暴力・虐待映画

スポンサーリンク
2020年製作

映画『ステージ・マザー』ネタバレ・あらすじ「ドラァグクイーンの快感」感想「人間は承認欲求を求める」結末「アメリカ社会の薬物・DV問題も描く」

映画『ステージ・マザー』ネタバレ・あらすじ「ドラァグクイーンの快感」感想「人間は承認欲求を求める」結末「アメリカ社会の薬物・DV問題も描く」映画『ステージ・マザー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ステージ・マザー』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認くださいYouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ステージ・マザー』の作品情報・概要『ステージ・マザー』原題『Stage Mother』2020年に公開されたカナダのドラマ映画。トム・フィッツジェラルド監督作品。主演はジャッキー・ウィーヴァー。ルーシー・リュー、エイドリアン・グレニアー、マイア・テイラー、アリスター・マクドナルド、オスカー・モレノ、ジャッキー・ビート。音信不通だった息子の訃報が届き、サンフランシスコへ葬儀に出かけた母親がドラァグクイーンに魅了されて、一緒にゲイバーの再建に乗り出す。アメリカ社会の闇である薬物・アルコールから暴力・虐待問題も描いている。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました