ファンタジー映画

2023年製作

映画『「鬼滅の刃」上弦集結、そして刀鍛冶の里へ』ネタバレ・あらすじ「声優・花江夏樹素敵!」感想「鬼頭明里最高!」結末「下野紘応援します」

映画『「鬼滅の刃」上弦集結、そして刀鍛冶の里へ』ネタバレ・あらすじ「声優・花江夏樹素敵!」感想「鬼頭明里最高!」結末「下野紘応援します」 映画『「鬼滅の刃」上弦集結、そして刀鍛冶の里へ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『「鬼滅の刃」上弦集結、そして刀鍛冶の里へ』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。 映画『「鬼滅の刃」上弦集結、そして刀鍛冶の里へ』の作品情報・概要 2020年10月に公開された劇場版「無限列車編」は興行収入400億円を超える歴史的大ヒットを記録。本映画は『「鬼滅の刃」上弦集結、そして刀鍛冶の里へ』「鬼滅の刃」のテレビシリーズ第3期「刀鍛冶の里編」の放送開始(2023年4月)を前に、第2期「遊郭編」の第10、11話と「刀鍛冶の里編」の第1話を特別劇場上映することに。外崎春雄監督作品。原作は吾峠呼世晴。声優は花江夏樹、鬼頭明里、下野紘、松岡禎丞、小西克幸、河西健吾、花澤香菜、関俊彦、置鮎龍太郎、宮野真守、石田彰、古川登志夫、鳥海浩輔、沢城みゆき、逢坂良太らが担当。
アクション映画

映画『パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト』ネタバレ・あらすじ・「ジョニー・デップ最高潮!」感想「キーラ・ナイトレイの演技」結末「ディズニー世界制覇!」

映画『パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト』ネタバレ・あらすじ・「ジョニー・デップ最高潮!」感想「キーラ・ナイトレイの演技」結末「ディズニー世界制覇!」 映画『パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト』の作品情報・概要 『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』原題『Pirates of the Caribbean: Dead Man's Chest』2006年のアメリカのファンタジー映画。ゴア・ヴァービンスキー監督作品。「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズの第2作目。『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』(2003年)の続編である。、脚本はテッド・エリオットとテリー・ロッシオが務める。前後編2部作の前編として2006年7月7日に米国で公開され、米国でのオープニング週末記録(1億3,600万ドル)、全世界での興行収入が10億ドルを超えた最速記録(63日間)、2006年の最高興行収入、ディズニー配給作品の最高興行収入など、当時のいくつかの記録を更新。2006年の全世界興行成績で第1位となった。アカデミー賞の美術賞、音響編集賞、音響賞にノミネートされ、視覚効果賞を受賞した。ジョニー・デップ、オーランド・ブルーム、キーラ・ナイトレイ、ステラン・スカルスガルド、ビル・ナイ、ジャック・ダベンポート、ケビン・マクナリー、ジョナサン・プライス、ナオミ・ハリス、トム・ホランダー、リー・アレンバーグ、マッケンジー・クルックらが出演。
アクション映画

映画『パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち』ネタバレ・あらすじ「ジョニー・デップ頑張れ!」感想「声優は平田広明」結末「ディズニー映画凄し!」

映画『パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち』ネタバレ・あらすじ「ジョニー・デップ頑張れ!」感想「声優は平田広明」結末「ディズニー映画凄し!」映画『パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。 映画『パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち』の作品情報・概要『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』原題『Pirates of the Caribbean: The Curse of the Black Pearl』2003年のアメリカのファンタジー映画。ゴア・ヴァービンスキーが監督作品。テッド・エリオット、テリー・ロッシオ、スチュアート・ビーティー、ジェイ・ウォルパートらが脚本を務める。ウォルト・ディズニー・ピクチャーズとジェリー・ブラッカイマーによって製作された。ウォルト・ディズニーがディズニー・テーマパークで展開している「カリブの海賊」をベースにしており、「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズの第1作目である。興行収入は全米で約3億500万ドルの大ヒット。主人公ジャック・スパロウを演じたジョニー・デップはアカデミー主演男優賞にノミネートされた。他にオーランド・ブルーム、キーラ・ナイトレイ、ジェフリー・ラッシュ、ジョナサン・プライス、ジャック・ダベンポートらが出演。
2022年製作

映画『アバター ウェイ・オブ・ウォーター』ネタバレ・あらすじ「ジェームズ・キャメロン天才」感想「『タイタニック』のケイト・ウィンスレット来たあ!」結末「シガニー・ウィーバー」

映画『アバター ウェイ・オブ・ウォーター』ネタバレ・あらすじ「ジェームズ・キャメロン天才」感想「『タイタニック』のケイト・ウィンスレット来たあ!」結末「シガニー・ウィーバー」映画『アバター ウェイ・オブ・ウォーター』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『アバター ウェイ・オブ・ウォーター』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『アバター ウェイ・オブ・ウォーター』の作品情報・概要 『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』原題『Avatar: The Way of Water』ジェームズ・キャメロン製作・脚本・監督作品。2022年のアメリカ合衆国のSF映画。同年12月16日に日米同時公開された。『アバター』の続編であり、全5作からなるアバターシリーズの2作目にあたる。前作の主人公であるジェイク・サリーとネイティリの子どもたちが新たな主人公となる。前作から13年もの時を経て流体シミュレーションやレンダリングが大幅に強化され、キャラクターだけでなく背景の水や炎の挙動まで緻密に描写されるようになった。サム・ワーシントン、ゾーイ・サルダナ、シガニー・ウィーバー、スティーブン・ラング、ケイト・ウィンスレット、クリフ・カーティス、ジェイミー・フラッターズ、ブリテン・ダルトン、トリニティ・ジョリー・ブリス、ベイリー・バス、フィリップ・ジョルジョ、デュアン・エバンス・Jr、ジャック・チャンピオンらが出演。  
2018年製作

映画『劇場版 転生したらスライムだった件 紅蓮の絆編』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。

映画『劇場版 転生したらスライムだった件 紅蓮の絆編』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。映画『劇場版 転生したらスライムだった件 紅蓮の絆編』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『劇場版 転生したらスライムだった件 紅蓮の絆編』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『劇場版 転生したらスライムだった件 紅蓮の絆編』の作品情報・概要アニメ化もされたライトノベル「転生したらスライムだった件」の劇場版アニメ。菊地康仁監督作品。スライムとなって異世界に転生した元サラリーマンが、陰謀に立ち向かう。リムル=テンペスト役の岡咲美保、ベニマル役の古川慎、智慧之王役の豊口めぐみのほか、前野智昭、千本木彩花、M・A・O、江口拓也ら、アニメ版のボイスキャストが結集する。
2022年製作

映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 策謀 第三章』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。

映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 策謀 第三章』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 策謀 第三章』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 策謀 第三章』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 策謀 第三章』の作品情報・概要 田中芳樹の代表作のSF小説『銀河英雄伝説』をテレビアニメ化し劇場用に編集した4シーズン目、第3章。宮野真守、鈴村健一、梶裕貴、諏訪部順一、小野大輔、中村悠一、川島得愛、遠藤綾、三木眞一郎、坂本真綾、花澤香菜、鈴木達央、石川界人、手塚秀彰、園崎未恵、野島健児らが出演。  
SF映画

映画『アバター(2009)』ネタバレ・あらすじ「ジェームズ・キャメロン監督の世界観がすごい」感想「芸術的映画の金字塔」結末「『タイタニック』越える」

映画『アバター(2009)』ネタバレ・あらすじ「ジェームズ・キャメロン監督の世界観がすごい」感想「芸術的映画の金字塔」結末「『タイタニック』越える」 映画『アバター(2009)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『アバター(2009)』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。 映画『アバター(2009)』の作品情報・概要 『アバター』原題『Avatar』ジェームズ・キャメロン監督・脚本・製作・共同編集作品。2009年のアメリカの叙事詩的SF映画。サム・ワーシントン、ゾーイ・サルダナ、スティーヴン・ラング、ミシェル・ロドリゲス、シガニー・ウィーバーらが出演。20世紀フォックスとキャメロンのライトストーム・エンターテインメントによって製作され、フォックスから配給された。アバターシリーズの第1作目。12年間記録を保持していたキャメロンの『タイタニック』(1997年)を上回り、『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019年)に抜かれるまでほぼ10年間、世界最高の興行収入歴代1位の作品となった。その後、2021年に中国での再公開によって『アベンジャーズ/エンドゲーム』の記録を抜き、世界最高の興行収入歴代1位の作品に再びなっている。
2022年製作

映画『すずめの戸締まり』ネタバレ・あらすじ「新海誠時代到来」感想「宮崎駿を超える!」結末「声優・深津絵里凄し!」

映画『すずめの戸締まり』ネタバレ・あらすじ「新海誠時代到来」感想「宮崎駿を超える!」結末「声優・深津絵里凄し!」映画『すずめの戸締まり』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『すずめの戸締まり』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。 映画『すずめの戸締まり』の作品情報・概要『すずめの戸締まり』原題『Suzume』新海誠が監督・脚本を務める、2022年の日本のアニメーション映画。縦横比は前作『天気の子』までビスタサイズの16:9だったが、本作はシネスコの横長となる。キャッチコピーは「行ってきます。」「扉の向こうには、すべての時間があったー」。原菜乃華、松村北斗、深津絵里、染谷将太、伊藤沙莉、花瀬琴音、花澤香菜、神木隆之介、松本白鸚らが出演。
2021年製作

映画『るろうに剣心 最終章 The Beginning』ネタバレ・あらすじ「金ロー観て泣こう」感想「佐藤健がカッコよすぎる」結末「続編期待!」

映画『るろうに剣心 最終章 The Beginning』ネタバレ・あらすじ「金ロー観て泣こう」感想「佐藤健がカッコよすぎる」結末「続編期待!」映画『るろうに剣心 最終章 The Beginning』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『るろうに剣心 最終章 The Beginning』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。 映画『るろうに剣心 最終章 The Beginning』の作品情報・概要 『るろうに剣心 最終章 The Beginning』2020年、新たな2部作として原作の「人誅編」をベースにした完結編『るろうに剣心 最終章 The Final』が同年7月3日公開予定だった。第1作へと続く序章『るろうに剣心 最終章 The Beginning』が8月7日にそれぞれ公開される予定だった。しか新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、「The Final」は2021年の4月23日、「The Beginning」は同年6月4日に公開が延期された。佐藤健、有村架純、高橋一生、村上虹郎、安藤政信、大西信満、池内万作、藤本隆宏、和田聰宏、中村達也、荒木飛羽、窪田正孝、高杉亘、高橋努、堀田真由、石田法嗣、大西武志、渡辺真起子、奥野瑛太、平埜生成、一ノ瀬ワタル、成田瑛基、野中隆光、松澤匠、増田健一、渡部龍平、菅原健、菅原永二、長野克弘、朝香賢徹、北村一輝、江口洋介らが出演。  
2022年製作

映画『NOPE ノープ』ネタバレ・あらすじ「ジョーダン・ピール監督の世界観」感想「意味は?」結末「ラストはすっきりする」

映画『NOPE ノープ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『NOPE ノープ』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。
2022年製作

映画『ONE PIECE FILM RED』ネタバレ・あらすじ「ニカとヤマト」感想「尾田栄一郎先生は最高!」」「結末「海賊やめる?」

映画『ONE PIECE FILM RED』ネタバレ・あらすじ「ニカとヤマト」感想「尾田栄一郎先生は最高!」」「結末「海賊やめる?」映画『ONE PIECE FILM RED』ネタバレ・あらすじ「ニカ」感想「ヤマト」結末「海賊やめる?」 映画『ONE PIECE FILM RED』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ONE PIECE FILM RED』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ONE PIECE FILM RED』の作品情報・概要『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督作品。2022年8月6日に公開された日本のアニメーション映画。漫画『ONE PIECE』を原作としたテレビアニメの劇場版第15作。FILMシリーズの第4作目。原作連載25周年記念作品。原作者である尾田栄一郎が総合プロデューサーを務める。田中真弓 中井和哉 岡村明美 山口勝平 平田広明 大谷育江 山口由里子 矢尾一樹 宝亀克寿 名塚佳織 Ado  津田健次郎 池田秀一 山田裕貴 粗品 せいや 新津ちせ 梶裕貴 田原アルノ 土門仁 小林通孝 斎藤志郎 小野健一 中村浩太郎 島田敏  二又一成 緑川光 中田譲治らが出演。
2022年製作

映画『ジュラシック・ワールド 新たなる支配者』ネタバレ・あらすじ「イナゴ最強生物!」感想「ローラ・ダーンの演技」結末「次作もあるはず!」

映画『ジュラシック・ワールド 新たなる支配者』ネタバレ・あらすじ「イナゴ最強生物!」感想「ローラ・ダーンの演技」結末「次作もあるはず!」映画『ジュラシック・ワールド 新たなる支配者』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ジュラシック・ワールド 新たなる支配者』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ジュラシック・ワールド 新たなる支配者』の作品情報・概要『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』原題『Jurassic World: Dominion』2022年のアメリカ合衆国のSFアドベンチャー映画。コリン・トレヴォロウ監督作品。エミリー・カーマイケル脚本。『ジュラシック・ワールド/炎の王国』(2018年)の続編。「ジュラシック・パーク」フランチャイズの第6作目であり、「ジュラシック・ワールド」三部作の第3作目であり、完結編である。クリス・プラット(映画『ソー ラブ&サンダー』や映画『アベンジャーズ エンドゲーム』)、ブライス・ダラス・ハワード(映画『ロケットマン』)、ローラ・ダーン(映画『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』や映画『マリッジ・ストーリー』や映画『パーフェクト ワールド』)、ジェフ・ゴールドブラム、サム・ニール、ディワンダ・ワイズ、マムドゥ・アチー、B・D・ウォン、オマール・シー、イザベラ・サーモン、キャンベル・スコット、ジャスティス・スミス、スコット・ヘイズ、ディーチェン・ラックマン、ダニエラ・ピネダ、ジャスミン・チウ、エルバ・トリルらが出演。
2022年製作

映画『ミニオンズ フィーバー』ネタバレ・あらすじ「日本語版声優・笑福亭鶴瓶 」感想「尾野真千子も面白い」結末「次回作決定!」

映画『ミニオンズ フィーバー』ネタバレ・あらすじ「日本語版声優・笑福亭鶴瓶 」感想「尾野真千子も面白い」結末「次回作決定!」映画『ミニオンズ フィーバー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ミニオンズ フィーバー』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ミニオンズ フィーバー』の作品情報・概要『ミニオンズ フィーバー』原題『Minions: The Rise of Gru』は、2022年のアメリカ合衆国の3Dコンピュータアニメーション・コメディ映画。カイル・バルダ監督作品。共同監督はブラッド・アブルソンとジョナサン・デル・ヴァル。イルミネーション製作。2015年に公開された『ミニオンズ』 の続編。『怪盗グルーシリーズ』の5作目。グルー役はスティーヴ・カレル(映画『ビューティフル・ボーイ』や映画『マーウェン』や『バイス』や『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』)、ミニオン役はピエール・コフィン。他はタラジ・P・ヘンソン、ミシェル・ヨー(映画『シャン・チー テン・リングスの伝説』)、RZA(映画『デッド・ドント・ダイ』)、ジャン=クロード・バン・ダム、ルーシー・ローレス、ドルフ・ラングレン、ダニー・トレホ、ラッセル・ブランド、ジュリー・アンドリュース、アラン・アーキンらが声を担当。日本語版は笑福亭鶴瓶(映画『閉鎖病棟 それぞれの朝』)、市村正親(映画『そして、バトンは渡された』)、尾野真千子(映画『ヤクザと家族 The Family』や映画『ハケンアニメ!』)、渡辺直美、LiSA(映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』)、田中真弓 、速水奨、大塚明夫、立木文彦、宮野真守、鈴木拡樹らが担当
2022年製作

映画『ソー ラブ&サンダー』ネタバレ・あらすじ「クリス・ヘムズワースvsクリスチャン・ベール」感想「ナタリー・ポートマン可愛い」結末「神さまが多すぎる」

映画『ソー ラブ&サンダー』ネタバレ・あらすじ「クリス・ヘムズワースvsクリスチャン・ベール」感想「ナタリー・ポートマン可愛い」結末「神さまが多すぎる」映画『ソー ラブ&サンダー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ソー ラブ&サンダー』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ソー ラブ&サンダー』の作品情報・概要『ソー:ラブ&サンダー』原題『Thor: Love and Thunder』マーベル・コミックのキャラクター「ソー」をベースとする、2022年公開予定のアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画。タイカ・ワイティティ監督作品(映画『バズ・ライトイヤー』や映画『彼らは生きていた』)。脚本はワイティティとジェニファー・ケイティン・ロビンソン。出演はクリス・ヘムズワース(映画『アベンジャーズ エンドゲーム』)、クリスチャン・ベール、テッサ・トンプソン、ジェイミー・アレクサンダー 、タイカ・ワイティティ、ラッセル・クロウ(映画『アオラレ』や映画『ある少年の告白』)、ナタリー・ポートマン(映画『ポップスター』や映画『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』や映画『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』)、クリス・プラット(映画『ジュラシック・ワールド』)、ブラッドリー・クーパー(映画『リコリス・ピザ』)や『アメリカン・スナイパー』や映画『運び屋』や映画『アリー/スター誕生』) 、ビン・ディーゼル (映画『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』)、デイブ・バウティスタ(映画『DUNE デューン 砂の惑星』)、カレン・ギラン、ポム・クレメンティエフらが出演。『マイティ・ソー バトルロイヤル』の続編でシリーズ4作目、また、「マーベル・シネマティック・ユニバース」の29作目。
2022年製作

映画『バズ・ライトイヤー』ネタバレ・あらすじ「クリス・エバンスvs鈴木亮平 」感想「LGBTQアニメ誕生!」結末「ディズニーはやっぱりすごい!」

映画『バズ・ライトイヤー』ネタバレ・あらすじ「クリス・エバンスvs鈴木亮平 」感想「LGBTQアニメ誕生!」結末「ディズニーはやっぱりすごい!」映画『バズ・ライトイヤー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『バズ・ライトイヤー』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。 映画『バズ・ライトイヤー』の作品情報・概要『バズ・ライトイヤー』原題『Lightyear』は、2022年のアメリカ合衆国のコンピュータ・アニメーションSFアクション映画。ピクサー・アニメーション・スタジオとウォルト・ディズニー・ピクチャーズが製作。ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズが配給する。ピクサーの映画『トイ・ストーリー』シリーズのスピンオフ作品かつ前日譚。シリーズ1作目の世界で人気だったおもちゃのバズ・ライトイヤーの世界観で自身の原点を描いた作品。アンガス・マクレーン監督長編デビュー作。主人公バズの声をクリス・エヴァンス(映画『アベンジャーズ エンドゲーム』や映画『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』)が担当。日本版は鈴木亮平 (映画『孤狼の血 LEVEL2』や映画『燃えよ剣』や映画『海街diary』)。他はキキ・パーマー(映画『ハスラーズ』)、ピーター・ソーン、タイカ・ワイティティ(映画『ジョジョ・ラビット』や)、デイル・ソウルズ、ジェームズ・ブローリン、ウゾ・アドゥーバ、メアリー・マクドナルド=ルイス、イザイア・ウィットロック・Jr. 、アンガス・マクレーン 、今田美桜 、山内健司、三木眞一郎 、磯辺万沙子 、銀河万丈(映画『ドラゴンボール超(スーパー) ブロリー』) 、沢城みゆき(映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』)、りょう(映画『ドラゴンボールZ 復活の「F」』)らが担当。同性愛の描写があることから、イスラム圏である中東やアジアの一部地域では本作品の上映が許可されなかった。中華人民共和国でも上映は絶望視されている。  
いじめ・陰湿映画

映画『時をかける少女(2006)』ネタバレ・あらすじ「細田守監督代表作」感想「筒井康隆小説」結末「仲里依紗vs原田知世」

映画『時をかける少女(2006)』ネタバレ・あらすじ「細田守監督代表作」感想「筒井康隆小説」結末「仲里依紗vs原田知世」映画『時をかける少女(2006)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『時をかける少女(2006)』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『時をかける少女(2006)』の作品情報・概要『時をかける少女』細田守監督作品(映画『竜とそばかすの姫』)。英題『THE GIRL WHO LEAPT THROUGH TIME』2006年7月15日に角川ヘラルド映画から公開された日本のSFアニメ映画。原作は筒井康隆。アニメーション制作はマッドハウス。 第30回 日本アカデミー賞(2007年)ではアニメーション作品賞を受賞。キャッチコピーは「待ってられない 未来がある。」オリジナル映画は原田知世主演(映画『あなたの番です 劇場版』)、大林宣彦監督(映画『ふりむけば愛』)の『時をかける少女』がある。声優は仲里依紗(『生きてるだけで、愛。』)、石田卓也、板倉光隆、垣内彩未、谷村美月、関戸優希、桂歌若、安藤みどり、立木文彦(映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』や映画『リメンバー・ミー』)、山本圭子らが担当。
2022年製作

映画『ドラゴンボール超(スーパー) スーパーヒーロー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。

映画『ドラゴンボール超(スーパー) スーパーヒーロー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。映画『ドラゴンボール超(スーパー) スーパーヒーロー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ドラゴンボール超(スーパー) スーパーヒーロー』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ドラゴンボール超(スーパー) スーパーヒーロー』の作品情報・概要『ドラゴンボール超 スーパーヒーロー』英題『 Dragon Ball Super: SUPER HERO』2022年6月11日に公開された日本のアニメーション映画。アニメ『ドラゴンボール』シリーズの劇場版21作目。キャッチコピーは「レッドリボン軍 超極秘作戦、開始!」「鳥山明 渾身の、超バトルアクション誕生!」。野沢雅子、古川登志夫、堀川りょう、久川綾、草尾毅、皆口裕子、田中真弓、伊藤美紀、神谷浩史、宮野真守、入野自由、ボルケーノ太田、竹内良太らが声優を演じる。
アクション映画

映画『ジュラシック・パークIII』ネタバレ・あらすじ「音楽ジョン・ウィリアムズ健在!」感想「キャスリーン・ケネディ製作」結末「恐竜映画は永遠に!」

映画『ジュラシック・パークIII』ネタバレ・あらすじ「音楽ジョン・ウィリアムズ健在!」感想「キャスリーン・ケネディ製作」結末「恐竜映画は永遠に!」 映画『ジュラシック・パークIII』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ジュラシック・パークIII』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ジュラシック・パークIII』の作品情報・概要『ジュラシック・パークIII』原題『Jurassic Park III』2001年に公開されたアメリカ映画。ジョー・ジョンストン監督作品。『ジュラシック・パーク』『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』に続くシリーズ第3作である。ユニバーサル映画提供。前2作はスティーブン・スピルバーグ(映画『ウエスト・サイド・ストーリー』や『E.T.(イーティー)』)監督。サム・ニール、ウィリアム・H・メイシー、ティア・レオーニ、アレッサンドロ・ニボラ(映画『ロニートとエスティ 彼女たちの選択』)、トレバー・モーガン、マイケル・ジェッター、ジョン・ディール、ブルース・A・ヤング、ローラ・ダーン(映画『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』や映画『マリッジ・ストーリー』や映画『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』)らが出演。
2022年製作

映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第三章』ネタバレ・あらすじ・感想・結末

映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第三章』ネタバレ・あらすじ・感想・結末映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第三章』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第三章』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。 映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第三章』の作品情報・概要『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第三章』多田俊介監督作品。ベストセラー作家・田中芳樹による大長編SF小説で過去にアニメ化もされた「銀河英雄伝説」を、Production I.Gが新たにアニメ化した「銀河英雄伝説 Die Neue These(ディ・ノイエ・テーゼ)」。2018年のファーストシーズン「邂逅」(第1~12話)、19年のセカンドシーズン「星乱」(13~24話)に続くサードシーズン「激突」全12話を3章に分けて上映する劇場上映版の第3章。
SF映画

映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』ネタバレ・あらすじ「緒方恵美の声の魅力」感想「庵野秀明総監督」結末「シンジはどこへ行く?」

映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』ネタバレ・あらすじ「緒方恵美の声の魅力」感想「庵野秀明総監督」結末「シンジはどこへ行く?」 映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』の作品情報・概要 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』英題『EVANGELION:2.0 YOU CAN (NOT) ADVANCE.』2009年6月27日に公開された日本のアニメーション映画。庵野秀明が総監督、脚本、製作総指揮を務める。社会現象を巻き起こしたTVアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」を新たに描き直す劇場版4部作の第2部『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』。社会現象を巻き起こしたTVアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」を新たに描き直して公開。声優は緒方恵美(映画『劇場版 呪術廻戦 0』や映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』や映画『ゴーストバスターズ アフターライフ』)、林原めぐみ(映画『名探偵コナン 緋色の弾丸』や映画『ミュウツーの逆襲 EVOLUTION』)、宮村優子、坂本真綾(映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第二章』や映画『Fate/Grand Order 終局特異点 冠位時間神殿ソロモン』)、三石琴乃(映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』)、山口由里子、山寺宏一(映画『魔女の宅急便(1989)』や映画『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2』)、石田彰(映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』)、立木文彦(映画『仮面ライダー ビヨンド・ジェネレーションズ』)、清川元夢、長沢美樹、子安武人、優希比呂、関智一(映画『ミラベルと魔法だらけの家』や映画『ロン 僕のポンコツ・ボット』)、岩永哲哉、岩男潤子らが出演。  
2022年製作

映画『ドクター・ストレンジ マルチバース・オブ・マッドネス』ネタバレ・あらすじ「怪演ベネディクト・カンバーバッチ」感想「頭混乱」結末「「マーベル・シネマティック・ユニバース」の28作品目の作品」

映画『ドクター・ストレンジ マルチバース・オブ・マッドネス』ネタバレ・あらすじ「怪演ベネディクト・カンバーバッチ」感想「頭混乱」結末「「マーベル・シネマティック・ユニバース」の28作品目の作品」映画『ドクター・ストレンジ マルチバース・オブ・マッドネス』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ドクター・ストレンジ マルチバース・オブ・マッドネス』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ドクター・ストレンジ マルチバース・オブ・マッドネス』の作品情報・概要『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』原題『Doctor Strange in the Multiverse of Madness』マーベル・コミックのキャラクター「ドクター・ストレンジ」をベースとする、2022年公開のアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画。サム・ライミ監督作品(映画『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』)脚本はジェイド・バートレットとマイケル・ウォルドロン、出演はベネディクト・カンバーバッチ(映画『アベンジャーズ エンドゲーム』や映画『1917 命をかけた伝令』)、エリザベス・オルセン(映画『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』や映画『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』)、ベネディクト・ウォン、ソーチー・ゴメスら。『ドクター・ストレンジ』(2016年)の続編でシリーズ2作目、また「マーベル・シネマティック・ユニバース」の28作品目の作品。
アニメーション

映画『崖の上のポニョ』ネタバレ・あらすじ「宮崎駿原作・脚本・監督作品」感想「人間になりたいポニョ」結末「声優は神月柚莉愛(奈良柚莉愛)」

映画『崖の上のポニョ』ネタバレ・あらすじ「宮崎駿原作・脚本・監督作品」感想「人間になりたいポニョ」結末「声優は神月柚莉愛(奈良柚莉愛)」映画『崖の上のポニョ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『崖の上のポニョ』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『崖の上のポニョ』の作品情報・概要『崖の上のポニョ』英題『Ponyo』スタジオジブリ制作の長編アニメーション映画。宮崎駿原作・脚本・監督作品。海沿いの街を舞台に、「人間になりたい」と願うさかなの子・ポニョと5歳の少年・宗介の物語。声優は奈良柚莉愛、土井洋輝、山口智子、長嶋一茂、天海祐希(映画『カイジ 人生逆転ゲーム』や映画『チアダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』や映画『ザ・マジックアワー』)、所ジョージ(映画『トイ・ストーリー3』)、柊瑠美(映画『千と千尋の神隠し』や映画『コクリコ坂から』や映画『劇場版 アーヤと魔女』)、矢野顕子、吉行和子(映画『小さいおうち』や映画『あいつと私(1961)』)、奈良岡朋子(映画『ふりむけば愛』や映画『鉄道員(ぽっぽや)』や映画『ホタル』)、左時枝(映画『大コメ騒動』)、竹口安芸子、山本与志恵らが担当。
いじめ・陰湿映画

映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』ネタバレ・あらすじ「邦画アニメの歴史が変わった」感想「庵野秀明総監督降臨」結末「碇シンジ・緒方恵美 」

映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』ネタバレ・あらすじ「邦画アニメの歴史が変わった」感想「庵野秀明総監督降臨」結末「碇シンジ・緒方恵美 」 映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』の作品情報・概要『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』(EVANGELION:1.0 YOU ARE (NOT) ALONE.)2007年9月1日に公開された日本のアニメーション映画。庵野秀明が総監督・脚本を務める。『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』4部作の第1作にあたる。スタジオカラー設立第1回作品でもある。 画コンテは樋口真嗣が担当。声優は緒方恵美(映画『劇場版 呪術廻戦 0』や映画『SING シング ネクストステージ』や映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』)、林原めぐみ(映画『名探偵コナン 緋色の弾丸』や映画『名探偵コナン ハロウィンの花嫁』)、三石琴乃、山口由里子、石田彰(映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』や映画『「はたらく細胞!!」最強の敵、再び。体の中は“腸”大騒ぎ!』)、立木文彦(映画『仮面ライダー ビヨンド・ジェネレーションズ』や映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』)、清川元夢、長沢美樹、子安武人(映画『ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 永遠と自動手記人形』)、優希比呂、関智一(映画『ミラベルと魔法だらけの家』や映画『ロン 僕のポンコツ・ボット』)、岩永哲哉、岩男潤子、麦人、西村知道、宇垣秀成、中博史、丸山詠二、大原さやか(『君の名は。』)、永野広一 らが担当。
アニメーション

映画『魔女の宅急便(1989)』ネタバレ・あらすじ「宮崎駿監督」感想「荒井由実(ユーミン)楽曲」結末「クロネコヤマト業績アップ」

映画『魔女の宅急便(1989)』ネタバレ・あらすじ「宮崎駿監督」感想「荒井由実(ユーミン)楽曲」結末「クロネコヤマト運輸業績アップ」映画『魔女の宅急便(1989)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『魔女の宅急便(1989)』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『魔女の宅急便(1989)』の作品情報・概要『魔女の宅急便』英題『Kiki’s Delivery Service』スタジオジブリ制作の日本のアニメーション映画作品。スタジオジブリにおける宮崎駿監督の長編映画としては初の、他者の原作による作品である。主題歌には荒井由実の楽曲が採用された。略称は「魔女宅」(まじょたく)原作は角野栄子の児童文学『魔女の宅急便』ヤマト運輸がスポンサーとなっている。声優は高山みなみ(映画『耳をすませば(1995)』や映画『名探偵コナン ハロウィンの花嫁』)、佐久間レイ、信沢三恵子、戸田恵子(映画『花束みたいな恋をした』や映画『ザ・マジックアワー』や映画『トイ・ストーリー4』)、山口勝平、関弘子(映画『紅の豚』や映画『太陽の季節』)、三浦浩一、加藤治子(映画『ハウルの動く城』や映画『霧の旗(1977)』)、斉藤昌、土井美加、浅井淑子らが担当している。
タイトルとURLをコピーしました