日本映画

スポンサーリンク
2021年製作

映画『竜とそばかすの姫』ネタバレ・あらすじ「細田監督は心やさしい人だ」感想「Belle(中村佳穂)の歌が胸に染みる」結末「カンヌで輝く日本アニメは凄い!」

映画『竜とそばかすの姫』ネタバレ・あらすじ「細田監督は心やさしい人だ」感想「Belle(中村佳穂)の歌が胸に染みる」結末「カンヌで輝く日本アニメは凄い!」 映画『竜とそばかすの姫』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『竜とそばかすの姫』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『竜とそばかすの姫』の作品情報・概要『竜とそばかすの姫』スタジオ地図制作による日本のアニメーション映画。2021年製作。細田守監督作品(『未来のミライ』に続くによる長編オリジナル作品第6作)2021年7月15日に第74回カンヌ国際映画祭のオフィシャルセレクション「カンヌ・プルミエール」部門にてワールドプレミア上映。細田監督作品がカンヌ国際映画祭で上映されるのは『未来のミライ』(第71回カンヌ国際映画祭・監督週間)につづいて2作連続である。本作はIMAX版も同時公開される。ディズニー映画『美女と野獣』を彷彿させるが、現代のネット社会をうまく取り込んで表現していると評価が高い。
お茶の間映画館

映画『天空の城 ラピュタ』ネタバレ・あらすじ「宮崎駿監督完全オリジナル」感想「スタジオジブリ設立へ」結末「アニメ映画の歴史を変えた名作」

映画『天空の城 ラピュタ』ネタバレ・あらすじ「宮崎駿監督完全オリジナル」感想「スタジオジブリ設立へ」結末「アニメ映画の歴史を変えた名作」映画『天空の城 ラピュタ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『天空の城 ラピュタ』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。『天空の城ラピュタ』英題『LAPUTA: Castle in the Sky』スタジオジブリ初製作の長編アニメーション映画作品。宮崎駿監督作品。宮崎駿監督の小学校時代に考えていた架空の物語がベースとなっている。宮崎駿の完全なるオリジナル作品。製作は徳間書店。本映画『天空の城 ラピュタ』をきっかけにスタジオジブリが設立された記念碑的な映画。
2021年製作

映画『Bittersand』ネタバレ・あらすじ「木下彩音さんは可愛い」感想「青春ミステリー?」結末「7年間一途な男ってキモいよ」

映画『Bittersand』ネタバレ・あらすじ「木下彩音さんは可愛い」感想「青春ミステリー?」結末「7年間一途な男ってキモいよ」映画『Bittersand』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『Bittersand』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『Bittersand』の作品情報・概要『Bittersand』杉岡知哉監督作品。主演は井上祐貴。木下彩音、森田望智、柾木玲弥、小野花梨、溝口奈菜、遠藤史也、搗宮姫奈、宗綱弟、前原瑞樹、小西詠斗、栗林藍希、赤澤巴菜乃、西洋亮、つぶやきシロー、米村亮太朗出演。高校時代、黒板に書かれた落書きによって起きた事件で心に傷を負った絵莉子を助けようと奔走する暁人の恋愛成就を描く。「いじめ問題」を発端にしているが主軸は恋愛映画と言える。  
2021年製作

映画『狂猿』ネタバレ・あらすじ「葛西純の生き様に心が震える」感想「デスマッチは“諦めない”こと」結末「人間の血は美しい」

映画『狂猿』ネタバレ・あらすじ「葛西純の生き様に心が震える」感想「デスマッチは“諦めない”こと」結末「人間の血は美しい」映画『狂猿』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『狂猿』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『狂猿』の作品情報・概要『狂猿』英題『KYO-EN The DOCUMENTARY OF A MAN WHO SHINES IN BLOOD』川口潤監督のドキュメンタリー映画。2021年5月28日公開。デスマッチのカリスマと呼ばれるプロレスラー葛西純を公私にわたって撮影し、葛西の人となり、そしてデスマッチというプロレスの魅力に迫った名作。
2021年製作

映画『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』ネタバレ・あらすじ「普通に楽しめる」感想「岡田准一くん“笑み”なし」結末「堤真一さんの“怪演”が必見!」

映画『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』ネタバレ・あらすじ「普通に楽しめる」感想「岡田准一くん“笑み”なし」結末「堤真一さんの“怪演”が必見!」映画『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』の作品情報・概要南勝久が『週刊ヤングマガジン』で連載漫画を岡田准一主演(映画『コクリコ坂から』)で実写映画化した「ザ・ファブル」のシリーズ第2作。江口カン監督作品。裏社会で誰もが恐れる伝説の殺し屋ファブルだが、ボスからの命令で「1年間誰も殺さず普通に暮らせ」と命じられ、佐藤アキラという偽名を使い、相棒の佐藤ヨウコ(木村文乃(映画『小さいおうち』)) と兄妹を装って一般人として暮らすことになる。しかし数年前に行った殺人事件に紐づく女性と出会って、再び裏社会へ足を踏み入れる。堤真一(映画『望み』や映画『一度死んでみた』)の怪演は必見!
2021年製作

映画『胸が鳴るのは君のせい』ネタバレ・あらすじ「浮所飛貴(美 少年 / ジャニーズJr.)に“キュンキュン”」感想「白石聖の唇に“ドキッ”」結末「じれったいが最後まで楽しめる」

映画『胸が鳴るのは君のせい』ネタバレ・あらすじ「浮所飛貴(美 少年 / ジャニーズJr.)に“キュンキュン”」感想「白石聖の唇に“ドキッ”」結末「じれったいが最後まで楽しめる」映画『胸が鳴るのは君のせい』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『胸が鳴るのは君のせい』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『胸が鳴るのは君のせい』の作品情報・概要『胸が鳴るのは君のせい』紺野りさによる日本の漫画作品で累計発行部数は250万部を超えている。略称は『胸きみ』『ベツコミ』(小学館)2012年11月号から]2014年9月号まで連載。主演は美 少年 / ジャニーズJr.の浮所飛貴と白石聖。板垣瑞生、原菜乃華、河村花、若林時英、箭内夢菜、入江海斗、浅川梨奈ら。監督は堤幸彦の元で研鑽を積んだ髙橋洋人。
2019年製作

映画『猿楽町で会いましょう』ネタバレ・あらすじ「石川瑠華と小西桜子は伸びる!」感想「本当のクズは誰?」結末「夢実現に必要なモノは?」

映画『猿楽町で会いましょう』ネタバレ・あらすじ「石川瑠華と小西桜子は伸びる!」感想「本当のクズは誰?」結末「夢実現に必要なモノは?」 映画『猿楽町で会いましょう』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『猿楽町で会いましょう』の作品情報・概要『猿楽町で会いましょう』英題『colorless』2019年に制作された日本の映画。児山隆監督長編デビュー作品。主演は 金子大地と石川瑠華。2019年4月、第2回未完成映画予告編大賞 MI-CANにてグランプリを受賞後、本編の製作が決定した。主演の石川瑠華は児山自らInstagramでメールを送り、出演交渉した。
2021年製作

【ネタバレ酷評】映画『いのちの停車場』あらすじ「吉永小百合さんは“綺麗です”」感想「泣き叫ぶ吉永小百合を観たい」結末「大女優に気をつかい過ぎ映画」

【ネタバレ酷評】映画『いのちの停車場』ネタバレ・あらすじ「吉永小百合さんは“綺麗です”」感想「泣き叫ぶ吉永小百合を観たい」結末「大女優に気をつかい過ぎ映画」映画『いのちの停車場』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『いのちの停車場』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『いのちの停車場』の作品情報・概要『いのちの停車場』小説家・内科医[である南杏子による長編小説の映画化。救急医だった女性医師がある交通事故でも問題の責任をとって辞職。そして訪問診療医に転身する。最初は戸惑ってばかりの在宅医療の現場で、老老介護や終末期医療、積極的安楽死問題に触れて成長していく。主演は吉永小百合(映画『キューポラのある街』や『愛と死の記録』)松坂桃李(映画『あの頃。』や映画『新聞記者』)広瀬すず(映画『チアダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』や映画『海街diary』)南野陽子、柳葉敏郎、小池栄子、伊勢谷友介(映画『マチネの終わりに』や映画『翔んで埼玉』)、みなみらんぼう、泉谷しげる、森口瑤子、松金よね子、石田ゆり子(映画『望み』や映画『記憶にございません!』)、田中泯(映画『DESTINY 鎌倉ものがたり』や映画『アルキメデスの大戦』)、西田敏行(映画『ザ・マジックアワー』)、白石咲和子、佐々木みゆ(映画『万引き家族』)
2021.06.15
2020年製作

映画『大綱引の恋』ネタバレ・あらすじ「頑張れ!三浦貴大」感想「テーマが不明」結末「佐々部清監督の遺作」

映画『大綱引の恋』ネタバレ・あらすじ「頑張れ!三浦貴大」感想「テーマが不明」結末「佐々部清監督の遺作」映画『大綱引の恋』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『大綱引の恋』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『大綱引の恋』の作品情報・概要『大綱引の恋』は佐々部清監督の遺作。家族愛の映画。鹿児島で400年以上の伝統を誇る川内大綱引を軸に展開。三浦貴大と知英主演。友情、帰郷、恋愛、婚活、ガン闘病、終活、日韓友好などを持ち込んでいる。大風呂敷を広げすぎた感が否めない。  
2021.05.12
2021年製作

映画『バイプレイヤーズ もしも100人の名脇役が映画を作ったら』ネタバレ・あらすじ「どんちゃん騒ぎしたい」感想「天海祐希の演技は境地!」結末「大杉漣さんへ捧げる」

映画『バイプレイヤーズ もしも100人の名脇役が映画を作ったら』ネタバレ・あらすじ「どんちゃん騒ぎしたい」感想「天海祐希の演技は境地!」結末「大杉漣さんへ捧げる」映画『バイプレイヤーズ もしも100人の名脇役が映画を作ったら』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『バイプレイヤーズ もしも100人の名脇役が映画を作ったら』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『バイプレイヤーズ もしも100人の名脇役が映画を作ったら』の作品情報・概要『バイプレイヤーズ ~もしも100人の名脇役が映画を作ったら~』2021年4月9日公開の日本のコメディ映画。テレビ東京系列で放送されているテレビドラマ『バイプレイヤーズ』を劇場版として公開。タイトルにもある通り、総勢100人にも及ぶ俳優達が出演しているとい「スケールの大きさ」では映画『翔んで埼玉』に比肩する映画である。
お茶の間映画館

映画『セーラー服と機関銃』ネタバレ・あらすじ「薬師丸ひろ子組長」感想「女子高生がヤクザに殴り込み」結末「相米慎二監督の演出がすごい」

映画『セーラー服と機関銃』ネタバレ・あらすじ「薬師丸ひろ子組長」感想「女子高生がヤクザに殴り込み」結末「相米慎二監督の演出がすごい」映画『セーラー服と機関銃』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『セーラー服と機関銃』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『セーラー服と機関銃』の作品情報・概要『セーラー服と機関銃』赤川次郎の同名小説の映画化。1981年12月19日全国東映系で公開。相米慎二監督作品(映画『翔んだカップル』)。主演の薬師丸ひろ子(映画『探偵物語(1983)』や映画『Wの悲劇』)主題歌「セーラー服と機関銃 」で歌手デビューした。渡瀬恒彦(映画『南極物語(1983)』)柳沢慎吾(『この道』)光石研(映画『蜜蜂と遠雷』や映画『カイジ 人生逆転ゲーム』)柄本明(映画『楽園』や映画『万引き家族』)三國連太郎(映画『霧の旗(1977)』)らが共演。女子高生がヤクザの組長を継ぐという発想が話題なった。劇中、機関銃を乱射した際、薬師丸ひろ子の頬に被弾して血が流れる場面は名シーンとなっている。
2021.04.03
お茶の間映画館

映画『海街diary』ネタバレ・あらすじ「美しすぎる四姉妹」感想「是枝監督大満足」結末「家から逃れられない姉妹」

映画『海街diary』ネタバレ・あらすじ「美しすぎる四姉妹」感想「是枝監督大満足」結末「家から逃れられない姉妹」映画『海街diary』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『海街diary』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『海街diary』の作品情報・概要『海街diary』(うみまちダイアリー)は、吉田秋生による日本の漫画作品を映画化。監督・脚本は是枝裕和(映画『誰も知らない』や映画『万引き家族』や映画『三度目の殺人』)。綾瀬はるか(映画『今夜、ロマンス劇場で』や映画『奥様は、取り扱い注意』)、長澤まさみ(映画『すばらしき世界』や映画『MOTHER マザー』)、夏帆(映画『ブルーアワーにぶっ飛ばす』)、広瀬すず(映画『チアダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』や映画『ラストレター』)が四姉妹を演じて話題となる。第68回カンヌ国際映画祭コンペティション部門出品作品。第39回日本アカデミー賞最優秀作品賞受賞作品。母と姉妹を裏切った父の葬儀で出会った妹を引き取って、鎌倉の古民家で暮らす四姉妹の成長物語。
お茶の間映画館

映画『小さいおうち』ネタバレ・あらすじ「山田洋次監督の反戦映画」感想「人妻・松たか子の色気」結末「黒木華ベルリンで銀熊賞」

映画『小さいおうち』ネタバレ・あらすじ「山田洋次監督の反戦映画」感想「人妻・松たか子の色気」結末「黒木華ベルリンで銀熊賞」映画『小さいおうち』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『小さいおうち』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『小さいおうち』の作品情報・概要『小さいおうち』第143回直木賞を受賞した中島京子原作小説を映画化した作品。山田洋次監督作品。主演は松たか子(映画『ラストレター』や映画『アナと雪の女王2』)。黒木華(映画『浅田家!』や『億男』)、片岡孝太郎、吉岡秀隆(映画『鉄道員(ぽっぽや)』や映画『宇宙でいちばんあかるい屋根』や映画『男はつらいよ お帰り 寅さん』)、妻夫木聡(映画『ザ・マジックアワー』)、倍賞千恵子(映画『天気の子』)、小林稔侍(映画『新幹線大爆破』や映画『ホタル』)、橋爪功(映画『すばらしき世界』や映画『ある船頭の話』や映画『DESTINY 鎌倉ものがたり』)、笹野高史(映画『スパイの妻 劇場版』)らが出演。黒木華は第64回ベルリン国際映画祭最優秀女優賞(銀熊賞)を受賞。山形出身の女中・布宮タキがかつて奉公していた「赤い三角屋根の小さいおうち」の平井家のことを回顧しながら、太平洋戦争へ向かう最中で繰り広げられた不倫をモチーフに罪悪感に包まれた人生をつぶさに描いている。
2021年製作

映画『奥様は、取り扱い注意』ネタバレ・あらすじ「パクリ疑惑に連続出演」感想「綾瀬はるかは、取り扱い注意になってしまう」結末「芸術作品を選ぶべし!」

映画『奥様は、取り扱い注意』ネタバレ・あらすじ「パクリ疑惑に連続出演」感想「綾瀬はるかは、取り扱い注意になってしまう」結末「芸術作品を選ぶべし!」映画『奥様は、取り扱い注意』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『奥様は、取り扱い注意』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『奥様は、取り扱い注意』の作品情報・概要『奥様は、取り扱い注意』2017年10月4日から12月6日まで日本テレビ系「水曜ドラマ」枠で放送されたテレビドラマを映画化。主演は綾瀬はるか(映画『今夜、ロマンス劇場で』や映画『ザ・マジックアワー』)、西島秀俊(映画『空母いぶき』)、前田敦子(映画『旅のおわり世界のはじまり』 や映画『コンフィデンスマンJP』)、鶴見辰吾(映画『翔んだカップル』や映画『空に住む』や映画『太陽は動かない』)、小日向文世(映画『カツベン!』)、六平直政(映画『キングダム』や『ソローキンの見た桜』)原案・脚本は直木賞作家の金城一紀。
2021年製作

映画『太陽は動かない』ネタバレ・あらすじ「心臓爆破させる高技術所持なら他の方法で解決できる」感想「なぜ電話する?」結末「スマートウオッチで身体情報を自動送信すれば!」

映画『太陽は動かない』ネタバレ・あらすじ「心臓爆破させる高技術所持なら他の方法で解決できる」感想「なぜ電話する?」結末「スマートウオッチで身体情報を自動送信すれば!」映画『太陽は動かない』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『太陽は動かない』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『太陽は動かない』の作品情報・概要『太陽は動かない』2021年製作のアクション映画。作家・吉田修一の小説「太陽は動かない」「森は知っている」を原作にしたサスペンスアクション。藤原竜也主演(映画『カイジ ファイナルゲーム』や映画『Diner ダイナー』)、竹内涼真(『名探偵ピカチュウ』)、ハン・ヒョジュ、ピョン・ヨハン、市原隼人(映画『ラストレター』や映画『ヤクザと家族 The Family』 )鶴見辰吾(映画『翔んだカップル』や映画『空に住む』)、佐藤浩市(映画『楽園』や映画『空母いぶき』)らが共演。心臓に爆弾を埋め込まれた2人のエージェント(諜報員)が、極秘情報をめぐる頭脳戦に挑む。ロケはブルガリア、インド、中国などで行われた。カーアクションは必見。『海猿』の羽住英一郎監督作品。脚本は映画『糸』や映画『チアダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』の林民夫。
お茶の間映画館

映画『イースター・パレード』ネタバレ・あらすじ「楽しすぎる」感想「フレッド・アステアのダンス絶品!」結末「ジュディ・ガーランド全盛期」

映画『イースター・パレード』ネタバレ・あらすじ「楽しすぎる」感想「フレッド・アステアのダンス絶品!」結末「ジュディ・ガーランド全盛期」映画『イースター・パレード』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『イースター・パレード』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『イースター・パレード』の作品情報・概要『イースター・パレード』 原題『Easter Parade』1948年のアメリカ合衆国のミュージカル映画。 チャールズ・ウォルターズ監督作品。ジュディ・ガーランドとフレッド・アステア(映画『パリの恋人』)が主演した。テクニカラー作品として撮影されている。当初はジーン・ケリー主演として撮影が行われていたが、ケリーが足を骨折したため中断。すでに引退していたアステアにケリーがお願いしてが代役に選ばれた。ケリーから直接アステアに電話連絡して、アステアは映画界することに。製作当時50歳近いアステアであったが、全く衰えのないダンスを披露して全米を驚愕させた。ジュディ・ガーランドは私生活での覚醒剤、アルコールなどのトラブルを抱えながらも本映画撮影中は大きな問題を起こさなかったと言われている。
お茶の間映画館

映画『ザ・マジックアワー』ネタバレ・あらすじ「三谷幸喜“マンネリズム満載”」感想「普遍的なテーマが欲しい」結末「綾瀬はるかは可愛い」

映画『ザ・マジックアワー』ネタバレ・あらすじ「三谷幸喜“マンネリズム満載”」感想「普遍的なテーマが欲しい」結末「綾瀬はるかは可愛い」映画『ザ・マジックアワー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ザ・マジックアワー』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ザ・マジックアワー』の作品情報・概要『ザ・マジックアワー』英題『The Magic Hour』2008年6月7日に公開された日本映画。三谷幸喜監督作品。マジックアワーとは、日没後の「太陽は沈み切っていながら、まだ辺りが残光に照らされているほんのわずかな、しかし最も美しい時間帯」を指す写真・映画用語。本映画『ザ・マジックアワー』では「誰にでもある『人生で最も輝く瞬間』」を意味する。マジックアワーの時間のみで『天国の日々』作ったテリー・ギリアムへのオマージュかと思ったが違うらしい。劇中には美しいマジックアワーの描写はほとんどない。佐藤浩市(映画『楽園』や映画『記憶にございません!』)妻夫木聡(映画『浅田家!』や映画『一度死んでみた』)深津絵里、綾瀬はるか(映画『今夜、ロマンス劇場で』)西田敏行が出演。
2021年製作

映画『あのこは貴族』ネタバレ・あらすじ「お嬢様役の麦ちゃん適役」感想「障害がない恋愛に共感できない」結末「水原希子さんはカッコよかった」

映画『あのこは貴族』ネタバレ・あらすじ「お嬢様役の麦ちゃん適役」感想「障害がない恋愛に共感できない」結末「水原希子さんはカッコよかった」映画『あのこは貴族』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『あのこは貴族』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『あのこは貴族』の作品情報・概要『あのこは貴族』山内マリコによる小説。岨手由貴子監督作品。門脇麦主演(映画『さよなら くちびる』や『チワワちゃん』)水原希子、高良健吾(映画『夏、至るころ』や『人間失格 太宰治と3人の女たち』)、石橋静河(映画『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』や映画『ばるぼら』)、山下リオ(映画『朝が来る』)らが共演。東京で暮らす女流階級のお嬢様がさらに上の貴族階級の男性と結婚し離婚をする物語と地方から苦学して名門大学に進学した女性が貴族との恋に破れ、起業する物語を交差させながら描いている。
お茶の間映画館

映画『天使を誘惑』ネタバレ・あらすじ「山口百恵&三浦友和コンビ11作品」感想「堕胎させちゃダメでしょ!」結末「大林宣彦製作作品」

映画『天使を誘惑』ネタバレ・あらすじ「山口百恵&三浦友和コンビ11作品」感想「堕胎させちゃダメでしょ!」結末「大林宣彦製作作品」映画『天使を誘惑』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『天使を誘惑』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『天使を誘惑』の作品情報・概要『天使を誘惑』芥川賞作家・高橋三千綱が1979年に発表した小説をモチーフに映画化。山口百恵と三浦友和の主演コンビの11作目。1979年12月22日公開前に山口百恵が三浦友和との関係を「恋人宣言」した。ヒットするか否かが心配された大ヒット。監督は藤田敏八。
お茶の間映画館

映画『霧の旗(1977)』ネタバレ・あらすじ「山口百恵さんの“悪女”なら許せる」感想「三浦友和さん必死の“告白”も虚しい」結末「松本清張vs西河克己」

映画『霧の旗(1977)』ネタバレ・あらすじ「山口百恵さんの“悪女”なら許せる」感想「三浦友和さん必死の“告白”も虚しい」結末「松本清張vs西河克己」映画『霧の旗(1977)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『霧の旗(1977)』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。 映画『霧の旗(1977)』の作品情報・概要『霧の旗』松本清張の長編小説で、映画化、テレビ化も何度もされている不朽のサスペンス物語。西河克己監督作品。山口百恵主演。初めての悪女役に挑む際「歌にもいろんなレパートリーがあるように、映画の私の役柄にもこういうのがあってもいいんじゃないか」との弁を述べている。三浦友和、関口宏 、三國連太郎 、加藤治子 、小山明子、夏夕介 、石橋蓮司ら共演。
お茶の間映画館

映画『春琴抄(1976)』ネタバレ・あらすじ「山口百恵さんの“ツンデレ”ならオッケー!」感想「三浦友和さん順従」結末「谷崎潤一郎vs西河克己監督の究極の芸術美学」

映画『春琴抄(1976)』ネタバレ・あらすじ「山口百恵さんの“ツンデレ”ならオッケー!」感想「三浦友和さん順従」結末「谷崎潤一郎vs西河克己監督の究極の芸術美学」映画『春琴抄(1976)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『春琴抄(1976)』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『春琴抄(1976)』の作品情報・概要『春琴抄』1976年製作の日本映画。原作は谷崎潤一郎の同名小説。西河克己監督作品。山口百恵主演文芸作品シリーズ第6作目。三浦友和との共演5作品目。幼少の大病により視力を失った女性が琴・三味線の「芸事」で生業を立てながら生きる物語。自身の身の世話は「丁稚奉公制度」で田舎から来た青年に任せて、「禁じられた恋愛」へと発展するという当時では衝撃的な内容となっている。
お茶の間映画館

映画『古都(1980)』ネタバレ・あらすじ「山口百恵さん“京都”で浮き上がる」感想「三浦友和さんの出番が少ない」結末「川端康成vs市川崑の究極芸術」

映画『古都(1980)』ネタバレ・あらすじ「山口百恵さん“京都”で浮き上がる」感想「三浦友和さんの出番が少ない」結末「川端康成vs市川崑の究極芸術」映画『古都(1980)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『古都(1980)』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『古都(1980)』の作品情報・概要『古都』1980年製作の日本映画。原作は川端康成。市川崑監督作品。撮影は長谷川清。山口百恵が一人二役という難役に挑戦して話題になった。双子の姉妹が離れ離れになるが再会して心を通い合わせるが、相手を慮って永遠の別れを選択する。川端康成の日本人の美意識を京都という舞台で究極まで高めた。市川崑監督の演出も際立っている。山口百恵作品の中で「最も美しい映画」と言われる所以も理解できる。三浦友和の登場尺数は短いのが気になる。實川延若、岸惠子、北詰友樹、沖雅也、石田信之、加藤武共演。
お茶の間映画館

映画『黒部の太陽』ネタバレ・あらすじ「石原裕次郎と三船敏郎の挑戦」感想「日本が元気だった時代」結末

映画『黒部の太陽』ネタバレ・あらすじ「石原裕次郎と三船敏郎の挑戦」感想「日本が元気だった時代」結末映画『黒部の太陽』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『黒部の太陽』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認くださいYouTubeで予告映像もご覧ください。映画『黒部の太陽』の作品情報・概要『黒部の太陽』三船プロダクションと石原プロモーションの共同制作。熊井啓監督作品。関西電力が全面的に協力している。原作は木本 正次著作『黒部の太陽 日本人の記録』(毎日新聞社)から。五社協定の枠に苦しみながら石原裕次郎(映画『嵐を呼ぶ男』や映画『太陽の季節』や映画『夜霧よ今夜も有難う』)と三船敏郎(映画『七人の侍』)が命をかけて作り上げた。実際のロケ現場では命がけの撮影が行われている。興行収入16億円を叩き出す大ヒットとなる。
2021.06.17
ヒューマン映画

映画『南極物語(1983)』ネタバレ・あらすじ「高倉健さんと渡瀬恒彦さんを観て!」感想「あまりにも創作し過ぎている」結末

映画『南極物語(1983)』ネタバレ・あらすじ「高倉健さんと渡瀬恒彦さんを観て!」感想「あまりにも創作し過ぎている」結末映画『南極物語(1983)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『南極物語(1983)』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『南極物語(1983)』の作品情報・概要『南極物語』英題『 ANTARCTICA』1983年公開の日本映画。蔵原惟繕監督作品。映画『新幹線大爆破』や映画『鉄道員(ぽっぽや)』や映画『居酒屋兆治』の高倉健主演。渡瀬恒彦、夏目雅子、荻野目慶子、映画『楽園』や映画『空母いぶき』の佐藤浩市、映画『エデンの海(1976)』1976)』や映画『ホワイト・ラブ』の岸田森らが共演。音楽はヴァンゲリスが担当。南極観測隊の苦難と十五匹のカラフト犬の生への闘いと悲劇を描いている。フジテレビと学習研究社がダッグを組んで製作。配給を東映の岡田茂社長に持ちかけると犬がウロウロするだけで客が来たら、ワシらが苦労して映画撮る必要ないやろ!!」と門前払いされる。テレビ番組の番宣と文部科学省特選を目玉に前売り券を240万枚販売して大ヒットへ繋がる。物語はほぼ創作となっている。書籍、写真集、レコードなどメディアミックスに成功している。木村拓哉主演でテレビ番組も作られる。ディズニーもリメイクした。
2021.03.02
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました