映画『ウエストワールド』ネタバレ・あらすじ「マイケル・クライトンを再評価」感想「ユル・ブリンナーからシュワルツェネッガーへ」結末

スポンサーリンク
映画『ウエストワールド』ネタバレ・あらすじ「マイケル・クライトンを再評価」感想「ユル・ブリンナーからシュワルツェネッガーへ」結末SF映画

映画『ウエストワールド』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。

映画『ウエストワールド』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。

YouTubeで予告映像もご覧ください。

『運だぜ!アート』ツイッターアカウント

『ウエストワールド』

(1973年製作/89分/アメリカ)

原題『WestWorld』

【監督・脚本】
マイケル・クライトン
【製作】
ポール・N・ラザルス3世
【撮影】ジーン・ポリト【音楽】フレッド・カーリン【編集】デビッド・ブレザートン【字幕】清水俊二
【出演】
ユル・ブリンナー
リチャード・ベンジャミン ジェームズ・ブローリン
ノーマン・バートールド アラン・オッペンハイマー ビクトリア・ショウ ディック・バン・パタン リンダ・ゲイ・スコット スティーブ・フランケン
【HPサイト】
映画『ウエストワールド』IMDbサイト
【予告映像】
映画『ウエストワールド』トレーラー

スポンサーリンク

映画『ウエストワールド』NHK BSプレミアム放送 2021年3月2日(火)午後1時00分~2時30分

3月2日(火)午後1時00分~2時30分

『ジュラシック・パーク』の原作者マイケル・クライトンの初監督作品

後の『ターミネーター』に影響を与えました

「ロボット」相手になんでもしまくります

挙げ句の果てに形勢逆転となります

スポンサーリンク

映画『ウエストワールド』のオススメ度は?

4.0

4つです

先見性の高い映画だったはず

面白いです

「習慣は恐ろしい」です

いつの間にか「形勢逆転」とは、、、

スポンサーリンク

映画『ウエストワールド』の作品情報・概要

『ウエストワールド』原題『Westworld1973年のアメリカ映画。後に世界的な大ヒットスティーヴン・スピルバーグ監督『ジュラシック・パーク』の原作者マイケル・クライトンの初監督作品。アメリカの富裕層のためのテーマパーク「デロス」で人間の欲望、願望が叶えられることが、ロボットの暴走を招く結果を描いた秀逸な作品。後の『ターミネーター』に影響を与えた。アメリカ・HBOが本作をドラマシリーズとして放映した。

スポンサーリンク

映画『ウエストワールド』のあらすじ・ネタバレ

ピーター・マーティン(リチャード・ベンジャミン)は友人の弁護士ジョン・ブレイン(ジェームズ・ブローリン)に誘われて、巨大テーマパークの「デロス」へバカンスへ出かけた。そのテーマパークは街になっており、全てをコンピュータで管理されている。街を歩く人々は全て「ロボット」である。街並みは中世のヨーロッパ調、あるいはアメリカ人が憧れる西部劇時代をそのまま再現している。カウボーイになって無法者と決闘したい二人は早速、衣装を着替えて、酒場で一杯やりながら「トラブル」を待つ。お約束通りガンマン(ユル・ブリンナー)が現れ、イチャモンを付ける。「抜け!」の合図で発砲する。勝負はピーターに上がる。初めての人殺しに戸惑うが、それはロボットであるため安心。そして二人はますます過激な体験を求めるようになる、、、、。

スポンサーリンク

映画『ウエストワールド』の感想・内容

「後のAI映画に影響を与えた作品」です。まず監督がマイケル・クライトンだということに注目します。

そうです、世界中の子どもたちを熱狂させた恐竜映画『ジュラシック・パーク』の原作者です。

作家としての能力はとても高く、彼の書いた小説の多くは映画化されています。ただ映画監督としては5本に留まっています(5本でもすごいことです)

本映画『ウエストワールド』は人間が作り出したロボットが住む街を遊園地「ウエストワールド」を舞台に物語を紡いでいます。

人間の愚かさ、欲望、命の大切さを皮肉を込めて描いている名作と言えます。

飽食の時代のアメリカ。人々は豊かさを手に入れて、「何か刺激」を欲していたのだと思います。

「もし西部劇のような世界へ行けたら」とか「カッコいいガンまんになれたら」さらに「目も眩むような美女と一夜を過ごせたら」という欲望を叶える街、それが「デロス」です。

超巨大テーマパークです。このテーマパークは一日数千ドルで滞在できて、カウボーイになれるし、中世ヨーロッパ貴族の生活も満喫することができます。

もちろん、ここを訪れる人たちは富裕層であることは間違いありません。

スポンサーリンク

映画『ウエストワールド』の考察・評価

ピーター・マーティン(リチャード・ベンジャミン)は弁護士の友人・ジョン・ブレイン(ジェームズ・ブローリン)に誘われて初めて足を踏み入れました。

元々、西部劇に憧れており、「デロス」に入り、ガンマンの衣装に着替えて、興奮が高鳴ります。そして二人は酒場へ繰り出し、カウンターでカウボーイ気取りで一杯やります。

お約束通り絡んでくるのがガンマン(ユル・ブリンナー)です。そしてピーターとガンマンの決闘が行われて、倒します。

ガンマンのユル・ブリンナーはあっさり倒されます。でも、その後なんども復活します。

実はこの「デロス」は全てコンピュータでプログラミングされています。ガンマンも人間そっくりの人造人間なのです。

これはマイケル・クライトンの『アンドロメダ』にも繋がります。クライトンはずっとこういう世界観を生涯貫いたことに尊敬の念を抱きます。

ピーターとジョンは初めての人殺しに興奮します。人殺しと言っても彼らはロボットなので、罪にはなりません。

そうです、いくらロボットを撃ち殺しても犯罪にならないのです。ここが本映画『ウエストワールド』の一番の訴求ポイントになるのです。

ピーターとジョンの他にも多くの富裕層らしき人間が楽しんでいます。

無法者になって銀行強盗を体験する者、美しい女性との綾瀬を楽しむ者などです。

こういう状態が当たり前になると人間の倫理とか感性は「狂い出す」結果に繋がっていきます。

「人(ロボット)をいくら殺してもオッケーなら撃ちまくろう」とか「美女とのセックス三昧最高」などとなります。ただ、そうは問屋が卸さないのです。

テーマパークやロボットをコントロールしているのはもちろん経営者たる人間ですが、ロボットが自由意志を持ち出したため暴走を始めてしまいます。

「どこかにありふれた映画だな」って思う人もいますが、本映画『ウエストワールド』はマイケル・クライトンが1973年以前に着想したことを考えると先見性のある物語なのです。

以後の『ターミネーター』や『AI』など挙げたらきりがありません。

さて、本映画『ウエストワールド』はコンピュータ制御されたロボットが人間に反乱して、人間を殺すという結末になっています。

今まで人間の奴隷のように扱われていたロボットが意思を持ち出すのですが、これって「現代では当たり前」のように感じることないでしょうか。

そうです。わたしたちは、すでにスマホやパソコンなしでは生きていくのは難しい毎日を過ごしています。買い物、運転、仕事、勉強、遊び、その他のほとんどをコンピュータに依存しています。

人工知能ですね。本映画『ウエストワールド』のようにコンピュータ自身が意思を持ち出すようなことはあまりありませんが、近い将来はそうなる可能性はたぶんにあるのは予想できます。

スポンサーリンク

映画『ウエストワールド』の結末

そうなった時は「もう遅い」のです。いやそうなった方が「楽かも」しれません。

無駄な労働もしなくて良いし、人工知能に従っていれば、人との諍いもなくなるかもしれません。

もし間違っていても「AIのいう通りにやった」と言い訳が立ちます。真の平和な世界の実現と繋がるかもしれません。

ただ、そうなる前に今度は人間がコンピュータ、つまりAI世界実現を阻止する反乱を企てることになるでしょう。

本映画『ウエストワールド』を鑑賞して感じたのは「習慣は恐ろしい」です。

人を殺しても罪にならないのであれば、麻痺してもっと過激になるのです。

始まりは富裕層の人たちの退屈しのぎが、暴走して、悲劇的な展開となる結末です。

その暴走の過程において、自分の思考が危ない方向へ向かっていることに気がつかないところが問題でしょう。

多くの人が同じような状況に置かれたら、気がつかないでしょう。「他の人もやっている」感覚です。

これも知らぬ間に間違っているとわかってもやってしまっていることってあります。

でも「みんなやってるんだもん」と自分に言い訳をします。本映画『ウエストワールド』を観ていると「人間の思考なんて簡単に操作できる」と再認識させられた物語でした。

スポンサーリンク

映画『ウエストワールド』のキャストについて

ガンマン(ユル・ブリンナー)
ピーター・マーティン(リチャード・ベンジャミン)
ジョン・ブレイン(ジェームズ・ブローリン)
Medieval_Knightノーマン・バートールド
Chief Supervisorアラン・オッペンハイマー
Medieval_Queenビクトリア・ショウ
Bankerディック・バン・パタン
Arletteリンダ・ゲイ・スコット
Technicianスティーブ・フランケン

スポンサーリンク

まとめ 映画『ウエストワールド』一言で言うと!

「マイケル・クライトンは早すぎた天才」

本映画『ウエストワールド』をいま鑑賞しますと、「ありふれている」と思う方もいるかと思います。でもマイケル・クライトンが着想したのは、5、60年以上前だということを再評価しても良いと思うのです。後の映画製作に多大な影響を与えました。

スポンサーリンク

『運だぜ!アート』本日の総合アクセスランキング

映画『MOTHER マザー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。長澤まさみ「新境地の“毒親”」に拍手喝采。阿部サダヲの“クソ”っぷりに激怒。
映画『猿楽町で会いましょう』ネタバレ・あらすじ「石川瑠華と小西桜子は伸びる!」感想「本当のクズは誰?」結末「夢実現に必要なモノは?」
【ネタバレ酷評】映画『カイジ ファイナルゲーム』カイジに日本の未来を賭けて欲しくない。『パラサイト 半地下の家族』を見習え。
映画『Wの悲劇』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。薬師丸ひろ子最高!vs三田佳子vs世良公則&高木美保共演。蜷川幸雄絶好調。その後『バブルの悲劇』が日本を襲う。
映画『硫黄島からの手紙』ネタバレ・あらすじ・感想。二宮和也が役者になった映画。イジケっぷりが最高。
映画『閉鎖病棟 それぞれの朝』ネタバレ・あらすじ・結末。正義の男「鶴瓶に乾杯」に涙する綾野剛と小松菜奈。
映画『宇宙でいちばんあかるい屋根』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。『新聞記者』の藤井道人監督新作は“ファンタジー作品”「ほっこり」します。
映画『ミッドナイトスワン』ネタバレ・あらすじ「草なぎくんこそ“母親”だ」感想「LGBTQ」の知識が深まる「未来に伝えたい」映画!結末「アカデミー賞2冠達成!」
映画『さくら』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「兄弟愛は禁断?」北村匠海&吉沢亮&小松菜奈共演の贅沢映画。「さくらの“脱糞”が招く幸せ!」
映画『ラストレター』あらすじ・ネタバレ・感想。福山雅治vs松たか子vs岩井俊二が描く“死と再生”物語。“手紙”の錯綜が描くノスタルジー。

スポンサーリンク

 合わせて観たい映画

【スター・ウォーズシリーズ】

映画『スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス』

ジョージ・ルーカスが監督に復帰!22年ぶりです。

映画『スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス』ネタバレ・あらすじ・結末。アナキン・スカイウォーカー発見後の宇宙は平和になるのか
映画『スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』原題『Star Wars: Episode I The Phantom Menace』1999年に公開されたアメリカ映画。ジョージ・ルーカス監督作品。エピソード6から過去に戻りアナキン・スカイウォーカーを見つけ育てる物語。

映画『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』

アナキンの心の苦悩と恋愛を描いていると言うが・・・・。

映画『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』ネタバレ・あらすじ・結末。アナキンの禁じられた恋愛。母の死が後のダース・ベイダー誕生の布石となる。
映画『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。ディズニー公式サイトならびにIMDbサイトへのリンクもあります。 遠い昔、はるか彼方の銀河系で…。『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』原題『Star Wars: Episode II Attack of the Clones』2002年に公開されたアメリカ映画。ジョージ・ルーカス監督作品。アナキン・スカイウォーカーを主人公とする新三部作の第2章『エピソード2』に当たる。ユアン・マクレガー、ナタリー・ポートマン、ヘイデン・クリステンセンらが出演。

映画『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』

アナキンがついにダースサイドに落ちます

映画『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』ネタバレ・あらすじ・結末。ジョージ・ルーカス最後の監督作品。黒澤明とアメリカン・ニューシネマへの愛を込めて。
こちらからお読みください。『スター・ウォーズ』シリーズ全部をまとめて紹介しています。 映画『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラスト...

映画『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』

『スター・ウォーズ』シリーズ第一弾、全てはここから始まった

映画『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』ネタバレ・あらすじ・結末。ルークはルーカスの化身。銀河帝国はハリウッドメジャー映画会社。
映画『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。ディズニー公式サイトならびにIMDbサイトにて作品情報・キャスト情報も紹介しています。遠い昔、遥か彼方の銀河系で…。 『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』原題『Star Wars: Episode IV A New Hope』1977年に公開されたアメリカ映画。ジョージ・ルーカス監督・脚本。2019年の映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』まで全9作品の最初の映画。壮大なスペースオペラでありサーガの始まり。映画シリーズとしては最大のヒットとなる。

映画『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』

ハン・ソロが、、、。レジスタンス最大に危機に、、、。

映画『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』ネタバレ・あらすじ・結末。ハリソン・フォード好演がシリーズ存続を決めた。シリーズ最高傑作!
映画『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』ディズニー公式サイトならびにIMDbサイトでも情報も紹介しています。『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』原題『Star Wars: Episode V The Empire Strikes Back』1980年に公開されたアメリカ合衆国の映画。『スター・ウォーズ』シリーズ第二弾。監督はアーヴィン・カーシュナー。主演はマーク・ハミルとキャリー・フィッシャー。他にハリソン・フォード、ビリー・ディー・ウィリアムズ、アンソニー・ダニエルズ。ジョージ・ルーカスは製作総指揮。

映画『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』

完全なるハッピーエンド これで銀河は平和になった

映画『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』ネタバレ・あらすじ・結末。新作『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』と比較視聴。
映画『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』ディズニー公式サイトならびにIMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』原題『Star Wars: Episode VI Return of the Jedi』1983年に公開されたアメリカ映画。旧三部作の『エピソード6』アメリカでの公開当初のタイトルは『Return of the Jedi』(『ジェダイの帰還』)。日本での公開当初のタイトルは『スター・ウォーズ/ジェダイの復讐』。後年DVDの発売により本タイトルになった。監督はリチャード・マーカンド。ジョージ・ルーカスは製作総指揮。

映画『スター・ウォーズ フォースの覚醒』

スター・ウオーズシリーズ一番の人気作品と言われています。

映画『スター・ウォーズ フォースの覚醒』ネタバレ・あらすじ・結末。ハリソン・フォード無念の死。息子が悪に魂を売る。宇宙で家族再生を目指す映画。
映画『スター・ウォーズ フォースの覚醒』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。

映画『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』

シリーズ一番の問題作です。でも観ておくべき!

映画『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』ネタバレ・あらすじ・結末・感想。シリーズ最大の問題作。世界で賛否両論。アダム・ドライバーは輝いている。
映画『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』ディズニー公式サイトならびにIMDbサイトから作品情報・キャスト情報の紹介もしています。日本テレビ金曜ロードSHOW!でテレビ初登場。『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』原題『Star Wars: The Last Jedi』2017年公開のアメリカ映画。「スター・ウォーズ フォースの覚醒」に続く3部作の第2部で監督はライアン・ジョンソン。レイ(デイジー・リドリー) を主人公とする。フィン(ジョン・ボイエガ)カイロ・レン(アダム・ドライバー) が花を添える。 配給はウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ。

映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』

スカイ・ウォーカーファミリーの物語が終わります

【ネタバレ考察】映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』あらすじ・結末・感想。レイの親・祖父は誰?J・J・エイブラムスは忖度しすぎ
【ネタバレ考察】映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』あらすじ・結末・感想。レイの親・祖父は誰?J・J・エイブラムスは忖度しすぎ映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』の作品概要遠い昔、はるか彼方の銀河系で…。『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』原題『Star Wars: The Rise Of Skywalker』2019年12月20日に公開されたアメリカ映画。『スター・ウォーズ』シリーズにおける実写映画本編の第9作品目で最終作品。『スター・ウォーズ』シリーズの3部作『スター・ウォーズ フォースの覚醒』(2015)『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』(17)の最後を飾るのが本作『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』である。スカイウォーカーファミリーの物語が完結する。監督は映画『スター・ウォーズ フォースの覚醒』のJ・J・エイブラムス。主演は映画『スター・ウォーズ フォースの覚醒』や映画『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』のデイジー・リドリー。映画『マリッジ・ストーリー』や映画『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』や映画『デッド・ドント・ダイ』のアダム・ドライバー、 ジョン・ボイエガ、オスカー・アイザック、映画『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』のマーク・ハミル、映画『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』のキャリー・フィッシャーが脇を固める。
スポンサーリンク

映画『ウエストワールド』の作品情報

映画.comより一部引用
スタッフ・キャスト
監督
マイケル・クライトン
脚本
マイケル・クライトン
製作
ポール・N・ラザルス3世
撮影
ジーン・ポリト
音楽
フレッド・カーリン
編集
デビッド・ブレザートン
字幕
清水俊二
ガンマン(ユル・ブリンナー)
ピーター・マーティン(リチャード・ベンジャミン)
ジョン・ブレイン(ジェームズ・ブローリン)
Medieval_Knightノーマン・バートールド
Chief Supervisorアラン・オッペンハイマー
Medieval_Queenビクトリア・ショウ
Bankerディック・バン・パタン
Arletteリンダ・ゲイ・スコット
Technicianスティーブ・フランケン
1973年製作/89分/アメリカ
原題:WestWorld
配給:MGM

タイトルとURLをコピーしました