2019-02

上映中

映画『ともしび』シャーロット・ランプリングを観ていると息ができなくなった

『ともしび』 原題 『Hannah』(93分/フランス・イタリア・ベルギー合作/2017) 大女優シャーロット・ランプリング主演の映画である。なかなか難しい映画だ。まずこの映画はほとんどセリフがない。ランプリングの表情と動きだけで9...
上映中

映画『ビール・ストリートの恋人たち』は差別が運命を狂わす物語。若い二人の美しさに潜む悲劇に胸が痛む。感想と評価。ネタバレ。

ニューヨークの美しい街並みで繰り広げらる二人の恋物語。黒人であるがゆえに無実の罪を着せられ、刑務所に送り込まれた青年。彼を助けたい少女と家族。しかし黒人と言う理由だけで差別と偏見がたち隔たる。やがて新しい命が誕生するが、時は残酷に現実を刻んでいく。この二人、いや家族には、希望があるのか。いつか救世主が現れるのだろうか。
クリント・イーストウット作品

映画『アウトロー』はクリント・イーストウッドが息子カイルと恋人ソンドラ・ロックと共演したが、彼自身のプライベートがアウトローだったのではないか。感想、ネタバレ。

クリント・イーストウッド監督第五弾作品である。アウトローと言うタイトル自体に何か因縁を感じる。当時のイーストウッドはプライベートに置いて問題を抱えていたと思われる。最初の妻との息子カイルとの共演と新恋人ソンドラ・ロックとの恋愛。彼自身がアウトローであったのではないだろうか。心中を想像しながら観るとこの映画も違って見える
クリント・イーストウット作品

映画『ヒア アフター』の津波はCG。クリント・イーストウッドは来世を描く。来世への入り口で彷徨う人。感想、ネタバレ、感想。

死後の世界はあるのだろうか。いわゆる来世である。人間は死んでからの世界を想像している。つまりいつまでも“生きていたい”のだ。永遠の命が欲しいと言う想いから生まれた想念だが、実際に臨死体験をすると死後の世界があるように思えてくる。この作品は三人の青年、少年、女性が死についての想いを巡らせることで自らの人生を考えるものだ
クリント・イーストウット作品

ドル箱三部作『続・夕陽のガンマン』は南北戦争の中、繰り広げれる人間という生き物の善と醜悪の葛藤を表している名作

この映画を無理やり邦題にすると『良い人、悪い人、醜い人』となる。インパクトにかけるから苦肉の策として『続・夕陽のガンマン』となったのだろう。映画は実に人間の深層心理を鋭く描いている。戦争とは愚かである。人間は悪行を繰り返す愚弄者だと言われているような気になる。反省しても舌の根の乾かぬうちに悪事を繰り返してしまう。
クリント・イーストウット作品

映画『夕陽のガンマン』クリント・イーストウッドもカッコいいが、いぶし銀リー・ヴァン・クリーフには痺れてしまう

セルジオ・レオーネとクリント・イーストウッドが組んだドル箱三部作の第二弾。西部劇お決まりの物語進行。流れ者、いや賞金稼ぎがふらっと街へ訪れる。そしてひと稼ぎ。しかしそこには同じく賞金稼ぎを生業にするガンマンが登場する。二人は意気投合し共闘することになる。しかし敵は手強い。レオーネの独特の演出に心踊り、汗をかく。
上映中

池井戸潤×福澤克雄の黄金コンビ『七つの会議』は不正、汚職、隠蔽の抑止力になって欲しい。ネタバレ、感想。

七つの会議』(119分/日本/2019) 監督 福澤克雄 日本企業でも誠実に真面目にやっている会社があることも理解して欲しい  大ヒットしている映画である。池井戸潤原作、福澤克雄監督作品。このペアで数々のヒット作品を産んでいる。企...
上映中

近日公開作品 2019 0218時点

『運び屋』 今年1番の楽しみな作品。クリント・イーストウッド監督、主演。予告だけで震えてしまう。 『グリーンブック』 黒人が差別されていた時代に白人ドライバーを雇って旅する話。これも楽しみだ。 『アリータ:バ...
上映中

映画『女王陛下のお気に入り』は豪華絢爛なセットと衣装に大英帝国と言う時代が見える。エマ・ストーンが美しい。感想とネタバレあり。

イギリス王朝を舞台にした映画である。王朝物はたくさんあるが、本作のアン王女には可愛げが全くない。人間の持つ本性とは権力を手に入れるとこれほどまでに醜くなるのかを痛切した。高い場所から見下すことで自己のアイデンティティーを保っているように見える。またアン王女に取り付く侍女たちも権力を宝石の如く手に入れようとする。
クリント・イーストウット作品

『荒野の用心棒』でクリント・イーストウッドは世界に羽ばたいた。セルジオ・レオーネ監督と黒澤明監督への尊敬の念は消えない

本作の『荒野の用心棒』でクリント・イーストウッドは世界のスターの仲間入りすることになる。セルジオ・レオーネの手腕に寄るところが大きい。しかし本作は黒澤明監督の『用心棒』のリメイク、いや盗作だったのだ。以後、2作『夕陽のガンマン』『続・夕陽のガンマン』はドル箱三部作となり世界にマカロニ・ウエスタンブームを巻き起こす。
上映中

映画『家へ帰ろう』は第二次世界大戦で故郷を追われアルゼンチンで生きたユダヤ人がポーランドの友人を訪ねる話。ネタバレ、感想。

『家へ帰ろう』(93分/スペイン・アルゼンチン/2017) 原題 『El ultimo traje』 私は戦争映画があまり好きではない。何故かというと必ず訪れるであろう悲劇に胸が締め付けれて苦しくなってくるからだ。激しい銃撃と爆撃、...
上映中

『フロントランナー』ネタバレ、感想、評価。このネット社会、SNS投稿にプライバシーの危機を感じた

ハンサム、知性教養、カリスマ性を持った若き政治家ゲイリー・ハート。次期アメリカ大統領のフロントランナーとして期待されたが女性問題で失脚した。この一件を境に指導者たる者は清廉、誠実、実直、清潔な人格が重宝されるようになる。公私ともに聖人君子でいることが評価される時代へと突入していった。自由の先には不自由があった。
上映中

『天才作家の妻 40年目の真実』ネタバレ(感想)どんな夫婦にも“特殊”な世界観があるということ。

妻子ある大学教授と恋に落ち、略奪婚をしてしまった負い目もあるのだろうか。自らの夢である“作家”を諦め夫のゴーストライターに徹することで良き妻『糟糠の妻』を演じるているのか。ノーベル文学賞と言う名誉が二人の絆を壊そうとする。二人の感情揺れ動く。妻は全てを告白するのか、夫はそれを許すのか。夫婦である意味とは、、、。
上映中

映画『ファースト・マン』はアームストロングの人間性を評価している。宇宙へ行く人間は謙虚だ。ネタバレ、感想、あらすじなし

この物語はアメリカの国家の威信をかけて人類が初めて月に到達する歴史的快挙と宇宙飛行士ニール・アームストロングの謎に包まれた人間性を如実に描いた作品である。宇宙へ行くものは運もあるが、謙虚で礼節をわきまえて、冷静な人間であること。つまり紳士であることが求められる。しかも忠誠心が高いこと。ニールは正に宇宙へ行くために生まれた。
上映中

『デス・ショット』最初から“ハリウッド”満載。カーアクションと銃撃戦で全く飽きない

全米を震撼させる凶悪な銀行強盗を一銀行マンが追跡し、戦う物語。それを助けるのが元警察官で隣人の男。演じるのはブルース・ウイルス。ハリウッドお決まりのカーアクションと銃撃戦。途中、ブルース・ウイルスが加勢して一件落着。ブルースは引退した警察官として出演。最後の最後に美味しいところを持っていきます。
上映中

映画『ゴッズ・オウン・カントリー』は差別、偏見なき世界を願った名作である。ネタバレ

イギリス、ヨークシャーで家業の牧場で日々働く青年ジョニーは毎日鬱屈した日々を過ごしている。時折街出て、男を買う。ある日、ルーマニアから来た青年と出会い、恋に落ちる。彼との出会いで鬱屈した生活から抜け出し、仕事にも人生にも前向きに生きていくことを決意する。愛があれば恋愛は異性であろうと同姓であろうと関係ない。
上映中

永瀬正敏✖️菜葉菜W主演+井浦新の映画『赤い雪 Red Snow』(実話)は“ズシリ”と積もった。人間の記憶は曖昧で都合よく作られる。感想とネタバレ。

この映画は実話を元に制作されたと言うが、とても残酷な物語だ。人間の記憶とは都合よく出来ている。自分への関心を防ぐため、あるいは興味を向けるために記憶を作り変えることも可能だ。それを行うのは気まぐれな心もあるが、実際は無意識に計算された心が作り出している。一度発動するとそれが新たな記憶になるが、心は不自由になってしまう。
上映中

堤監督お見事!『十二人の死にたい子どもたち』若手キャストの演技力に評価上々。

映画のタイトルはネガティブなイメージを与えるが、実際はとてもポジティブな映画であり、希望と息吹きを与えてくれる。若手キャストの演技力に将来の日本映画界が楽しみになる。評価もうなぎ登りだ。映画を観終わって爽快な気持ちになる。堤ワールドの綿密に練られたトリックに嵌ってる自分がいる。堤組のエナジーが結集に驚きを禁じ得ない。