お茶の間映画館

スポンサーリンク
2018年製作

映画『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』ネタバレ・あらすじ「障害者と介助者との対等な関係を描く」感想「自由に生きたい」結末

映画『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』ネタバレ・あらすじ「障害者と介助者との対等な関係を描く」感想「自由に生きたい」結末映画『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 映画『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』の作品情報・概要渡辺一史著作『こんな夜更けにバナナかよ 筋ジス・鹿野靖明とボランティアたち』をモチーフに映画『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』が製作された。2018年12月28日に公開。主演は大泉洋。共演は『引っ越し大名!』や『DESTINY 鎌倉ものがたり』高畑充希、『コンフィデンスマンJP』の三浦春馬。実在の人物である鹿野靖明氏の物語。筋ジストロフィーという難病を抱え、北海道札幌市に在住していた男性の鹿野靖明と彼を支えるボランティアの交流をユーモアたっぷりに描いている。鹿野の自由奔放な性格と障害者を障害者扱いしない描写が評価された。札幌フィルムコミッション支援作品。
お茶の間映画館

映画『プリティ・ウーマン』ネタバレ・あらすじ「ジュリア・ロバーツ世界女優へ躍進!」感想「娼婦がシンデレラになる物語」結末「リチャード・ギアは優しい“乗っ取り屋”」

映画『プリティ・ウーマン』ネタバレ・あらすじ「ジュリア・ロバーツ世界女優へ躍進!」感想「娼婦がシンデレラになる物語」結末「リチャード・ギアは優しい“乗っ取り屋”」映画『プリティ・ウーマン』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、曲、主題歌、歌詞情報、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『プリティ・ウーマン』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『プリティ・ウーマン』の作品情報・概要『プリティ・ウーマン』原題『Pretty Woman』1990年公開のアメリカ映画。ゲイリー・マーシャル監督作品。『愛と青春の旅だち』や『嘘はフィクサーのはじまり』のリチャード・ギアと『ノッティングヒルの恋人』や『ベン・イズ・バック』のジュリア・ロバーツが主演するロマンティック・コメディ。オードリー・ヘプバーンの『マイ・フェア・レディ』を下敷きにしている。ロイ・オービソンが1964年に発表した「オー・プリティ・ウーマン」が主題歌に起用され、大ヒットした。ジュリア・ロバーツは本作でゴールデングローブ賞 主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)を受賞。ジュリア・ロバーツは、本作でゴールデングローブ賞 主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)を受賞した。
お茶の間映画館

映画『シャレード(1963)』ネタバレ・あらすじ「オードリー・ヘプバーンのジバンシィ」「ケイリー・グラントは渋い」結末「祝・結婚!年齢差カップル」

映画『シャレード(1963)』ネタバレ・あらすじ「オードリー・ヘプバーンのジバンシィ」「ケイリー・グラントは渋い」結末「祝・結婚!年齢差カップル」映画『シャレード(1963)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『シャレード(1963)』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『シャレード(1963)』の作品情報・概要『シャレード』原題『Charade』1963年のアメリカ映画。主演はケーリー・グラントとオードリー・ヘプバーン。世界的な大スター共演で話題になった。ロマンティック・サスペンス映画の先駆けである。フランスのファッションブランド、ジバンシィがオードリー・ヘプバーンに衣装提供したことも大きな話題となった。
お茶の間映画館

映画『ルパン三世 カリオストロの城』ネタバレ・あらすじ「視聴率10%行く?」「ジブリ時代終わり?」感想「アニメは世代交代へ」結末

映画『ルパン三世 カリオストロの城』ネタバレ・あらすじ「視聴率10%行く?」「ジブリ時代終わり?」感想「アニメは世代交代へ」結末映画『ルパン三世 カリオストロの城』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ルパン三世 カリオストロの城』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『ルパン三世 カリオストロの城』の作品情報・概要『ルパン三世 カリオストロの城』英題『The Castle of Cagliostro』仏題『Le Château de Cagliostro』宮崎駿の映画初監督作品として1979年12月15日に公開。モンキー・パンチ原作のアニメ『ルパン三世』をモチーフにしている。ルパンシリーズ最高傑作と呼び声が高い。子どもから大人まで楽しめるアニメ。知性教養の高い宮崎駿監督らしい。音楽は大野雄二。鈴木敏夫プロデューサーはまだいない。
お茶の間映画館

実話映画『愛と死をみつめて』ネタバレ・あらすじ「創価学会の意味?」感想「笠智衆が泣く」感想「軟骨肉腫で死亡」結末。

実話映画『愛と死をみつめて』ネタバレ・あらすじ「創価学会の意味?」感想「笠智衆が泣く」感想「軟骨肉腫で死亡」結末。映画『愛と死をみつめて』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『愛と死をみつめて』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『愛と死をみつめて』の作品情報・概要『愛と死をみつめて』原題『Gazing at Love and Death』は実話を元も製作された。大学生河野實(マコ)と、軟骨肉腫に冒され21年の生涯を閉じた大島 みち子(ミコ)との3年間に及ぶ文通を書籍化され、大ベストセラーとなった。その書籍をモチーフに斎藤武市監督が映画化。主演は浜田光夫と吉永小百合。笠智衆が父親役で出演。 軟骨肉腫という不治の病で死に行くミコと彼女を支えるマコの純愛を主軸に描いている。
2020.11.17
お茶の間映画館

映画『ノッティングヒルの恋人』ネタバレ・あらすじ。ヒュー・グラント「続編は骨肉離婚劇を撮りたい」感想「ジュリア・ロバーツの最高PV映画」結末「男版シンデレラ物語」

映画『ノッティングヒルの恋人』ネタバレ・あらすじ。ヒュー・グラント「続編は骨肉離婚劇を撮りたい」感想「ジュリア・ロバーツの最高PV映画」結末「男版シンデレラ物語」
2020.12.02
お茶の間映画館

映画『ショーシャンクの空に』実話?ネタバレ・あらすじ。ティム・ロビンス&モーガン・フリーマン共演 「希望を持つことが大事」 感想「ジワタネホでハッピー」結末。

映画『ショーシャンクの空に』実話?ネタバレ・あらすじ。ティム・ロビンス&モーガン・フリーマン共演 「希望を持つことが大事」 感想「ジワタネホでハッピー」結末。映画『ショーシャンクの空に』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ショーシャンクの空に』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『ショーシャンクの空に』の作品情報・概要『ショーシャンクの空に』原題『The Shawshank Redemption』1994年に公開されたアメリカ映画。原作はスティーブン・キングの中編小説『刑務所のリタ・ヘイワース(Rita Hayworth and Shawshank Redemption)』から。監督・脚本は当時無名のフランク・ダラボン。主演はティム・ロビンス、共演は『許されざる者』『ミリオンダラー・ベイビー』モーガン・フリーマン。冤罪と思われる有能な銀行員が、腐敗した刑務所の中でも希望を捨てず生き抜いていくヒューマン・ドラマ。アメリカ公開当初はヒットしなかったが、近年は高評価でAFIのアメリカ映画ベスト100(10周年エディション)において72位担っている。日本では大ヒットした。
お茶の間映画館

映画『めぐり逢えたら』ネタバレ・あらすじ「ラブコメの女王決定!」メグ・ライアン可愛い「欲求不満男」トム・ハンクス。感想「エンパイアーステートでハッピー」結末。

映画『めぐり逢えたら』ネタバレ・あらすじ「ラブコメの女王決定!」メグ・ライアン可愛い「欲求不満男」トム・ハンクス。感想「エンパイアーステートでハッピー」結末。映画『めぐり逢えたら』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『めぐり逢えたら』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 映画『めぐり逢えたら』の作品情報・概要『めぐり逢えたら』原題『Sleepless in Seattle』1993年のアメリカ合衆国のロマンティック・コメディ映画。ノーラ・エフロン監督、トム・ハンクス、メグ・ライアン主演。本作は1957年のケーリー・グラントとデボラ・カー出演映画『めぐり逢い』にヒントを得ている。1998年に脚本・監督ノーラ・エフロン、主演のトム・ハンクスとメグ・ライアンの同じ顔合わせで、『ユー・ガット・メール』が公開された。原題を直訳すると「シアトルの眠れぬ男」になる。映画の主軸はどちらかというとボルチモアに住むアニーの結婚前の心模様の方が強く描かれている。
お茶の間映画館

映画『カサブランカ』ネタバレ・あらすじ。イングリッド・バーグマンの「美貌」が世界に衝撃「プロパガンダ映画」で成功!感想・結末は「アメリカ万歳!」

映画『カサブランカ』ネタバレ・あらすじ。イングリッド・バーグマンの「美貌」が世界に衝撃「プロパガンダ映画」で成功!感想・結末は「アメリカ万歳!」映画『カサブランカ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『カサブランカ』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『カサブランカ』の作品情報・概要『カサブランカ』原題『Casablanca』は、1942年にアメリカで公開されたラブロマンス映画。アメリカ前年に第二次世界大戦に参入しており、本映画『カサブランカ』は戦時下において製作されたことも重要である。国威高揚映画でもあり、ナチスドイツ、イタリア、日本を悪とみなす世界的にプロパガンダ映画として一面もあ。監督はマイケル・カーティス。第16回アカデミー賞にて作品賞・監督賞・脚色賞の3部門を受賞。ハンフリー・ボガート、イングリッド・バーグマン、ポール・ヘンリードらが出演。本映画を参考に『夜霧よ今夜もありがとう』が製作された。
お茶の間映画館

映画『ボディガード(1992)』ネタバレ・あらすじ。ホイットニー・ヒューストンの「歌を聴く映画」感想「ケビン・コスナー役得」結末は「オールウェイズ・ラヴ・ユー」です。

映画『ボディガード(1992)』ネタバレ・あらすじ。ホイットニー・ヒューストンの「歌を聴く映画」感想「ケビン・コスナー役得」結末は「オールウェイズ・ラヴ・ユー」です。映画『ボディガード(1992)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ボディガード(1992)』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 映画『ボディガード(1992)』の作品情報・概要 『ボディガード』原題『The Bodyguard』1992年製作のアメリカのロマンティック・サスペンス映画映画。映画『ダンス・ウィズ・ウルブズ』のケビン・コスナーと世界的なディーバ(歌姫)ホイットニー・ヒューストンが共演し世界中で大ヒット。大スターを殺害から守る身のボディガードが公私を越えた禁断の愛に葛藤しながら身を呈して大スターを守る任務を実行する。ホイットニー・ヒューストン全盛の歌声が絶品。
お茶の間映画館

映画『プラダを着た悪魔』ネタバレ・あらすじパワハラ乗り越え「アン・ハサウェイが大スター」に!「素顔のメリル・ストリープ?」感想・結末。

映画『プラダを着た悪魔』ネタバレ・あらすじパワハラ乗り越え「アン・ハサウェイが大スター」に!「素顔のメリル・ストリープ?」感想・結末。映画『プラダを着た悪魔』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『プラダを着た悪魔』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『プラダを着た悪魔』の作品情報・概要『プラダを着た悪魔』原題『The Devil Wears Prada』2006年に公開されたアメリカ映画。原作はローレン・ワイズバーガー。ワイズバーガー自身が『ヴォーグ』で編集長アシスタントを経験した体験をもとに書かれた。華やかなファッション業界の様子と厳しい現実、そして夢へ向かって「頑張る女性」たちをユーモアたっぷりに描いている。アン・ハサウェイ主演で世界的な大スターになった。映画『マディソン郡の橋』映画『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』メリル・ストリープ共演。
お茶の間映画館

映画『炎の舞』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。山口百恵最高演技!「妖艶・狂愛・絶望・発狂」の末の自死に「絶句する」

映画『炎の舞』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。山口百恵最高演技!「妖艶・狂愛・絶望・発狂」の末の自死に「絶句する」映画『炎の舞』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『炎の舞』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『炎の舞』の作品情報・概要『炎の舞』1978年製作の日本映画。原作は加茂菖子の小説『執炎』監督は河崎義祐。山口百恵・三浦友和ゴールデンカップルの9作目。平家の落人の末裔を演じる山口百恵の神秘性と激しい情愛に恐怖を感じるほどの演技と言える。能の舞もあり芸術性の高い映画である。反戦映画の部類に入る。
2020.10.13
お茶の間映画館

映画『ホワイト・ラブ』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。山口百恵&三浦友和スペインで「子ども」の親になる映画!

映画『ホワイト・ラブ』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。山口百恵&三浦友和スペインで「子ども」の親になる映画!映画『ホワイト・ラブ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ホワイト・ラブ』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『ホワイト・ラブ』の作品情報・概要『ホワイト・ラブ -White Love-』1979年製作の日本映画。東宝配給。山口百恵・三浦友和の主演コンビ10作目。原案は一般からの公募で中川美知子さん作品。監督は小谷承靖。サンフランシスコロケをした『ふりむけば愛』以来の2度目の海外ロケはスペイン。マドリードやサラゴサ、さらにパンプローナの「サン・フェルミン祭(牛追い祭り)」の映像は必見。出演に若き日の田中邦衛、岩城滉一ら。文芸シリーズと打って変わって爽やかなハッピーエンドを迎える物語。
2020.10.13
お茶の間映画館

映画『真昼の死闘』ネタバレ・あらすじ・感想。「絶好調」クリント・イーストウッド&「世界的大女優」シャーリー・マクレーンとの珍道恋愛映画。

映画『真昼の死闘』ネタバレ・あらすじ・感想。「絶好調」クリント・イーストウッド&「世界的大女優」シャーリー・マクレーンとの珍道恋愛映画。映画『真昼の死闘』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『真昼の死闘』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『真昼の死闘』の作品情報・概要『真昼の死闘』原題『Two Mules for Sister Sara』1970年制作のアメリカ合衆国の西部劇映画。ドン・シーゲル監督作品。クリント・イーストウッド主演。共演は当時、世界的な大女優となっていたシャーリー・マクレーン。フランス占領下のメキシコを舞台に、革命を目指すゲリラ部隊に協力する男女の恋愛要素を織り交ぜたロードムービー。
2020.10.10
お茶の間映画館

映画『おしゃれ泥棒』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。オードリー・ヘップバーン「痩せすぎ」『暗くなるまで待って』はさらに痩せることに、、、

映画『おしゃれ泥棒』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。オードリー・ヘップバーン「痩せすぎ」『暗くなるまで待って』はさらに痩せることに、、、映画『おしゃれ泥棒』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『おしゃれ泥棒』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『おしゃれ泥棒』の作品情報・概要『おしゃれ泥棒』原題『How to Steal a Million』1966年のアメリカ映画。ウィリアム・ワイラー監督のロマンティックコメディ。映画『ティファニーで朝食を』映画『昼下りの情事』映画『パリの恋人』のオードリー・ヘプバーン主演。共演はピーター・オトゥール、ヒュー・グリフィス、シャルル・ボワイエ、『続・夕陽のガンマン』のイーライ・ウォラック。パリを舞台に贋作作家の娘が美術品泥棒と恋に落ちる。衣装、車、小物などのデザインが素晴らしい。
2020.10.09
お茶の間映画館

映画『エデンの東』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。聖書を読めば深く理解できる物語。ジェームズ・ディーンは永遠なり。

映画『エデンの東』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。聖書を読めば深く理解できる物語。ジェームズ・ディーンは永遠なり。映画『エデンの東』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『エデンの東』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 映画『エデンの東』の作品情報・概要『エデンの東』原題『East of Eden』1955年公開のアメリカ映画。監督は『欲望という名の電車』『波止場』のエリア・カザン。原作はジョン・スタインベックの同名小説。主演はジェームズ・ディーン。本作で世界の大スターになるが、公開後、事故死。共演がジュリー・ハリス、レイモンド・マッセイ、ジョー・ヴァン・フリート、リチャード・ダヴァロス、バール・アイヴス。音楽はレナード・ローゼンマン。第28回アカデミー賞で監督賞、主演男優賞、助演女優賞、脚色賞にノミネート。ジョー・ヴァン・フリートがアカデミー助演女優賞を受賞した。第8回カンヌ国際映画祭劇映画賞も受賞している。アメリカ人が愛する映画。
2020.10.10
SF映画

映画『E.T.(イーティー)』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。スピルバーグ「涙腺決壊」監督が描く「頑張る子ども」を応援したくなる映画の金字塔!

映画『E.T.(イーティー)』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。スピルバーグ「涙腺決壊」監督が描く「頑張る子ども」を応援したくなる映画の金字塔!映画『E.T.』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『E.T.』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『E.T.』の作品情報・概要『E.T.』原題『E.T. the Extra-Terrestrial』1982年公開のアメリカ合衆国のSF映画。the E.T.とはExtra-Terrestrial(架空の地球外生命体の名称)のことを指す。スティーブン・スピルバーグ監督作品。本映画は世界中で大ヒットして世界一のヒットメーカーとなる。製作は『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』/スカイウォーカーの夜明け』のキャスリーン・ケネディ。地球に置いてけぼりになった宇宙人を子どもたちが力を合わせて宇宙へ帰してあげる友情物語。
2020.10.10
お茶の間映画館

映画『若い人(1962)』ネタバレ・あらすじ・感想。教師の石原裕次郎に「狂愛」で迫る吉永小百合と「超絶美人」の浅丘ルリ子との三角関係。

映画『若い人(1962)』ネタバレ・あらすじ・感想。教師の石原裕次郎に「狂愛」で迫る吉永小百合と「超絶美人」の浅丘ルリ子との三角関係。 映画『若い人(1962)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『若い人(1962)』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 映画『若い人(1962)』の作品情報・概要 『若い人』は、石坂洋次郎の長編小説を映画化。映画化は本作を含めて4作品。テレビドラマにおいても数本ある人気作。ミッションスクールの男性教員と女子生徒と同僚の教員との三角関係を交えて映像化。監督は『伊豆の踊子(1974)』『潮騒 しおさい(1975)』 『絶唱(1975)』の西河克己。主演は『あいつと私(1961)』などの石原裕次郎と『キューポラのある街』の吉永小百合。共演は『夜霧よ今夜も有難う』などの浅丘ルリ子。
2020.09.30
SF映画

映画『エイリアン2』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。ジェームズ・キャメロン監督のマンネリ伝説スタート!

映画『エイリアン2』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。ジェームズ・キャメロン監督のマンネリ伝説スタート!映画『エイリアン2』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『エイリアン2』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『エイリアン2』の作品情報・概要『エイリアン2』原題『Aliens』1986年のアメリカ映画。ジャンルはスリラーあるいはホラー。リドリー・スコット監督の『エイリアン』シリーズの第2作。監督は『ターミネーター』のヒットを受けてジェームズ・キャメロンが務める。主演はシガニー・ウィーバー。前作から57年後、地球に帰還したリプリーが再び惑星LV-426へ向かうことに。そこには無数のエイリアンが繁殖していた。アンドロイドとの友情も芽生える。
SF映画

映画『エイリアン』ネタバレ・あらすじ・感想。SFホラーを確立「気持ち悪い」でも「観ちゃう恐怖」シガニー・ウィーバーの体が綺麗。

映画『エイリアン』ネタバレ・あらすじ・感想。SFホラーを確立「気持ち悪い」でも「観ちゃう恐怖」シガニー・ウィーバーの体が綺麗。 映画『エイリアン』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『エイリアン』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『エイリアン』の作品情報・概要巨匠リドリー・スコット監督がSFホラーを世界に見せしめた不朽の名作。本映画の経験が『ブレードランナー』に活かされたと言われている。宇宙空間でいかに恐怖を演出するかの手法を編み出した映画。「気持ち悪いエイリアン」を狭い船内ストレスを頂点に達することで恐怖を助長させている。主演のシガニー・ウィーバーは本作で女性のアクションヒロインの系譜を作った。
2020.09.22
お茶の間映画館

映画『あいつと私(1961)』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。石原裕次郎の魅力が「やっとわかった」まさに「太陽の笑顔」の男です。

映画『あいつと私(1961)』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。石原裕次郎の魅力が「やっとわかった」まさに「太陽の笑顔」の男です。映画『あいつと私(1961)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『あいつと私(1961)』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『あいつと私(1961)』の作品情報・概要『あいつと私』(あいつとわたし)石坂洋次郎の同名小説を映画化。監督は『狂った果実』の中平康。主演は『嵐を呼ぶ男』などの石原裕次郎。共演は『愛と死の記録』芦川いづみ、吉永小百合ら。出生と育ちが複雑な青年を太陽のように明るく演じる裕次郎が魅力。60年代当時の若者を「安保反対」と「興味なし」2種類に分けて描いているのも秀逸。
2020.10.04
お茶の間映画館

映画『探偵物語(1983)』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。薬師丸ひろ子&松田優作主演。主題歌「あんなに激しい潮騒」が切ない昭和の恋物語。

映画『探偵物語(1983)』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。薬師丸ひろ子&松田優作主演。主題歌「あんなに激しい潮騒」が切ない昭和の恋物語。 映画『探偵物語(1983)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『探偵物語(1983)』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『探偵物語(1983)』の作品情報・概要赤川次郎原作の同名小説の映画化。薬師丸ひろ子が大学進学のため休業していたが、進学が決まり復帰作として出演。相手役はハードボイルド路線で売っていた松田優作。年齢差と身長差30センチが話題となる。清純派アイドル女優として売り出していた薬師丸は体当たりのラブシーンに挑戦している。かなり濃厚なキスで話題をさらった。薬師丸ひろ子が門柱を乗り越えたりする様は痛快であるし、運動神経の良さがわかる映画。
お茶の間映画館

映画『借りぐらしのアリエッティ』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。声優が豪華!「歌詞が可愛い」歌・セシル・コルベル「翔もアリエッティも生きている」

映画『借りぐらしのアリエッティ』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。声優が豪華!「歌詞が可愛い」歌・セシル・コルベル「翔もアリエッティも生きている」映画『借りぐらしのアリエッティ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『借りぐらしのアリエッティ』ジブリ公式サイト、IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『借りぐらしのアリエッティ』の作品情報・概要 『借りぐらしのアリエッティ』英題『The Borrower Arrietty』スタジオジブリ制作の日本のアニメーション映画。監督は本作が初監督作品となる米林宏昌。通称“麻呂”。イギリスの児童文学作家メアリー・ノートンの著書『床下の小人たち』が原作。人間の家に隠れて暮らしモノを“借り”ながら暮らしている小人アリエッティと少年翔の交流を描いている。セシル・コルベルの歌が評判になる。声優が豪華と話題になる。志田未来、 神木隆之介、大竹しのぶ、竹下景子、藤原竜也、三浦友和、樹木希林。
お茶の間映画館

映画『ミッドナイト・イン・パリ』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。ウディ・アレンは「満たされた気持ち」にさせてくれる唯一無二な作家。信じている。

映画『ミッドナイト・イン・パリ』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。ウディ・アレンは「満たされた気持ち」にさせてくれる唯一無二な作家。信じている。映画『ミッドナイト・イン・パリ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ミッドナイト・イン・パリ』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『ミッドナイト・イン・パリ』の作品情報・概要『ミッドナイト・イン・パリ』 原題『Midnight in Paris』2011年製作のスペイン・アメリカ映画。ウディ・アレン脚本・監督作品。パリで撮影。第84回アカデミー賞で脚本賞を受賞。売れっ子脚本家がパリを徘徊するうちに1920年代へタイムスリップし、本当にやりたい「小説家」を目指そうと決意する物語。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました