タイムリープ映画

時と場所を超えて展開する映画の紹介。何らかの形で時空に異変が生じて、現在、過去、未来へと心身が移動して展開する映画を消化しています。

スポンサーリンク
いじめ・陰湿映画

映画『時をかける少女(2006)』ネタバレ・あらすじ「細田守監督代表作」感想「筒井康隆小説」結末「仲里依紗vs原田知世」

映画『時をかける少女(2006)』ネタバレ・あらすじ「細田守監督代表作」感想「筒井康隆小説」結末「仲里依紗vs原田知世」映画『時をかける少女(2006)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『時をかける少女(2006)』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『時をかける少女(2006)』の作品情報・概要『時をかける少女』細田守監督作品(映画『竜とそばかすの姫』)。英題『THE GIRL WHO LEAPT THROUGH TIME』2006年7月15日に角川ヘラルド映画から公開された日本のSFアニメ映画。原作は筒井康隆。アニメーション制作はマッドハウス。 第30回 日本アカデミー賞(2007年)ではアニメーション作品賞を受賞。キャッチコピーは「待ってられない 未来がある。」オリジナル映画は原田知世主演(映画『あなたの番です 劇場版』)、大林宣彦監督(映画『ふりむけば愛』)の『時をかける少女』がある。声優は仲里依紗(『生きてるだけで、愛。』)、石田卓也、板倉光隆、垣内彩未、谷村美月、関戸優希、桂歌若、安藤みどり、立木文彦(映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』や映画『リメンバー・ミー』)、山本圭子らが担当。
2022年製作

映画『ドクター・ストレンジ マルチバース・オブ・マッドネス』ネタバレ・あらすじ「怪演ベネディクト・カンバーバッチ」感想「頭混乱」結末「「マーベル・シネマティック・ユニバース」の28作品目の作品」

映画『ドクター・ストレンジ マルチバース・オブ・マッドネス』ネタバレ・あらすじ「怪演ベネディクト・カンバーバッチ」感想「頭混乱」結末「「マーベル・シネマティック・ユニバース」の28作品目の作品」映画『ドクター・ストレンジ マルチバース・オブ・マッドネス』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ドクター・ストレンジ マルチバース・オブ・マッドネス』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ドクター・ストレンジ マルチバース・オブ・マッドネス』の作品情報・概要『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』原題『Doctor Strange in the Multiverse of Madness』マーベル・コミックのキャラクター「ドクター・ストレンジ」をベースとする、2022年公開のアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画。サム・ライミ監督作品(映画『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』)脚本はジェイド・バートレットとマイケル・ウォルドロン、出演はベネディクト・カンバーバッチ(映画『アベンジャーズ エンドゲーム』や映画『1917 命をかけた伝令』)、エリザベス・オルセン(映画『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』や映画『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』)、ベネディクト・ウォン、ソーチー・ゴメスら。『ドクター・ストレンジ』(2016年)の続編でシリーズ2作目、また「マーベル・シネマティック・ユニバース」の28作品目の作品。
2022.05.11
2022年製作

映画『牛首村』ネタバレ・あらすじ「Kōki,頑張った!」感想「長い髪が不気味だった」結末「清水監督再びハリウッドを目指して欲しい」

映画『牛首村』ネタバレ・あらすじ「Kōki,頑張った!」感想「長い髪が不気味だった」結末「清水監督再びハリウッドを目指して欲しい」 映画『牛首村』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『牛首村』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『牛首村』の作品情報・概要『牛首村』2022年2月18日に公開された日本のホラー映画。清水崇監督作品。Kōki,、萩原利久(映画『Bittersand』)、高橋文哉(映画『かぐや様は告らせたい 天才たちの恋愛頭脳戦 ファイナル』)、芋生悠(映画『37セカンズ』) 、大谷凜香、莉子(映画『君が落とした青空』や映画『思い、思われ、ふり、ふられ』)、松尾諭、堀内敬子(映画『バイプレイヤーズ もしも100人の名脇役が映画を作ったら』)、田中直樹、麿赤兒(映画『翔んで埼玉』や映画『凪待ち』)、竜のり子らが出演。
2022年製作

映画『君が落とした青空』ネタバレ・あらすじ「福本莉子も松田元太の顔が綺麗」感想「板垣瑞生はジャニーズの太鼓持ち適役!」結末。

映画『君が落とした青空』ネタバレ・あらすじ「福本莉子も松田元太の顔が綺麗」感想「板垣瑞生はジャニーズの太鼓持ち適役!」結末。 映画『君が落とした青空』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『君が落とした青空』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。 映画『君が落とした青空』の作品情報・概要『君が落とした青空』Yuki Saito監督作品。2022年2月18日に公開。主演は福本莉子(映画『思い、思われ、ふり、ふられ』)と映画初出演の松田元太。原作は櫻いいよの小説アプリ「野いちご」。2010年にケータイ小説として公開されて映画化された。2022年2月までの閲覧数は600万回を超えている。タイムリープ恋愛ストーリ。キャッチコピーは、ティザービジュアルでは「私はまだ、君を知らなかった」本ポスタービジュアルでは「同じ日を繰り返して、もっと君を好きになる」板垣瑞生(映画『胸が鳴るのは君のせい』)、横田真悠、莉子、矢柴俊博(映画『189』や映画『大怪獣のあとしまつ』や映画『翔んで埼玉』)、松本若菜(映画『大綱引の恋』や映画『この道』)らが出演。
2018年製作

映画『今夜、ロマンス劇場で』ネタバレ・あらすじ・感想。『カイロの紫のバラ』越えが出来なかった理由。綾瀬はるかさんだけを観る映画。結婚したか不明。

映画『今夜、ロマンス劇場で』ネタバレ・あらすじ・感想。『カイロの紫のバラ』越えが出来なかった理由。綾瀬はるかさんだけを観る映画。結婚したか不明。ロケ地情報ならびに主題歌情報。映画『今夜、ロマンス劇場で』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『今夜、ロマンス劇場で』公式サイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 映画『今夜、ロマンス劇場で』の作品情報・概要 『今夜、ロマンス劇場で』2018年2月10日公開の日本映画。主演・綾瀬はるかと坂口健太郎のコメディーラブストーリー。映画を愛しる青年が映画から抜け出してきた女性と恋愛する。ウディ・アレン監督『カイロの紫のバラ』に酷似していると言われている。ジュゼッペ・トルナトーレ監督『ニュー・シネマ・パラダイス』やウィリアム・ワイラー監督、オードリー・ヘプバーン主演の『ローマの休日』にもインスパイアーされていると言われている。
2022.06.26
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました