2021-10

スポンサーリンク
2021年製作

映画『燃えよ剣』ネタバレ・あらすじ「岡田准一の“殺陣”にため息」感想「新撰組映画最高傑作」結末「柴咲コウは良い女優だ」

映画『燃えよ剣』ネタバレ・あらすじ「岡田准一の“殺陣”にため息」感想「新撰組映画最高傑作」結末「柴咲コウは良い女優だ」映画『燃えよ剣』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『燃えよ剣』IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『燃えよ剣』の作品情報・概要 『燃えよ剣』司馬遼太郎の歴史小説で『週刊文春』誌上で、1962年(昭和37年)11月から1964年(昭和39年)3月にかけて連載された作品を映画化。幕末の武装集団、新選組副長・土方歳三の生涯を描く。原田眞人監督作品。岡田准一(映画『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』や映画『コクリコ坂から』)、柴咲コウ(映画『クルエラ』)、鈴木亮平(映画『孤狼の血 LEVEL2』や映画『海街diary』)、山田涼介、尾上右近、山田裕貴、たかお鷹、坂東巳之助、安井順平、谷田歩、金田哲、大場泰正、坂井真紀、山路和弘、松村武、酒向芳らが出演。
2021年製作

映画『DUNE デューン 砂の惑星』ネタバレ・あらすじ「ティモシー・シャラメが美しい」感想「砂に埋没したくなる」結末「第二弾を観たい!」

映画『DUNE デューン 砂の惑星』ネタバレ・あらすじ「ティモシー・シャラメが美しい」感想「砂に埋没したくなる」結末「第二弾を観たい!」映画『DUNE デューン 砂の惑星』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『DUNE デューン 砂の惑星』IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。  映画『DUNE デューン 砂の惑星』の作品情報・概要『DUNE/デューン 砂の惑星』原題『Dune、別題: Dune: Part One』2021年のアメリカ合衆国のSF映画。ドゥニ・ビルヌーブ監督作品。エリック・ロス、ジョン・スペイツ、ヴィルヌーヴが脚本執筆。フランク・ハーバートのSF大河小説『デューン』の映画化作品。二部作の第1弾。ティモシー・シャラメ主演。レベッカ・ファーガソン、オスカー・アイザック、ジョシュ・ブローリン、ステラン・スカルスガルド、スティーヴン・ヘンダーソン、ゼンデイヤ、デヴィッド・ダストマルチャン、チャン・チェン、シャロン・ダンカン=ブルースター、シャーロット・ランプリング、ジェイソン・モモア、ハビエル・バルデムが出演している。1970年代にアレハンドロ・ホドロフスキーが10時間以上の大作映画構想を企画するが製作中止に追い込まれた。リドリー・スコットも企画したが断念。1984年にはデイヴィッド・リンチ監督が映画『デューン/砂の惑星』を発表したがファイナルカットの権利がもらえず上映し、惨敗している。
2021.10.16
2021年製作

映画『ONODA 一万夜を越えて』ネタバレ・あらすじ「真実の小野田さんを観たい!」感想「負けず嫌いの性格で“29年”」結末「人生サバイバル!」

映画『ONODA 一万夜を越えて』ネタバレ・あらすじ「真実の小野田さんを観たい!」感想「負けず嫌いの性格で“29年”」結末「人生サバイバル!」映画『ONODA 一万夜を越えて』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ONODA 一万夜を越えて』IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ONODA 一万夜を越えて』の作品情報・概要『ONODA 一万夜を越えて』原題『Onoda, 10 000 nuits dans la jungle』2021年、フランス、ドイツ、ベルギー、イタリア、日本による国際共同製作作品。アルチュール・アラリ監督作品。原作はベルナール・サンドロン、、主演は遠藤雄弥(映画『空母いぶき』)と津田寛治(『この道』)。第74回カンヌ国際映画祭・ある視点部門オープニング作品。太平洋戦争終戦後、29年間フィリピン・ルバング島で過ごし、1974年に日本に帰還した小野田寛郎旧陸軍少尉と部下三人とジャングルでの壮絶な日々を描いている。フィクションの色が濃い。仲野太賀(映画『MOTHER マザー』や映画『タロウのバカ』や映画『すばらしき世界』)、松浦祐也(映画『人数の町』や映画『さよなら くちびる』)、千葉哲也(映画『空母いぶき』)、カトウシンスケ、井之脇海、足立智充、吉岡睦雄、嶋田久作(映画『カイジ2 人生奪回ゲーム』)、伊島空、森岡龍、諏訪敦彦、イッセー尾形(『ソローキンの見た桜』)らが出演。
2021年製作

映画『メインストリーム』ネタバレ・あらすじ「アンドリュー・ガーフィールド必見!」感想「SNSは“快感物質”を垂れ流す」結末「ローラがハリウッドで頑張っている」

映画『メインストリーム』ネタバレ・あらすじ「アンドリュー・ガーフィールド必見!」感想「SNSは“快感物質”を垂れ流す」結末「ローラがハリウッドで頑張っている」映画『メインストリーム』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『メインストリーム』IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『メインストリーム』の作品情報・概要『メインストリーム』原題『Mainstream』2020年に公開されたアメリカ合衆国のコメディ映画。ジア・コッポラ監督作品。主演はアンドリュー・ガーフィールド。マヤ・ホーク、ナット・ウルフ、ジョニー・ノックスビル、ジェイソン・シュワルツマン、アレクサ・デミー、コリーン・キャンプ、ローラらが出演。
2021年製作

映画『キャッシュトラック』ネタバレ・あらすじ「ジェイソン・ステイサムのスキンヘッドが素敵」感想「ガイ・リッチー監督を元マドンナ夫と呼ばせない」結末「シリーズ企画になるか微妙」

映画『キャッシュトラック』ネタバレ・あらすじ「ジェイソン・ステイサムのスキンヘッドが素敵」感想「ガイ・リッチー監督を元マドンナ夫と呼ばせない」結末「シリーズ企画になるか微妙」映画『キャッシュトラック』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『キャッシュトラック』IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『キャッシュトラック』の作品情報・概要『キャッシュトラック』原題『Wrath of Man』2021年製作のアメリカ・イギリス合作のクライムアクション映画。ガイ・リッチー監督作品(映画『ジェントルメン』や映画『アラジン』)。ジェイソン・ステイサム主演(映画『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』)。ホルト・マッキャラニー(映画『グリーンランド 地球最後の2日間』)、ジェフリー・ドノバン(映画『テッド・バンディ』や『J・エドガー』)、ジョシュ・ハートネット、ラズ・アロンソ 、ラウル・カスティーロ、デオビア・オパレイ、エディ・マーサン(『バイス』)、スコット・イーストウッド(映画『インビクタス/負けざる者たち』や映画『父親たちの星条旗』)、ニアム・アルガーらが出演。ガイ・リッチーとジェイソン・ステイサムが『リボルバー』以来16年ぶりにタッグを組み、フランス映画『ブルー・レクイエム』(2003年)をリメイクした。
2021年製作

映画『プリズナーズ・オブ・ゴーストランド』ネタバレ・あらすじ「園子温監督のハリウッド伝説が始まる!」感想「TAK∴さんの殺陣に“痺れる”」結末「ニコラス・ケイジ頑張れ!」

映画『プリズナーズ・オブ・ゴーストランド』ネタバレ・あらすじ「園子温監督のハリウッド伝説が始まる!」感想「TAK∴さんの殺陣に“痺れる”」結末「ニコラス・ケイジ頑張れ!」 映画『プリズナーズ・オブ・ゴーストランド』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『プリズナーズ・オブ・ゴーストランド』IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『プリズナーズ・オブ・ゴーストランド』の作品情報・概要『プリズナーズ・オブ・ゴーストランド』原題『Prisoners of the Ghostland』2021年のアメリカのスリラー映画。園子温監督ハリウッドデビュー作品。ニコラス・ケイジ主演。ソフィア・ブテラ、ビル・モーズリー、ニック・カサベテス、TAK∴、中屋柚香、YOUNG DAIS、古藤ロレナ、縄田カノン、栗原類、渡辺哲、潤浩らが出演。場所や時代設定が独創的である。時代劇と西部劇の融合で、近未来に訪れるディズトピア社会を描いている。脚本はアーロン・ヘンドリーとレザ・シクソ・サファイ。
2021年製作

映画『空白』ネタバレ・あらすじ「古田新太の“極上演技”に拍手!」感想「寺島しのぶの“偽善者”に嫌悪感」結末「毒親撲滅映画」

映画『空白』ネタバレ・あらすじ「古田新太の“極上演技”に拍手!」感想「寺島しのぶの“偽善者”に嫌悪感」結末「毒親撲滅映画」映画『空白』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『空白』IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『空白』の作品情報・概要『空白』2021年9月23日公開の日本映画。吉田恵輔監督作品。主演は古田新太(映画『一度死んでみた』や映画『DESTINY 鎌倉ものがたり』)。松坂桃李(映画『孤狼の血 LEVEL2』や映画『いのちの停車場』や映画『蜜蜂と遠雷』)、田畑智子、藤原季節、趣里(『生きてるだけで、愛。』)、伊東蒼、片岡礼子(映画『楽園』や映画『閉鎖病棟 それぞれの朝』)、寺島しのぶ(映画『劇場版 アーヤと魔女』や映画『さくら』)らが共演。万引き未遂事件を起こして逃走した女子中学生の交通事故死をきっかけに、彼女の身の潔白を証明しようと、スーパーマーケットの店長をはじめとした関係者を相手取った父親の暴走を描く。またテレビ、新聞などのマスコミの過激な報道姿勢についても言及している。
2020年製作

映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』ネタバレ・あらすじ「長澤まさみちゃんだから“大ヒット”」感想「竹内結子さんと三浦春馬さんの演技に涙」結末「続編ヒットも確約」

映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』ネタバレ・あらすじ「長澤まさみちゃんだから“大ヒット”」感想「竹内結子さんと三浦春馬さんの演技に涙」結末「続編ヒットも確約」映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』の作品情報・概要 『コンフィデンスマンJP -プリンセス編-』2020年7月23日に公開された日本のコメディ映画。田中亮監督作品。長澤まさみ主演(映画『すばらしき世界』や映画『MOTHER マザー』や映画『キングダム』)。東出昌大(映画『スパイの妻 劇場版』や映画『三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実』)、小手伸也(映画『事故物件 恐い間取り』)、小日向文世(映画『奥様は、取り扱い注意』)、竹内結子、三浦春馬(映画『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』)、広末涼子(映画『鉄道員(ぽっぽや)』)、前田敦子(映画『旅のおわり世界のはじまり』 )らが出演。興行収入は前作『ロマンス編』の29.7億円を超え、30億円を超える大ヒットとなる。元々は2018年4月9日から6月11日まで、フジテレビ系「月9」枠にて放送されたテレビドラマである。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました