映画『ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス』
      12. 映画『アートのお値段』
      13. 映画『フリーソロ』
      14. 映画『ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえ』
      15. 映画『イメージの本』
      16. 映画『シード 生命の糧』
      17. 映画『イル・ヴォーロ with プラシド・ドミンゴ 魅惑のライブ 3大テノールに捧ぐ』
      18. 映画『カーライル ニューヨークが恋したホテル』
      19. 映画『RBG 最強の85才』
      20. 映画『ヴィヴィアン・ウエストウッド 最強のエレガンス』
      21. 『ホイットニー ~オールウエイズ・ラブ・ユー〜』
      22. 『私は、マリア・カラス』
      23. 『エリック・クラプトン~12小節の人生~』
      24. 映画『カニバ パリ人肉事件38年目の真実』
  9. 映画『わたしは金正男を殺してない』の作品情報

映画『わたしは金正男を殺してない』のオススメ度は?

3.0

星3つです

真相は「藪の中」です

若き二人の女性は利用されたのか否か?

一番得をしたのは誰?

スポンサーリンク

映画『わたしは金正男を殺してない』の作品情報・概要

2017213日、マレーシアのクアラルンプール国際空港で起きた『金正男暗殺事件』の真相をドキュメンタリーとして製作。実行犯となった二人の女性インドネシア人・シティ・アイシャとベトナム人・ドアン・ティ・フォンが拘留され、裁判にかけられ、釈放されるまでを二人の生い立ちを交えて描いている。事件の真相も追求するが結局はマレーシア政府の北朝鮮との関係性を重視した結果「藪の中」となる。もし北朝鮮の犯行であったのなら「完全犯罪」が成功した事件となる。

スポンサーリンク

映画『わたしは金正男を殺してない』のあらすじ・ネタバレ

2017213日、マレーシアのクアラルンプール国際空港で世界を震撼させる暗殺事件が起きた。『金正男暗殺事件』だ。実行犯は若き女性だった。インドネシア人・シティ・アイシャとベトナム人・ドアン・ティ・フォンである。彼女たちは猛毒VXガスを金正男の顔面に塗りつけて殺害に至る。犯行後、トイレへ向かい手を洗浄し空港を後にする。彼女たちの背後には北朝鮮工作員がいたとされるが、彼らは犯行を見届けた直後に帰国する。そして後日、若い二人は逮捕される。果たして彼女たちは本当の暗殺者だったのか、、、。真相究明に迫るがマレーシア政府、インドネシア、ベトナム、そして北朝鮮の関係を重視した結末を迎えることに、、、、。

スポンサーリンク

映画『わたしは金正男を殺してない』の感想・内容

本映画『わたしは金正男を殺してない』は2017年マレーシアのクアラルンプール国際空港で起きた暗殺事件をモチーフにしたドキュメンタリー作品です。世界を震撼させて『金正男暗殺事件』の全容解明を目指すべく作られた作品ですが、結論から言うと「藪の中」止まりになっています。金正男は北朝鮮の朝鮮労働党委員長・金正恩の実兄です。しかし金正男は北朝鮮を離れて暮らしていました。本来なら金正日の長男ですから正統なる後継者だったのですが、過去、日本への密入国事件を起こしてから後継者の道を外されました。

クリント・イーストウッドがシークレットサービスで「暗殺」を阻止します

北朝鮮国内で暮らすと生命の危険もあり、主に中国で家族と暮らしていました。父である金正日が死亡してから、さらに暗殺の手が強まり逃げていたと言って良いでしょう。彼を暗殺しようと企んだのが異父弟の金正恩です。現在の北朝鮮総書記です。わたしたち凡人には「どうして兄弟を暗殺する必要があるのか?」と疑問に思いますが、金正恩にとっては目の上のタンコブだったようです。金日成、金正日からの正統なる血筋は金正男です。金正恩は金正日の二番目の妻の息子になります。儒教、あるいは血統主義の根強い北朝鮮では少し色目で見られてしまいます。権力を掌握して絶対的な力を誇示するためにも金正男を暗殺する必要があったのでしょう。それを実行することにより、密かに金正男を支持する者たちへ恐怖を植え付けることになるからです。成功すれば誰も逆らいませんから「絶対的支配」が達成されます。失敗しても「反乱分子がやった」で終わります。

たった一人で政府や巨大企業にと対決する強気女性は暗殺者ではない

さて本映画『わたしは金正男を殺してない』は若く貧しい二人の女性が暗殺者として仕立て上げられます。この二人が逮捕されて世界に報道されると誰もが驚愕しました。「まるで暗殺者」には見えない普通の女性だったからです。映画などに登場する暗殺者とはまるで異なります。ベトナム人のドアンのインドネシア人のシティです。シティは生まれながらに貧しく若くして結婚しますが、その後離婚。幼子は夫側に取られます。そして仕事を求めてマレーシアにやってきました。シティも貧農の娘で豊かではありません。女優を夢見てマレーシアにやってきました。そこで北朝鮮の工作員に出会います。

ケビン・コスナーが世界の歌姫ホイットニー・ヒューストンを「暗殺」から守ります

彼女たちの貧困と無教養なところに漬け込んでイタズラ動画撮影の仕事を持ちかけます。しかも日本人のフリをして。金正男暗殺までに何本かの動画を撮影してユーチューブにあげています。シティとドアンは信用しきったそうです。そしてクアラルンプール国際空港で金正男に猛毒VXを顔面に塗りたくり死へと誘いました。首謀者と言われる北朝鮮人工作員はすぐさまマレーシアを後にします。捕まったのは若きドアンとシティの二人です。二人はマレーシア当局に拘束され裁判を受けます。極刑は免れません。いくら「殺意はなかった」と言っても実行犯であることは間違いありません。最初こそ非難轟々ですが、そのうち人々はドアンとシティに同情的になります。そして二人とも「無罪放免」となります。摩訶不思議の展開です。

スポンサーリンク

映画『わたしは金正男を殺してない』の結末・評価

本映画『わたしは金正男を殺してない』を観ると結果的に北朝鮮のつまり金正恩の「完全犯罪」が成立するのです。北朝鮮工作員も若き二人の女性も誰一人として罪に帰せられません。計画犯も実行犯も今はどこかで暮らしています。ただこれだけでは映画として成り立ちません。本映画『わたしは金正男を殺してない』では、シティとドアンが拘束されている間、マレーシア当局と北朝鮮の関係、さらにインドネシア、ベトナム政府との裏側の攻防について描いているところに興味が惹かれます。

インド版のスパイ映画はツッコミところ満載の「暗殺」物語

まずマレーシア政府の弱腰なところが露呈されます。北朝鮮にあるマレーシア大使館の職員が帰国できない状況になっています。ですから実行犯の一味と見られる北朝鮮人解放と引き換えの取引がなされます。さらに隣国インドネシアは北朝鮮と親密な関係です。同じイスラム教徒の国です。インドネシア政府はマレーシア政府に対して温情を求めます。よってシティは先に解放されます。そしてベトナム人のドアンだけが残りました。ここもマレーシア政府は頭を抱えます。ベトナムと北朝鮮は共産主義を掲げている国です。マレーシアは北朝鮮駐在の職員を解放された恩義もあります。ベトナム政府からは表立っての解放の要求はありません。でもマレーシア政府はベトナムとの関係を壊したくありません。

テロリストへ立ち向かう青年たち

結果的にドアンは殺人容疑ではなく傷害罪に軽減されて釈放となるのです。いわゆる忖度がなされたのです。誰がこんな筋書きを書いたのかわかりませんが、もし北朝鮮の計画であったのなら完全犯罪が実現したことになります。「事実は小説より奇なり」と言いますが、この『金正男暗殺事件』ほど摩訶不思議な出来事はないといまだに思います。そして真相は謎となりました。しかもこの事件から数ヶ月後に金正恩はアメリカのトランプ大統領と会談を行い、国際的リーダーとして表舞台に立つという離れ業を披露します。もうその時は『金正男暗殺事件』のことなど話題にすらなっていません。つまり金正恩が正統な後継者であり、北朝鮮の独裁者たる証明を国内外に知らしめたのです。

彼らの流儀では「暗殺」それとも「報復」のどちらでしょうか

さて釈放されたシティとドアンのその後はどうなったのでしょうか。シティはインドネシアへ帰国して両親と静かに暮らしているようです。一方のドアンはそうでもありません。元々、女優志望の目立ちたがり屋ですからバッシングを浴びることになりました。まず帰国時の映像は確かに「スター気取り」なのです。派手な衣装にメイクで笑顔満面で手を振り撒きます。「今後の目標(夢)は?」と聞かれ「女優」と答えるありさまです。帰国直後こそ、メディアを賑わせますが、すぐにバッシングの対象になります。何ともむごたらしい結末です。

政府の仕事であれば「暗殺」も正当化されるのか?

本映画『わたしは金正男を殺してない』を通して感じたのは「北朝鮮って怖い、そして頭が良い」と「教養をしっかりと付けなければ」ということです。君子危うきには近寄らずではありませんが、甘い話には絶対に裏があることを学んでおけばこのような犯罪に加担することがなかったのです。シティもドアンも知性教養があまり高くありませんでした。北朝鮮という国のことも知らない様子でした。そこに漬け込んだ工作員たちが狡猾であったのは事実ですが、多少の猜疑心が必要だということも教えてくれた映画でした。しかし本当に恐ろしい国です。ただ彼らが首謀犯かもわかりません。

アラン・ドロン演じる「暗殺者」は美しすぎる死生観が見える

*邦題は『わたしは金正男を殺してない』ですが原題『Assassins』は暗殺者たちとなります。全く真逆です。これはどうなんでしょうか。

スポンサーリンク

映画『わたしは金正男を殺してない』のキャストについて

シティ・アイシャ

ドアン・ティ・フォン

スポンサーリンク

まとめ 映画『わたしは金正男を殺してない』一言で言うと!

「真実はいつも藪の中

わたしたち凡人には理解できない世界があるのでしょう。どこの国が首謀したのかさえも藪の中に葬り去られています。今ではこの事件を思い出す人すら少ないのではないでしょうか。結局誰が一番得をしたのかは明白です。しかしながら時の流れは悪事すら忘却の彼方へ誘います。大事なのは「知識教養を付けること」だと思います。

スポンサーリンク

合わせて観たい映画

【ドキュメンタリー映画オススメ】

映画『ボウリング・フォー・コロンバイン』

マイケル・ムーアのアポなし突撃取材を観るべし!

映画『ボウリング・フォー・コロンバイン』ネタバレ・あらすじ「アメリカの暴力と差別と恥の歴史」を“アポなし取材”感想「アメリカ銃社会に変わり無し!」結果
映画『ボウリング・フォー・コロンバイン』ネタバレ・あらすじ「アメリカの暴力と差別と恥の歴史」を“アポなし取材”感想「アメリカ銃社会に変わり無し!」結果。映画『ボウリング・フォー・コロンバイン』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ボウリング・フォー・コロンバイン』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『ボウリング・フォー・コロンバイン』の作品情報・概要『ボウリング・フォー・コロンバイン』原題『Bowling for Columbine』2002年に製作されたアメリカ映画である。マイケル・ムーア監督のドキュメンタリー映画。1999年4月20日に発生した『コロンバイン高校銃乱射事件』を主軸に展開。最初は犯人である二人の少年像へ向かうが次第に「アメリカ社会」への批判と非難を強めていく。アポなし突撃取材の手法は秀逸。アメリカの黒歴史からブッシュ政権への批判と巨大スーパーマーケットKマートの銃弾販売禁止に至るまでの突撃具合には頭がさがる。2002年カンヌ国際映画祭 55周年記念特別賞受賞、2003年アカデミー賞 長編ドキュメンタリー映画賞受賞作品。

映画『行き止まりの世界に生まれて』

この映画はダントツで素晴らしい「少年の叫び」を聞いてください

映画『行き止まりの世界に生まれて』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。オバマ前大統領推薦。毒親を根絶せよ!
映画『行き止まりの世界に生まれて』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。オバマ前大統領推薦。毒親を根絶せよ! 映画『行き止まりの世界に生まれて』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『行き止まりの世界に生まれて』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『行き止まりの世界に生まれて』の作品情報・概要『行き止まりの世界に生まれて』原題『Minding the Gap』ビン・リュー監督作品のドキュメンタリー映画。2018年公開。イリノイ州ロックフォードで育ったスケートボード好きの3人の青年たちの「心の闇」を描いている。共通しているのは暴力を振るう「毒親」だった。サンダンス映画祭ブレイクスルー映画製作米国ドキュメンタリー部門特別審査員賞を受賞。第91回アカデミー賞長編ドキュメンタリー映画賞にノミネート。オバマ前大統領が絶賛した映画。

映画『ようこそ映画音響の世界へ』

映画をより高い芸術へと導く人たちの物語

映画『ようこそ映画音響の世界へ』ネタバレ・あらすじ・感想。「映画の音は錯覚のアート」「音は“瞬間”を永遠にする」「人生は音に始まって音に終わる」
映画『ようこそ映画音響の世界へ』ネタバレ・あらすじ・感想。「映画の音は錯覚のアート」「音は“瞬間”を永遠にする」「人生は音に始まって音に終わる」映画『ようこそ映画音響の世界へ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ようこそ映画音響の世界へ』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『ようこそ映画音響の世界へ』の作品情報・概要映画産業の中心であるアメリカ・ハリウッドで映画における音響の歴史と変遷、さらに新しい技術への挑戦をドキュメンタリーとして記録した映画。トーキー前と後、更にステレオ、ドルビーへ進化を遂げる過程に存在した多くの音響デザイナーたちが映画への飽くなき挑戦を音を主人公にして描いている。監督はミッジ・コスティン、出演にジョージ・ルーカス、スティーヴン・スピルバーグ、ソフィア・コッポラ、クリストファー・ノーラン、アルフォンソ・キュアロンら。映画ファンなら珠玉の一品と言える名作。

映画『ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方』

愛する人と農業だけで暮らせたら本当に幸せ

映画『ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方』あらすじ・感想。自然の摂理に驚異。オーガニックライフ実現の夫婦に羨望とジェラシー。
映画『ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方』あらすじ・感想。自然の摂理に驚異。オーガニックライフ実現の夫婦に羨望とジェラシー。 映画『ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。 映画『ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方』の作品情報・概要 テレビ番組や映画の自然映像のキャメラマンのジョン・チェスター とオーガニックな食材を用いる料理家のモリーが自給自足が可能な農場を作り上げるまでの8年間をドキュメンタリーとして描いた作品。監督・脚本は夫はジョン・チェスター 自身。様々な困難に打ち克ちながら夢の実現へ向かう二人の軌跡を美しい自然映像と共に写し取っている秀作。

映画『三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実』

三島由紀夫がたった一人で全共闘と対峙します

映画『三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実』ネタバレ・感想。三島由紀夫圧勝!東大全共闘の遠吠えが虚しい。
映画『三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実』ネタバレ・感想。三島由紀夫圧勝!東大全共闘の遠吠えが虚しい。 映画『三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。 映画『三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実』の作品情報・概要 1969年(昭和44年)5月13日に東京大学駒場キャンパス900番教室(現・講堂)で行われた、三島由紀夫と東大全共闘の討論会についての記録したフィルムを再編集した映画。ドキュメンタリー作品。本討論会はTBSだけが撮影を許された。討論会に出席していた存命の人物も多く登場して、フィルムの三島由紀夫について語っている。

映画『M 村西とおる狂熱の日々 完全版』

村西とおるさんはすごい「嘘が全くありません」

映画『M 村西とおる狂熱の日々 完全版』ネタバレ・あらすじ・感想。村西とおる監督を知れば真実の“愛”に出会える
映画『M 村西とおる狂熱の日々 完全版』ネタバレ・あらすじ・感想。村西とおる監督を知れば真実の“愛”に出会える 映画『M 村西とおる狂熱の日々 完全版』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 公式サイトを案内し作品・キャスト・上映館・お時間情報のご確認が可能です。 映画『M 村西とおる狂熱の日々 完全版』の作品情報・概要日本のアダルトビデオに革命を起こした村西とおる監督を追いかけたドキュメンタリー映画。前科7犯に、借金50億円を抱えるという破天荒な男・村西とおる日本の「AV界の帝王」である。1996年夏、50億円の負債を追った村西とおるは再起を図るため、北海道で世界初となる4時間超のDVD用Vシネマと35本のヘアヌードビデオの撮影を同時にスタートさせた。その際に密着した映像記録を再編集して作り上げたのが本作。

映画『キューブリックに魅せられた男』

キューブリック捧げ過ぎてこんな姿に、、、

映画『キューブリックに魅せられた男』ネタバレ・あらすじ・感想。キューブリック映画を愛することが人生の“フィルムワーカー”
2017年製作/94分/G/アメリカ映画。原題は『Filmworker』放題は『キューブリックに魅せられた男』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館情報も紹介しています。ネタバレ・あらすじ・感想までを書いています。『バリー・リンドン』で念願のキューブリック作品に出演したレオン・ビターリは俳優を引退してキューブリックに弟子入りする。信頼を得てあらゆる雑務を命じられる。24時間365日寝食を忘れ尽くす。なぜからがこれほどまでにキューブリックに心酔するのかをキャメラは捉えている。肉体も精神も疲れ果てはレオン・ビターリに神々しく見えてくる。

映画『ドリーミング村上春樹』

村上春樹が好き過ぎて翻訳家になった女性がいます

映画『ドリーミング村上春樹』ネタバレ・あらすじ・結末。デンマーク人翻訳家メッテ・ホルムの村上春樹愛は仕事に直結している究極のハルキスト。
デンマーク人翻訳家デンマーク人翻訳家メッテ・ホルムを追ったドキュメンタリー映画。1995年ホルムは日本を旅した時に『ノルウェイの森』と出会った。読み終えてすぐに村上春樹の翻訳家になることを決意する。そして今ではデンマーク語の翻訳の大家となっている。そんな彼女が村上作品を翻訳する際の格闘と苦悩と挑戦をキャメラは追いかけている。

映画『サウナのあるところ』

フィンランドではサウナに入れば誰もが「平等」です

映画『サウナのあるところ』ネタバレ・あらすじ・作品情報・感想。フィンランドのサウナは人生の涙を流すところ。
映画『サウナのあるところ』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。 『サウナのあるところ』(81分/フィンランド/2010) 原題『Miesten vuo...

映画『ジョアン・ジルベルトを探して』

最後の最後にジルベルトが登場、、、

映画『ジョアン・ジルベルトを探して』作品情報・ネタバレ・あらすじ・評価。ボサノバの巨匠は気まぐれ姿見せず
映画『ジョアン・ジルベルトを探して』公式サイトとYouTubeを参照ください。 『ジョアン・ジルベルトを探して』(111分/スイス・ドイツ・フランス合作/2018) 原題『Where Are You, Joao Gilber...

映画『ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス』

図書館とは人なんです

フレデリック・ワイズマン監督作映画『ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス』“図書館は人である”図書館を愛する人は人に優しい人。ネタバレ・あらすじ・内容・感想
映画『ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス』の公式サイトとYouTubeを参照ください。 『ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス』(205分/アメリカ/2017) 原題『Ex Libris: The New Yo...

映画『アートのお値段』

アート作品の値段はこうして決定されます。

映画『アートのお値段』ネタバレ・あらすじ・感想・評価。ザザビーズの大宣伝映画。バスキアの「Untitled」(前澤友作氏、落札の瞬間映像あり)高額理由に納得。
映画『アートのお値段』公式サイトにて作品情報・上映館の紹介とネタバレ・あらすじ・感想・評価について記述。われわれのような一般人には夢のような話です。ウォホール、ヘリング、バスキア作品がなぜ高額なのかわかります。ジェフ・クーンズの100億円のうさぎも登場。村上隆も。ZOZO前社長前澤友作氏、落札の瞬間映像あり

映画『フリーソロ』

命をかけて岩山を登る男アレックス

ドキュメンタリー映画『フリーソロ』のアレックス「危険を冒すことで安心感を得る」ネタバレ・あらすじ・評価・感想・評価。撮影班の葛藤。CG一切無し。
映画『フリーソロ』公式サイトにて作品情報・上映館並びに時間を紹介。この映画はアレックスというクライマーが安全装置無しに、素手だけで米カリフォルニア州ヨセミテ国立公園にそびえる巨岩エル・キャピタンに挑む様子をドキュメンタリーとして描いています。CG一切なし。撮影隊の心情もうまく描いています。ハラハラドキドキの100分。

映画『ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえ』

芸術はいつの世も戦争に翻弄される運命にある

ドキュメンタリー映画『ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえ』戦争にはステータスが必要だった。ネタバレ、感想
ヒトラーは本当に芸術が好きだったのだろうか。だから芸術作品を一生懸命に集めたのだろうか。若い頃、画家を志していた少年が何故、独裁者になり世界を恐怖の坩堝に叩き落としたのか。その理由はこの映画には描かれていないが、ヒトラーとナチスは芸術作品を収集することでステータスをあげて、権威を不動のものにしようとした野心はわかった

映画『イメージの本』

神さま、仏さま、ゴダールさま。

映画『イメージの本』は映画の神様ゴダールの平和を願う反戦映画である。ネタバレ、評価
『イメージの本』(84分/瑞西・仏/2018) 原題 『Le livre d'image』 監督 ジャン=リュック・ゴダール ゴダールは良い意味で毎回、期待を裏切ってくれる。いつも新しいことに挑戦している。 映画こそ総合芸術...

映画『シード 生命の糧』

タネを消滅させて人間は何を得るのだろうか?

映画『シード 生命の糧』作品情報・ネタバレ・あらすじ・感想。種の消滅は地球を破壊する。種の保存は知性教養の象徴である。
映画『シード 生命の糧』公式サイトにて作品情報・上映館・お時間もご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。 映画『シード 生命の糧』(94分/アメリカ/2016) 原題『Seed: The Untold S...

映画『イル・ヴォーロ with プラシド・ドミンゴ 魅惑のライブ 3大テノールに捧ぐ』

イタリアの地で実際の歌声を聴けるなら本望です

映画『イル・ヴォーロ with プラシド・ドミンゴ 魅惑のライブ 3大テノールに捧ぐ』ネタバレ・あらすじ・評価・内容
映画『イル・ヴォーロ with プラシド・ドミンゴ 魅惑のライブ 3大テノールに捧ぐ』(160分/イタリア/2016) 原題『IL VOLO with Placido Domingo Notte Magica - Tr...

映画『カーライル ニューヨークが恋したホテル』

確かにニューヨークの代表のホテルですが、、、

映画『カーライル ニューヨークが恋したホテル』は92分のCM。中身なし。時代に取り残されたホテル感が満載。ネタバレ・あらすじ・感想・評価
映画スター、プロスポーツ選手、政治家、王族が宿泊したホテルとして有名。カーライルホテルはそれを冠にして繁栄してきたと公言しているような映画だ。アメリカの人々が「いつか泊まりたい」と羨望してそうだ。映画は92間、このホテルのCMを見せられている気分になる。自慢、見栄のオンパレード。肝心のホテルのサービスや他のホテルとの違いが見受けられない。泊まりたくなる魅力が伝わってこない。

映画『RBG 最強の85才』

アメリカ最強の女性弁護士はほっこりバアさんだった

映画『RBG 最強の85才』弁護士ルース・ベイダー・ギンズバーグの尽力でアメリカ女性の社会進出が加速した。あらすじ、ネタバレ、評価
アメリカ合衆国の法曹会で活躍する女性弁護士のドキュメンタリー映画である。あらゆる差別を撤廃するために弁護士ルース・ベイダー・ギンズバーグは半生を通して戦ってきた偉大な人物。性差別、人種差別、労働差別と日常生活から社会生活の隅々に渡り目を凝らし、弱き人々の声に耳を澄まし法律の改正を今なお積極的に行なっている。

映画『ヴィヴィアン・ウエストウッド 最強のエレガンス』

永遠にエレガンスでいてください

『ヴィヴィアン・ウエストウッド 最強のエレガンス』(84分/英/2018)
原題 『Westwood: Punk, Icon, Activist』 世界的に有名なファッションデザイナーである。大変申し訳ないが存じ上げなかった。でもデザインは見たことがある、いやあるような気がする。まだ存命なので当然ドキ...

『ホイットニー ~オールウエイズ・ラブ・ユー〜』

ホイットニー、なぜ「ヘルプ!」と叫ばなかったのだ

世界の歌姫『ホイットニー ~オールウエイズ・ラブ・ユー〜』名曲と映画は永遠だけど悲しい人生だ
ホイットニー・ヒューストンはなぜ死んだのか?誰が彼女を死に追いやったのか?彼女を終生苦しめたモノとは何か?世紀の歌姫はなんのために生まれ、生きて、死んだのかについてドキュメンタリーで追いかけている。歌うことが彼女の人生だったのに悲しい。彼女が本当に信頼できる人を側におけば、名曲を歌い、映画にも出て、娘の幸せだったと祈りたい

『私は、マリア・カラス』

あなたの一途な生き方が世界に響いてます

『私は、マリア・カラス』(114分/仏/2017)
原題 『Maria by Callas』 全身芸術家、マリア・カラス。生涯芸術家、マリア・カラス。完璧しか許されなかった芸術家。 マリア・カラスは孤独だったのか?あの満願の笑みの裏側に“不幸が似合う女”の...

『エリック・クラプトン~12小節の人生~』

とにかく死ななくて良かったね

『エリック・クラプトン~12小節の人生~』(135分/英/2017)
原題 『Eric Clapton: Life in 12 Bars』 クラプトンは身をもって自らの恥部を公表することで薬物やアルコールの危険性を訴えているのかもしれない。この映画を観れば絶対にドラッグやアル...

映画『カニバ パリ人肉事件38年目の真実』

佐川くんはなぜ殺人を犯したのか、その真実

映画『カニバ パリ人肉事件38年目の真実』佐川一政兄弟をドキュメンタリーで描く衝撃的作品
フランスでオランダ人女性を殺害してその肉を食べた男が佐川氏である。世界中に報道された。しかし佐川氏はパリ警察より釈放され日本に帰国した。作家、アダルト俳優、漫画家とうの仕事で生計を立てたいたが、数年前に脳梗塞を患い下半身が不自由になる。弟の介護に頼り暮らしている。フランスの撮影クルーが佐川氏と弟の日常を残酷なまでに記録したドキュメンタリー作品。

スポンサーリンク

映画『わたしは金正男を殺してない』の作品情報

映画.comより一部引用
スタッフ・キャスト
監督
ライアン・ホワイト
製作
ジェシカ・ハーグレーブ ライアン・ホワイト
製作総指揮
ダグ・ボック・クラーク ダン・コーガン ジェラリン・ホワイト・ドレイファス
撮影
ジョン・ベナム
編集
ヘレン・カーンズ
シティ・アイシャ
ドアン・ティ・フォン
2020年製作/104分/G/アメリカ
原題:Assassins
配給:ツイン

タイトルとURLをコピーしました