映画『望み』ネタバレ・あらすじ・感想・結末「息子は加害者か被害者か」崩壊する家族「世間体」も気になる映画。

スポンサーリンク
映画『望み』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「息子は加害者か被害者か」崩壊する家族「世間体」も気になる映画。2020年公開

映画『望み』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。

映画『望み』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。

YouTubeで予告映像もご覧ください。

『望み』
(108分/G/日本/2020)

【監督】
堤幸彦
【原作】
雫井脩介
【脚本】
奥寺佐渡子
【製作】
堀内大示 楮本昌裕 松木圭市
鈴木一夫 飯田雅裕 五十嵐淳之
【企画】
水上繁雄
【プロデューサー】
二宮直彦 天馬少京
千綿英久 内山雅博
【撮影】
相馬大輔
【照明】
佐藤浩太
【主題歌】
森山直太朗
【出演】
堤真一
石田ゆり子
岡田健史
清原果耶
加藤雅也
市毛良枝
松田翔太
竜雷太
【HPサイト】
映画『望み』公式サイト
【予告映像】
映画『望み』トレーラー

スポンサーリンク
  1. 映画『望み』のオススメ度は?
  2. 映画『望み』の作品情報・概要
  3. 映画『望み』のあらすじ・ネタバレ
  4. 映画『望み』の感想・内容
    1. 「自分が当事者だったら」と置き換えて考えさせられる映画
      1. 息子が殺人を犯しました「家族は崩壊」するのでしょうか
    2. “家と家族の形”に焦点を当てて理想が崩壊していく様を描いている
      1. とても強い「家族愛」が描かれている名作
    3. 誰もが羨むようなデザイン住宅に住むのは居心地がいいのか、、、
      1. 夫の無実を信じた深い「家族愛」と人種差別をテーマに
    4. プチセレブ感を気取る石川ファミリーの崩壊が“家”に綿密に用意されている
      1. 無実の夫が死刑にされるかも「家族の悲痛」が聞こえる
    5. 無機質なモノが感情を得た魚のように動き出し「石川ファミリーの人間性」があぶり出されていく
  5. 映画『望み』の結末・評価
    1. 脚本の奥寺佐渡子さんも良いし撮影監督の相馬大輔さんも素晴らしい
      1. 「家族」は血の繋がりではなく一緒に過ごした「時間」
    2. 雅を演じる清原果耶さんが将来的に大きく飛躍する可能性があるから照明も気合が入る
      1. 冤罪で服役している夫に寄り添う「家族」の心中は?
    3. 結末は石川ファミリーは被害者家族になりますが「完全なるハッピーエンド」ではない
    4. 加害者家族が苦しむ人生を送ってほしいと言う声も否めない、、、
    5. 演出的に気になる箇所があるけれど、、、、
  6. 映画『望み』のキャストについて
    1. 石川一登(堤真一)
    2. 石川貴代美(石田ゆり子)
    3. 石川規士(岡田健史)
    4. 石川雅(清原果耶)
  7. まとめ 映画『望み』ひと言で言うと!
  8. 合わせて観たい映画
    1. 【家族について考えさせられる映画】
      1. 映画『第三夫人と髪飾り』
      2. 映画『となりのトトロ』
      3. 映画『ゴッドファーザー』
    2. 映画『リメンバー・ミー』
      1. 映画『人生の特等席』
      2. 映画『シュヴァルの理想宮 ある郵便配達員の夢』
      3. 映画『ファイティング・ファミリー』
      4. 映画『万引き家族』
    3. 【高校生が頑張る映画】
      1. 映画『君の膵臓をたべたい(2017)』
    4. 映画『コクリコ坂から』
      1. 映画『思い、思われ、ふり、ふられ』
      2. 映画『君が世界のはじまり』
      3. 映画『カセットテープ・ダイアリーズ』
      4. 映画『WAVES ウェイブス』
      5. 映画『翔んだカップル』
      6. 映画『ルース・エドガー』
      7. 『君の名は。』
      8. 映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』
      9. 映画『チアダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』
      10. 映画『ラストレター』
      11. 映画『かぐや様は告らせたい 天才たちの恋愛頭脳戦』
      12. 映画『秒速5センチメートル』
      13. 映画『ブレス あの波の向こうへ』
      14. 映画『キューポラのある街』
      15. 映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』
      16. 『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』
  9. 映画『望み』の作品情報

映画『望み』のオススメ度は?

3.5

3つ半です

「考えさせられる映画」です

「加害者か被害者か」

家族とは簡単に「崩壊」するのか

スポンサーリンク

映画『望み』の作品情報・概要

『望み』2020年公開のドラマ映画。殺人事件で行方不明となった息子を巡って「加害者か、それとも被害者か」揺れ動く家族の心情を描いている。マスコミのバッシング、遠ざかる知り合い、そして夫婦の価値観の相違などを家を通して描いている。原作は雫井脩介の長編小説。堤幸彦監督作品(映画『十二人の死にたい子どもたち』)主演は堤真一(映画『一度死んでみた』)共演は石田ゆり子(映画『マチネの終わりに』)、清原果耶(映画『宇宙でいちばんあかるい屋根』)岡田健史。

スポンサーリンク

映画『望み』のあらすじ・ネタバレ

高校生の石川規士(岡田健史)は将来プロのサッカー選手を目指している。しかし練習中、故意のタックルを受けて膝を壊し、夢は崩壊する。父・石川一登(堤真一) は建築士。父がデザインした家は瀟洒だ。母・石川貴代美(石田ゆり子)はフリーで校正の仕事をしている。 妹・石川雅(清原果耶)は名門女子高を目指している中学生。怪我をしてから規士の素行が悪くなる。心を開かない。そして外泊が増える。そんな時、石川家族が暮らす町で殺人事件が起きる。容疑者は少年たち。規士がか変わっている可能性がある。家族の心が揺れ動く、、、。

スポンサーリンク

映画『望み』の感想・内容

「自分が当事者だったら」と置き換えて考えさせられる映画

「とても良い映画」だと思います。「自分が当事者だったら」と置き換えて考えてしまいます。

父と母と娘の三人の心情曲線の上下がをうまく描けていました。

息子が殺人者でないことを祈る父、息子が殺人者であっても全てを受け入れる母、そして兄が被害者であっても良いと思う妹。

この物語は少年犯罪における被害者と加害者の心の葛藤の双方を表しています。最初は加害者、結果は被害者になります。

物語が進んでいく過程で被害者とされた家族が受けるマスコミからのバッシングや、それまで仲の良かった友人、知人、仕事先の人々からも非難され、手のひら返しなどもうまく表しています。

しかし最後の15分ほどは被害者家族となっています。ここに前半に立ち込めた加害者家族への怒りという感情の全てが沈下されるのです。

息子が殺人を犯しました「家族は崩壊」するのでしょうか

“家と家族の形”に焦点を当てて理想が崩壊していく様を描いている

凶悪犯罪を犯した少年は数年の刑務所暮らしを経て、出所して氏名を変えて新しい人生を生きて行きます。

プライバシーは守られるので自分が喋らなければ過去の犯罪のことはバレません。少年法は彼らに寄り添いすぎた効率の良い法律ともいえます。

ただ本映画『望み』ではそこに焦点を当てていません。あくまでも家族の形に焦点を当てています。その形は物の見事に崩れます。

音を立てて見事に崩壊していくのです。

美しいもの、理想の家族が壊れていく、汚くて、残虐な存在だったということをデザイナーハウスを用いて対比させていると思います。

とても強い「家族愛」が描かれている名作

誰もが羨むようなデザイン住宅に住むのは居心地がいいのか、、、

父・石川一登(堤真一) はフリーランスの設計士。母・石川貴代美(石田ゆり子) もフリーランスで校正の仕事をしています。

息子・石川規士(岡田健史) は高校生で将来はプロのサッカー選手を目指しています。妹・石川雅(清原果耶)は中学三年生の受験生です。

彼らが暮らす家は誰もが羨むようなデザイン住宅です。建築士の一登が設計しました。内装もこだわっています。

吹き抜けのリビングが一番の魅力で、アイランドキッチンも自慢です。

顧客を招いて「仲の良い家族」をアピールしています。家の中は本当にきれいに整頓されています。

一枚板の食卓テーブル上や、キッチンカウンターの上、あるいは書棚に至っては1ミリも動かしてはいけないような緊張感があるほど整理整頓されています

夫の無実を信じた深い「家族愛」と人種差別をテーマに

プチセレブ感を気取る石川ファミリーの崩壊が“家”に綿密に用意されている

和的な畳や座卓などはありません。ところどころ西洋的な調度品が見受けられます。

でもたったひとつだけ気になるモノがありました。アイランドキッチンの奥の棚の上にある段ボールです。

このダンボールだけが浮いています。後半明らかになるのですが、おそらくネットで購入した有機野菜(オーガニック)が入っている段ボールかと思います。

ここにも妻・石川貴代美(石田ゆり子)のこだわりと家族を思う気持ちが現れていますが、それが崩壊していく様子も後半にわかります。

たかがダンボールですが、本映画『望み』にはプチセレブ感を気取る石川ファミリーの崩壊が、このに綿密に用意されていることも忘れてはいけません。

無実の夫が死刑にされるかも「家族の悲痛」が聞こえる

無機質なモノが感情を得た魚のように動き出し「石川ファミリーの人間性」があぶり出されていく

本映画『望み』は整理整頓されていた家の中が、徐々にですが、乱れていきます。壊れていくのです。

綺麗な外壁は他者から落書きされたり、卵をぶつけられています。でもこれは他者からの被害です。

しかし家の中では、必ず食器が片付けられていたテーブルに、食器が置かれたままになっていたり、料理は絶対に自分で作っていた貴代美だが、スーパーの出来合い物を食べていたり、、、そしてスーパーで野菜を購入していたり、、、。

貴代美は有機野菜にこだわっているのでスーパーなどの農薬を使った野菜は買っていないと言うオープニングのイメージを壊します。

でも事件が起こってから、彼女の全てが狂い出してくる様子を見事に表しています。しかも貴代美はそれを修正しようとしません。

変わって一登は汚れた外壁や残飯を綺麗に片付けます。この二人の対比も秀逸です。

世間体を気にする一登と世間体より息子の命が大事と考える貴代美がいます。

時計の音や遠くから聞こえてくる町の音も絶妙なタイミングで、心の変化を助長しています。

こう言ったところはさすがに『トリック』などを作った堤監督だなあと思わせる演出です。

この殺人事件を通して心が乱れていく様子を瀟洒な家、風通しの良い吹き抜けリビング、憧れのキッチン、デザイン性の高い調度品などの無機質なものが、まるで感情を得た魚のように動き出して、初めて石川ファミリーの人間性があぶり出されていくのです。

スポンサーリンク

映画『望み』の結末・評価

脚本の奥寺佐渡子さんも良いし撮影監督の相馬大輔さんも素晴らしい

本映画『望み』はやはり脚本が良いと思います。脚本は奥寺佐渡子さんです。無駄なセリフはほとんど無いように思います。

行間の感情がしっかりある本だと思います。

後半、一登 と貴代美 感情を爆発させますか、それまではあまり言葉に頼らず表情で感情をうまく表しています。脚本のなせる技だと思います。

それと撮影がとても良いと思いました。撮影監督は相馬大輔さんです。

堤監督の映画は割とキャメラを動かす作品が多いイメージがあります。サスペンスを帯びた作品になるとその効果は出てくることもあります。

しかしながら本映画『望み』のように人間の感情の機微を捉えるにはやはりカメラは固定されていた方が私たちに伝わってきます。カメラが動くと集中できません。

パンフレットで読んだのですが、本映画『望み』は外観は青梅市で、室内はセットを組んで撮影されています。

ですからクレーンやレール、あるいは固定する場所が十分に計算されていると感じました。しかしながら撮影はステディカムを多用したと書いてあり驚きました。

「家族」は血の繋がりではなく一緒に過ごした「時間」

雅を演じる清原果耶さんが将来的に大きく飛躍する可能性があるから照明も気合が入る

照明もとても良いと思います。照明は佐藤浩太さん。

一登、貴代美、規士、雅の個々のショットが良かったです。

一登の事務所でも落胆した表情、貴代美がリビングと併設する仕事部屋に当たるアンニュイな光、規士の部屋に入る寒色系の雰囲気、そして雅の明るく人懐っこくて温かみのある光です。

特に雅に当てる照明がよかったです。最初のショットの明るい女子中学生、次のショットは母親と喧嘩して部屋にこもったときの表情、明るい笑顔と悲しい涙の心情を素晴らしい光で輪郭を表していたと思います。

おそらく照明の佐藤浩太さん的には気合が入ったのではないでしょうか。それは雅を演じる清原果耶さんが将来的に大きく飛躍する可能性があるからです。わたしもこの女優さんの将来が楽しみです。

映画スタッフというのはとても敏感ですから「清原果耶さんのべストショットを撮っておこう」という気持ちになるのも無理はありません。

冤罪で服役している夫に寄り添う「家族」の心中は?

結末は石川ファミリーは被害者家族になりますが「完全なるハッピーエンド」ではない

さて映画は予想していた通り進んでいきます。結末は石川ファミリーは被害者家族になります。

勧善懲悪的な映画だと言うことは、最初からわかっていました。もし、この映画の結末が究極のバットエンドであったのならヒットは見込めません。

結末が石川ファミリーが加害者家族になって終わるのであれば、非常に後味が悪いです。

カンヌ映画祭に出品するつもりであったのなら、バッドエンドにしたと思いますが、堤幸彦監督はあまり海外にこだわっていません。

国内でヒットして、資金回収する職人です。

加害者家族が苦しむ人生を送ってほしいと言う声も否めない、、、

けれども映画ファンであるなら「バッドエンドを観たい」という人もいます。加害者家族が苦しむ人生を送ってほしいと言う声があるのは否めません。

でも本映画『望み』はそうなっていません。割と後味が良い結末になっています。ここはちょっと考えてもよかったのではないでしょうか。

演出的に気になる箇所があるけれど、、、、

演出的に気になった箇所はいくつかあります。

ひとつは高山毅(竜雷太)が一登を殴る場面です。こういった少年犯罪の時は怒りが抑え抑えられず加害者家族に攻撃をする人もいるが事実です。

でもあのようにマスコミの面前で暴力を振るうという事はまずないでしょう。特に日本人は人の目を気にしますから。

しかもあのような演出は過去の多くの映画で見られるパターン化されていますから、もっと違う形での演出が欲しかったです。

この場面では間違いなく加害者の父親である一登への憎しみを強める頂点になると思うのです。

この頂点から後半の真相が分かった時の落差がとても重要な場面になるのです。ですからもっと違う演出であって欲しいのです。

例えば一登と高山が揉み合った時に、老齢の高山が倒れて逆に暴力を受けているイメージをテレビ、あるいはネットで拡散されて、さらに加害者とい悪のレッテルが貼られるとか。

実際は加害者家族が被害者家族のお通夜や葬儀に出席するということはないと思うのです。ないからこそ、この場面の演出にはこだわって欲しかったというのが本音です。

もうひとつ。こういう犯罪を犯した加害者家族と思われる人たちには、世の中全ての人が敵になるのでしょうか。それが分かりません。

一人くらいは一登に心を寄せる友だちがいても良いのではないでしょうか。その方がよりリアルに感じます。

それとも友だちと連絡ができないほど、世間はマスコミに毒されてしまっているのでしょうか。いや、必ず支えてくれる人はいます。

と考えると一登はとても孤独な人間だということがわかってきます。友だちも信頼できる人もいない孤独な人間であるからこそ、家の外見や内装デザインや調度品などの外面だけを綺麗に装い自分をアピールしている人間ということです。

原作者の雫井脩介や脚本家の奥寺佐渡子さん、そして堤幸彦監督の訴求ポイントはここにもあったのではないでしょうか。

「他人の芝生は青い」のようにどんな家族も外見上は綺麗に装っているけど、実際は違う、そしていとも簡単に崩壊してしまう家族、、、。

そういう家族って結構あるような気がします。ただ本映画『望み』では少年犯罪がひとつのきっかけになっただけです。

「とても考えさせられる映画」でした。

*映画の中で高山毅(竜雷太)が石川一登(堤真一) に「もうあんたの仕事は受けない」という場面に違和感を覚えました。なぜならば、仕事を発注するのは一登です。一般的に一登の方が強い立場です。

*ジャーナリストの内藤重彦(松田翔太) が最後に石川貴代美(石田ゆり子) に謝りますが、実際はそんなことしないのがジャーナリストです。彼はスクープを取ることに命をかけています。本映画『望み』ではマスコミのクソっぷりも描いていますから、最後の最後まで「クソである」必要があったと思います。

スポンサーリンク

映画『望み』のキャストについて

石川一登(堤真一)

建築士。社交性あり。家族想い。高校生の息子に若干厳しいが思いやりもある。息子が加害者ではないと信じている。

石川貴代美(石田ゆり子)

フリーランスの校正者。息子を溺愛している。息子が加害者であっても「生きていて欲しい」と願っている。

石川規士(岡田健史)

高校生。プロサッカー選手を目指していたがケガで断念。拗ねている。悪い友だちができた雰囲気。

石川雅(清原果耶)

中学生。名門私立高校を目指している受験生。兄が犯人でないこと、あるいは被害者であって欲しいと考えている。

スポンサーリンク

まとめ 映画『望み』ひと言で言うと!

「罪を悪んで人を悪まず」

よく使われる言葉ですが、そんな簡単には割り切れないと思います。もし自分の家族が殺されてしまったらその犯人のことは絶対に許せません。許せるような人間になるにはわたしは100年かかる気がします。

スポンサーリンク

合わせて観たい映画

【家族について考えさせられる映画】

映画『第三夫人と髪飾り』

家族のために13歳で嫁ぐ気持ちって、、、

映画『第三夫人と髪飾り』ネタバレ・あらすじ・結末。一夫多妻の時代。愛のレッスンと官能美は芸術的。新しい才能アッシュ・メイフェア監督登場。
映画『第三夫人と髪飾り』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館情報もご確認ください。運だぜ!アートでは映画のネタバレ・あらすじ・感想・内容、そして結末を書いています。本映画『第三夫人と髪飾り』は19世紀の北ベトナムを舞台にしています。ベトナム出身の女性監督アッシュ・メイフェアの長編デビュー作です。一夫多妻制度が残る時代です。14歳の少女が養蚕の大富豪へと嫁ぎます。すでに三人目の妻です。役割は男児を出産すること。男尊女卑の時代でした。映像がとにかく美しいです。

映画『となりのトトロ』

お母さんについて考えます

映画『となりのトトロ』ネタバレ・あらすじ・感想。「都市伝説」を生む名作ファンタジーは“家族愛”が一番大切と教えてくれる。
映画『となりのトトロ』ネタバレ・あらすじ・感想。「都市伝説」を生む名作ファンタジーは“家族愛”が一番大切と教えてくれる。映画『となりのトトロ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『となりのトトロ』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『となりのトトロ』の作品情報・概要『となりのトトロ』英題『My Neighbor Totoro』1984年スタジオジブリ製作による長編アニメーション映画。宮崎駿監督作品。音楽は久石譲。昭和30年代前半の埼玉県所沢市を舞台にしたファンタジー映画。肺を病んだ母親のために田舎へ引っ越した草壁一家。12歳のサツキと4歳のメイは不思議な生き物に出会う。子どもにしか見えないトトロとの交流を通じて「母への想い」を噛み締めながら少しずつ成長していく物語。

映画『ゴッドファーザー』

あまりにも家族を大切にした代償は?

映画『ゴッドファーザー』ネタバレ・あらすじ・結末・感想。コッポラvsブランドvsパチーノが描く「家族愛」世界最高映画。支配の先に光は見えず。
映画『ゴッドファーザー』ネタバレ・あらすじ・結末・感想。コッポラvsブランドvsパチーノが描く「家族愛」世界最高映画。支配の先に光は見えず。 映画『ゴッドファーザー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ゴッドファーザー』の作品情報・概要 ゴッドファーザー』原題『The Godfather』1972年に公開されたアメリカ映画。フランシス・フォード・コッポラ監督作品。マーロン・ブランド主演。マリオ・プーゾの小説『ゴッドファーザー』を映画化。公開されるや否や大ヒット。当時の興行記録を塗り替える。第45回アカデミー賞でアカデミー賞で「作品賞・主演男優賞・脚色賞」を受賞した。1990年にはアメリカ国立フィルム登録簿に永久保存登録された。当時としてはタブーであったマフィアネタを映画として真正面から扱った画期的な作品。マーロン・ブランドは落ち目であったが本作出演で絶対的な地位を確立した。

映画『リメンバー・ミー』

死んでも家族は尊いのです

映画『リメンバー・ミー』ネタバレ・あらすじ・感想。金曜ロードSHOW!ピクサー最高映画。家族愛と少年の夢への挑戦。メキシコの「死者の日」が美しい。
映画『リメンバー・ミー』ネタバレ・あらすじ・感想。あなたは泣ける?泣けない?金曜ロードSHOW!テレビ初登場!ミゲルの歌・歌詞がすばらしい!ピクサー最高映画作品。家族愛と少年の夢への挑戦。メキシコの「死者の日」が美しい映画です。「それは、時を超えて―家族をつなぐ、奇跡の歌。」映画『リメンバー・ミー』の詳細な解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介!物語のラストまで解説しています。ディズニーサイト公式などでの、作品情報・キャスト情報のご確認ができます。

映画『人生の特等席』

年老いた父を思う娘の気持ちって、、、

映画『人生の特等席』ネタバレ・あらすじ・結末・感想。クリント・イーストウッドとエイミー・アダムスが父娘に見えなかったのが残念。
映画『人生の特等席』ネタバレ・あらすじ・結末・感想。クリント・イーストウッドとエイミー・アダムスが父娘に見えなかったのが残念。 映画『人生の特等席』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『人生の特等席』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 映画『人生の特等席』の作品情報・概要 『人生の特等席』原題『Trouble with the Curve』ロバート・ロレンツ監督作品。2012年のアメリカ合衆国のスポーツ・ドラマ映画。クリント・イーストウッド主演作品。エイミー・アダムス、ジャスティン・ティンバーレイク、マシュー・リラード、ジョン・グッドマンらが共演。イーストウッドにとっては自身の監督作以外でを取らない作品に出演するのは『ザ・シークレット・サービス』以来である。

映画『シュヴァルの理想宮 ある郵便配達員の夢』

娘のために理想宮を建てるんだ!

映画『シュヴァルの理想宮 ある郵便配達員の夢』ネタバレ・あらすじ・結末。寡黙な男は宮殿を作ることで愛を語った。
映画『シュヴァルの理想宮 ある郵便配達員の夢』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『シュヴァルの理想宮 ある郵便配達員の夢』公式サイトにて作品情報・キャストもご確認ください。フランス南東部の自然豊かな田舎町に実在する建築物がある。今では観光地となっている。この建築物はひとりの郵便配達員の男が33年もの歳月をかけ、たった1人で完成させた手作りの宮殿「シュバルの理想宮」である。本作は実話に基づいて映画化された。主演はジャック・ガンブラン。 その他レティシア・カスタ、ベルナール・ル・コクが共演。

映画『ファイティング・ファミリー』

わたしが家族の夢を叶えてみせる!

映画『ファイティング・ファミリー』ネタバレ・あらすじ・感想。プロレスこそアメリカン・ショービジネスの最高峰のエンターテイメントである。大感動間違い無し。
映画『ファイティング・ファミリー』は2019年のアメリカ合衆国・イギリスの伝記映画。監督は『蜘蛛の巣を払う女』などに俳優として出演したスティーブン・マーチャント。脚本を手がけている。ドウェイン・ジョンソン製作。主演はフローレンス・ピュー。本作は2012年に放送されたドキュメンタリー『The Wrestlers: Fighting with My Family』を原作としている。

映画『万引き家族』

犯罪はダメだけど笑いがある家族です

映画『万引き家族』ネタバレ・あらすじ・感想。カンヌ最高賞!是枝監督vs松岡茉優+リリー・フランキー+安藤サクラ&樹木希林の名作。
映画『万引き家族』ネタバレ・あらすじ・感想。カンヌ最高賞!是枝監督vs松岡茉優+リリー・フランキー+安藤サクラ&樹木希林の名作。映画『万引き家族』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『万引き家族』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 映画『万引き家族』の作品情報・概要『万引き家族』2018年6月8日公開の日本映画。是枝裕和監督作品。第71回カンヌ国際映画祭において、最高賞であるパルム・ドールを獲得。リリー・フランキー、安藤サクラ、樹木希林出演。是枝監督14作品目。一貫して「家族」「弱者」「日本社会」を描いている。胸に突き刺さるような名作である。

【高校生が頑張る映画】

映画『君の膵臓をたべたい(2017)』

とても切ない青春映画です

映画『君の膵臓をたべたい(2017)』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「通り魔殺人」意味は?「後悔せず“今”を生きよう!」
映画『君の膵臓をたべたい(2017)』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「通り魔殺人」意味は?「後悔せず“今”を生きよう!」映画『君の膵臓をたべたい(2017)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『君の膵臓をたべたい(2017)』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『君の膵臓をたべたい(2017)』の作品情報・概要『君の膵臓をたべたい』原作者・住野よるによる日本の青春小説。小説投稿サイト「小説家になろう」で好評を得て出版され200万部の大ヒットを受けて映画化された。略称は「キミスイ」。監督は月川翔。主演は浜辺美波と北村匠海。書籍にない12年後を小栗旬と北川景子が演じている。 第41回日本アカデミー賞で優秀作品賞、優秀脚本賞を吉田智子、新人俳優賞を浜辺美波と北村匠海が受賞している。主題歌はMr.Children「himawari」を制作。

映画『コクリコ坂から』

夢も希望のあった1960年代の高校生が羨ましい

映画『コクリコ坂から』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。兄妹恋愛ではなく“団塊の世代”への郷愁映画。朝鮮戦争が生んだ愛の軌跡。
映画『コクリコ坂から』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。兄妹恋愛ではなく“団塊の世代”への郷愁映画。朝鮮戦争が生んだ愛の軌跡。 映画『コクリコ坂から』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『コクリコ坂から』公式サイトおよび、IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『コクリコ坂から』の作品情報・概要『コクリコ坂から』英題『From Up On Poppy Hill』は、佐山哲郎の原作、高橋千鶴の作画による日本の漫画をスタジオジブリがアニメ映画として製作。宮崎駿と丹羽圭子が脚本制作。監督は宮崎吾朗。1963年の横浜を舞台に織りなす恋愛青春映画。朝鮮戦争によって生まれた禁断の愛と若者の生き方を描いている。“団塊の世代”への郷愁映画とも言える。声優は長澤まさみ、岡田准一、竹下景子、石田ゆり子ら。主題歌を手嶌葵が唄う

映画『思い、思われ、ふり、ふられ』

なんとも言えない高校生の恋愛事情

【ネタバレ酷評】映画『思い、思われ、ふり、ふられ』あらすじ・感想。浜辺美波、北村匠海 、福本莉子、赤楚衛二出演。「中身空っぽすぎ」映画。
【ネタバレ酷評】映画『思い、思われ、ふり、ふられ』ネタバレ・あらすじ・感想。浜辺美波、北村匠海 、福本莉子、赤楚衛二出演。「中身空っぽすぎ」映画。映画『思い、思われ、ふり、ふられ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『思い、思われ、ふり、ふられ』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『思い、思われ、ふり、ふられ』の作品情報・概要『思い、思われ、ふり、ふられ』咲坂伊緒による日本の漫画作品。『別冊マーガレット』(集英社)2015年7月号から2019年6月号まで連載された。高校生の男女四人の恋愛物語。『東宝シンデレラオーディション』出身の浜辺美波『君の膵臓をたべたい』と福本莉子『屍人荘の殺人』を迎えて製作。北村匠海、赤楚衛二ら若手俳優の出演が話題となる。東宝配給。

映画『君が世界のはじまり』

等身大の高校生を描いている作品ではないか!

映画『君が世界のはじまり』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。ふくだももこ監督と若手俳優を応援したくなる映画です。
映画『君が世界のはじまり』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。ふくだももこ監督と若手俳優を応援したくなる映画です。映画『君が世界のはじまり』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『君が世界のはじまり』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『君が世界のはじまり』の作品情報・概要。小説家・映画監督ふくだももこ最新作品。月刊誌『すばる』に掲載した小説『えん』と『ブルーハーツを聴いた夜、君とキスしてさようなら』を原作としている。二つを絶妙な脚本に仕上げたのは向井康介。主演は『おいしい家族』でタッグを組んだ松本穂香。共演は中田青渚、片山友希、金子大地、甲斐翔真、小室ぺい。

映画『カセットテープ・ダイアリーズ』

パキスタン移民であり英国国籍の作家の青春物語

映画『カセットテープ・ダイアリーズ』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。ブルース・スプリングスティーンが切れた“夢”を紡いでくれた。
映画『カセットテープ・ダイアリーズ』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。ブルース・スプリングスティーンが切れた“夢”を紡いでくれた。映画『カセットテープ・ダイアリーズ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『カセットテープ・ダイアリーズ』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『カセットテープ・ダイアリーズ』の作品情報・概要。『カセットテープ・ダイアリーズ』原題『Blinded by the Light』2019年に公開されたイギリスのドラマ映画。『ベッカムに恋して 』のグリンダ・チャーダ監督作品。主演はヴィヴェイク・カルラ。原作はガーディガン紙のジャーナリスト、サルフラズ・マンズールの自叙伝『Greetings from Bury Park: Race, Religion and Rock N’ Roll』イギリスで暮らすパキスタン移民、人種・宗教差別と若者の夢と希望をブルース・スプリングスティーンの名曲にのせてつぶさに描いている。

映画『WAVES ウェイブス』

「誰か助けてあげてよ!」と叫んでしまった映画

映画『WAVES ウェイブス』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。美しい映像&音楽の中で展開する「若者の“恋”と“挫折”」から見える“家族愛”
映画『WAVES ウェイブス』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。美しい映像&音楽の中で展開する「若者の“恋”と“挫折”」から見える“家族愛”。映画『WAVES ウェイブス』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『WAVES ウェイブス』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『WAVES ウェイブス』の作品情報・概要 『WAVES/ウェイブス』原題『Waves』は2019年のアメリカ合衆国の青春映画。トレイ・エドワード・シュルツ監督。主演は『ルース・エドガー』のケルヴィン・ハリソン・Jrと『エスケープ・ルーム』テイラー・ラッセル。共演は『ある少年の告白』『ベン・イズ・バック』のルーカス・ヘッジズ。音楽はトレント・レズナー アティカス・ロス、その他カニエ・ウエストも提供している。

映画『翔んだカップル』

本作で薬師丸ひろ子は女優の道を進む決心をした映画

映画『翔んだカップル』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。薬師丸ひろ子「相米慎二監督との出会い」が女優に道を開いた
映画『翔んだカップル』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。薬師丸ひろ子「相米慎二監督との出会い」が女優に道を開いた。映画『翔んだカップル』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『翔んだカップル』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『翔んだカップル』の作品情報・概要『翔んだカップル』日本の青春映画(1980年7月26日に東宝系で全国公開)相米慎二初監督作品。脚本は丸山昇一。鶴見辰吾と薬師丸ひろ子の初主演映画。石原真理子のデビュー作。漫画家の柳沢きみおが週刊少年マガジンで連載していた作品を映像化。高校生が“同棲”するというトピックスで人気を博した。

映画『ルース・エドガー』

両親には感謝しているけど、、、、

映画『ルース・エドガー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「良い子」を演じるのは疲れる。人間には二面も三面性もあって良い。人の粗探しにNO!
映画『ルース・エドガー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「良い子」を演じるのは疲れる。人間には二面も三面性もあって良い。人の粗探しにNO!映画『ルース・エドガー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ルース・エドガー』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『ルース・エドガー』の作品情報・概要。ルース・エドガー』原題『Luce』2019年にアメリカ合衆国で公開されたドラマ映画。ジュリアス・オナー監督作品。主演はケルヴィン・ハリソン・Jr。ナオミ・ワッツ、 オクタビア・スペンサー、ティム・ロスが脇を固める。人間が持つ二面性、あるいは単なる思い込みで生まれた疑念から人間関係が崩壊する様を描いている。J・C・リーの戯曲『Luce』を原作ととしている。

『君の名は。』

ある日、突然高校生が入れ替わった

新海誠『君の名は。』ネタバレ解説と考察・評価。巫女さん三葉と瀧の恋は結末。恋は成就したのか
迫り来る彗星。飛騨地方のある町めがけて落ちる運命にある。三葉と滝の時間と距離と空間を超えた恋愛物語をベースの彗星落下による被害から人を守ろうと努力する二人。人名救助にも励む。時間を超えて惹かれ合う。恋の行方はそして人の命を救うことができるのか。いつか二人は再会して新たな恋物語を奏でるのか。

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』

未来へ戻るためにマーフィーは駆け抜けます

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。時間を超えて永遠にヒット&視聴率王
映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。時間を超えて永遠にヒット&視聴率王。映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の作品情報・概要『バック・トゥ・ザ・フューチャー』原題『Back to the Future』1985年のアメリカ映画。SF映画。本作の大ヒットを受けて2、3シリーズ化される。監督はロバート・ゼメキス。主演のマイケル・J・フォックスは本作で世界的大スターの仲間入りを果たす。同年のアカデミー賞では音響効果賞を受賞。

映画『チアダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』

青春のすべてをダンスにかける!

実話映画『チアダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。広瀬すず&中条あやみ超可愛い!「JETS」の偉業!
実話映画『チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』チアダン・ネタバレ・あらすじ・感想・結末。広瀬すず&中条あやみ超可愛い!「JETS」の偉業!チアダン 映画『チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』公式サイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 映画『チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』の作品情報・概要 『チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』(チアダン じょしこうせいがチアダンスでぜんべいせいはしちゃったホントのはなし)2017年3月11日公開の青春映画。広瀬すず主演。監督は河合勇人。脚本は林民夫。福井県立福井商業に赴任した女性教員が女子生徒とチアダンスチーム『JETS』を結成し、全米チアダンス選手権大会で優勝するまでの実話を脚色して映画化。スポ根青春映画。中条あやみ、 山崎紘菜、 富田望生 、福原遥、真剣佑、天海祐希ら出演。

映画『ラストレター』

高校生で母を自殺でなくすなんて、、、

映画『ラストレター』あらすじ・ネタバレ・感想。福山雅治vs松たか子vs岩井俊二が描く“死と再生”物語。“手紙”の錯綜が描くノスタルジー。
映画『ラストレター』あらすじ・ネタバレ・感想。福山雅治vs松たか子vs岩井俊二が描く“死と再生”物語。“手紙”の錯綜が描くノスタルジー。映画『ラストレター』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ラストレター』公式サイトの紹介。『ラストレター』は、2020年1月17日に公開の日本映画。岩井俊二監督作品。主演は松たか子。福山雅治、広瀬すず、森七菜、豊川悦司、中山美穂らら共演。SNSが普及して手紙というやりとりが困難な時代にあえて、手紙を通じて人間関係と自身の成長を築いていく人間成長物語。“死と再生”のテーマ。

映画『かぐや様は告らせたい 天才たちの恋愛頭脳戦』

おバカさん映画ですが、、、、

映画『かぐや様は告らせたい 天才たちの恋愛頭脳戦』作品情報・ネタバレ。橋本環奈vs平野紫耀の美男美女キャスト。恋にプライドは邪魔。
映画『かぐや様は告らせたい 天才たちの恋愛頭脳戦』公式サイトにて作品情報・上映館・お時間もご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。 『かぐや様は告らせたい 天才たちの恋愛頭脳戦』(113分/日本/2019) ...

映画『秒速5センチメートル』

かなり重たい気持ちになりますが、、、

新海誠監督映画『秒速5センチメートル』初恋・ファーストキス・遠距離・再会を通じて成長する青年の心模様は桜の速度。ネタバレ・あらすじ・感想・評価。
『ほしのこえ』『雲のむこう、約束の場所』に続く、新海誠の第3作目の劇場公開作品。小学生の初恋相手の女性への想いを抱きながら生きる青年。短編三部作にまとめて青年の成長を描いている。主人公の貴樹はずっと“秒速3センチメートル”状態のままだ。いつ脱出するのか。それと相まって女性たちは過去を振り切って生きていく強さがある。

映画『ブレス あの波の向こうへ』

サーフィンと青春と友情の果ての“恋愛”

サイモン・ベイカーの初監督映画『ブレス あの波の向こうへ』サーフィン通して友情、恋、青春の素晴らしさを描く。ベン・スペンスとリバー・フェニックスの相違。ネタバレ・あらすじ・感想・評価
サイモン・ベイカーの初監督作品。オーストラリアを代表する作家ティム・ウィントンによる自伝的小説「ブレス 呼吸」を原作に映画化。サーフィンと出会い、夢中になり、友情、恋を通して大人へと成長していく少年たちの姿が描かれる。新鋭ベン・スペンスの演技が良い。最高なのはエリザベス・デビッキだ。強い存在感だ。

映画『キューポラのある街』

吉永小百合さんが可愛すぎる

映画『キューポラのある街』ネタバレ・あらすじ・結末。吉永小百合さん勇気ある出演。当時の日本と北朝鮮の関係も見えてくる。
映画『キューポラのある街』以下のサイトにて作品情報・キャスト情報もご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。 『キューポラのある街』(99分/日本/1962年) 原題『Cupora,Where th...

映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』

高校生がスパイダーマンになった日

映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』ネタバレ・あらすじ。高校生のピーターとMJの恋物語。アベンジャーズシリーズは面白いが、追いつけない。
『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』(135分/米/2019) 原題 『Spider-Man: Far From Home』 映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』のオススメ度は? 星3つです。 夏本番...

『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』

タイの高校生のお受験事情

『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』
『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』(130分/泰/2017) 原題  『Bad Genius』 国が豊かになると受験戦争も葉がしくなるものだ。この映画の勢いとキレを見て、タイと言う国が今現在、めまぐるしい発展...
スポンサーリンク

映画『望み』の作品情報

映画.comより一部引用
スタッフ・キャスト
監督
堤幸彦
原作
雫井脩介
脚本
奥寺佐渡子
製作
堀内大示 楮本昌裕 松木圭市 鈴木一夫 飯田雅裕 五十嵐淳之
企画
水上繁雄
プロデューサー
二宮直彦 天馬少京 千綿英久 内山雅博
音楽プロデューサー
茂木英興
撮影
相馬大輔
照明
佐藤浩太
録音
鴇田満男
美術
磯見俊裕
装飾
前田亮
衣装
宮本まさ江
ヘアメイク
市川温子 岡野瑞恵
編集
洲崎千恵子
音楽
山内達哉
主題歌
森山直太朗
VFXスーパーバイザー
岩崎朋之
記録
井手希美
キャスティング
新江佳子
助監督
日高貴士
制作担当
篠宮隆浩
石川一登(堤真一)
石川貴代美(石田ゆり子)
石川規士(岡田健史)
石川雅(清原果耶)
三浦貴大
早織
西尾まり
平原テツ
渡辺哲
寺沼俊嗣(加藤雅也)
織田扶美子(市毛良枝)
内藤重彦(松田翔太)
高山毅(竜雷太)
2020年製作/108分/G/日本
配給:KADOKAWA

タイトルとURLをコピーしました