政治家映画

政治家、あるいは政治家を目指す人が活躍、暗躍する映画の紹介です。また政治家周辺の人物を描いた物語も紹介します。

スポンサーリンク
アメリカ映画

映画『大統領の陰謀』ネタバレ・あらすじ「ダスティン・ホフマンvsロバート・レッドフォード共演!」感想「ニクソン大統領とは?」結末「ワシントン・ポスト紙の精神」

映画『大統領の陰謀』ネタバレ・あらすじ「ダスティン・ホフマンvsロバート・レッドフォード共演!」感想「ニクソン大統領とは?」結末「ワシントン・ポスト紙の精神」映画『大統領の陰謀』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『大統領の陰謀』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『大統領の陰謀』の作品情報・概要『大統領の陰謀』原題『All The President's Men』アラン・J・パクラ監督作品。1976年制作のアメリカ合衆国の映画。ウォーターゲート事件を調査したワシントン・ポストの二人のジャーナリストの手記を元にしたドラマ。第49回アカデミー賞で作品賞をはじめ計8部門にノミネート。ブラッドリーを演じたジェイソン・ロバーズの助演男優賞ほか計4部門を受賞した。ダスティン・ホフマン(映画『卒業(1967)』や映画『パピヨン』)、ロバート・レッドフォード(映画『さらば愛しきアウトロー』や映画『スティング』や映画『追憶(1973)』や映画『明日に向かって撃て!』)、ジャック・ウォーデン、マーティン・バルサム(映画『サイコ (1960年の映画)』や映画『ティファニーで朝食を』)、ハル・ホルブルック(映画『ダーティハリー2』)、ジェイソン・ロバーズ、ジェーン・アレクサンダー (映画『シティヒート』)、メレディス・バクスター 、ネッド・ビーティ(映画『トイ・ストーリー3』)、スティーブン・コリンズ、ペニー・フラー 、ジョン・マクマーティン 、ロバート・ウォーデン 、フランク・ウィルス 、F・マーレイ・エイブラハム 、リンゼイ・クローズらが出演。
2022年製作

映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第一章』ネタバレ・あらすじ「SF映画最高作品!」感想「ラインハルト素敵!」結末「ヤンも素敵」

映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第一章』ネタバレ・あらすじ「SF映画最高作品!」感想「ラインハルト素敵!」結末「ヤンも素敵」映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第一章』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第一章』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第一章』の作品情報・概要『銀河英雄伝説』は田中芳樹による大長編SF小説(累計発行部数が1500万部を超える)。小説からアニメ、漫画、コンピューターゲーム、朗読、オーディオブック、舞台、そして映画などのメディア展開・商品化が大成功している。略称は『銀英伝』(ぎんえいでん)。本作はProduction I.Gの制作で新たにアニメ化した「銀河英雄伝説 Die Neue These(ディ・ノイエ・テーゼ)」のサードシーズン第1章となる。
2022.03.06
2022年製作

映画『大怪獣のあとしまつ』ネタバレ・あらすじ「Hey! Say! JUMP山田涼介好演!」感想「人妻・土屋太鳳の三角関係」結末「ポンコツ政権をあざ笑う」

映画『大怪獣のあとしまつ』ネタバレ・あらすじ「Hey! Say! JUMP山田涼介好演!」感想「人妻・土屋太鳳の三角関係」結末「ポンコツ政権をあざ笑う」 映画『大怪獣のあとしまつ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『大怪獣のあとしまつ』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。 映画『大怪獣のあとしまつ』の作品情報・概要 『大怪獣のあとしまつ』2022年2月4日公開予定の日本映画。松竹と東映が初めてタッグを組んだことで話題となる。三木聡脚本・監督作品。空想特撮エンタテインメント映画。特撮映画では基本的に描かれることがない「怪獣の死骸の処理」を引き受けることになった者たちの姿を描く。主演は山田涼介(映画『燃えよ剣』)。土屋太鳳(映画『哀愁しんでれら』)、濱田岳(映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』)、眞島秀和(映画『蜜蜂と遠雷』)、ふせえり、六角精児(映画『すばらしき世界』)、矢柴俊博(映画『翔んで埼玉』)、有薗芳記、SUMIRE、笠兼三、MEGUMI(映画『事故物件 恐い間取り』)、岩松了(映画『ヤクザと家族 The Family』)、田中要次、銀粉蝶、嶋田久作、笹野高史、菊地凛子、二階堂ふみ(映画『ばるぼら』や映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』)、染谷将太(映画『竜とそばかすの姫』や映画『滑走路』)、松重豊(映画『糸』や映画『罪の声』)、オダギリジョー(映画『ある船頭の話』)、西田敏行(映画『ザ・マジックアワー』)らが出演。
2022.02.08
2022年製作

映画『決戦は日曜日』ネタバレ・あらすじ「宮沢りえさん国会議員になって!」感想「窪田正孝くんの前髪が気になる」結末「シリーズ化して欲しい」

映画『決戦は日曜日』ネタバレ・あらすじ「宮沢りえさん国会議員になって!」感想「窪田正孝くんの前髪が気になる」結末「シリーズ化して欲しい」映画『決戦は日曜日』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『決戦は日曜日』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『決戦は日曜日』の作品情報・概要 『決戦は日曜日』2022年1月7日公開予定の日本映画。坂下雄一郎監督作品、主演は窪田正孝(映画『えんとつ町のプペル』や映画『Diner ダイナー』)。宮沢りえ(映画『父と暮せば』や映画『日本独立』や映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』)、赤楚衛二(映画『思い、思われ、ふり、ふられ』)、内田慈
(映画『ホテルローヤル』)、小市慢太郎、
音尾琢真(映画『孤狼の血 LEVEL2』や映画『凪待ち』)、たかお鷹、高瀬哲朗、今村俊一、小林勝也らが出演。かつて防衛大臣を務めた衆議院議員である父親が病に倒れて、代わって立候補した令嬢を当選させようとする私設秘書の奮闘を描く。思ったことをズケズケ言って周囲を混乱させるが、本心は議員になりたくない。そこでSNSを使い自ら落選を目指すがが、逆効果で当選してしまう。北朝鮮のミサイル問題に対しても描いている。日本の世襲政治を皮肉を持って描いてる。
イギリス映画

映画『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。メリル・ストリープ三度目のオスカー獲得。

映画『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。メリル・ストリープ三度目のオスカー獲得。映画『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』の作品情報・概要『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』原題『The Iron Lady』メリル・ストリープ主演で、第84回アカデミー賞においても主演女優賞を受賞。英国首相のマーガレット・サッチャーに“なりきり”演技が注目を集めた。共演はジム・ブロードベント、アンソニー・ヘッド、リチャード・E・グラント、オリビア・コールマン、アレクサンドラ・ローチら。
2022.06.14
いじめ・陰湿映画

映画『トゥルー・クライム』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。等身大のクリント・イーストウッド。「死刑制度」「黒人差別」を正面から捉えた名作。

映画『トゥルー・クライム』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。等身大のクリント・イーストウッド。「死刑制度」「黒人差別」を正面から捉えた名作。映画『トゥルー・クライム』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『トゥルー・クライム』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 映画『トゥルー・クライム』の作品情報・概要『トゥルー・クライム』原題『True Crime』1999年のドラマ映画。クリント・イーストウッド監督・主演作品。作家アンドリュー・クラヴァンの小説『真夜中の死線』(True Crime, 1995年)の映画化。当時の恋人フランシス・フィッシャーと愛娘フランチェスカも出演している。黒人差別問題と冤罪と死刑制度について言及している名作。
2022.06.14
2019年製作

映画『COLD WAR あの歌、2つの心』悪女が目指す究極の愛のゴール 男は悲劇 ネタバレ・あらすじ・感想

本作は第71回カンヌ国際映画祭最優秀監督賞を受賞。さらに第91回アカデミー賞では外国語映画賞・監督賞・撮影賞の3部門にノミネートされた。とても素晴らしい映画だ。社会主義時代のポーランドを舞台にピアニストと歌手の恋愛逃避劇。ワルシャワ、ベルリン、パリで展開。究極の恋愛とは命をかけること。破滅的な女、悪女だが可愛い。
2022.01.13
2019年製作

実話『バイス』と『記者たち 衝撃と畏怖の真実』でイラク戦争の嘘が見えてくる。ネタバレ、感想、評価

イラク戦争とはなんだったのか?この映画は9.11を機にイラク戦争へと向かうアメリカ合衆国と国民、そして世界を翻弄する情報を流す人々を描く映画である。多勢に無勢となると人間は多勢の方に流れてしまう。嘘、デマがまかり通り、罪のない多くの人の命が消え、国家自体も消滅の危機に陥ることもある。情報を信じるのも自己責任である。
2022.06.14
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました