政治家映画

政治家、あるいは政治家を目指す人が活躍、暗躍する映画の紹介です。また政治家周辺の人物を描いた物語も紹介します。

スポンサーリンク
2022年製作

映画『決戦は日曜日』ネタバレ・あらすじ「宮沢りえさん国会議員になって!」感想「窪田正孝くんの前髪が気になる」結末「シリーズ化して欲しい」

映画『決戦は日曜日』ネタバレ・あらすじ「宮沢りえさん国会議員になって!」感想「窪田正孝くんの前髪が気になる」結末「シリーズ化して欲しい」映画『決戦は日曜日』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『決戦は日曜日』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『決戦は日曜日』の作品情報・概要 『決戦は日曜日』2022年1月7日公開予定の日本映画。坂下雄一郎監督作品、主演は窪田正孝(映画『えんとつ町のプペル』や映画『Diner ダイナー』)。宮沢りえ(映画『父と暮せば』や映画『日本独立』や映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』)、赤楚衛二(映画『思い、思われ、ふり、ふられ』)、内田慈
(映画『ホテルローヤル』)、小市慢太郎、
音尾琢真(映画『孤狼の血 LEVEL2』や映画『凪待ち』)、たかお鷹、高瀬哲朗、今村俊一、小林勝也らが出演。かつて防衛大臣を務めた衆議院議員である父親が病に倒れて、代わって立候補した令嬢を当選させようとする私設秘書の奮闘を描く。思ったことをズケズケ言って周囲を混乱させるが、本心は議員になりたくない。そこでSNSを使い自ら落選を目指すがが、逆効果で当選してしまう。北朝鮮のミサイル問題に対しても描いている。日本の世襲政治を皮肉を持って描いてる。
2019年製作

映画『COLD WAR あの歌、2つの心』悪女が目指す究極の愛のゴール 男は悲劇 ネタバレ・あらすじ・感想

本作は第71回カンヌ国際映画祭最優秀監督賞を受賞。さらに第91回アカデミー賞では外国語映画賞・監督賞・撮影賞の3部門にノミネートされた。とても素晴らしい映画だ。社会主義時代のポーランドを舞台にピアニストと歌手の恋愛逃避劇。ワルシャワ、ベルリン、パリで展開。究極の恋愛とは命をかけること。破滅的な女、悪女だが可愛い。
2022.01.13
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました