日本映画

スポンサーリンク
いじめ・陰湿映画

映画『時をかける少女(2006)』ネタバレ・あらすじ「細田守監督代表作」感想「筒井康隆小説」結末「仲里依紗vs原田知世」

映画『時をかける少女(2006)』ネタバレ・あらすじ「細田守監督代表作」感想「筒井康隆小説」結末「仲里依紗vs原田知世」映画『時をかける少女(2006)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『時をかける少女(2006)』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『時をかける少女(2006)』の作品情報・概要『時をかける少女』細田守監督作品(映画『竜とそばかすの姫』)。英題『THE GIRL WHO LEAPT THROUGH TIME』2006年7月15日に角川ヘラルド映画から公開された日本のSFアニメ映画。原作は筒井康隆。アニメーション制作はマッドハウス。 第30回 日本アカデミー賞(2007年)ではアニメーション作品賞を受賞。キャッチコピーは「待ってられない 未来がある。」オリジナル映画は原田知世主演(映画『あなたの番です 劇場版』)、大林宣彦監督(映画『ふりむけば愛』)の『時をかける少女』がある。声優は仲里依紗(『生きてるだけで、愛。』)、石田卓也、板倉光隆、垣内彩未、谷村美月、関戸優希、桂歌若、安藤みどり、立木文彦(映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』や映画『リメンバー・ミー』)、山本圭子らが担当。
2022年製作

映画『PLAN 75』ネタバレ・あらすじ「死がテーマ?」感想「不寛容な社会がテーマ」結末「早川千絵監督は頭が良い」

映画『PLAN 75』ネタバレ・あらすじ「死がテーマ?」感想「不寛容な社会がテーマ」結末「早川千絵監督は頭が良い」映画『PLAN 75』の作品情報・概要映画『PLAN 75』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『PLAN 75』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。 『PLAN 75』2022年6月17日に公開された映画作品。早川千絵監督作品。日本・フランス・フィリピン・カタール合作。75歳以上の高齢者に対して自らの生死の権利を保障し、支援する制度「PLAN 75」の施行に伴う制度の対象者たちや市役所の職員、スタッフの苦悩を描く。主演は本作が9年ぶりの映画主演作となる倍賞千恵子(映画『ハウルの動く城』や映画『小さいおうち』や映画「天気の子」)。磯村勇斗(映画『ホリック xxxHOLiC』や映画『前科者』や映画『ヤクザと家族 The Family』)、たかお鷹(映画『MOTHER マザー』や映画『決戦は日曜日』)、河合優実(映画『ちょっと思い出しただけ』や映画『サマーフィルムにのって』)、ステファニー・アリアン、大方斐紗子(『あなたの番です 劇場版』や映画『閉鎖病棟 それぞれの朝』)、串田和美(映画『誰も知らない』)らが出演。
2022年製作

映画『バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版』ネタバレ・あらすじ「ディーン・フジオカvs岩田剛典」感想「美しすぎる」結末「シリーズ化決定でしょ!」

映画『バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版』ネタバレ・あらすじ「ディーン・フジオカvs岩田剛典」感想「美しすぎる」結末「シリーズ化決定でしょ!」 映画『バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版』の作品情報・概要 『バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版』2022年6月17日に公開の日本映画。西谷弘監督作品。主演はディーン・フジオカ。岩田剛典、新木優子、広末涼子、村上虹郎、渋川清彦、西村まさ彦、山田真歩、佐々木蔵之介、小泉孝太郎、稲森いずみ、椎名桔平らが出演。アーサー・コナン・ドイルが執筆した『シャーロック・ホームズシリーズ』の長編小説の一作『バスカヴィル家の犬』を原作にしている。
2022年製作

映画『ドラゴンボール超(スーパー) スーパーヒーロー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。

映画『ドラゴンボール超(スーパー) スーパーヒーロー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。映画『ドラゴンボール超(スーパー) スーパーヒーロー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ドラゴンボール超(スーパー) スーパーヒーロー』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ドラゴンボール超(スーパー) スーパーヒーロー』の作品情報・概要『ドラゴンボール超 スーパーヒーロー』英題『 Dragon Ball Super: SUPER HERO』2022年6月11日に公開された日本のアニメーション映画。アニメ『ドラゴンボール』シリーズの劇場版21作目。キャッチコピーは「レッドリボン軍 超極秘作戦、開始!」「鳥山明 渾身の、超バトルアクション誕生!」。野沢雅子、古川登志夫、堀川りょう、久川綾、草尾毅、皆口裕子、田中真弓、伊藤美紀、神谷浩史、宮野真守、入野自由、ボルケーノ太田、竹内良太らが声優を演じる。
2022年製作

映画『ハケンアニメ!』ネタバレ・あらすじ「吉岡里帆vs中村倫也」感想「柄本佑適役!」結末「好きを、つらぬけ。」って大事!

映画『ハケンアニメ!』ネタバレ・あらすじ「吉岡里帆vs中村倫也」感想「柄本佑適役!」結末「好きを、つらぬけ。」って大事!映画『ハケンアニメ!』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ハケンアニメ!』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ハケンアニメ!』の作品情報・概要『ハケンアニメ!』直木賞作家・辻村深月(映画『朝が来る』)がアニメ業界で奮闘する人々の姿を描いた小説「ハケンアニメ!」を映画化。吉野耕平監督作品。地方公務員からアニメ業界に飛び込んだ新人監督・斎藤瞳は、デビュー作で憧れの天才監督・王子千晴と業界の覇権をかけて争う。吉岡里帆(映画『ホリック xxxHOLiC』や映画『見えない目撃者』や『パラレルワールド・ラブストーリー』)、中村倫也(映画『ウェディング・ハイ』や映画『ファーストラヴ』や映画『私をくいとめて』)、柄本佑(映画『青くて痛くて脆い』)、尾野真千子(映画『ヤクザと家族 The Family』)、工藤阿須加、小野花梨(映画『Ribbon』や映画『Bittersand』)、高野麻里佳、前野朋哉、矢柴俊博、新谷真弓、松角洋平、水間ロン、前原滉、みのすけ、古舘寛治、徳井優、六角精児(映画『すばらしき世界』や映画『大怪獣のあとしまつ』)、梶裕貴(映画『天気の子』や映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』)らが出演。
ヒューマン映画

映画『涙そうそう』ネタバレ・あらすじ「長澤まさみが可愛すぎる」感想「禁断の兄妹愛に?」結末「こんな妹が欲しい」

映画『涙そうそう』ネタバレ・あらすじ「長澤まさみが可愛すぎる」感想「禁断の兄妹愛に?」結末「こんな妹が欲しい」 映画『涙そうそう』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『涙そうそう』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『涙そうそう』の作品情報・概要『涙そうそう』2006年の日本映画。土井裕泰監督作品(映画『花束みたいな恋をした』映画『罪の声』)。主演は妻夫木聡(映画『小さいおうち』や映画『浅田家!』や映画『一度死んでみた』)と長澤まさみ(映画『シン・ウルトラマン』や映画『MOTHER マザー』や映画『コンフィデンスマンJP 英雄編』や映画『コクリコ坂から』)。TBSテレビ50周年記念企画「涙そうそうプロジェクト」の劇場映画化作品。歌謡曲「涙そうそう」(作詞:森山良子・作曲:BEGIN)の歌詞をモチーフに映画化。沖縄で生まれ育った血のつながらない兄妹が織りなす、切ない愛の物語を描く。麻生久美子(映画『モテキ』や映画『マスカレード・ナイト』や映画『翔んで埼玉』)、塚本高史(映画『貞子』)、中村達也、平良とみ、森下愛子、大森南朋(『この道』や映画『空に住む』や映画『そして、バトンは渡された』)、船越英一郎、橋爪功(映画『DESTINY 鎌倉ものがたり』や映画『ある船頭の話』)、小泉今日子らが出演。
2022年製作

映画『死刑にいたる病』ネタバレ・あらすじ「阿部サダヲが怖い」感想「岡田健史くん成長した」結末「美男・岩田剛典くんが!」

映画『死刑にいたる病』ネタバレ・あらすじ「阿部サダヲが怖い」感想「岡田健史くん成長した」結末「美男・岩田剛典くんが!」映画『死刑にいたる病』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『死刑にいたる病』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『死刑にいたる病』の作品情報・概要『死刑にいたる病』白石和彌監督作品(映画『孤狼の血 LEVEL2』や映画『凪待ち』)。櫛木理宇による長編サスペンス小説を映画化。連続殺人鬼である榛村大和から手紙を受け取った大学生の筧井雅也。彼から「罪は認める。しかし最後の1件だけは冤罪だ。最後の1件を誰が行ったかを調べてほしい」と依頼を受けて奔走する。DV・虐待、養護施設問題、さらに死刑制度へ是非についても提起している。サイコキラーがいかにして人の心をコントロールして描写が良い。主演の阿部サダヲ(映画『MOTHER マザー』)の怪演が背筋を寒くさせる。岡田健史(映画『望み』や映画『そして、バトンは渡された』や映画『奥様は、取り扱い注意』)、岩田剛典(映画『空に住む』や映画『ウェディング・ハイ』)、宮崎優(映画『うみべの女の子』)、鈴木卓爾、佐藤玲、赤ペン瀧川、大下ヒロト(映画『あの頃。』)、吉澤健(『麻雀放浪記2020』)、音尾琢真、岩井志麻子、コージ・トクダ、中山美穂(映画『ラストレター』)らが出演。
2022.05.16
2021年製作

映画『シン・ウルトラマン』ネタバレ・あらすじ「成田亨さんと佐々木明さんへの深い尊敬」感想「斎藤工&長澤まさみは綺麗」結末「庵野秀明&樋口真嗣は最高最強!」

映画『シン・ウルトラマン』ネタバレ・あらすじ「成田亨さんと佐々木明さんへの深い尊敬」感想「斎藤工&長澤まさみは綺麗」結末「庵野秀明&樋口真嗣は最高最強!」映画『シン・ウルトラマン』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『シン・ウルトラマン』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『シン・ウルトラマン』の作品情報・概要 『シン・ウルトラマン』2022年5月13日公開予定の日本のSF特撮映画。樋口真嗣監督作品。企画・脚本の庵野秀明(映画『風立ちぬ』や映画『ラストレター』)。ウルトラマンのデザイナーである成田亨さんと佐々木明さんへの深い尊敬の念が込めれている。カラータイマーはない。1966年に放送された特撮テレビドラマ『ウルトラマン』を現在の時代に置き換えた「リブート」映画。タイトルロゴには「空想特撮映画」と表記される。円谷プロダクション、東宝、カラーが共同で製作。キャッチコピーは「そんなに人間が好きになったのか、ウルトラマン。」「空想と浪漫。そして、友情。」斎藤工(映画『糸』や『麻雀放浪記2020』)、長澤まさみ(映画『MOTHER マザー』や映画『コンフィデンスマンJP 英雄編』や映画『すばらしき世界』や映画『コクリコ坂から』)、有岡大貴、早見あかり、田中哲司 (映画『余命10年』や映画『あなたの番です 劇場版』や映画『ホタル』)、西島秀俊(映画『ドライブ・マイ・カー』や映画『奥様は、取り扱い注意』)、山本耕史(映画『ザ・マジックアワー』) 、岩松了(映画『花束みたいな恋をした』や映画『ヤクザと家族 The Family』)、嶋田久作(映画『カイジ2 人生奪回ゲーム』)、益岡徹(映画『おとなの事情 スマホをのぞいたら』)、長塚圭史、山崎一、和田聰宏(映画『引っ越し大名!』)、津田健次郎らが出演。主題歌は米津玄師(映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』)。
2022.05.16
2022年製作

映画『流浪の月』ネタバレ・あらすじ「事実と真実は異なる」感想「15年後再会した加害者と被害者の恋愛」結末「障害を乗り越えて成就」

映画『流浪の月』ネタバレ・あらすじ「事実と真実は異なる」感想「15年後再会した加害者と被害者の恋愛」結末「障害を乗り越えて成就」映画『流浪の月』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『流浪の月』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。 映画『流浪の月』の作品情報・概要『流浪の月』李相日監督作品。2020年の本屋大賞に輝いた凪良ゆうの小説『流浪の月』を映画化。誘拐事件の“被害女児”だった女性と、その事件の“加害者”とされた当時19歳の大学生の物語。いつまでも消えない“被害女児”と“加害者”というレッテルを貼られながらも惹かれあう2人を描いた作品です。主演は広瀬すず(映画『いのちの停車場』や映画『海街diary』)、松坂桃李(映画『孤狼の血 LEVEL2』や映画『新聞記者』)。横浜流星(映画『嘘喰い』や映画『あなたの番です 劇場版』)、多部未華子(映画『空に住む』)、趣里(『生きてるだけで、愛。』や映画『ホリック xxxHOLiC』)、三浦貴大(映画『大綱引の恋』や映画『大コメ騒動』)、白鳥玉季、増田光桜、内田也哉子、柄本明(映画『ある船頭の話』や映画『ノイズ』や映画『セーラー服と機関銃』や映画『楽園』)らが出演。
2022.06.26
2018年製作

映画『嘘を愛する女』ネタバレ・あらすじ「長澤まさみ最高!」感想「長澤まさみ美人すぎる」結末「長澤まさみNo. 1」

映画『嘘を愛する女』ネタバレ・あらすじ「長澤まさみ最高!」感想「長澤まさみ美人すぎる」結末「長澤まさみNo. 1」映画『嘘を愛する女』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『嘘を愛する女』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『嘘を愛する女』の作品情報・概要 『嘘を愛する女』、2018年1月20日公開の日本映画。中江和仁監督作品。TSUTAYA CREATERS'PROGRAM FILM 2015のグランプリ作品。中江は朝日新聞の記事「夫は だれだった」から着想を得た。長澤まさみ主演(映画『MOTHER マザー』や映画『すばらしき世界』や映画『キングダム』)。他に高橋一生(映画『スパイの妻 劇場版』や映画『引っ越し大名!』)、DAIGO(映画『ドクター・デスの遺産 BLACK FILE』)、川栄李奈(映画『Diner ダイナー』)、野波麻帆 (映画『モテキ』や映画『浅田家!』)、初音映莉子、嶋田久作(映画『大怪獣のあとしまつ』や映画『一度死んでみた』や映画『カイジ2 人生奪回ゲーム』)、奥貫薫、津嘉山正種(映画『あのこは貴族』)、黒木瞳、吉田鋼太郎(映画『孤狼の血 LEVEL2』や映画『カイジ ファイナルゲーム』)らが出演。
2022.05.11
SF映画

映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』ネタバレ・あらすじ「緒方恵美の声の魅力」感想「庵野秀明総監督」結末「シンジはどこへ行く?」

映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』ネタバレ・あらすじ「緒方恵美の声の魅力」感想「庵野秀明総監督」結末「シンジはどこへ行く?」 映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』の作品情報・概要 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』英題『EVANGELION:2.0 YOU CAN (NOT) ADVANCE.』2009年6月27日に公開された日本のアニメーション映画。庵野秀明が総監督、脚本、製作総指揮を務める。社会現象を巻き起こしたTVアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」を新たに描き直す劇場版4部作の第2部『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』。社会現象を巻き起こしたTVアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」を新たに描き直して公開。声優は緒方恵美(映画『劇場版 呪術廻戦 0』や映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』や映画『ゴーストバスターズ アフターライフ』)、林原めぐみ(映画『名探偵コナン 緋色の弾丸』や映画『ミュウツーの逆襲 EVOLUTION』)、宮村優子、坂本真綾(映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第二章』や映画『Fate/Grand Order 終局特異点 冠位時間神殿ソロモン』)、三石琴乃(映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』)、山口由里子、山寺宏一(映画『魔女の宅急便(1989)』や映画『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2』)、石田彰(映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』)、立木文彦(映画『仮面ライダー ビヨンド・ジェネレーションズ』)、清川元夢、長沢美樹、子安武人、優希比呂、関智一(映画『ミラベルと魔法だらけの家』や映画『ロン 僕のポンコツ・ボット』)、岩永哲哉、岩男潤子らが出演。  
2022.05.11
2022年製作

映画『ホリック xxxHOLiC』ネタバレ・あらすじ「永遠の高校生・神木隆之介」感想「蜷川実花の極彩色」結末「シリーズ化あるか」

映画『ホリック xxxHOLiC』ネタバレ・あらすじ「永遠の高校生・神木隆之介」感想「蜷川実花の極彩色」結末「シリーズ化あるか」映画『ホリック xxxHOLiC』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ホリック xxxHOLiC』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ホリック xxxHOLiC』の作品情報・概要 『ホリック xxxHOLiC』2022年の日本映画。創作集団「CLAMP」の大ヒットコミック「xxxHOLiC」を、「Diner ダイナー」「ヘルタースケルター」の蜷川実花監督が実写映画化。人の心の闇に寄り憑く“アヤカシ”が見えてしまう男子高校生・四月一日君尋(ワタヌキ・キミヒロ)を主軸に展開。神木隆之介(映画『ノイズ』や映画『借りぐらしのアリエッティ』や映画『ラストレター』や映画『君の名は。』)、柴咲コウ(映画『燃えよ剣』や映画『世界の中心で、愛をさけぶ』や映画『クルエラ』)、松村北斗、玉城ティナ(映画『竜とそばかすの姫』や映画『Diner ダイナー』)、趣里(映画『空白』や映画『生きてるだけで、愛。』)、DAOKO、シモトーラ世理奈、西野七瀬(映画『あなたの番です 劇場版』や映画『孤狼の血 LEVEL2』)、大原櫻子(映画『チアダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』)、てんちむ、橋本愛、磯村勇斗(映画『前科者』や映画『ヤクザと家族 The Family』)、吉岡里帆(映画『見えない目撃者』や映画『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』)らが出演。
2022.05.26
アニメーション

映画『崖の上のポニョ』ネタバレ・あらすじ「宮崎駿原作・脚本・監督作品」感想「人間になりたいポニョ」結末「声優は神月柚莉愛(奈良柚莉愛)」

映画『崖の上のポニョ』ネタバレ・あらすじ「宮崎駿原作・脚本・監督作品」感想「人間になりたいポニョ」結末「声優は神月柚莉愛(奈良柚莉愛)」映画『崖の上のポニョ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『崖の上のポニョ』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『崖の上のポニョ』の作品情報・概要『崖の上のポニョ』英題『Ponyo』スタジオジブリ制作の長編アニメーション映画。宮崎駿原作・脚本・監督作品。海沿いの街を舞台に、「人間になりたい」と願うさかなの子・ポニョと5歳の少年・宗介の物語。声優は奈良柚莉愛、土井洋輝、山口智子、長嶋一茂、天海祐希(映画『カイジ 人生逆転ゲーム』や映画『チアダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』や映画『ザ・マジックアワー』)、所ジョージ(映画『トイ・ストーリー3』)、柊瑠美(映画『千と千尋の神隠し』や映画『コクリコ坂から』や映画『劇場版 アーヤと魔女』)、矢野顕子、吉行和子(映画『小さいおうち』や映画『あいつと私(1961)』)、奈良岡朋子(映画『ふりむけば愛』や映画『鉄道員(ぽっぽや)』や映画『ホタル』)、左時枝(映画『大コメ騒動』)、竹口安芸子、山本与志恵らが担当。
2022.05.11
いじめ・陰湿映画

映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』ネタバレ・あらすじ「邦画アニメの歴史が変わった」感想「庵野秀明総監督降臨」結末「碇シンジ・緒方恵美 」

映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』ネタバレ・あらすじ「邦画アニメの歴史が変わった」感想「庵野秀明総監督降臨」結末「碇シンジ・緒方恵美 」 映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』の作品情報・概要『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』(EVANGELION:1.0 YOU ARE (NOT) ALONE.)2007年9月1日に公開された日本のアニメーション映画。庵野秀明が総監督・脚本を務める。『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』4部作の第1作にあたる。スタジオカラー設立第1回作品でもある。 画コンテは樋口真嗣が担当。声優は緒方恵美(映画『劇場版 呪術廻戦 0』や映画『SING シング ネクストステージ』や映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』)、林原めぐみ(映画『名探偵コナン 緋色の弾丸』や映画『名探偵コナン ハロウィンの花嫁』)、三石琴乃、山口由里子、石田彰(映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』や映画『「はたらく細胞!!」最強の敵、再び。体の中は“腸”大騒ぎ!』)、立木文彦(映画『仮面ライダー ビヨンド・ジェネレーションズ』や映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』)、清川元夢、長沢美樹、子安武人(映画『ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 永遠と自動手記人形』)、優希比呂、関智一(映画『ミラベルと魔法だらけの家』や映画『ロン 僕のポンコツ・ボット』)、岩永哲哉、岩男潤子、麦人、西村知道、宇垣秀成、中博史、丸山詠二、大原さやか(『君の名は。』)、永野広一 らが担当。
アニメーション

映画『魔女の宅急便(1989)』ネタバレ・あらすじ「宮崎駿監督」感想「荒井由実(ユーミン)楽曲」結末「クロネコヤマト業績アップ」

映画『魔女の宅急便(1989)』ネタバレ・あらすじ「宮崎駿監督」感想「荒井由実(ユーミン)楽曲」結末「クロネコヤマト運輸業績アップ」映画『魔女の宅急便(1989)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『魔女の宅急便(1989)』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『魔女の宅急便(1989)』の作品情報・概要『魔女の宅急便』英題『Kiki’s Delivery Service』スタジオジブリ制作の日本のアニメーション映画作品。スタジオジブリにおける宮崎駿監督の長編映画としては初の、他者の原作による作品である。主題歌には荒井由実の楽曲が採用された。略称は「魔女宅」(まじょたく)原作は角野栄子の児童文学『魔女の宅急便』ヤマト運輸がスポンサーとなっている。声優は高山みなみ(映画『耳をすませば(1995)』や映画『名探偵コナン ハロウィンの花嫁』)、佐久間レイ、信沢三恵子、戸田恵子(映画『花束みたいな恋をした』や映画『ザ・マジックアワー』や映画『トイ・ストーリー4』)、山口勝平、関弘子(映画『紅の豚』や映画『太陽の季節』)、三浦浩一、加藤治子(映画『ハウルの動く城』や映画『霧の旗(1977)』)、斉藤昌、土井美加、浅井淑子らが担当している。
2022.04.27
2021年製作

映画『名探偵コナン 緋色の弾丸』ネタバレ·あらすじ「高山みなみ最高!」感想「コナンがいるから事件が起きる?」結末「金ロー視聴率は?」

映画『名探偵コナン 緋色の弾丸』ネタバレ·あらすじ「高山みなみ最高!」感想「コナンがいるから事件が起きる?」結末「金ロー視聴率は?」映画『名探偵コナン 緋色の弾丸』のあらすじ·ネタバレ·解説·感想·評価から作品概要·キャスト·予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『名探偵コナン 緋色の弾丸』公式サイト·IMDbサイト· Rotten Tomatoesサイトにて作品情報·キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『名探偵コナン 緋色の弾丸』の作品情報·概要『名探偵コナン 緋色の弾丸』2021年4月16日公開のアニメ映画。青山剛昌の人気コミックをアニメ化した大ヒットシリーズ「名探偵コナン」の劇場版24作目。キャッチコピーは「一家(ファミリー)、集結──」「引き裂かれた運命――― いま〈世界〉が動き出す」「この真相、最高機密(トップシークレット)」。高山みなみ(映画『耳をすませば(1995)』)、山崎和佳奈(映画『名探偵コナン ハロウィンの花嫁』)、小山力也(映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』)、池田秀一、緒方賢一、岩居由希子、高木渉、大谷育江(映画『となりのトトロ』)、林原めぐみ(映画『SING シング ネクストステージ』)、浜辺美波(映画『思い、思われ、ふり、ふられ』や映画『君の膵臓をたべたい(2017)』や映画『アルキメデスの大戦』)らが出演。
2022年製作

映画『名探偵コナン ハロウィンの花嫁』ネタバレ・あらすじ「BUMP OF CHICKEN主題歌」感想「渋谷大パニック?」結末「コナンに最強の敵あらわる」

映画『名探偵コナン ハロウィンの花嫁』ネタバレ・あらすじ「BUMP OF CHICKEN主題歌」感想「渋谷大パニック?」結末「コナンに最強の敵あらわる」映画『名探偵コナン ハロウィンの花嫁』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『名探偵コナン ハロウィンの花嫁』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『名探偵コナン ハロウィンの花嫁』の作品情報・概要『名探偵コナン ハロウィンの花嫁』2022年4月15日公開のアニメ映画。満仲勧監督作品。青山剛昌原作の大ヒット映画『名探偵コナン』シリーズ劇場版25作目にあたる。キャッチコピーは「永遠の愛、誓ってもいいよね?」「真実を守り抜け─ 火が灯された運命のスクランブル!!」
2022年製作

映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第二章』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。

映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第二章』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第二章』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第二章』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第二章』の作品情報・概要 『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第二章』多田俊介監督作品。過去にアニメ化もされた田中芳樹の大長編SF小説「銀河英雄伝説」を、Production I.G制作で新たにアニメ化した「銀河英雄伝説 Die Neue These(ディ・ノイエ・テーゼ)」。2018年のファーストシーズン「邂逅」(第1~12話)、19年のセカンドシーズン「星乱」(13~24話)に続くサードシーズン「激突」全12話を3章に分けて上映する劇場上映版の第2章。
2022年製作

映画『映画 おそ松さん』ネタバレ・あらすじ「アイドルの顔は綺麗すぎる」感想「クズ兄弟でも許せる」結末「ジャニーズ最強「Snow Man」」

映画『映画 おそ松さん』ネタバレ・あらすじ「アイドルの顔は綺麗すぎる」感想「クズ兄弟でも許せる」結末「ジャニーズ最強「Snow Man」」 映画『映画 おそ松さん』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『映画 おそ松さん』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。 映画『映画 おそ松さん』の作品情報・概要 『映画 おそ松さん』2022年製作の邦画コメディ。英勉監督作品。ギャク漫画の王様・赤塚不二夫の名作漫画「おそ松くん」に登場する6つ子たちが、自堕落な生活を送るニートの大人になった姿を描いて人気を集めたギャグアニメ「おそ松さん」を、ジャニーズ事務所所属のアイドルグループ「Snow Man」の主演で実写映画化。向井康二、岩本照、目黒蓮、深澤辰哉、佐久間大介、ラウール、渡辺翔太、阿部亮平、宮舘涼太、高橋ひかる、前川泰之、桜田ひより(映画『おとなの事情 スマホをのぞいたら』や映画『男はつらいよ お帰り 寅さん』)、濱田マリ(映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』)、光石研(映画『セーラー服と機関銃』や映画『蜜蜂と遠雷』や映画『カイジ2 人生奪回ゲーム』)らが出演。 
2022.03.27
アニメーション

映画『耳をすませば(1995)』ネタバレ・あらすじ「近藤喜文監督」感想「柊あおい原作」結末「何かを作る」少年少女の青春劇

映画『耳をすませば(1995)』ネタバレ・あらすじ「近藤喜文監督」感想「柊あおい原作」結末「何かを作る」少年少女の青春劇 映画『耳をすませば(1995)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『耳をすませば(1995)』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。 映画『耳をすませば(1995)』の作品情報・概要 『耳をすませば』英題『Whisper of the Heart』近藤喜文監督作品。1995年にスタジオジブリが制作したアニメーション映画作品。オリジナルは柊あおいの漫画作品。『りぼん』1989年8月号 から11月号にて連載された。
2022年製作

映画『ウェディング・ハイ』ネタバレ・あらすじ「おバカ映画万歳!」感想「ドタバタうるさい」結末「小学生には受ける!」

映画『ウェディング・ハイ』ネタバレ・あらすじ「おバカ映画万歳!」感想「ドタバタうるさい」結末「小学生には受ける!」映画『ウェディング・ハイ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ウェディング・ハイ』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ウェディング・ハイ』の作品情報・概要『ウェディング・ハイ』2022年3月12日に公開された日本映画。大九明子監督作品(映画『私をくいとめて』や映画『美人が婚活してみたら』)。脚本はバカリズム。主演は篠原涼子。中村倫也(映画『人数の町』や映画『ファーストラヴ』)、関水渚(映画『コンフィデンスマンJP 英雄編』や映画『カイジ ファイナルゲーム』)、岩田剛典(映画『空に住む』)、中尾明慶(映画『今夜、ロマンス劇場で』)、浅利陽介(映画『奥様は、取り扱い注意』)、前野朋哉(映画『ドクター・デスの遺産 BLACK FILE』や映画『一度死んでみた』)、泉澤祐希(映画『マスカレード・ナイト』や映画『今日から俺は!!劇場版』)、佐藤晴美、宮尾俊太郎、六角精児(映画『大怪獣のあとしまつ』や映画『すばらしき世界』)、尾美としのり(映画『翔んだカップル』や映画『37セカンズ』)、池田鉄洋、臼田あさ美(映画『蜜蜂と遠雷』)、片桐はいりらが出演。結婚式見られる“あるある”をふんだんに詰め込んだドタバタコメディ映画。
2022.05.26
2021年製作

映画『吟ずる者たち』ネタバレ・あらすじ「比嘉愛未さんの嘔吐にゲンナリ」感想「脚本がイマイチ」結末「地域おこし映画は難しい」

映画『吟ずる者たち』ネタバレ・あらすじ「比嘉愛未さんの嘔吐にゲンナリ」感想「脚本がイマイチ」結末「地域おこし映画は難しい」映画『吟ずる者たち』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『吟ずる者たち』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。 映画『吟ずる者たち』の作品情報・概要映画『吟ずる者たち』2022年製作の日本の歴史映画。油谷誠至監督作品。日本で初めて軟水醸造法を確立し、吟醸醸造の父と呼ばれた三浦仙三郎の実話を基に製作。比嘉愛未(映画『大綱引の恋』)、戸田菜穂(映画『そして、バトンは渡された』や映画『思い、思われ、ふり、ふられ』)、渋谷天外、ひろみどり、大森ヒロシ 、山口良一 、今井れん、中尾暢樹、中村久美、奥村知史、川上麻衣子 、丘みつ子、大和田獏、中村俊介らが出演。
2021年製作

映画『Ribbon』ネタバレ・あらすじ「のんちゃん“吐露”を受け止めた」感想「頑張れと叫んだ」結末「すごい才能だ!」

映画『Ribbon』ネタバレ・あらすじ「のんちゃん“吐露”を受け止めた」感想「頑張れと叫んだ」結末「すごい才能だ!」映画『Ribbon』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『Ribbon』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『Ribbon』の作品情報・概要『Ribbon』2022年2月25日に公開された日本映画。監督・脚本・主演は本作が劇場公開用の長編映画初監督作となるのん(映画『この世界の片隅に』や映画『私をくいとめて』)。コロナ禍の2020年において美術大学の卒業制作展が中止となる。美大生・浅川いつか(のん) の暗澹たる気持ちは、家族や親友との衝突を招くことに。すべてはコロナが元凶と決めつけている。コロナに対して、過剰になっていく世界に格闘しながら、美大生いつかは希望を見出していく。山下リオ(映画『あのこは貴族』や映画『朝が来る』)、渡辺大知(映画『ノイズ』や映画『見えない目撃者』)、小野花梨(映画『Bittersand』)、春木みさよ、菅原大吉(映画『189』や映画『もののけ姫』)らが出演。岩井俊二(映画『ラストレター』)、樋口真嗣もサポートしている。
2022年製作

映画『ブルーサーマル』ネタバレ・あらすじ「グライダーにかける青春」感想「意味は上昇気流」結末「異母姉と仲良くしたい」

映画『ブルーサーマル』ネタバレ・あらすじ「グライダーにかける青春」感想「意味は上昇気流」結末「異母姉と仲良くしたい」映画『ブルーサーマル』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ブルーサーマル』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ブルーサーマル』の作品情報・概要『ブルーサーマル』橘正紀監督作品。漫画家・小沢かなが『月刊コミック@バンチ』(新潮社)2015年6月号から2018年1月号まで連載された作品をアニメ映画として製作。舞台は埼玉県熊谷市にある妻沼滑空場。大学(青凪大学)の航空部を描いた青春映画。タイトルの「ブルーサーマル」とはスカイスポーツ用語で「雲などを伴わず、目に見えない上昇気流」という意味。声優は堀田真由(映画『かぐや様は告らせたい 天才たちの恋愛頭脳戦 ファイナル』)、島崎信長(『君の名は。』や映画『Fate/Grand Order 終局特異点 冠位時間神殿ソロモン』)、榎木淳弥(映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』)、小松未可子(映画『劇場版 呪術廻戦 0』)、小野大輔(映画『この世界の片隅に』)、白石晴香、大地葉、村瀬歩、古川慎、高橋李依(映画『「はたらく細胞!!」最強の敵、再び。体の中は“腸”大騒ぎ!』)、八代拓、河西健吾、寺田農(映画『天空の城 ラピュタ』や映画『セーラー服と機関銃』)、阿部華也子ら。
2022.03.05
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました