ボーイ・ミーツ・ガール映画

少年が女性に恋をして、必死に努力して成就しようと奮闘する物語。

スポンサーリンク
2021年製作

映画『リコリス・ピザ』ネタバレ・あらすじ「胸が軋むボーイ・ミーツ・ガール」感想「アラナ・ハイムを聴きたくなる」結末「やっぱりポール・トーマス・アンダーソンは素晴らしい」

映画『リコリス・ピザ』ネタバレ・あらすじ「胸が軋むボーイ・ミーツ・ガール」感想「アラナ・ハイムを聴きたくなる」結末「やっぱりポール・トーマス・アンダーソンは素晴らしい」映画『リコリス・ピザ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『リコリス・ピザ』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『リコリス・ピザ』の作品情報・概要『リコリス・ピザ』原題『Licorice Pizza』2021年公開のアメリカ合衆国の青春映画。製作・脚本・撮影・監督はポール・トーマス・アンダーソン。主演はアラナ・ハイムとクーパー・ホフマン(監督の盟友だったフィリップ・シーモア・ホフマンの息子)が務めた。タイトルの“Licorice Pizza”は、1969年から1980年代後半にかけてカリフォルニア州南部で店舗を展開していたレコードチェーンの名前から取られた。ポール・トーマス・アンダーソン監督の自伝的映画。ショーン・ペン、トム・ウェイツ(映画『デッド・ドント・ダイ』)、ブラッドリー・クーパー(映画『アメリカン・スナイパー』や映画『運び屋』や映画『アリー/スター誕生』)、ベニー・サフディ、エスティ・ハイム、ダニエル・ハイム、ドナ・ハイム、モチ・ハイムらが出演。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました