2021-12

スポンサーリンク
2021年製作

映画『189』ネタバレ・あらすじ「DV・虐待は絶対ダメ!」感想「吉沢悠さんの勇気に拍手!」結末「嫌なことをさせない」

映画『189』ネタバレ・あらすじ「DV・虐待は絶対ダメ!」感想「吉沢悠さんの勇気に拍手!」結末「嫌なことをさせない」 映画『189』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『189』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『189』の作品情報・概要『189』(イチハチキュウ)2021年12月3日に公開された日本映画である。加門幾生監督作品。児童相談所の虐待対応ダイヤル「189」に助けを求める小さな命を救うため、奔走する児童福祉司や弁護士の姿を描く。実際にあった事件から着想を得たオリジナル脚本で描かれる。主演は中山優馬。夏菜、前川泰之、灯敦生、平泉成、菅原大吉、福島マリコ、矢柴俊博、赤間麻里子、太田結乃、滝川広志、吉沢悠、寺西拓人らが出演。
2022.01.13
2021年製作

映画『キングスマン ファースト・エージェント』ネタバレ・あらすじ「イギリスのスパイは世界を制する」感想「コメディとして楽しめる」結末「次回作は日本人が登場するかも」

映画『キングスマン ファースト・エージェント』ネタバレ・あらすじ「イギリスのスパイは世界を制する」感想「コメディとして楽しめる」結末「次回作は日本人が登場するかも」 映画『キングスマン ファースト・エージェント』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『キングスマン ファースト・エージェント』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください映画『キングスマン ファースト・エージェント』の作品情報・概要『キングスマン:ファースト・エージェント』原題『The King's Man』2021年公開のイギリス・アメリカ合衆国のアクションスパイ映画。マシュー・ヴォーン監督作品。脚本はヴォーンとカール・ガイダシェク。レイフ・ファインズ(映画『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』や映画『オフィシャル・シークレット』)、ハリス・ディキンソン、ジャイモン・フンスー(映画『クワイエット・プレイス 破られた沈黙』や映画『チャーリーズ・エンジェル』)、ジェマ・アータートン、リス・エバンス(映画『アベンジャーズ エンドゲーム』や映画『アベンジャーズ』や映画『ノッティングヒルの恋人』や映画『オフィシャル・シークレット』)、トム・ホランダー(映画『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』や映画『ボヘミアン・ラプソディ』)、チャールズ・ダンス(映画『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』)、マシュー・グード、ダニエル・ブリュール、バレリー・パフナー(映画『名もなき生涯』)、ジョエル・バズマン、アーロン・ボドボス、アーロン・テイラー=ジョンソン、ブランカ・カティチ、イアン・ケリーらが出演する。「キングスマン」シリーズでは3作目となる。第一次世界大戦前夜の時代を舞台に、イギリスのスパイ機関「キングスマン」の誕生の秘話を描く。
2021年製作

映画『劇場版 呪術廻戦 0』ネタバレ・あらすじ「グッズが欲しくなる」感想「声優・緒方恵美が良い」結末「シリーズか確実!」

映画『劇場版 呪術廻戦 0』ネタバレ・あらすじ「グッズが欲しくなる」感想「声優・緒方恵美が良い」結末「シリーズか確実!」 映画『劇場版 呪術廻戦 0』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『劇場版 呪術廻戦 0』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『劇場版 呪術廻戦 0』の作品情報・概要『劇場版 呪術廻戦 0』2021年製作公開の日本アニメーション映画。原作は芥見下々。朴性厚監督作品。「週刊少年ジャンプ」連載の大ヒットコミックを原作とする人気テレビアニメ「呪術廻戦」の劇場版。本編連載前に短期集中連載で発表した前日譚「呪術廻戦0 東京都立呪術高等専門学校」を基に、呪いと化した幼なじみに憑かれた青年・乙骨憂太の“愛と呪いの物語”を描く。『週刊少年ジャンプ』(集英社)では映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』に続き、漫画を劇場版アニメとして製作公開するビジネスモデルとして成功している。100万人超えは確実とされている。声優は緒方恵美、花澤香菜(『君の名は。』や映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』)、小松未可子、 内山昂輝(映画『ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 永遠と自動手記人形』)、関智一(映画『ミラベルと魔法だらけの家』や映画『ロン 僕のポンコツ・ボット』)、中村悠一、櫻井孝宏、山寺宏一(映画『美女と野獣(1991)』や映画『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2』)、松田利冴、松田颯水、速水奨、伊藤静らが担当している。
2019年製作

映画『ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男』ネタバレ・あらすじ「テフロン製品を捨てたくなる」感想「日本は大丈夫か?」結末「アメリカのフィルムメーカーは勇気ある」

映画『ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男』ネタバレ・あらすじ「テフロン製品を捨てたくなる」感想「日本は大丈夫か?」結末「アメリカのフィルムメーカーは勇気ある」映画『ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男』の作品情報・概要『ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男』原題『Dark Waters』は、2019年のアメリカ合衆国のスリラー映画。トッド・ヘインズ監督作品。主演はマーク・ラファロ(映画『アベンジャーズ エンドゲーム』)。共演はアン・ハサウェイ(映画『プラダを着た悪魔』)、ティム・ロビンス(映画『ショーシャンクの空に』)、ビル・キャンプ(映画『ジョーカー』や映画『ワイルドライフ』や『バイス』)、ヴィクター・ガーバー(映画『タイタニック(1997)』)、メア・ウィニンガム、ビル・プルマン(映画『めぐり逢えたら』)ら。世界的な大企業デュポンの隠蔽を暴き出す。勇気ある弁護士の闘争を十数年に渡り描き出す。
2021年製作

映画『仮面ライダー ビヨンド・ジェネレーションズ』ネタバレ・あらすじ「やっぱり夢がある」感想「変身したい」結末「永遠なるヒーロー」

映画『仮面ライダー ビヨンド・ジェネレーションズ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『仮面ライダー ビヨンド・ジェネレーションズ』公式サイト...
2021年製作

映画『マトリックス レザレクションズ』ネタバレ・あらすじ「キアヌ・リーブスはやっぱりカッコいい」感想「キャリー=アン・モスは美人だ」結末「ラナ・ウォシャウスキーの才能に驚愕!」

映画『マトリックス レザレクションズ』ネタバレ・あらすじ「キアヌ・リーブスはやっぱりカッコいい」感想「キャリー=アン・モスは美人だ」結末「ラナ・ウォシャウスキーの才能に驚愕!」映画『マトリックス レザレクションズ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『マトリックス レザレクションズ』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『マトリックス レザレクションズ』の作品情報・概要『マトリックス レザレクションズ』原題『The Matrix Resurrections』ラナ・ウォシャウスキーが製作・監督・共同脚本作品。2021年公開のアメリカのSFアクション映画。映画「マトリックス」シリーズの第4作目。キアヌ・リーブス、キャリー=アン・モス、ジェイダ・ピンケット・スミス、ヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世、ランベール・ウィルソン(映画『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』や映画『パリに見出されたピアニスト』)、ダニエル・バーンハード、ジョナサン・グロフ(映画『アナと雪の女王2』映画『アナと雪の女王』)、ジェシカ・ヘンウィック(映画『スター・ウォーズ フォースの覚醒』)、トニール・パトリック・ハリス、プリヤンカー・チョープラー・ジョナス、ジェイダ・ピンケット・スミス、クリスティーナ・リッチ、テルマ・ホプキンスらが出演。性転換したラナ・ウォシャウスキー監督の葛藤・苦悩を乗り越えて、完成した映画。
2021.12.20
2021年製作

映画『ラストナイト・イン・ソーホー』ネタバレ・あらすじ「女性差別撤廃映画」感想「女性活躍社会を祝福しよう!」結末「ロンドンに行きたい!」

映画『ラストナイト・イン・ソーホー』ネタバレ・あらすじ「女性差別撤廃映画」感想「女性活躍社会を祝福しよう!」結末「ロンドンに行きたい!」映画『ラストナイト・イン・ソーホー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ラストナイト・イン・ソーホー』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。 映画『ラストナイト・イン・ソーホー』の作品情報・概要 『ラストナイト・イン・ソーホー』原題『Last Night In Soho』2021年のイギリスのサイコロジカルホラー映画。エドガー・ライト監督作品。脚本はクリスティ・ウィルソン=ケアンズと共作。アニヤ・テイラー=ジョイ、トーマシン・マッケンジー、マット・スミス、ダイアナ・リグ、シノーブ・カールセン、マイケル・アジャオ、テレンス・スタンプ、リタ・トゥシンハム、ジェシー・メイ・リー、カシウス・ネルソンらが出演。現代と60年代のロンドンのソーホーをタイムリープしながら、女性差別撤廃を訴求している。
2021年製作

映画『ドント・ルック・アップ』ネタバレ・あらすじ「ポンコツアメリカ万歳!」感想「ディカプリオにオーラなし」結末「メリル・ストリープのサイコパス大統領に拍手!」

映画『ドント・ルック・アップ』ネタバレ・あらすじ「ポンコツアメリカ万歳!」感想「ディカプリオにオーラなし」結末「メリル・ストリープのサイコパス大統領に拍手!」 映画『ドント・ルック・アップ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ドント・ルック・アップ』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ドント・ルック・アップ』の作品情報・概要 『ドント・ルック・アップ』原題『Don’t Look Up』アダム・マッケイ脚本・共同製作・監督作品。アメリカのブラックコメディ映画。レオナルド・ディカプリオ(映画『タイタニック(1997)』や映画『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』や映画『仮面の男』)、ジェニファー・ローレンス、ロブ・モーガン、ジョナ・ヒル(映画『mid90s ミッドナインティーズ』や映画『行き止まりの世界に生まれて』や映画『リチャード・ジュエル』)、マーク・ライランス 、タイラー・ペリー(『バイス』や映画『モンタナの目撃者』)、ティモシー・シャラメ(映画『DUNE デューン 砂の惑星』や映画『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』や映画『ビューティフル・ボーイ』) 、ロン・パールマン(映画『塔の上のラプンツェル』) 、アリアナ・グランデ (映画『チャーリーズ・エンジェル』)、スコット・メスカディ 、ケイト・ブランシェット(映画『ソング・トゥ・ソング』)、メリル・ストリープ(映画『プラダを着た悪魔』や映画『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』や映画『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』や映画『マディソン郡の橋』)らが出演。地球に彗星が衝突するまでの日々をアメリカ大統領のバカっぷりと主軸に、SNSという軽薄な潮流をコメディとして描く名作。
2022.01.13
2021年製作

映画『幕が下りたら会いましょう』ネタバレ・あらすじ「前田聖来の才能に驚愕!」感想「座長・松井玲奈の未来は?」結末「若者が溌剌としている」

映画『幕が下りたら会いましょう』ネタバレ・あらすじ「前田聖来の才能に驚愕!」感想「座長・松井玲奈の未来は?」結末「若者が溌剌としている」 映画『幕が下りたら会いましょう』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『幕が下りたら会いましょう』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。 映画『幕が下りたら会いましょう』の作品情報・概要 『幕が下りたら会いましょう』2021年11月26日に公開された日本映画。前田聖来監督作品。主演は松井玲奈。美容室で働きながら劇団の主宰を務める女性が妹の死をきっかけにして様々な人々との出会いと再会を経て自分自身と向き合っていく物語。筧美和子、しゅはまはるみ、日高七海、江野沢愛美、木口健太、大塚萌香、目次立樹、安倍乙、亀田侑樹らが出演。
2020年製作

映画『アンテベラム』ネタバレ・あらすじ「アメリカ社会の闇」感想「終わらない人種s差別」結末「胸が締め付けれる物語」

映画『アンテベラム』ネタバレ・あらすじ「アメリカ社会の闇」感想「終わらない人種s差別」結末「胸が締め付けれる物語」映画『アンテベラム』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『アンテベラム』の作品情報・概要『アンテベラム』原題『Antebellum』2020年のアメリカのホラースリラー映画。ジェラルド・ブッシュとクリストファー・レンツが長編監督デビュー作品。ジャネール・モネイ(映画『ハリエット』や映画『マーウェン』)、エリック・ラング、ジェナ・マローン(映画『パブリック 図書館の奇跡』)、ジャック・ヒューストン(映画『アイリッシュマン』)、キアシー・クレモンズらが出演する。米国ではコロナ感染症拡大のため、2020年9月18日にプレミアム・ビデオ・オン・デマンドで公開された。その後、劇場公開へ。
2021年製作

映画『ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ』ネタバレ・あらすじ「年末年始を乗り越えろ!」感想「絶叫するのは体に良い」結末「シリーズ化期待作」

映画『ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ』ネタバレ・あらすじ「年末年始を乗り越えろ!」感想「絶叫するのは体に良い」結末「シリーズ化期待作」映画『ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ』の作品情報・概要 『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』原題『Venom: Let There Be Carnage』マーベル・コミックのキャラクター「ヴェノム」をベースに映画化。2021年のアメリカのスーパーヒーロー映画。アンディ・サーキス監督作品。脚本はケリー・マーセル(映画『クルエラ』)『ヴェノム』(2018年)の続編。トム・ハーディ、ウディ・ハレルソン(映画『ガラスの城の約束』や『記者たち 衝撃と畏怖の真実』)、ミシェル・ウィリアムズらが出演する。
2021.12.20
いじめ・陰湿映画

映画『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』ネタバレ・あらすじ「エマ・ワトソンが綺麗になっていく」感想「いじめ克服映画」結末「魔法使いは性格悪い」

映画『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』ネタバレ・あらすじ「エマ・ワトソンが綺麗になっていく」感想「いじめ克服映画」結末「魔法使いは性格悪い」 映画『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。 映画『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』の作品情報・概要 『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』原題『Harry Potter and the Order of the Phoenix』J・K・ローリングが2003年に発表した、小説『ハリー・ポッター』シリーズの映像化。デビッド・イェーツ監督作品。ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソン、ゲイリー・オールドマン、マイケル・ガンボン、マギー・スミスらが出演。
2021.12.07
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました