悲恋・悲劇・失恋映画

悲しい気持ちになったり、思いもよらぬ悲劇に陥ったり、または恋愛が破綻したりする物語を紹介しています。

スポンサーリンク
2022年製作

映画『余命10年』ネタバレ・あらすじ「小松菜奈さん“美人薄命“が似合う」感想「小坂流加さん原作と違いは?」結末「悲恋の先に希望がある」

映画『余命10年』ネタバレ・あらすじ「小松菜奈さん“美人薄命“が似合う」感想「小坂流加さん原作と違いは?」結末「悲恋の先に希望がある」映画『余命10年』の作品情報・概要 映画『余命10年』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『余命10年』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。 映画『余命10年』の作品情報・概要 『余命10年』藤井道人監督作品(映画『新聞記者』や映画『ヤクザと家族 The Family』)。38歳という若さで逝去した小説家・小坂流加の原作を映画化。小松菜奈(映画『糸』や映画『さくら』や映画『閉鎖病棟 それぞれの朝』)と坂口健太郎(映画『海街diary』や映画『今夜、ロマンス劇場で』)の恋の行方を主軸に「生きるとは」を描いている。山田裕貴(映画『燃えよ剣』)、奈緒(映画『事故物件 恐い間取り』や映画『あの頃。』)、井口理、黒木華(映画『小さいおうち』や映画『ノイズ』や映画『浅田家!』)、田中哲司、原日出子、リリー・フランキー(映画『万引き家族』や映画『前科者』や映画『一度死んでみた』)、松重豊(映画『コンフィデンスマンJP 英雄編』や映画『罪の声』や映画『大怪獣のあとしまつ』)らが出演。
2022.03.18
お茶の間映画館

映画『ローマの休日』ネタバレ・あらすじ「オードリー・ヘプバーンが世界No. 1女優決定!」感想「恋して真の王女に成長」結末「平和希求映画」

映画『ローマの休日』ネタバレ・あらすじ「オードリー・ヘプバーンが世界No. 1女優決定!」感想「恋して真の王女に成長」結末「平和希求映画」映画『ローマの休日』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ローマの休日』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ローマの休日』の作品情報・概要『ローマの休日』原題『Roman Holiday』1953年製作のアメリカ映画。ウィリアム・ワイラー製作・監督(映画『西部の男』)。主演はグレゴリー・ペックとオードリー・ヘプバーン(映画『マイ・フェア・レディ』や映画『ティファニーで朝食を』)。某国の王女としてヨーロッパを表敬訪問しているアン王女。イタリアのローマで癇癪を起こして夜中に脱走する。背の高い新聞記者と出会って、たった1日だけ恋に落ちる。世界的な観光スポットであるトレヴィの泉や真実の口などでロケを敢行。オードリー・ヘプバーン1953年のアカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞した。その他、イーディス・ヘッドが「最優秀衣裳デザイン賞」を、イアン・マクレラン・ハンターが「最優秀原案賞」受賞。数年後、赤狩りでハリウッドを通報されたダルトン・トランボが脚本を書いていたと明かされた。
2022.05.16
お茶の間映画館

実話映画『愛と死をみつめて』ネタバレ・あらすじ「創価学会の意味?」感想「笠智衆が泣く」感想「軟骨肉腫で死亡」結末。

実話映画『愛と死をみつめて』ネタバレ・あらすじ「創価学会の意味?」感想「笠智衆が泣く」感想「軟骨肉腫で死亡」結末。映画『愛と死をみつめて』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『愛と死をみつめて』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『愛と死をみつめて』の作品情報・概要『愛と死をみつめて』原題『Gazing at Love and Death』は実話を元も製作された。大学生河野實(マコ)と、軟骨肉腫に冒され21年の生涯を閉じた大島 みち子(ミコ)との3年間に及ぶ文通を書籍化され、大ベストセラーとなった。その書籍をモチーフに斎藤武市監督が映画化。主演は浜田光夫と吉永小百合。笠智衆が父親役で出演。 軟骨肉腫という不治の病で死に行くミコと彼女を支えるマコの純愛を主軸に描いている。
2022.03.05
2020年製作

映画『青くて痛くて脆い』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。吉沢亮&杉咲花最強演技!『君の膵臓をたべたい』住野よる氏「最高傑作」大学生必見!

映画『青くて痛くて脆い』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。吉沢亮&杉咲花最強演技!『君の膵臓をたべたい』住野よる氏「最高傑作」大学生必見!映画『青くて痛くて脆い』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『青くて痛くて脆い』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『青くて痛くて脆い』の作品情報・概要『青くて痛くて脆い』大ベストセラー小説『君の膵臓をたべたい』の住野よるによる同名小説を映画化(小説誌『文芸カドカワ』(KADOKAWA)2017年4月号から2018年1月号に連載、KADOKAWAより2018年3月2日に刊行された)等身大の大学生を描く名作。監督は『映画 妖怪人間ベム』の狩山俊輔。主演は吉沢亮と杉咲花。 岡山天音、松本穂香、清水尋也、森七菜らが共演。
2022.03.05
2020年製作

映画『ラストレター』あらすじ・ネタバレ・感想。福山雅治vs松たか子vs岩井俊二が描く“死と再生”物語。“手紙”の錯綜が描くノスタルジー。

映画『ラストレター』あらすじ・ネタバレ・感想。福山雅治vs松たか子vs岩井俊二が描く“死と再生”物語。“手紙”の錯綜が描くノスタルジー。映画『ラストレター』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ラストレター』公式サイトの紹介。『ラストレター』は、2020年1月17日に公開の日本映画。岩井俊二監督作品。主演は松たか子。福山雅治、広瀬すず、森七菜、豊川悦司、中山美穂らら共演。SNSが普及して手紙というやりとりが困難な時代にあえて、手紙を通じて人間関係と自身の成長を築いていく人間成長物語。“死と再生”のテーマ。
2022.04.19
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました