2022-06

スポンサーリンク
2022年製作

映画『エルヴィス』ネタバレ・あらすじ「人種差別反対」感想「ロックンロールを世界へ」結末「キング・オブ・ロックンロール」

映画『エルヴィス』ネタバレ・あらすじ「人種差別反対」感想「ロックンロールを世界へ」結末「キング・オブ・ロックンロール」映画『エルヴィス』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『エルヴィス』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『エルヴィス』の作品情報・概要『エルヴィス』原題『Elvis』2022年公開のアメリカ合衆国の映画。エルヴィス・プレスリーの生涯を描いた伝記映画。バズ・ラーマン監督。主演はオースティン・バトラー(映画『デッド・ドント・ダイ』や映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』)。他にトム・ハンクス(映画『めぐり逢えたら』や『ハドソン川の奇跡』)、ヘレン・トムソン、リチャード・ロクスバーグ(『ブレス あの波の向こうへ』)、オリビア・デヨング、ヨラ、ションカ・デュクレ、リトル・リチャード、ケルビン・ハリソン・Jr.、ゲリー・クラーク・Jr.、デビッド・ウェンハム、ルーク・ブレイシー、デイカー・モンゴメリー、ナターシャ・バセット、ゼイビア・サミュエル、コディ・スミット=マクフィー、レオン・フォード 、ケイト・マルバニー、ガレス・デイビス、チャールズ・グラウンズ 、ジョシュ・マクコンビル、アダム・ダンらが出演。
2022.07.01
2022年製作

映画『バズ・ライトイヤー』ネタバレ・あらすじ「クリス・エバンスvs鈴木亮平 」感想「LGBTQアニメ誕生!」結末「ディズニーはやっぱりすごい!」

映画『バズ・ライトイヤー』ネタバレ・あらすじ「クリス・エバンスvs鈴木亮平 」感想「LGBTQアニメ誕生!」結末「ディズニーはやっぱりすごい!」映画『バズ・ライトイヤー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『バズ・ライトイヤー』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。 映画『バズ・ライトイヤー』の作品情報・概要『バズ・ライトイヤー』原題『Lightyear』は、2022年のアメリカ合衆国のコンピュータ・アニメーションSFアクション映画。ピクサー・アニメーション・スタジオとウォルト・ディズニー・ピクチャーズが製作。ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズが配給する。ピクサーの映画『トイ・ストーリー』シリーズのスピンオフ作品かつ前日譚。シリーズ1作目の世界で人気だったおもちゃのバズ・ライトイヤーの世界観で自身の原点を描いた作品。アンガス・マクレーン監督長編デビュー作。主人公バズの声をクリス・エヴァンス(映画『アベンジャーズ エンドゲーム』や映画『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』)が担当。日本版は鈴木亮平 (映画『孤狼の血 LEVEL2』や映画『燃えよ剣』や映画『海街diary』)。他はキキ・パーマー(映画『ハスラーズ』)、ピーター・ソーン、タイカ・ワイティティ(映画『ジョジョ・ラビット』や)、デイル・ソウルズ、ジェームズ・ブローリン、ウゾ・アドゥーバ、メアリー・マクドナルド=ルイス、イザイア・ウィットロック・Jr. 、アンガス・マクレーン 、今田美桜 、山内健司、三木眞一郎 、磯辺万沙子 、銀河万丈(映画『ドラゴンボール超(スーパー) ブロリー』) 、沢城みゆき(映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』)、りょう(映画『ドラゴンボールZ 復活の「F」』)らが担当。同性愛の描写があることから、イスラム圏である中東やアジアの一部地域では本作品の上映が許可されなかった。中華人民共和国でも上映は絶望視されている。  
2022.07.02
いじめ・陰湿映画

映画『時をかける少女(2006)』ネタバレ・あらすじ「細田守監督代表作」感想「筒井康隆小説」結末「仲里依紗vs原田知世」

映画『時をかける少女(2006)』ネタバレ・あらすじ「細田守監督代表作」感想「筒井康隆小説」結末「仲里依紗vs原田知世」映画『時をかける少女(2006)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『時をかける少女(2006)』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『時をかける少女(2006)』の作品情報・概要『時をかける少女』細田守監督作品(映画『竜とそばかすの姫』)。英題『THE GIRL WHO LEAPT THROUGH TIME』2006年7月15日に角川ヘラルド映画から公開された日本のSFアニメ映画。原作は筒井康隆。アニメーション制作はマッドハウス。 第30回 日本アカデミー賞(2007年)ではアニメーション作品賞を受賞。キャッチコピーは「待ってられない 未来がある。」オリジナル映画は原田知世主演(映画『あなたの番です 劇場版』)、大林宣彦監督(映画『ふりむけば愛』)の『時をかける少女』がある。声優は仲里依紗(『生きてるだけで、愛。』)、石田卓也、板倉光隆、垣内彩未、谷村美月、関戸優希、桂歌若、安藤みどり、立木文彦(映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』や映画『リメンバー・ミー』)、山本圭子らが担当。
ソ連・ロシア映画

映画『ザ·ロストシティ』ネタバレ·あらすじ「サンドラ·ブロックがカッコいい」感想「男気チャニング·テイタム」結末「ブラッド·ピットの存在力強し!」

映画『ザ·ロストシティ』ネタバレ·あらすじ「サンドラ·ブロックがカッコいい」感想「男気チャニング·テイタム」結末「ブラッド·ピットの存在力強し!」映画『ザ·ロストシティ』のあらすじ·ネタバレ·解説·感想·評価から作品情報·概要·キャスト·予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ザ·ロストシティ』公式サイト·IMDbサイト· Rotten Tomatoesサイトにて作品情報·キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ザ·ロストシティ』の作品情報·概要『ザ·ロストシティ』原題『The Lost City』は、2022年公開予定のアメリカ合衆国の冒険映画。サンドラ·ブロック主演·製作。アダム·ニー アーロン·ニー監督作品。ロマンティックコメディ映画であり、宝探し映画でもある。主演サンドラ·ブロックは本映画公開後、休息に入る。チャニング·テイタム、ダニエル·ラドクリフ、ダバイン·ジョイ·ランドルフ、オスカー·ヌニェス、パティ·ハリソン、ウェン·ヤン、ブラッド·ピット(映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』)らが出演。
2022年製作

映画『ベイビー・ブローカー』ネタバレ・あらすじ「是枝裕和監督はどこへ行く?」感想「カンヌ激震ソン・ガンホ!」結末「赤ちゃんが主役」

映画『ベイビー・ブローカー』ネタバレ・あらすじ「是枝裕和監督はどこへ行く?」感想「カンヌ激震ソン・ガンホ!」結末「赤ちゃんが主役」映画『ベイビー・ブローカー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ベイビー・ブローカー』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ベイビー・ブローカー』の作品情報・概要映画『ベイビー・ブローカー』原題『Broke』韓国製作。是枝裕和監督作品(映画『海街diary』や映画『誰も知らない』や映画『万引き家族』や映画『三度目の殺人』や映画『真実』)。設置された「赤ちゃんポスト(ベイビー・ボックス)」から赤ちゃんを盗み横流しする二人の男。赤ちゃんを捨てたが取り戻しに来る女。そして女刑事たちが繰り広げる物語。2022年・第75回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品され、主演のソン・ガンホ(映画『パラサイト 半地下の家族』や映画『タクシー運転手 約束は海を越えて』)が韓国人俳優初の男優賞を受賞。また、人間の内面を豊かに描いた作品に贈られるエキュメニカル審査員賞も受賞した。是枝裕和監督にとって、『真実』に続き外国製作作品2本目となる。
2022.06.24
2022年製作

映画『PLAN 75』ネタバレ・あらすじ「死がテーマ?」感想「不寛容な社会がテーマ」結末「早川千絵監督は頭が良い」

映画『PLAN 75』ネタバレ・あらすじ「死がテーマ?」感想「不寛容な社会がテーマ」結末「早川千絵監督は頭が良い」映画『PLAN 75』の作品情報・概要映画『PLAN 75』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『PLAN 75』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。 『PLAN 75』2022年6月17日に公開された映画作品。早川千絵監督作品。日本・フランス・フィリピン・カタール合作。75歳以上の高齢者に対して自らの生死の権利を保障し、支援する制度「PLAN 75」の施行に伴う制度の対象者たちや市役所の職員、スタッフの苦悩を描く。主演は本作が9年ぶりの映画主演作となる倍賞千恵子(映画『ハウルの動く城』や映画『小さいおうち』や映画「天気の子」)。磯村勇斗(映画『ホリック xxxHOLiC』や映画『前科者』や映画『ヤクザと家族 The Family』)、たかお鷹(映画『MOTHER マザー』や映画『決戦は日曜日』)、河合優実(映画『ちょっと思い出しただけ』や映画『サマーフィルムにのって』)、ステファニー・アリアン、大方斐紗子(『あなたの番です 劇場版』や映画『閉鎖病棟 それぞれの朝』)、串田和美(映画『誰も知らない』)らが出演。
ソ連・ロシア映画

映画『ドラゴンボールZ 復活の「F」』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。

映画『ドラゴンボールZ 復活の「F」』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。映画『ドラゴンボールZ 復活の「F」』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ドラゴンボールZ 復活の「F」』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ドラゴンボールZ 復活の「F」』の作品情報・概要 『ドラゴンボールZ 復活の「F」』英題『Dragon Ball Z: Resurrection “F”』山室直儀監督作品。2015年4月18日に公開された『ドラゴンボール』シリーズの劇場公開アニメーション映画作品第19弾(『ドラゴンボールZ』としては第15弾)。キャッチコピーは「史上最悪の願い いま、絶望が始まる」「神次元バトル、開戦。」「超神激戦(ちょうじんげきせん)!!」「更なる進化をお見せしましょう…」。野沢雅子(映画『ドラゴンボール超(スーパー) ブロリー』や映画『ドラゴンボール超(スーパー) スーパーヒーロー』)、中尾隆聖(映画『仮面ライダー ビヨンド・ジェネレーションズ』)、山寺宏一(映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』や映画『魔女の宅急便(1989)』や映画『SING シング ネクストステージ』)、森田成一、堀川りょう、佐藤正治、鶴ひろみ、田中真弓(映画『天空の城 ラピュタ』)、古川登志夫、草尾毅、緑川光、皆口裕子、中川翔子(映画『塔の上のラプンツェル』や映画『ミュウツーの逆襲 EVOLUTION』)らが出演。
2022年製作

映画『バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版』ネタバレ・あらすじ「ディーン・フジオカvs岩田剛典」感想「美しすぎる」結末「シリーズ化決定でしょ!」

映画『バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版』ネタバレ・あらすじ「ディーン・フジオカvs岩田剛典」感想「美しすぎる」結末「シリーズ化決定でしょ!」 映画『バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版』の作品情報・概要 『バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版』2022年6月17日に公開の日本映画。西谷弘監督作品。主演はディーン・フジオカ。岩田剛典、新木優子、広末涼子、村上虹郎、渋川清彦、西村まさ彦、山田真歩、佐々木蔵之介、小泉孝太郎、稲森いずみ、椎名桔平らが出演。アーサー・コナン・ドイルが執筆した『シャーロック・ホームズシリーズ』の長編小説の一作『バスカヴィル家の犬』を原作にしている。
アメリカ映画

映画『花嫁の父』ネタバレ・あらすじ「エリザベス・テイラーの美貌と迫力!」感想「娘を想う父」結末「古典的アメリカ映画」

映画『花嫁の父』ネタバレ・あらすじ「エリザベス・テイラーの美貌と迫力!」感想「娘を想う父」結末「古典的アメリカ映画」映画『花嫁の父』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『花嫁の父』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『花嫁の父』の作品情報・概要 『花嫁の父』原題『Father of the Bride』1950年に製作・公開されたアメリカ合衆国の映画。ビンセント・ミネリ監督作品。エドワード・ストリーターのベストセラー小説から「イースター・パレード」のアルバート・ハケット、フランセス・グッドリッチのコンビが脚色。スペンサー・トレイシー、ジョーン・ベネット、エリザベス・テイラー、ドン・テイラー、ビリー・バーク、レオ・G・キャロル、モローニ・オルセン、メルビル・クーパー、テイラー・ホームズ、ポール・ハーベイ、フランク・オース、ラスティ・タンブリン、トム・アイリッシュ、マリエッタ・キャンティらが出演。
アメリカ映画

映画『大統領の陰謀』ネタバレ・あらすじ「ダスティン・ホフマンvsロバート・レッドフォード共演!」感想「ニクソン大統領とは?」結末「ワシントン・ポスト紙の精神」

映画『大統領の陰謀』ネタバレ・あらすじ「ダスティン・ホフマンvsロバート・レッドフォード共演!」感想「ニクソン大統領とは?」結末「ワシントン・ポスト紙の精神」映画『大統領の陰謀』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『大統領の陰謀』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『大統領の陰謀』の作品情報・概要『大統領の陰謀』原題『All The President's Men』アラン・J・パクラ監督作品。1976年制作のアメリカ合衆国の映画。ウォーターゲート事件を調査したワシントン・ポストの二人のジャーナリストの手記を元にしたドラマ。第49回アカデミー賞で作品賞をはじめ計8部門にノミネート。ブラッドリーを演じたジェイソン・ロバーズの助演男優賞ほか計4部門を受賞した。ダスティン・ホフマン(映画『卒業(1967)』や映画『パピヨン』)、ロバート・レッドフォード(映画『さらば愛しきアウトロー』や映画『スティング』や映画『追憶(1973)』や映画『明日に向かって撃て!』)、ジャック・ウォーデン、マーティン・バルサム(映画『サイコ (1960年の映画)』や映画『ティファニーで朝食を』)、ハル・ホルブルック(映画『ダーティハリー2』)、ジェイソン・ロバーズ、ジェーン・アレクサンダー (映画『シティヒート』)、メレディス・バクスター 、ネッド・ビーティ(映画『トイ・ストーリー3』)、スティーブン・コリンズ、ペニー・フラー 、ジョン・マクマーティン 、ロバート・ウォーデン 、フランク・ウィルス 、F・マーレイ・エイブラハム 、リンゼイ・クローズらが出演。
ソ連・ロシア映画

映画『ドラゴンボール超(スーパー) ブロリー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。

映画『ドラゴンボール超(スーパー) ブロリー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。映画『ドラゴンボール超(スーパー) ブロリー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ドラゴンボール超(スーパー) ブロリー』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ドラゴンボール超(スーパー) ブロリー』の作品情報・概要『ドラゴンボール超 ブロリー』英題『Dragon Ball Super:BROLY』長峯達也監督作品。2018年12月14日に公開された『ドラゴンボール』シリーズの劇場公開アニメーション映画作品第20弾(『ドラゴンボール超』としては第1弾)。前作『ドラゴンボールZ 復活の「F」』より3年8ヶ月ぶりとなる劇場公開作品。野沢雅子(映画『ドラゴンボール超(スーパー) スーパーヒーロー』)、堀川りょう、中尾隆聖、島田敏、久川綾、古川登志夫、草尾毅 、山寺宏一(映画『SING シング ネクストステージ』や映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』)、森田成一、宝亀克寿、水樹奈々、杉田智和、渡辺菜生子、銀河万丈、大友龍三郎、桐本拓哉らが出演。  
2022年製作

映画『ドラゴンボール超(スーパー) スーパーヒーロー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。

映画『ドラゴンボール超(スーパー) スーパーヒーロー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。映画『ドラゴンボール超(スーパー) スーパーヒーロー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ドラゴンボール超(スーパー) スーパーヒーロー』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ドラゴンボール超(スーパー) スーパーヒーロー』の作品情報・概要『ドラゴンボール超 スーパーヒーロー』英題『 Dragon Ball Super: SUPER HERO』2022年6月11日に公開された日本のアニメーション映画。アニメ『ドラゴンボール』シリーズの劇場版21作目。キャッチコピーは「レッドリボン軍 超極秘作戦、開始!」「鳥山明 渾身の、超バトルアクション誕生!」。野沢雅子、古川登志夫、堀川りょう、久川綾、草尾毅、皆口裕子、田中真弓、伊藤美紀、神谷浩史、宮野真守、入野自由、ボルケーノ太田、竹内良太らが声優を演じる。
アクション映画

映画『ジュラシック・パークIII』ネタバレ・あらすじ「音楽ジョン・ウィリアムズ健在!」感想「キャスリーン・ケネディ製作」結末「恐竜映画は永遠に!」

映画『ジュラシック・パークIII』ネタバレ・あらすじ「音楽ジョン・ウィリアムズ健在!」感想「キャスリーン・ケネディ製作」結末「恐竜映画は永遠に!」 映画『ジュラシック・パークIII』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ジュラシック・パークIII』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ジュラシック・パークIII』の作品情報・概要『ジュラシック・パークIII』原題『Jurassic Park III』2001年に公開されたアメリカ映画。ジョー・ジョンストン監督作品。『ジュラシック・パーク』『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』に続くシリーズ第3作である。ユニバーサル映画提供。前2作はスティーブン・スピルバーグ(映画『ウエスト・サイド・ストーリー』や『E.T.(イーティー)』)監督。サム・ニール、ウィリアム・H・メイシー、ティア・レオーニ、アレッサンドロ・ニボラ(映画『ロニートとエスティ 彼女たちの選択』)、トレバー・モーガン、マイケル・ジェッター、ジョン・ディール、ブルース・A・ヤング、ローラ・ダーン(映画『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』や映画『マリッジ・ストーリー』や映画『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』)らが出演。
ソ連・ロシア映画

映画『極主夫道 ザ・シネマ』ネタバレ・あらすじ「玉木宏の三枚目は適役!」感想「川口春奈ダンスかわいい」結末「玉城ティナさん綺麗」

映画『極主夫道 ザ・シネマ』ネタバレ・あらすじ「玉木宏の三枚目は適役!」感想「川口春奈ダンスかわいい」結末「玉城ティナさん綺麗」映画『極主夫道 ザ・シネマ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『極主夫道 ザ・シネマ』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。 映画『極主夫道 ザ・シネマ』の作品情報・概要『極主夫道 ザ・シネマ』瑠東東一郎監督作品。おおのこうすけの同名コミックを原作とする人気テレビドラマ「極主夫道」を映画化。玉木宏(映画『空母いぶき』)、川口春奈、志尊淳(映画『一度死んでみた』や映画『さんかく窓の外側は夜』)、古川雄大(映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』)、玉城ティナ(映画『ホリック xxxHOLiC』や映画『竜とそばかすの姫』)、MEGUMI(映画『大怪獣のあとしまつ』)、安井順平(映画『燃えよ剣』)、田中道子、白鳥玉季(映画『流浪の月』)、水橋研二(映画『滑走路』)、本多力、くっきー!、中川大輔(映画『ウェディング・ハイ』)、片岡久道、橋本じゅん、滝藤賢一(映画『孤狼の血 LEVEL2』)、稲森いずみ、竹中直人(映画『翔んで埼玉』)、吉田鋼太郎、松本まりか(映画『さよなら くちびる』)、安達祐実、新川優愛、渡辺邦斗、猪塚健太、藤田朋子らが出演。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました