スポーツ映画は人々心に深く感動を呼びます

「頑張っている人を応援したい」

野球、サッカー、ラグビー、陸上、ボクシングなどで、活躍する人物を描いた映画はわたしたちの心に深い感動を与えてきます。それは「頑張っている人を応援したい」と言う想いからでしょう。

スポーツ映画の場合はやはり若者が主人公になります。若者が成功を夢見て、さらに仲間と一緒に喜びを享受する姿に自らを投影してしまうのです。

映画の世界では毎年新たなスポーツ映画が作られています。これからも感動作を観られることを願っています。

スポンサーリンク
2020年製作

映画『ホロコーストの罪人』ネタバレ・あらすじ「ユダヤ人とは?」感想「なぜノルウェーがナチスに加担したのか?」結末「恐怖のアウシュビッツ」

映画『ホロコーストの罪人』ネタバレ・あらすじ「ユダヤ人とは?」感想「なぜノルウェーがナチスに加担したのか?」結末「恐怖のアウシュビッツ」 映画『ホロコーストの罪人』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ホロコーストの罪人』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ホロコーストの罪人』の作品情報・概要 『ホロコーストの罪人』原題『Den største forbrytelsen』2020年制作のノルウェー映画。エイリーク・スベンソン監督作品。第二次世界大戦時、ノルウェーの秘密警察がホロコーストに加担していた事実を描く。ひとりのユダヤ人ボクサーとその家族に起きた悲劇を中心に戦争反対、暴力反対、差別・偏見に対して「NO」を突きつけている。
2021年製作

映画『狂猿』ネタバレ・あらすじ「葛西純の生き様に心が震える」感想「デスマッチは“諦めない”こと」結末「人間の血は美しい」

映画『狂猿』ネタバレ・あらすじ「葛西純の生き様に心が震える」感想「デスマッチは“諦めない”こと」結末「人間の血は美しい」映画『狂猿』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『狂猿』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『狂猿』の作品情報・概要『狂猿』英題『KYO-EN The DOCUMENTARY OF A MAN WHO SHINES IN BLOOD』川口潤監督のドキュメンタリー映画。2021年5月28日公開。デスマッチのカリスマと呼ばれるプロレスラー葛西純を公私にわたって撮影し、葛西の人となり、そしてデスマッチというプロレスの魅力に迫った名作。
2019年製作

映画『野球少女』ネタバレ・あらすじ「韓国のプロ野球は女性オッケー」感想「頭を使って男から三振を取れ!」結末「韓国映画にしてはとても爽やか」

映画『野球少女』ネタバレ・あらすじ「韓国のプロ野球は女性オッケー」感想「頭を使って男から三振を取れ!」結末「韓国映画にしてはとても爽やか」映画『野球少女』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『野球少女』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『野球少女』の作品情報・概要『野球少女』原題『Baseball Girl』2020年公開の韓国映画。1997年に韓国で女性として初めて高校の野球部に所属し、その後韓国プロ野球(KBO)主催の公式戦に先発登板したアン・ヒャンミ選手がモデル。
お茶の間映画館

映画『霧の旗(1977)』ネタバレ・あらすじ「山口百恵さんの“悪女”なら許せる」感想「三浦友和さん必死の“告白”も虚しい」結末「松本清張vs西河克己」

映画『霧の旗(1977)』ネタバレ・あらすじ「山口百恵さんの“悪女”なら許せる」感想「三浦友和さん必死の“告白”も虚しい」結末「松本清張vs西河克己」映画『霧の旗(1977)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『霧の旗(1977)』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。 映画『霧の旗(1977)』の作品情報・概要『霧の旗』松本清張の長編小説で、映画化、テレビ化も何度もされている不朽のサスペンス物語。西河克己監督作品。山口百恵主演。初めての悪女役に挑む際「歌にもいろんなレパートリーがあるように、映画の私の役柄にもこういうのがあってもいいんじゃないか」との弁を述べている。三浦友和、関口宏 、三國連太郎 、加藤治子 、小山明子、夏夕介 、石橋蓮司ら共演。
2021.10.08
2019年製作

映画『ディエゴ・マラドーナ 二つの顔』ネタバレ・あらすじ「不世出のサッカー選手」感想「薬物が彼を壊した」結末

映画『ディエゴ・マラドーナ 二つの顔』ネタバレ・あらすじ「不世出のサッカー選手」感想「薬物が彼を壊した」結末映画『ディエゴ・マラドーナ 二つの顔』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ディエゴ・マラドーナ 二つの顔』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『ディエゴ・マラドーナ 二つの顔』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ディエゴ・マラドーナ 二つの顔』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『ディエゴ・マラドーナ 二つの顔』の作品情報・概要監督・製作総指揮を手掛けたのはイギリスのアシフ・カパディア。『アイルトン・セナ ~音速の彼方へ』で英国アカデミー賞受賞、イギリス人歌手のエイミー・ワインハウスを描いた『AMY エイミー』で第88回アカデミー賞 - 長編ドキュメンタリー映画賞を受賞した実績を持っている。製作は『オアシス スーパーソニック』のジェームズ・ゲイ=リース、編集は映画『エリック・クラプトン 12小節の人生』 』のクリス・キング。音楽は映画『風をつかまえた少年』のアントニオ・ピント。マラドーナの500時間の貴重な秘蔵映像とインタビューを元に「栄光と挫折を繰り返す天才の光と影」をうまく描いている。カンヌ国際映画祭オフィシャルセレクション、英国アカデミー賞ノミネートされた。
お茶の間映画館

映画『インビクタス/負けざる者たち』ネルソン・マンデラを演じるモーガン・フリーマンがそっくりです。勇者についてネタバレ、評価、感想

ネルソン・マンデラの物語。監督クリント・イーストウッド。主演モーガン・フリーマン。ネルソン・マンデラという偉大な人間を忘れてはならない。彼に見えたのは未来に光り輝くあらゆる色だったのだ。ネルソン・マンデラという偉大な人間を忘れてはならない。彼に見えたのは未来に光り輝くあらゆる色だったのだ。この映画では人種差別撤廃を訴え続けた不屈の男、ネルソン・マンデラの軌跡を描いている。白人黒人混成のラグビーチームが力を合わせて世界一を目指す。そして南アフリカの人々も一つになった。そして世界に認めらることになった。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました