宇宙舞台映画

地球から離れた宇宙を舞台にした映画の紹介。宇宙を目指す挑戦や宇宙を舞台にして戦争をする映画の紹介です。

スポンサーリンク
アクション映画

映画『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。

映画『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。映画『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』の作品情報・概要『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』原題『Captain America: The First Avenger』2011年のアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画。マーベル・スタジオ製作。主演はクリス・エヴァンス(映画『バズ・ライトイヤー』や映画『アベンジャーズ エンドゲーム』や映画『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』)。「マーベル・コミック」のアメリカン・コミックヒーロー『キャプテン・アメリカ』の実写映画作品としては、1990年の『キャプテン・アメリカ 卍帝国の野望』以来の新作。また、様々な「マーベル・コミック」の実写映画を、同一の世界観のクロスオーバー作品として扱う一大企画『マーベル・シネマティック・ユニバース』としては、第5作品目の映画となり、その中の『キャプテン・アメリカ』シリーズの第1作目。ヘイリー・アトウェル(映画『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』や映画『カセットテープ・ダイアリーズ』)、セバスチャン・スタン(映画『355』や映画『ブラックパンサー』)、トミー・リー・ジョーンズ(映画『カムバック・トゥ・ハリウッド!!』や映画『アド・アストラ』)、ヒューゴ・ウィービング、ドミニク・クーパー、スタンリー・トゥッチ(映画『プラダを着た悪魔』や映画『プライベート・ウォー』)、トビー・ジョーンズ(映画『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』)、リチャード・アーミテージ、ニール・マクドノー(映画『父親たちの星条旗』や映画『バイオハザード ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』)、デレク・ルーク、ケネス・チョイ(映画『スパイダーマン ホームカミング』)、サミュエル・L・ジャクソン(映画『スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス』や映画『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』や映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』)らが出演。  
2022年製作

映画『ソー ラブ&サンダー』ネタバレ・あらすじ「クリス・ヘムズワースvsクリスチャン・ベール」感想「ナタリー・ポートマン可愛い」結末「神さまが多すぎる」

映画『ソー ラブ&サンダー』ネタバレ・あらすじ「クリス・ヘムズワースvsクリスチャン・ベール」感想「ナタリー・ポートマン可愛い」結末「神さまが多すぎる」映画『ソー ラブ&サンダー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ソー ラブ&サンダー』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ソー ラブ&サンダー』の作品情報・概要『ソー:ラブ&サンダー』原題『Thor: Love and Thunder』マーベル・コミックのキャラクター「ソー」をベースとする、2022年公開予定のアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画。タイカ・ワイティティ監督作品(映画『バズ・ライトイヤー』や映画『彼らは生きていた』)。脚本はワイティティとジェニファー・ケイティン・ロビンソン。出演はクリス・ヘムズワース(映画『アベンジャーズ エンドゲーム』)、クリスチャン・ベール、テッサ・トンプソン、ジェイミー・アレクサンダー 、タイカ・ワイティティ、ラッセル・クロウ(映画『アオラレ』や映画『ある少年の告白』)、ナタリー・ポートマン(映画『ポップスター』や映画『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』や映画『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』)、クリス・プラット(映画『ジュラシック・ワールド』)、ブラッドリー・クーパー(映画『リコリス・ピザ』)や『アメリカン・スナイパー』や映画『運び屋』や映画『アリー/スター誕生』) 、ビン・ディーゼル (映画『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』)、デイブ・バウティスタ(映画『DUNE デューン 砂の惑星』)、カレン・ギラン、ポム・クレメンティエフらが出演。『マイティ・ソー バトルロイヤル』の続編でシリーズ4作目、また、「マーベル・シネマティック・ユニバース」の29作目。
2022.07.09
2022年製作

映画『バズ・ライトイヤー』ネタバレ・あらすじ「クリス・エバンスvs鈴木亮平 」感想「LGBTQアニメ誕生!」結末「ディズニーはやっぱりすごい!」

映画『バズ・ライトイヤー』ネタバレ・あらすじ「クリス・エバンスvs鈴木亮平 」感想「LGBTQアニメ誕生!」結末「ディズニーはやっぱりすごい!」映画『バズ・ライトイヤー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『バズ・ライトイヤー』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。 映画『バズ・ライトイヤー』の作品情報・概要『バズ・ライトイヤー』原題『Lightyear』は、2022年のアメリカ合衆国のコンピュータ・アニメーションSFアクション映画。ピクサー・アニメーション・スタジオとウォルト・ディズニー・ピクチャーズが製作。ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズが配給する。ピクサーの映画『トイ・ストーリー』シリーズのスピンオフ作品かつ前日譚。シリーズ1作目の世界で人気だったおもちゃのバズ・ライトイヤーの世界観で自身の原点を描いた作品。アンガス・マクレーン監督長編デビュー作。主人公バズの声をクリス・エヴァンス(映画『アベンジャーズ エンドゲーム』や映画『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』)が担当。日本版は鈴木亮平 (映画『孤狼の血 LEVEL2』や映画『燃えよ剣』や映画『海街diary』)。他はキキ・パーマー(映画『ハスラーズ』)、ピーター・ソーン、タイカ・ワイティティ(映画『ジョジョ・ラビット』や)、デイル・ソウルズ、ジェームズ・ブローリン、ウゾ・アドゥーバ、メアリー・マクドナルド=ルイス、イザイア・ウィットロック・Jr. 、アンガス・マクレーン 、今田美桜 、山内健司、三木眞一郎 、磯辺万沙子 、銀河万丈(映画『ドラゴンボール超(スーパー) ブロリー』) 、沢城みゆき(映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』)、りょう(映画『ドラゴンボールZ 復活の「F」』)らが担当。同性愛の描写があることから、イスラム圏である中東やアジアの一部地域では本作品の上映が許可されなかった。中華人民共和国でも上映は絶望視されている。  
2022.07.02
2022年製作

映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第三章』ネタバレ・あらすじ・感想・結末

映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第三章』ネタバレ・あらすじ・感想・結末映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第三章』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第三章』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。 映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第三章』の作品情報・概要『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第三章』多田俊介監督作品。ベストセラー作家・田中芳樹による大長編SF小説で過去にアニメ化もされた「銀河英雄伝説」を、Production I.Gが新たにアニメ化した「銀河英雄伝説 Die Neue These(ディ・ノイエ・テーゼ)」。2018年のファーストシーズン「邂逅」(第1~12話)、19年のセカンドシーズン「星乱」(13~24話)に続くサードシーズン「激突」全12話を3章に分けて上映する劇場上映版の第3章。
2022.05.26
2021年製作

映画『シン・ウルトラマン』ネタバレ・あらすじ「成田亨さんと佐々木明さんへの深い尊敬」感想「斎藤工&長澤まさみは綺麗」結末「庵野秀明&樋口真嗣は最高最強!」

映画『シン・ウルトラマン』ネタバレ・あらすじ「成田亨さんと佐々木明さんへの深い尊敬」感想「斎藤工&長澤まさみは綺麗」結末「庵野秀明&樋口真嗣は最高最強!」映画『シン・ウルトラマン』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『シン・ウルトラマン』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『シン・ウルトラマン』の作品情報・概要 『シン・ウルトラマン』2022年5月13日公開予定の日本のSF特撮映画。樋口真嗣監督作品。企画・脚本の庵野秀明(映画『風立ちぬ』や映画『ラストレター』)。ウルトラマンのデザイナーである成田亨さんと佐々木明さんへの深い尊敬の念が込めれている。カラータイマーはない。1966年に放送された特撮テレビドラマ『ウルトラマン』を現在の時代に置き換えた「リブート」映画。タイトルロゴには「空想特撮映画」と表記される。円谷プロダクション、東宝、カラーが共同で製作。キャッチコピーは「そんなに人間が好きになったのか、ウルトラマン。」「空想と浪漫。そして、友情。」斎藤工(映画『糸』や『麻雀放浪記2020』)、長澤まさみ(映画『MOTHER マザー』や映画『コンフィデンスマンJP 英雄編』や映画『すばらしき世界』や映画『コクリコ坂から』)、有岡大貴、早見あかり、田中哲司 (映画『余命10年』や映画『あなたの番です 劇場版』や映画『ホタル』)、西島秀俊(映画『ドライブ・マイ・カー』や映画『奥様は、取り扱い注意』)、山本耕史(映画『ザ・マジックアワー』) 、岩松了(映画『花束みたいな恋をした』や映画『ヤクザと家族 The Family』)、嶋田久作(映画『カイジ2 人生奪回ゲーム』)、益岡徹(映画『おとなの事情 スマホをのぞいたら』)、長塚圭史、山崎一、和田聰宏(映画『引っ越し大名!』)、津田健次郎らが出演。主題歌は米津玄師(映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』)。
2022.05.16
いじめ・陰湿映画

映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』ネタバレ・あらすじ「庵野秀明の故郷で完結」感想「シンジと碇ゲンドウ」結末「ヱヴァが終わって僕らはどう生きる?」

映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』ネタバレ・あらすじ「庵野秀明の故郷で完結」感想「シンジと碇ゲンドウ」結末「ヱヴァが終わって僕らはどう生きる?」 映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』の作品情報・概要『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』英題『EVANGELION:3.0 YOU CAN (NOT) REDO.』は、2012年11月17日に公開された日本のアニメーション映画。庵野秀明が総監督、脚本、製作総指揮を務める、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』4部作の第3作にあたる。大災害「セカンドインパクト」後の世界を舞台に、人型兵器「エヴァンゲリオン」のパイロットとなった少年少女たちと、第3新東京市に襲来する謎の敵「使徒」との戦いを描いたTVアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』(以下「TVシリーズ」と表記)を、新たな設定とストーリーで「リビルド(再構築)」したものが『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズである。緒方恵美(映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』や映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』)、林原めぐみ(映画『名探偵コナン 緋色の弾丸』や映画『名探偵コナン ハロウィンの花嫁』や映画『SING シング ネクストステージ』)、宮村優子、坂本真綾、三石琴乃、山口由里子、石田彰、立木文彦、清川元夢、長沢美樹、子安武人、優希比呂、麦人、大塚明夫(映画『魔女の宅急便(1989)』や映画『ハウルの動く城』)、沢城みゆきらが声優を担当。
2022.05.11
2022年製作

映画『ドクター・ストレンジ マルチバース・オブ・マッドネス』ネタバレ・あらすじ「怪演ベネディクト・カンバーバッチ」感想「頭混乱」結末「「マーベル・シネマティック・ユニバース」の28作品目の作品」

映画『ドクター・ストレンジ マルチバース・オブ・マッドネス』ネタバレ・あらすじ「怪演ベネディクト・カンバーバッチ」感想「頭混乱」結末「「マーベル・シネマティック・ユニバース」の28作品目の作品」映画『ドクター・ストレンジ マルチバース・オブ・マッドネス』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ドクター・ストレンジ マルチバース・オブ・マッドネス』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ドクター・ストレンジ マルチバース・オブ・マッドネス』の作品情報・概要『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』原題『Doctor Strange in the Multiverse of Madness』マーベル・コミックのキャラクター「ドクター・ストレンジ」をベースとする、2022年公開のアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画。サム・ライミ監督作品(映画『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』)脚本はジェイド・バートレットとマイケル・ウォルドロン、出演はベネディクト・カンバーバッチ(映画『アベンジャーズ エンドゲーム』や映画『1917 命をかけた伝令』)、エリザベス・オルセン(映画『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』や映画『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』)、ベネディクト・ウォン、ソーチー・ゴメスら。『ドクター・ストレンジ』(2016年)の続編でシリーズ2作目、また「マーベル・シネマティック・ユニバース」の28作品目の作品。
2022.05.11
2022年製作

映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第二章』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。

映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第二章』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第二章』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第二章』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第二章』の作品情報・概要 『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第二章』多田俊介監督作品。過去にアニメ化もされた田中芳樹の大長編SF小説「銀河英雄伝説」を、Production I.G制作で新たにアニメ化した「銀河英雄伝説 Die Neue These(ディ・ノイエ・テーゼ)」。2018年のファーストシーズン「邂逅」(第1~12話)、19年のセカンドシーズン「星乱」(13~24話)に続くサードシーズン「激突」全12話を3章に分けて上映する劇場上映版の第2章。
2022年製作

映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第一章』ネタバレ・あらすじ「SF映画最高作品!」感想「ラインハルト素敵!」結末「ヤンも素敵」

映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第一章』ネタバレ・あらすじ「SF映画最高作品!」感想「ラインハルト素敵!」結末「ヤンも素敵」映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第一章』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第一章』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第一章』の作品情報・概要『銀河英雄伝説』は田中芳樹による大長編SF小説(累計発行部数が1500万部を超える)。小説からアニメ、漫画、コンピューターゲーム、朗読、オーディオブック、舞台、そして映画などのメディア展開・商品化が大成功している。略称は『銀英伝』(ぎんえいでん)。本作はProduction I.Gの制作で新たにアニメ化した「銀河英雄伝説 Die Neue These(ディ・ノイエ・テーゼ)」のサードシーズン第1章となる。
2022.03.06
SF映画

スター・ウォーズ初心者はここから!映画を見る順番や見所をわかりやすく解説!ネタバレ若干あり!

【スター・ウォーズの基本の基】映画を見る順番や見所をわかりやすく解説!初心者必見ネタバレ若干あり!スター・ウォーズ全シリーズのネタバレ・あらすじも別ページで詳しく解説。ジョージ・ルーカス構想のスター・ウォーズシリーズが遂に「スター・ウォーズ」シリーズ最新映画、「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」で完結します。スター・ウォーズを新たに見たい人はどの順番で観たら良いのか迷っているのも事実です。ここではスター・ウォーズをより深く理解するための順番と物語を徹底解説しています。偉大なサーガでした。世界中で大ヒットし熱狂的なファンがいます。ディズニー製作になったことでスター・ウォーズは永遠になりました。
2022.04.19
アクション映画

スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望 を惑星間戦争を知らない子供が見てみた

スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望 を惑星間戦争を知らない子供(現代のアニメオタク)が見てみました。想像と違った奥深いスター・ウォーズの世界にどっぷりと浸かりいくつか驚いた点をまとめました。
2022.04.19
SF映画

映画『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』ネタバレ・あらすじ・結末。新作『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』と比較視聴。

映画『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』ディズニー公式サイトならびにIMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』原題『Star Wars: Episode VI Return of the Jedi』1983年に公開されたアメリカ映画。旧三部作の『エピソード6』アメリカでの公開当初のタイトルは『Return of the Jedi』(『ジェダイの帰還』)。日本での公開当初のタイトルは『スター・ウォーズ/ジェダイの復讐』。後年DVDの発売により本タイトルになった。監督はリチャード・マーカンド。ジョージ・ルーカスは製作総指揮。
2022.02.17
SF映画

映画『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』ネタバレ・あらすじ・結末。ハリソン・フォード好演がシリーズ存続を決めた。シリーズ最高傑作!

映画『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』ディズニー公式サイトならびにIMDbサイトでも情報も紹介しています。『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』原題『Star Wars: Episode V The Empire Strikes Back』1980年に公開されたアメリカ合衆国の映画。『スター・ウォーズ』シリーズ第二弾。監督はアーヴィン・カーシュナー。主演はマーク・ハミルとキャリー・フィッシャー。他にハリソン・フォード、ビリー・ディー・ウィリアムズ、アンソニー・ダニエルズ。ジョージ・ルーカスは製作総指揮。
2022.02.17
アニメーション

新海誠監督 映画『ほしのこえ』ミカコとノボルの宇宙恋愛物語の結末。感想・評価・ ネタバレ・あらすじ

日本を越えて世界に衝撃を与えた作品である。『ほしのこえ』は新海誠がたった一人で作り上げた。会社勤めをしながらも映画制作への情熱が消えず昼夜を通して作ったという。若き日の新海誠の情熱がほとばしる素晴らしい作品である。本映画は数々の賞を獲得した。そして新海は空高く羽ばたいた。
2022.05.26
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました