差別・偏見映画

人種差別・偏見は根強い歴史があります。特に黒人への差別はアメリカ社会においては「分断」を助長させています。また宗教差別、そして性的差別も同様です。21世紀の人間が問題解決すべきさまざまな差別・偏見について描いた映画を紹介します。

スポンサーリンク
2022年製作

映画『エルヴィス』ネタバレ・あらすじ「人種差別反対」感想「ロックンロールを世界へ」結末「キング・オブ・ロックンロール」

映画『エルヴィス』ネタバレ・あらすじ「人種差別反対」感想「ロックンロールを世界へ」結末「キング・オブ・ロックンロール」映画『エルヴィス』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『エルヴィス』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『エルヴィス』の作品情報・概要『エルヴィス』原題『Elvis』2022年公開のアメリカ合衆国の映画。エルヴィス・プレスリーの生涯を描いた伝記映画。バズ・ラーマン監督。主演はオースティン・バトラー(映画『デッド・ドント・ダイ』や映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』)。他にトム・ハンクス(映画『めぐり逢えたら』や『ハドソン川の奇跡』)、ヘレン・トムソン、リチャード・ロクスバーグ(『ブレス あの波の向こうへ』)、オリビア・デヨング、ヨラ、ションカ・デュクレ、リトル・リチャード、ケルビン・ハリソン・Jr.、ゲリー・クラーク・Jr.、デビッド・ウェンハム、ルーク・ブレイシー、デイカー・モンゴメリー、ナターシャ・バセット、ゼイビア・サミュエル、コディ・スミット=マクフィー、レオン・フォード 、ケイト・マルバニー、ガレス・デイビス、チャールズ・グラウンズ 、ジョシュ・マクコンビル、アダム・ダンらが出演。
2022.07.01
2022年製作

映画『ベイビー・ブローカー』ネタバレ・あらすじ「是枝裕和監督はどこへ行く?」感想「カンヌ激震ソン・ガンホ!」結末「赤ちゃんが主役」

映画『ベイビー・ブローカー』ネタバレ・あらすじ「是枝裕和監督はどこへ行く?」感想「カンヌ激震ソン・ガンホ!」結末「赤ちゃんが主役」映画『ベイビー・ブローカー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ベイビー・ブローカー』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ベイビー・ブローカー』の作品情報・概要映画『ベイビー・ブローカー』原題『Broke』韓国製作。是枝裕和監督作品(映画『海街diary』や映画『誰も知らない』や映画『万引き家族』や映画『三度目の殺人』や映画『真実』)。設置された「赤ちゃんポスト(ベイビー・ボックス)」から赤ちゃんを盗み横流しする二人の男。赤ちゃんを捨てたが取り戻しに来る女。そして女刑事たちが繰り広げる物語。2022年・第75回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品され、主演のソン・ガンホ(映画『パラサイト 半地下の家族』や映画『タクシー運転手 約束は海を越えて』)が韓国人俳優初の男優賞を受賞。また、人間の内面を豊かに描いた作品に贈られるエキュメニカル審査員賞も受賞した。是枝裕和監督にとって、『真実』に続き外国製作作品2本目となる。
2022.06.24
2022年製作

映画『PLAN 75』ネタバレ・あらすじ「死がテーマ?」感想「不寛容な社会がテーマ」結末「早川千絵監督は頭が良い」

映画『PLAN 75』ネタバレ・あらすじ「死がテーマ?」感想「不寛容な社会がテーマ」結末「早川千絵監督は頭が良い」映画『PLAN 75』の作品情報・概要映画『PLAN 75』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『PLAN 75』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。 『PLAN 75』2022年6月17日に公開された映画作品。早川千絵監督作品。日本・フランス・フィリピン・カタール合作。75歳以上の高齢者に対して自らの生死の権利を保障し、支援する制度「PLAN 75」の施行に伴う制度の対象者たちや市役所の職員、スタッフの苦悩を描く。主演は本作が9年ぶりの映画主演作となる倍賞千恵子(映画『ハウルの動く城』や映画『小さいおうち』や映画「天気の子」)。磯村勇斗(映画『ホリック xxxHOLiC』や映画『前科者』や映画『ヤクザと家族 The Family』)、たかお鷹(映画『MOTHER マザー』や映画『決戦は日曜日』)、河合優実(映画『ちょっと思い出しただけ』や映画『サマーフィルムにのって』)、ステファニー・アリアン、大方斐紗子(『あなたの番です 劇場版』や映画『閉鎖病棟 それぞれの朝』)、串田和美(映画『誰も知らない』)らが出演。
2022年製作

映画『流浪の月』ネタバレ・あらすじ「事実と真実は異なる」感想「15年後再会した加害者と被害者の恋愛」結末「障害を乗り越えて成就」

映画『流浪の月』ネタバレ・あらすじ「事実と真実は異なる」感想「15年後再会した加害者と被害者の恋愛」結末「障害を乗り越えて成就」映画『流浪の月』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『流浪の月』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。 映画『流浪の月』の作品情報・概要『流浪の月』李相日監督作品。2020年の本屋大賞に輝いた凪良ゆうの小説『流浪の月』を映画化。誘拐事件の“被害女児”だった女性と、その事件の“加害者”とされた当時19歳の大学生の物語。いつまでも消えない“被害女児”と“加害者”というレッテルを貼られながらも惹かれあう2人を描いた作品です。主演は広瀬すず(映画『いのちの停車場』や映画『海街diary』)、松坂桃李(映画『孤狼の血 LEVEL2』や映画『新聞記者』)。横浜流星(映画『嘘喰い』や映画『あなたの番です 劇場版』)、多部未華子(映画『空に住む』)、趣里(『生きてるだけで、愛。』や映画『ホリック xxxHOLiC』)、三浦貴大(映画『大綱引の恋』や映画『大コメ騒動』)、白鳥玉季、増田光桜、内田也哉子、柄本明(映画『ある船頭の話』や映画『ノイズ』や映画『セーラー服と機関銃』や映画『楽園』)らが出演。
2022.06.26
2022年製作

映画『ドクター・ストレンジ マルチバース・オブ・マッドネス』ネタバレ・あらすじ「怪演ベネディクト・カンバーバッチ」感想「頭混乱」結末「「マーベル・シネマティック・ユニバース」の28作品目の作品」

映画『ドクター・ストレンジ マルチバース・オブ・マッドネス』ネタバレ・あらすじ「怪演ベネディクト・カンバーバッチ」感想「頭混乱」結末「「マーベル・シネマティック・ユニバース」の28作品目の作品」映画『ドクター・ストレンジ マルチバース・オブ・マッドネス』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ドクター・ストレンジ マルチバース・オブ・マッドネス』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ドクター・ストレンジ マルチバース・オブ・マッドネス』の作品情報・概要『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』原題『Doctor Strange in the Multiverse of Madness』マーベル・コミックのキャラクター「ドクター・ストレンジ」をベースとする、2022年公開のアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画。サム・ライミ監督作品(映画『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』)脚本はジェイド・バートレットとマイケル・ウォルドロン、出演はベネディクト・カンバーバッチ(映画『アベンジャーズ エンドゲーム』や映画『1917 命をかけた伝令』)、エリザベス・オルセン(映画『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』や映画『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』)、ベネディクト・ウォン、ソーチー・ゴメスら。『ドクター・ストレンジ』(2016年)の続編でシリーズ2作目、また「マーベル・シネマティック・ユニバース」の28作品目の作品。
2022.05.11
LGBT映画

映画『人生はビギナーズ』ネタバレ・あらすじ「悩むユアン・マクレガー」感想「マイク・ミルズ監督」結末「オスカー獲得!クリストファー・プラマー 」

映画『人生はビギナーズ』ネタバレ・あらすじ「悩むユアン・マクレガー」感想「マイク・ミルズ監督」結末「オスカー獲得!クリストファー・プラマー 」映画『人生はビギナーズ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『人生はビギナーズ』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『人生はビギナーズ』の作品情報・概要 『人生はビギナーズ』原題『Beginners』2010年に製作されたマイク・ミルズ監督・脚本作品。アメリカ合衆国の映画。ユアン・マクレガー主演(映画『ドクター・スリープ』や映画『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』や映画『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』)。クリストファー・プラマー、メラニー・ロラン、ゴラン・ビシュニックらが出演。クリストファー・プラマーは第84回 アカデミー賞(2012年)に於いて、助演男優賞獲得。38歳のイラストレーターが母の死と余命わずかな父のカミングアウト「ゲイである」と聞いて、自らの人生を歩き出す物語。
2022.05.11
いじめ・陰湿映画

映画『ハリー・ポッターと謎のプリンス』ネタバレ・あらすじ「ダニエル・ラドクリフ成長している」感想「エマ・ワトソン可愛い」結末「J・K・ローリング印税は?」

映画『ハリー・ポッターと謎のプリンス』ネタバレ・あらすじ「ダニエル・ラドクリフ成長している」感想「エマ・ワトソン可愛い」結末「J・K・ローリング印税は?」映画『ハリー・ポッターと謎のプリンス』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ハリー・ポッターと謎のプリンス』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ハリー・ポッターと謎のプリンス』の作品情報・概要『ハリー・ポッターと謎のプリンス』原題『 Harry Potter and the Half-Blood Prince』イギリスの児童文学作家J・K・ローリングが2005年に発表した、ファンタジー小説『ハリー・ポッター』シリーズの第6巻を2009年に映画化された。ホグワーツ魔法魔術学校の6年生となった魔法使いのハリー・ポッターが、史上最悪の魔法使いヴォルデモートとの対決に備え、ヴォルデモートの過去と弱点に迫る一年間を描く。ダニエル・ラドクリフ(映画『ハリー・ポッターと賢者の石』や映画『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』)、ルパート・グリント、エマ・ワトソン(映画『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』や映画『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』)、マイケル・ガンボン、マギー・スミス(映画『天使にラブ・ソングを…』)、アラン・リックマン、ロビー・コルトレーン、ジム・ブロードベント、トム・フェルトン、ボニー・ライト、イバナ・リンチ、デビッド・シューリス(映画『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』)、ナタリア・テナ、ヘレナ・ボナム・カーター(映画『チャーリーとチョコレート工場』)らが出演。
2022.04.18
いじめ・陰湿映画

映画『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』ネタバレ・あらすじ「アルフォンソ・キュアロン監督作品」感想「エマ・ワトソン可愛い」「J・K・ローリング印税は?」結末。

映画『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』ネタバレ・あらすじ「アルフォンソ・キュアロン監督作品」感想「エマ・ワトソン可愛い」「J・K・ローリング印税は?」結末。映画『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』の作品情報・概要『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』原題『Harry Potter and the Prisoner of Azkaban』J・K・ローリングが1999年に発表した、小説『ハリー・ポッター』シリーズの第3巻を映画化。ホグワーツ魔法魔術学校の3年生となったハリー・ポッターが、魔法牢獄アズカバンから脱走した囚人の騒動を通じて、両親の死にまつわる真相を知らされる1年間を描く。ダニエル・ラドクリフ(映画『ハリー・ポッターと賢者の石』や映画『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』)、ルパート・グリント、エマ・ワトソン(映画『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』)、ゲイリー・オールドマン、マイケル・ガンボン、マギー・スミス、アラン・リックマン、ロビー・コルトレーン、デビッド・シューリス ティモシー・スポール、エマ・トンプソン、ワーウィック・デイビス、デビッド・ブラッド、リー
トム・フェルトンらが出演。
2022.04.18
いじめ・陰湿映画

映画『ハリー・ポッターと秘密の部屋』ネタバレ・あらすじ・感想・結末

映画『ハリー・ポッターと秘密の部屋』ネタバレ・あらすじ・感想・結末 映画『ハリー・ポッターと秘密の部屋』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ハリー・ポッターと秘密の部屋』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ハリー・ポッターと秘密の部屋』の作品情報・概要『ハリー・ポッターと秘密の部屋』原題『Harry Potter and the Chamber of Secrets』イギリスの作家、J・K・ローリングが1998年に発表した、ファンタジー小説『ハリー・ポッター』シリーズの第二弾の映画化。ホグワーツ魔法魔術学校の2年生となったハリー・ポッターが、親友とともにホグワーツ城で起こった「秘密の部屋」事件を解決するまでの1年間を描く。J・K・ローリングの世界的ベストセラー「ハリー・ポッター」シリーズ映画化第2作。
2022.04.18
アクション映画

映画『ハリー・ポッターと賢者の石』ネタバレ・あらすじ「魔法使いブーム到来」感想「ダニエル・ラドクリフが世界へ」結末「J・K・ローリング凄し!」

映画『ハリー・ポッターと賢者の石』ネタバレ・あらすじ「魔法使いブーム到来」感想「ダニエル・ラドクリフが世界へ」結末「J・K・ローリング凄し!」映画『ハリー・ポッターと賢者の石』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ハリー・ポッターと賢者の石』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ハリー・ポッターと賢者の石』の作品情報・概要『ハリー・ポッターと賢者の石』原題『Harry Potter and the Philosopher's Stone』イギリスの児童文学作家、J・K・ローリングが生活保護を受けながら1997年に発表した、子供向けファンタジー小説『ハリー・ポッター』シリーズの第1巻。同年のカーネギー賞佳作(commended)に選出。その他、数々の賞を受賞。2001年には映画化された。誰もが幼い頃、「魔法使いに憧れた」ことをファンタジー映画として描き世界中の子どもたちと熱狂させた。ダニエル・ラドクリフ(映画『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』や映画『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』)、ルパート・グリント、エマ・ワトソン(映画『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』)、リチャード・ハリス(映画『許されざる者(1992)』)、マギー・スミス(映画『天使にラブ・ソングを…』)、アラン・リックマン、ロビー・コルトレーン、イアン・ハート(映画『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』)、ゾー・ワナメイカー、ワーウィック・デイビス、デビッド・ブラッドリーらが出演。
2022.04.18
2021年製作

映画『英雄の証明』ネタバレ・あらすじ「犯罪者から英雄へ」感想「SNSの恐怖」結末「イラン映画の巨匠アスガー・ファルハディ」

映画『英雄の証明』ネタバレ・あらすじ「犯罪者から英雄へ」感想「SNSの恐怖」結末「イラン映画の巨匠アスガー・ファルハディ」 映画『英雄の証明』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『英雄の証明』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『英雄の証明』の作品情報・概要 『英雄の証明』原題『A Hero』原題・ペルシア語『 قهرمان』イランのドラマ映画。アスガル・ファルハーディー監督・脚本作品(映画『誰もがそれを知っている』)。出演はアミール・ジャディディ、サハル・ゴルデュースト、モーセン・タナバンデなど。2021年7月に第74回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門で上映され、グランプリを獲得。第94回アカデミー賞国際長編映画賞にイラン代表作として出品された。SNSやメディアの歪んだ正義と不条理によって、人生を根底から揺るがす事態に巻き込まれていく男の姿を描く。
2022年製作

映画『モービウス』ネタバレ・あらすじ「マルチバースの扉が開く」感想「マーベル最強ヴィラン誕生」結末「スパイダーマンもやってくる?」

映画『モービウス』ネタバレ・あらすじ「マルチバースの扉が開く」感想「マーベル最強ヴィラン誕生」結末「スパイダーマンもやってくる?」映画『モービウス』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『モービウス』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『モービウス』の作品情報・概要『モービウス』原題『Morbius』マーベル・コミックの同名のキャラクターをベースにした、2022年のアメリカのスーパーヒーロー映画。ダニエル・エスピノーサ監督作品。コロンビア ピクチャーズとマーベル・エンターテインメント製作。「ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース」の第3作目。ジャレッド・レト(映画『ハウス・オブ・グッチ』)、マット・スミス(映画『ラストナイト・イン・ソーホー』や映画『オフィシャル・シークレット』)、アドリア・アルホナ、ジャレッド・ハリス、アル・マドリガル、タイリース・ギブソン(映画『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』)、マイケル・キートン(映画『スパイダーマン ホームカミング』や映画『バットマン』)らが出演。血液の病気を持っている天才医師のマイケル・モービウスは自身を実験台にして吸血鬼化していく。
2022.04.02
2021年製作

映画『ナイトメア・アリー』ネタバレ・あらすじ「天国から地獄へ」感想「フィルムノワールは金髪が似合う」結末「因果応報ってある」

映画『ナイトメア・アリー』ネタバレ・あらすじ「天国から地獄へ」感想「フィルムノワールは金髪が似合う」結末「因果応報ってある」映画『ナイトメア・アリー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ナイトメア・アリー』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ナイトメア・アリー』の作品情報・概要『ナイトメア・アリー』原題『Nightmare Alley』2021年のアメリカ合衆国のネオ・ノワールサイコスリラー映画。ギレルモ・デル・トロ脚本・監督作品。キム・モーガン脚本執筆。ウィリアム・リンゼイ・グレシャムの小説『ナイトメア・アリー 悪夢小路』が原作。主演はブラッドリー・クーパー(『アメリカン・スナイパー』や映画『運び屋』や映画『アリー/スター誕生』)。他にケイト・ブランシェット(映画『ドント・ルック・アップ』や映画『ソング・トゥ・ソング』)、トニ・コレット、ウィレム・デフォー(映画『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』や映画『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』や映画『ポップスター』)、リチャード・ジェンキンス、ルーニー・マーラ(映画『ドント・ウォーリー』)、ロン・パールマン(映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』や映画『塔の上のラプンツェル』)、メアリー・スティーンバージェン(映画『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3』)、デヴィッド・ストラザーンが出演している。
2022.03.27
2021年製作

映画『ベルファスト』ネタバレ・あらすじ「ケネス・ブラナー自伝的映画」感想「宗教ってなんだ?」結末「紛争・戦争の原因は?」

映画『ベルファスト』ネタバレ・あらすじ「ケネス・ブラナー自伝的映画」感想「宗教ってなんだ?」結末「紛争・戦争の原因は?」映画『ベルファスト』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ベルファスト』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ベルファスト』の作品情報・概要 『ベルファスト』原題『Belfast』2021年製作のアイルランド・イギリス合作のドラマ映画。ケネス・ブラナー監督作品(映画『ナイル殺人事件』)。主演はジュード・ヒル。カトリーナ・バルフ(映画『フォードvsフェラーリ』)、ジュディ・デンチ(映画『キャッツ』や『J・エドガー』や『ヴィクトリア女王 最期の秘密』)、ジェイミー・ドーナン(映画『プライベート・ウォー』)、キアラン・ハインズ (映画『アナと雪の女王』や映画『ファースト・マン』)、コリン・モーガンらが出演。俳優・監督・舞台演出家として世界的に活躍するケネス・ブラナーが、自身の幼少期の体験を投影して描いた自伝的作品。出身地である北アイルランドのベルファストが舞台。激動の時代に翻弄されるベルファストの様子や、困難の中で大人になっていく少年の成長などを、力強いモノクロの映像で描いている。アカデミー賞の前哨戦として名高い第46回トロント国際映画祭で最高賞の観客賞を受賞。第94回アカデミー賞でも作品賞、監督賞ほか計7部門にノミネートされている。
2022.03.27
イギリス映画

映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』ネタバレ・あらすじ「『ハリー・ポッター』シリーズ」感想「J・K・ローリング脚本作品」結末「永遠に続く『魔法ワールド』」

映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』ネタバレ・あらすじ「『ハリー・ポッター』シリーズ」感想「J・K・ローリング脚本作品」結末「永遠に続く『魔法ワールド』」  映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』の作品情報・概要 『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』原題『Fantastic Beasts and Where to Find Them』『ファンタスティック・ビースト』シリーズの1作目で、『魔法ワールド』フランチャイズの9作目の作品。原作者J・K・ローリングが自ら脚本を手がけ、実際に発売もされたホグワーツ魔法魔術学校の指定教科書「幻の動物とその生息地」の編纂者である魔法動物学者ニュート・スキャマンダーが繰り広げる大冒険を描く。エディ・レッドメイン、キャサリン・ウォーターストン(映画『mid90s ミッドナインティーズ』)、ダン・フォグラー、アリソン・スドル、エズラ・ミラー、サマンサ・モートン、ジョン・ボイト、カルメン・イジョゴ(『イット・カムズ・アット・ナイト』)、ロン・パールマン(映画『ドント・ルック・アップ』や映画『塔の上のラプンツェル』)、コリン・ファレル(映画『THE BATMAN ザ・バットマン』や映画『ジェントルメン』)、ジェン・マーレイ、フェイス・ウッド=ブラグローブ、ローナン・ラフテリー、ジョシュ・カウダリー、ゾーイ・クラビッツ(『スパイダーマン:スパイダーバース』)、ジョニー・デップ(映画『グッバイ、リチャード!』や映画『チャーリーとチョコレート工場』)らが出演。
2022.04.18
2020年製作

映画『白い牛のバラッド』ネタバレ・あらすじ「イラン映画万歳!」感想「イスラム教と死刑制度について」結末「赤い口紅の決意」

映画『白い牛のバラッド』ネタバレ・あらすじ「イラン映画万歳!」感想「イスラム教と死刑制度について」結末「赤い口紅の決意」映画『白い牛のバラッド』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『白い牛のバラッド』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『白い牛のバラッド』の作品情報・概要『白い牛のバラッド』イラン映画。サスペンス映画。マリヤム・モガッダムとシュ・サナイハの監督作品。アリレザ・サニファル、プーリア・ラヒミサムらが出演。イラン国内では検閲にひっかかり上映禁止となっている。死刑制度があるイランで、夫が死刑となった後、冤罪をわかり妻が謝罪を求める様を描きながら、恋愛要素も含有した物語となっている。
2021年製作

映画『ドリームプラン』ネタバレ・あらすじ「ウィル・スミスがアカデミー賞狙う!」感想「スポ根も成功すれば毒親ではない」結末「世界最高のテニスプレイヤー誕生物語」

映画『ドリームプラン』ネタバレ・あらすじ「ウィル・スミスがアカデミー賞狙う!」感想「スポ根も成功すれば毒親ではない」結末「世界最高のテニスプレイヤー誕生物語」映画『ドリームプラン』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ドリームプラン』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ドリームプラン』の作品情報・概要 『ドリームプラン』原題『King Richard』2021年にアメリカ合衆国で公開の伝記映画。レイナルド・マーカス・グリーン監督作品。主演はウィル・スミス(映画『バッドボーイズ フォー・ライフ』や映画『アラジン』)。本作は、テニス選手ビーナス・ウィリアムズとセリーナ・ウィリアムズの父でありコーチであるリチャード・ウィリアムズの生涯を描いている。テニス未経験どころか指導者の経験も皆無の彼の型破りな子育てとトレーニングの日々をコミカルで愛情あふれる様子で構成されている。富裕層のスポーツであるテニスに貧しい黒人が挑戦し、世界ナンバーワンのプレイヤーに育てるまでの軌跡を描いている。アーンジャニュー・エリス、サナイヤ・シドニー、デミ・シングルトン、トニー・ゴールドウィン、ジョン・バーンサル(映画『モンタナの目撃者』や映画『フォードvsフェラーリ』)らが出演。
2021年製作

映画『ブルー・バイユー』ネタバレ・あらすじ「脚本がイマイチ」感想「学習能力ない妻」結末「アメリカの杜撰な養子縁組制度にパンチ!」

映画『ブルー・バイユー』ネタバレ・あらすじ「脚本がイマイチ」感想「学習能力ない妻」結末「アメリカの杜撰な養子縁組制度にパンチ!」 映画『ブルー・バイユー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ブルー・バイユー』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ブルー・バイユー』の作品情報・概要『ブルー・バイユー』原題『Blue Bayou』2021年に公開されたアメリカ合衆国のドラマ映画である。監督・主演はジャスティン・チョン。アリシア・ヴィキャンデル(映画『世界の涯ての鼓動』)、マーク・オブライエン(映画『マリッジ・ストーリー』)、リン・ダン・ファン、シドニー・コワルスケ、ヴォンディ・カーティス=ホール、エモリー・コーエンらが出演。アメリカの杜撰だった養子縁組制度について訴求している。
2021年製作

映画『ザ・ユナイテッド・ステイツvs.ビリー・ホリデイ』ネタバレ・あらすじ「悲惨な人生に涙」感想「歌姫は男運が悪すぎる」結末「人種差別撤廃!」

映画『ザ・ユナイテッド・ステイツvs.ビリー・ホリデイ』ネタバレ・あらすじ「悲惨な人生に涙」感想「歌姫は男運が悪すぎる」結末「人種差別撤廃!」映画『ザ・ユナイテッド・ステイツvs.ビリー・ホリデイ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ザ・ユナイテッド・ステイツvs.ビリー・ホリデイ』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ザ・ユナイテッド・ステイツvs.ビリー・ホリデイ』の作品情報・概要『ザ・ユナイテッド・ステイツ vs. ビリー・ホリデイ』原題『The United States vs. Billie Holiday』2021年に公開されたアメリカ合衆国の伝記映画である。リー・ダニエルズ監督作品。ヨハン・ハリが2015年に発表したノンフィクション『麻薬と人間 100年の物語』が原作。『奇妙な果実』という黒人差別の悲惨さを人々に知らしめ、44歳の若さで死去したアメリカジャズ界の伝説的歌手・ビリー・ホリデイを伝記として描いている。公民権運動に大きな影響を与えた反面、ホリデイの私生活は恋人からの暴力に苦しみ、自らは酒・ドラッグ依存に陥っていた。アンドラ・デイ、トレバンテ・ローズ、ギャレット・ヘドランド(映画『ドリームランド』)、ナターシャ・リオン、ダバイン・ジョイ・ランドルフ、ミス・ローレンス・ワシントン、ロブ・モーガン(映画『ドント・ルック・アップ』)、トーン・ベルらが出演。
2022.06.14
2021年製作

映画『ウエスト・サイド・ストーリー』ネタバレ・あらすじ「恋愛で人種差別反対!」感想「LGBTQへの理解」結末「分断された世界の行方は?」

映画『ウエスト・サイド・ストーリー』ネタバレ・あらすじ「恋愛で人種差別反対!」感想「LGBTQへの理解」結末「分断された世界の行方は?」映画『ウエスト・サイド・ストーリー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ウエスト・サイド・ストーリー』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ウエスト・サイド・ストーリー』の作品情報・概要『ウエスト・サイド・ストーリー』原題『West Side Story』2021年のアメリカ合衆国のミュージカルロマンスドラマ映画。スティーヴン・スピルバーグ監督作品。トニー・クシュナー脚本。ウィリアム・シェイクスピアの戯曲『ロミオとジュリエット』を基に、アーサー・ローレンツ、レナード・バーンスタイン、スティーヴン・ソンドハイムが1957年に発表したブロードウェイ・ミュージカル『ウエスト・サイド物語』の2度目の長編映画である。2020年、人種差別が続発したアメリカ。分断することを危惧したスピルバーグがかつての名作をリメイク。“異なる立場を越えて、私たちは手を取り合えるのか?”という普遍的なメッセージをこめている。アンセル・エルゴート、レイチェル・ゼグラー、アリアナ・デボーズ、デビッド・アルバレス、ジョシュ・アンドレス、コリー・ストール(映画『ミッドナイト・イン・パリ』や映画『ジョン・デロリアン』)、リタ・モレノ(映画『ウエスト・サイド物語』)、マイク・ファイストらが出演。  
2022.02.11
2022年製作

映画『前科者』ネタバレ・あらすじ「保護司はボランティア・無報酬」感想「非常勤の国家公務員」結末「善意だけで出来るお仕事なのか?」

映画『前科者』ネタバレ・あらすじ「保護司はボランティア・無報酬」感想「非常勤の国家公務員」結末「善意だけで出来るお仕事なのか?」 映画『前科者』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『前科者』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『前科者』の作品情報・概要『前科者』は2022年日本製作の映画。岸善幸監督作品。原作・香川まさひと/作画・月島冬二の同名漫画を映画化。有村架純と森田剛の共演。罪を犯した前科者たちの更生、社会復帰を目指して奮闘する保護司の姿を描く。磯村勇斗、葉竜也、マキタスポーツ、石橋静河、北村有起哉、宇野祥平、リリー・フランキー、木村多江らが出演。WOWOWで放送され好評を得て劇場公開となった。
2022.04.09
2019年製作

映画『ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男』ネタバレ・あらすじ「テフロン製品を捨てたくなる」感想「日本は大丈夫か?」結末「アメリカのフィルムメーカーは勇気ある」

映画『ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男』ネタバレ・あらすじ「テフロン製品を捨てたくなる」感想「日本は大丈夫か?」結末「アメリカのフィルムメーカーは勇気ある」映画『ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男』の作品情報・概要『ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男』原題『Dark Waters』は、2019年のアメリカ合衆国のスリラー映画。トッド・ヘインズ監督作品。主演はマーク・ラファロ(映画『アベンジャーズ エンドゲーム』)。共演はアン・ハサウェイ(映画『プラダを着た悪魔』)、ティム・ロビンス(映画『ショーシャンクの空に』)、ビル・キャンプ(映画『ジョーカー』や映画『ワイルドライフ』や『バイス』)、ヴィクター・ガーバー(映画『タイタニック(1997)』)、メア・ウィニンガム、ビル・プルマン(映画『めぐり逢えたら』)ら。世界的な大企業デュポンの隠蔽を暴き出す。勇気ある弁護士の闘争を十数年に渡り描き出す。
2021年製作

映画『ラストナイト・イン・ソーホー』ネタバレ・あらすじ「女性差別撤廃映画」感想「女性活躍社会を祝福しよう!」結末「ロンドンに行きたい!」

映画『ラストナイト・イン・ソーホー』ネタバレ・あらすじ「女性差別撤廃映画」感想「女性活躍社会を祝福しよう!」結末「ロンドンに行きたい!」映画『ラストナイト・イン・ソーホー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ラストナイト・イン・ソーホー』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。 映画『ラストナイト・イン・ソーホー』の作品情報・概要 『ラストナイト・イン・ソーホー』原題『Last Night In Soho』2021年のイギリスのサイコロジカルホラー映画。エドガー・ライト監督作品。脚本はクリスティ・ウィルソン=ケアンズと共作。アニヤ・テイラー=ジョイ、トーマシン・マッケンジー、マット・スミス、ダイアナ・リグ、シノーブ・カールセン、マイケル・アジャオ、テレンス・スタンプ、リタ・トゥシンハム、ジェシー・メイ・リー、カシウス・ネルソンらが出演。現代と60年代のロンドンのソーホーをタイムリープしながら、女性差別撤廃を訴求している。
2020年製作

映画『アンテベラム』ネタバレ・あらすじ「アメリカ社会の闇」感想「終わらない人種s差別」結末「胸が締め付けれる物語」

映画『アンテベラム』ネタバレ・あらすじ「アメリカ社会の闇」感想「終わらない人種s差別」結末「胸が締め付けれる物語」映画『アンテベラム』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『アンテベラム』の作品情報・概要『アンテベラム』原題『Antebellum』2020年のアメリカのホラースリラー映画。ジェラルド・ブッシュとクリストファー・レンツが長編監督デビュー作品。ジャネール・モネイ(映画『ハリエット』や映画『マーウェン』)、エリック・ラング、ジェナ・マローン(映画『パブリック 図書館の奇跡』)、ジャック・ヒューストン(映画『アイリッシュマン』)、キアシー・クレモンズらが出演する。米国ではコロナ感染症拡大のため、2020年9月18日にプレミアム・ビデオ・オン・デマンドで公開された。その後、劇場公開へ。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました