ファンタジー映画

スポンサーリンク
2021年製作

映画『DUNE デューン 砂の惑星』ネタバレ・あらすじ「ティモシー・シャラメが美しい」感想「砂に埋没したくなる」結末「第二弾を観たい!」

映画『DUNE デューン 砂の惑星』ネタバレ・あらすじ「ティモシー・シャラメが美しい」感想「砂に埋没したくなる」結末「第二弾を観たい!」映画『DUNE デューン 砂の惑星』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『DUNE デューン 砂の惑星』IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。  映画『DUNE デューン 砂の惑星』の作品情報・概要『DUNE/デューン 砂の惑星』原題『Dune、別題: Dune: Part One』2021年のアメリカ合衆国のSF映画。ドゥニ・ビルヌーブ監督作品。エリック・ロス、ジョン・スペイツ、ヴィルヌーヴが脚本執筆。フランク・ハーバートのSF大河小説『デューン』の映画化作品。二部作の第1弾。ティモシー・シャラメ主演。レベッカ・ファーガソン、オスカー・アイザック、ジョシュ・ブローリン、ステラン・スカルスガルド、スティーヴン・ヘンダーソン、ゼンデイヤ、デヴィッド・ダストマルチャン、チャン・チェン、シャロン・ダンカン=ブルースター、シャーロット・ランプリング、ジェイソン・モモア、ハビエル・バルデムが出演している。1970年代にアレハンドロ・ホドロフスキーが10時間以上の大作映画構想を企画するが製作中止に追い込まれた。リドリー・スコットも企画したが断念。1984年にはデイヴィッド・リンチ監督が映画『デューン/砂の惑星』を発表したがファイナルカットの権利がもらえず上映し、惨敗している。
2021.10.16
お茶の間映画館

映画『ジュラシック・ワールド』ネタバレ・あらすじ「恐竜マニア垂涎の喜び」感想「CG技術は最高点へ」結末「続編に終わりなし!」

映画『ジュラシック・ワールド』ネタバレ・あらすじ「恐竜マニア垂涎の喜び」感想「CG技術は最高点へ」結末「続編に終わりなし!」映画『ジュラシック・ワールド』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ジュラシック・ワールド』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ジュラシック・ワールド』の作品情報・概要『ジュラシック・ワールド』原題『Jurassic World』2015年のアメリカのSFアクション映画。「ジュラシック・パーク」シリーズの第4作目。「ジュラシック・ワールド」三部作の第1作目。コリン・トレヴォロウ監督作品。脚本はリック・ジャッファ、アマンダ・シルヴァー、デレク・コノリー(映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』や映画『名探偵ピカチュウ』)とトレヴォロウら。クリス・プラット(映画『アベンジャーズ エンドゲーム』)、ブライス・ダラス・ハワード(映画『ロケットマン』)、ヴィンセント・ドノフリオ、タイ・シンプキンス(映画『アベンジャーズ エンドゲーム』)、ニック・ロビンソンらが出演している。
2021.09.13
2021年製作

映画『シャン・チー テン・リングスの伝説』ネタバレ・あらすじ「マーベルの中国進出成功物語」感想「歓迎!フェーズ4スタート」結末「オークワフィナに共感」

映画『シャン・チー テン・リングスの伝説』ネタバレ・あらすじ「マーベルの中国進出成功物語」感想「歓迎!フェーズ4スタート」結末「オークワフィナに共感」 映画『シャン・チー テン・リングスの伝説』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『シャン・チー テン・リングスの伝説』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『シャン・チー テン・リングスの伝説』の作品情報・概要『シャン・チー/テン・リングスの伝説』原題『Shang-Chi and the Legend of the Ten Rings』デスティン・ダニエル・クレットン監督作品(映画『黒い司法 0%からの奇跡』や映画『ガラスの城の約束』)。脚本はデヴィッド・キャラハムと共作。マーベル・コミックのキャラクター「シャン・チー」をベースに映像化。2021年のアメリカ製作のスーパーヒーロー映画。マーベル・スタジオ製作する、「マーベル・シネマティック・ユニバース」の第25作目。シム・リウ、オークワフィナ(映画『フェアウェル』)、張夢児、ファラ・チャンらが出演する。
いじめ・陰湿映画

映画『千と千尋の神隠し』ネタバレ・あらすじ「宮崎駿監督最盛期!」感想「日本映画興行収入トップ!」結末「千尋のモデルは実在する」

映画『千と千尋の神隠し』ネタバレ・あらすじ「宮崎駿監督最盛期!」感想「日本映画興行収入トップ!」結末「千尋のモデルは実在する」映画『千と千尋の神隠し』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『千と千尋の神隠し』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『千と千尋の神隠し』の作品情報・概要『千と千尋の神隠し』英題『Spirited Away』2001年に公開された日本の長編アニメーション映画。原作・脚本・監督は宮崎駿。第52回ベルリン国際映画祭では『ブラディ・サンデー』と同時に金熊賞を受賞し、さらに第75回アカデミー賞ではアカデミー長編アニメ映画賞を受賞という快挙を達成した。2001年(平成13年)7月20日に日本公開で、興行収入は316億8,000万円を記録し『タイタニック』(1997年)を抜いて当時の日本歴代興行収入第一位を達成。2020年に『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』が記録を更新するまでトップを保持した。声優は柊瑠美(映画『コクリコ坂から』や映画『劇場版 アーヤと魔女』)、入野自由(映画『星を追う子ども』)、夏木マリ(映画『大コメ騒動』や映画『男はつらいよ お帰り 寅さん』)、内藤剛志、沢口靖子、我修院達也(映画『ハウルの動く城』)、神木隆之介(映画『借りぐらしのアリエッティ』や映画『ラストレター』)、玉井夕海、大泉洋(映画『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』)、はやし・こば、上條恒彦、小野武彦、菅原文太らが務めた。
2021年製作

映画『オールド』ネタバレ・あらすじ「時間という概念を再認識」感想「人生とは時間だった」結末「諦念という終活映画」

映画『オールド』ネタバレ・あらすじ「時間という概念を再認識」感想「人生とは時間だった」結末「諦念という終活映画」映画『オールド』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『オールド』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『オールド』の作品情報・概要『オールド』原題『Old』2021年製作のアメリカ合衆国のスリラー映画。M・ナイト・シャマラン監督作品。主演はガエル・ガルシア・ベルナル(映画『リメンバー・ミー』)。本作は2010年、フレデリック・ペータースとピエール・オスカル・レヴィーが発表したグラフィックノベル『Sandcastle』が原作となっている。出演はビッキー・クリープス、アレックス・ウルフ(映画『ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル』)、イーモン・エリオット、ノーラン・リヴァー、ルカ・ファウスティーノ・ロドリゲス、アレクサ・スウィントン、アビー・リー、ケン・レオン、アーロン・ピエール、ニキ・アムカ=バード、キャスリーン・チャルファント、グスタフ・ハマーステン、フランチェスカ・イーストウッド(映画『トゥルー・クライム』)、マシュー・シアー、M・ナイト・シャマラン
いじめ・陰湿映画

映画『ハウルの動く城』ネタバレ・あらすじ「声優・歌唱の倍賞千恵子さん素敵!」感想「宮崎駿監督vsダイアナ・ウィン・ジョーンズ」結末「音楽は久石譲」

映画『ハウルの動く城』ネタバレ・あらすじ「声優・歌唱の倍賞千恵子さん素敵!」感想「宮崎駿監督vsダイアナ・ウィン・ジョーンズ」結末「音楽は久石譲」映画『ハウルの動く城』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ハウルの動く城』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。『ハウルの動く城』原題『Howl’s Moving Castle』2004年スタジオジブリ制作の日本の長編アニメーション映画。宮崎駿監督作品。原作はイギリスの作家ダイアナ・ウィン・ジョーンズのファンタジー小説『魔法使いハウルと火の悪魔』(原題:Howl's Moving Castle)から。宮崎にとっては『魔女の宅急便』以来、15年ぶりの他社原作からの作品となる。呪いで老婆にされた少女ソフィーと魔法使いハウルの奇妙な共同生活が、宮崎監督により「戦火の恋」を柱として脚色され描かれている。物語は原作とはかなり異なる。特に後半は戦争描写が付け加えられている点。しかしながら原作者ジョーンズは宮崎監督を信頼して「ハウルの性格を変えないように」とだけ注文をつけた。映画鑑賞後は「とても素晴らしかった。宮崎は私が執筆したときと同じ精神で映画を作った」とコメントした。倍賞千恵子(映画『小さいおうち』や映画『男はつらいよ お帰り 寅さん』)、木村拓哉、美輪明宏(映画『もののけ姫』)、我修院達也、神木隆之介(映画『借りぐらしのアリエッティ』や映画『ラストレター』や『君の名は。』)、伊崎充則、大泉洋(映画『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』)、大塚明夫、原田大二郎、加藤治子らが声優を務めた。
2021年製作

映画『Fate/Grand Order 終局特異点 冠位時間神殿ソロモン』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。

映画『Fate/Grand Order 終局特異点 冠位時間神殿ソロモン』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。映画『Fate/Grand Order 終局特異点 冠位時間神殿ソロモン』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『Fate/Grand Order 終局特異点 冠位時間神殿ソロモン』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『Fate/Grand Order 終局特異点 冠位時間神殿ソロモン』の作品情報・概要『Fate/Grand Order 終局特異点 冠位時間神殿ソロモン』赤井俊文監督作品。スマートフォン向けゲームアプリ「Fate/Grand Order」の第1部のシナリオを映像化したテレビアニメ「Fate/Grand Order 絶対魔獣戦線バビロニア」の続編。CloverWorksが制作担当。
お茶の間映画館

映画『もののけ姫』ネタバレ・あらすじ「宮崎駿監督の最高傑作!」感想「年齢・経験・技量が最盛期」結末「日本映画興行記録達成!」

映画『もののけ姫』ネタバレ・あらすじ「宮崎駿監督の最高傑作!」感想「年齢・経験・技量が最盛期」結末「日本映画興行記録達成!」 映画『もののけ姫』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『もののけ姫』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。 映画『もののけ姫』の作品情報・概要『もののけ姫』英題『The Princess Mononoke』宮崎駿監督作品。1997年、スタジオジブリ製作。構想16年、制作に3年をかけたと言われている。興行収入193億円。当初のタイトルは『アシタカせっ記』であったが、鈴木プロデューサーが金曜ロードショー内で放送した製作告知CMにて、『もののけ姫』のタイトルを発表してしまった。
2021.08.12
2021年製作

映画『竜とそばかすの姫』ネタバレ・あらすじ「細田監督は心やさしい人だ」感想「Belle(中村佳穂)の歌が胸に染みる」結末「カンヌで輝く日本アニメは凄い!」

映画『竜とそばかすの姫』ネタバレ・あらすじ「細田監督は心やさしい人だ」感想「Belle(中村佳穂)の歌が胸に染みる」結末「カンヌで輝く日本アニメは凄い!」 映画『竜とそばかすの姫』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『竜とそばかすの姫』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『竜とそばかすの姫』の作品情報・概要『竜とそばかすの姫』スタジオ地図制作による日本のアニメーション映画。2021年製作。細田守監督作品(『未来のミライ』に続くによる長編オリジナル作品第6作)2021年7月15日に第74回カンヌ国際映画祭のオフィシャルセレクション「カンヌ・プルミエール」部門にてワールドプレミア上映。細田監督作品がカンヌ国際映画祭で上映されるのは『未来のミライ』(第71回カンヌ国際映画祭・監督週間)につづいて2作連続である。本作はIMAX版も同時公開される。ディズニー映画『美女と野獣』を彷彿させるが、現代のネット社会をうまく取り込んで表現していると評価が高い。
お茶の間映画館

映画『天空の城 ラピュタ』ネタバレ・あらすじ「宮崎駿監督完全オリジナル」感想「スタジオジブリ設立へ」結末「アニメ映画の歴史を変えた名作」

映画『天空の城 ラピュタ』ネタバレ・あらすじ「宮崎駿監督完全オリジナル」感想「スタジオジブリ設立へ」結末「アニメ映画の歴史を変えた名作」映画『天空の城 ラピュタ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『天空の城 ラピュタ』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。『天空の城ラピュタ』英題『LAPUTA: Castle in the Sky』スタジオジブリ初製作の長編アニメーション映画作品。宮崎駿監督作品。宮崎駿監督の小学校時代に考えていた架空の物語がベースとなっている。宮崎駿の完全なるオリジナル作品。製作は徳間書店。本映画『天空の城 ラピュタ』をきっかけにスタジオジブリが設立された記念碑的な映画。
2021.08.12
2020年製作

映画『水を抱く女』ネタバレ・あらすじ「精霊ウンディーネが現代ベルリンに降臨」感想「パウラ・ベーアの演技必見」結末「寓話物語は勉強になる」

映画『水を抱く女』ネタバレ・あらすじ「精霊ウンディーネが現代ベルリンに降臨」感想「パウラ・ベーアの演技必見」結末「寓話物語は勉強になる」 映画『水を抱く女』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『水を抱く女』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。 映画『水を抱く女』の作品情報・概要 『水を抱く女』原題『Undine』ドイツ・フランス合作による2020年製作映画。寓話をモチーフに製作。lクリスティアン・ペッツォルト監督作品。パウラ・ベーア主演(2020年・第70回ベルリン国際映画祭で女優賞を受賞)、フランツ・ロゴフスキ、マリアム・ザリー、ヤコブ・マッチェンツ、アネ・ラテ=ポレらが出演。水の精霊ウンディーネを現代ベルリンに降臨させて紡いだラブストーリー。
ファンタジー映画

映画『DESTINY 鎌倉ものがたり』ネタバレ・あらすじ・感想。堺雅人「半沢抜け」は難しい。黄泉の国へ行っても、、、。

映画『DESTINY 鎌倉ものがたり』ネタバレ・あらすじ・感想。堺雅人「半沢抜け」は難しい。黄泉の国へ行っても、、、。映画『DESTINY 鎌倉ものがたり』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『DESTINY 鎌倉ものがたり』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 映画『DESTINY 鎌倉ものがたり』の作品情報・概要『まんがタウン』(双葉社発行)に連載されている西岸良平の漫画作品『鎌倉ものがたり』(かまくらものがたり)を映画『アルキメデスの大戦』の山崎貴映画化。主演はテレビドラマ『半沢直樹』で一世風靡した堺雅人。高畑充希、堤真一、安藤サクラ、田中泯、薬師丸ひろ子、三浦友和ら。現世と死者に世界である黄泉の国との交流をファンタージーで描いている作品。
2021.06.01
2020年製作

映画『宇宙でいちばんあかるい屋根』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。『新聞記者』の藤井道人監督新作は“ファンタジー作品”「ほっこり」します。

映画『宇宙でいちばんあかるい屋根』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。『新聞記者』の藤井道人監督新作は“ファンタジー作品”「ほっこり」します。映画『宇宙でいちばんあかるい屋根』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『宇宙でいちばんあかるい屋根』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。 映画『宇宙でいちばんあかるい屋根』の作品情報・概要『宇宙でいちばんあかるい屋根』は小説家、児童文学作家、翻訳家、エッセイスト、イラストレーターである野中ともその長編ファンタジー小説を映画化した作品。多感な中学3年生の少女・つばめが屋上で出会った老婆「星ばあ」とひと夏の交流を通して、恋、家族との絆を「屋根の大切さ」を通して描いている。脚本・監督は『新聞記者』の藤井道人。出演は清原果耶、伊藤健太郎、水野美紀、山中崇、醍醐虎汰朗、坂井真紀、吉岡秀隆、桃井かおりら。
2021.06.01
いじめ・陰湿映画

映画『借りぐらしのアリエッティ』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。声優が豪華!「歌詞が可愛い」歌・セシル・コルベル「翔もアリエッティも生きている」

映画『借りぐらしのアリエッティ』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。声優が豪華!「歌詞が可愛い」歌・セシル・コルベル「翔もアリエッティも生きている」映画『借りぐらしのアリエッティ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『借りぐらしのアリエッティ』ジブリ公式サイト、IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『借りぐらしのアリエッティ』の作品情報・概要 『借りぐらしのアリエッティ』英題『The Borrower Arrietty』スタジオジブリ制作の日本のアニメーション映画。監督は本作が初監督作品となる米林宏昌。通称“麻呂”。イギリスの児童文学作家メアリー・ノートンの著書『床下の小人たち』が原作。人間の家に隠れて暮らしモノを“借り”ながら暮らしている小人アリエッティと少年翔の交流を描いている。セシル・コルベルの歌が評判になる。声優が豪華と話題になる。志田未来、 神木隆之介、大竹しのぶ、竹下景子、藤原竜也、三浦友和、樹木希林。
2021.08.12
2018年製作

『Vision』

『Vision』(110分/日・仏/2018) 『Vision』は河瀬監督の脳、そして視界。本作で河瀬監督は芸術家としての“新たな誕生”を観た。映画は総合芸術であると体現してくれる映画監督 お家に...
2019.03.15
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました