映画『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』ネタバレ・あらすじ「ダニエル・ラドクリフってハンサムじゃん」感想「エマ・ワトソンってやっぱり将来性があった」結末「イギリス映画って独特」

スポンサーリンク
映画『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』ネタバレ・あらすじ「ダニエル・ラドクリフってハンサムじゃん」感想「エマ・ワトソンってやっぱり将来性があった」結末「イギリス映画って独特」いじめ・陰湿映画

映画『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。

映画『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。

YouTubeで予告映像もご覧ください。

『運だぜ!アート』ツイッターアカウント

『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』
(2005年製作/157分/アメリカ)
原題:Harry Potter and the Goblet of Fire
配給:ワーナー・ブラザース映画
【監督】
マイク・ニューウェル
【製作】デビッド・ハイマン【製作総指揮】デビッド・バロン ターニャ・セガッチアン【原作】J・K・ローリング【脚本】スティーブ・クローブス【撮影】ロジャー・プラット【美術】スチュアート・クレイグ【衣装】ジェイニー・ティーマイム【編集】ミック・オーズリー【音楽】パトリック・ドイル【テーマ曲】ジョン・ウィリアムズ【視覚効果監修】ジム・ミッチェル

【出演】
ダニエル・ラドクリフ ルパート・グリント エマ・ワトソン ゲイリー・オールドマン マイケル・ガンボン マギー・スミス アラン・リックマン ロビー・コルトレーン ブレンダン・グリーソン ロバート・パティンソン スターニスラフ・イワネフスキー クレマンス・ポエジー ティモシー・スポール レイフ・ファインズ ミランダ・リチャードソン プレドラグ・ビエラク フランシス・デ・ラ・トゥーア ワーウィック・デイビス デビッド・ブラッドリー クリス・ランキン ジェームズ・フェルプス オリバー・フェルプス ボニー・ライト ジュリー・ウォルターズ マーク・ウィリアムズ ジェフ・ラウル トム・フェルトン マシュー・ルイス ケイティ・ラング ジェイミー・ウェイレット ジョシュ・ハードマン  デボン・マーレイ アルフィー・イーノック シェファーリ・チョウドリー
 アフシャン・アザド ウィリアム・メリング
 シャーリー・ヘンダーソン ロバート・ハーディ ロジャー・ロイド=パック デビッド・テナント

スポンサーリンク
  1. 映画『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』外部リンク
  2. 映画『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』日本テレビ系『金曜ロードSHOW!』2021.11.26 よる9時~10時54分放送
    1. 2021.11.26 よる9時~10時54分放送
  3. 映画『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』のオススメ度は?
  4. 映画『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』の作品情報・概要
      1. 【いじめ・陰湿映画】映画『そして、バトンは渡された』ネタバレ・あらすじ「永野芽郁だけが良い」感想「脚本が稚拙」結末「原作小説は素晴らしい」
  5. 映画『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』のあらすじ・ネタバレ
    1. 映画『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』のあらすじ:起
    2. 映画『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』のあらすじ:承
    3. 映画『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』のあらすじ:転
    4. 映画『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』のあらすじ:結
      1. 【いじめ・陰湿映画】『メインストリーム』ネタバレ・あらすじ「アンドリュー・ガーフィールド必見!」感想「SNSは“快感物質”を垂れ流す」結末「ローラがハリウッドで頑張っている」
  6. 映画『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』の感想・内容
    1. ・ハラハラする展開!
    2. ・試験に挑むハリー!
      1. 【いじめ・陰湿映画】『空白』ネタバレ・あらすじ「古田新太の“極上演技”に拍手!」感想「寺島しのぶの“偽善者”に嫌悪感」結末「毒親撲滅映画」
  7. 映画『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』の考察・評価
    1. ・魔法にも注目
      1. 【いじめ・陰湿映画】『うみべの女の子』ネタバレ・あらすじ「石川瑠華さんを観る映画」感想「セックスしてもしても何かが足りない気がするのはなぜ」」結末「中二病ってある」
  8. 映画『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』の結末
      1. 【いじめ・陰湿映画】『ホロコーストの罪人』ネタバレ・あらすじ「ユダヤ人とは?」感想「なぜノルウェーがナチスに加担したのか?」結末「恐怖のアウシュビッツ」
  9. 映画『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』のキャストについて
  10. まとめ 映画『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』一言で言うと!
      1. 【いじめ・陰湿映画】『羊たちの沈黙』ネタバレ・あらすじ「ジョディ・フォスターを応援したくなる」感想「声が出ない恐怖」結末「サイコパスの心理はサイコパスに聞け!」
  11. 『運だぜ!アート』本日の総合アクセスランキング
  12. 合わせて観たい映画
    1. 【ハリポタ映画】
    2. 【オススメファンタジー映画】
      1. 映画『ほんとうのピノッキオ』ネタバレ・あらすじ「ロベルト・ベニーニ出演!」感想「マッテオ・ガローネ監督の才能にため息」結末「子どもに観て欲しい映画」
      2. 映画『DUNE デューン 砂の惑星』ネタバレ・あらすじ「ティモシー・シャラメが美しい」感想「砂に埋没したくなる」結末「第二弾を観たい!」
      3. 映画『ジュラシック・ワールド』ネタバレ・あらすじ「恐竜マニア垂涎の喜び」感想「CG技術は最高点へ」結末「続編に終わりなし!」
      4. 映画『シャン・チー テン・リングスの伝説』ネタバレ・あらすじ「マーベルの中国進出成功物語」感想「歓迎!フェーズ4スタート」結末「オークワフィナに共感」
      5. 映画『千と千尋の神隠し』ネタバレ・あらすじ「宮崎駿監督最盛期!」感想「日本映画興行収入トップ!」結末「千尋のモデルは実在する」
      6. 映画『ハウルの動く城』ネタバレ・あらすじ「声優・歌唱の倍賞千恵子さん素敵!」感想「宮崎駿監督vsダイアナ・ウィン・ジョーンズ」結末「音楽は久石譲」
      7. 映画『Fate/Grand Order 終局特異点 冠位時間神殿ソロモン』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。
      8. 映画『もののけ姫』ネタバレ・あらすじ「宮崎駿監督の最高傑作!」感想「年齢・経験・技量が最盛期」結末「日本映画興行記録達成!」
  13. 映画『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』の作品情報

映画『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』外部リンク

【HPサイト】
映画『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』公式サイト
映画『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』公式Twitter

【予告映像】
映画『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』トレーラー
映画『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』IMDbサイト
映画『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』 Rotten Tomatoesサイト

スポンサーリンク

映画『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』日本テレビ系『金曜ロードSHOW!』2021.11.26 よる9時~10時54分放送

2021.11.26 よる9時~10時54分放送

スポンサーリンク

映画『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』のオススメ度は?

3.0

星3つです

もう「言うことない」でしょう

ファンタジー映画のキングです

永遠のシリーズ化して欲しい

スポンサーリンク

映画『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』の作品情報・概要

『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』原題『Harry Potter and the Goblet of Fire』マイク・ニューウェル監督作品。イギリスの児童文学作家、JK・ローリングが2000年に発表した、子供向けのファンタジー小説『ハリー・ポッター』シリーズの第4巻を映画化した作品(2001年のヒューゴー賞(長編小説)を受賞)ホグワーツ魔法魔術学校の4年生となったハリー・ポッター(ダニエル・ラドクリフ) が、望まないまま三大魔法学校対抗試合の選手となり、その裏に史上最悪の魔法使いヴォルデモート卿(レイフ・ファインズ)の謀略を感じつつ、厳しい試練に立ち向かう一年間を描く。ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソン、ゲイリー・オールドマン、マイケル・ガンボン、マギー・スミス、アラン・リックマン、ロビー・コルトレーンらが出演。興行収入110億円。

【いじめ・陰湿映画】映画『そして、バトンは渡された』ネタバレ・あらすじ「永野芽郁だけが良い」感想「脚本が稚拙」結末「原作小説は素晴らしい」

【ネタバレ酷評】映画『そして、バトンは渡された』ネタバレ・あらすじ「永野芽郁だけが良い」感想「脚本が稚拙」結末「原作小説は素晴らしい」
【ネタバレ酷評】映画『そして、バトンは渡された』ネタバレ・あらすじ「永野芽郁だけが良い」感想「脚本が稚拙」結末「原作小説は素晴らしい」 映画『そして、バトンは渡された』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『そして、バトンは渡された』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『そして、バトンは渡された』の作品情報・概要 『そして、バトンは渡された』2021年製作の日本映画。前田哲監督作品。第16回本屋大賞を受賞した瀬尾まいこの同名ベストセラー小説を映画化。永野芽郁、田中圭(映画『哀愁しんでれら』や映画『美人が婚活してみたら』)、岡田健史(映画『望み』や映画『奥様は、取り扱い注意』)、稲垣来泉(映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』)、朝比奈彩、安藤裕子 、戸田菜穂(映画『思い、思われ、ふり、ふられ』) 、木野花(映画『MOTHER マザー』や映画『閉鎖病棟 それぞれの朝』)、石原さとみ(映画『胸が鳴るのは君のせい』)、大森南朋(映画『空に住む』や映画『コクリコ坂から』や映画『この道』)市村正親(映画『燃えよ剣』)らが出演。血のつながらない親の間をリレーされ、これまで4回も名字が変わった優子を主軸に「家族とは?」「親とは?」について掘り下げている。原作小説とは大きく異なる結末となっている。
スポンサーリンク

映画『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』のあらすじ・ネタバレ

映画『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』のあらすじ:起

トムリドルの墓でワームテールはヴォルデモートを蘇らせるべく、ジュニアという男と共に暗躍していました。

ハリーはその様子を夢で見ましたが、この日はハーマイオニーやロンと共にクデッチの決勝戦を観に行って楽しみます。

そこにデス・イーターが現れて騒然とする中、ハリーは気絶ヴォルデモートの元にいた男を見かけたことから、シリウスに手紙で知らせました。

日は変わり、ホグワーツに戻ったハリーはダンブルドア校長から3つの魔法学校の対抗試合が行われると知らされます。

各学校の生徒がホグワーツに集い、魔法協会から「参加希望者は羊皮紙に名前を書いて炎のゴブレッドに入れるように」と言われました。

17歳以下は参加不可とのことでハリーには関係が無いと思いつつ、新しく来た闇祓いのムーディ先生の授業を受けます。

映画『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』のあらすじ:承

後日、炎のゴブレッドは対抗試合の選手にクラム、フラー、セドリック、そしてハリーを選抜したことで、校長はなぜ17歳以下のハリーの名が入っていたのか問い詰めました。

心当たりのないハリーは戸惑い、学校の者たちに陰口を叩かれてロンからも不信に思われる中で一回戦を迎えることに….。

事前にドラゴンと対峙すると聞いていたため、なんとかドラゴンの守る金の卵を入手に成功します。

学校のみんなはハリーを褒め称えましたが、ハリーは2回戦の詳細を金の卵から得られずにいました。

学校行事である舞踏会を経て、セドリックから金の卵を水中で開封するようアドバイスを得て2回戦は水中で行われると知るハリー。

エラ昆布を入手して2回戦が始まり、水中人に襲われて危険な目に遭いつつも囚われていたロンの救出に成功。

脱落したフラーの妹もなんとか助け出したことで校長はハリーを1位だったセドリックと同等の成績だと宣言しました。

映画『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』のあらすじ:転

ハリーは最終戦を間近に控えますが、クラウチが殺されたことで不安になります。校長の部屋を訪ねると、彼の記憶の泉から魔法協会のクラウチの息子であるジュニアがアズカバンの囚人であると知って夢のことを校長に話しました。

校長は危険が迫っていると考えつつも優勝杯を賭けた最終戦を決行するのです。

ハリーは迷路の中から優勝杯を見つけようと奔走し、草木に襲われるセドリックを助けます。

その後、魔法の古いブーツに触れたことでリドルの墓へ移動するとそこにはワームテールが…。

セドリックは殺され、ハリーは捕えられて血を奪われたことでヴォルデモートの復活の儀式が成功してしまいました。蘇ったヴォルデモートはさらなる力を得ようとハリーに決闘を申し込みます。

映画『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』のあらすじ:結

窮地に陥るハリーを助けたのは亡き父の霊でした。

ハリーは命かながら迷路の入り口まで戻って校長に事態を知らせ、生徒たちはセドリックの死を悲しみます。ムーディ先生に保護されたハリーは彼の失言に気付いて、そこに校長やスネイプ先生が入ってきました。

ポリジュース薬によってジュニアがムーディに変身していたとわかり、今後はヴォルデモートにハリーが狙われるだろうと示唆しました。

【いじめ・陰湿映画】『メインストリーム』ネタバレ・あらすじ「アンドリュー・ガーフィールド必見!」感想「SNSは“快感物質”を垂れ流す」結末「ローラがハリウッドで頑張っている」

スポンサーリンク

映画『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』の感想・内容

・ハラハラする展開!

仲の良いハリーとロン、ハーマイオニーの関係が壊れてしまうのではとハラハラしましたね。それぞれの思いもある中、素直になれないという気持ちもよく伝わってきました。

その中で、ロンは第1の試験にはドラゴンが出ると遠回しにハリーに伝えたと言うのですが、実際にはジュニアの暗躍の結果だったとわかって驚きです。

その他の試験のヒントを伝えたり、炎のゴブレットにハリーの名前を入れたりムーディ先生に化けていたとわかる展開を踏まえてもう一度映画を見たくなりました。

・試験に挑むハリー!

各試験でのハリーの行動も見どころでしたね。ドラゴンを相手にした際には炎を岩で防ぎ、尻尾などによる攻撃もなんとか回避していくのには目が離せません。

ホウキを呼び出したハリーは空中戦に持ち込みつつ、スキをついてドラゴンを橋にぶつけて逃げ切るのは流石だなと思いました。

【いじめ・陰湿映画】『空白』ネタバレ・あらすじ「古田新太の“極上演技”に拍手!」感想「寺島しのぶの“偽善者”に嫌悪感」結末「毒親撲滅映画」

映画『空白』ネタバレ・あらすじ「古田新太の“極上演技”に拍手!」感想「寺島しのぶの“偽善者”に嫌悪感」結末「毒親撲滅映画」
映画『空白』ネタバレ・あらすじ「古田新太の“極上演技”に拍手!」感想「寺島しのぶの“偽善者”に嫌悪感」結末「毒親撲滅映画」映画『空白』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『空白』IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『空白』の作品情報・概要『空白』2021年9月23日公開の日本映画。吉田恵輔監督作品。主演は古田新太(映画『一度死んでみた』や映画『DESTINY 鎌倉ものがたり』)。松坂桃李(映画『孤狼の血 LEVEL2』や映画『いのちの停車場』や映画『蜜蜂と遠雷』)、田畑智子、藤原季節、趣里(『生きてるだけで、愛。』)、伊東蒼、片岡礼子(映画『楽園』や映画『閉鎖病棟 それぞれの朝』)、寺島しのぶ(映画『劇場版 アーヤと魔女』や映画『さくら』)らが共演。万引き未遂事件を起こして逃走した女子中学生の交通事故死をきっかけに、彼女の身の潔白を証明しようと、スーパーマーケットの店長をはじめとした関係者を相手取った父親の暴走を描く。またテレビ、新聞などのマスコミの過激な報道姿勢についても言及している。

スポンサーリンク

映画『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』の考察・評価

2回戦目では水中で息ができるようにエラ昆布を食べて、泳ぎもスムーズになって凶暴な水中人に襲われないよう努めていましたね。

そして、捕まっていた2人を同時に助けるという勇敢さを示し、ダンブルドア校長にその勇気が認められて良かったです。

最後の優勝杯を目指す戦いでは、迷路によって人が変わったようになった生徒に負けず、ハリーが行動するのがポイントでしょう。

優勝杯に目がくらんで仲間を見捨ててしまうのではとハラハラしましたが、英断を下したのを見てハリーは他の生徒とは何か違うなと思いました。

・魔法にも注目

ハリーとヴォルデモートの決闘では、杖を持って互いに魔法を放ち、強い光に包まれていくのが見ものでしたね。

今作でも色々な魔法や、移動用の魔法道具である古びたブーツなどが登場した中でも一番の見どころだと思いました。

【いじめ・陰湿映画】『うみべの女の子』ネタバレ・あらすじ「石川瑠華さんを観る映画」感想「セックスしてもしても何かが足りない気がするのはなぜ」」結末「中二病ってある」

映画『うみべの女の子』ネタバレ・あらすじ「石川瑠華さんを観る映画」感想「セックスしてもしても何かが足りない気がするのはなぜ」」結末「中二病ってある」
映画『うみべの女の子』ネタバレ・あらすじ「石川瑠華さんを観る映画」感想「セックスしてもしても何かが足りない気がするのはなぜ」」結末「中二病ってある」映画『うみべの女の子』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『うみべの女の子』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認くださいYouTubeで予告映像もご覧ください。映画『うみべの女の子』の作品情報・概要『うみべの女の子』2021年8月20日に公開された日本映画。ウエダアツシ監督作品。主演は石川瑠華(映画『イソップの思うツボ』や映画『猿楽町で会いましょう』)と青木柚。原作は浅野いにお。日本の成人向け青年漫画誌『マンガ・エロティクス・エフ』(太田出版)にてまで連載された。多感な中学生の少年少女の友情、恋愛、イジメ、自殺問題、進学問題、親との関係を背景に性的関係をふんだんに取り入れて描いている。出演は前田旺志郎(映画『海街diary』)、中田青渚(映画『あの頃。』や映画『君が世界のはじまり』)、倉悠貴(映画『夏、至るころ』)、宮崎優、高橋里恩、平井亜門、円井わん、西洋亮、高崎かなみ、いまおかしんじ、村上淳(映画『ある船頭の話』)ら。

スポンサーリンク

映画『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』の結末

ムーディ先生が教える禁断の呪文は恐ろしかったですね。

実験台に使われたクモが服従したり、拷問されたり魔法の恐ろしさを感じつつ、ドラコがイタチに変えられるシーンは笑ってしまいました。

ムーディ先生はドラコに絡まれるハリーを助けるために、ドラコをイタチに変えて人のズボンに潜らせるのです。

試験によってピリピリとした雰囲気が多い中、そうした子供のイタズラのようなシーンがあるのも魅力でしょう。そ

んなドラコですが、父親がヴォルデモートとつながっていると知っているのかこのあたりの展開や、ハリーがヴォルデモートに狙われるとわかった上で校長や他の先生、そして友達との関係などがどうなるのかが楽しみです。

【いじめ・陰湿映画】『ホロコーストの罪人』ネタバレ・あらすじ「ユダヤ人とは?」感想「なぜノルウェーがナチスに加担したのか?」結末「恐怖のアウシュビッツ」

スポンサーリンク

映画『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』のキャストについて

ハリー・ポッター(ダニエル・ラドクリフ)
ロン・ウィーズリー(ルパート・グリント)
ハーマイオニー・グレンジャー(エマ・ワトソン)
シリウス・ブラック(ゲイリー・オールドマン)
アルバス・ダンブルドア(マイケル・ガンボン)
ミネルバ・マクゴナガル(マギー・スミス)
セブルス・スネイプ(アラン・リックマン)
ルビウス・ハグリッド(ロビー・コルトレーン)
アラスター・“マッド・アイ”・ムーディ(ブレンダン・グリーソン)
セドリック・ディゴリー(ロバート・パティンソン)
ビクトール・クラム(スターニスラフ・イワネフスキー)
フラー・デラクール(クレマンス・ポエジー)
ピーター・ペティグリュー(ティモシー・スポール)
ヴォルデモート卿(レイフ・ファインズ)
リータ・スキーター(ミランダ・リチャードソン)
イゴール・カルカロフ(プレドラグ・ビエラク)
オリンペ・マクシーム(フランシス・デ・ラ・トゥーア)
フィリウス・フリットウィック(ワーウィック・デイビス)
アーガス・フィルチ(デビッド・ブラッドリー)
パーシー・ウィーズリー(クリス・ランキン)
フレッド・ウィーズリー(ジェームズ・フェルプス)
ジョージ・ウィーズリー(オリバー・フェルプス)
ジニー・ウィーズリー(ボニー・ライト)
モリー・ウィーズリー(ジュリー・ウォルターズ)
アーサー・ウィーズリー(マーク・ウィリアムズ)
エイモス・ディゴリー(ジェフ・ラウル)
ドラコ・マルフォイ(トム・フェルトン)
ネビル・ロングボトム(マシュー・ルイス)
チョウ・チャン(ケイティ・ラング)
ビンセント・クラッブ(ジェイミー・ウェイレット)
グレゴリー・ゴイル(ジョシュ・ハードマン)
シェーマス・フィネガン(デボン・マーレイ)
ディーン・トーマス(アルフィー・イーノック)
パーバティ・パチル(シェファーリ・チョウドリー)
パドマ・パチル(アフシャン・アザド)
ナイジェル(ウィリアム・メリング)
嘆きのマートル(シャーリー・ヘンダーソン)
コーネリウス・ファッジ(ロバート・ハーディ)
バーテミウス・クラウチ(ロジャー・ロイド=パック)
バーテミウス・クラウチ・Jr.(デビッド・テナント)

スポンサーリンク

まとめ 映画『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』一言で言うと!

「魔法が使えるようになりたい」

子どもの頃、本当に「魔法使いになりたい」と念じたことがあります。空を飛んだり、消えたりしたかったのです。もちろん、テストも魔法で答えられたらと思ったりしました。良いなあ、子ども心って。

【いじめ・陰湿映画】『羊たちの沈黙』ネタバレ・あらすじ「ジョディ・フォスターを応援したくなる」感想「声が出ない恐怖」結末「サイコパスの心理はサイコパスに聞け!」

映画『羊たちの沈黙』ネタバレ・あらすじ「ジョディ・フォスターを応援したくなる」感想「声が出ない恐怖」結末「サイコパスの心理はサイコパスに聞け!」
映画『羊たちの沈黙』ネタバレ・あらすじ「ジョディ・フォスターを応援したくなる」感想「声が出ない恐怖」結末「サイコパスの心理はサイコパスに聞け!」映画『羊たちの沈黙』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『羊たちの沈黙』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『羊たちの沈黙』の作品情報・概要『羊たちの沈黙』原題『The Silence of the Lambs』1991年のアメリカ合衆国のサイコスリラー映画。ジョナサン・デミ監督作品。出演はジョディ・フォスター、アンソニー・ホプキンス、スコット・グレン(映画『グリーンランド 地球最後の2日間』)など。原作はトマス・ハリスの同名小説。 幼少の頃受けたトラウマを抱える女性FBI訓練生が連続殺人事件を調査することになる。彼女にアドバイスを与える猟奇殺人犯で元精神科医との奇妙な交流を描き大ヒット。第64回アカデミー賞で主要5部門を受賞。 作品賞(エドワード・サクソン/ケネス・ウット/ロン・ボズマン)監督賞(ジョナサン・デミ)主演男優賞(アンソニー・ホプキンス)主演女優賞(ジョディ・フォスター)脚色賞(テッド・タリー)アカデミー作品賞を受賞した唯一のホラー映画でもある。
スポンサーリンク

『運だぜ!アート』本日の総合アクセスランキング

映画『望み』ネタバレ・あらすじ・感想・結末「息子は加害者か被害者か」崩壊する家族「世間体」も気になる映画。
映画『人数の町』ネタバレ・あらすじ・感想。「衣食住完備」「性欲も満たされる」としたら住むことが出来るか?
スター・ウォーズ初心者はここから!映画を見る順番や見所をわかりやすく解説!ネタバレ若干あり!
【ネタバレ酷評】映画『マチネの終わりに』あらすじ・結末。物語も演出も撮影もダメ。福山雅治&石田ゆり子の糸引くキスシーン。
映画『ラストレター』あらすじ・ネタバレ・感想。福山雅治vs松たか子vs岩井俊二が描く“死と再生”物語。“手紙”の錯綜が描くノスタルジー。
映画『ONE PIECE FILM RED』ネタバレ・あらすじ「ニカとヤマト」感想「尾田栄一郎先生は最高!」」「結末「海賊やめる?」
映画『楽園』ネタバレ・あらすじ・結末。ムラ社会は日本社会の縮図。長老(独裁者)の「決めつけ」こそ悪害なのだ。綾野剛、佐藤浩市もOKだが村上虹郎が最高だ!
映画『ミッドナイトスワン』ネタバレ・あらすじ「草なぎくんこそ“母親”だ」感想「LGBTQ」の知識が深まる「未来に伝えたい」映画!結末「アカデミー賞2冠達成!」
実話映画『愛と死をみつめて』ネタバレ・あらすじ「創価学会の意味?」感想「笠智衆が泣く」感想「軟骨肉腫で死亡」結末。
映画『ばるぼら』ネタバレ・あらすじ「美乳」二階堂ふみ&「美尻」稲垣吾郎の衝撃愛!手塚眞とクリストファー・ドイルが紡ぐ「究極の芸術愛」誕生!感想・結末。

スポンサーリンク

合わせて観たい映画

【ハリポタ映画】

【オススメファンタジー映画】

映画『ほんとうのピノッキオ』ネタバレ・あらすじ「ロベルト・ベニーニ出演!」感想「マッテオ・ガローネ監督の才能にため息」結末「子どもに観て欲しい映画」

映画『ほんとうのピノッキオ』ネタバレ・あらすじ「ロベルト・ベニーニ出演!」感想「マッテオ・ガローネ監督の才能にため息」結末「子どもに観て欲しい映画」
映画『ほんとうのピノッキオ』ネタバレ・あらすじ「ロベルト・ベニーニ出演!」感想「マッテオ・ガローネ監督の才能にため息」結末「子どもに観て欲しい映画」 映画『ほんとうのピノッキオ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ほんとうのピノッキオ』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。 映画『ほんとうのピノッキオ』の作品情報・概要 『ほんとうのピノッキオ』原題『Pinocchio』2019年のイタリアのファンタジー映画。マッテオ・ガローネ監督作品(映画『ドッグマン』)。カルロ・コッローディの『ピノッキオの冒険』を原作を映画化。マッテオ・ガローネは脚本・製作も務めている。主要キャストはロベルト・ベニーニ(映画『ライフ・イズ・ビューティフル』)、フェデリコ・エラピ、ロッコ・パパレオ(映画『ザ・プレイス 運命の交差点』)、マッシモ・チョッケリニ、マリーヌ・バクト、ジジ・プロイエッティ、アリーダ・バルダリ・カラブリア、マリア・ピア・ティモ、マッシミリアーノ・ガッロ、ジャンフランコ・ガッロ(映画『トスカーナの幸せレシピ』)、ダビデ・マロッタ、テコ・セリオ出演らが出演。

映画『DUNE デューン 砂の惑星』ネタバレ・あらすじ「ティモシー・シャラメが美しい」感想「砂に埋没したくなる」結末「第二弾を観たい!」

映画『DUNE デューン 砂の惑星』ネタバレ・あらすじ「ティモシー・シャラメが美しい」感想「砂に埋没したくなる」結末「第二弾を観たい!」
映画『DUNE デューン 砂の惑星』ネタバレ・あらすじ「ティモシー・シャラメが美しい」感想「砂に埋没したくなる」結末「第二弾を観たい!」映画『DUNE デューン 砂の惑星』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『DUNE デューン 砂の惑星』IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。  映画『DUNE デューン 砂の惑星』の作品情報・概要『DUNE/デューン 砂の惑星』原題『Dune、別題: Dune: Part One』2021年のアメリカ合衆国のSF映画。ドゥニ・ビルヌーブ監督作品。エリック・ロス、ジョン・スペイツ、ヴィルヌーヴが脚本執筆。フランク・ハーバートのSF大河小説『デューン』の映画化作品。二部作の第1弾。ティモシー・シャラメ主演。レベッカ・ファーガソン、オスカー・アイザック、ジョシュ・ブローリン、ステラン・スカルスガルド、スティーヴン・ヘンダーソン、ゼンデイヤ、デヴィッド・ダストマルチャン、チャン・チェン、シャロン・ダンカン=ブルースター、シャーロット・ランプリング、ジェイソン・モモア、ハビエル・バルデムが出演している。1970年代にアレハンドロ・ホドロフスキーが10時間以上の大作映画構想を企画するが製作中止に追い込まれた。リドリー・スコットも企画したが断念。1984年にはデイヴィッド・リンチ監督が映画『デューン/砂の惑星』を発表したがファイナルカットの権利がもらえず上映し、惨敗している。

映画『ジュラシック・ワールド』ネタバレ・あらすじ「恐竜マニア垂涎の喜び」感想「CG技術は最高点へ」結末「続編に終わりなし!」

映画『ジュラシック・ワールド』ネタバレ・あらすじ「恐竜マニア垂涎の喜び」感想「CG技術は最高点へ」結末「続編に終わりなし!」
映画『ジュラシック・ワールド』ネタバレ・あらすじ「恐竜マニア垂涎の喜び」感想「CG技術は最高点へ」結末「続編に終わりなし!」映画『ジュラシック・ワールド』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ジュラシック・ワールド』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ジュラシック・ワールド』の作品情報・概要『ジュラシック・ワールド』原題『Jurassic World』2015年のアメリカのSFアクション映画。「ジュラシック・パーク」シリーズの第4作目。「ジュラシック・ワールド」三部作の第1作目。コリン・トレヴォロウ監督作品。脚本はリック・ジャッファ、アマンダ・シルヴァー、デレク・コノリー(映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』や映画『名探偵ピカチュウ』)とトレヴォロウら。クリス・プラット(映画『アベンジャーズ エンドゲーム』)、ブライス・ダラス・ハワード(映画『ロケットマン』)、ヴィンセント・ドノフリオ、タイ・シンプキンス(映画『アベンジャーズ エンドゲーム』)、ニック・ロビンソンらが出演している。

映画『シャン・チー テン・リングスの伝説』ネタバレ・あらすじ「マーベルの中国進出成功物語」感想「歓迎!フェーズ4スタート」結末「オークワフィナに共感」

映画『シャン・チー テン・リングスの伝説』ネタバレ・あらすじ「マーベルの中国進出成功物語」感想「歓迎!フェーズ4スタート」結末「オークワフィナに共感」
映画『シャン・チー テン・リングスの伝説』ネタバレ・あらすじ「マーベルの中国進出成功物語」感想「歓迎!フェーズ4スタート」結末「オークワフィナに共感」 映画『シャン・チー テン・リングスの伝説』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『シャン・チー テン・リングスの伝説』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『シャン・チー テン・リングスの伝説』の作品情報・概要『シャン・チー/テン・リングスの伝説』原題『Shang-Chi and the Legend of the Ten Rings』デスティン・ダニエル・クレットン監督作品(映画『黒い司法 0%からの奇跡』や映画『ガラスの城の約束』)。脚本はデヴィッド・キャラハムと共作。マーベル・コミックのキャラクター「シャン・チー」をベースに映像化。2021年のアメリカ製作のスーパーヒーロー映画。マーベル・スタジオ製作する、「マーベル・シネマティック・ユニバース」の第25作目。シム・リウ、オークワフィナ(映画『フェアウェル』)、張夢児、ファラ・チャンらが出演する。

映画『千と千尋の神隠し』ネタバレ・あらすじ「宮崎駿監督最盛期!」感想「日本映画興行収入トップ!」結末「千尋のモデルは実在する」

映画『千と千尋の神隠し』ネタバレ・あらすじ「宮崎駿監督最盛期!」感想「日本映画興行収入トップ!」結末「千尋のモデルは実在する」
映画『千と千尋の神隠し』ネタバレ・あらすじ「宮崎駿監督最盛期!」感想「日本映画興行収入トップ!」結末「千尋のモデルは実在する」映画『千と千尋の神隠し』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『千と千尋の神隠し』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『千と千尋の神隠し』の作品情報・概要『千と千尋の神隠し』英題『Spirited Away』2001年に公開された日本の長編アニメーション映画。原作・脚本・監督は宮崎駿。第52回ベルリン国際映画祭では『ブラディ・サンデー』と同時に金熊賞を受賞し、さらに第75回アカデミー賞ではアカデミー長編アニメ映画賞を受賞という快挙を達成した。2001年(平成13年)7月20日に日本公開で、興行収入は316億8,000万円を記録し『タイタニック』(1997年)を抜いて当時の日本歴代興行収入第一位を達成。2020年に『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』が記録を更新するまでトップを保持した。声優は柊瑠美(映画『コクリコ坂から』や映画『劇場版 アーヤと魔女』)、入野自由(映画『星を追う子ども』)、夏木マリ(映画『大コメ騒動』や映画『男はつらいよ お帰り 寅さん』)、内藤剛志、沢口靖子、我修院達也(映画『ハウルの動く城』)、神木隆之介(映画『借りぐらしのアリエッティ』や映画『ラストレター』)、玉井夕海、大泉洋(映画『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』)、はやし・こば、上條恒彦、小野武彦、菅原文太らが務めた。

映画『ハウルの動く城』ネタバレ・あらすじ「声優・歌唱の倍賞千恵子さん素敵!」感想「宮崎駿監督vsダイアナ・ウィン・ジョーンズ」結末「音楽は久石譲」

映画『ハウルの動く城』ネタバレ・あらすじ「声優・歌唱の倍賞千恵子さん素敵!」感想「宮崎駿監督vsダイアナ・ウィン・ジョーンズ」結末「音楽は久石譲」
映画『ハウルの動く城』ネタバレ・あらすじ「声優・歌唱の倍賞千恵子さん素敵!」感想「宮崎駿監督vsダイアナ・ウィン・ジョーンズ」結末「音楽は久石譲」映画『ハウルの動く城』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ハウルの動く城』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。『ハウルの動く城』原題『Howl’s Moving Castle』2004年スタジオジブリ制作の日本の長編アニメーション映画。宮崎駿監督作品。原作はイギリスの作家ダイアナ・ウィン・ジョーンズのファンタジー小説『魔法使いハウルと火の悪魔』(原題:Howl's Moving Castle)から。宮崎にとっては『魔女の宅急便』以来、15年ぶりの他社原作からの作品となる。呪いで老婆にされた少女ソフィーと魔法使いハウルの奇妙な共同生活が、宮崎監督により「戦火の恋」を柱として脚色され描かれている。物語は原作とはかなり異なる。特に後半は戦争描写が付け加えられている点。しかしながら原作者ジョーンズは宮崎監督を信頼して「ハウルの性格を変えないように」とだけ注文をつけた。映画鑑賞後は「とても素晴らしかった。宮崎は私が執筆したときと同じ精神で映画を作った」とコメントした。倍賞千恵子(映画『小さいおうち』や映画『男はつらいよ お帰り 寅さん』)、木村拓哉、美輪明宏(映画『もののけ姫』)、我修院達也、神木隆之介(映画『借りぐらしのアリエッティ』や映画『ラストレター』や『君の名は。』)、伊崎充則、大泉洋(映画『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』)、大塚明夫、原田大二郎、加藤治子らが声優を務めた。

映画『Fate/Grand Order 終局特異点 冠位時間神殿ソロモン』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。

映画『もののけ姫』ネタバレ・あらすじ「宮崎駿監督の最高傑作!」感想「年齢・経験・技量が最盛期」結末「日本映画興行記録達成!」

スポンサーリンク

映画『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』の作品情報

映画.comより一部引用
スタッフ・キャスト
監督
マイク・ニューウェル
製作
デビッド・ハイマン
製作総指揮
デビッド・バロン ターニャ・セガッチアン
原作
J・K・ローリング
脚本
スティーブ・クローブス
撮影
ロジャー・プラット
美術
スチュアート・クレイグ
衣装
ジェイニー・ティーマイム
編集
ミック・オーズリー
音楽
パトリック・ドイル
テーマ曲
ジョン・ウィリアムズ
視覚効果監修
ジム・ミッチェル
ハリー・ポッター(ダニエル・ラドクリフ)
ロン・ウィーズリー(ルパート・グリント)
ハーマイオニー・グレンジャー(エマ・ワトソン)
シリウス・ブラック(ゲイリー・オールドマン)
アルバス・ダンブルドア(マイケル・ガンボン)
ミネルバ・マクゴナガル(マギー・スミス)
セブルス・スネイプ(アラン・リックマン)
ルビウス・ハグリッド(ロビー・コルトレーン)
アラスター・“マッド・アイ”・ムーディ(ブレンダン・グリーソン)
セドリック・ディゴリー(ロバート・パティンソン)
ビクトール・クラム(スターニスラフ・イワネフスキー)
フラー・デラクール(クレマンス・ポエジー)
ピーター・ペティグリュー(ティモシー・スポール)
ヴォルデモート卿(レイフ・ファインズ)
リータ・スキーター(ミランダ・リチャードソン)
イゴール・カルカロフ(プレドラグ・ビエラク)
オリンペ・マクシーム(フランシス・デ・ラ・トゥーア)
フィリウス・フリットウィック(ワーウィック・デイビス)
アーガス・フィルチ(デビッド・ブラッドリー)
パーシー・ウィーズリー(クリス・ランキン)
フレッド・ウィーズリー(ジェームズ・フェルプス)
ジョージ・ウィーズリー(オリバー・フェルプス)
ジニー・ウィーズリー(ボニー・ライト)
モリー・ウィーズリー(ジュリー・ウォルターズ)
アーサー・ウィーズリー(マーク・ウィリアムズ)
エイモス・ディゴリー(ジェフ・ラウル)
ドラコ・マルフォイ(トム・フェルトン)
ネビル・ロングボトム(マシュー・ルイス)
チョウ・チャン(ケイティ・ラング)
ビンセント・クラッブ(ジェイミー・ウェイレット)
グレゴリー・ゴイル(ジョシュ・ハードマン)
シェーマス・フィネガン(デボン・マーレイ)
ディーン・トーマス(アルフィー・イーノック)
パーバティ・パチル(シェファーリ・チョウドリー)
パドマ・パチル(アフシャン・アザド)
ナイジェル(ウィリアム・メリング)
嘆きのマートル(シャーリー・ヘンダーソン)
コーネリウス・ファッジ(ロバート・ハーディ)
バーテミウス・クラウチ(ロジャー・ロイド=パック)
バーテミウス・クラウチ・Jr.(デビッド・テナント)
2005年製作/157分/アメリカ
原題:Harry Potter and the Goblet of Fire
配給:ワーナー・ブラザース映画

タイトルとURLをコピーしました