映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第三章』ネタバレ・あらすじ・感想・結末

スポンサーリンク
映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第三章』ネタバレ・あらすじ・感想・結末2022年製作

映画『銀河英雄伝説 Die Neue These激突 第三章』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。

映画『銀河英雄伝説 Die Neue These激突 第三章』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。

YouTubeで予告映像もご覧ください。

『運だぜ!アート』ツイッターアカウント

『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第三章』
(2022年製作/93分/G/日本)
配給:松竹メディア事業部
【監督】
多田俊介
【原作】田中芳樹【シリーズ構成】高木登【助監督】森山悠二郎【キャラクターデザイン】菊地洋子 寺岡巌 津島桂【総作画監督】後藤隆幸 菊地洋子【特技監督】竹内敦志【メカデザイン】竹内敦志 臼井伸二 常木志伸【オリジナルメカデザイン】加藤直之【プロップデザイン】太田恵子【プロップデザイン・紋章デザイン】秋篠Denforword日和【3D】ランドック・スタジオ I.G3D【3D監督】磯部兼士【美術】Bamboo【美術監督】竹田悠介【美術設定】塩澤良憲 曽野由大 金平和茂【美術デザイン】渡部隆【色彩設計】竹田由香【撮影監督】荒井栄児【音響監督】三間雅文【編集】黒澤雅之【音楽】橋本しん 井上泰久【主題歌】SennaRin【テーマソング】SennaRin【ナレーション】下山吉光【制作】Production I.G【監修】らいとすたっふ
【出演】
宮野真守 鈴村健一 梶裕貴 諏訪部順一 小野大輔 中村悠一 安元洋貴 上村祐翔 川島得愛 遠藤綾 三木眞一郎
 大塚芳忠 岩崎征実 三宅健太 園江治 石川界人 鈴木達央 鳥海浩輔 山路和弘 平川大輔 中博史 岩崎諒太 安斉一博 武虎 江川大輔 宇垣秀成 浜田賢二 最上嗣生 佐々木義人 丹沢晃之 坂口侯一 城岡祐介 志村知幸 茂木優 福西勝也 辻井健吾 拝真之介 朝倉栄介 野島健児 富樫美鈴 美波わかな 渡辺理沙

スポンサーリンク
  1. 映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第三章』外部リンク
  2. 映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第三章』のオススメ度は?
  3. 映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第三章』の作品情報・概要
  4. 映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第三章』の受賞歴
  5. 映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第三章』のあらすじ・ネタバレ
    1. 映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第三章』のあらすじ・ネタバレ:起
    2. 映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第三章』のあらすじ・ネタバレ:承
    3. 映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第三章』のあらすじ・ネタバレ:転
    4. 映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第三章』のあらすじ・ネタバレ:結
  6. 映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第三章』の感想・内容
  7. 映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第三章』の考察・評価
  8. 映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第三章』の結末
  9. 映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第三章』のキャストについて
  10. まとめ 映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第三章』一言で言うと!
  11. 『運だぜ!アート』本日の総合アクセスランキング
  12. 合わせて観たい映画
    1. 【スター・ウォーズシリーズ】
      1. 映画『スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス』
      2. 映画『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』
      3. 映画『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』
      4. 映画『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』
      5. 映画『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』
      6. 映画『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』
      7. 映画『スター・ウォーズ フォースの覚醒』
      8. 映画『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』
      9. 映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』
    2. 【軍隊に関する映画】
      1. 映画『愛と青春の旅だち』
      2. 映画『ハートブレイク・リッジ 勝利の戦場』
      3. 映画『ゴッドファーザー』
      4. 映画『硫黄島からの手紙』
      5. 『アメリカン・スナイパー』
  13. 映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第三章』の作品情報

映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第三章』外部リンク

HPサイト】
映画『銀河英雄伝説 Die Neue These激突 第三章』公式サイト

【予告映像】
映画『銀河英雄伝説 Die Neue These激突 第三章』トレーラー

【公式Twitter
映画『銀河英雄伝説 Die Neue These激突 第三章』

IMDbサイト】
映画『銀河英雄伝説 Die Neue These激突 第三章』

Rotten Tomatoesサイト】
映画『銀河英雄伝説 Die Neue These激突 第三章』

スポンサーリンク

映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第三章』のオススメ度は?

3.5

星3つ半です

面白い

スポンサーリンク

映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第三章』の作品情報・概要

『銀河英雄伝説 Die Neue These激突 第三章』多田俊介監督作品。ベストセラー作家・田中芳樹による大長編SF小説で過去にアニメ化もされた「銀河英雄伝説」を、Production I.Gが新たにアニメ化した「銀河英雄伝説 Die Neue These(ディ・ノイエ・テーゼ)」。2018年のファーストシーズン「邂逅」(第112話)、19年のセカンドシーズン「星乱」(1324話)に続くサードシーズン「激突」全12話を3章に分けて上映する劇場上映版の第3章。

スポンサーリンク

映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第三章』の受賞歴

無し(2022年5月現在)

スポンサーリンク

映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第三章』のあらすじ・ネタバレ

映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第三章』のあらすじ・ネタバレ:起

宇宙歴798410日、自由惑星同盟軍のイゼルローン要塞の前に、銀河帝国軍のガイエスブルグ要塞が出現したことで大きな戦いが始まろうとしていました。

自由同盟側はヤン提督が査問会に呼ばれており、キャゼルヌ少将が留守を任されています。

彼は仲間と共に帝国軍に対してどのように出るか話し合う最中、ガイエスブルグ要塞の主砲による攻撃が開始されます。

自由同盟も応戦することになって互いの要塞に被害が出る中、主砲の撃ち合いは止まりました。

映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第三章』のあらすじ・ネタバレ:承

自由同盟は奇跡のヤンが不在であることがバレないよう注意を払いつつ、防戦の構えを取ることにしました。

一方、帝国側のケンプ司令官はワルキューレ部隊を出してイゼルローン要塞の浮遊砲台を無効化。

別途動かしていたミュラー率いる1万を超える艦隊を配置して準備を整えます。

ミュラーは部隊を出してイゼルローン要塞内への侵入を成功させ、司令部の制圧も間近に迫ったかと思えましたが…。

自由同盟のローゼンリッター騎士連隊が敵を封じました。次に攻めに出たのはメルカッツ提督です。

元々、帝国軍にいた彼の手腕は噂になっていましたが、自由同盟での戦いは初となる今作戦メルカッツ提督は白兵戦から帰還しようとした敵部隊に追い打ちをかけ、ミュラーが味方を助けに来るのを待ちます。

そうしてあらかじめ周りに配置していた分艦隊が近付いてきたミュラーの艦隊を囲み、メルカッツ提督は敵の戦力を大きく削ぐことに成功。

大きな功績を上げたことで自由同盟から拍手を送られました。

映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第三章』のあらすじ・ネタバレ:転

そうした中、ヤン提督の帰還が知らされ、戦いは最終局面へ。

ヤン提督は査問会で議員のネグロポンティに詰問され続けていましたが、帝国軍の侵攻の知らせを受けて解放されたのです。

ネグロポンティは間の悪い時に査問会に呼び出したことで、自身の地位が危ぶまれると考えたことで、ヤン提督に今回のことは穏便に済ませて欲しいと願い出ます。

そうしてヤン提督は副官のフレデリカ、ビュコック長官と共に、イゼルローン要塞の近くまで到着したことで策を講じます。

映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第三章』のあらすじ・ネタバレ:結

ケンプとミュラーの艦隊は、新たに現れた艦隊にヤン提督が乗っているとは考えていませんでしたが、先に壊滅することを決めました。

イゼルローン要塞から他の艦隊が出てこないよう封じ込めつつ、ケンプたちは合流して離れた所に位置する艦隊を攻撃。

すると、ヤン提督はあらかじめ配置していた機動力が低く攻撃力が高い部隊に迎撃させました。

そうして敵の足止めをしている間に、イゼルローン要塞の味方が近付きつつあったのです。

ケンプ司令官はこのままでは挟撃されると考え、ついにガイエスブルグ要塞ごとイゼルローン要塞にぶつけようと決意しました。

要塞どうしの戦いは次の作品に続いていきます。

スポンサーリンク

映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第三章』の感想・内容

要塞同士の主砲の撃ち合いは、演出がとても派手で凄かったですね。

一点集中の光線のような光を「ファイエル!」、「撃て!」と掛け声を上げて交互に撃っていくのはハラハラさせられました。

要塞とは言え、相手の主砲が直撃した区画は壊れていってしまうため消耗戦になってしまう…。

ケンプ司令官はそうした戦術を前提としていたため、要塞の補強をしていたのにも注目でしょう。そうした要塞同士の戦いは手に汗を握りました。

元々、イゼルローン要塞は帝国軍が設計したもので、それをヤン提督が奇策を用いて奪取したという経緯がありました。

そのため、設計した要塞の弱点を的確に付くのにも注目ですね。装甲のもろい部分を攻め、内部の道を的確に指示することで司令部を落とそうと目論むのは流石でした。

帝国軍のケンプ司令官はイゼルローン要塞を取り戻して、ミッターマイヤーたち上級対象と肩を並べたいと考えていたことから、今作戦への覚悟を感じさせます。

スポンサーリンク

映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第三章』の考察・評価

そうした強敵を前に、ヤン提督の代理を勤めることになったキャゼルヌですが、仲間の助言を聞いた上で方針を決めていくのが印象的。

仲間たちも意見を述べやすい環境が作られており、そうした中でメルカッツ提督の活躍が始まるのも良かったですね。

ミュラーの艦隊の動きを読み切って、挟撃を成功させたのは流石だなと思いつつ、メルカッツがみんなに賞賛されるのも良かったなと…。

彼の副官であるシュナイダーが喜びの意を込めて涙ぐみますが、その思いに共感させられました。

スポンサーリンク

映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第三章』の結末

ローゼンリッターたちによる白兵戦の凄まじさも目を見張る中、個々の艦隊の砲撃などの演出も見もので、ラストのヤン提督の作戦も見どころです。

5千隻の艦艇を引き連れてきたヤン提督ですが、ケンプ司令官たちの戦力はその4そのため、イゼルローン要塞に合流する前に叩かれたらひとたまりもありません。

しかし、通信は妨害されていることから味方との打ち合わせも不可能であり、一歩間違えれば壊滅させられていたでしょう。

そうした中で、ヤン提督はランサー・スパルタニアンを配置しておくことで機動力を補いつつ、レールガンの雨を敵に浴びせることに成功したのです。

敵の艦隊の動きを止めている間に、司令部でケンプたちの動きを的確に読み切った仲間のおかげで挟撃作戦が功を奏した…。

この展開はとても熱かったですね。というのも、ヤン提督と共に過ごしてきた養子のユリアンが敵の動向を見極めていたからです。

ヤン提督はユリアンを軍人にしたいとは思っていませんでしたが、今回ばかりは彼に救われたことを踏まえて考えを変えるかもしれませんね。

彼らの戦いがどういった結末を迎えるのか、続編が待ち遠しいです。

スポンサーリンク

映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第三章』のキャストについて

ラインハルト・フォン・ローエングラム(宮野真守)
ヤン・ウェンリー(鈴村健一)
ユリアン・ミンツ(梶裕貴)
パウル・フォン・オーベルシュタイン(諏訪部順一)
ウォルフガング・ミッターマイヤー(小野大輔)
オスカー・フォン・ロイエンタール(中村悠一)
カール・グスタフ・ケンプ(安元洋貴)
ナイトハルト・ミュラー(上村祐翔)
アレックス・キャゼルヌ(川島得愛)
フレデリカ・グリーンヒル(遠藤綾)
ワルター・フォン・シェーンコップ(三木眞一郎)
ムライ(大塚芳忠)
フョードル・パトリチェフ(岩崎征実)
グエン・バン・ヒュー(三宅健太)
エドウィン・フィッシャー(園江治)
ダスティ・アッテンボロー(石川界人)
オリビエ・ポプラン(鈴木達央)
イワン・コーネフ(鳥海浩輔)
ウィリバルト・ヨアヒム・フォン・メルカッツ(山路和弘)
ベルンハルト・フォン・シュナイダー(平川大輔)
アレクサンドル・ビュコック(中博史)
ファイフェル(岩崎諒太)
ヨブ・トリューニヒト(安斉一博)
ネグロポンティ(武虎)
ジョアン・レベロ(江川大輔)
ホワン・ルイ(宇垣秀成)
カスパー・リンツ(浜田賢二)
ライナー・ブルームハルト(最上嗣生)
アサドーラ・シャルチアン(佐々木義人)
サンドル・アラルコン(丹沢晃之)
ライオネル・モートン(坂口侯一)
フーセネガー(城岡祐介)
オルラウ(志村知幸)
ルビッチ(茂木優)
ドレウェンツ(福西勝也)
アイヘンドルフ(辻井健吾)
パトリッケン(拝真之介)
ヘンスロー(朝倉栄介)
ルパート・ケッセルリンク(野島健児)
オルタンス・キャゼルヌ(富樫美鈴)
シャルロット・フィリス・キャゼルヌ(美波わかな)
シャルロットの妹(渡辺理沙)

スポンサーリンク

まとめ 映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第三章』一言で言うと!

「世界最高のSFアニメーション」

スポンサーリンク

『運だぜ!アート』本日の総合アクセスランキング

映画『ばるぼら』ネタバレ・あらすじ「美乳」二階堂ふみ&「美尻」稲垣吾郎の衝撃愛!手塚眞とクリストファー・ドイルが紡ぐ「究極の芸術愛」誕生!感想・結末。
スター・ウォーズ初心者はここから!映画を見る順番や見所をわかりやすく解説!ネタバレ若干あり!
映画『エルヴィス』ネタバレ・あらすじ「人種差別反対」感想「ロックンロールを世界へ」結末「キング・オブ・ロックンロール」
映画『哀愁しんでれら』ネタバレ・あらすじ「土屋太鳳さんが“美しすぎて”集中できなかった」感想「焦点を絞った方が良かった」結末
映画『MOTHER マザー』ネタバレ・あらすじ「長澤まさみ新境地の“毒親”に拍手喝采」感想「美女は悪女が似合う」結末「阿部サダヲの“クソ”っぷりに激怒」
映画『人数の町』ネタバレ・あらすじ・感想。「衣食住完備」「性欲も満たされる」としたら住むことが出来るか?
【ネタバレ酷評】映画『マチネの終わりに』あらすじ・結末。物語も演出も撮影もダメ。福山雅治&石田ゆり子の糸引くキスシーン。
映画『楽園』ネタバレ・あらすじ・結末。ムラ社会は日本社会の縮図。長老(独裁者)の「決めつけ」こそ悪害なのだ。綾野剛、佐藤浩市もOKだが村上虹郎が最高だ!
映画『アド・アストラ』の意味とネタバレ・あらすじ・感想・結末。ブラピ史上最高演技。宇宙は自身の心にある。困難を克服して栄光を掴む。
映画『ノイズ』ネタバレ・あらすじ「藤原竜也vs松山ケンイチ+神木隆之介は親友か!」感想「田舎のてんやわんや物語」結末「地方創生推進特別交付金5億円はどうなる?」

スポンサーリンク

合わせて観たい映画

【スター・ウォーズシリーズ】

映画『スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス』

ジョージ・ルーカスが監督に復帰!22年ぶりです。

映画『スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス』ネタバレ・あらすじ・結末。アナキン・スカイウォーカー発見後の宇宙は平和になるのか
映画『スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』原題『Star Wars: Episode I The Phantom Menace』1999年に公開されたアメリカ映画。ジョージ・ルーカス監督作品。エピソード6から過去に戻りアナキン・スカイウォーカーを見つけ育てる物語。

映画『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』

アナキンの心の苦悩と恋愛を描いていると言うが・・・・。

映画『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』ネタバレ・あらすじ・結末。アナキンの禁じられた恋愛。母の死が後のダース・ベイダー誕生の布石となる。
映画『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。ディズニー公式サイトならびにIMDbサイトへのリンクもあります。 遠い昔、はるか彼方の銀河系で…。『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』原題『Star Wars: Episode II Attack of the Clones』2002年に公開されたアメリカ映画。ジョージ・ルーカス監督作品。アナキン・スカイウォーカーを主人公とする新三部作の第2章『エピソード2』に当たる。ユアン・マクレガー、ナタリー・ポートマン、ヘイデン・クリステンセンらが出演。

映画『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』

アナキンがついにダースサイドに落ちます

映画『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』ネタバレ・あらすじ・結末。ジョージ・ルーカス最後の監督作品。黒澤明とアメリカン・ニューシネマへの愛を込めて。
こちらからお読みください。『スター・ウォーズ』シリーズ全部をまとめて紹介しています。 映画『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラスト...

映画『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』

『スター・ウォーズ』シリーズ第一弾、全てはここから始まった

映画『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』ネタバレ・あらすじ・結末。ルークはルーカスの化身。銀河帝国はハリウッドメジャー映画会社。
映画『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。ディズニー公式サイトならびにIMDbサイトにて作品情報・キャスト情報も紹介しています。遠い昔、遥か彼方の銀河系で…。 『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』原題『Star Wars: Episode IV A New Hope』1977年に公開されたアメリカ映画。ジョージ・ルーカス監督・脚本。2019年の映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』まで全9作品の最初の映画。壮大なスペースオペラでありサーガの始まり。映画シリーズとしては最大のヒットとなる。

映画『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』

ハン・ソロが、、、。レジスタンス最大に危機に、、、。

映画『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』ネタバレ・あらすじ・結末。ハリソン・フォード好演がシリーズ存続を決めた。シリーズ最高傑作!
映画『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』ディズニー公式サイトならびにIMDbサイトでも情報も紹介しています。『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』原題『Star Wars: Episode V The Empire Strikes Back』1980年に公開されたアメリカ合衆国の映画。『スター・ウォーズ』シリーズ第二弾。監督はアーヴィン・カーシュナー。主演はマーク・ハミルとキャリー・フィッシャー。他にハリソン・フォード、ビリー・ディー・ウィリアムズ、アンソニー・ダニエルズ。ジョージ・ルーカスは製作総指揮。

映画『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』

完全なるハッピーエンド これで銀河は平和になった

映画『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』ネタバレ・あらすじ・結末。新作『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』と比較視聴。
映画『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』ディズニー公式サイトならびにIMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』原題『Star Wars: Episode VI Return of the Jedi』1983年に公開されたアメリカ映画。旧三部作の『エピソード6』アメリカでの公開当初のタイトルは『Return of the Jedi』(『ジェダイの帰還』)。日本での公開当初のタイトルは『スター・ウォーズ/ジェダイの復讐』。後年DVDの発売により本タイトルになった。監督はリチャード・マーカンド。ジョージ・ルーカスは製作総指揮。

映画『スター・ウォーズ フォースの覚醒』

スター・ウオーズシリーズ一番の人気作品と言われています。

映画『スター・ウォーズ フォースの覚醒』ネタバレ・あらすじ・結末。ハリソン・フォード無念の死。息子が悪に魂を売る。宇宙で家族再生を目指す映画。
映画『スター・ウォーズ フォースの覚醒』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。

映画『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』

シリーズ一番の問題作です。でも観ておくべき!

映画『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』ネタバレ・あらすじ・結末・感想。シリーズ最大の問題作。世界で賛否両論。アダム・ドライバーは輝いている。
映画『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』ディズニー公式サイトならびにIMDbサイトから作品情報・キャスト情報の紹介もしています。日本テレビ金曜ロードSHOW!でテレビ初登場。『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』原題『Star Wars: The Last Jedi』2017年公開のアメリカ映画。「スター・ウォーズ フォースの覚醒」に続く3部作の第2部で監督はライアン・ジョンソン。レイ(デイジー・リドリー) を主人公とする。フィン(ジョン・ボイエガ)カイロ・レン(アダム・ドライバー) が花を添える。 配給はウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ。

映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』

スカイ・ウォーカーファミリーの物語が終わります

【ネタバレ考察】映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』あらすじ・結末・感想。レイの親・祖父は誰?J・J・エイブラムスは忖度しすぎ
【ネタバレ考察】映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』あらすじ・結末・感想。レイの親・祖父は誰?J・J・エイブラムスは忖度しすぎ映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』の作品概要遠い昔、はるか彼方の銀河系で…。『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』原題『Star Wars: The Rise Of Skywalker』2019年12月20日に公開されたアメリカ映画。『スター・ウォーズ』シリーズにおける実写映画本編の第9作品目で最終作品。『スター・ウォーズ』シリーズの3部作『スター・ウォーズ フォースの覚醒』(2015)『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』(17)の最後を飾るのが本作『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』である。スカイウォーカーファミリーの物語が完結する。監督は映画『スター・ウォーズ フォースの覚醒』のJ・J・エイブラムス。主演は映画『スター・ウォーズ フォースの覚醒』や映画『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』のデイジー・リドリー。映画『マリッジ・ストーリー』や映画『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』や映画『デッド・ドント・ダイ』のアダム・ドライバー、 ジョン・ボイエガ、オスカー・アイザック、映画『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』のマーク・ハミル、映画『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』のキャリー・フィッシャーが脇を固める。

【軍隊に関する映画】

映画『愛と青春の旅だち』

リチャード・ギアとデブラ・ウィンガーが愛を育む

【ネタバレ考察】映画『愛と青春の旅だち』あらすじ「ラストの主題歌で感涙」感想「フォーリー軍曹はアカデミー賞受賞」結末
【ネタバレ考察】映画『愛と青春の旅だち』あらすじ「ラストの主題歌で感涙」感想「フォーリー軍曹はアカデミー賞受賞」結末・ 歌詞・名言・テーマ曲と音楽の紹介。映画『愛と青春の旅だち』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『愛と青春の旅だち』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『愛と青春の旅だち』の作品情報・概要『愛と青春の旅だち』原題『An Officer and a Gentleman』1982年のアメリカの青春恋愛映画。テイラー・ハックフォード監督作品。リチャード・ギア主演。デブラ・ウィンガー、デビッド・キース、リサ・ブロント共演。鬼軍曹フォーリーを演じたルイス・ゴセット・ジュニアが1982年度アカデミー助演男優賞を受賞している。主題歌『愛と青春の旅だち』もアカデミー歌曲賞を受賞している。ジョー・コッカーとジェニファー・ウォーンズが歌った。本映画の成功は『トップガン』製作の後押しになったと言われている。

映画『ハートブレイク・リッジ 勝利の戦場』

クリント・イーストウッドが「ポンコツ」を育ててグレナダへ

映画『ハートブレイク・リッジ 勝利の戦場』ネタバレ・あらすじ・感想。クリント・イーストウッド「ポンコツ集団」とグレナダ侵攻で大活躍。
映画『ハートブレイク・リッジ 勝利の戦場』ネタバレ・あらすじ・感想。クリント・イーストウッド「ポンコツ集団」とグレナダ侵攻で大活躍。映画『ハートブレイク・リッジ 勝利の戦場』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ハートブレイク・リッジ 勝利の戦場』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『ハートブレイク・リッジ 勝利の戦場』の作品情報・概要『ハートブレイク・リッジ 勝利の戦場』原題『Heartbreak Ridge』1986年公開のアメリカ映画。クリント・イーストウッド監督・主演。戦争帰りの兵士が鬼教官となって若者を?兵士として教育していく。その過程で若いエリート上官との諍いや、元妻への愛を絡めて進行していく。当初「ポンコツ」だった若者と一緒にグレナダへ行って戦うことで若者の成長を描いている。

映画『ゴッドファーザー』

アル・パチーノ演じるマイケルは軍隊帰りの好青年だった

映画『ゴッドファーザー』ネタバレ・あらすじ・結末・感想。コッポラvsブランドvsパチーノが描く「家族愛」世界最高映画。支配の先に光は見えず。
映画『ゴッドファーザー』ネタバレ・あらすじ・結末・感想。コッポラvsブランドvsパチーノが描く「家族愛」世界最高映画。支配の先に光は見えず。 映画『ゴッドファーザー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ゴッドファーザー』の作品情報・概要 ゴッドファーザー』原題『The Godfather』1972年に公開されたアメリカ映画。フランシス・フォード・コッポラ監督作品。マーロン・ブランド主演。マリオ・プーゾの小説『ゴッドファーザー』を映画化。公開されるや否や大ヒット。当時の興行記録を塗り替える。第45回アカデミー賞でアカデミー賞で「作品賞・主演男優賞・脚色賞」を受賞した。1990年にはアメリカ国立フィルム登録簿に永久保存登録された。当時としてはタブーであったマフィアネタを映画として真正面から扱った画期的な作品。マーロン・ブランドは落ち目であったが本作出演で絶対的な地位を確立した。

映画『硫黄島からの手紙』

二宮くんは故郷に残した妻子に生還を誓う

映画『硫黄島からの手紙』ネタバレ・あらすじ・感想。二宮和也が役者になった映画。イジケっぷりが最高。
映画『硫黄島からの手紙』ネタバレ・あらすじ・感想。二宮和也が役者になった映画。イジケっぷりが最高。映画『硫黄島からの手紙』の作品情報・概要『硫黄島からの手紙』原題『Letters from Iwo Jima』2006年のアメリカ合衆国の戦争映画。『父親たちの星条旗』(原題『Flags of Our Fathers』)と企画された「硫黄島プロジェクト」の日本側視点の作品となる。栗林忠道陸軍大将が本土の妻子に当てた手紙『「玉砕総指揮官」の絵手紙』(栗林忠道・著 吉田津由子・編)に基づいて脚本を練られている。監督は『父親たちの星条旗』と同じくクリント・イーストウッド。

『アメリカン・スナイパー』

クリント・イーストウッド監督『アメリカン・スナイパー』実話は映画史上最高傑作の反戦映画である。ネタバレ、感想、評価
クリント・イーストウッドは多くの戦争映画を制作している。西部劇作品も一貫して戦争映画だ。『許されざる者』『ミスティック・リバー』『ミリオンダラー・ベイビー』も戦争映画だ。そして本作はおそらくイーストウッド自身ストレートに描いた最高傑作の反戦映画であると言える。事実、アメリカの戦争映画の興行収入の記録を作った。そこに反戦の事実がある。

イラク戦争で「スナイパー」として活躍したが、、、

スポンサーリンク

映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第三章』の作品情報

映画.comより一部引用
スタッフ・キャスト
監督
多田俊介
原作
田中芳樹
シリーズ構成
高木登
助監督
森山悠二郎
キャラクターデザイン
菊地洋子 寺岡巌 津島桂
総作画監督
後藤隆幸 菊地洋子
特技監督
竹内敦志
メカデザイン
竹内敦志 臼井伸二 常木志伸
オリジナルメカデザイン
加藤直之
プロップデザイン
太田恵子
プロップデザイン・紋章デザイン
秋篠Denforword日和
3D
ランドック・スタジオ I.G3D
3D監督
磯部兼士
美術
Bamboo
美術監督
竹田悠介
美術設定
塩澤良憲 曽野由大 金平和茂
美術デザイン
渡部隆
色彩設計
竹田由香
撮影監督
荒井栄児
音響監督
三間雅文
編集
黒澤雅之
音楽
橋本しん 井上泰久
主題歌
SennaRin
テーマソング
SennaRin
ナレーション
下山吉光
制作
Production I.G
監修
らいとすたっふ
ラインハルト・フォン・ローエングラム(宮野真守)
ヤン・ウェンリー(鈴村健一)
ユリアン・ミンツ(梶裕貴)
パウル・フォン・オーベルシュタイン(諏訪部順一)
ウォルフガング・ミッターマイヤー(小野大輔)
オスカー・フォン・ロイエンタール(中村悠一)
カール・グスタフ・ケンプ(安元洋貴)
ナイトハルト・ミュラー(上村祐翔)
アレックス・キャゼルヌ(川島得愛)
フレデリカ・グリーンヒル(遠藤綾)
ワルター・フォン・シェーンコップ(三木眞一郎)
ムライ(大塚芳忠)
フョードル・パトリチェフ(岩崎征実)
グエン・バン・ヒュー(三宅健太)
エドウィン・フィッシャー(園江治)
ダスティ・アッテンボロー(石川界人)
オリビエ・ポプラン(鈴木達央)
イワン・コーネフ(鳥海浩輔)
ウィリバルト・ヨアヒム・フォン・メルカッツ(山路和弘)
ベルンハルト・フォン・シュナイダー(平川大輔)
アレクサンドル・ビュコック(中博史)
ファイフェル(岩崎諒太)
ヨブ・トリューニヒト(安斉一博)
ネグロポンティ(武虎)
ジョアン・レベロ(江川大輔)
ホワン・ルイ(宇垣秀成)
カスパー・リンツ(浜田賢二)
ライナー・ブルームハルト(最上嗣生)
アサドーラ・シャルチアン(佐々木義人)
サンドル・アラルコン(丹沢晃之)
ライオネル・モートン(坂口侯一)
フーセネガー(城岡祐介)
オルラウ(志村知幸)
ルビッチ(茂木優)
ドレウェンツ(福西勝也)
アイヘンドルフ(辻井健吾)
パトリッケン(拝真之介)
ヘンスロー(朝倉栄介)
ルパート・ケッセルリンク(野島健児)
オルタンス・キャゼルヌ(富樫美鈴)
シャルロット・フィリス・キャゼルヌ(美波わかな)
シャルロットの妹(渡辺理沙)
2022年製作/93分/G/日本
配給:松竹メディア事業部

タイトルとURLをコピーしました