【ネタバレ酷評】映画『思い、思われ、ふり、ふられ』あらすじ・感想。浜辺美波、北村匠海 、福本莉子、赤楚衛二出演。「中身空っぽすぎ」映画。

スポンサーリンク
【ネタバレ酷評】映画『思い、思われ、ふり、ふられ』ネタバレ・あらすじ・感想。浜辺美波、北村匠海 、福本莉子、赤楚衛二出演。「中身空っぽすぎ」映画。2020年公開

映画『思い、思われ、ふり、ふられ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。

映画『思い、思われ、ふり、ふられ』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。

YouTubeで予告映像もご覧ください。

『思い、思われ、ふり、ふられ』
(124分/G/日本/2020)

【監督】
三木孝浩
【脚本】
米内山陽子 三木孝浩
【製作】
市川南
【出演】
浜辺美波
北村匠海
福本莉子
赤楚衛二
上村海成
三船海斗
【HPサイト】
映画『思い、思われ、ふり、ふられ』公式サイト
【予告映像】
映画『思い、思われ、ふり、ふられ』トレーラー

スポンサーリンク
  1. 映画『思い、思われ、ふり、ふられ』のオススメ度は?
  2. 映画『思い、思われ、ふり、ふられ』の作品情報・概要
  3. 映画『思い、思われ、ふり、ふられ』のあらすじ・ネタバレ
  4. 映画『思い、思われ、ふり、ふられ』の感想・内容
    1. 一体何を言いたいのか意味不明の映画
      1. 同じ高校生ですがちゃんと「人物が描けている」映画です
    2. 恋愛映画とはいえ、本人たちが描く未来図がないと同調できないのです。
    3. 北村匠海君の魅力が発揮されていなかった
      1. アメリカの高校生の悩みって、、、
    4. 人物設定が良い加減なので稚拙な映画になってしまう
    5. 要領よく考えれば“乗り越えられる”恋愛
      1. こんな切ない高校生の物語は未だかつてない
    6. 両親の「おバカ」設定が安易すぎるので物語も安っぽくなるのです
      1. アメリカの女子高生の“ぶっ飛び”は最高でしょ!
  5. 映画『思い、思われ、ふり、ふられ』の結末・評価
    1. 観客を「バカにしている」「子供騙し」の映画
      1. 『翔んだカップル』は間違いなく永遠の名作
    2. 「中身空っぽすぎ」の映画
      1. 差別・偏見に悩むイギリスのパキスタン移民の高校生
  6. 映画『思い、思われ、ふり、ふられ』のキャストについて
  7. まとめ 映画『思い、思われ、ふり、ふられ』一言で言うと!
  8. 合わせて観たい映画
    1. 【高校生が登場するオススメ映画】
      1. 映画『カセットテープ・ダイアリーズ』
      2. 映画『WAVES ウェイブス』
      3. 映画『翔んだカップル』
      4. 映画『ルース・エドガー』
      5. 『君の名は。』
      6. 映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』
      7. 映画『チアダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』
      8. 映画『ラストレター』
      9. 映画『かぐや様は告らせたい 天才たちの恋愛頭脳戦』
      10. 映画『秒速5センチメートル』
      11. 映画『ブレス あの波の向こうへ』
      12. 映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』
      13. 『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』
  9. 映画『思い、思われ、ふり、ふられ』の作品情報

映画『思い、思われ、ふり、ふられ』のオススメ度は?

0.5

浜辺美波ちゃんの横顔が良い

北村匠海君の目がすごい

福本莉子ちゃんに次作に期待

赤楚衛二君「この子は伸びる!」

スポンサーリンク

映画『思い、思われ、ふり、ふられ』の作品情報・概要

『思い、思われ、ふり、ふられ』咲坂伊緒による日本の漫画作品。『別冊マーガレット』(集英社)20157月号から20196月号まで連載された。高校生の男女四人の恋愛物語。『東宝シンデレラオーディション』出身の浜辺美波『君の膵臓をたべたい』と福本莉子『屍人荘の殺人』を迎えて製作。北村匠海、赤楚衛二ら若手俳優の出演が話題となる。東宝配給。

スポンサーリンク

映画『思い、思われ、ふり、ふられ』のあらすじ・ネタバレ

高校一年生になった市原由奈(福本莉子) は引っ込み思案で男の子と話せない。同じマンションに引っ越してきて、さらに同じ高校と判明した山本朱里(浜辺美波)と仲良くなる。朱里は明るく、元気で積極的。朱里の家へ遊びに行き、理央(北村匠海)と出会い、恋をする。しかし二人が姉弟であった。異父兄妹であることもショック。朱里は由奈の幼馴染の乾和臣(赤楚衛二) を紹介してもらい、心ときめく。しかし理央にも想いを寄せている。由奈は思い切って理央に告白するが振られてしまう。理央は朱里が好きなのだ。理央は朱里にキスして告白し振られてしまう。朱里は和臣に告白。こちらも振られてしまう。しかし理央は由奈と、朱里は和臣と付き合うことに、、、

スポンサーリンク

映画『思い、思われ、ふり、ふられ』の感想・内容

一体何を言いたいのか意味不明の映画

正直、イライラする映画でした。出演俳優さんには申し訳ありませんが「一体、何を言いたかったのか?」がまったくわからないのです。

高校一年生の四人の男女が織りなす恋物語が基本ベースになっていますが、登場人物が抱える心の問題が小さすぎます。

唯一、和臣(赤楚衛二)が将来への夢である「映画監督」になりたいと思っていますが、厳しい両親に打ち明けられないのです。

理由は兄が大学を辞めて役者の道を選んだことで、両親からは「お前は真っ当なサラリーマンになれ」と言われ、葛藤しているところです。

同じ高校生ですがちゃんと「人物が描けている」映画です

恋愛映画とはいえ、本人たちが描く未来図がないと同調できないのです。

朱里(浜辺美波)は将来、通訳になりたいと言っていますが、そのために頑張っている場面がほとんどありませんでした。

少しばかり英語喋っていましたが、とても上手とは言えません。もし通訳になりたいのであれば、その理由をちゃんと説明してほしいですね。

理央(北村匠海)と由奈(福本莉子)にはこれと言った将来の夢がありません。注意深く鑑賞していましたが、どこにもありませんでした。

確かに今どきの高校生は将来の夢とか「ダッセエ」とか思っているかもしれませんが、やはり映画を観るにおいて必要不可欠だと思うのです。

恋愛映画とはいえ、本人たちが描く未来図がないと同調できないのです。

北村匠海君の魅力が発揮されていなかった

特に理央演じた北村匠海君には全く魅力がなかったです。顔は確かにハンサムですが「目つきが悪すぎ」です。高校生の目ではないです。

三白眼と言うのでしょうか、わたしだったらあの目で見つめられる逃げちゃいたくなります。北村匠海君の人生は知りませんが、ある程度の修羅場をくぐる抜けてきた目だと思います。

もう高校生の役なんかやっていてはダメでしょう。もっと「ぶっ飛んだ」人物を演じて欲しいです。

わたしが思い出して鮮烈なイメージを持った役者さんには永瀬正敏さんと浅野忠信さんがいます。北村匠海君はせっかく良いものを持っているのですから、作品選びには慎重になって欲しいです。

北村匠海君はまだ自分を抑えている感が否めません。もっとギラギラした危ない路線を言って欲しいです。

あのハンサム顔でとんでもない人間だったら気絶もんですよ(現在23歳でしょ、16歳をやっちゃダメでしょ)

アメリカの高校生の悩みって、、、

人物設定が良い加減なので稚拙な映画になってしまう

由奈(福本莉子)のキャラも今ひとつ説得力がありません。夢見がちで引っ込み思案で男の子と話せられないと言ったものですが、なぜそのようになったかの背景が見えてこないのです。

ちょっとキョドッてしまう場面もありましたが、普通の女の子だったらよくあることです。大抵、このように自分に自身が持てない性格になる原因は家庭環境にあります。

毒親とまではいきませんが、家でDVを受けていたり、親の愛情が希薄だったりすると人とのコミュニケーションはうまく図れません(あるいは彼女は母親と二人暮らしで男の人に免疫がないのか、それとも父親から虐待を受けているのか)

つまり生活を共にする両親からの否定感が与える人格形成と言うのは多大なのです。ここが勿体無いです。

彼女の男の子と話せない原因を根本的に解決してあげるのも映画の仕事なのです。

つまり人物設定があまりにもいい加減なので稚拙な映画になってしまうのです。

要領よく考えれば“乗り越えられる”恋愛

朱里(浜辺美波)は積極的で何事もに現実的とあるとのこと。しかも自分のことは「後回し」にして人のことを優先する性格だそうだ。

いつも明るく、元気で、悩みなどないように装っているというのはわかりました。彼女の1番の悩みはではなく母親なのです。この設定はいいと思います。

自分勝手な母親は二度の離婚と今回の再婚。しかも再婚相手が同級生の理央(北村匠海)の父親。密かに理央に想いを寄せていたのが、法律的に兄妹となったことで一巻の終わりです。

これはキツイです。確かにこれは絶望的な状況です。でも、こういう設定のドラマって70年代はよくありました。

今は2020年です。もっと要領よく考えれば乗り越えられない恋愛ではないのです。どっちかが戸籍を抜けば良いだけです。

親戚や祖父母の戸籍に入るとか、知恵を出せばいくらでも可能です。現代の若者だったらここまで悩まないでしょう。

こんな切ない高校生の物語は未だかつてない

両親の「おバカ」設定が安易すぎるので物語も安っぽくなるのです

また親も親ですね。節操ない大人ですね。「お馬鹿ちゃんすぎます」結婚する前にちゃんと「子どもたちの気持ちを確かめろや」です。

20代の若者が勢いで結婚するのはオッケーですが、お互い結婚と離婚の経験があるのならもっと考えないといけないでしょう。

しかも映画にするのならちゃんとした理由がないと観客の気持ちを引きつけることは難しいのではないでしょうか。

両親が結婚した本当の理由がわかれば朱里と理央の心の負担も軽くなり、キャラ立ちできるのです。例えば両親は実は高校時代の初恋の人同士とか、もしくは命の恩人であったりとか、、、。

両親の設定も安易すぎるので物語も安っぽくなるのです。

アメリカの女子高生の“ぶっ飛び”は最高でしょ!

スポンサーリンク

映画『思い、思われ、ふり、ふられ』の結末・評価

観客を「バカにしている」「子供騙し」の映画

映画の終盤で突然、父親のアメリカ転勤話が出てきます。もしこれを自身に置き換えると「やったあ」って思っちゃいます。みんなで行こうよ!って。

でもここの場面も非現実的なんですよ。転勤族にも色々とありますが、海外転勤って若い時に行かされることが多いのですよ。

歳取って行っても勉強にもならないし、戦力にもならないんですよ。もしくは理央の父親が転勤族であるならば、すでに海外転勤経験者であり、理央もバイリンガルであるのです。

もしくは父親が相当な出世(支社長クラス)での転勤となります。つまりはこの映画は行き当たりばったりの物語なのです。

四人の恋模様がをどうやって終結させるかって時に安易に「そうだ、父親を転勤させよう」となっただけです。何のひねりもない馬鹿っぷりです。

映画って確か非現実的日常から逃避させてくれて、夢を観せてくれる娯楽ですが、多少なりとも現実感が伴っていないと心を同調させることが難しい時代だと思うのです。

まだ幼い中学生、高校生相手に作った「子供騙し」映画でしょうが、観客を「バカにしている」というのが感想です。

もっというなら「映画に愛を!」です。愛がありません(たぶんこの映画を観た中高生の記憶にも残らないでしょう)

『翔んだカップル』は間違いなく永遠の名作

「中身空っぽすぎ」の映画

こういう映画って一番困るんですよね。評論できないのですよ。出演俳優さんが気の毒になるのです。

演出もひどいもんでした。三木孝浩監督は一貫して青春映画を撮っていますが、あまり進歩してないですね。

若くて綺麗な女優さんが好きなのはわかりますが、物語が描けない。物語が描けないっていうことは記憶に残らない作品になるってことです。

想像力も創造力の双方とも乏しすぎる。本作では朱里(浜辺美波)の撮り方にとても気を配っていたのがわかります。

ソフトフォーカスを使って、背景をボカすのが気になりました。浜辺美波さんはとても綺麗に撮られていたと思います。横顔が良いですね。

真横ではなく30度くらいの角度から彼女を見ると本当に美しい顔だなって思いました。

非常に残念な映画でした。この映画について映画のセリフから代用します。

文化祭の時に朱里の元彼氏がきて言い放ちます「なるべく自分がかっこ悪くならないように、そうやって上から目線でないと自分を保てないとか、中身空っぽすぎでしょ」そのセリフは「中身空っぽすぎ」の映画と言っているように聞こえました。

*先日観た映画『君が世界のはじまり』も高校生を主演に迎えて作品でしたが、こちらの人物設定は素晴らしかったです。同じ高校生を描いた作品とはいえ、これほどまでに製作者の才能と力量に明確な差が出るものか、とただただ驚いています。

差別・偏見に悩むイギリスのパキスタン移民の高校生

スポンサーリンク

映画『思い、思われ、ふり、ふられ』のキャストについて

山本朱里(浜辺美波)
山本理央(北村匠海)
市原由奈(福本莉子)
乾和臣(赤楚衛二)
我妻暖人(上村海成)

スポンサーリンク

まとめ 映画『思い、思われ、ふり、ふられ』一言で言うと!

「今の高校生はこんな恋しないでしょ!」

今の高校生ってもっとクールだと思うのです。かっこ悪いことは嫌いでしょう。振られたら「次、行こう」って切り替え早いです。特に引きずらないと思います。もしくはもっと「軽い」と思います。付き合ってダメだったら「即、別れる」を繰り返していると思います。

スポンサーリンク

合わせて観たい映画

【高校生が登場するオススメ映画】

映画『カセットテープ・ダイアリーズ』

パキスタン移民であり英国国籍の作家の青春物語

映画『カセットテープ・ダイアリーズ』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。ブルース・スプリングスティーンが切れた“夢”を紡いでくれた。
映画『カセットテープ・ダイアリーズ』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。ブルース・スプリングスティーンが切れた“夢”を紡いでくれた。映画『カセットテープ・ダイアリーズ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『カセットテープ・ダイアリーズ』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『カセットテープ・ダイアリーズ』の作品情報・概要。『カセットテープ・ダイアリーズ』原題『Blinded by the Light』2019年に公開されたイギリスのドラマ映画。『ベッカムに恋して 』のグリンダ・チャーダ監督作品。主演はヴィヴェイク・カルラ。原作はガーディガン紙のジャーナリスト、サルフラズ・マンズールの自叙伝『Greetings from Bury Park: Race, Religion and Rock N’ Roll』イギリスで暮らすパキスタン移民、人種・宗教差別と若者の夢と希望をブルース・スプリングスティーンの名曲にのせてつぶさに描いている。

映画『WAVES ウェイブス』

「誰か助けてあげてよ!」と叫んでしまった映画

映画『WAVES ウェイブス』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。美しい映像&音楽の中で展開する「若者の“恋”と“挫折”」から見える“家族愛”
映画『WAVES ウェイブス』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。美しい映像&音楽の中で展開する「若者の“恋”と“挫折”」から見える“家族愛”。映画『WAVES ウェイブス』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『WAVES ウェイブス』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『WAVES ウェイブス』の作品情報・概要 『WAVES/ウェイブス』原題『Waves』は2019年のアメリカ合衆国の青春映画。トレイ・エドワード・シュルツ監督。主演は『ルース・エドガー』のケルヴィン・ハリソン・Jrと『エスケープ・ルーム』テイラー・ラッセル。共演は『ある少年の告白』『ベン・イズ・バック』のルーカス・ヘッジズ。音楽はトレント・レズナー アティカス・ロス、その他カニエ・ウエストも提供している。

映画『翔んだカップル』

本作で薬師丸ひろ子は女優の道を進む決心をした映画

映画『翔んだカップル』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。薬師丸ひろ子「相米慎二監督との出会い」が女優に道を開いた
映画『翔んだカップル』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。薬師丸ひろ子「相米慎二監督との出会い」が女優に道を開いた。映画『翔んだカップル』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『翔んだカップル』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『翔んだカップル』の作品情報・概要『翔んだカップル』日本の青春映画(1980年7月26日に東宝系で全国公開)相米慎二初監督作品。脚本は丸山昇一。鶴見辰吾と薬師丸ひろ子の初主演映画。石原真理子のデビュー作。漫画家の柳沢きみおが週刊少年マガジンで連載していた作品を映像化。高校生が“同棲”するというトピックスで人気を博した。

映画『ルース・エドガー』

両親には感謝しているけど、、、、

映画『ルース・エドガー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「良い子」を演じるのは疲れる。人間には二面も三面性もあって良い。人の粗探しにNO!
映画『ルース・エドガー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「良い子」を演じるのは疲れる。人間には二面も三面性もあって良い。人の粗探しにNO!映画『ルース・エドガー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ルース・エドガー』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『ルース・エドガー』の作品情報・概要。ルース・エドガー』原題『Luce』2019年にアメリカ合衆国で公開されたドラマ映画。ジュリアス・オナー監督作品。主演はケルヴィン・ハリソン・Jr。ナオミ・ワッツ、 オクタビア・スペンサー、ティム・ロスが脇を固める。人間が持つ二面性、あるいは単なる思い込みで生まれた疑念から人間関係が崩壊する様を描いている。J・C・リーの戯曲『Luce』を原作ととしている。

『君の名は。』

ある日、突然高校生が入れ替わった

新海誠『君の名は。』ネタバレ解説と考察・評価。巫女さん三葉と瀧の恋は結末。恋は成就したのか
迫り来る彗星。飛騨地方のある町めがけて落ちる運命にある。三葉と滝の時間と距離と空間を超えた恋愛物語をベースの彗星落下による被害から人を守ろうと努力する二人。人名救助にも励む。時間を超えて惹かれ合う。恋の行方はそして人の命を救うことができるのか。いつか二人は再会して新たな恋物語を奏でるのか。

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』

未来へ戻るためにマーフィーは駆け抜けます

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。時間を超えて永遠にヒット&視聴率王
映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。時間を超えて永遠にヒット&視聴率王。映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の作品情報・概要『バック・トゥ・ザ・フューチャー』原題『Back to the Future』1985年のアメリカ映画。SF映画。本作の大ヒットを受けて2、3シリーズ化される。監督はロバート・ゼメキス。主演のマイケル・J・フォックスは本作で世界的大スターの仲間入りを果たす。同年のアカデミー賞では音響効果賞を受賞。

映画『チアダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』

青春のすべてをダンスにかける!

実話映画『チアダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。広瀬すず&中条あやみ超可愛い!「JETS」の偉業!
実話映画『チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』チアダン・ネタバレ・あらすじ・感想・結末。広瀬すず&中条あやみ超可愛い!「JETS」の偉業!チアダン 映画『チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』公式サイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 映画『チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』の作品情報・概要 『チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』(チアダン じょしこうせいがチアダンスでぜんべいせいはしちゃったホントのはなし)2017年3月11日公開の青春映画。広瀬すず主演。監督は河合勇人。脚本は林民夫。福井県立福井商業に赴任した女性教員が女子生徒とチアダンスチーム『JETS』を結成し、全米チアダンス選手権大会で優勝するまでの実話を脚色して映画化。スポ根青春映画。中条あやみ、 山崎紘菜、 富田望生 、福原遥、真剣佑、天海祐希ら出演。

映画『ラストレター』

高校生で母を自殺でなくすなんて、、、

映画『ラストレター』あらすじ・ネタバレ・感想。福山雅治vs松たか子vs岩井俊二が描く“死と再生”物語。“手紙”の錯綜が描くノスタルジー。
映画『ラストレター』あらすじ・ネタバレ・感想。福山雅治vs松たか子vs岩井俊二が描く“死と再生”物語。“手紙”の錯綜が描くノスタルジー。映画『ラストレター』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ラストレター』公式サイトの紹介。『ラストレター』は、2020年1月17日に公開の日本映画。岩井俊二監督作品。主演は松たか子。福山雅治、広瀬すず、森七菜、豊川悦司、中山美穂らら共演。SNSが普及して手紙というやりとりが困難な時代にあえて、手紙を通じて人間関係と自身の成長を築いていく人間成長物語。“死と再生”のテーマ。

映画『かぐや様は告らせたい 天才たちの恋愛頭脳戦』

おバカさん映画ですが、、、、

映画『かぐや様は告らせたい 天才たちの恋愛頭脳戦』作品情報・ネタバレ。橋本環奈vs平野紫耀の美男美女キャスト。恋にプライドは邪魔。
映画『かぐや様は告らせたい 天才たちの恋愛頭脳戦』公式サイトにて作品情報・上映館・お時間もご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。 『かぐや様は告らせたい 天才たちの恋愛頭脳戦』(113分/日本/2019) ...

映画『秒速5センチメートル』

かなり重たい気持ちになりますが、、、

新海誠監督映画『秒速5センチメートル』初恋・ファーストキス・遠距離・再会を通じて成長する青年の心模様は桜の速度。ネタバレ・あらすじ・感想・評価。
『ほしのこえ』『雲のむこう、約束の場所』に続く、新海誠の第3作目の劇場公開作品。小学生の初恋相手の女性への想いを抱きながら生きる青年。短編三部作にまとめて青年の成長を描いている。主人公の貴樹はずっと“秒速3センチメートル”状態のままだ。いつ脱出するのか。それと相まって女性たちは過去を振り切って生きていく強さがある。

映画『ブレス あの波の向こうへ』

サーフィンと青春と友情の果ての“恋愛”

サイモン・ベイカーの初監督映画『ブレス あの波の向こうへ』サーフィン通して友情、恋、青春の素晴らしさを描く。ベン・スペンスとリバー・フェニックスの相違。ネタバレ・あらすじ・感想・評価
サイモン・ベイカーの初監督作品。オーストラリアを代表する作家ティム・ウィントンによる自伝的小説「ブレス 呼吸」を原作に映画化。サーフィンと出会い、夢中になり、友情、恋を通して大人へと成長していく少年たちの姿が描かれる。新鋭ベン・スペンスの演技が良い。最高なのはエリザベス・デビッキだ。強い存在感だ。

 

 

映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』

高校生がスパイダーマンになった日

映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』ネタバレ・あらすじ。高校生のピーターとMJの恋物語。アベンジャーズシリーズは面白いが、追いつけない。
『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』(135分/米/2019) 原題 『Spider-Man: Far From Home』 映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』のオススメ度は? 星3つです。 夏本番...

『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』

タイの高校生のお受験事情

『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』
『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』(130分/泰/2017) 原題  『Bad Genius』 国が豊かになると受験戦争も葉がしくなるものだ。この映画の勢いとキレを見て、タイと言う国が今現在、めまぐるしい発展...
スポンサーリンク

映画『思い、思われ、ふり、ふられ』の作品情報

映画.comより一部引用
スタッフ・キャスト
監督
三木孝浩
原作
咲坂伊緒
脚本
米内山陽子 三木孝浩
製作
市川南
共同製作
村田嘉邦 瓶子吉久 細野義朗 弓矢政法 菊川雄士 吉川英作 森田圭 渡辺章仁 永田勝美 國枝信吾 青井浩 前嶋宏 安部順一 田中祐介
エグゼクティププロデューサー
山内章弘
企画
臼井央 春名慶
プロデュース
臼井央 春名慶
プロデューサー
川田尚広 岸田一晃
撮影
柳田裕男
照明
宮尾康史
録音
豊田真一
美術
矢内京子
装飾
岩井健史
スタイリスト
望月恵
ヘアメイク
荒井智美
編集
坂東直哉
音楽
伊藤ゴロー
劇中音楽
小瀬村晶
主題歌
Official髭男dism
音楽プロデューサー
北原京子
VFXスーパーバイザー
鎌田康介
助監督
井上雄介
製作担当
鳥越道昭
スクリプター
古保美友紀
プロダクション統括
佐藤毅
山本朱里(浜辺美波)
山本理央(北村匠海)
市原由奈(福本莉子)
乾和臣(赤楚衛二)
我妻暖人(上村海成)
亮介(三船海斗)
乾聡太(古川雄輝)
朱里の母(戸田菜穂)
2020年製作/124分/G/日本
配給:東宝

タイトルとURLをコピーしました