2020-12

スポンサーリンク
お茶の間映画館

映画『ウエスト・サイド物語』ネタバレ・あらすじ「分断」「人種差別」感想「アメリカの移民社会の闇をダンスと歌で描く恋愛映画」結末。

映画『ウエスト・サイド物語』ネタバレ・あらすじ「分断」「人種差別」感想「アメリカの移民社会の闇をダンスと歌で描く恋愛映画」結末。映画『ウエスト・サイド物語』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ウエスト・サイド物語』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『ウエスト・サイド物語』の作品情報・概要シェイクスピアの『ロミオとジュリエット』を元にして、ジェローム・ロビンスとアーサー・ローレンツが物語を書き、アーネスト・レーマンが脚本を執筆しました。音楽はレナード・バーンスタイン。ブロードウェイ・ミュージカルとして上演されました。恋愛物語を主軸にポーランド移民とプエルトルコ移民の争いをダンスと歌で描いた名作です。差別・偏見・憎悪が“分断”を助長させた状況は現在のアメリカ社会の映し絵とも言える。
2021.02.22
お茶の間映画館

映画『マイ・フェア・レディ』ネタバレ・あらすじ「オードリー・ヘプバーンの代表作であり、屈辱的な映画」感想「レックス・ハリソンは上手い」結末

映画『マイ・フェア・レディ』ネタバレ・あらすじ「オードリー・ヘプバーンの代表作であり、屈辱的な映画」感想「レックス・ハリソンは上手い」結末映画『マイ・フェア・レディ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『マイ・フェア・レディ』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『マイ・フェア・レディ』の作品情報・概要『マイ・フェア・レディ』原題『My Fair Lady)』1964年制作のアメリカ合衆国のミュージカル映画。ジョージ・キューカー監督作品。出演はオードリー・ヘプバーンとレックス・ハリソン。ブロードウェイで上演同名ミュージカル(主演はジュリー・アンドリュースとレックス・ハリソンだった)を映画化。紆余曲折の末、映画ではオードリー・ヘプバーンが演じることに。同年のアカデミー作品賞ほか8部門を受賞した。オードリー・ヘプバーンの代表作の一つとして知られているが、劇中で自身の歌唱が使用されなかったことで大きく傷つけられた作品である。
2021.04.03
お茶の間映画館

映画『風の谷のナウシカ』ネタバレ・あらすじ「マスク世界を予言!」「女性活躍社会を牽引!」感想「宮崎駿監督偉大なり!」結末

映画『風の谷のナウシカ』ネタバレ・あらすじ「マスク世界を予言!」「女性活躍社会を牽引!」感想「宮崎駿監督偉大なり!」結末映画『風の谷のナウシカ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『風の谷のナウシカ』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『風の谷のナウシカ』の作品情報・概要『風の谷のナウシカ』宮崎駿脚本・監督の長編アニメーション映画第2作品目。1984年に公開。製作はジブリでは無くトップクラフト。本作以後にスタジオジブリ設立。1982年に『アニメージュ』に連載していた宮崎の同名漫画『風の谷のナウシカ』が原作である。漫画と映画の内容は異なることがさらにファンを獲得している理由となっている。高畑勲がプロデューサーとして参加している。音楽は久石譲。当時アニメージュの副編集長であった鈴木敏夫が本格的に宮崎作品に加わる。
2021.02.22
2020年製作

2020年12月鑑賞映画全リスト(劇場公開・動画配信・DVD)

2020 12月鑑賞映画全リスト(劇場公開・動画配信・DVD)2020年12月『運だぜ!アート』が鑑賞した映画リスト。『滑走路』『ボルケーノ・パーク』『ザ・プロム』『アンダードッグ 前編』『アンダードッグ 後編』『ホモ・サピエンスの涙』『NETFLIX 世界征服の野望』『ハッピー・オールド・イヤー』『脳天パラダイス』『声優夫婦の甘くない生活』『また、あなたとブッククラブで』『ネクスト・ドリーム ふたりで叶える夢』
2021.02.22
2020年製作

映画『滑走路』ネタバレ・あらすじ「萩原慎一郎さんにイジメ根絶を誓う!」水川あさみ&浅香航大&寄川歌太&木下渓「涙腺崩壊」感想「脚本家・桑村さや香が良い」結末

映画『滑走路』ネタバレ・あらすじ「萩原慎一郎さんにイジメ根絶を誓う!」水川あさみ&浅香航大&寄川歌太&木下渓「涙腺崩壊」感想「脚本家・桑村さや香が良い」結末映画『滑走路』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『滑走路』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『滑走路』の作品情報・概要詩人・歌人である萩原 慎一郎(はぎはら しんいちろう、1984年9月16日 - 2017年6月8日)原作『歌集 滑走路』をモチーフに映画化。中学時代の「いじめ」を主軸に成長した若者たちが直面する、非正規雇用、自死、過労、出産、家族のあり方について繊細に編んだ脚本が秀逸。監督は大庭功睦。脚本は桑村さや香。主演は水川あさみ、浅香航大、寄川歌太ら。共演は木下渓、池田優斗、吉村界人、染谷将太、水橋研二、坂井真紀。NHKと埼玉県が共同出資するSKIPシティと角川大映スタジオによる共同制作によって映画化された。
2021.07.05
2018年製作

映画『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』ネタバレ・あらすじ「障害者と介助者との対等な関係を描く」感想「自由に生きたい」結末

映画『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』ネタバレ・あらすじ「障害者と介助者との対等な関係を描く」感想「自由に生きたい」結末映画『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 映画『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』の作品情報・概要渡辺一史著作『こんな夜更けにバナナかよ 筋ジス・鹿野靖明とボランティアたち』をモチーフに映画『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』が製作された。2018年12月28日に公開。主演は大泉洋。共演は『引っ越し大名!』や『DESTINY 鎌倉ものがたり』高畑充希、『コンフィデンスマンJP』の三浦春馬。実在の人物である鹿野靖明氏の物語。筋ジストロフィーという難病を抱え、北海道札幌市に在住していた男性の鹿野靖明と彼を支えるボランティアの交流をユーモアたっぷりに描いている。鹿野の自由奔放な性格と障害者を障害者扱いしない描写が評価された。札幌フィルムコミッション支援作品。
2021.07.05
いじめ・陰湿映画

映画『プリティ・ウーマン』ネタバレ・あらすじ「ジュリア・ロバーツ世界女優へ躍進!」感想「娼婦がシンデレラになる物語」結末「リチャード・ギアは優しい“乗っ取り屋”」

映画『プリティ・ウーマン』ネタバレ・あらすじ「ジュリア・ロバーツ世界女優へ躍進!」感想「娼婦がシンデレラになる物語」結末「リチャード・ギアは優しい“乗っ取り屋”」映画『プリティ・ウーマン』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、曲、主題歌、歌詞情報、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『プリティ・ウーマン』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『プリティ・ウーマン』の作品情報・概要『プリティ・ウーマン』原題『Pretty Woman』1990年公開のアメリカ映画。ゲイリー・マーシャル監督作品。『愛と青春の旅だち』や『嘘はフィクサーのはじまり』のリチャード・ギアと『ノッティングヒルの恋人』や『ベン・イズ・バック』のジュリア・ロバーツが主演するロマンティック・コメディ。オードリー・ヘプバーンの『マイ・フェア・レディ』を下敷きにしている。ロイ・オービソンが1964年に発表した「オー・プリティ・ウーマン」が主題歌に起用され、大ヒットした。ジュリア・ロバーツは本作でゴールデングローブ賞 主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)を受賞。ジュリア・ロバーツは、本作でゴールデングローブ賞 主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)を受賞した。
2021.07.05
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました