医療映画

医師・看護師・救急隊員を主人公に、また病院を舞台にした映画の紹介です。

スポンサーリンク
2021年製作

【ネタバレ酷評】映画『いのちの停車場』あらすじ「吉永小百合さんは“綺麗です”」感想「泣き叫ぶ吉永小百合を観たい」結末「大女優に気をつかい過ぎ映画」

【ネタバレ酷評】映画『いのちの停車場』ネタバレ・あらすじ「吉永小百合さんは“綺麗です”」感想「泣き叫ぶ吉永小百合を観たい」結末「大女優に気をつかい過ぎ映画」映画『いのちの停車場』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『いのちの停車場』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『いのちの停車場』の作品情報・概要『いのちの停車場』小説家・内科医[である南杏子による長編小説の映画化。救急医だった女性医師がある交通事故でも問題の責任をとって辞職。そして訪問診療医に転身する。最初は戸惑ってばかりの在宅医療の現場で、老老介護や終末期医療、積極的安楽死問題に触れて成長していく。主演は吉永小百合(映画『キューポラのある街』や『愛と死の記録』)松坂桃李(映画『あの頃。』や映画『新聞記者』)広瀬すず(映画『チアダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』や映画『海街diary』)南野陽子、柳葉敏郎、小池栄子、伊勢谷友介(映画『マチネの終わりに』や映画『翔んで埼玉』)、みなみらんぼう、泉谷しげる、森口瑤子、松金よね子、石田ゆり子(映画『望み』や映画『記憶にございません!』)、田中泯(映画『DESTINY 鎌倉ものがたり』や映画『アルキメデスの大戦』)、西田敏行(映画『ザ・マジックアワー』)、白石咲和子、佐々木みゆ(映画『万引き家族』)
2021.06.15
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました