映画『大怪獣のあとしまつ』ネタバレ・あらすじ「Hey! Say! JUMP山田涼介好演!」感想「人妻・土屋太鳳の三角関係」結末「ポンコツ政権をあざ笑う」

スポンサーリンク
映画『大怪獣のあとしまつ』ネタバレ・あらすじ「Hey! Say! JUMP山田涼介好演!」感想「人妻・土屋太鳳の三角関係」結末「ポンコツ政権をあざ笑う」2022年製作

映画『大怪獣のあとしまつ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。

映画『大怪獣のあとしまつ』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。

YouTubeで予告映像もご覧ください。

『運だぜ!アート』ツイッターアカウント

『大怪獣のあとしまつ』
2022年製作/115分/G/日本
配給:松竹、東映
【監督】
三木聡
【脚本】三木聡【エグゼクティブプロデューサー】吉田繁暁 木村光仁【企画】須藤泰司 古久保宏子【プロデュース】須藤泰司 古久保宏子【プロデューサー】中居雄太 山尾海彦【キャスティングプロデューサー】福岡康裕【VFXスーパーバイザー】野口光一【音楽プロデューサー】津島玄一【ラインプロデューサー】田口聖【撮影】高田陽幸【照明】加瀬拓郎【録音】高野泰雄【美術】磯見俊裕【装飾】大庭信正【スタイリングディレクター】西ゆり子【衣装デザイン】遠藤良樹【ヘアメイク】合谷純子【怪獣造形】若狭新一【特撮監督】佛田洋【音響効果】柴崎憲治【編集】富永孝【音楽】上野耕路【スクリプター】高山秀子【俳優担当】林まゆみ【助監督】足立公良【制作担当】間口彰【プロダクション統括】木次谷良助
【出演】
山田涼介 土屋太鳳 濱田岳 眞島秀和 ふせえり 六角精児 
矢柴俊博 有薗芳記 
SUMIRE
 笠兼三 MEGUMI 岩松了 田中要次 銀粉蝶 
嶋田久作 
笹野高史 
菊地凛子 
二階堂ふみ 染谷将太
 松重豊 
オダギリジョー 
西田敏行

スポンサーリンク
  1. 映画『大怪獣のあとしまつ』外部リンク
      1. 【怪物登場映画】『もののけ姫』ネタバレ・あらすじ「宮崎駿監督の最高傑作!」感想「年齢・経験・技量が最盛期」結末「日本映画興行記録達成!」
  2. 映画『大怪獣のあとしまつ』のオススメ度は?
      1. 【怪物登場映画】『バイオハザード ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』ネタバレ・あらすじ「グロい」&「ゾクッと」感想「ラクーンシティには行きたくない」結末「食欲でません」
  3. 映画『大怪獣のあとしまつ』の作品情報・概要
      1. 【怪物登場映画】『仮面ライダー ビヨンド・ジェネレーションズ』ネタバレ・あらすじ「やっぱり夢がある」感想「変身したい」結末「永遠なるヒーロー」
  4. 映画『大怪獣のあとしまつ』の受賞歴
      1. 【怪物登場映画】『アンテベラム』ネタバレ・あらすじ「アメリカ社会の闇」感想「終わらない人種s差別」結末「胸が締め付けれる物語」
  5. 映画『大怪獣のあとしまつ』のあらすじ・ネタバレ(簡易版)
  6. 映画『大怪獣のあとしまつ』のあらすじ・ネタバレ(詳細版)
    1. 映画『大怪獣のあとしまつ』のあらすじ:起
    2. 映画『大怪獣のあとしまつ』のあらすじ:承
    3. 映画『大怪獣のあとしまつ』のあらすじ:転
    4. 映画『大怪獣のあとしまつ』のあらすじ:結
      1. 【怪物登場映画】『ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ』ネタバレ・あらすじ「年末年始を乗り越えろ!」感想「絶叫するのは体に良い」結末「シリーズ化期待作」
  7. 映画『大怪獣のあとしまつ』の感想・内容
      1. 【怪物登場映画】『ハロウィン KILLS』ネタバレ・あらすじ「アメリカのキッズの恐怖!ブギーマンってなに?」感想「予定調和有り!安心して観よう!」結末「歓迎!シリーズ化」
  8. 映画『大怪獣のあとしまつ』の考察・評価
      1. 【怪物登場映画】『DUNE デューン 砂の惑星』ネタバレ・あらすじ「ティモシー・シャラメが美しい」感想「砂に埋没したくなる」結末「第二弾を観たい!」
  9. 映画『大怪獣のあとしまつ』の結末
  10. 映画『大怪獣のあとしまつ』まとめ・評論
  11. 映画『大怪獣のあとしまつ』のキャストについて
  12. まとめ 映画『大怪獣のあとしまつ』一言で言うと!
      1. 【怪物登場映画】『クワイエット・プレイス 破られた沈黙』ネタバレ・あらすじ「大感動の家族愛映画」感想「ミリセント・シモンズを応援したい」結末「続編は恋して欲しい」
  13. 『運だぜ!アート』本日の総合アクセスランキング
  14. 合わせて観たい映画
    1. 【“障害”と戦う恋愛映画オススメ】
      1. 映画『ロミオとジュリエット』
      2. 映画『伊豆の踊子(1974)』
      3. 映画『潮騒 しおさい(1975)』
      4. 映画『絶唱(1975)』
      5. 映画『マディソン郡の橋』
      6. 映画『美女と野獣(1991)』
      7. 映画『ロニートとエスティ 彼女たちの選択』
      8. 映画『ラストレター』
      9. 映画『アパートの鍵貸します』
      10. 映画『マチネの終わりに』
      11. 映画『ボーダー 二つの世界』
      12. 映画『あなたの名前を呼べたなら』
      13. 映画『秒速5センチメートル』
      14. 映画『マーウェン』
      15. 映画『ほしのこえ』
      16. 映画『COLD WAR あの歌、2つの心』
      17. 映画『リヴァプール、最後の恋』
  15. 映画『大怪獣のあとしまつ』の作品情報

映画『大怪獣のあとしまつ』外部リンク

HPサイト】
映画『大怪獣のあとしまつ』公式サイト

【予告映像】
映画『大怪獣のあとしまつ』トレーラー

【公式Twitter

映画『大怪獣のあとしまつ』
IMDbサイト】

映画『大怪獣のあとしまつ』

Rotten Tomatoesサイト】

映画『大怪獣のあとしまつ』

【怪物登場映画】『もののけ姫』ネタバレ・あらすじ「宮崎駿監督の最高傑作!」感想「年齢・経験・技量が最盛期」結末「日本映画興行記録達成!」

スポンサーリンク

映画『大怪獣のあとしまつ』のオススメ度は?

1.0

星1つです

面白くないです

怪獣映画で「ポンコツ政権をあざ笑う」

恋愛映画としても楽しめる

【怪物登場映画】『バイオハザード ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』ネタバレ・あらすじ「グロい」&「ゾクッと」感想「ラクーンシティには行きたくない」結末「食欲でません」

映画『バイオハザード ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』ネタバレ・あらすじ「グロい」&「ゾクッと」感想「ラクーンシティには行きたくない」結末「食欲でません」
映画『バイオハザード ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』ネタバレ・あらすじ「グロい」&「ゾクッと」感想「ラクーンシティには行きたくない」結末「食欲でません」映画『バイオハザード ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『バイオハザード ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『バイオハザード ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』の作品情報・概要『バイオハザード: ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』原題『Resident Evil: Welcome to Raccoon City』ヨハネス・ロバーツ監督・脚本作品(映画『海底47m 古代マヤの死の迷宮』)。2021年のサバイバルアクションホラー映画。ミラ・ジョボビッチ主演(『記者たち 衝撃と畏怖の真実』)による実写映画カプコンのゲームシリーズの大ヒットを記録した『バイオハザード』の第1作目と第2作目のストーリーを基とした作品である。映画『バイオハザード』シリーズのリブート作品。出演はカヤ・スコデラーリオ(映画『テッド・バンディ』)、ハナ・ジョン=カーメン、ロビー・アメル、トム・ホッパー、アバン・ジョーギア、ドナル・ローグ、ニール・マクドノー(映画『父親たちの星条旗』)ら。

スポンサーリンク

映画『大怪獣のあとしまつ』の作品情報・概要

『大怪獣のあとしまつ』202224日公開予定の日本映画。松竹と東映が初めてタッグを組んだことで話題となる。三木聡脚本・監督作品。空想特撮エンタテインメント映画。特撮映画では基本的に描かれることがない「怪獣の死骸の処理」を引き受けることになった者たちの姿を描く。主演は山田涼介(映画『燃えよ剣』。土屋太鳳(映画『哀愁しんでれら』)、濱田岳(映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』)、眞島秀和(映画『蜜蜂と遠雷』)、ふせえり、六角精児(映画『すばらしき世界』)、矢柴俊博(映画『翔んで埼玉』)、有薗芳記、SUMIRE、笠兼三、MEGUMI(映画『事故物件 恐い間取り』、岩松了(映画『ヤクザと家族 The Family』)、田中要次、銀粉蝶、嶋田久作、笹野高史、菊地凛子、二階堂ふみ(映画『ばるぼら』や映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』)、染谷将太(映画『竜とそばかすの姫』や映画『滑走路』)、松重豊(映画『糸』や映画『罪の声』)、オダギリジョー(映画『ある船頭の話』)、西田敏行(映画『ザ・マジックアワー』らが出演。

【怪物登場映画】『仮面ライダー ビヨンド・ジェネレーションズ』ネタバレ・あらすじ「やっぱり夢がある」感想「変身したい」結末「永遠なるヒーロー」

スポンサーリンク

映画『大怪獣のあとしまつ』の受賞歴

無し(2022年2月現在)

【怪物登場映画】『アンテベラム』ネタバレ・あらすじ「アメリカ社会の闇」感想「終わらない人種s差別」結末「胸が締め付けれる物語」

映画『アンテベラム』ネタバレ・あらすじ「アメリカ社会の闇」感想「終わらない人種s差別」結末「胸が締め付けれる物語」
映画『アンテベラム』ネタバレ・あらすじ「アメリカ社会の闇」感想「終わらない人種s差別」結末「胸が締め付けれる物語」映画『アンテベラム』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『アンテベラム』の作品情報・概要『アンテベラム』原題『Antebellum』2020年のアメリカのホラースリラー映画。ジェラルド・ブッシュとクリストファー・レンツが長編監督デビュー作品。ジャネール・モネイ(映画『ハリエット』や映画『マーウェン』)、エリック・ラング、ジェナ・マローン(映画『パブリック 図書館の奇跡』)、ジャック・ヒューストン(映画『アイリッシュマン』)、キアシー・クレモンズらが出演する。米国ではコロナ感染症拡大のため、2020年9月18日にプレミアム・ビデオ・オン・デマンドで公開された。その後、劇場公開へ。

スポンサーリンク

映画『大怪獣のあとしまつ』のあらすじ・ネタバレ(簡易版)

人類を恐怖の渦にたたき込んだ巨大怪獣が死亡する。死因は光球によるものだ。安堵と喜びに沸く国民。全長380メートルもの死体はやがてゆっくりと膨張し、最悪の場合には大爆発を引き起こす恐れがあった。その処理にあたる特務隊員として、3年前に姿を消したわけありの男・帯刀アラタ(山田涼介)が選ばれる。爆発までのカウントダウンが刻一刻と迫る中、帯刀は巨大怪獣の死体に挑む。元カノで環境大臣秘書・雨音ユキノ(土屋太鳳)と再会する。 彼女の夫は総理秘書官で雨音正彦(濱田岳)。3人は奇しくも同期の間柄であった。

スポンサーリンク

映画『大怪獣のあとしまつ』のあらすじ・ネタバレ(詳細版)

映画『大怪獣のあとしまつ』のあらすじ:起

謎の大きな光によって大災害を引き起こした怪獣が川の中で倒されたことで、死亡を確認するために特務隊が出動。

ボートで怪獣に近付くと腐敗し始めていたことから、政府間で怪獣の処理の確認をとります。

各省庁で誰が処理するのかを話し合い、結局は首相の直轄組織である特務隊に決定。

病原菌や放射能による汚染の問題も見つからなかったことから、安全だと発表して怪獣の名前も「希望」と決まりました。

そんな矢先、怪獣内部の腐敗が進んだことでガスが発生していき、身体の一部が隆起しいって大爆発を引き起こす危険性があるとわかります。

映画『大怪獣のあとしまつ』のあらすじ:承

特務隊の一等特尉のアラタは数年前に行方不明となっていましたが、最近になって復帰した直後に怪獣処理の責任者に任命されたのです。

そこで環境省の議員秘書官にして元恋人のユキノと協力して作戦にあたりました。

怪獣を観光資源として利用したい議員たちに振り回されて作戦権利は国防軍へと移り、国防軍は冷凍することで処理をしようとします。

しかし、気温の上昇で溶けだして失敗…腐敗ガスがさらに漏れ出してしまって被害が拡大。

実はガスの中に未知の菌糸が含まれており、場所や物を問わず大量に繁殖するキノコが存在していることが明らかになったのです。

映画『大怪獣のあとしまつ』のあらすじ:転

そこで、ユキノの発案によりダムを決壊させて川に水を流して怪獣を海へ運び、悪臭やガスをなんとかしようとする計画に移ることに…。

アラタはユキノの兄・ブルースにダム爆破のお願いをしに行きました。

一度は失敗したかに見えた爆破はブルースの命懸けの行動により成功しますが動かすことはできず、怪獣の腹部に穴を開けてガスをまき散らすだけの結果になってしまいます。

映画『大怪獣のあとしまつ』のあらすじ:結

次に、焼肉屋の排煙の原理を利用してガスを成層圏まで上昇させて処理する作戦へ。

総理の秘書官である雨音が指揮をすることになり、国防軍のミサイルで穴を開けて内部の圧力を調整しつつ噴出させようとします。

しかし、アラタは繊細に穴を開けないと大爆発を引き起こすと考え、単独で怪獣の表皮に穴を開けるため突入しに行くのでした。

そんな彼を心配してユキノは怪獣のもとへ向かいますが、目の前でミサイルが直撃してアラタは地面に叩きつけられるのを目撃…。

しかしアラタは立ち上がり、光の巨人となって怪獣を宇宙へと運んで空へ飛んでいきます。

それを見た首相は「奇跡だ」と呟き、物語は幕を閉じた。

【怪物登場映画】『ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ』ネタバレ・あらすじ「年末年始を乗り越えろ!」感想「絶叫するのは体に良い」結末「シリーズ化期待作」

映画『ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ』ネタバレ・あらすじ「年末年始を乗り越えろ!」感想「絶叫するのは体に良い」結末「シリーズ化期待作」
映画『ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ』ネタバレ・あらすじ「年末年始を乗り越えろ!」感想「絶叫するのは体に良い」結末「シリーズ化期待作」映画『ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ』の作品情報・概要 『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』原題『Venom: Let There Be Carnage』マーベル・コミックのキャラクター「ヴェノム」をベースに映画化。2021年のアメリカのスーパーヒーロー映画。アンディ・サーキス監督作品。脚本はケリー・マーセル(映画『クルエラ』)『ヴェノム』(2018年)の続編。トム・ハーディ、ウディ・ハレルソン(映画『ガラスの城の約束』や『記者たち 衝撃と畏怖の真実』)、ミシェル・ウィリアムズらが出演する。

スポンサーリンク

映画『大怪獣のあとしまつ』の感想・内容

謎の光が落ちてきたシーンがありましたが、これによりアラタが行方不明になって雨音は車を運転していたため事故に遭うのです。この時のケガが原因で義足となったようですが、特務隊を辞めることになったのかと想像できました。一方、アラタは3年間行方不明となり、怪獣が倒された直後に帰って来た…そして最後のシーンとの関連からアラタが光の巨人であり、怪獣を倒したのだと推測できました。ちょっと考察ができるシーンも含まれているのは見どころの一つです。

怪獣の模型や特務隊の衣装・装備にも注目でしたね。怪獣の模型は片足だけ上げて倒れていたのが印象的で、その大きさにも目を見張ります。人の小ささが良く分かり、運ぶにしても困難だということが伝わってきました。政府の議員も怪獣が倒れて初めてその大きさを実感していたシーンを考えると、リアルだとも思わされます。

【怪物登場映画】『ハロウィン KILLS』ネタバレ・あらすじ「アメリカのキッズの恐怖!ブギーマンってなに?」感想「予定調和有り!安心して観よう!」結末「歓迎!シリーズ化」

映画『ハロウィン KILLS』ネタバレ・あらすじ「アメリカのキッズの恐怖!ブギーマンってなに?」感想「予定調和有り!安心して観よう!」結末「歓迎!シリーズ化」
映画『ハロウィン KILLS』ネタバレ・あらすじ「アメリカのキッズの恐怖!ブギーマンってなに?」感想「予定調和有り!安心して観よう!」結末「歓迎!シリーズ化」映画『ハロウィン KILLS』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ハロウィン KILLS』IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ハロウィン KILLS』の作品情報・概要『ハロウィン KILLS』原題『Halloween Kills』2021年公開予定のアメリカ合衆国のスラッシャー映画。デヴィッド・ゴードン・グリーン監督作品。脚本はグリーン、ダニー・マクブライド、スコット・ティームスが務める。2018年の『ハロウィン』の続編。ジェイミー・リー・カーティス(映画『ハロウィン』)、ジュディ・グリア(映画『ジュラシック・ワールド』や映画『ジョン・デロリアン』)、アンディ・マティチャック、ジェームズ・ジュード・コートニー、アンソニー・マイケル・ホール、カイル・リチャーズ、ウィル・パットン(映画『ミナリ』)、トーマス・マン、ナンシー・スティーブンス、ニック・キャッスル、ディラン・アーノルドらが出演。「ハロウィン」フランチャイズの第12作目。予定調和のスプラッター&ホラー映画です。

スポンサーリンク

映画『大怪獣のあとしまつ』の考察・評価

特務隊の衣装ですが、黒を基調とした特殊部隊らしい装備でしたね。ヘルメットやバイクといった装備も揃っており、非日常を感じさせるデザインが見どころです。
また、ブルースが用意した装置は無骨なデザインで手作り感があり、本人の格好と合わせていたのが良かったです。ドレッドヘアーをしたブルースを演じるオダギリジョーは似合っていたと思いつつ、登場時間が短いのに強く印象に残りました。

雨音は私怨があるのかアラタや特務隊を敵視しているような言動が見られます。彼を演じる濱田岳の嫌味さを感じさせつつ、エリート間のある雰囲気が印象的。何を考えているか分からないミステリアスな感じもしました。
彼に負けず、アラタは真面目な印象があります。演じるのは山田涼介。まっすぐな雰囲気が合っており、演技もヒーローのような立ち振る舞いや主人公らしさのある言動が見どころです。
ユキノは土屋太鳳が演じ、環境大臣秘書官として懸命に事態を収束しようと行動する姿は応援したくなりました。色々な案を出したり、考えを述べる際の表情が印象的で、アラタへの執着も感じさせます。アラタとユキノとの関係は複雑そうなイメージがありました。

俳優陣の演技や衣装などの演出は見どころで、三木聡監督の独特なギャグはもしかしたら人を選ぶかもしれません。パッとわかるタイプのギャグというよりはシュールさを感じさせるタイプであり、真面目なストーリーの中に織り込んでいるため気付きづらい点もあるでしょう。そうしたアンバランスもある意味この映画ならではだと思います。

【怪物登場映画】『DUNE デューン 砂の惑星』ネタバレ・あらすじ「ティモシー・シャラメが美しい」感想「砂に埋没したくなる」結末「第二弾を観たい!」

映画『DUNE デューン 砂の惑星』ネタバレ・あらすじ「ティモシー・シャラメが美しい」感想「砂に埋没したくなる」結末「第二弾を観たい!」
映画『DUNE デューン 砂の惑星』ネタバレ・あらすじ「ティモシー・シャラメが美しい」感想「砂に埋没したくなる」結末「第二弾を観たい!」映画『DUNE デューン 砂の惑星』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『DUNE デューン 砂の惑星』IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。  映画『DUNE デューン 砂の惑星』の作品情報・概要『DUNE/デューン 砂の惑星』原題『Dune、別題: Dune: Part One』2021年のアメリカ合衆国のSF映画。ドゥニ・ビルヌーブ監督作品。エリック・ロス、ジョン・スペイツ、ヴィルヌーヴが脚本執筆。フランク・ハーバートのSF大河小説『デューン』の映画化作品。二部作の第1弾。ティモシー・シャラメ主演。レベッカ・ファーガソン、オスカー・アイザック、ジョシュ・ブローリン、ステラン・スカルスガルド、スティーヴン・ヘンダーソン、ゼンデイヤ、デヴィッド・ダストマルチャン、チャン・チェン、シャロン・ダンカン=ブルースター、シャーロット・ランプリング、ジェイソン・モモア、ハビエル・バルデムが出演している。1970年代にアレハンドロ・ホドロフスキーが10時間以上の大作映画構想を企画するが製作中止に追い込まれた。リドリー・スコットも企画したが断念。1984年にはデイヴィッド・リンチ監督が映画『デューン/砂の惑星』を発表したがファイナルカットの権利がもらえず上映し、惨敗している。
スポンサーリンク

映画『大怪獣のあとしまつ』の結末

ストーリーの始まりと終わりで少しだけ登場する謎の光と怪獣の行方を考えさせられつつ、政府間の責任のなすりつけ合いやドタバタ劇をパロディやオマージュを交えて描く映画でした。もし怪獣が現れて後始末をするとしたら…という空想上の出来事は色々と考えさせられます。

スポンサーリンク

映画『大怪獣のあとしまつ』まとめ・評論

「企画勝ち映画」です。もうこの発想が面白いです。

怪獣映画というカテゴリーでは邦画は世界のトップに君臨していた時期があります。

円谷プロです。『ゴジラ』を発端に数多くの作品が世に送り出されてきました。

しかしながら、退治されたり死んだ怪獣のその後について描かれた作品はあまり記憶にありません。

それに着目した三木聡監督の発想って素晴らしいと思います。

「確かに!」と納得してしまいます。

おそらくですが、本映画『大怪獣のあとしまつ』は海外でもリメイクされる可能性が高いと思います。

本映画『大怪獣のあとしまつ』は空想特撮エンタテインメント映画です。

日本に怪獣映画の歴史がすべて詰まっています。

それはものすごい技術であることは一目瞭然です。

そして、怪獣映画の鉄板である美女として土屋太鳳さんがとても美しいのです。

昔から言われていますが、怪獣や野獣、恐竜、さらには醜い生き物には「美女が似合う」のです。

さて、本映画『大怪獣のあとしまつ』は国家の「てんやわんや騒動」を現代日本政治の見たことがあるような権力争いを揶揄しているところも面白いです。

政治家はもちろん、官僚・役人が怪獣処理という未曾有の危機状態において、権力掌握ならびに出世を目論む人間模様が実にうまく描かれています。

子ども向けでもありますが、どちらかというと社会経験が豊富な大人が観る映画と言えるでしょう。

でも、それだけではありません。恋愛もあります。三角関係です。

帯刀アラタ(山田涼介) 、雨音ユキノ(土屋太鳳) 、雨音正彦(濱田岳)です。

3人は同期なんです。以前はアラタとユキノは付き合っていました。

しかし、怪獣が死ぬことになった光球事件後、アラタは消えてしまい、二人は別れることになります。

しかもユキノは正彦と結婚します。その理由は正彦が足を失った責任は自分にあると感じたからです。

そして3年後、アラタとユキノは再会して、大怪獣の処理という任務を一緒に行うことになるのです。

しかし、総理秘書官・雨音正彦は面白くありません。

この人間模様が絡みあって展開するところに注目して観るのが良いでしょう。

人妻の雨音ユキノ(土屋太鳳) は夫・雨音正彦(濱田岳)との関係に違和感を抱いています。正彦はやさしい人間です。

そんな時、同窓会の知らせが届き、かつての恋人・帯刀アラタ(山田涼介)と再会して胸が踊ります。

でも、彼女は人妻です。軽率な行動は慎まなければいけない立場でもあります。

世間一般的には「不倫はダメだ」という風潮が蔓延しています。

でも、我が日本では「不倫は犯罪」ではありません。

人を好きになることを法律で規制すること事体が間違っているという人もいます。

アラタもユキノへの思いを残したままです。

本映画『大怪獣のあとしまつ』は大怪獣という舞台で、国家権力を手に入れようとする政府関係者を嘲笑いながら、帯刀アラタ、雨音ユキノ、雨音正彦の三角関係の行方を注視する「ロミオとジュリエット映画」として楽しむことができます。

さて、本映画『大怪獣のあとしまつ』について忌憚のない感想と評論を展開させていただきます。

上記しました通り、「企画としては面白い」映画です。でも、正直言って最後はガソリン切れ状態で終わった感が否めません。

多くの方も同様の意見だと思いますが、アラタが変身したことで、「なんだ、それ」ってなるのです。

巨大化したアラタの本体は映りませんが、影を見て「ウルトラマン?」て予感させてます。

こういう結末をされると映画の面白さが半減してしまうのです。「夢オチ」映画ってジャンルがあります。いやかつてありました。

それは夢でオチをつけることが楽だからです。本映画『大怪獣のあとしまつ』は夢オチではありませんが、それに近いエンディングでした。

物語を紡いで、人々に届けるお仕事のフィルムメーカーの人であれば、もっと独創的な結末を描いて欲しかったと思います。

思い切って「蘇らせる」とか。蘇ったら、変身したアラタと戦う理由が見えて来ます。

それと本映画『大怪獣のあとしまつ』で繰り広げられる「政治家批判」と「政権批判」のギャグですが、最後はもう「辟易」してくるのです。

はっきり言って「くどい」アンド「つまらない」のです。そして「下品」なんです。

何度も「ウンコ」って連呼されると嫌な気持ちになります。せっかく面白い企画だったのにこういった下品なギャグで台無しです。

極め付けはキノコに全身を覆われた男の股間に黒色のモザイクを入れていた場面です。情けない気持ちになりました。

 

スポンサーリンク

映画『大怪獣のあとしまつ』のキャストについて

帯刀アラタ(山田涼介)
雨音ユキノ(土屋太鳳)
雨音正彦(濱田岳)
敷島征一郎(眞島秀和)
蓮佛紗百合(ふせえり)
杉原公人(六角精児)
竹中学(矢柴俊博)
川西紫(有薗芳記)
椚山猫(SUMIRE)
道尾創(笠兼三)
甘栗ゆう子(MEGUMI)
五百蔵睦道(岩松了)
国中島隼(田中要次)
ユキノの母親(銀粉蝶)
中垣内渡(嶋田久作)
財前二郎(笹野高史)
真砂千(菊地凛子)
サヨコ(二階堂ふみ)
武庫川電気(染谷将太)
八見雲登(松重豊)
ブルース(青島涼)(オダギリジョー)
西大立目完(西田敏行)

スポンサーリンク

まとめ 映画『大怪獣のあとしまつ』一言で言うと!

「アイデアが素晴らしい」

誰もが考え付くようで考えつかない発想で、作り上げた映画です。面白いです。完全な「企画勝ち」映画です。

【怪物登場映画】『クワイエット・プレイス 破られた沈黙』ネタバレ・あらすじ「大感動の家族愛映画」感想「ミリセント・シモンズを応援したい」結末「続編は恋して欲しい」

映画『クワイエット・プレイス 破られた沈黙』ネタバレ・あらすじ「大感動の家族愛映画」感想「ミリセント・シモンズを応援したい」結末「続編は恋して欲しい」
映画『クワイエット・プレイス 破られた沈黙』ネタバレ・あらすじ「大感動の家族愛映画」感想「ミリセント・シモンズを応援したい」結末「続編は恋して欲しい」映画『クワイエット・プレイス 破られた沈黙』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『クワイエット・プレイス 破られた沈黙』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『クワイエット・プレイス 破られた沈黙』の作品情報・概要『クワイエット・プレイス 破られた沈黙』原題『A Quiet Place: Part II』2020年に製作されたアメリカ合衆国のホラー映画で2018年に公開されたホラー映画『クワイエット・プレイス』の続編。ジョン・クラシンスキー監督作品。主演はエミリー・ブラント(映画『プラダを着た悪魔』)。キリアン・マーフィ、ミリセント・シモンズ、ノア・ジュプ(映画『ハニーボーイ』や映画『フォードvsフェラーリ』)、ジャイモン・フンスー(映画『チャーリーズ・エンジェル』)らが出演。監督は「成長した子供たち(リーガンとマーカス)に焦点を当てている。2人は世界を探検すると共に、自分の身を自分で守る術を習得していくのです」と述べている。
スポンサーリンク

『運だぜ!アート』本日の総合アクセスランキング

映画『流浪の月』ネタバレ・あらすじ「事実と真実は異なる」感想「15年後再会した加害者と被害者の恋愛」結末「障害を乗り越えて成就」
映画『シン・ウルトラマン』ネタバレ・あらすじ「成田亨さんと佐々木明さんへの深い尊敬」感想「斎藤工&長澤まさみは綺麗」結末「庵野秀明&樋口真嗣は最高最強!」
映画『死刑にいたる病』ネタバレ・あらすじ「阿部サダヲが怖い」感想「岡田健史くん成長した」結末「美男・岩田剛典くんが!」
映画『人数の町』ネタバレ・あらすじ・感想。「衣食住完備」「性欲も満たされる」としたら住むことが出来るか?
映画『MOTHER マザー』ネタバレ・あらすじ「長澤まさみ新境地の“毒親”に拍手喝采」感想「美女は悪女が似合う」結末「阿部サダヲの“クソ”っぷりに激怒」
映画『ホリック xxxHOLiC』ネタバレ・あらすじ「永遠の高校生・神木隆之介」感想「蜷川実花の極彩色」結末「シリーズ化あるか」
映画『ローマの休日』ネタバレ・あらすじ「オードリー・ヘプバーンが世界No. 1女優決定!」感想「恋して真の王女に成長」結末「平和希求映画」
映画『楽園』ネタバレ・あらすじ・結末。ムラ社会は日本社会の縮図。長老(独裁者)の「決めつけ」こそ悪害なのだ。綾野剛、佐藤浩市もOKだが村上虹郎が最高だ!
映画『ミリオンダラー・ベイビー』ネタバレ・あらすじ・感想。アカデミー賞四冠。クリント・イーストウッド最高作品。「死ぬ自由もある」
映画『E.T.(イーティー)』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。スピルバーグ「涙腺決壊」監督が描く「頑張る子ども」を応援したくなる映画の金字塔!

スポンサーリンク

合わせて観たい映画

【“障害”と戦う恋愛映画オススメ】

映画『ロミオとジュリエット』

映画『ロミオとジュリエット』ネタバレ・あらすじ・感想。恋愛映画のヒットの法則を学べる。オリヴィア・ハッセーとレナード・ホワイティングが輝いている。
ウィリアム・シェイクスピアの著名な戯曲を映画化。フランコ・ゼフィレッリが脚色・監督。イギリス出身のレナード・ホワイティングとオリヴィア・ハッセーが主演した。イタリアで撮影。当時16歳のハッセーがヌードシーンを演じていることも大いに話題となった。音楽はニノ・ロータ。恋愛映画の金字塔的存在。

映画『伊豆の踊子(1974)』

映画『伊豆の踊子(1974)』ネタバレ・あらすじ・感想。山口百恵&三浦友和初共演(その後結婚)職業差別と女性差別が激しかった時代の純愛と悲恋。
映画『伊豆の踊子(1974)』ネタバレ・あらすじ・感想。山口百恵&三浦友和初共演(その後結婚)職業差別と女性差別が激しかった時代の純愛と悲恋。映画『伊豆の踊子(1974)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『伊豆の踊子(1974)』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『伊豆の踊子(1974)』の作品情報・概要『伊豆の踊子』(いずのおどりこ)は川端康成の同名小説を原作として製作された日本映画。1974年(昭和49年)12月公開。同名小説の6度目の映画化。主演は山口百恵と三浦友和。山口百恵は映画主演初作品である。ホリプロが全面的に協力している。是が非でも山口百恵をスターにしたかったと思われる。伊豆が舞台であるが、多忙の山口百恵のスケジュールを調整して奥多摩で撮影された。

映画『潮騒 しおさい(1975)』

映画『潮騒 しおさい(1975)』ネタバレ・あらすじ・感想。「その火を飛び越して来い!」山口百恵&三浦友和が三島由紀夫文学で紡ぐ“リアル愛”。
映画『潮騒 しおさい(1975)』ネタバレ・あらすじ・感想。「その火を飛び越して来い!」山口百恵&三浦友和が三島由紀夫文学で紡ぐ“リアル愛”。映画『潮騒 しおさい(1975)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『潮騒 しおさい(1975)』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 映画『潮騒 しおさい(1975)』の作品情報・概要。『潮騒』(しおさい)1975年制作の日本映画。ホリ企画製作、東宝配給。三島由紀夫の同名小説を映画化。西河克己監督。山口百恵文芸作品第2弾。三浦友和共演。前作『伊豆の踊子』の大ヒットを受けての第二弾。前作と違い山口百恵が裕福な娘で三浦友和が貧乏な漁師役を務めている。若い二人の恋の炎が激しく燃え盛る。名言「その火を飛び越して来い」が有名。

映画『絶唱(1975)』

映画『絶唱(1975)』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。山口百恵と三浦友和が“駆け落ち”して描く「反戦映画」の代表作。
映画『絶唱(1975)』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。山口百恵と三浦友和が“駆け落ち”して描く「反戦映画」の代表作。映画『絶唱(1975)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『絶唱(1975)』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『絶唱(1975)』の作品情報・概要。『絶唱』(ぜっしょう)1975年12月20日に公開された日本映画。西河克己監督作品。製作ホリ企画。配給は東宝。作家・大江賢次の同名作品を映画化。山口百恵文芸作品第三弾。恋人役は三浦友和。山陰の大地主の息子と貧しい山番の娘が愛を成就する物語。しかし戦争という悲劇に翻弄されてしまう。封建制度、地主制、さらには家父長制度への提言が込められている。

映画『マディソン郡の橋』

映画『マディソン郡の橋』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。夫のいぬ間の「不倫」が人生のエネルギーになった主婦と放浪カメラマンの最後の恋。
映画『マディソン郡の橋』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。夫のいぬ間の「不倫」が人生のエネルギーになった主婦と放浪カメラマンの最後の恋。映画『マディソン郡の橋』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『マディソン郡の橋』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『マディソン郡の橋』の作品情報・概要 原題『The Bridges of Madison County』1992年にアメリカ合衆国の恋愛映画。ロバート・ジェームズ・ウォラー(Robert James Waller)の小説を元に製作。クリント・イーストウッド製作・監督・主演。キャスリーン・ケネディが共同プロデューサー、リチャード・ラグラヴェネーズ脚本担当。メリル・ストリープを主演女優に迎える。不倫映画として異例の大ヒット。世界中で1億8,200万ドルを売り上げた。1996年、第68回アカデミー賞でアカデミー主演女優賞にノミネートされた。

映画『美女と野獣(1991)』

ディズニー映画『美女と野獣(1991)』の教訓が『アナ雪』の自由・独立・共感できる女性像を築きヒットへ。ネタバレ・あらすじ・感想。
ディズニー映画『美女と野獣(1991)』の教訓が『アナ雪』の自由・独立・共感できる女性像を築きヒットへ。ネタバレ・あらすじ・感想。。ネタバレ・あらすじ・感想。映画『美女と野獣(1991)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『美女と野獣(1991)』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『美女と野獣(1991)』の作品情報・概要『美女と野獣』原題『 Beauty and the Beast 』ディズニーの長編アニメーション映画作品。フランスの民話『美女と野獣』(J・L・ド・ボーモン夫人版)を元に1991年に制作された。第64回 アカデミー賞(1992年)においてアラン・メンケンが作曲賞受賞している。2017年実写版としてビル・コンドン監督がエマワトソンを主演に迎えて製作されている。ディズニーが新たな女子像を目指した作品であり、後世の作品に影響を与えたと言われている。

映画『ロニートとエスティ 彼女たちの選択』

映画『ロニートとエスティ 彼女たちの選択』ネタバレ・あらすじ・感想。性を選択できる自由がある。LGBTQと多様性の時代。
映画『ロニートとエスティ 彼女たちの選択』ネタバレ・あらすじ・感想。性を選択できる自由がある。LGBTQと多様性の時代。 映画『ロニートとエスティ 彼女たちの選択』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ロニートとエスティ 彼女たちの選択』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。 映画『ロニートとエスティ 彼女たちの選択』の作品情報・概要 『ロニートとエスティ 彼女たちの選択』原題『Disobedience』2017年に制作された愛米英合作のドラマ映画である。セバスティアン・レリオ監督作品。主演はレイチェル・ワイズとレイチェル・マクアダムス。本作はナオミ・アルダーマンが2006年に上梓した小説『Disobedience』を原作としている。厳格なユダヤ教徒の女性の恋愛物語。もはや人間において性を分ける必要はない。

映画『ラストレター』

映画『ラストレター』あらすじ・ネタバレ・感想。福山雅治vs松たか子vs岩井俊二が描く“死と再生”物語。“手紙”の錯綜が描くノスタルジー。
映画『ラストレター』あらすじ・ネタバレ・感想。福山雅治vs松たか子vs岩井俊二が描く“死と再生”物語。“手紙”の錯綜が描くノスタルジー。映画『ラストレター』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ラストレター』公式サイトの紹介。『ラストレター』は、2020年1月17日に公開の日本映画。岩井俊二監督作品。主演は松たか子。福山雅治、広瀬すず、森七菜、豊川悦司、中山美穂らら共演。SNSが普及して手紙というやりとりが困難な時代にあえて、手紙を通じて人間関係と自身の成長を築いていく人間成長物語。“死と再生”のテーマ。

映画『アパートの鍵貸します』

映画『アパートの鍵貸します』ネタバレ・あらすじ・感想。ジャック・レモン&シャーリー・マクレーンの姿に時代が見える。「パワハラはダメ!」
映画『アパートの鍵貸します』ネタバレ・あらすじ・感想。ジャック・レモン&シャーリー・マクレーンの姿に時代が見える。「パワハラはダメ!」映画『アパートの鍵貸します』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『アパートの鍵貸します』IMDbサイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。 映画『アパートの鍵貸します』の作品概要 『アパートの鍵貸します』は、1960年制作のアメリカ映画。原題『The Apartment』名匠ビリー・ワイルダー監督の最高演出と言われる作品。ロマンチック・コメディー最高傑作。アカデミー作品賞、監督賞、脚本賞、美術賞、編集賞の5部門受賞。主演はジャック・レモンとシャーリー・マクレーン。ニューヨークを舞台にした恋愛映画。

映画『マチネの終わりに』

【ネタバレ酷評】映画『マチネの終わりに』あらすじ・結末。物語も演出も撮影もダメ。福山雅治&石田ゆり子の糸引くキスシーン。
映画『マチネの終わりに』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。ネタバレ・あらすじ・結末を記述。作家・平野啓一郎の原作。2015年3月から2016年1月まで毎日新聞朝刊及びnoteにて連載された。福山雅治、石田ゆり子主演で2019年に映画版が公開。有名なギタリストが自身の音楽活動に悩んでいる時にジャーナリスト洋子が現れ恋に落ちる。しかし洋子にはフィアンセがいた。恋にルールはない。洋子をものにしようとパリまでいく。

映画『ボーダー 二つの世界』

映画『ボーダー 二つの世界』あらすじ・ネタバレ・作品情報・感想・評価。LGBTをも凌駕した多様性の映画。美しい心になれる映画
映画『ボーダー 二つの世界』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館情報を記載しています。またネタバレ・あらすじ・感想・評価・まとめについても書いています。北欧デンマークから新たな映画が届きました。監督はイラン系デンマーク人です。容姿による差別・偏見、さらに性差別の問題についても大きなメッセージを感じ取ります。多様性の時代が到来しました。認め合うことが21世紀を生きるテーマ。

映画『あなたの名前を呼べたなら』

インド映画『あなたの名前を呼べたなら』身分を越えた恋物語の行方は?差別、貧困とカースト制度について考えてみる。ネタバレ・あらすじ・感想・結末・評価
カースト制度が色濃く残るインドで身分の差を越えた恋愛物語を女性映画監督ロヘナ・ゲラが描いた。監督曰く、現在では絶対に起こりえない恋物語だそうだ。監督は絶望的な差別、貧困に悩む庶民がいつか自由を手に入れ、幸せに暮らせる日を願って作ったのだろう。インド映画にしては歌、踊りの演出が抑えられ、おしゃれな作りになっている。

映画『秒速5センチメートル』

新海誠監督映画『秒速5センチメートル』初恋・ファーストキス・遠距離・再会を通じて成長する青年の心模様は桜の速度。ネタバレ・あらすじ・感想・評価。
『ほしのこえ』『雲のむこう、約束の場所』に続く、新海誠の第3作目の劇場公開作品。小学生の初恋相手の女性への想いを抱きながら生きる青年。短編三部作にまとめて青年の成長を描いている。主人公の貴樹はずっと“秒速3センチメートル”状態のままだ。いつ脱出するのか。それと相まって女性たちは過去を振り切って生きていく強さがある。

映画『マーウェン』

映画『マーウェン』ロバート・ゼメキスvsスティーブ・カレルが描くトラウマを乗り越える人間成長物語に感動。ネタバレ・あらすじ・感想・評価
些細な発言により暴行され、過去の記憶を失ったマーク・ホーガンキャンプ。トラウマを抱え、救いを人形アニメの撮影に向けた。町の人の助けによってトラウマを克服。監督はロバート・ゼメキス。主演にスティーブ・カレル。アメリカに根付くヘイトクライムをテーマに、困難を乗り越えて戦う人間成長物語を実写と人形アニメを用いて描く。

映画『ほしのこえ』

新海誠監督 映画『ほしのこえ』ミカコとノボルの宇宙恋愛物語の結末。感想・評価・ ネタバレ・あらすじ
日本を越えて世界に衝撃を与えた作品である。『ほしのこえ』は新海誠がたった一人で作り上げた。会社勤めをしながらも映画制作への情熱が消えず昼夜を通して作ったという。若き日の新海誠の情熱がほとばしる素晴らしい作品である。本映画は数々の賞を獲得した。そして新海は空高く羽ばたいた。

映画『COLD WAR あの歌、2つの心』

映画『COLD WAR あの歌、2つの心』悪女が目指す究極の愛のゴール 男は悲劇 ネタバレ・あらすじ・感想
本作は第71回カンヌ国際映画祭最優秀監督賞を受賞。さらに第91回アカデミー賞では外国語映画賞・監督賞・撮影賞の3部門にノミネートされた。とても素晴らしい映画だ。社会主義時代のポーランドを舞台にピアニストと歌手の恋愛逃避劇。ワルシャワ、ベルリン、パリで展開。究極の恋愛とは命をかけること。破滅的な女、悪女だが可愛い。

映画『リヴァプール、最後の恋』

女優グロリア・グレアムの最後の恋『リヴァプール、最後の恋』あらすじ・ネタバレ・感想・評価。年齢差を超えた悲哀。
かつてアカデミ助演女優賞をとった名女優の最後の恋を映画いた作品。今や落ち目となったグロリア・グレアムは渡英しチャンスを伺っていた。そんな時、若き無名の俳優ピーターと出会い激しく恋に落ちる。二人はニューヨークに移り生活を共にするが、グロリアに悲劇が訪れる。二人は別れる事になるが、グロリアはピーターを追って再びイギリスへ向かう

 

 

スポンサーリンク

映画『大怪獣のあとしまつ』の作品情報

映画.comより一部引用
スタッフ・キャスト
監督
三木聡
脚本
三木聡
エグゼクティブプロデューサー
吉田繁暁 木村光仁
企画
須藤泰司 古久保宏子
プロデュース
須藤泰司 古久保宏子
プロデューサー
中居雄太 山尾海彦
キャスティングプロデューサー
福岡康裕
VFXスーパーバイザー
野口光一
音楽プロデューサー
津島玄一
ラインプロデューサー
田口聖
撮影
高田陽幸
照明
加瀬拓郎
録音
高野泰雄
美術
磯見俊裕
装飾
大庭信正
スタイリングディレクター
西ゆり子
衣装デザイン
遠藤良樹
ヘアメイク
合谷純子
怪獣造形
若狭新一
特撮監督
佛田洋
音響効果
柴崎憲治
編集
富永孝
音楽
上野耕路
スクリプター
高山秀子
俳優担当
林まゆみ
助監督
足立公良
制作担当
間口彰
プロダクション統括
木次谷良助
帯刀アラタ(山田涼介)
雨音ユキノ(土屋太鳳)
雨音正彦(濱田岳)
敷島征一郎(眞島秀和)
蓮佛紗百合(ふせえり)
杉原公人(六角精児)
竹中学(矢柴俊博)
川西紫(有薗芳記)
椚山猫(SUMIRE)
道尾創(笠兼三)
甘栗ゆう子(MEGUMI)
五百蔵睦道(岩松了)
国中島隼(田中要次)
ユキノの母親(銀粉蝶)
中垣内渡(嶋田久作)
財前二郎(笹野高史)
真砂千(菊地凛子)
サヨコ(二階堂ふみ)
武庫川電気(染谷将太)
八見雲登(松重豊)
ブルース(青島涼)(オダギリジョー)
西大立目完西田敏行
2022年製作/115分/G/日本
配給:松竹、東映

タイトルとURLをコピーしました