2021-11

スポンサーリンク
2021年製作

映画『ミラベルと魔法だらけの家』ネタバレ・あらすじ「声優・斎藤瑠希さんが素晴らしい」感想「魔法(ギフト)が無くても頑張れる」結末「ディズニーが南米を制する日」

映画『ミラベルと魔法だらけの家』ネタバレ・あらすじ「声優・斎藤瑠希さんが素晴らしい」感想「魔法(ギフト)が無くても頑張れる」結末「ディズニーが南米を制する日」映画『ミラベルと魔法だらけの家』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ミラベルと魔法だらけの家』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ミラベルと魔法だらけの家』の作品情報・概要『ミラベルと魔法だらけの家』原題『Encanto』2021年11月24日に公開されたアメリカ合衆国のコンピュータアニメーション・ファンタジー・ミュージカル映画。バイロン・ハワードとジャレッド・ブッシュ監督作品。ウォルト・ディズニー・ピクチャーズとウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ製作。活気溢れる南米コロンビアの奥地に佇む、魔法の力を持つ不思議な家が舞台。そこに住むマドリガル家に生まれる子どもたちを主軸に展開していく。
いじめ・陰湿映画

映画『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』ネタバレ・あらすじ「ダニエル・ラドクリフってハンサムじゃん」感想「エマ・ワトソンってやっぱり将来性があった」結末「イギリス映画って独特」

映画『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』ネタバレ・あらすじ「ダニエル・ラドクリフってハンサムじゃん」感想「エマ・ワトソンってやっぱり将来性があった」結末「イギリス映画って独特」 映画『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。 映画『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』の作品情報・概要 『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』原題『Harry Potter and the Goblet of Fire』マイク・ニューウェル監督作品。イギリスの児童文学作家、J・K・ローリングが2000年に発表した、子供向けのファンタジー小説『ハリー・ポッター』シリーズの第4巻を映画化した作品(2001年のヒューゴー賞(長編小説)を受賞)ホグワーツ魔法魔術学校の4年生となったハリー・ポッター(ダニエル・ラドクリフ) が、望まないまま三大魔法学校対抗試合の選手となり、その裏に史上最悪の魔法使いヴォルデモート卿(レイフ・ファインズ)の謀略を感じつつ、厳しい試練に立ち向かう一年間を描く。ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソン、ゲイリー・オールドマン、マイケル・ガンボン、マギー・スミス、アラン・リックマン、ロビー・コルトレーンらが出演。興行収入110億円。
2021年製作

【ネタバレ酷評】映画『そして、バトンは渡された』ネタバレ・あらすじ「永野芽郁だけが良い」感想「脚本が稚拙」結末「原作小説は素晴らしい」

【ネタバレ酷評】映画『そして、バトンは渡された』ネタバレ・あらすじ「永野芽郁だけが良い」感想「脚本が稚拙」結末「原作小説は素晴らしい」 映画『そして、バトンは渡された』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『そして、バトンは渡された』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『そして、バトンは渡された』の作品情報・概要 『そして、バトンは渡された』2021年製作の日本映画。前田哲監督作品。第16回本屋大賞を受賞した瀬尾まいこの同名ベストセラー小説を映画化。永野芽郁、田中圭(映画『哀愁しんでれら』や映画『美人が婚活してみたら』)、岡田健史(映画『望み』や映画『奥様は、取り扱い注意』)、稲垣来泉(映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』)、朝比奈彩、安藤裕子 、戸田菜穂(映画『思い、思われ、ふり、ふられ』) 、木野花(映画『MOTHER マザー』や映画『閉鎖病棟 それぞれの朝』)、石原さとみ(映画『胸が鳴るのは君のせい』)、大森南朋(映画『空に住む』や映画『コクリコ坂から』や映画『この道』)市村正親(映画『燃えよ剣』)らが出演。血のつながらない親の間をリレーされ、これまで4回も名字が変わった優子を主軸に「家族とは?」「親とは?」について掘り下げている。原作小説とは大きく異なる結末となっている。
2019年製作

映画『ほんとうのピノッキオ』ネタバレ・あらすじ「ロベルト・ベニーニ出演!」感想「マッテオ・ガローネ監督の才能にため息」結末「子どもに観て欲しい映画」

映画『ほんとうのピノッキオ』ネタバレ・あらすじ「ロベルト・ベニーニ出演!」感想「マッテオ・ガローネ監督の才能にため息」結末「子どもに観て欲しい映画」 映画『ほんとうのピノッキオ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ほんとうのピノッキオ』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。 映画『ほんとうのピノッキオ』の作品情報・概要 『ほんとうのピノッキオ』原題『Pinocchio』2019年のイタリアのファンタジー映画。マッテオ・ガローネ監督作品(映画『ドッグマン』)。カルロ・コッローディの『ピノッキオの冒険』を原作を映画化。マッテオ・ガローネは脚本・製作も務めている。主要キャストはロベルト・ベニーニ(映画『ライフ・イズ・ビューティフル』)、フェデリコ・エラピ、ロッコ・パパレオ(映画『ザ・プレイス 運命の交差点』)、マッシモ・チョッケリニ、マリーヌ・バクト、ジジ・プロイエッティ、アリーダ・バルダリ・カラブリア、マリア・ピア・ティモ、マッシミリアーノ・ガッロ、ジャンフランコ・ガッロ(映画『トスカーナの幸せレシピ』)、ダビデ・マロッタ、テコ・セリオ出演らが出演。
2021年製作

映画『エターナルズ』ネタバレ・あらすじ「アンジェリーナ・ジョリー案外良いかも」感想「ヒーローが多すぎる」結末「マーベルは観なきゃいけない!という強迫観念」

映画『エターナルズ』ネタバレ・あらすじ「アンジェリーナ・ジョリー案外良いかも」感想「ヒーローが多すぎる」結末「マーベルは観なきゃいけない!という強迫観念」映画『エターナルズ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『エターナルズ』IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『エターナルズ』の作品情報・概要『エターナルズ』原題『Eternals』クロエ・ジャオが監督作品(映画『ノマドランド』)。マーベル・コミックの同名の種族をベースとした、2021年のアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画。マーベル・スタジオが製作。ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズが配給。マーベル・シネマティック・ユニバースの第26作目。ジャオとパトリック・バーリー、ライアン・フィルポ、マシュー・フィルポが脚本を務め、ジェンマ・チャン(映画『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』)、リチャード・マッデン(映画『ロケットマン』)、クメイル・ナンジアニ、リア・マクヒュー、ブライアン・タイリー・ヘンリー、ローレン・リドロフ、バリー・コーガン(映画『アメリカン・アニマルズ』)、ドン・リー(映画『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』)、キット・ハリントン、サルマ・ハエック(映画『ハミングバード・プロジェクト 0.001秒の男たち』)、アンジェリーナ・ジョリー(映画『モンタナの目撃者』)らが出演。半分に減った地球の人口が戻った後、地球にある危機が迫り、セレスティアルズによって生み出され7000年以上人類を導き見守り地球で密かに暮らしていた不死の宇宙種族エターナルズは邪悪なディヴィアンツから地球を守ることになり、再び集結することとなる。
2021年製作

映画『ハロウィン KILLS』ネタバレ・あらすじ「アメリカのキッズの恐怖!ブギーマンってなに?」感想「予定調和有り!安心して観よう!」結末「歓迎!シリーズ化」

映画『ハロウィン KILLS』ネタバレ・あらすじ「アメリカのキッズの恐怖!ブギーマンってなに?」感想「予定調和有り!安心して観よう!」結末「歓迎!シリーズ化」映画『ハロウィン KILLS』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ハロウィン KILLS』IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ハロウィン KILLS』の作品情報・概要『ハロウィン KILLS』原題『Halloween Kills』2021年公開予定のアメリカ合衆国のスラッシャー映画。デヴィッド・ゴードン・グリーン監督作品。脚本はグリーン、ダニー・マクブライド、スコット・ティームスが務める。2018年の『ハロウィン』の続編。ジェイミー・リー・カーティス(映画『ハロウィン』)、ジュディ・グリア(映画『ジュラシック・ワールド』や映画『ジョン・デロリアン』)、アンディ・マティチャック、ジェームズ・ジュード・コートニー、アンソニー・マイケル・ホール、カイル・リチャーズ、ウィル・パットン(映画『ミナリ』)、トーマス・マン、ナンシー・スティーブンス、ニック・キャッスル、ディラン・アーノルドらが出演。「ハロウィン」フランチャイズの第12作目。予定調和のスプラッター&ホラー映画です。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました