サイコパス映画

精神病質を持つ者は精神病質者・サイコパスと言われています。そういった気質を持った人が登場する映画。文化・芸術的に高い才能を持った人から、人や社会、国家に悪影響を与える人物を描いた映画作品の紹介。

スポンサーリンク
2022年製作

映画『さがす』ネタバレ・あらすじ「驚愕!片山慎三監督」感想「佐藤二朗が好きになる」結末「ずっと胸を“突き刺してくる”映画」

映画『さがす』ネタバレ・あらすじ「驚愕!片山慎三監督」感想「佐藤二朗が好きになる」結末「ずっと胸を“突き刺してくる”映画」映画『さがす』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『さがす』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『さがす』の作品情報・概要 『さがす』2022年1月21日公開の日本映画。『岬の兄妹』で衝撃を与えた片山慎三監督作品(商業映画監督デビュー)主演は佐藤二朗(映画『今日から俺は!!劇場版』や映画『かぐや様は告らせたい 天才たちの恋愛頭脳戦 ファイナル』)。伊東蒼(映画『空白』)、清水尋也(映画『青くて痛くて脆い』や『パラレルワールド・ラブストーリー』)、森田望智(映画『Bittersand』)、石井正太朗、松岡依都美(映画『万引き家族』や映画『三度目の殺人』)、成嶋瞳子、品川徹(映画『Diner ダイナー』)らが出演。指名手配中の連続殺人犯を捕まえうと懸賞金300万円がもらえると聞いた父が行方不明となる。不安と孤独を押し殺しながら父親を探す娘の姿を描く。アスミック・エースとDOKUSO映画館による次世代クリエイター映画開発プロジェクト「CINEMUNI(シネムニ)」第1弾作品。第26回釜山国際映画祭 ニューカレンツ(コンペティション)部門正式出品。“人間とは”“死とは”を強烈に衝撃的に、かつ残酷なまでに訴求してくる名作。
2022.01.24
2021年製作

映画『ドント・ルック・アップ』ネタバレ・あらすじ「ポンコツアメリカ万歳!」感想「ディカプリオにオーラなし」結末「メリル・ストリープのサイコパス大統領に拍手!」

映画『ドント・ルック・アップ』ネタバレ・あらすじ「ポンコツアメリカ万歳!」感想「ディカプリオにオーラなし」結末「メリル・ストリープのサイコパス大統領に拍手!」 映画『ドント・ルック・アップ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ドント・ルック・アップ』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ドント・ルック・アップ』の作品情報・概要 『ドント・ルック・アップ』原題『Don’t Look Up』アダム・マッケイ脚本・共同製作・監督作品。アメリカのブラックコメディ映画。レオナルド・ディカプリオ(映画『タイタニック(1997)』や映画『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』や映画『仮面の男』)、ジェニファー・ローレンス、ロブ・モーガン、ジョナ・ヒル(映画『mid90s ミッドナインティーズ』や映画『行き止まりの世界に生まれて』や映画『リチャード・ジュエル』)、マーク・ライランス 、タイラー・ペリー(『バイス』や映画『モンタナの目撃者』)、ティモシー・シャラメ(映画『DUNE デューン 砂の惑星』や映画『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』や映画『ビューティフル・ボーイ』) 、ロン・パールマン(映画『塔の上のラプンツェル』) 、アリアナ・グランデ (映画『チャーリーズ・エンジェル』)、スコット・メスカディ 、ケイト・ブランシェット(映画『ソング・トゥ・ソング』)、メリル・ストリープ(映画『プラダを着た悪魔』や映画『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』や映画『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』や映画『マディソン郡の橋』)らが出演。地球に彗星が衝突するまでの日々をアメリカ大統領のバカっぷりと主軸に、SNSという軽薄な潮流をコメディとして描く名作。
2022.01.13
いじめ・陰湿映画

映画『羊たちの沈黙』ネタバレ・あらすじ「ジョディ・フォスターを応援したくなる」感想「声が出ない恐怖」結末「サイコパスの心理はサイコパスに聞け!」

映画『羊たちの沈黙』ネタバレ・あらすじ「ジョディ・フォスターを応援したくなる」感想「声が出ない恐怖」結末「サイコパスの心理はサイコパスに聞け!」映画『羊たちの沈黙』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『羊たちの沈黙』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『羊たちの沈黙』の作品情報・概要『羊たちの沈黙』原題『The Silence of the Lambs』1991年のアメリカ合衆国のサイコスリラー映画。ジョナサン・デミ監督作品。出演はジョディ・フォスター、アンソニー・ホプキンス、スコット・グレン(映画『グリーンランド 地球最後の2日間』)など。原作はトマス・ハリスの同名小説。 幼少の頃受けたトラウマを抱える女性FBI訓練生が連続殺人事件を調査することになる。彼女にアドバイスを与える猟奇殺人犯で元精神科医との奇妙な交流を描き大ヒット。第64回アカデミー賞で主要5部門を受賞。 作品賞(エドワード・サクソン/ケネス・ウット/ロン・ボズマン)監督賞(ジョナサン・デミ)主演男優賞(アンソニー・ホプキンス)主演女優賞(ジョディ・フォスター)脚色賞(テッド・タリー)アカデミー作品賞を受賞した唯一のホラー映画でもある。
2022.01.13
2020年製作

映画『アオラレ』ネタバレ・あらすじ「アオリ運転はダメ!」感想「ラッセル・クロウの豹変ぶりに恐怖」結末「謝って逃げるが勝ち」です

映画『アオラレ』ネタバレ・あらすじ「アオリ運転はダメ!」感想「ラッセル・クロウの豹変ぶりに恐怖」結末「謝って逃げるが勝ち」です 映画『アオラレ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『アオラレ』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認くださいYouTubeで予告映像もご覧ください。映画『アオラレ』の作品情報・概要『アオラレ』原題『Unhinged』2020年に公開されたアメリカ合衆国のスリラー映画。デリック・ボルテ監督作品。主演はラッセル・クロウ。原題を直訳すると「不安定な」となる。現代アメリカの社会問題である、自動車運転のマナーから起きる事件をモチーフに製作。交通渋滞、無用なクラクション、無理な割り込みと追い越し、そして“アオリ運転”から発生する傷害、殺人事件を浮き彫りにしている。実際はどこの国でも起きている問題を映像化。ラッセル・クロウの演技が秀逸。
2022.01.13
2020年製作

映画『スプリー』ネタバレ・あらすじ「SNSの歓喜と悲劇」感想「承認欲求がもたらすものは?」結末「ユージーン・コトリャレンコ監督時代が来る!」

映画『スプリー』ネタバレ・あらすじ「SNSの歓喜と悲劇」感想「承認欲求がもたらすものは?」結末「ユージーン・コトリャレンコ監督時代が来る!」映画『スプリー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『スプリー』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『スプリー』の作品情報・概要映画『スプリー』 原題『Spree』2020年アメリカ製作のジェットコースタースリラー映画。ジョー・キーリー主演(Netflixドラマ『ストレンジャー・シングス 未知の世界』)監督はウクライナの新進気鋭ユージーン・コトリャレンコ監督。SNSの恐怖と不条理を描いている。「注目されたい」からSNSを駆使して拡散し「承認欲求」を満たしていく現代人ならでは、歓喜と恐怖と悲劇を独特の世界観とスピード感を用いて描いている。
2022.01.13
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました