映画『流浪の月』ネタバレ・あらすじ「事実と真実は異なる」感想「15年後再会した加害者と被害者の恋愛」結末「障害を乗り越えて成就」

スポンサーリンク
映画『流浪の月』ネタバレ・あらすじ「事実と真実は異なる」感想「15年後再会した加害者と被害者の恋愛」結末「障害を乗り越えて成就」2022年製作

映画『流浪の月』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。

映画『流浪の月』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。

YouTubeで予告映像もご覧ください。

『運だぜ!アート』ツイッターアカウント

『流浪の月』
(2022年製作/150分/G/日本)
配給:ギャガ
【監督】
李相日
【原作】凪良ゆう【脚本】李相日【製作総指揮】宇野康秀【製作エグゼクティブ】依田巽【製作】森田篤【プロデューサー】朴木浩美【エグゼクティブブロデューサー】小竹里美 高橋尚子 堀尾星矢【ラインプロデューサー】山本礼二【撮影監督】ホン・ギョンピョ【照明】中村裕樹【美術】種田陽平 北川深幸【装飾】西尾共未 高畠一郎【衣装デザイン】小川久美子【ヘアメイク】豊川京子【音響】白取貢【音響効果】柴崎憲治【編集】今井剛【音楽】原摩利彦【音楽プロデューサー】杉田寿宏【助監督】竹田正明【キャスティングディレクター】元川益暢【韓国コーディネーター】鄭信英【制作担当】多賀典彬
【出演】
広瀬すず 松坂桃李
横浜流星 多部未華子 趣里 三浦貴大 白鳥玉季 増田光桜 内田也哉子 
柄本明

(C)2022「流浪の月」製作委員会

スポンサーリンク
  1. 映画『流浪の月』外部リンク
  2. 映画『流浪の月』のオススメ度は?
      1. 【金ロー映画】『ショーシャンクの空に』実話?ネタバレ・あらすじ。ティム・ロビンス&モーガン・フリーマン共演 「希望を持つことが大事」 感想「ジワタネホでハッピー」結末。
      2. 【オススメ恋愛映画】『ローマの休日』ネタバレ・あらすじ「オードリー・ヘプバーンが世界No. 1女優決定!」感想「恋して真の王女に成長」結末「平和希求映画」
  3. 映画『流浪の月』の作品情報・概要
      1. 【オススメ恋愛映画】『嘘を愛する女』ネタバレ・あらすじ「長澤まさみ最高!」感想「長澤まさみ美人すぎる」結末「長澤まさみNo. 1」
  4. 映画『流浪の月』の受賞歴
      1. 【オススメ恋愛映画】『劇場版ラジエーションハウス』ネタバレ・あらすじ「テレビ映画はポンコツ」感想「脚本酷し」結末「キャストが可哀想」
  5. 映画『流浪の月』のあらすじ・ネタバレ
      1. 【オススメ恋愛映画】『マリー・ミー』ネタバレ・あらすじ「製作ジェニファー・ロペスの腹筋を見よ!」感想「マルーマ共演でラテンアメリカでヒット確約」結末「ポンコツ作品ギリギリ」
  6. 映画『流浪の月』の感想・内容
      1. 【オススメ恋愛映画】『花束みたいな恋をした』ネタバレ・あらすじ「菅田将暉&有村架純vs坂元裕二最強映画!」感想「ミレニアル世代の悲恋」結末「別れたことがハッピー」
  7. 映画『流浪の月』の考察・評価
      1. 【オススメ恋愛映画】『SING シング ネクストステージ』ネタバレ・あらすじ「声優が豪華!MISIA」感想「まさかの「U2」のボノ&「B’z」稲葉浩志さん出演」結末「音楽って素晴らしい」
  8. 映画『流浪の月』の結末
      1. 【オススメ恋愛映画】『余命10年』ネタバレ・あらすじ「小松菜奈さん“美人薄命“が似合う」感想「小坂流加さん原作と違いは?」結末「悲恋の先に希望がある」
  9. 映画『流浪の月』のキャストについて
      1. 【オススメ恋愛映画】『君が落とした青空』ネタバレ・あらすじ「福本莉子も松田元太の顔が綺麗」感想「板垣瑞生はジャニーズの太鼓持ち適役!」結末。
  10. まとめ 映画『流浪の月』一言で言うと!
      1. 【オススメ恋愛映画】『ちょっと思い出しただけ』ネタバレ・あらすじ「ジム・ジャームッシュへの愛」感想「伊藤沙莉と池松壮亮が良い」結末「永瀬正敏さんの妻は工藤夕貴?」
  11. 『運だぜ!アート』本日の総合アクセスランキング
  12. 合わせて観たい映画
    1. 【“障害”と戦う恋愛映画オススメ】
      1. 映画『ロミオとジュリエット』
      2. 映画『伊豆の踊子(1974)』
      3. 映画『潮騒 しおさい(1975)』
      4. 映画『絶唱(1975)』
      5. 映画『マディソン郡の橋』
      6. 映画『美女と野獣(1991)』
      7. 映画『ロニートとエスティ 彼女たちの選択』
      8. 映画『ラストレター』
      9. 映画『アパートの鍵貸します』
      10. 映画『マチネの終わりに』
      11. 映画『ボーダー 二つの世界』
      12. 映画『あなたの名前を呼べたなら』
      13. 映画『秒速5センチメートル』
      14. 映画『マーウェン』
      15. 映画『ほしのこえ』
      16. 映画『COLD WAR あの歌、2つの心』
      17. 映画『リヴァプール、最後の恋』
  13. 映画『流浪の月』の作品情報

映画『流浪の月』外部リンク

HPサイト】
映画『流浪の月』公式サイト

【予告映像】
映画『流浪の月』

【公式Twitter
映画『流浪の月』

IMDbサイト】
映画『流浪の月』

Rotten Tomatoesサイト】
映画『流浪の月』

スポンサーリンク

映画『流浪の月』のオススメ度は?

4.0

星4つです

映像がきれい

「月」と「水」

松阪桃李くん「変幻自在」

広瀬すずさん「大人になった」

【金ロー映画】『ショーシャンクの空に』実話?ネタバレ・あらすじ。ティム・ロビンス&モーガン・フリーマン共演 「希望を持つことが大事」 感想「ジワタネホでハッピー」結末。

映画『ショーシャンクの空に』実話?ネタバレ・あらすじ。ティム・ロビンス&モーガン・フリーマン共演 「希望を持つことが大事」 感想「ジワタネホでハッピー」結末。
映画『ショーシャンクの空に』実話?ネタバレ・あらすじ。ティム・ロビンス&モーガン・フリーマン共演 「希望を持つことが大事」 感想「ジワタネホでハッピー」結末。映画『ショーシャンクの空に』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ショーシャンクの空に』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『ショーシャンクの空に』の作品情報・概要『ショーシャンクの空に』原題『The Shawshank Redemption』1994年に公開されたアメリカ映画。原作はスティーブン・キングの中編小説『刑務所のリタ・ヘイワース(Rita Hayworth and Shawshank Redemption)』から。監督・脚本は当時無名のフランク・ダラボン。主演はティム・ロビンス、共演は『許されざる者』『ミリオンダラー・ベイビー』モーガン・フリーマン。冤罪と思われる有能な銀行員が、腐敗した刑務所の中でも希望を捨てず生き抜いていくヒューマン・ドラマ。アメリカ公開当初はヒットしなかったが、近年は高評価でAFIのアメリカ映画ベスト100(10周年エディション)において72位担っている。日本では大ヒットした。

【オススメ恋愛映画】『ローマの休日』ネタバレ・あらすじ「オードリー・ヘプバーンが世界No. 1女優決定!」感想「恋して真の王女に成長」結末「平和希求映画」

映画『ローマの休日』ネタバレ・あらすじ「オードリー・ヘプバーンが世界No. 1女優決定!」感想「恋して真の王女に成長」結末「平和希求映画」
映画『ローマの休日』ネタバレ・あらすじ「オードリー・ヘプバーンが世界No. 1女優決定!」感想「恋して真の王女に成長」結末「平和希求映画」映画『ローマの休日』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ローマの休日』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ローマの休日』の作品情報・概要『ローマの休日』原題『Roman Holiday』1953年製作のアメリカ映画。ウィリアム・ワイラー製作・監督(映画『西部の男』)。主演はグレゴリー・ペックとオードリー・ヘプバーン(映画『マイ・フェア・レディ』や映画『ティファニーで朝食を』)。某国の王女としてヨーロッパを表敬訪問しているアン王女。イタリアのローマで癇癪を起こして夜中に脱走する。背の高い新聞記者と出会って、たった1日だけ恋に落ちる。世界的な観光スポットであるトレヴィの泉や真実の口などでロケを敢行。オードリー・ヘプバーン1953年のアカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞した。その他、イーディス・ヘッドが「最優秀衣裳デザイン賞」を、イアン・マクレラン・ハンターが「最優秀原案賞」受賞。数年後、赤狩りでハリウッドを通報されたダルトン・トランボが脚本を書いていたと明かされた。
スポンサーリンク

映画『流浪の月』の作品情報・概要

『流浪の月』李相日監督作品。2020年の本屋大賞に輝いた凪良ゆうの小説『流浪の月』を映画化。誘拐事件の被害女児だった女性と、その事件の加害者とされた当時19歳の大学生の物語。いつまでも消えない被害女児加害者というレッテルを貼られながらも惹かれあう2人を描いた作品です。主演は広瀬すず(体罰肯定実話映画『チアダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』映画『いのちの停車場』や映画『海街diary』)、松坂桃李(映画『孤狼の血 LEVEL2』や映画『新聞記者』)。横浜流星(映画『嘘喰い』や映画『あなたの番です 劇場版』)、多部未華子(映画『空に住む』)、趣里(『生きてるだけで、愛。』や映画『ホリック xxxHOLiC』)、三浦貴大(映画『大綱引の恋』や映画『大コメ騒動』)、白鳥玉季、増田光桜、内田也哉子、柄本明柄本明(映画『今夜、ロマンス劇場で』や映画『ある船頭の話』や映画『楽園』や映画『万引き家族』や映画『セーラー服と機関銃』や映画『空に住む』)らが出演。

【オススメ恋愛映画】『嘘を愛する女』ネタバレ・あらすじ「長澤まさみ最高!」感想「長澤まさみ美人すぎる」結末「長澤まさみNo. 1」

映画『嘘を愛する女』ネタバレ・あらすじ「長澤まさみ最高!」感想「長澤まさみ美人すぎる」結末「長澤まさみNo. 1」
映画『嘘を愛する女』ネタバレ・あらすじ「長澤まさみ最高!」感想「長澤まさみ美人すぎる」結末「長澤まさみNo. 1」映画『嘘を愛する女』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『嘘を愛する女』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『嘘を愛する女』の作品情報・概要 『嘘を愛する女』、2018年1月20日公開の日本映画。中江和仁監督作品。TSUTAYA CREATERS'PROGRAM FILM 2015のグランプリ作品。中江は朝日新聞の記事「夫は だれだった」から着想を得た。長澤まさみ主演(映画『MOTHER マザー』や映画『すばらしき世界』や映画『キングダム』)。他に高橋一生(映画『スパイの妻 劇場版』や映画『引っ越し大名!』)、DAIGO(映画『ドクター・デスの遺産 BLACK FILE』)、川栄李奈(映画『Diner ダイナー』)、野波麻帆 (映画『モテキ』や映画『浅田家!』)、初音映莉子、嶋田久作(映画『大怪獣のあとしまつ』や映画『一度死んでみた』や映画『カイジ2 人生奪回ゲーム』)、奥貫薫、津嘉山正種(映画『あのこは貴族』)、黒木瞳、吉田鋼太郎(映画『孤狼の血 LEVEL2』や映画『カイジ ファイナルゲーム』)らが出演。
スポンサーリンク

映画『流浪の月』の受賞歴

無し(2022年5月現在)

【オススメ恋愛映画】『劇場版ラジエーションハウス』ネタバレ・あらすじ「テレビ映画はポンコツ」感想「脚本酷し」結末「キャストが可哀想」

映画『劇場版ラジエーションハウス』ネタバレ・あらすじ「テレビ映画はポンコツ」感想「脚本酷し」結末「キャストが可哀想」
映画『劇場版ラジエーションハウス』ネタバレ・あらすじ「テレビ映画はポンコツ」感想「脚本酷し」結末「キャストが可哀想」映画『劇場版ラジエーションハウス』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『劇場版ラジエーションハウス』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。 映画『劇場版ラジエーションハウス』の作品情報・概要『ラジエーションハウス』原作:横幕智裕、作画:モリタイシによる日本の漫画を『劇場版ラジエーションハウス』として2022年4月公開。鈴木雅之監督作品。X線撮影などで病変を写す診療放射線技師と画像診断をする放射線科医の活躍を描く。2019年にフジテレビ系「月9」枠にてテレビドラマ化され(全11話+特別編1話)、2021年には第2作が放送[3]。2022年には劇場版が公開されることも発表された。2022年3月時点で累計部数は230万部を突破している。主演は窪田正孝(映画『決戦は日曜日』や映画『えんとつ町のプペル』)。他に本田翼(映画『天気の子』や映画『新聞記者』や映画『今夜、ロマンス劇場で』)、広瀬アリス、浜野謙太 、丸山智己、矢野聖人、鈴木伸之、佐戸井けん太 、浅見姫香 、遠藤憲一(映画『誰も知らない』)、キムラ緑子(映画『海街diary』や映画『すばらしき世界』)、和久井映見(映画『さんかく窓の外側は夜』)らが出演。
スポンサーリンク

映画『流浪の月』のあらすじ・ネタバレ

家内更紗(広瀬すず) は優しい両親の元、自由に育っていました。ある日、父が他界し、母親が蒸発します。更紗は叔母に引き取られます。

しかし、叔母の家はとても厳しくかつての自由がありません。しかも従兄弟が夜な夜なベッドに忍び込んで性的なイタズラをします。

学校へ行きますが帰りたくありません。一方、大学生の佐伯文(松坂桃李) は先天的な病に悩んでいました。男性として性的不能であるのです。

夕暮れの公園で出会った二人は以心伝心のように悩みを分かち合います。そして文は更紗をアパートへ連れて行き、2ヶ月間一緒に暮らすことなります。

そして文は逮捕されます。15年後、二人は再会します。

【オススメ恋愛映画】『マリー・ミー』ネタバレ・あらすじ「製作ジェニファー・ロペスの腹筋を見よ!」感想「マルーマ共演でラテンアメリカでヒット確約」結末「ポンコツ作品ギリギリ」

映画『マリー・ミー』ネタバレ・あらすじ「製作ジェニファー・ロペスの腹筋を見よ!」感想「マルーマ共演でラテンアメリカでヒット確約」結末「ポンコツ作品ギリギリ」
映画『マリー・ミー』ネタバレ・あらすじ「製作ジェニファー・ロペスの腹筋を見よ!」感想「マルーマ共演でラテンアメリカでヒット確約」結末「ポンコツ作品ギリギリ」映画『マリー・ミー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『マリー・ミー』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『マリー・ミー』の作品情報・概要『マリー・ミー』原題『Marry Me』アメリカ合衆国製作のロマンティック・コメディ映画。カット・コイロ監督作品。ジェニファー・ロペス製作・主演(映画『ハスラーズ』)。オーウェン・ウィルソン(映画『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』や映画『ミッドナイト・イン・パリ』)、マルーマ(映画『ミラベルと魔法だらけの家』)、ジョン・ブラッドリー、サラ・シルバーマン、クロエ・コールマン(映画『ガンパウダー・ミルクシェイク』)、サミシェル・ブトー、カリル・ミドルトン、カット・カニング、ウトカルシュ・アンブドゥカルらが出演。
スポンサーリンク

映画『流浪の月』の感想・内容

「映像が素晴らしい映画」となります。本映画『流浪の月』の予告を観て「なんて繊細なのだろう」と感じていました。

それもそのはず撮影監督は映画『パラサイト 半地下の家族』のホン・ギョンピョです。映画全体に重たいというかダーク感に包まれています。

完全なるハッピーエンドではありません。鑑賞後も「倫理的にどうなのか」とか「二人の気持ちが交わっていればオッケー」などと考えてしまいます。

本映画『流浪の月』は観終わってからも「人間とは?」について考えさせられる映画です。

映画のテーマに「事実と真実は違う」があります。どちらが強い弱いかという物差しでは測ることはできません。

例えば、第二次世界大戦がありました。事実として「日本は負けた」です。これは完全に事実です。

しかしながら、人によっては「負けてやったのだ」とか「あの戦争はアメリカ側に仕組まれた」とか「アジアを守るために戦った」という人がいます。

つまり真実とは人それぞれが自由に作り変えることができるのです。でも事実とは「日本は戦争に負けた」という確定的な事柄です。

そのことを踏まえて本映画『流浪の月』の評論をさせていただきます。事実は「文は加害者で更紗は被害者」となります。これが事実なのです。

しかしながら、二人のしか知らない真実があることも見逃せません。本映画『流浪の月』はその真実にスポットを当てて展開しています。

多くの人は文と更紗の2ヶ月に渡る同棲に対して興味を持つでしょう。つまり肉体関係があったか否かです。

その点について、文と更紗は否定していますが、世間はまったく信用しません。文と更紗が「ない」と否定しても、事実として成り立つのは難しいです。

その真相は藪の中なのです。そして世間。今度は世間が面白おかしく推測を立てて、ありとあらゆる人たちが無責任な真実を拡散していきます。

これはとても恐ろしいことです。しかも今やSNS最盛期ですから、一度流布した情報を消すことは難儀です。

本映画『流浪の月』はかつての加害者と被害者が15年後に再会して、恋愛関係になるという設定となっています。

しかしながら、物語の展開としては「あり得ない」感じる人も多いのではないでしょうか。

でも人間というのは「二人だけの秘密」を共有してしまうと却って絆が強くなることがあります。

それはストックホルム症候群にもみられる顕著な例です。『パトリシア・ハースト事件』(1974年)など参照。

文と更紗に肉体関係があったか否かではなく、当時の二人の状況が絆を強くしたと言えます。

【オススメ恋愛映画】『花束みたいな恋をした』ネタバレ・あらすじ「菅田将暉&有村架純vs坂元裕二最強映画!」感想「ミレニアル世代の悲恋」結末「別れたことがハッピー」

映画『花束みたいな恋をした』ネタバレ・あらすじ「菅田将暉&有村架純vs坂元裕二最強映画!」感想「ミレニアル世代の悲恋」結末「別れたことがハッピー」
映画『花束みたいな恋をした』ネタバレ・あらすじ「菅田将暉&有村架純vs坂元裕二最強映画!」感想「ミレニアル世代の悲恋」結末「別れたことがハッピー」映画『花束みたいな恋をした』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『花束みたいな恋をした』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『花束みたいな恋をした』の作品情報・概要『花束みたいな恋をした』2021年1月29日に公開された日本の青春恋愛映画。 土井裕泰監督作品(映画『罪の声』)。菅田将暉(映画『糸』や映画『タロウのバカ』)と有村架純(映画『前科者』)のダブル主演。脚本家・坂元裕二のオリジナル脚本による恋愛映画。主人公の男女による5年間の恋を描く。略称は「はな恋」。共通のサブカルチャーで結ばれた二人が同棲して別れるまでを描いている。他に清原果耶(映画『望み』や映画『宇宙でいちばんあかるい屋根』)、細田佳央太、韓英恵(映画『誰も知らない』)、中崎敏、小久保寿人、瀧内公美、森優作、古川琴音(『チワワちゃん』)、篠原悠伸(映画『幕が下りたら会いましょう』や映画『サマーフィルムにのって』)、八木アリサ(映画『太陽は動かない』)、押井守、佐藤寛太、岡部たかし、オダギリジョー(映画『ある船頭の話』や映画『大怪獣のあとしまつ』)、戸田恵子(映画『ザ・マジックアワー』や映画『トイ・ストーリー4』)、岩松了(映画『ヤクザと家族 The Family』)、小林薫(映画『もののけ姫』や映画『日本独立』)らが出演。
スポンサーリンク

映画『流浪の月』の考察・評価

更紗は自由奔放に暮らしてきました。でも父親が死に、母親が蒸発します。引き取られた叔母の家はとても厳しく不自由に感じていました。

そして従兄弟が夜な夜なベッドに侵入してきて性的なイタズラをしてきます。ですから「家を出たい」と思い始めるのです。

一方、文は身体的な病を抱えていました。先天的な病気であり、男性として性的不能であることが文の悩みでした(思春期になっても二次性徴がない『性腺機能低下症』という病気と思われます)いわゆる性的に大人になれない体です。

これは男性にとっては大きな問題です。

こういう人生の岐路に直面した時の二人が、共に大きな悩み、問題を抱えていることで、一種の共存、共有、共感関係が築かれ、一層、絆が強くなったのだと思います。

安易ではありますが、わたしたちも幼少の頃、スポーツなどで厳しい練習を共にした友人などとはその後もずっと同じ時間を共有することがあります。

仕事でも同様で、「あの苦難を一緒に乗り切った」間柄だと信頼関係は長く続きます。

二人が一緒に暮らしていた2ヶ月間はまさに「自由な素敵な時間」だったのです。二人だけの秘密の時間が忘れられないのです。

ただですね。この二人がそれぞれの恋人と生活を捨ててまで、恋愛関係に至るという理由がイマひとつ弱いと感じてしまいました。

極端に言ってしまえば「数年振りに同窓会で再会して火がついた(不倫)」的恋愛に近いからです。

こういう物語って平坦で面白くないです。

であるなら、いっそのこと「文と更紗には肉体関係があった」という展開の方が名作になったと思うのです。まさにカンヌ映画祭向きの作品と思います。

ロマン・ポランスキーやウディ・アレン監督が喜びそうな展開です。

世界の映画作家たちは「非常識を常識にする」ような映画製作へと矛先を向けています。

例えば自動車とセックスする映画『TITANE チタン』は顕著な一品で、その他も映画『ハッチング 孵化』や映画『ボーダー 二つの世界』などには驚愕せざるを得ません。

わたし自身はそれほど想像力が豊かではありません。ですから日本映画に期待するのは、わたしたちがまったく予想が不可能な結末で終わらせてくるような物語です。

さて、本映画『流浪の月』の広瀬すずさんと松坂桃李くんの演技に大満足です。

広瀬さんのベストは映画『海街diary』と映画『三度目の殺人』と思います。続いて映画『ラストレター』

そして広瀬すずさんとって、最大の黒歴史は「体罰肯定映画」の映画『チアダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』です。さらに/映画『一度死んでみた』では完全に「ダメダメ映画」でした。出演作品を眺めると「良作と駄作」の上下飛行が顕著です。

しかしながら本映画『流浪の月』では見事な演技をしていました。

松坂桃李くんにはもう脱帽です。

映画『孤狼の血 LEVEL2』 や映画『新聞記者』が高く評価されていますが、わたし的には映画『あの頃。』と映画『空白』の演技が素晴らしいと思いました。

そして本映画『流浪の月』では、まったく新しい演技を見せてくれました。本当に良かったです。

【オススメ恋愛映画】『SING シング ネクストステージ』ネタバレ・あらすじ「声優が豪華!MISIA」感想「まさかの「U2」のボノ&「B’z」稲葉浩志さん出演」結末「音楽って素晴らしい」

映画『SING シング ネクストステージ』ネタバレ・あらすじ「声優が豪華!MISIA」感想「まさかの「U2」のボノ&「B’z」稲葉浩志さん出演」結末「音楽って素晴らしい」
映画『SING シング ネクストステージ』ネタバレ・あらすじ「声優が豪華!MISIA」感想「まさかの「U2」のボノ&「B’z」稲葉浩志さん出演」結末「音楽って素晴らしい」 映画『SING シング ネクストステージ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『SING シング ネクストステージ』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『SING シング ネクストステージ』の作品情報・概要 『SING/シング: ネクストステージ』原題『Sing 2』ガース・ジェニングス脚本・監督作品。2021年のアメリカ合衆国のコンピュータアニメーション・ジュークボックス・ミュージカル・コメディ映画。『SING/シング』の続編。声優はマシュー・マコノヒー(映画『ジェントルメン』)、リース・ウィザースプーン、スカーレット・ヨハンソン(映画『ジョジョ・ラビット』や映画『マッチポイント』や映画『ブラック・ウィドウ』)、タロン・エガートン(映画『ロケットマン』)、トリー・ケリー、ニック・クロール、ガース・ジェニングス、ピーター・セラフィノヴィッツ、長澤まさみ(映画『MOTHER マザー』や映画『すばらしき世界』や映画『コンフィデンスマンJP 英雄編』)など。物語は「15年間、人前から姿を消している伝説のロック歌手、クレイ・キャロウェイを出演させるために奮闘を描く」クレイ・キャロウェイは英語版では「U2」のボノ、日本語版では「B’z」稲葉浩志が演じている。  
スポンサーリンク

映画『流浪の月』の結末

さて、本映画『流浪の月』について忌憚のない評論を書かせていただきます。正直言って「脚本がダメ」です。「脚本はクソ」です。

物語の辻褄が合わないのです。リアリティーがないのです。プロットが次のプロットへと導かれていかないのです。

「あり得ない」いう設定が連続していきます。元々、映画と言うのは日常から抜け出すための物語を想像して作られていますから、ある程度の飛躍は許容できるのです。

けれどもあまりにもそのプロットの違和感が続く気持ちが覚めちゃうんです。

本映画『流浪の月』では、それらが随所に見当たって「脚本がダメダメ」と言うのがデメリットになってしまいました。

例えば犯罪加害者も被害者も事件後は苗字を変えての生活を選ぶことが多いようです。

できるだけ事件が起きた町からは離れて生活しているのが多いでしょう。本映画『流浪の月』に更紗は家内と言う苗字を名乗っています。ずっと名乗っているのです。

なぜこういう設定にしたのか、映画を観ていれば疑問が溶けると思っていましたが、わかりませんでした。更紗は9歳の時に事件に巻き込まれて、その後養護施設で育ちます。

養護施設の中で更紗の将来を考えて苗字の変更を提案する人がいてもおかしくありません。しかも現在はSNSを使って、事件後の更紗の本名で検索すればあっという間に素性がわかってしまいます。

なぜそのまま本名を貫いたのかが分からないのです。

さらに更紗と一緒に暮らしている中瀬亮(横浜流星)のキャラクター設定に問題があります。

上場企業のエリート社員です。実家は農家で土地持ちと言う設定です。更紗が幼少の頃、事件に巻き込まれたことも知っています。

それをわかっていて更紗と付き合って結婚すると言う意図はわかるのです、しかし、更紗が佐伯文(松坂桃李)に心が移ったことを知って自堕落な人間に落ちて行く意味が分からないのです。亮は確かにクズ男です。

彼にとって更紗は都合の良い女です。彼女の弱みを知っているから自由に支配できる女なのです。

更紗が去ったのであれば、エリートのプライドとして深追いはしないと思うのです。だって、「カッコ悪い」でしょ。次の獲物探しに気持ちを切り替えれば良いのです。

松坂桃李演じる佐伯文(松坂桃李)には、谷あゆみ(多部未華子)という恋人がいました。彼女と恋愛関係を結んでいます。

あゆみが松坂のどこに惚れていたのかの説明がありません。意味不明なのです。

純愛であったと言う表現で片付けることができますが、あゆみは文激しいキスをして肉体関係を求めています。

しかしながら2人は1度も交わることがなかったことが後半に明かされます。ということは性行為の途中までは行っていると想像できるのです。

であるなら映画のラストで佐伯文(松坂桃李)が家内更紗(広瀬すず)の前で、全裸になって自身の体の秘密を明らかにする場面につながらないのです。

あゆみも文の体の秘密を知っていなければいけないのです。知っているからこそ文に惚れていたと言う展開なのであれば充分納得ができるプロットなのです。

さらに松坂桃李と広瀬すずが安西佳菜子(趣里)の一人娘を預かって警察沙汰になります。この場面が一番違和感を覚えました。

いくら権力を持っている警察といえども、被害届が出されていないのに文を連行したりする事はできません。

日本の警察はそのようなことを絶対に行いません。文を連行する際の警察の発言もおかしいです。

「お前はかつて犯罪を犯した」「また誘拐をするのか」等です。繰り返しますが文は何一つ犯罪行為を行っていません。

更に家内更紗(広瀬すず)事件後、15年間ずっと文のことを愛していたかのような発言をしています。

そんなに好きなのであれば、わたしであれば「探します」ただちに文を探します。ましてや中瀬亮(横浜流星)に体を許すようなことはしません。

ですから二人が再会した出来事は「同窓会ラブ」という稚拙なプロットなのです。

更に文と更紗の再会、密会写真が週刊誌に掲載されたことです。彼らのように一般人の場合は出版社はとてもデリケートに扱います。

事前確認を持って掲載するのが通例なのです。そういった確認もせずにいきなり週刊誌に載せると言う事はあり得ません。

名誉毀損で訴えられたら敗訴です。こういうプロットを入れると本映画『流浪の月』観て、メディアに対して誤解をする人が続出してしまいます。

そして一番不可思議なことは更紗がずっと文に対して「贖罪の気持ち」を持ち続けている点です。

9歳の時の取り調べで、更紗が従兄弟の孝宏に性的なイタズラをされたことを話さなかったと言っています。

でも、本当に文のことが好きなのであれば「従兄弟を売った」方が良いのです。そのことによって、従兄弟とも縁が切れるし、文を守れます。一石二鳥なのです。

なぜそうしなかったのかの説明が弱いのです。

その他にもありえないと言うプロットが多く存在します。笑ってしまいます。李相日監督はもう少し勉強された方が良いと思います。

読書量の少なさ、映画鑑賞数の少なさが露呈された脚本となっています。脚本には「知性教養」がはっきりと表れます。

つまり婆映画は撮影監督のホン・ギョンピョの力量と広瀬すずさんと松坂桃李子さんがなければヒットしなかった作品です。あまり知性教養の高い作品ではないです。

【オススメ恋愛映画】『余命10年』ネタバレ・あらすじ「小松菜奈さん“美人薄命“が似合う」感想「小坂流加さん原作と違いは?」結末「悲恋の先に希望がある」

映画『余命10年』ネタバレ・あらすじ「小松菜奈さん“美人薄命“が似合う」感想「小坂流加さん原作と違いは?」結末「悲恋の先に希望がある」
映画『余命10年』ネタバレ・あらすじ「小松菜奈さん“美人薄命“が似合う」感想「小坂流加さん原作と違いは?」結末「悲恋の先に希望がある」映画『余命10年』の作品情報・概要 映画『余命10年』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『余命10年』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。 映画『余命10年』の作品情報・概要 『余命10年』藤井道人監督作品(映画『新聞記者』や映画『ヤクザと家族 The Family』)。38歳という若さで逝去した小説家・小坂流加の原作を映画化。小松菜奈(映画『糸』や映画『さくら』や映画『閉鎖病棟 それぞれの朝』)と坂口健太郎(映画『海街diary』や映画『今夜、ロマンス劇場で』)の恋の行方を主軸に「生きるとは」を描いている。山田裕貴(映画『燃えよ剣』)、奈緒(映画『事故物件 恐い間取り』や映画『あの頃。』)、井口理、黒木華(映画『小さいおうち』や映画『ノイズ』や映画『浅田家!』)、田中哲司、原日出子、リリー・フランキー(映画『万引き家族』や映画『前科者』や映画『一度死んでみた』)、松重豊(映画『コンフィデンスマンJP 英雄編』や映画『罪の声』や映画『大怪獣のあとしまつ』)らが出演。
スポンサーリンク

映画『流浪の月』のキャストについて

家内更紗(広瀬すず)
佐伯文(松坂桃李)
中瀬亮(横浜流星)
谷あゆみ(多部未華子)
安西佳菜子(趣里)
湯村(三浦貴大)
更紗(白鳥玉季)
梨花(増田光桜)
佐伯音葉(内田也哉子)
阿方(柄本明)

【オススメ恋愛映画】『君が落とした青空』ネタバレ・あらすじ「福本莉子も松田元太の顔が綺麗」感想「板垣瑞生はジャニーズの太鼓持ち適役!」結末。

映画『君が落とした青空』ネタバレ・あらすじ「福本莉子も松田元太の顔が綺麗」感想「板垣瑞生はジャニーズの太鼓持ち適役!」結末。
映画『君が落とした青空』ネタバレ・あらすじ「福本莉子も松田元太の顔が綺麗」感想「板垣瑞生はジャニーズの太鼓持ち適役!」結末。 映画『君が落とした青空』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『君が落とした青空』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。 映画『君が落とした青空』の作品情報・概要『君が落とした青空』Yuki Saito監督作品。2022年2月18日に公開。主演は福本莉子(映画『思い、思われ、ふり、ふられ』)と映画初出演の松田元太。原作は櫻いいよの小説アプリ「野いちご」。2010年にケータイ小説として公開されて映画化された。2022年2月までの閲覧数は600万回を超えている。タイムリープ恋愛ストーリ。キャッチコピーは、ティザービジュアルでは「私はまだ、君を知らなかった」本ポスタービジュアルでは「同じ日を繰り返して、もっと君を好きになる」板垣瑞生(映画『胸が鳴るのは君のせい』)、横田真悠、莉子、矢柴俊博(映画『189』や映画『大怪獣のあとしまつ』や映画『翔んで埼玉』)、松本若菜(映画『大綱引の恋』や映画『この道』)らが出演。
スポンサーリンク

まとめ 映画『流浪の月』一言で言うと!

「深淵な作品」

“月”と「水」がとても美しくもはかない、そして意味深に心に浸透してくる映画でした。

【オススメ恋愛映画】『ちょっと思い出しただけ』ネタバレ・あらすじ「ジム・ジャームッシュへの愛」感想「伊藤沙莉と池松壮亮が良い」結末「永瀬正敏さんの妻は工藤夕貴?」

映画『ちょっと思い出しただけ』ネタバレ・あらすじ「ジム・ジャームッシュへの愛」感想「伊藤沙莉と池松壮亮が良い」結末「永瀬正敏さんの妻は工藤夕貴?」
映画『ちょっと思い出しただけ』ネタバレ・あらすじ「ジム・ジャームッシュへの愛」感想「伊藤沙莉と池松壮亮が良い」結末「永瀬正敏さんの妻は工藤夕貴?」映画『ちょっと思い出しただけ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ちょっと思い出しただけ』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ちょっと思い出しただけ』の作品情報・概要『ちょっと思い出しただけ』2022年2月11日に公開された日本映画。松居大悟監督作品。主演は池松壮亮(映画『カツベン!』)と伊藤沙莉(映画『ホテルローヤル』や映画『ブルーアワーにぶっ飛ばす』)。怪我で夢を諦めた元ダンサーの男とタクシードライバーの女の6年間に及ぶ恋愛模様を、7月26日の1日を通して描く。第34回東京国際映画祭で観客賞を受賞した。河合優実(映画『サマーフィルムにのって』)、大関れいか、屋敷裕政、尾崎世界観 、渋川清彦(映画『ばるぼら』や映画『孤狼の血 LEVEL2』や映画『閉鎖病棟 それぞれの朝』) 、松浦祐也(映画『人数の町』や映画『さよなら くちびる』)、篠原篤、安斉かれん、郭智博、広瀬斗史輝、山崎将平、細井鼓太、成田凌、市川実和子、高岡早紀、神野三、菅田俊、鈴木慶一、國村隼、永瀬正敏(映画『ノイズ』や映画『さくら』や映画『空に住む』)らが出演。  
スポンサーリンク

『運だぜ!アート』本日の総合アクセスランキング

映画『沈黙のパレード』ネタバレ・あらすじ「犯人だれ?」感想「福山雅治」結末「東野圭吾作品」
映画『ヘルドッグス』ネタバレ・あらすじ「相関図を見ないとわからない」感想「松岡茉優が可愛い」結末「続編あるでしょ!」
映画『人数の町』ネタバレ・あらすじ・感想。「衣食住完備」「性欲も満たされる」としたら住むことが出来るか?
映画『楽園』ネタバレ・あらすじ・結末。ムラ社会は日本社会の縮図。長老(独裁者)の「決めつけ」こそ悪害なのだ。綾野剛、佐藤浩市もOKだが村上虹郎が最高だ!
【ネタバレ酷評】映画『マチネの終わりに』あらすじ・結末。物語も演出も撮影もダメ。福山雅治&石田ゆり子の糸引くキスシーン。
映画『MOTHER マザー』ネタバレ・あらすじ「長澤まさみ新境地の“毒親”に拍手喝采」感想「美女は悪女が似合う」結末「阿部サダヲの“クソ”っぷりに激怒」
映画『ばるぼら』ネタバレ・あらすじ「美乳」二階堂ふみ&「美尻」稲垣吾郎の衝撃愛!手塚眞とクリストファー・ドイルが紡ぐ「究極の芸術愛」誕生!感想・結末。
映画『望み』ネタバレ・あらすじ・感想・結末「息子は加害者か被害者か」崩壊する家族「世間体」も気になる映画。
映画『閉鎖病棟 それぞれの朝』ネタバレ・あらすじ・結末。正義の男「鶴瓶に乾杯」に涙する綾野剛と小松菜奈。
映画『Wの悲劇』ネタバレ・あらすじ「薬師丸ひろ子最高!」感想「三田佳子vs世良公則&高木美保共演」結末「蜷川幸雄絶好調」その後『バブルの悲劇』が日本を襲う

スポンサーリンク

合わせて観たい映画

【“障害”と戦う恋愛映画オススメ】

映画『ロミオとジュリエット』

映画『ロミオとジュリエット』ネタバレ・あらすじ・感想。恋愛映画のヒットの法則を学べる。オリヴィア・ハッセーとレナード・ホワイティングが輝いている。
ウィリアム・シェイクスピアの著名な戯曲を映画化。フランコ・ゼフィレッリが脚色・監督。イギリス出身のレナード・ホワイティングとオリヴィア・ハッセーが主演した。イタリアで撮影。当時16歳のハッセーがヌードシーンを演じていることも大いに話題となった。音楽はニノ・ロータ。恋愛映画の金字塔的存在。

映画『伊豆の踊子(1974)』

映画『伊豆の踊子(1974)』ネタバレ・あらすじ・感想。山口百恵&三浦友和初共演(その後結婚)職業差別と女性差別が激しかった時代の純愛と悲恋。
映画『伊豆の踊子(1974)』ネタバレ・あらすじ・感想。山口百恵&三浦友和初共演(その後結婚)職業差別と女性差別が激しかった時代の純愛と悲恋。映画『伊豆の踊子(1974)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『伊豆の踊子(1974)』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『伊豆の踊子(1974)』の作品情報・概要『伊豆の踊子』(いずのおどりこ)は川端康成の同名小説を原作として製作された日本映画。1974年(昭和49年)12月公開。同名小説の6度目の映画化。主演は山口百恵と三浦友和。山口百恵は映画主演初作品である。ホリプロが全面的に協力している。是が非でも山口百恵をスターにしたかったと思われる。伊豆が舞台であるが、多忙の山口百恵のスケジュールを調整して奥多摩で撮影された。

映画『潮騒 しおさい(1975)』

映画『潮騒 しおさい(1975)』ネタバレ・あらすじ・感想。「その火を飛び越して来い!」山口百恵&三浦友和が三島由紀夫文学で紡ぐ“リアル愛”。
映画『潮騒 しおさい(1975)』ネタバレ・あらすじ・感想。「その火を飛び越して来い!」山口百恵&三浦友和が三島由紀夫文学で紡ぐ“リアル愛”。映画『潮騒 しおさい(1975)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『潮騒 しおさい(1975)』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 映画『潮騒 しおさい(1975)』の作品情報・概要。『潮騒』(しおさい)1975年制作の日本映画。ホリ企画製作、東宝配給。三島由紀夫の同名小説を映画化。西河克己監督。山口百恵文芸作品第2弾。三浦友和共演。前作『伊豆の踊子』の大ヒットを受けての第二弾。前作と違い山口百恵が裕福な娘で三浦友和が貧乏な漁師役を務めている。若い二人の恋の炎が激しく燃え盛る。名言「その火を飛び越して来い」が有名。

映画『絶唱(1975)』

映画『絶唱(1975)』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。山口百恵と三浦友和が“駆け落ち”して描く「反戦映画」の代表作。
映画『絶唱(1975)』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。山口百恵と三浦友和が“駆け落ち”して描く「反戦映画」の代表作。映画『絶唱(1975)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『絶唱(1975)』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『絶唱(1975)』の作品情報・概要。『絶唱』(ぜっしょう)1975年12月20日に公開された日本映画。西河克己監督作品。製作ホリ企画。配給は東宝。作家・大江賢次の同名作品を映画化。山口百恵文芸作品第三弾。恋人役は三浦友和。山陰の大地主の息子と貧しい山番の娘が愛を成就する物語。しかし戦争という悲劇に翻弄されてしまう。封建制度、地主制、さらには家父長制度への提言が込められている。

映画『マディソン郡の橋』

映画『マディソン郡の橋』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。夫のいぬ間の「不倫」が人生のエネルギーになった主婦と放浪カメラマンの最後の恋。
映画『マディソン郡の橋』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。夫のいぬ間の「不倫」が人生のエネルギーになった主婦と放浪カメラマンの最後の恋。映画『マディソン郡の橋』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『マディソン郡の橋』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『マディソン郡の橋』の作品情報・概要 原題『The Bridges of Madison County』1992年にアメリカ合衆国の恋愛映画。ロバート・ジェームズ・ウォラー(Robert James Waller)の小説を元に製作。クリント・イーストウッド製作・監督・主演。キャスリーン・ケネディが共同プロデューサー、リチャード・ラグラヴェネーズ脚本担当。メリル・ストリープを主演女優に迎える。不倫映画として異例の大ヒット。世界中で1億8,200万ドルを売り上げた。1996年、第68回アカデミー賞でアカデミー主演女優賞にノミネートされた。

映画『美女と野獣(1991)』

ディズニー映画『美女と野獣(1991)』の教訓が『アナ雪』の自由・独立・共感できる女性像を築きヒットへ。ネタバレ・あらすじ・感想。
ディズニー映画『美女と野獣(1991)』の教訓が『アナ雪』の自由・独立・共感できる女性像を築きヒットへ。ネタバレ・あらすじ・感想。。ネタバレ・あらすじ・感想。映画『美女と野獣(1991)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『美女と野獣(1991)』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『美女と野獣(1991)』の作品情報・概要『美女と野獣』原題『 Beauty and the Beast 』ディズニーの長編アニメーション映画作品。フランスの民話『美女と野獣』(J・L・ド・ボーモン夫人版)を元に1991年に制作された。第64回 アカデミー賞(1992年)においてアラン・メンケンが作曲賞受賞している。2017年実写版としてビル・コンドン監督がエマワトソンを主演に迎えて製作されている。ディズニーが新たな女子像を目指した作品であり、後世の作品に影響を与えたと言われている。

映画『ロニートとエスティ 彼女たちの選択』

映画『ロニートとエスティ 彼女たちの選択』ネタバレ・あらすじ・感想。性を選択できる自由がある。LGBTQと多様性の時代。
映画『ロニートとエスティ 彼女たちの選択』ネタバレ・あらすじ・感想。性を選択できる自由がある。LGBTQと多様性の時代。 映画『ロニートとエスティ 彼女たちの選択』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ロニートとエスティ 彼女たちの選択』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。 映画『ロニートとエスティ 彼女たちの選択』の作品情報・概要 『ロニートとエスティ 彼女たちの選択』原題『Disobedience』2017年に制作された愛米英合作のドラマ映画である。セバスティアン・レリオ監督作品。主演はレイチェル・ワイズとレイチェル・マクアダムス。本作はナオミ・アルダーマンが2006年に上梓した小説『Disobedience』を原作としている。厳格なユダヤ教徒の女性の恋愛物語。もはや人間において性を分ける必要はない。

映画『ラストレター』

映画『ラストレター』あらすじ・ネタバレ・感想。福山雅治vs松たか子vs岩井俊二が描く“死と再生”物語。“手紙”の錯綜が描くノスタルジー。
映画『ラストレター』あらすじ・ネタバレ・感想。福山雅治vs松たか子vs岩井俊二が描く“死と再生”物語。“手紙”の錯綜が描くノスタルジー。映画『ラストレター』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ラストレター』公式サイトの紹介。『ラストレター』は、2020年1月17日に公開の日本映画。岩井俊二監督作品。主演は松たか子。福山雅治、広瀬すず、森七菜、豊川悦司、中山美穂らら共演。SNSが普及して手紙というやりとりが困難な時代にあえて、手紙を通じて人間関係と自身の成長を築いていく人間成長物語。“死と再生”のテーマ。

映画『アパートの鍵貸します』

映画『アパートの鍵貸します』ネタバレ・あらすじ・感想。ジャック・レモン&シャーリー・マクレーンの姿に時代が見える。「パワハラはダメ!」
映画『アパートの鍵貸します』ネタバレ・あらすじ・感想。ジャック・レモン&シャーリー・マクレーンの姿に時代が見える。「パワハラはダメ!」映画『アパートの鍵貸します』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『アパートの鍵貸します』IMDbサイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。 映画『アパートの鍵貸します』の作品概要 『アパートの鍵貸します』は、1960年制作のアメリカ映画。原題『The Apartment』名匠ビリー・ワイルダー監督の最高演出と言われる作品。ロマンチック・コメディー最高傑作。アカデミー作品賞、監督賞、脚本賞、美術賞、編集賞の5部門受賞。主演はジャック・レモンとシャーリー・マクレーン。ニューヨークを舞台にした恋愛映画。

映画『マチネの終わりに』

【ネタバレ酷評】映画『マチネの終わりに』あらすじ・結末。物語も演出も撮影もダメ。福山雅治&石田ゆり子の糸引くキスシーン。
映画『マチネの終わりに』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。ネタバレ・あらすじ・結末を記述。作家・平野啓一郎の原作。2015年3月から2016年1月まで毎日新聞朝刊及びnoteにて連載された。福山雅治、石田ゆり子主演で2019年に映画版が公開。有名なギタリストが自身の音楽活動に悩んでいる時にジャーナリスト洋子が現れ恋に落ちる。しかし洋子にはフィアンセがいた。恋にルールはない。洋子をものにしようとパリまでいく。

映画『ボーダー 二つの世界』

映画『ボーダー 二つの世界』あらすじ・ネタバレ・作品情報・感想・評価。LGBTをも凌駕した多様性の映画。美しい心になれる映画
映画『ボーダー 二つの世界』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館情報を記載しています。またネタバレ・あらすじ・感想・評価・まとめについても書いています。北欧デンマークから新たな映画が届きました。監督はイラン系デンマーク人です。容姿による差別・偏見、さらに性差別の問題についても大きなメッセージを感じ取ります。多様性の時代が到来しました。認め合うことが21世紀を生きるテーマ。

映画『あなたの名前を呼べたなら』

インド映画『あなたの名前を呼べたなら』身分を越えた恋物語の行方は?差別、貧困とカースト制度について考えてみる。ネタバレ・あらすじ・感想・結末・評価
カースト制度が色濃く残るインドで身分の差を越えた恋愛物語を女性映画監督ロヘナ・ゲラが描いた。監督曰く、現在では絶対に起こりえない恋物語だそうだ。監督は絶望的な差別、貧困に悩む庶民がいつか自由を手に入れ、幸せに暮らせる日を願って作ったのだろう。インド映画にしては歌、踊りの演出が抑えられ、おしゃれな作りになっている。

映画『秒速5センチメートル』

新海誠監督映画『秒速5センチメートル』初恋・ファーストキス・遠距離・再会を通じて成長する青年の心模様は桜の速度。ネタバレ・あらすじ・感想・評価。
『ほしのこえ』『雲のむこう、約束の場所』に続く、新海誠の第3作目の劇場公開作品。小学生の初恋相手の女性への想いを抱きながら生きる青年。短編三部作にまとめて青年の成長を描いている。主人公の貴樹はずっと“秒速3センチメートル”状態のままだ。いつ脱出するのか。それと相まって女性たちは過去を振り切って生きていく強さがある。

映画『マーウェン』

映画『マーウェン』ロバート・ゼメキスvsスティーブ・カレルが描くトラウマを乗り越える人間成長物語に感動。ネタバレ・あらすじ・感想・評価
些細な発言により暴行され、過去の記憶を失ったマーク・ホーガンキャンプ。トラウマを抱え、救いを人形アニメの撮影に向けた。町の人の助けによってトラウマを克服。監督はロバート・ゼメキス。主演にスティーブ・カレル。アメリカに根付くヘイトクライムをテーマに、困難を乗り越えて戦う人間成長物語を実写と人形アニメを用いて描く。

映画『ほしのこえ』

新海誠監督 映画『ほしのこえ』ミカコとノボルの宇宙恋愛物語の結末。感想・評価・ ネタバレ・あらすじ
日本を越えて世界に衝撃を与えた作品である。『ほしのこえ』は新海誠がたった一人で作り上げた。会社勤めをしながらも映画制作への情熱が消えず昼夜を通して作ったという。若き日の新海誠の情熱がほとばしる素晴らしい作品である。本映画は数々の賞を獲得した。そして新海は空高く羽ばたいた。

映画『COLD WAR あの歌、2つの心』

映画『COLD WAR あの歌、2つの心』悪女が目指す究極の愛のゴール 男は悲劇 ネタバレ・あらすじ・感想
本作は第71回カンヌ国際映画祭最優秀監督賞を受賞。さらに第91回アカデミー賞では外国語映画賞・監督賞・撮影賞の3部門にノミネートされた。とても素晴らしい映画だ。社会主義時代のポーランドを舞台にピアニストと歌手の恋愛逃避劇。ワルシャワ、ベルリン、パリで展開。究極の恋愛とは命をかけること。破滅的な女、悪女だが可愛い。

映画『リヴァプール、最後の恋』

女優グロリア・グレアムの最後の恋『リヴァプール、最後の恋』あらすじ・ネタバレ・感想・評価。年齢差を超えた悲哀。
かつてアカデミ助演女優賞をとった名女優の最後の恋を映画いた作品。今や落ち目となったグロリア・グレアムは渡英しチャンスを伺っていた。そんな時、若き無名の俳優ピーターと出会い激しく恋に落ちる。二人はニューヨークに移り生活を共にするが、グロリアに悲劇が訪れる。二人は別れる事になるが、グロリアはピーターを追って再びイギリスへ向かう

 

 

スポンサーリンク

映画『流浪の月』の作品情報

映画.comより一部引用
スタッフ・キャスト
監督
李相日
原作
凪良ゆう
脚本
李相日
製作総指揮
宇野康秀
製作エグゼクティブ
依田巽
製作
森田篤
プロデューサー
朴木浩美
エグゼクティブブロデューサー
小竹里美 高橋尚子 堀尾星矢
ラインプロデューサー
山本礼二
撮影監督
ホン・ギョンピョ
照明
中村裕樹
美術
種田陽平 北川深幸
装飾
西尾共未 高畠一郎
衣装デザイン
小川久美子
ヘアメイク
豊川京子
音響
白取貢
音響効果
柴崎憲治
編集
今井剛
音楽
原摩利彦
音楽プロデューサー
杉田寿宏
助監督
竹田正明
キャスティングディレクター
元川益暢
韓国コーディネーター
鄭信英
制作担当
多賀典彬
家内更紗(広瀬すず)
佐伯文(松坂桃李)
中瀬亮(横浜流星)
谷あゆみ(多部未華子)
安西佳菜子(趣里)
湯村(三浦貴大)
更紗(白鳥玉季)
梨花(増田光桜)
佐伯音葉(内田也哉子)
阿方(柄本明)
2022年製作/150分/G/日本
配給:ギャガ

タイトルとURLをコピーしました