西部劇

スポンサーリンク
2021年製作

映画『クライ・マッチョ』ネタバレ・あらすじ「クリント・イーストウッド集大成か!」感想「意味は男らしく泣け」結末「人生はまだ続く」

映画『クライ・マッチョ』ネタバレ・あらすじ「クリント・イーストウッド集大成か!」感想「男らしく泣け」結末「人生はまだ続く」映画『クライ・マッチョ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『クライ・マッチョ』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。 映画『クライ・マッチョ』の作品情報・概要『クライ・マッチョ』原題『Cry Macho』 2021年のアメリカ合衆国のネオウェスタンドラマ映画。監督・製作・主演をクリント・イーストウッド。本作で監督デビュー50年、40作目となる。N・リチャード・ナッシュが執筆した同名タイトルの小説を映画化。エドゥアルド・ミネット、ナタリア・トラベン、ドワイト・ヨーカム、フェルナンダ・ウレホラらが出演。脚本はニック・シェンクとN・リチャード・ナッシュが担当。イーストウッドは『許されざる者』(92)以来、30年ぶりに乗馬した。
2022.01.26
2021年製作

映画『プリズナーズ・オブ・ゴーストランド』ネタバレ・あらすじ「園子温監督のハリウッド伝説が始まる!」感想「TAK∴さんの殺陣に“痺れる”」結末「ニコラス・ケイジ頑張れ!」

映画『プリズナーズ・オブ・ゴーストランド』ネタバレ・あらすじ「園子温監督のハリウッド伝説が始まる!」感想「TAK∴さんの殺陣に“痺れる”」結末「ニコラス・ケイジ頑張れ!」 映画『プリズナーズ・オブ・ゴーストランド』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『プリズナーズ・オブ・ゴーストランド』IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『プリズナーズ・オブ・ゴーストランド』の作品情報・概要『プリズナーズ・オブ・ゴーストランド』原題『Prisoners of the Ghostland』2021年のアメリカのスリラー映画。園子温監督ハリウッドデビュー作品。ニコラス・ケイジ主演。ソフィア・ブテラ、ビル・モーズリー、ニック・カサベテス、TAK∴、中屋柚香、YOUNG DAIS、古藤ロレナ、縄田カノン、栗原類、渡辺哲、潤浩らが出演。場所や時代設定が独創的である。時代劇と西部劇の融合で、近未来に訪れるディズトピア社会を描いている。脚本はアーロン・ヘンドリーとレザ・シクソ・サファイ。
2022.01.13
いじめ・陰湿映画

映画『西部の男』ネタバレ・あらすじ「『ローマの休日』へと続く」感想「ゲイリー・クーパーは超ハンサム」結末「ウィリアム・ワイラー監督は多彩」

映画『西部の男』ネタバレ・あらすじ「『ローマの休日』へと続く」感想「ゲイリー・クーパーは超ハンサム」結末「ウィリアム・ワイラー監督は多彩」  映画『西部の男』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『西部の男』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。 映画『西部の男』の作品情報・概要 『西部の男』原題『The Westerner』ウィリアム・ワイラー監督作品(映画『おしゃれ泥棒』)。1940年のアメリカ西部劇映画。ゲイリー・クーパー(映画『昼下りの情事』)、ウォルター・ブレナン、ドリス・ダヴェンポート、フレッド・ストーン、ドリス・ダベンポート、フォレスト・タッカー、リリアン・ボンドポール・ハースト、チル・ウィルス、チャールズ・ハルトン、トム・タイラー、ルピタ・トバー、ダナ・アンドリュースら。ウォルター・ブレナンが第13回アカデミー賞助演男優賞を受賞した。3回目である。
お茶の間映画館

映画『ワイルドバンチ』ネタバレ・あらすじ「西部劇ナンバーワン」感想「巨匠サム・ペキンパー最高傑作」結末「後世のフィルメメーカーに影響大」

映画『ワイルドバンチ』ネタバレ・あらすじ「西部劇ナンバーワン」感想「巨匠サム・ペキンパー最高傑作」結末「後世のフィルメメーカーに影響大」映画『ワイルドバンチ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ワイルドバンチ』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ワイルドバンチ』の作品情報・概要『ワイルドバンチ』原題『The Wild Bunch』1969年製作のアメリカ合衆国の西部劇映画。サム・ペキンパー監督作品。ペキンパーの最高傑作であり、「最後の西部劇」と呼ばれている。「アメリカン・ニューシネマ」の代表的な映画。かつて強盗団として鳴らした“ワイルドバンチ”は今は老齢の集団となっている。彼らは時代の波に乗れなかった無法者であるが、最後には仲間の葬いのために男を美学を貫く。
2022.01.13
2020年製作

映画『カムバック・トゥ・ハリウッド!!』ネタバレ・あらすじ「同窓会に行きたくなる」感想「年老いた役者を観るには辛い」結末「コメディとしてはオッケー」

映画『カムバック・トゥ・ハリウッド!!』ネタバレ・あらすじ「同窓会に行きたくなる」感想「年老いた役者を観るには辛い」結末「コメディとしてはオッケー」映画『カムバック・トゥ・ハリウッド!!』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『カムバック・トゥ・ハリウッド!!』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『カムバック・トゥ・ハリウッド!!』の作品情報・概要『カムバック・トゥ・ハリウッド!!』原題『The Comeback Trail』2020年のアメリカ合衆国のクライムコメディ映画。ジョージ・ギャロ監督作品。脚本家ハリー・ハーウィッツの『The Comeback Trail』のリメイク作品。年老いた映画プロデューサー役のロバート・デ・ニーロ(映画『アイリッシュマン』や映画『ゴッドファーザーPARTII』)、引退した往年の大スターをトミー・リー・ジョーンズ(映画『アド・アストラ』)、老齢なギャングのボスをモーガン・フリーマン(映画『ショーシャンクの空に』や映画『インビクタス/負けざる者たち』や映画『許されざる者(1992)』)が演じている。
お茶の間映画館

映画『荒野の七人』ネタバレ・あらすじ「黒澤明は偉大なり!」感想「ユル・ブリンナーとスティーブ・マックイーンの水面下の戦い」結末「インディアン(ネイティブアメリカン)に寄り添った物語」

映画『荒野の七人』ネタバレ・あらすじ「黒澤明は偉大なり!」感想「ユル・ブリンナーとスティーブ・マックイーンの水面下の戦い」結末「インディアン(ネイティブアメリカン)に寄り添った物語」 映画『荒野の七人』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『荒野の七人』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『荒野の七人』の作品情報・概要『荒野の七人』原題『The Magnificent Seven』1960年のアメリカ合衆国の西部劇映画。 ジョン・スタージェス監督作品。ユル・ブリンナー主演。スティーブ・マックイーン、チャールズ・ブロンソン、ジェームズ・コバーン、ホルスト・ブッフホルツ、ロバート・ボーン、ブラッド・デクスター、イーライ・ウォラックらが出演。 黒澤明監督の日本映画『七人の侍』(1954年)の舞台を西部開拓時代のメキシコに移して描いたリメイク映画。第二作『続・荒野の七人』(1966年)、第三作『新・荒野の七人 馬上の決闘』(1969年)、第四作『荒野の七人・真昼の決闘』(1972年)などの続編が製作されることになる。音楽のエルマー・バーンスタインの名声を高めた。旋律は早坂文雄さんに似ている。
お茶の間映画館

映画『ガンヒルの決斗』ネタバレ・あらすじ「カーク・ダグラスvsアンソニー・クイン 」感想「インディアン(ネイティブ・アメリカン)に寄り添う映画」結末「汽車を用いての決闘場面は秀逸」

映画『ガンヒルの決斗』ネタバレ・あらすじ「カーク・ダグラスvsアンソニー・クイン 」感想「インディアン(ネイティブ・アメリカン)に寄り添う映画」結末「汽車を用いての決闘場面は秀逸」 映画『ガンヒルの決斗』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ガンヒルの決斗』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ガンヒルの決斗』の作品情報・概要『ガンヒルの決斗』原題『 Last Train from Gun Hill』1959年のアメリカ合衆国の映画。ジョン・スタージェス監督作品。カーク・ダグラス主演。映画『道』アンソニー・クイン。キャロリン・ジョーンズ、アール・ホリマン、ブラッド・デクスター、ブライアン・ハット、ジヴァ・ロダンらが共演。当時としては珍しくインディアン(ネイティブ・アメリカン)の人たちを絶対悪にしていない作品。汽車が敷設されている描写にアメリカに新しい時代が来ていること描いている。
2018年製作

映画『ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー』ネタバレ・あらすじ「愛する恋人の奪還目指すも撃沈」感想「若者の失恋と再出発を描く」結末「ハリソン・フォードの若き日々」をロン・ハワード演出

映画『ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー』の作品情報・概要『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』原題『Solo: A Star Wars Story』2018年公開のアメリカ映画。当初フィル・ロード&クリス・ミラー(映画『スパイダーマン:スパイダーバース』)が監督だったが「創作上の相違」から降板。急遽ロン・ハワードが監督を務めることになり話題になる。映画『パヴァロッティ 太陽のテノール』。主演はオールデン・エアエンライク、映画『ガラスの城の約束』や映画『記者たち 衝撃と畏怖の真実』のウディ・ハレルソン、映画『ボディガード(1992)』1992)』のエミリア・クラーク、ドナルド・グローヴァー、タンディ・ニュートンが出演している。
SF映画

映画『ウエストワールド』ネタバレ・あらすじ「マイケル・クライトンを再評価」感想「ユル・ブリンナーからシュワルツェネッガーへ」結末

映画『ウエストワールド』ネタバレ・あらすじ「マイケル・クライトンを再評価」感想「ユル・ブリンナーからシュワルツェネッガーへ」結末映画『ウエストワールド』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ウエストワールド』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。『ウエストワールド』原題『Westworld』1973年のアメリカ映画。後に世界的な大ヒットスティーヴン・スピルバーグ監督『ジュラシック・パーク』の原作者マイケル・クライトンの初監督作品。アメリカの富裕層のためのテーマパーク「デロス」で人間の欲望、願望が叶えられることが、ロボットの暴走を招く結果を描いた秀逸な作品。後の『ターミネーター』に影響を与えた。アメリカ・HBOが本作をドラマシリーズとして放映した。
2022.01.25
お茶の間映画館

映画『捜索者』ネタバレ・あらすじ「雄大なアメリカ大地を堪能できる」感想「差別・偏見が強すぎる」結末

映画『捜索者』ネタバレ・あらすじ「雄大なアメリカ大地を堪能できる」感想「差別・偏見が強すぎる」結末映画『捜索者』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『捜索者』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『捜索者』の作品情報・概要『捜索者』原題『The Searchers』1956年製作・公開のアメリカの西部劇映画。ジョン・フォード監督作品。ジョン・ウェイン、ジェフリー・ハンター 、映画『ウエスト・サイド物語』のナタリー・ウッド主演。フォードは本作について「家族の一員になることの出来なかった一匹狼の悲劇」とコメントしている。南北戦争が終わり、一見穏やかになったところをインディアン(ネイティブ・アメリカン)に襲撃され、家族は殺され、少女が拉致されるという設定は今では差別・偏見の描写と言われている。
お茶の間映画館

映画『真昼の死闘』ネタバレ・あらすじ・感想。「絶好調」クリント・イーストウッド&「世界的大女優」シャーリー・マクレーンとの珍道恋愛映画。

映画『真昼の死闘』ネタバレ・あらすじ・感想。「絶好調」クリント・イーストウッド&「世界的大女優」シャーリー・マクレーンとの珍道恋愛映画。映画『真昼の死闘』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『真昼の死闘』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『真昼の死闘』の作品情報・概要『真昼の死闘』原題『Two Mules for Sister Sara』1970年制作のアメリカ合衆国の西部劇映画。ドン・シーゲル監督作品。クリント・イーストウッド主演。共演は当時、世界的な大女優となっていたシャーリー・マクレーン。フランス占領下のメキシコを舞台に、革命を目指すゲリラ部隊に協力する男女の恋愛要素を織り交ぜたロードムービー。
2022.04.19
SF映画

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3』ネタバレ・あらすじ・感想。アフターコロナに捧ぐメッセージ「未来は自分で切り開くもの!」

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー3』『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3』ネタバレ・あらすじ・感想。アフターコロナに捧ぐメッセージ「未来は自分で切り開くもの!」映画『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 映画『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3』の作品情報・概要映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズ第三弾です。最終話。前作の尺が長かったため2分割され『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3』の誕生となりました。製作総指揮スティーヴン・スピルバーグ。監督はロバート・ゼメキスです。主演もマイケル・J・フォックス。1885年のアメリカの西部が舞台となります。
2022.01.13
2019年製作

映画『ハリエット』あらすじ・ネタバレ・感想・結末。「自由か死か」奴隷でいるなら死んだ方がマシだ!奴隷解放運動家の英雄ハリエット・タブマン伝記映画

映画『ハリエット』あらすじ・ネタバレ・感想・結末。「自由か死か」奴隷でいるなら死んだ方がマシだ!奴隷解放運動家の英雄ハリエット・タブマン伝記映画。映画『ハリエット』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ハリエット』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『ハリエット』の作品情報・概要『ハリエット』原題『Harriet』2019年に公開されたアメリカ合衆国の伝記映画。奴隷解放運動家ハリエット・タブマンの激動の人生を映画化。監督はケイシー・レモンズ、主演はシンシア・エリヴォ。製作スタッフの多くが黒人である。ハリエット・タブマンはアフリカ系アメリカ人女性として「英雄」的存在。2020年、新20ドル紙幣に肖像画として採用される予定。本作は第92回アカデミー賞では主演女優賞と主題歌賞にノミネートされた。
2022.01.13
SF映画

スター・ウォーズ初心者はここから!映画を見る順番や見所をわかりやすく解説!ネタバレ若干あり!

【スター・ウォーズの基本の基】映画を見る順番や見所をわかりやすく解説!初心者必見ネタバレ若干あり!スター・ウォーズ全シリーズのネタバレ・あらすじも別ページで詳しく解説。ジョージ・ルーカス構想のスター・ウォーズシリーズが遂に「スター・ウォーズ」シリーズ最新映画、「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」で完結します。スター・ウォーズを新たに見たい人はどの順番で観たら良いのか迷っているのも事実です。ここではスター・ウォーズをより深く理解するための順番と物語を徹底解説しています。偉大なサーガでした。世界中で大ヒットし熱狂的なファンがいます。ディズニー製作になったことでスター・ウォーズは永遠になりました。
2022.04.19
アクション映画

スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望 を惑星間戦争を知らない子供が見てみた

スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望 を惑星間戦争を知らない子供(現代のアニメオタク)が見てみました。想像と違った奥深いスター・ウォーズの世界にどっぷりと浸かりいくつか驚いた点をまとめました。
2022.04.19
SF映画

映画『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』ネタバレ・あらすじ・結末。新作『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』と比較視聴。

映画『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』ディズニー公式サイトならびにIMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』原題『Star Wars: Episode VI Return of the Jedi』1983年に公開されたアメリカ映画。旧三部作の『エピソード6』アメリカでの公開当初のタイトルは『Return of the Jedi』(『ジェダイの帰還』)。日本での公開当初のタイトルは『スター・ウォーズ/ジェダイの復讐』。後年DVDの発売により本タイトルになった。監督はリチャード・マーカンド。ジョージ・ルーカスは製作総指揮。
2022.02.17
SF映画

映画『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』ネタバレ・あらすじ・結末。ハリソン・フォード好演がシリーズ存続を決めた。シリーズ最高傑作!

映画『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』ディズニー公式サイトならびにIMDbサイトでも情報も紹介しています。『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』原題『Star Wars: Episode V The Empire Strikes Back』1980年に公開されたアメリカ合衆国の映画。『スター・ウォーズ』シリーズ第二弾。監督はアーヴィン・カーシュナー。主演はマーク・ハミルとキャリー・フィッシャー。他にハリソン・フォード、ビリー・ディー・ウィリアムズ、アンソニー・ダニエルズ。ジョージ・ルーカスは製作総指揮。
2022.02.17
SF映画

映画『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』ネタバレ・あらすじ・結末。アナキンの禁じられた恋愛。母の死が後のダース・ベイダー誕生の布石となる。

映画『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。ディズニー公式サイトならびにIMDbサイトへのリンクもあります。 遠い昔、はるか彼方の銀河系で…。『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』原題『Star Wars: Episode II Attack of the Clones』2002年に公開されたアメリカ映画。ジョージ・ルーカス監督作品。アナキン・スカイウォーカーを主人公とする新三部作の第2章『エピソード2』に当たる。ユアン・マクレガー、ナタリー・ポートマン、ヘイデン・クリステンセンらが出演。
2022.01.13
お茶の間映画館

ドル箱三部作『続・夕陽のガンマン 地獄の決斗』ネタバレ・あらすじ・感想。南北戦争の中「善と悪と醜」なる人間という生き物の化けの皮を剥がす名作。

ドル箱三部作『続・夕陽のガンマン』ネタバレ・あらすじ・感想。南北戦争の中「善と悪と醜」なる人間という生き物の化けの皮を剥がす名作。映画『続・夕陽のガンマン 地獄の決斗』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『続・夕陽のガンマン 地獄の決斗』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 映画『続・夕陽のガンマン 地獄の決斗』の作品情報・概要『続・夕陽のガンマン』原題『 Il buono, il brutto, il cattivo』英題『The Good, the Bad and the Ugly』日本語に直訳すると『善玉、悪玉、卑劣漢』となる。1966年のマカロニ・ウェスタン。セルジオ・レオーネ監督作品。クリント・イーストウッド(善玉)、リー・ヴァン・クリーフ(悪玉)、イーライ・ウォラック(卑劣漢)出演。敬虔なカトリック教徒のセルジオ・レオーネが南北戦争を舞台に描いた名作。
2021.09.02
いじめ・陰湿映画

映画『夕陽のガンマン』ネタバレ・あらすじ・感想。クリント・イーストウッドもカッコいいが、いぶし銀リー・ヴァン・クリーフには痺れてしまう

映画『夕陽のガンマン』ネタバレ・あらすじ・感想。クリント・イーストウッドもカッコいいが、いぶし銀リー・ヴァン・クリーフには痺れてしまう。映画『夕陽のガンマン』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『夕陽のガンマン』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『夕陽のガンマン』の作品情報・概要 『夕陽のガンマン』はイタリア語『Per qualche dollaro in più』英語では『For a Few Dollars More』となる。意味は「もう数ドルのために」となる。1965年のイタリア制作の西部劇である。セルジオ・レオーネ監督作品。クリント・イーストウッド主演。共演はリー・ヴァン・クリーフ、ジャン・マリア・ヴォロンテ、クラウス・キンスキー。前作『荒野の用心棒』と次作『夕陽のガンマン』と合わせて「ドル箱三部作」と呼ばれている。エンニオ・モリコーネの音楽が秀逸。日本公開は1967年。映画『夕陽のガンマン』ネタバレ・あらすじ・感想。クリント・イーストウッドもカッコいいが、いぶし銀リー・ヴァン・クリーフには痺れてしまうセルジオ・レオーネとクリント・イーストウッドが組んだドル箱三部作の第二弾。西部劇お決まりの物語進行。流れ者、いや賞金稼ぎがふらっと街へ訪れる。そしてひと稼ぎ。しかしそこには同じく賞金稼ぎを生業にするガンマンが登場する。二人は意気投合し共闘することになる。しかし敵は手強い。レオーネの独特の演出に心踊り、汗をかく。
2021.09.02
お茶の間映画館

『荒野の用心棒』でクリント・イーストウッドは世界に羽ばたいた。セルジオ・レオーネ監督と黒澤明監督への尊敬の念は消えない

本作の『荒野の用心棒』でクリント・イーストウッドは世界のスターの仲間入りすることになる。セルジオ・レオーネの手腕に寄るところが大きい。しかし本作は黒澤明監督の『用心棒』のリメイク、いや盗作だったのだ。以後、2作『夕陽のガンマン』『続・夕陽のガンマン』はドル箱三部作となり世界にマカロニ・ウエスタンブームを巻き起こす。
2021.02.22
いじめ・陰湿映画

映画『荒野のストレンジャー』あらすじ・ネタバレ・感想。クリント・イーストウッド最初の西部劇映画は謎解き満載

クリント・イーストウッド監督作品第二弾。映画『荒野のストレンジャー』インターネット・ムービー・データベース(英語)にて作品情報・キャストなども紹介しています。ドン・シーゲル、セルジオ・レオーネと映画を撮って監督業への造形を深めたクリント・イーストウッドが初めて西部劇を撮った。原題 『High Plains Drifter』はまるで亡霊のような名無しの男のガンマンをイーストウッドが演じている。今でもこの映画の謎解きに夢中になる人が多い。映画『荒野のストレンジャー』あらすじ・ネタバレ・感想。クリント・イーストウッド最初の西部劇映画は謎解き満載映画『荒野のストレンジャー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『荒野のストレンジャー』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 映画『荒野のストレンジャー』の作品概要『荒野のストレンジャー』原題『High Plains Drifter』1973年に公開されたアメリカの西部劇映画。監督・主演はクリント・イーストウッド。監督第二弾で初めて西部劇を撮ることになった。映画の師匠であるセルジオ・レオーネとドン・シーゲル両監督へ感謝の気持ちが読み取れる。二人の監督から学び、そして影響を受けているのが如実にわかる作品でもある。
2022.02.18
いじめ・陰湿映画

クリント・イーストウッド最高映画『許されざる者(1992)』ネタバレ・あらすじ「アメリカ社会の写し絵“悪人”しかいない世界」感想・結末

クリント・イーストウッド最高映画『許されざる者(1992)』ネタバレ・あらすじ「アメリカ社会の写し絵“悪人”しかいない世界」感想・結末『許されざる者』(131分/米/1992)クリント・イーストウッド作品。西部劇の金字塔。復讐の物語だが、人間の業の恐ろしさが垣間見えてくる。クリント・イーストウッドの代表的な『許されざる者』(131分/米/1992)はアメリカ映画史で燦然と輝く名作だ。この作品には出てくる人たちは善良な市民なのか、それとも悪党なのか。こういう時代があった。人殺しが生業として許される悲しき時代を忘れてはいけない。
2021.12.26
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました