日本映画

スポンサーリンク
2020年公開

映画『37セカンズ』ネタバレ・あらすじ・感想。HIKARI監督の才能に驚愕。障害者の映画ではない。女優・佳山明さんの絶賛演技に喜怒哀楽。

映画『37セカンズ』ネタバレ・あらすじ・感想。HIKARI監督の才能に驚愕。障害者の映画ではない。女優・佳山明さんの絶賛演技に喜怒哀楽。映画『37セカンズ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。公式サイトへ案内し、作品・キャスト・上映館・お時間情報のご確認も可能です。映画『37セカンズ』の作品情報・概要『37 Seconds』、『37セカンズ』(サーティセブンセカンズ)は、2020年2月7日に公開された日米合作映画。監督は大阪出身で在アメリカのHIKARI。主演は佳山明。神野三鈴、大東駿介、渡辺真起子、萩原みのりらが出演。出生時に37秒間呼吸が止まったことで脳性麻痺となった女性。母親の過剰な干渉に悩みながらも一人の人間として成長していく過程を描く。第69回ベルリン国際映画祭パノラマ部門の観客賞及び国際アートシアター連盟賞受賞作。
2020.02.27
お茶の間映画館

映画『七人の侍』あらすじ・ネタバレ・感想。黒澤明監督が日本を元気にした。映画史上最高傑作。閉塞感が漂う今こそ観るべし!

映画『七人の侍』あらすじ・ネタバレ・感想。黒澤明監督が日本を元気にした。映画史上最高傑作。閉塞感が漂う今こそ観るべし! 映画『七人の侍』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『七人の侍』IMDbサイトもご紹介し、作品・キャスト情報等もご確認頂けます。 映画『七人の侍』の作品概要 『七人の侍』(しちにんのさむらい)は、1954年(昭和29年)4月26日に公開された日本映画。黒澤明監督作品。主演は三船敏郎と志村喬。モノクロ、スタンダード・サイズ、207分。東宝製作・配給。1954年ヴェネツィア国際映画祭銀獅子賞受賞し日本国民を歓喜の渦に巻き込み希望をもたらした。
2020.02.12
お茶の間映画館

【ネタバレ酷評】映画『カイジ ファイナルゲーム』カイジに日本の未来を賭けて欲しくない。『パラサイト 半地下の家族』を見習え。

【ネタバレ酷評】映画『カイジ ファイナルゲーム』カイジに日本の未来を賭けて欲しくない。『パラサイト 半地下の家族』を見習え。映画『カイジ ファイナルゲーム』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『カイジ ファイナルゲーム』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。 映画『カイジ ファイナルゲーム』の作品概要福本伸行の人気コミック「カイジ」シリーズの3作目。1作目『カイジ 人生逆転ゲーム』2作目『カイジ2 人生奪回ゲーム』で本作が最終章。  
2020.02.12
2020年公開

映画『ラストレター』あらすじ・ネタバレ・感想。福山雅治vs松たか子vs岩井俊二が描く“死と再生”物語。“手紙”の錯綜が描くノスタルジー。

映画『ラストレター』あらすじ・ネタバレ・感想。福山雅治vs松たか子vs岩井俊二が描く“死と再生”物語。“手紙”の錯綜が描くノスタルジー。映画『ラストレター』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ラストレター』公式サイトの紹介。『ラストレター』は、2020年1月17日に公開の日本映画。岩井俊二監督作品。主演は松たか子。福山雅治、広瀬すず、森七菜、豊川悦司、中山美穂らら共演。SNSが普及して手紙というやりとりが困難な時代にあえて、手紙を通じて人間関係と自身の成長を築いていく人間成長物語。“死と再生”のテーマ。
2020.02.12
お茶の間映画館

金曜ロードSHOW!映画『カイジ 人生逆転ゲーム』ネタバレ・あらすじ。藤原竜也vs香川照之vs天海祐希の“狂演”。他人事ではない物語。

金曜ロードSHOW!映画『カイジ 人生逆転ゲーム』ネタバレ・あらすじ。藤原竜也vs香川照之vs天海祐希の“狂演”。他人事ではない物語。映画『カイジ 人生逆転ゲーム』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『カイジ 人生逆転ゲーム』の作品概要 漫画家、福本伸行原作の人気コミックを実写映画化。毎日目的もなく自堕落な日々を送る青年が友人の借金の保証人になり、多額の負債を抱えてしまう。金融業者に捉えられて、奇想天外なゲームに挑む。ゲームを通して自堕落だった自身を諌めて、何とか立ち上がろうともがき苦しむ姿を描いている。藤原竜也主演。香川照之、天海祐希出演。監督は『ごくせん』佐藤東弥。日本テレビ製作。
2020.02.12
2020年公開

オザキスト激怒!映画『尾崎豊を探して』あらすじ・ネタバレ・感想。尾崎から“卒業”できない人たち。尾崎ビジネスは迷走中。

映画『尾崎豊を探して』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『尾崎豊を探して』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。
2020.02.12
お茶の間映画館

映画『居酒屋兆治』ネタバレ・あらすじ・結末。昭和とは「過去を背負って生きる美学」の時代だった。損得勘定すると損である。

映画『居酒屋兆治』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。 『居酒屋兆治』(125分/日本/1983) 原題『Love』 【監督】 降旗康男 【製作】 田中壽一 【出演】 高倉健 加藤...
2020.02.12
お茶の間映画館

映画『キューポラのある街』ネタバレ・あらすじ・結末。吉永小百合さん勇気ある出演。当時の日本と北朝鮮の関係も見えてくる。

映画『キューポラのある街』以下のサイトにて作品情報・キャスト情報もご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。 『キューポラのある街』(99分/日本/1962年) 原題『Cupora,Where th...
2020.02.12
お茶の間映画館

映画『夜霧よ今夜も有難う』ネタバレ・あらすじ・感想。裕次郎も良いが浅丘ルリ子さんがめっちゃチャーミング。

映画『夜霧よ今夜も有難う』公式サイトにて作品情報・キャスト情報もご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。 『夜霧よ今夜も有難う』(93分/日/1967) 英題『A Warm Misty Night』 【...
2020.02.12
2019年公開

映画『草間彌生∞INFINITY』ネタバレ・あらすじ・感想。アーチスト草間彌生さんはビジネスマンでもあった。水玉模様を描く理由とトラウマとの戦い。

世界的に著名な前衛芸術家・草間彌生の半生を追ったドキュメンタリー映画です。監督はヘザー・レンズ。女性監督です。2004年に企画がスタートして14年の歳月をかけた力作。単なる草間ファンではなく、草間彌生の生い立ち、活動、現在の生き方をちゃんと描いている。
2020.02.12
2019年公開

映画『ドリーミング村上春樹』ネタバレ・あらすじ・結末。デンマーク人翻訳家メッテ・ホルムの村上春樹愛は仕事に直結している究極のハルキスト。

デンマーク人翻訳家デンマーク人翻訳家メッテ・ホルムを追ったドキュメンタリー映画。1995年ホルムは日本を旅した時に『ノルウェイの森』と出会った。読み終えてすぐに村上春樹の翻訳家になることを決意する。そして今ではデンマーク語の翻訳の大家となっている。そんな彼女が村上作品を翻訳する際の格闘と苦悩と挑戦をキャメラは追いかけている。
2020.02.12
2019年公開

映画『楽園』ネタバレ・あらすじ・結末。ムラ社会は日本社会の縮図。長老(独裁者)の「決めつけ」こそ悪害なのだ。綾野剛、佐藤浩市もOKだが村上虹郎が最高だ!

映画『楽園』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。YouTubeで予告映像も紹介しています。ネタバレ・あらすじ・結末まで書いています。2019年10月18日に公開の日本映画。監督・脚本は瀬々敬久。主演は綾野剛。第76回ヴェネツィア国際映画祭公式イベント「Focus on Japan」正式出品作品。原作は吉田修一の短編小説集『犯罪小説集』
2020.02.12
2019年公開

【ネタバレ考察】映画『すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ』あらすじ・結末『IT』『ジョーカー』を越えた理由・今年一番の感動&ヒット作品

映画『すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。ネタバレ考察・あらすじ・結末まで書いています。「日本キャラクター大賞 2019」でグランプリを受賞したサンエックス株式会社の大人気キャラクター「すみっコぐらし」の劇場版アニメーション。ナレーション井ノ原快彦と本上まなみ。主題歌原田知世が担当している。
2020.02.12
お茶の間映画館

映画『嵐を呼ぶ男』ネタバレ・あらすじ・結末。時代が石原裕次郎だった。昔から芸能界は恐ろしかった。

映画『嵐を呼ぶ男』は以下のサイトで作品情報・キャスト情報をご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。 『嵐を呼ぶ男』(100分/日本/1957) 原題『The Stormy Man』 【監督】 井上...
2020.02.12
2019年公開

映画『閉鎖病棟 それぞれの朝』ネタバレ・あらすじ・結末。正義の男「鶴瓶に乾杯」に涙する綾野剛と小松菜奈。

映画『閉鎖病棟 それぞれの朝』公式サイトにて作品情報・キャストもご確認ください。ネタバレ・あらすじ・結末までの感想を書いています。帚木蓬生の小説[『閉鎖病棟』を映画化。監督・脚本は平山秀幸。精神を病んだ人たち入院している精神病院の患者たちの悩みや葛藤、あるいは希望も描いている。院内で起きた殺人事件を巡って、患者たちの心の動向を優しい目線で描いている。
2020.02.12
お茶の間映画館

映画『太陽の季節』ネタバレ・あらすじ・結末。石原慎太郎衝撃のデビュー作で芥川賞受賞作品。若者のエネルギーの爆発と新時代の生き方を表現。

石原慎太郎の短編小説を映画化。(湘南あたりの)裕福な家庭に育った若者の無軌道な生活を通して、暴走化する感情が物質化する新世代・新時代を描いた作品。文學界新人賞を受賞。翌年1956年(昭和31年)1月23日には、第34回(1955年下半期)芥川賞を受賞。その後フランスのヌーヴェルバーグのゴダール、トリフォーに影響を与えたと言われている。
2020.02.12
2019年公開

【ネタバレ酷評】映画『マチネの終わりに』あらすじ・結末。物語も演出も撮影もダメ。福山雅治&石田ゆり子の糸引くキスシーン。

映画『マチネの終わりに』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。ネタバレ・あらすじ・結末を記述。作家・平野啓一郎の原作。2015年3月から2016年1月まで毎日新聞朝刊及びnoteにて連載された。福山雅治、石田ゆり子主演で2019年に映画版が公開。有名なギタリストが自身の音楽活動に悩んでいる時にジャーナリスト洋子が現れ恋に落ちる。しかし洋子にはフィアンセがいた。恋にルールはない。洋子をものにしようとパリまでいく。
2020.02.12
お茶の間映画館

是枝監督映画『三度目の殺人』ネタバレ・あらすじ・結末。役所広司、福山雅治に圧勝!福山さんのロック節は健在。

映画『三度目の殺人』公式サイトにて作品情報・キャスト情報を記載しています。映画のネタバレ・あらすじ・結末についても記述しています。是枝監督、役所広司、福山雅治さんが組んだ名作です。弁護士と殺人者の息が詰まるサスペンス映画です。死刑制度とは何か。本当に殺人者か。“器”のような人間とは。空っぽの人間とは。
2020.02.13
2019年公開

映画『真実』ネタバレ・あらすじ・感想・評価。ドヌーブとビノシュの人物設定がダメ。吹き替えが心に響かない。

映画『真実』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館情報の記載。『真実』のネタバレ・あらすじ・感想・評価についてもまとめています。『万引き家族』で第71回カンヌ国際映画祭パルムドールを受賞した是枝裕和監督の最新作。フランスで撮影。カトリーヌ・ドヌーブとジュリエット・ビノシュが母娘で共演。自伝を出版した母を“嘘つき”呼ばわりする娘。二人の心の距離は埋まるのか。字幕版と吹き替え版があり、後者は宮崎あおいさんがビノシュを演じている。
2020.02.13
お茶の間映画館

映画『蜜蜂と遠雷』作品情報・あらすじ・ネタバレ・感想・まとめ。天才ピアニストが目指す「世界が鳴ってる」とは?松岡茉優さんが可愛いすぎる。

映画『蜜蜂と遠雷』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館ならびにあらすじ・ネタバレ・感想・評価にちて詳細に記述しています。ピアノの天才と称される3人の若者と努力家の青年が国際的なコンクールで優勝を目指し火花を散らす。松岡茉優、松坂桃李、森崎ウィン、鈴鹿央士らが共演。「世界が鳴ってる」の意味。
2020.02.13
2019年公開

【酷評】映画『ブルーアワーにぶっ飛ばす』ネタバレ・あらすじ・感想・作品情報。映像業界ってこんなクソばかりですか?

映画『ブルーアワーにぶっ飛ばす』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館の紹介ならびにネタバレ・あらすじ・感想・評価も記載しています。若手映像作家の発掘を目的とした「TSUTAYA CREATORS' PROGRAM FILM 2016」で審査員特別賞を受賞した企画の映画化。砂田夕佳(夏帆)と 清浦あさ美(シム・ウンギョン)コンビの仲良しムービーと言うべき作品。特に中身なし。
2020.02.13
2019年公開

映画『ある船頭の話』ネタバレ・あらすじ・感想。柄本明vsオダギリジョーvsクリストファー・ドイル。「時代は一瞬の風で変わる」

映画『ある船頭の話』公式サイトにて作品情報・上映館情報からネタバレ・あらすじ・感想・評価を記載。オダギリージョー監督、長編デビュー。日本人が忘れてしまっている大切なことを川の流れと共に描いています。移ろう時代の中で船頭をするトイチに柄本明。撮影監督にクリストファー・ドイル。新人女優、川島鈴遥。村上虹郎の好演。永瀬正敏、浅野忠信の存在感が抜群の映画。
2020.02.13
スポンサーリンク