映画『幕が下りたら会いましょう』ネタバレ・あらすじ「前田聖来の才能に驚愕!」感想「座長・松井玲奈の未来は?」結末「若者が溌剌としている」

スポンサーリンク
映画『幕が下りたら会いましょう』ネタバレ・あらすじ「前田聖来の才能に驚愕!」感想「座長・松井玲奈の未来は?」結末「若者が溌剌としている」2021年製作

映画『幕が下りたら会いましょう』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。

映画『幕が下りたら会いましょう』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。

YouTubeで予告映像もご覧ください。

『運だぜ!アート』ツイッターアカウント

『幕が下りたら会いましょう』
(2021年製作/94分/G/日本)
配給:SPOTTED PRODUCTIONS

【監督】
前田聖来
【脚本】大野大輔 前田聖来【エグゼクティブプロデューサー】高木雅共【プロデューサー】猪野秀碧 岡田康弘 細見将志 田中佐知彦【企画】直井卓俊【脚本協力】川原杏奈【劇中戯曲】愛里【撮影】春木康輔【照明】本間光平【録音】吉方淳二【美術】柴崎まどか【メインビジュアル】柴崎まどか【スタイリスト】小宮山芽以【ヘアメイク】安藤メイ【編集】小西智香【音楽】池永正二【主題歌】JamFlavor
【出演】
松井玲奈 筧美和子 しゅはまはるみ 日高七海 江野沢愛美 木口健太 大塚萌香 目次立樹 安倍乙 亀田侑樹 山中志歩 田中爽一郎 hibiki 篠原悠伸 大高洋子 里内伽奈 濱田のり子 藤田秀世 出口亜梨沙 丘みどり 袴田吉彦

スポンサーリンク
  1. 映画『幕が下りたら会いましょう』外部リンク
  2. 映画『幕が下りたら会いましょう』のオススメ度は?
  3. 映画『幕が下りたら会いましょう』の作品情報・概要
  4. 映画『幕が下りたら会いましょう』のあらすじ・ネタバレ
  5. 映画『幕が下りたら会いましょう』の感想・内容
  6. 映画『幕が下りたら会いましょう』の考察・評価
  7. 映画『幕が下りたら会いましょう』の結末
  8. 映画『幕が下りたら会いましょう』のキャストについて
  9. まとめ 映画『幕が下りたら会いましょう』一言で言うと!
  10. 『運だぜ!アート』本日の総合アクセスランキング
  11. 合わせて観たい映画
    1. 【オススメ女性活躍映画】
      1. 映画『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』
      2. 映画『スタントウーマン ハリウッドの知られざるヒーローたち』
      3. 映画『エデンの海(1976)』
      4. 映画『風の谷のナウシカ』
      5. 映画『空に住む』
      6. 映画『プラダを着た悪魔』
      7. 映画『鵞鳥湖の夜』
      8. 映画『ばるぼら』
      9. 映画『新聞記者』
      10. 映画『私をくいとめて』
      11. 映画『ノッティングヒルの恋人』
      12. 映画『ボディガード(1992)』
      13. 映画『オフィシャル・シークレット』
      14. 映画『フェアウェル』
      15. 映画『となりのトトロ』
      16. 映画『透明人間』
      17. 映画『スキャンダル』
      18. 映画『ミリオンダラー・ベイビー』
      19. 映画『キューポラのある街』
      20. 映画『コレット』
      21. 映画『ふたりのJ・T・リロイ ベストセラー作家の裏の裏』
      22. 『天才作家の妻 40年目の真実』
      23. 映画『マリッジ・ストーリー』
      24. 映画『プライベート・ウォー』
      25. 映画『マイ・フェア・レディ』
      26. 映画『追憶(1973)』
  12. 映画『幕が下りたら会いましょう』の作品情報

映画『幕が下りたら会いましょう』外部リンク

HPサイト】
映画『幕が下りたら会いましょう』公式サイト

【予告映像】
映画『幕が下りたら会いましょう』トレーラー

映画『幕が下りたら会いましょう』公式Twitter

映画『幕が下りたら会いましょう』IMDbサイト

映画『幕が下りたら会いましょう』 Rotten Tomatoesサイト

スポンサーリンク

映画『幕が下りたら会いましょう』のオススメ度は?

4.0

星4つです

「若い」作品です

前田聖来監督は間違いなく「才能がある」

松井玲奈の演技は「力強かった」

スポンサーリンク

映画『幕が下りたら会いましょう』の作品情報・概要

『幕が下りたら会いましょう』20211126日に公開された日本映画。前田聖来監督作品。主演は松井玲奈。美容室で働きながら劇団の主宰を務める女性が妹の死をきっかけにして様々な人々との出会いと再会を経て自分自身と向き合っていく物語。筧美和子、しゅはまはるみ、日高七海、江野沢愛美、木口健太、大塚萌香、目次立樹、安倍乙、亀田侑樹らが出演。

スポンサーリンク

映画『幕が下りたら会いましょう』のあらすじ・ネタバレ

斎藤麻麻奈美(松井玲奈)は地方で小さな劇団を主宰している。定職は持たず母・斎藤京子(しゅはまはるみ) の美容院を手伝っている。妹・斎藤尚(筧美和子) とも不仲だ。ある朝、尚が東京へ旅たつことになった。尚のお願いで前髪を切ってあげる。数日後、妹が急性アルコール中毒で死んだという知らせが届く。さらに、妹は父親が他の女性との間に生まれた子どもであると知る。心が激しく乱れる。妹の死をきっかけに自身の主宰する劇団のあり方を模索していく。麻奈美の心に奈美に対するコンプレックスと苦悩がのし掛かる。そんな時、新山隼人(木口健太) という人物から公演の依頼が届く。

スポンサーリンク

映画『幕が下りたら会いましょう』の感想・内容

「とても良い映画」だと思います。若い才能がキラキラとほとばしっていました。監督の前田聖来さんは元アイドルと言うことですが、素晴らしい才能を発揮していたと思います。劇場長編映画デビュー作とは思えない良作です。こういった才能を持っている女性監督の将来がとても楽しみです。まず前田監督の演出は古典的な日本映画の監督たちを彷彿さえます。筆頭は小津安二郎に通じます。淡々と撮っています。感情を爆発させません。言葉も少なく、演技も大仰ではありません。しかも映画全体が引き締まっているのです。「リラックスした緊張感」があります。こういう雰囲気を作り出すのはやはり、前田監督自身が数多くの映画を観て、学んでいるからでしょう。『愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ』という言葉がありますが、前田監督に例えると『賢者・前田監督は名作に学んでいる』ということがわかります。

さて、映画の内容について語りたいと思います。冒頭からやられました。斎藤麻麻奈美(松井玲奈)のショットから入るのですが、映像の明るさ、明暗、彩度がとてもアンティックなのです。フィルム感を目指しているように感じました。撮影監督の春木康輔さんと照明の本間光平さんのなせる技ではないでしょうか。ただ人によっては露出不足なのではないかと感じられる気がしました。わたしとしてはこういった古めかしいというか、アンニュイな雰囲気が好きなので一気に引き込まれたのです。

主演演じる松井さんのやり投げ感が良いですね。頑張っているのに報われない諦念感が伝わってきます。というのがなんとなく重たくつながっていきます。その理由が少しずつわかってきます。

 

斎藤麻麻奈美(松井玲奈)は学校出た後小さな劇団を持っています。座長です。脚本・演出をやります。団員に威張ります。酒癖も悪いです。地方の小さな演劇集団ですが、彼女は演劇を通してへ表現したい何かがあるのです。その何かと言うのは明確にされませんが、映画の結末で彼女は「演劇が好きだ」という生き方を貫くことで、納得したと同時に、イバラの道がまだまだ続くという不安感も表していました。

わたし自身地方に住んでいますから、少なからず劇団との繋がりがあります。彼に「何のために演劇をやっているのか」と聞くと、「好きだから」とか「いつか有名になる」とか「自身の芸術表現を高めたい」などと様々な答えが返ってきます。それらには自己表現、自己満足、承認欲求などが内包していることは間違いありません。

スポンサーリンク

映画『幕が下りたら会いましょう』の考察・評価

ただ演劇を何年も続けていて芽がが出ないと、さすがに気持ちが廃れていくものです。定食としての仕事を持っている人は良いのですが、アルバイトに明け暮れながら演劇をやっていく持続力って相当難しいと思います。また仕事を持っている人とアルバイトをしている劇団員では少なからず温度差があるのも事実です。アルバイトをしている人にとって正社員の団員は、若干本気度が足りないと感じるところもあるんです。正社員で働いている人が片手間でやっていると言うのが許せないと言う痴話ケンカのような状況を見たことがあります。

さて映画の内容に話を戻しますが、本映画『幕が下りたら会いましょう』は姉妹愛を主軸に葛藤、再生、挑戦、達成、別れ、旅立ちなどを丁寧に描いていると思います。斎藤麻麻奈美(松井玲奈)は妹の斎藤尚(筧美和子) に対して、強いコンプレックを持っています。冒頭の二人のショットで、麻奈美の尚に対する態度の理由がわかってきます。尚の方が、物語を構築する才能があるのです。脚本が素晴らしく、尚の書いた脚本で上演した作品が高評価を得た過去があります。それがコンプレックスになっているのです。姉妹の間で起こり売るような事柄ですが、一歩引いて考えると麻奈美は「子どもすぎる」と捉えらえても仕方ありません。いわゆる嫉妬、妬み、僻みを抱えているのです。それが姉妹の不仲に発展してるのです。

ある日、妹が東京へ旅立ちます。麻奈美はなんとなくほっとしています。でも、事件が起きるのです。東京で働いていた妹は飲み会で、急性アルコール中毒で、行き倒れのように亡くなってしまいます。その時です。麻奈美は尚ともっと話しておけばよかったと言う後悔に悩まされるのです。いわゆる苦悩するのです。この苦悩から脱するために麻奈美は格闘していきます。さらに妹・尚についての重要な出生の秘密が知らされるのです。尚は父親がどこかの誰かと作った子供だと言うことです。血の繋がりはあります。しかし尚は母親・斎藤京子(しゅはまはるみ) との血の繋がりはありません。でも母親は懸命に育てました。この設定は映画のサイドストーリーとしてはとても良い訴求点になっていると思います。血の繋がりよりも育ての親の方が大事と言う大義名分です。

麻奈美は母親に食ってかかります。「もっと早く妹の出生の秘密を知りたかった」と。「死んでから知っても意味がない」と。普通の映画でしたら、妹を不憫に思ったり、「妹の人生とはなんだったのか」へと展開を進めると思いますが、しかしその時の母親の対応が神でした。ここから映画は出生の秘密セット向かうようで向かわなかったところが良いと思います。本映画『幕が下りたら会いましょう』はあくまでも斎藤麻麻奈美(松井玲奈)の人間成長物物語となっています。極論を言えば「妹の死を利用して演出家として大成する」です。これは素晴らしいと思います。

さて、冴えない劇団の座長の斎藤麻麻奈美(松井玲奈)に良い話が来ます。東京のNPO団体を主催する新山隼人(木口健太) から公演の依頼が来るのです。麻奈美はひとつ返事で答えます。主役はがずっと仲良くしてきた友人・水淵早苗(日高七海) で稽古しますが、新山から降板を打診されます。苦渋の決断で友人を外します。演劇などの表現世界ではこういった事は日常茶飯事だと思います。映画を観ていて確かに代役・三橋ほのか(江野沢愛美) の方が「華がある」のは一目瞭然ですから、これは当たり前でしょう。公演がヒットするか否かはやはり容姿にも大きく影響されるからです。

私としてはここで降板して新しい華のある役者・三橋ほのか(江野沢愛美) で開いて欲しかったと言うな本音です。確かに旧知の友人は大事ですが、ここは割り切るべきです。それによって友情関係が破綻しても、自分のやりたい目的を達成させると言う気持ちの方が大事なのではないでしょうか。ここがちょっと勿体無いないです。

スポンサーリンク

映画『幕が下りたら会いましょう』の結末

さて映画は麻奈美がNPOの新山隼人(木口健太)の企画を行わない方向に帆を向けます。親友を取ったのです。そしてかつての仲間と再び企画し、稽古して、公演を行うのです。ここの脚本はとても良かったです。麻奈美が抱えている問題、それは妹との関係性です。そして強いコンプレックスです。妹・尚の死によって、自身が苦悩して、公演を開くことが供養となっていきます。「妹がなぜ生まれて、なぜ生きて、なぜ死んだのか」を舞台として上演するのです。麻奈美役を演じるんは先の企画で降板を言い渡した水淵早苗(日高七海) です。自分に投影して妹・尚と対峙させるのです。この展開は本当に素晴らしかったです。少なからず公演は成功したかと思います。その成功とは芸術的作品である成功と、麻奈美自身が妹の死を乗り越えたこと、さらにオリジナル脚本を書いて才能においても評価されたと言う二つの最高を意味しています。ここに人間成長物語が見て取れるのです。とても素晴らしかったです。

それとエンディングショットが実に日本映画的です。前田監督が映画を勉強しているのhが伝わってきます。斎藤麻麻奈美(松井玲奈)がラーメンをすすっている姿が印象的でした。横顔のみで捉えてます。麻奈美はしっかりと泣いています。涙を見せません。でも泣いているのです。これがとても良かったです。小津安二郎監督の『秋刀魚の味』のラストショットを彷彿させました。

やたらと感情をあらわにする映画が多い中、「涙を見せずに泣く」と言うのは本当に素晴らしい演出でした。本映画『幕が下りたら会いましょう』に関わった人たちはみんな若者です。本当に新鮮で溌剌とした気持ちにさせてくれました。前田監督の次回作に期待です。

スポンサーリンク

映画『幕が下りたら会いましょう』のキャストについて

斎藤麻麻奈美(松井玲奈)
斎藤尚(筧美和子)
斎藤京子(しゅはまはるみ)
水淵早苗(日高七海)
三橋ほのか(江野沢愛美)
新山隼人(木口健太)
春香(大塚萌香)
星野(目次立樹)
古賀(安倍乙)
松尾(亀田侑樹)
永井(山中志歩)
坂口(田中爽一郎)
望月結衣(hibiki)
横山(篠原悠伸)
木下(大高洋子)
篠原(里内伽奈)
邦子(濱田のり子)
雄介(藤田秀世)
荒川(出口亜梨沙)
女将(丘みどり)
権田幸平(袴田吉彦)

スポンサーリンク

まとめ 映画『幕が下りたら会いましょう』一言で言うと!

「若い才能を応援したい」

前田聖来監督「素晴らしかった」です。応援したいです。

スポンサーリンク

『運だぜ!アート』本日の総合アクセスランキング

映画『望み』ネタバレ・あらすじ・感想・結末「息子は加害者か被害者か」崩壊する家族「世間体」も気になる映画。
映画『人数の町』ネタバレ・あらすじ・感想。「衣食住完備」「性欲も満たされる」としたら住むことが出来るか?
スター・ウォーズ初心者はここから!映画を見る順番や見所をわかりやすく解説!ネタバレ若干あり!
【ネタバレ酷評】映画『マチネの終わりに』あらすじ・結末。物語も演出も撮影もダメ。福山雅治&石田ゆり子の糸引くキスシーン。
映画『ラストレター』あらすじ・ネタバレ・感想。福山雅治vs松たか子vs岩井俊二が描く“死と再生”物語。“手紙”の錯綜が描くノスタルジー。
映画『ONE PIECE FILM RED』ネタバレ・あらすじ「ニカとヤマト」感想「尾田栄一郎先生は最高!」」「結末「海賊やめる?」
映画『楽園』ネタバレ・あらすじ・結末。ムラ社会は日本社会の縮図。長老(独裁者)の「決めつけ」こそ悪害なのだ。綾野剛、佐藤浩市もOKだが村上虹郎が最高だ!
映画『ミッドナイトスワン』ネタバレ・あらすじ「草なぎくんこそ“母親”だ」感想「LGBTQ」の知識が深まる「未来に伝えたい」映画!結末「アカデミー賞2冠達成!」
実話映画『愛と死をみつめて』ネタバレ・あらすじ「創価学会の意味?」感想「笠智衆が泣く」感想「軟骨肉腫で死亡」結末。
映画『ばるぼら』ネタバレ・あらすじ「美乳」二階堂ふみ&「美尻」稲垣吾郎の衝撃愛!手塚眞とクリストファー・ドイルが紡ぐ「究極の芸術愛」誕生!感想・結末。

スポンサーリンク

合わせて観たい映画

【オススメ女性活躍映画】

映画『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』

ルイーザ・メイ・オルコット&グレタ・ガーウィグは偉大だ

映画『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』ネタバレ・あらすじ・感想。“走る”シアーシャ・ローナンが全女性に「勇気と希望」を与えてくれる。
映画『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』ネタバレ・あらすじ・感想。“走る”シアーシャ・ローナンが全女性に「勇気と希望」を与えてくれる。映画『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』の作品情報・概要。『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』原題『Little Women』2019年に公開されたアメリカ合衆国のドラマ映画。グレタ・ガーウィグ監督・脚本作品。主演はシアーシャ・ローナン。共演は本作はエマ・ワトソン、フローレンス・ピュー、エリザ・スカンレン、ローラ・ダーン、ティモシー・シャラメ。メリル・ストリープ。アメリカ文学の女流作家ルイーザ・メイ・オルコットが発表した小説『若草物語』を原作としているが、ガーウィグがオルコットの手紙や書簡を分析して、オルコットの真実の真意に迫る脚本となっている。

映画『スタントウーマン ハリウッドの知られざるヒーローたち』

ハリウッド映画は「女性が作ったのだ」と胸を張りたい

映画『スタントウーマン ハリウッドの知られざるヒーローたち』ネタバレ・あらすじ「女性の地位向上に貢献」感想「スタントが成功した恍惚感」結末
映画『スタントウーマン ハリウッドの知られざるヒーローたち』ネタバレ・あらすじ「女性の地位向上に貢献」感想「スタントが成功した恍惚感」結末映画『スタントウーマン ハリウッドの知られざるヒーローたち』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『スタントウーマン ハリウッドの知られざるヒーローたち』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『スタントウーマン ハリウッドの知られざるヒーローたち』の作品情報・概要ハリウッドの映画史を語るにおいて絶対に不可欠な存在であるアクション。そのアクションの中心を担ってきたのは女性のスタントウーマンであったことはあまり知られていない。本映画『スタントウーマン ハリウッドの知られざるヒーローたち』は女性スタントの歴史から差別、苦悩、挫折、挑戦、成功に至るまでをドキュメンタリーとして描いている。ただ単に「スタントの名場面特集」ではなく、女性の地位向上に尽力している現状についても描かれている。

映画『エデンの海(1976)』

女子高生の時から「女性としての意識」が高いです

映画『エデンの海(1976)』ネタバレ・あらすじ山口百恵「オシッコ出てる」樹木希林「パンツ売ってください」感想「LGBTQには苦痛な作品」結末
映画『エデンの海(1976)』ネタバレ・あらすじ山口百恵「オシッコ出てる」樹木希林「パンツ売ってください」感想「LGBTQには苦痛な作品」結末映画『エデンの海(1976)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『エデンの海(1976)』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『エデンの海(1976)』の作品情報・概要西河克己監督作品。山口百恵主演。1950年中村登監督が同作を撮っており、その際、西河が助監督を務めている。そして26年後、自ら監督してリメイクする。脚本も前作と同じく馬場当。百恵の相手役は南條豊(山口の主演映画では三浦友和以外の俳優が相手役になった唯一の作品)浅野温子デビュー作品。

映画『風の谷のナウシカ』

宮崎アニメは「女性の立場を尊重」した映画が多いです

映画『風の谷のナウシカ』ネタバレ・あらすじ「マスク世界を予言!」「女性活躍社会を牽引!」感想「宮崎駿監督偉大なり!」結末
映画『風の谷のナウシカ』ネタバレ・あらすじ「マスク世界を予言!」「女性活躍社会を牽引!」感想「宮崎駿監督偉大なり!」結末映画『風の谷のナウシカ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『風の谷のナウシカ』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『風の谷のナウシカ』の作品情報・概要『風の谷のナウシカ』宮崎駿脚本・監督の長編アニメーション映画第2作品目。1984年に公開。製作はジブリでは無くトップクラフト。本作以後にスタジオジブリ設立。1982年に『アニメージュ』に連載していた宮崎の同名漫画『風の谷のナウシカ』が原作である。漫画と映画の内容は異なることがさらにファンを獲得している理由となっている。高畑勲がプロデューサーとして参加している。音楽は久石譲。当時アニメージュの副編集長であった鈴木敏夫が本格的に宮崎作品に加わる。

映画『空に住む』

一人になっても強く生きてやる!

映画『空に住む』ネタバレ・あらすじ「空疎な東京タワーマンション」と「人情平屋家屋」の高低差。感想「未来へ歩き出す三人の女性たちを描く」結末はハッピー?
映画『空に住む』ネタバレ・あらすじ「空疎な東京タワーマンション」と「人情平屋家屋」の高低差。感想「未来へ歩き出す三人の女性たちを描く」結末はハッピー?映画『空に住む』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『空に住む』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。 映画『空に住む』の作品情報・概要『ユリイカ』(第53回カンヌ国際映画祭で国際批評家連盟賞とエキュメニック賞を受賞し)『共喰い』で菅田将暉に衝撃を与えた青山真治監督の7年ぶりの新作。EXILEなど人気アーティストの歌詞を手掛けてきた作詞家・小竹正人の小説を大胆に映像化し女性の生き方に重厚感を持たせている。多部未華子、岸井ゆきの、美村里江、岩田剛典らが出演。創造力がある青山真治ならでは作品。

映画『プラダを着た悪魔』

今では絶対に「パワハラ」間違いなしの女上司です

映画『プラダを着た悪魔』ネタバレ・あらすじパワハラ乗り越え「アン・ハサウェイが大スター」に!「素顔のメリル・ストリープ?」感想・結末。
映画『プラダを着た悪魔』ネタバレ・あらすじパワハラ乗り越え「アン・ハサウェイが大スター」に!「素顔のメリル・ストリープ?」感想・結末。映画『プラダを着た悪魔』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『プラダを着た悪魔』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『プラダを着た悪魔』の作品情報・概要『プラダを着た悪魔』原題『The Devil Wears Prada』2006年に公開されたアメリカ映画。原作はローレン・ワイズバーガー。ワイズバーガー自身が『ヴォーグ』で編集長アシスタントを経験した体験をもとに書かれた。華やかなファッション業界の様子と厳しい現実、そして夢へ向かって「頑張る女性」たちをユーモアたっぷりに描いている。アン・ハサウェイ主演で世界的な大スターになった。映画『マディソン郡の橋』映画『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』メリル・ストリープ共演。

映画『鵞鳥湖の夜』

男の言いなりにならない「お金ゲット」してみせる

映画『鵞鳥湖の夜』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。ヤクザの夫の報奨金30万元を妻はどう使うのか気になる映画。
映画『鵞鳥湖の夜』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。ヤクザの夫の報奨金30万元を妻はどう使うのか気になる映画。 映画『鵞鳥湖の夜』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『鵞鳥湖の夜』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『鵞鳥湖の夜』の作品情報・概要『薄氷の殺人』原題『白日焰火』英語題『Black Coal, Thin Ice』で第64回ベルリン国際映画祭金熊賞を受賞した中国の気鋭ディアオ・イーナン監督作品。発展途上の中国で底辺に暮らす人々の現実を描いたノワールサスペンス。再開発から取り残された鵞鳥湖(がちょうこ)周辺地区で起きた警官殺しを主軸に、虎狼のヤクザと警察、そして娼婦の人間模様をアクションを交えて描いている。激しい雨、静かな湖、夜の街を舞台に逃亡と銃撃戦が鮮烈な印象を与えてくる。第72回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門に出品作品。惜しくも『パラサイト 半地下の家族』 がグランプリ獲得になるも喝采された。

映画『ばるぼら』

こんな魅惑的な女性が実在して欲しくなる

映画『ばるぼら』ネタバレ・あらすじ「美乳」二階堂ふみ&「美尻」稲垣吾郎の衝撃愛!手塚眞とクリストファー・ドイルが紡ぐ「究極の芸術愛」誕生!感想・結末。
映画『ばるぼら』ネタバレ・あらすじ「美乳」二階堂ふみ&「美尻」稲垣吾郎の衝撃愛!手塚眞とクリストファー・ドイルが紡ぐ「究極の芸術愛」誕生!感想・結末。映画『ばるぼら』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ばるぼら』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『ばるぼら』の作品情報・概要『ばるぼら』は手塚治虫が『ビッグコミック』(小学館)で1973年(昭和48年)7月10日号から1974年(昭和49年)5月25日号まで描いた大人向けの漫画である。当時の手塚治虫の苦悩を投影したと言われている。手塚の実子でヴィジュアリストであり、映画監督の20手塚眞が実写化し2020年11月20日に公開された。主演は稲垣吾郎と『人間失格 太宰治と3人の女たち』『糸』二階堂ふみ。共演は『37セカンズ』『閉鎖病棟 それぞれの朝』の渋川清彦、『人数の町』『楽園』石橋静河、美波、大谷亮介ら。撮影監督は『ある船頭の話』クリストファー・ドイル。

映画『新聞記者』

腐りきった政府にメスを入れてやる!

望月衣塑子原案 映画『新聞記者』“忖度政権”に切り込む勇気 ラストのツメが甘い ネタバレ・あらすじ・評価・感想
現政権の大学設置問題に着目して製作された映画。いわゆる“忖度”を題材にしている。正義ある女性記者の真実とは何かを追い求めて格闘する。内部告発を決意する国家公務員の苦悩も描いている。また政府の中枢では情報操作が公然と行われているような描写もあり、衝撃的な内容となっている。2019年のこの時期に公開された意味は大きい。『新聞記者』2019年公開の日本映画。東京新聞所属・望月衣塑子さんの同名の完全フィクション作品を原案に脚色。製作総指揮をとった河村光庸氏の手腕が大きい。スターサンズ製作。若手女性新聞記者と若手エリート官僚の対峙と葛藤を描く社会派サスペンスフィクションとして編んだ名作。監督は藤井道人、主演はシム・ウンギョン、松坂桃李。多くの日本の女優たちが尻込みして出演を見送ったため韓国出身のシム・ウンギョンが抜擢、若干日本語に難があるが体当たりで演じている。ラストの松坂の言葉が何かが話題になった。望月衣塑子さん著作『新聞記者』をモチーフの製作されている。先の『森友・加計問題』に端を発した政治不信は記憶に新しいが、本映画には政府の権力構造にもメスを入れて描いている。邦画において現政権に対してここまで描いた心意気は褒められる。もしこれが政府の内幕の真実であれば恐ろしい。

映画『私をくいとめて』

本当は一人が好き「自分の世界で暮らしたい」

映画『私をくいとめて』ネタバレ・あらすじ「のんちゃん、頑張れ!」感想「“おひとりさま”じゃあないよ」結末。
映画『私をくいとめて』ネタバレ・あらすじ「のんちゃん、頑張れ!」感想「“おひとりさま”じゃあないよ」結末。映画『私をくいとめて』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『私をくいとめて』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。『私をくいとめて』芥川賞作家の綿矢りさの原作小説を映画化。2017年1月6日に朝日新聞出版から刊行されている。大九明子監督作品。主演は映画『この世界の片隅に』ののん。映画『蜜蜂と遠雷』や『美人が婚活してみたら』の臼田あさ美。映画『人数の町』の中村倫也が「A」という声を担当している。

映画『ノッティングヒルの恋人』

女優を続けるのって大変

映画『ノッティングヒルの恋人』ネタバレ・あらすじ。ヒュー・グラント「続編は骨肉離婚劇を撮りたい」感想「ジュリア・ロバーツの最高PV映画」結末「男版シンデレラ物語」
映画『ノッティングヒルの恋人』ネタバレ・あらすじ。ヒュー・グラント「続編は骨肉離婚劇を撮りたい」感想「ジュリア・ロバーツの最高PV映画」結末「男版シンデレラ物語」

映画『ボディガード(1992)』

本当は「淋しくてたまらない」歌姫

映画『ボディガード(1992)』ネタバレ・あらすじ。ホイットニー・ヒューストンの「歌を聴く映画」感想「ケビン・コスナー役得」結末は「オールウェイズ・ラヴ・ユー」です。
映画『ボディガード(1992)』ネタバレ・あらすじ。ホイットニー・ヒューストンの「歌を聴く映画」感想「ケビン・コスナー役得」結末は「オールウェイズ・ラヴ・ユー」です。映画『ボディガード(1992)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ボディガード(1992)』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 映画『ボディガード(1992)』の作品情報・概要 『ボディガード』原題『The Bodyguard』1992年製作のアメリカのロマンティック・サスペンス映画映画。映画『ダンス・ウィズ・ウルブズ』のケビン・コスナーと世界的なディーバ(歌姫)ホイットニー・ヒューストンが共演し世界中で大ヒット。大スターを殺害から守る身のボディガードが公私を越えた禁断の愛に葛藤しながら身を呈して大スターを守る任務を実行する。ホイットニー・ヒューストン全盛の歌声が絶品。

映画『オフィシャル・シークレット』

「暴露」やっぱり真実から目を背くことはできない

映画『オフィシャル・シークレット』ネタバレ・あらすじ・感想。イラク戦争阻止を試みたキャサリン・ガンの勇気。「正義は必ず勝つのか?」
映画『オフィシャル・シークレット』ネタバレ・あらすじ・感想。イラク戦争阻止を試みたキャサリン・ガンの勇気。「正義は必ず勝つのか?」 映画『オフィシャル・シークレット』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『オフィシャル・シークレット』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『オフィシャル・シークレット』の作品情報・概要『オフィシャル・シークレット』原題『Official Secrets』2019年に公開された米英合作のサスペンス&内部告発映画である。『ツォツィ』のギャヴィン・フッド監督作品。主演は『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』『コレット』のキーラ・ナイトレイ。本映画はマルシア・ミッチェルとトーマス・ミッチェル書いた『The Spy Who Tried to Stop a War』を元に製作された。

映画『フェアウェル』

これがわたしの生きる道!

映画『フェアウェル』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。圧巻オークワフィナの「存在力」「ガン告知するか否か」を通して自身を知る物語!
映画『フェアウェル』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。圧巻オークワフィナの「存在力」「ガン告知するか否か」を通して自身を知る物語! 映画『フェアウェル』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『フェアウェル』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『フェアウェル』の作品情報・概要『フェアウェル』原題『The Farewell』2019年のアメリカ合衆国のドラマ映画。監督はルル・ワン、主演はオークワフィナ。本作はルル・ワン監督の実体験を題材にしている。2017年に出演したラジオ番組『ディス・アメリカン・ライフ』で語った「What You Don't Know」を原作としている。2019年7月12日に4館のみの限定公開であったが、話題となり全米704館まで拡大。主演のオークワフィナはゴールデングローブ賞で主演女優賞 (ミュージカル・コメディ部門)を獲得した傑作。

映画『となりのトトロ』

お母さん「早く帰ってきて!」

映画『となりのトトロ』ネタバレ・あらすじ・感想。「都市伝説」を生む名作ファンタジーは“家族愛”が一番大切と教えてくれる。
映画『となりのトトロ』ネタバレ・あらすじ・感想。「都市伝説」を生む名作ファンタジーは“家族愛”が一番大切と教えてくれる。映画『となりのトトロ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『となりのトトロ』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『となりのトトロ』の作品情報・概要『となりのトトロ』英題『My Neighbor Totoro』1984年スタジオジブリ製作による長編アニメーション映画。宮崎駿監督作品。音楽は久石譲。昭和30年代前半の埼玉県所沢市を舞台にしたファンタジー映画。肺を病んだ母親のために田舎へ引っ越した草壁一家。12歳のサツキと4歳のメイは不思議な生き物に出会う。子どもにしか見えないトトロとの交流を通じて「母への想い」を噛み締めながら少しずつ成長していく物語。

映画『透明人間』

「このストーキング野郎!」退治してやる

映画『透明人間』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「ストーキングの恐怖」&「女性が自由に生きる」時代をテーマに描く名作。
映画『透明人間』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「ストーキングの恐怖」&「女性が自由に生きる」時代をテーマに描く名作。映画『透明人間』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『透明人間』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。 映画『透明人間』の作品情報・概要。『透明人間』原題『The Invisible Man』2020年に公開された米豪合作のホラー映画。監督は『ソウ 』シリーズの製作や『アップグレード』の監督のリー・ワネル。主演は『ザ・スクエア 思いやりの聖域(17)』『アス(19)』のエリザベス・モス。過去の透明人間映画のモチーフを残しつつ、21世紀型の新しい透明人間として描いた秀作。「ストーキング問題」と「女性の自由」をテーマを置いている。

映画『スキャンダル』

ニューヨーク野郎から「お金巻き上げてやる!」

映画『スキャンダル』ネタバレ・あらすじ・感想。成功している美女ばかりで心寄せられない。自己顕示欲の圧力が半端ない。
映画『スキャンダル』ネタバレ・あらすじ・感想。成功している美女ばかりで心寄せられない。自己顕示欲の圧力が半端ない。映画『スキャンダル』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『スキャンダル』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認できます。映画『スキャンダル』の作品情報・概要『スキャンダル』原題『Bombshell』2019年のアメリカ合衆国のドラマ映画。ジェイ・ローチ監督作品。主演はシャーリーズ・セロン、ニコール・キッドマン、マーゴット・ロビーのハリウッドを代表する女優。ジョン・リスゴー、ケイト・マッキノン、コニー・ブリットン、マルコム・マクダウェル、アリソン・ジャネイらが共演。アメリカ4大ネットワークのFOXテレビで起きた実際のセクハラ事件をモチーフに製作された。

映画『ミリオンダラー・ベイビー』

貧しいけれど「世界チャンプの夢」は捨てられない

映画『ミリオンダラー・ベイビー』ネタバレ・あらすじ・感想。アカデミー賞四冠。クリント・イーストウッド最高作品。「死ぬ自由もある」
映画『ミリオンダラー・ベイビー』ネタバレ・あらすじ・感想。アカデミー賞四冠。クリント・イーストウッド最高作品。「死ぬ自由もある」映画『ミリオンダラー・ベイビー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ミリオンダラー・ベイビー』IMDbサイトもご紹介し作品情報・キャスト情報のご確認もできます。     映画『ミリオンダラー・ベイビー』の作品概要 『ミリオンダラー・ベイビー』原作『Million Dollar Baby』2004年のアメリカ合衆国の映画。製作・配給会社はワーナー・ブラザースで、監督・製作・主演はクリント・イーストウッド。ジェリー・ボイドの短編集『Rope Burns:Stories From the Corner』を元にポール・ハギスが脚本を執筆。第77回アカデミー賞で作品賞・監督賞・主演女優賞(ヒラリー・スワンク)・助演男優賞(モーガン・フリーマン)を受賞。  

映画『キューポラのある街』

わたしの未来は絶対に明るい!

映画『キューポラのある街』ネタバレ・あらすじ・結末。吉永小百合さん勇気ある出演。当時の日本と北朝鮮の関係も見えてくる。
映画『キューポラのある街』ネタバレ・あらすじ・結末。吉永小百合さん勇気ある出演。当時の日本と北朝鮮の関係も見えてくる。映画『キューポラのある街』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。 映画『キューポラのある街』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『キューポラのある街』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『キューポラのある街』の作品概要。原作は早船ちよの小説。1962年(昭和37年)4月8日に公開された浦山桐郎監督デビューd作の日本映画である。上映時間は99分。脚本は浦山の師匠である今村昌平と共同執筆。吉永小百合主演に日活作品。

映画『コレット』

フランスの女流作家の先駆け的存在

映画『コレット』ネタバレ、あらすじ。女流作家シドニー=ガブリエル・コレットを演じるキーラ・ナイトレイの演技は絶品。女性の挑戦、勇気、希望の映画です。
今だに女性の社会進出を歓迎しない男は多い。世界的な女性作家シドニー=ガブリエル・コレットでさえも夫の強制により社会に出る機会を長く待った。この物語は文才のないダメ夫に嫁いだばかりに、作家としての才能を開花する女性の物語である。同時に女性の権利を広く訴えることでフランス女性たちに勇気と希望を与えた人生をつぶさに描いている。

映画『ふたりのJ・T・リロイ ベストセラー作家の裏の裏』

ローラ・アルバートの才能をもっと評価したい

映画『ふたりのJ・T・リロイ ベストセラー作家の裏の裏』ネタバレ・あらすじ・感想。ローラ・アルバートの才能を評価。SNS炎上ビジネスの先駆け。
映画『ふたりのJ・T・リロイ ベストセラー作家の裏の裏』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ふたりのJ・T・リロイ ベストセラー作家の裏の裏...

『天才作家の妻 40年目の真実』

夫のゴーストライターでは終われない

『天才作家の妻 40年目の真実』ネタバレ(感想)どんな夫婦にも“特殊”な世界観があるということ。
妻子ある大学教授と恋に落ち、略奪婚をしてしまった負い目もあるのだろうか。自らの夢である“作家”を諦め夫のゴーストライターに徹することで良き妻『糟糠の妻』を演じるているのか。ノーベル文学賞と言う名誉が二人の絆を壊そうとする。二人の感情揺れ動く。妻は全てを告白するのか、夫はそれを許すのか。夫婦である意味とは、、、。

映画『マリッジ・ストーリー』

もう一度女優として活躍したい

映画『マリッジ・ストーリー』ネタバレ・あらすじ・感想。アカデミー賞はスカーレット・ヨハンソン当確。アダム・ドライバーの歌は最高。
映画『マリッジ・ストーリー』ネタバレ・あらすじ・感想。アカデミー賞はスカーレット・ヨハンソン当確。アダム・ドライバーの歌は最高。映画『マリッジ・ストーリー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『マリッジ・ストーリー』公式サイトを紹介し作品情報・キャスト情報もご確認できます。j映画『マリッジ・ストーリー』の作品概要『マリッジ・ストーリー』原題『Marriage Story』2019年の米英合作のコメディドラマ映画。ノア・バームバック初監督作品。主演はアダム・ドライヴァーとスカーレット・ヨハンソン。ローラ・ダーン、アラン・アルダ、レイ・リオッタ共演。2020年(第92回)アカデミー賞では作品賞、主演男優賞、主演女優賞、助演女優賞、作曲賞、脚本賞にノミネートされた。製作会社 ヘイデイ・フィルムズ、Netflix。

映画『プライベート・ウォー』

戦争がわたしを呼んでいる

映画『プライベート・ウォー』ネタバレ・あらすじ・評価。隻眼のジャーナリスト。シリアで死す。戦地とPTSDの恐怖。終わらない戦争。
映画『プライベート・ウォー』公式サイトにて作品情報・上映館情報の紹介とネタバレ・あらすじ・感想・内容・結末について記述しています。隻眼のジャーナリスト、メリー・コルビンの半生を映画化。世界に紛争、戦争があると取材に行くのが戦争ジャーナリスト。命をかけて取材するが時には自身も傷つく。片目を失明。そして悲惨な戦争を見すぎてPTSDに陥る。それでも何度も戦地を訪れて世界に真実を発信する。最後はシリアでアサド政権の残虐性を放送して死ぬ。なぜ彼女は戦地へ行ったのか、なぜ書きたかったのか、そこには人間としても尊厳があったのだろう。

映画『マイ・フェア・レディ』

レディになることが果たして「正しいのか」

映画『マイ・フェア・レディ』ネタバレ・あらすじ「オードリー・ヘプバーンの代表作であり、屈辱的な映画」感想「レックス・ハリソンは上手い」結末
映画『マイ・フェア・レディ』ネタバレ・あらすじ「オードリー・ヘプバーンの代表作であり、屈辱的な映画」感想「レックス・ハリソンは上手い」結末映画『マイ・フェア・レディ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『マイ・フェア・レディ』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『マイ・フェア・レディ』の作品情報・概要『マイ・フェア・レディ』原題『My Fair Lady)』1964年制作のアメリカ合衆国のミュージカル映画。ジョージ・キューカー監督作品。出演はオードリー・ヘプバーンとレックス・ハリソン。ブロードウェイで上演同名ミュージカル(主演はジュリー・アンドリュースとレックス・ハリソンだった)を映画化。紆余曲折の末、映画ではオードリー・ヘプバーンが演じることに。同年のアカデミー作品賞ほか8部門を受賞した。オードリー・ヘプバーンの代表作の一つとして知られているが、劇中で自身の歌唱が使用されなかったことで大きく傷つけられた作品である。

映画『追憶(1973)』

バーブラ・ストライサンド「キレッキレッ」の演技です

映画『追憶(1973)』ネタバレ・あらすじ「バーブラ・ストライサンド適役でヒット!」感想「音楽勝ち映画」結末
映画『追憶(1973)』ネタバレ・あらすじ「バーブラ・ストライサンド適役でヒット!」感想「音楽勝ち映画」結末映画『追憶(1973)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『追憶(1973)』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『追憶(1973)』の作品情報・概要『追憶』 原題『The Way We Were』1973年のアメリカ映画。シドニー・ポラック監督。脚本はアーサー・ローレンツ。彼が大学時代に体験した学生運動を元にしている。主演は映画『ようこそ映画音響の世界へ』のバーブラ・ストライサンドと映画『明日に向かって撃て!』や映画『さらば愛しきアウトロー』のロバート・レッドフォード。左翼思想・共産主義に傾倒するケイティ・モロスキーとノンポリのハベルが恋愛して、結婚、離婚して成長していく物語を第二次大戦と戦後を挟んで紡ぐ物語。マッカーシズム、赤狩りの描写も内包した社会派映画の側面もある。
スポンサーリンク

映画『幕が下りたら会いましょう』の作品情報

映画.comより一部引用
スタッフ・キャスト
監督
前田聖来
脚本
大野大輔 前田聖来
エグゼクティブプロデューサー
高木雅共
プロデューサー
猪野秀碧 岡田康弘 細見将志 田中佐知彦
企画
直井卓俊
脚本協力
川原杏奈
劇中戯曲
愛里
撮影
春木康輔
照明
本間光平
録音
吉方淳二
美術
柴崎まどか
メインビジュアル
柴崎まどか
スタイリスト
小宮山芽以
ヘアメイク
安藤メイ
編集
小西智香
音楽
池永正二
主題歌
JamFlavor
斎藤麻麻奈美(松井玲奈)
斎藤尚(筧美和子)
斎藤京子(しゅはまはるみ)
水淵早苗(日高七海)
三橋ほのか(江野沢愛美)
新山隼人(木口健太)
春香(大塚萌香)
星野(目次立樹)
古賀(安倍乙)
松尾(亀田侑樹)
永井(山中志歩)
坂口(田中爽一郎)
望月結衣(hibiki)
横山(篠原悠伸)
木下(大高洋子)
篠原(里内伽奈)
邦子(濱田のり子)
雄介(藤田秀世)
荒川(出口亜梨沙)
女将(丘みどり)
権田幸平(袴田吉彦)
2021年製作/94分/G/日本
配給:SPOTTED PRODUCTIONS

タイトルとURLをコピーしました