映画『オードリー・ヘプバーン』ネタバレ・あらすじ「映画史上最高の女優」感想「世界の映画女優の憧れ」結末「永遠のヒロインはヘプバーンだけ!」

スポンサーリンク
映画『オードリー・ヘプバーン』ネタバレ・あらすじ「映画史上最高の女優」感想「世界の映画女優の憧れ」結末「永遠のヒロインはヘプバーンだけ!」イギリス映画

映画『オードリー・ヘプバーン』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。

映画『オードリー・ヘプバーン』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。

YouTubeで予告映像もご覧ください。

『運だぜ!アート』ツイッターアカウント

『オードリー・ヘプバーン』
(2020年製作/100分/G/イギリス)
原題:Audrey
配給:STAR CHANNEL MOVIES
【監督】
ヘレナ・コーン
【製作】ニック・タウシグ アナベル・ウィゴダー【製作総指揮】フィル・ハント コンプトン・ロス ルーシー・フェントン ネイト・ボロティン タミル・アルドン ポール・バン・カーター イアン・バーグ アビドゥ・マジード レイノルド・ダシルバ【脚本】ヘレナ・コーン【撮影】シモーナ・ススネア【編集】マーク・ケイディ【音楽】アレックス・ソマーズ【音楽監修】デビッド・フィッシュ ルパート・ホリアー【振付】ウェイン・マクレガー
【出演】
オードリー・ヘプバーン
ショーン・ヘプバーン・ファーラー エマ・キャスリーン・ヘプバーン・ファーラー クレア・ワイト・ケラー ピーター・ボグダノビッチ リチャード・ドレイファス レッサンドラ・フェリ フランチェスカ・ヘイワード キーラ・ムーア

(C)2020 Salon Audrey Limited. ALL RIGHTS RESERVED (C)PictureLux / The Hollywood Archive / Alamy Stock Photo (C)Pictorial Press Ltd / Alamy Stock Photo

スポンサーリンク
  1. 映画『オードリー・ヘプバーン』外部リンク
  2. 映画『オードリー・ヘプバーン』のオススメ度は?
  3. 映画『オードリー・ヘプバーン』の作品情報・概要
  4. 映画『オードリー・ヘプバーン』の受賞歴
  5. 映画『オードリー・ヘプバーン』のあらすじ・ネタバレ
  6. 映画『オードリー・ヘプバーン』の感想・内容
  7. 映画『オードリー・ヘプバーン』の考察・評価
  8. 映画『オードリー・ヘプバーン』の結末
  9. 映画『オードリー・ヘプバーン』のキャストについて
  10. まとめ 映画『オードリー・ヘプバーン』一言で言うと!
  11. 『運だぜ!アート』本日の総合アクセスランキング
  12. 合わせて観たい映画
    1. 【オススメ女性活躍映画】
      1. 映画『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』
      2. 映画『スタントウーマン ハリウッドの知られざるヒーローたち』
      3. 映画『エデンの海(1976)』
      4. 映画『風の谷のナウシカ』
      5. 映画『空に住む』
      6. 映画『プラダを着た悪魔』
      7. 映画『鵞鳥湖の夜』
      8. 映画『ばるぼら』
      9. 映画『新聞記者』
      10. 映画『私をくいとめて』
      11. 映画『ノッティングヒルの恋人』
      12. 映画『ボディガード(1992)』
      13. 映画『オフィシャル・シークレット』
      14. 映画『フェアウェル』
      15. 映画『となりのトトロ』
      16. 映画『透明人間』
      17. 映画『スキャンダル』
      18. 映画『ミリオンダラー・ベイビー』
      19. 映画『キューポラのある街』
      20. 映画『コレット』
      21. 映画『ふたりのJ・T・リロイ ベストセラー作家の裏の裏』
      22. 『天才作家の妻 40年目の真実』
      23. 映画『マリッジ・ストーリー』
      24. 映画『プライベート・ウォー』
      25. 映画『マイ・フェア・レディ』
      26. 映画『追憶(1973)』
    2. 【ドキュメンタリー映画オススメ】
      1. 映画『ボウリング・フォー・コロンバイン』
      2. 映画『行き止まりの世界に生まれて』
      3. 映画『ようこそ映画音響の世界へ』
      4. 映画『ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方』
      5. 映画『三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実』
      6. 映画『M 村西とおる狂熱の日々 完全版』
      7. 映画『キューブリックに魅せられた男』
      8. 映画『ドリーミング村上春樹』
      9. 映画『サウナのあるところ』
      10. 映画『ジョアン・ジルベルトを探して』
      11. 映画『ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス』
      12. 映画『アートのお値段』
      13. 映画『フリーソロ』
      14. 映画『ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえ』
      15. 映画『イメージの本』
      16. 映画『シード 生命の糧』
      17. 映画『イル・ヴォーロ with プラシド・ドミンゴ 魅惑のライブ 3大テノールに捧ぐ』
      18. 映画『カーライル ニューヨークが恋したホテル』
      19. 映画『RBG 最強の85才』
      20. 映画『ヴィヴィアン・ウエストウッド 最強のエレガンス』
      21. 『ホイットニー ~オールウエイズ・ラブ・ユー〜』
      22. 『私は、マリア・カラス』
      23. 『エリック・クラプトン~12小節の人生~』
      24. 映画『カニバ パリ人肉事件38年目の真実』
  13. 映画『オードリー・ヘプバーン』の作品情報

映画『オードリー・ヘプバーン』外部リンク

HPサイト】
映画『オードリー・ヘプバーン』公式サイト

【予告映像】
映画『オードリー・ヘプバーン』トレーラー

【公式Twitter
映画『オードリー・ヘプバーン』

IMDbサイト】
映画『オードリー・ヘプバーン』

Rotten Tomatoesサイト】
映画『オードリー・ヘプバーン』

スポンサーリンク

映画『オードリー・ヘプバーン』のオススメ度は?

3.0

星3つです

「まあまあ」です

オードリー・ヘプバーンは本当に「魅力的」です

スポンサーリンク

映画『オードリー・ヘプバーン』の作品情報・概要

『オードリー・ヘプバーン』原題『Audrey』ヘレナ・コーン監督作品。『ローマの休日』『暗くなるまで待って』などで知られるオードリー・ヘプバーン(映画『ローマの休日』や映画『マイ・フェア・レディ』や映画『ティファニーで朝食を』)のドキュメンタリー。永遠の妖精と呼ばれた彼女の素顔を、アーカイブ映像と近親者のインタビューなどによって映し出す。ヘプバーンの息子のショーン・ヘプバーン・ファーラー、孫であるエマ・キャスリーン・ヘプバーン・ファーラーが出演。リチャード・ドレイファス(映画『スタンド・バイ・ミー』や映画『卒業(1967)』)、ショーン・ヘプバーン・ファーラー、エマ・キャスリーン・ヘプバーン・ファーラー、クレア・ワイト・ケラー、ピーター・ボグダノビッチ、レッサンドラ・フェリ、フランチェスカ・ヘイワード 、キーラ・ムーアらが出演する。

スポンサーリンク

映画『オードリー・ヘプバーン』の受賞歴

無し(20225月現在)

スポンサーリンク

映画『オードリー・ヘプバーン』のあらすじ・ネタバレ

1929年、ベルギーで生まれたオードリー・ヘプバーンは、第2次世界大戦中にはナチスドイツ占領下のオランダで過ごす。当初はバレエダンサーを目指すものの女優に転身し、『ローマの休日』の王女役に抜てきされてスターダムを駆け上る。その後も『麗しのサブリナ』『ティファニーで朝食を』などの作品に出演する一方、1989年にはユニセフ国際親善大使に就任する。

スポンサーリンク

映画『オードリー・ヘプバーン』の感想・内容

オードリー・ヘップバーンのドキュメンタリー映画です。改めてオードリー・ヘプバーンの姿をスクリーンで観ましたが、やはり不世出のスーパースターだと思います。日本ではアイドル的存在というイメージが強いんですが、彼女は間違いなく「伝道師・メッセンジャー」だったと思います。愛を訴える伝道師です。

本映画『オードリー・ヘプバーン』は彼女の半生を包み隠さず紹介しているところに驚きを禁じえません。まずこのような大女優が生まれた背景には、幼少時代の辛い経験があったことが如実に表れています。まずヘプバーンと父親との関係です。父親は貴族の系図を持っていました。しかしそれは本当の正しい系図かは定かではありません。母親は植民地を収める提督の娘だったそうです。両親は東インドで出会い結婚します。いわゆる植民地政策に加担している帝国主義者側の人間です。このことは成長していくヘプバーンの心に大きなコンプレックスを植えた事は間違いないでしょう。差別、偏見、更には貧困をなくすために翻弄した彼女の後半の人生につながっていきます。しかしながら、ヘプバーンは誰もが豊かで暮らせる時代を望んでいたのは間違いありません。

ヘプバーンが終生こだわったのは貧困問題です。彼女は戦時中、栄養失調になるまで追い詰められたそうです。それはナチスドイツにつながります。さらには両親が東インドで植民地の人たちから恩恵を受けていたと言うことにもつながるでしょう。心の中には申し訳ないという謝罪の気持ちがあったと思います。

彼女の両親が貴族階級、いわゆる搾取する側の人間でした。帝国主義の時代に於いて、自分たちの富を増やすことに夢中になっていた人たちです。ですから後半生のヘプバーンは罪滅ぼしの為にもユニセフに力を入れていたのではないでしょうか。そういったことを踏まえると単なる大スターではなく、間違いなく伝道者であったと言えるのです。

ヘプバーンは終生にわたって「捨てられる」と言うことに恐怖感を覚えていたようです。生涯二度結婚し、2度離婚します。「捨てられた」のです。彼女を最初に捨てたのは実は父親なんです。父親は東インドから帰ると、ナチスへと傾倒していきます。母親も同様で新聞等のエッセイでドイツナチスを絶賛しています。幼いヘプバーンはもちろん訳がわからなかったと思いますが、第二次世界大戦が終わった頃にはようやく間違っていたと気づいたのでしょう。彼女にとっては両親は黒歴史だったと思います。

スポンサーリンク

映画『オードリー・ヘプバーン』の考察・評価

戦争が終わって、ヘプバーンはバレリーナを夢見ていました。プリマドンナです。しかし、戦時中、2年間休んでいたことが彼女の夢をあきらめることにつながります。2年間のブランクと言うのはバレリーナにとっては致命的だったのです。

枕を濡らすほど涙を流したに違いありません。ヘプバーンは仕方なく生活費を稼ぐために映画の端役をやることになります。何本かの映画にも出演しています。そしてチャンスを掴む男です。『ローマの休日』です。アルバイト感覚で始めた女優業が生涯の仕事となっていきます。本映画ではヘプバーンがスクリーンテストを受けている映像が流れています。とても美しいですし、とても華があります。何よりも笑顔が素晴らしいのです。多くの人を魅了する笑顔がそこにありました。『ローマの休日』は世界中で大ヒットします。北極から南極まで住むすべての人々を魅了したことは間違いありません。

ヘプバーンが銀幕に登場した時の女優といったら、庶民的なドリス・デイや肉感的なエリザベス・テーラー、そしてセックスシンボル的なマリリン・モンローなどでした。しかしながらヘプバーンはまったく違う女優として登場したのです。華奢で、清楚で、清潔な女性なのです。笑顔が兎にも角にも素敵なのです。媚びへつらうことなどしません。出しゃばるような言動や行動も一切しなかったのでしょう。それが人々から「共感を得た」理由でしょう。

しかしながらヘプバーンの登場で、後々の女優たちに大きな悪影響を与えたことは否めません。「痩せすぎ問題」です。スクリーンで映し出されると、通常の体型でも痩せて見えます。しかしながらヘプバーンは普段から痩せているので、スクリーンでは普通くらいに映るのです。今でも問題視されていますが、女優やモデルなどは摂食障害に至るまで痩せているのが現状です。日本映画界も同様で、浅丘ルリ子さんと吉永小百合さん出演の映画を観ると「ヘプバーンの影響か」と思わざるを得ません。映画若い人(1962)映画『夜霧よ今夜も有難う』映画『銀座の恋の物語』

スポンサーリンク

映画『オードリー・ヘプバーン』の結末

さて、本映画『オードリー・ヘプバーン』を劇場公開することの意味はなんでしょうか?おそらくではありますが、いま現在「ウクライナで戦争が起きている」問題を避けて通れないと思います。何より平和を愛し、貧困を撲滅することに半生を捧げたヘプバーンの力必要だからです。必要としているにはユニセフです。ユニセフにとって、ヘプバーンを広告塔にしたことで多大な寄付金が集まりました。いま現在のユニセフの財務状況は不明ですが、かつてのように潤沢ではないでしょう。ここで、今後ウクライナで起こりうる貧困問題に対して、一石を投じたい思いもあるのではないでしょうか。そのために「オードリー・ヘプバーンが必要だった」と考えるのが賢明だと思います。

本映画『オードリー・ヘプバーン』はドキュメンタリー映画としては普通だと思います。普通の理由としてはヘプバーンの苦悩が弱いのです。父親に捨てられたこtが終生、彼女を悩ませるといいますが、それって、一般の人々でそれ以上の苦悩をしている人も多いと思います。離婚二回にしても世界にはもっと離婚している人はいます。となりますと、ヘプバーンが一番悩んだこと、苦しんだことは「一体なんだろう?」と思わざるを得ません。もっと世界の平和、差、そして貧困を撲滅するための映画であるなら、間違いなく「戦争はダメだ」を最前線に描くべきだったと思います。それでこそオードリー・ヘプバーンのアーカイブ映像が世界に貢献すると思っています。そこが残念ですね。

スポンサーリンク

映画『オードリー・ヘプバーン』のキャストについて

オードリー・ヘプバーン
ショーン・ヘプバーン・ファーラー
エマ・キャスリーン・ヘプバーン・ファーラー
クレア・ワイト・ケラー
ピーター・ボグダノビッチ
リチャード・ドレイファス
バレエダンサーレッサンドラ・フェリ
バレエダンサーフランチェスカ・ヘイワード
バレエダンサーキーラ・ムーア

スポンサーリンク

まとめ 映画『オードリー・ヘプバーン』一言で言うと!

「これ以上の映画スターならびに伝道者は出現しないです」

今見てもまったく色褪せないのです。これほど鮮烈に強烈な魅力を放つ人はいません。フィルムに焼き付けられていること幸運です。未来永劫までオードリー・ヘプバーンは生き続ける唯一無二の人でしょう。

スポンサーリンク

『運だぜ!アート』本日の総合アクセスランキング

映画『流浪の月』ネタバレ・あらすじ「事実と真実は異なる」感想「15年後再会した加害者と被害者の恋愛」結末「障害を乗り越えて成就」
映画『シン・ウルトラマン』ネタバレ・あらすじ「成田亨さんと佐々木明さんへの深い尊敬」感想「斎藤工&長澤まさみは綺麗」結末「庵野秀明&樋口真嗣は最高最強!」
映画『死刑にいたる病』ネタバレ・あらすじ「阿部サダヲが怖い」感想「岡田健史くん成長した」結末「美男・岩田剛典くんが!」
映画『人数の町』ネタバレ・あらすじ・感想。「衣食住完備」「性欲も満たされる」としたら住むことが出来るか?
映画『MOTHER マザー』ネタバレ・あらすじ「長澤まさみ新境地の“毒親”に拍手喝采」感想「美女は悪女が似合う」結末「阿部サダヲの“クソ”っぷりに激怒」
映画『ホリック xxxHOLiC』ネタバレ・あらすじ「永遠の高校生・神木隆之介」感想「蜷川実花の極彩色」結末「シリーズ化あるか」
映画『ローマの休日』ネタバレ・あらすじ「オードリー・ヘプバーンが世界No. 1女優決定!」感想「恋して真の王女に成長」結末「平和希求映画」
映画『楽園』ネタバレ・あらすじ・結末。ムラ社会は日本社会の縮図。長老(独裁者)の「決めつけ」こそ悪害なのだ。綾野剛、佐藤浩市もOKだが村上虹郎が最高だ!
映画『ミリオンダラー・ベイビー』ネタバレ・あらすじ・感想。アカデミー賞四冠。クリント・イーストウッド最高作品。「死ぬ自由もある」
映画『E.T.(イーティー)』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。スピルバーグ「涙腺決壊」監督が描く「頑張る子ども」を応援したくなる映画の金字塔!

スポンサーリンク

合わせて観たい映画

【オススメ女性活躍映画】

映画『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』

ルイーザ・メイ・オルコット&グレタ・ガーウィグは偉大だ

映画『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』ネタバレ・あらすじ・感想。“走る”シアーシャ・ローナンが全女性に「勇気と希望」を与えてくれる。
映画『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』ネタバレ・あらすじ・感想。“走る”シアーシャ・ローナンが全女性に「勇気と希望」を与えてくれる。映画『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』の作品情報・概要。『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』原題『Little Women』2019年に公開されたアメリカ合衆国のドラマ映画。グレタ・ガーウィグ監督・脚本作品。主演はシアーシャ・ローナン。共演は本作はエマ・ワトソン、フローレンス・ピュー、エリザ・スカンレン、ローラ・ダーン、ティモシー・シャラメ。メリル・ストリープ。アメリカ文学の女流作家ルイーザ・メイ・オルコットが発表した小説『若草物語』を原作としているが、ガーウィグがオルコットの手紙や書簡を分析して、オルコットの真実の真意に迫る脚本となっている。

映画『スタントウーマン ハリウッドの知られざるヒーローたち』

ハリウッド映画は「女性が作ったのだ」と胸を張りたい

映画『スタントウーマン ハリウッドの知られざるヒーローたち』ネタバレ・あらすじ「女性の地位向上に貢献」感想「スタントが成功した恍惚感」結末
映画『スタントウーマン ハリウッドの知られざるヒーローたち』ネタバレ・あらすじ「女性の地位向上に貢献」感想「スタントが成功した恍惚感」結末映画『スタントウーマン ハリウッドの知られざるヒーローたち』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『スタントウーマン ハリウッドの知られざるヒーローたち』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『スタントウーマン ハリウッドの知られざるヒーローたち』の作品情報・概要ハリウッドの映画史を語るにおいて絶対に不可欠な存在であるアクション。そのアクションの中心を担ってきたのは女性のスタントウーマンであったことはあまり知られていない。本映画『スタントウーマン ハリウッドの知られざるヒーローたち』は女性スタントの歴史から差別、苦悩、挫折、挑戦、成功に至るまでをドキュメンタリーとして描いている。ただ単に「スタントの名場面特集」ではなく、女性の地位向上に尽力している現状についても描かれている。

映画『エデンの海(1976)』

女子高生の時から「女性としての意識」が高いです

映画『エデンの海(1976)』ネタバレ・あらすじ山口百恵「オシッコ出てる」樹木希林「パンツ売ってください」感想「LGBTQには苦痛な作品」結末
映画『エデンの海(1976)』ネタバレ・あらすじ山口百恵「オシッコ出てる」樹木希林「パンツ売ってください」感想「LGBTQには苦痛な作品」結末映画『エデンの海(1976)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『エデンの海(1976)』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『エデンの海(1976)』の作品情報・概要西河克己監督作品。山口百恵主演。1950年中村登監督が同作を撮っており、その際、西河が助監督を務めている。そして26年後、自ら監督してリメイクする。脚本も前作と同じく馬場当。百恵の相手役は南條豊(山口の主演映画では三浦友和以外の俳優が相手役になった唯一の作品)浅野温子デビュー作品。

映画『風の谷のナウシカ』

宮崎アニメは「女性の立場を尊重」した映画が多いです

映画『風の谷のナウシカ』ネタバレ・あらすじ「マスク世界を予言!」「女性活躍社会を牽引!」感想「宮崎駿監督偉大なり!」結末
映画『風の谷のナウシカ』ネタバレ・あらすじ「マスク世界を予言!」「女性活躍社会を牽引!」感想「宮崎駿監督偉大なり!」結末映画『風の谷のナウシカ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『風の谷のナウシカ』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『風の谷のナウシカ』の作品情報・概要『風の谷のナウシカ』宮崎駿脚本・監督の長編アニメーション映画第2作品目。1984年に公開。製作はジブリでは無くトップクラフト。本作以後にスタジオジブリ設立。1982年に『アニメージュ』に連載していた宮崎の同名漫画『風の谷のナウシカ』が原作である。漫画と映画の内容は異なることがさらにファンを獲得している理由となっている。高畑勲がプロデューサーとして参加している。音楽は久石譲。当時アニメージュの副編集長であった鈴木敏夫が本格的に宮崎作品に加わる。

映画『空に住む』

一人になっても強く生きてやる!

映画『空に住む』ネタバレ・あらすじ「空疎な東京タワーマンション」と「人情平屋家屋」の高低差。感想「未来へ歩き出す三人の女性たちを描く」結末はハッピー?
映画『空に住む』ネタバレ・あらすじ「空疎な東京タワーマンション」と「人情平屋家屋」の高低差。感想「未来へ歩き出す三人の女性たちを描く」結末はハッピー?映画『空に住む』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『空に住む』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。 映画『空に住む』の作品情報・概要『ユリイカ』(第53回カンヌ国際映画祭で国際批評家連盟賞とエキュメニック賞を受賞し)『共喰い』で菅田将暉に衝撃を与えた青山真治監督の7年ぶりの新作。EXILEなど人気アーティストの歌詞を手掛けてきた作詞家・小竹正人の小説を大胆に映像化し女性の生き方に重厚感を持たせている。多部未華子、岸井ゆきの、美村里江、岩田剛典らが出演。創造力がある青山真治ならでは作品。

映画『プラダを着た悪魔』

今では絶対に「パワハラ」間違いなしの女上司です

映画『プラダを着た悪魔』ネタバレ・あらすじパワハラ乗り越え「アン・ハサウェイが大スター」に!「素顔のメリル・ストリープ?」感想・結末。
映画『プラダを着た悪魔』ネタバレ・あらすじパワハラ乗り越え「アン・ハサウェイが大スター」に!「素顔のメリル・ストリープ?」感想・結末。映画『プラダを着た悪魔』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『プラダを着た悪魔』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『プラダを着た悪魔』の作品情報・概要『プラダを着た悪魔』原題『The Devil Wears Prada』2006年に公開されたアメリカ映画。原作はローレン・ワイズバーガー。ワイズバーガー自身が『ヴォーグ』で編集長アシスタントを経験した体験をもとに書かれた。華やかなファッション業界の様子と厳しい現実、そして夢へ向かって「頑張る女性」たちをユーモアたっぷりに描いている。アン・ハサウェイ主演で世界的な大スターになった。映画『マディソン郡の橋』映画『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』メリル・ストリープ共演。

映画『鵞鳥湖の夜』

男の言いなりにならない「お金ゲット」してみせる

映画『鵞鳥湖の夜』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。ヤクザの夫の報奨金30万元を妻はどう使うのか気になる映画。
映画『鵞鳥湖の夜』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。ヤクザの夫の報奨金30万元を妻はどう使うのか気になる映画。 映画『鵞鳥湖の夜』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『鵞鳥湖の夜』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『鵞鳥湖の夜』の作品情報・概要『薄氷の殺人』原題『白日焰火』英語題『Black Coal, Thin Ice』で第64回ベルリン国際映画祭金熊賞を受賞した中国の気鋭ディアオ・イーナン監督作品。発展途上の中国で底辺に暮らす人々の現実を描いたノワールサスペンス。再開発から取り残された鵞鳥湖(がちょうこ)周辺地区で起きた警官殺しを主軸に、虎狼のヤクザと警察、そして娼婦の人間模様をアクションを交えて描いている。激しい雨、静かな湖、夜の街を舞台に逃亡と銃撃戦が鮮烈な印象を与えてくる。第72回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門に出品作品。惜しくも『パラサイト 半地下の家族』 がグランプリ獲得になるも喝采された。

映画『ばるぼら』

こんな魅惑的な女性が実在して欲しくなる

映画『ばるぼら』ネタバレ・あらすじ「美乳」二階堂ふみ&「美尻」稲垣吾郎の衝撃愛!手塚眞とクリストファー・ドイルが紡ぐ「究極の芸術愛」誕生!感想・結末。
映画『ばるぼら』ネタバレ・あらすじ「美乳」二階堂ふみ&「美尻」稲垣吾郎の衝撃愛!手塚眞とクリストファー・ドイルが紡ぐ「究極の芸術愛」誕生!感想・結末。映画『ばるぼら』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ばるぼら』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『ばるぼら』の作品情報・概要『ばるぼら』は手塚治虫が『ビッグコミック』(小学館)で1973年(昭和48年)7月10日号から1974年(昭和49年)5月25日号まで描いた大人向けの漫画である。当時の手塚治虫の苦悩を投影したと言われている。手塚の実子でヴィジュアリストであり、映画監督の20手塚眞が実写化し2020年11月20日に公開された。主演は稲垣吾郎と『人間失格 太宰治と3人の女たち』『糸』二階堂ふみ。共演は『37セカンズ』『閉鎖病棟 それぞれの朝』の渋川清彦、『人数の町』『楽園』石橋静河、美波、大谷亮介ら。撮影監督は『ある船頭の話』クリストファー・ドイル。

映画『新聞記者』

腐りきった政府にメスを入れてやる!

望月衣塑子原案 映画『新聞記者』“忖度政権”に切り込む勇気 ラストのツメが甘い ネタバレ・あらすじ・評価・感想
現政権の大学設置問題に着目して製作された映画。いわゆる“忖度”を題材にしている。正義ある女性記者の真実とは何かを追い求めて格闘する。内部告発を決意する国家公務員の苦悩も描いている。また政府の中枢では情報操作が公然と行われているような描写もあり、衝撃的な内容となっている。2019年のこの時期に公開された意味は大きい。『新聞記者』2019年公開の日本映画。東京新聞所属・望月衣塑子さんの同名の完全フィクション作品を原案に脚色。製作総指揮をとった河村光庸氏の手腕が大きい。スターサンズ製作。若手女性新聞記者と若手エリート官僚の対峙と葛藤を描く社会派サスペンスフィクションとして編んだ名作。監督は藤井道人、主演はシム・ウンギョン、松坂桃李。多くの日本の女優たちが尻込みして出演を見送ったため韓国出身のシム・ウンギョンが抜擢、若干日本語に難があるが体当たりで演じている。ラストの松坂の言葉が何かが話題になった。望月衣塑子さん著作『新聞記者』をモチーフの製作されている。先の『森友・加計問題』に端を発した政治不信は記憶に新しいが、本映画には政府の権力構造にもメスを入れて描いている。邦画において現政権に対してここまで描いた心意気は褒められる。もしこれが政府の内幕の真実であれば恐ろしい。

映画『私をくいとめて』

本当は一人が好き「自分の世界で暮らしたい」

映画『私をくいとめて』ネタバレ・あらすじ「のんちゃん、頑張れ!」感想「“おひとりさま”じゃあないよ」結末。
映画『私をくいとめて』ネタバレ・あらすじ「のんちゃん、頑張れ!」感想「“おひとりさま”じゃあないよ」結末。映画『私をくいとめて』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『私をくいとめて』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。『私をくいとめて』芥川賞作家の綿矢りさの原作小説を映画化。2017年1月6日に朝日新聞出版から刊行されている。大九明子監督作品。主演は映画『この世界の片隅に』ののん。映画『蜜蜂と遠雷』や『美人が婚活してみたら』の臼田あさ美。映画『人数の町』の中村倫也が「A」という声を担当している。

映画『ノッティングヒルの恋人』

女優を続けるのって大変

映画『ノッティングヒルの恋人』ネタバレ・あらすじ。ヒュー・グラント「続編は骨肉離婚劇を撮りたい」感想「ジュリア・ロバーツの最高PV映画」結末「男版シンデレラ物語」
映画『ノッティングヒルの恋人』ネタバレ・あらすじ。ヒュー・グラント「続編は骨肉離婚劇を撮りたい」感想「ジュリア・ロバーツの最高PV映画」結末「男版シンデレラ物語」

映画『ボディガード(1992)』

本当は「淋しくてたまらない」歌姫

映画『ボディガード(1992)』ネタバレ・あらすじ。ホイットニー・ヒューストンの「歌を聴く映画」感想「ケビン・コスナー役得」結末は「オールウェイズ・ラヴ・ユー」です。
映画『ボディガード(1992)』ネタバレ・あらすじ。ホイットニー・ヒューストンの「歌を聴く映画」感想「ケビン・コスナー役得」結末は「オールウェイズ・ラヴ・ユー」です。映画『ボディガード(1992)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ボディガード(1992)』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 映画『ボディガード(1992)』の作品情報・概要 『ボディガード』原題『The Bodyguard』1992年製作のアメリカのロマンティック・サスペンス映画映画。映画『ダンス・ウィズ・ウルブズ』のケビン・コスナーと世界的なディーバ(歌姫)ホイットニー・ヒューストンが共演し世界中で大ヒット。大スターを殺害から守る身のボディガードが公私を越えた禁断の愛に葛藤しながら身を呈して大スターを守る任務を実行する。ホイットニー・ヒューストン全盛の歌声が絶品。

映画『オフィシャル・シークレット』

「暴露」やっぱり真実から目を背くことはできない

映画『オフィシャル・シークレット』ネタバレ・あらすじ・感想。イラク戦争阻止を試みたキャサリン・ガンの勇気。「正義は必ず勝つのか?」
映画『オフィシャル・シークレット』ネタバレ・あらすじ・感想。イラク戦争阻止を試みたキャサリン・ガンの勇気。「正義は必ず勝つのか?」 映画『オフィシャル・シークレット』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『オフィシャル・シークレット』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『オフィシャル・シークレット』の作品情報・概要『オフィシャル・シークレット』原題『Official Secrets』2019年に公開された米英合作のサスペンス&内部告発映画である。『ツォツィ』のギャヴィン・フッド監督作品。主演は『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』『コレット』のキーラ・ナイトレイ。本映画はマルシア・ミッチェルとトーマス・ミッチェル書いた『The Spy Who Tried to Stop a War』を元に製作された。

映画『フェアウェル』

これがわたしの生きる道!

映画『フェアウェル』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。圧巻オークワフィナの「存在力」「ガン告知するか否か」を通して自身を知る物語!
映画『フェアウェル』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。圧巻オークワフィナの「存在力」「ガン告知するか否か」を通して自身を知る物語! 映画『フェアウェル』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『フェアウェル』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『フェアウェル』の作品情報・概要『フェアウェル』原題『The Farewell』2019年のアメリカ合衆国のドラマ映画。監督はルル・ワン、主演はオークワフィナ。本作はルル・ワン監督の実体験を題材にしている。2017年に出演したラジオ番組『ディス・アメリカン・ライフ』で語った「What You Don't Know」を原作としている。2019年7月12日に4館のみの限定公開であったが、話題となり全米704館まで拡大。主演のオークワフィナはゴールデングローブ賞で主演女優賞 (ミュージカル・コメディ部門)を獲得した傑作。

映画『となりのトトロ』

お母さん「早く帰ってきて!」

映画『となりのトトロ』ネタバレ・あらすじ・感想。「都市伝説」を生む名作ファンタジーは“家族愛”が一番大切と教えてくれる。
映画『となりのトトロ』ネタバレ・あらすじ・感想。「都市伝説」を生む名作ファンタジーは“家族愛”が一番大切と教えてくれる。映画『となりのトトロ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『となりのトトロ』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『となりのトトロ』の作品情報・概要『となりのトトロ』英題『My Neighbor Totoro』1984年スタジオジブリ製作による長編アニメーション映画。宮崎駿監督作品。音楽は久石譲。昭和30年代前半の埼玉県所沢市を舞台にしたファンタジー映画。肺を病んだ母親のために田舎へ引っ越した草壁一家。12歳のサツキと4歳のメイは不思議な生き物に出会う。子どもにしか見えないトトロとの交流を通じて「母への想い」を噛み締めながら少しずつ成長していく物語。

映画『透明人間』

「このストーキング野郎!」退治してやる

映画『透明人間』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「ストーキングの恐怖」&「女性が自由に生きる」時代をテーマに描く名作。
映画『透明人間』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「ストーキングの恐怖」&「女性が自由に生きる」時代をテーマに描く名作。映画『透明人間』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『透明人間』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。 映画『透明人間』の作品情報・概要。『透明人間』原題『The Invisible Man』2020年に公開された米豪合作のホラー映画。監督は『ソウ 』シリーズの製作や『アップグレード』の監督のリー・ワネル。主演は『ザ・スクエア 思いやりの聖域(17)』『アス(19)』のエリザベス・モス。過去の透明人間映画のモチーフを残しつつ、21世紀型の新しい透明人間として描いた秀作。「ストーキング問題」と「女性の自由」をテーマを置いている。

映画『スキャンダル』

ニューヨーク野郎から「お金巻き上げてやる!」

映画『スキャンダル』ネタバレ・あらすじ・感想。成功している美女ばかりで心寄せられない。自己顕示欲の圧力が半端ない。
映画『スキャンダル』ネタバレ・あらすじ・感想。成功している美女ばかりで心寄せられない。自己顕示欲の圧力が半端ない。映画『スキャンダル』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『スキャンダル』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認できます。映画『スキャンダル』の作品情報・概要『スキャンダル』原題『Bombshell』2019年のアメリカ合衆国のドラマ映画。ジェイ・ローチ監督作品。主演はシャーリーズ・セロン、ニコール・キッドマン、マーゴット・ロビーのハリウッドを代表する女優。ジョン・リスゴー、ケイト・マッキノン、コニー・ブリットン、マルコム・マクダウェル、アリソン・ジャネイらが共演。アメリカ4大ネットワークのFOXテレビで起きた実際のセクハラ事件をモチーフに製作された。

映画『ミリオンダラー・ベイビー』

貧しいけれど「世界チャンプの夢」は捨てられない

映画『ミリオンダラー・ベイビー』ネタバレ・あらすじ・感想。アカデミー賞四冠。クリント・イーストウッド最高作品。「死ぬ自由もある」
映画『ミリオンダラー・ベイビー』ネタバレ・あらすじ・感想。アカデミー賞四冠。クリント・イーストウッド最高作品。「死ぬ自由もある」映画『ミリオンダラー・ベイビー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ミリオンダラー・ベイビー』IMDbサイトもご紹介し作品情報・キャスト情報のご確認もできます。     映画『ミリオンダラー・ベイビー』の作品概要 『ミリオンダラー・ベイビー』原作『Million Dollar Baby』2004年のアメリカ合衆国の映画。製作・配給会社はワーナー・ブラザースで、監督・製作・主演はクリント・イーストウッド。ジェリー・ボイドの短編集『Rope Burns:Stories From the Corner』を元にポール・ハギスが脚本を執筆。第77回アカデミー賞で作品賞・監督賞・主演女優賞(ヒラリー・スワンク)・助演男優賞(モーガン・フリーマン)を受賞。  

映画『キューポラのある街』

わたしの未来は絶対に明るい!

映画『キューポラのある街』ネタバレ・あらすじ・結末。吉永小百合さん勇気ある出演。当時の日本と北朝鮮の関係も見えてくる。
映画『キューポラのある街』ネタバレ・あらすじ・結末。吉永小百合さん勇気ある出演。当時の日本と北朝鮮の関係も見えてくる。映画『キューポラのある街』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。 映画『キューポラのある街』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『キューポラのある街』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『キューポラのある街』の作品概要。原作は早船ちよの小説。1962年(昭和37年)4月8日に公開された浦山桐郎監督デビューd作の日本映画である。上映時間は99分。脚本は浦山の師匠である今村昌平と共同執筆。吉永小百合主演に日活作品。

映画『コレット』

フランスの女流作家の先駆け的存在

映画『コレット』ネタバレ、あらすじ。女流作家シドニー=ガブリエル・コレットを演じるキーラ・ナイトレイの演技は絶品。女性の挑戦、勇気、希望の映画です。
今だに女性の社会進出を歓迎しない男は多い。世界的な女性作家シドニー=ガブリエル・コレットでさえも夫の強制により社会に出る機会を長く待った。この物語は文才のないダメ夫に嫁いだばかりに、作家としての才能を開花する女性の物語である。同時に女性の権利を広く訴えることでフランス女性たちに勇気と希望を与えた人生をつぶさに描いている。

映画『ふたりのJ・T・リロイ ベストセラー作家の裏の裏』

ローラ・アルバートの才能をもっと評価したい

映画『ふたりのJ・T・リロイ ベストセラー作家の裏の裏』ネタバレ・あらすじ・感想。ローラ・アルバートの才能を評価。SNS炎上ビジネスの先駆け。
映画『ふたりのJ・T・リロイ ベストセラー作家の裏の裏』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ふたりのJ・T・リロイ ベストセラー作家の裏の裏...

『天才作家の妻 40年目の真実』

夫のゴーストライターでは終われない

『天才作家の妻 40年目の真実』ネタバレ(感想)どんな夫婦にも“特殊”な世界観があるということ。
妻子ある大学教授と恋に落ち、略奪婚をしてしまった負い目もあるのだろうか。自らの夢である“作家”を諦め夫のゴーストライターに徹することで良き妻『糟糠の妻』を演じるているのか。ノーベル文学賞と言う名誉が二人の絆を壊そうとする。二人の感情揺れ動く。妻は全てを告白するのか、夫はそれを許すのか。夫婦である意味とは、、、。

映画『マリッジ・ストーリー』

もう一度女優として活躍したい

映画『マリッジ・ストーリー』ネタバレ・あらすじ・感想。アカデミー賞はスカーレット・ヨハンソン当確。アダム・ドライバーの歌は最高。
映画『マリッジ・ストーリー』ネタバレ・あらすじ・感想。アカデミー賞はスカーレット・ヨハンソン当確。アダム・ドライバーの歌は最高。映画『マリッジ・ストーリー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『マリッジ・ストーリー』公式サイトを紹介し作品情報・キャスト情報もご確認できます。j映画『マリッジ・ストーリー』の作品概要『マリッジ・ストーリー』原題『Marriage Story』2019年の米英合作のコメディドラマ映画。ノア・バームバック初監督作品。主演はアダム・ドライヴァーとスカーレット・ヨハンソン。ローラ・ダーン、アラン・アルダ、レイ・リオッタ共演。2020年(第92回)アカデミー賞では作品賞、主演男優賞、主演女優賞、助演女優賞、作曲賞、脚本賞にノミネートされた。製作会社 ヘイデイ・フィルムズ、Netflix。

映画『プライベート・ウォー』

戦争がわたしを呼んでいる

映画『プライベート・ウォー』ネタバレ・あらすじ・評価。隻眼のジャーナリスト。シリアで死す。戦地とPTSDの恐怖。終わらない戦争。
映画『プライベート・ウォー』公式サイトにて作品情報・上映館情報の紹介とネタバレ・あらすじ・感想・内容・結末について記述しています。隻眼のジャーナリスト、メリー・コルビンの半生を映画化。世界に紛争、戦争があると取材に行くのが戦争ジャーナリスト。命をかけて取材するが時には自身も傷つく。片目を失明。そして悲惨な戦争を見すぎてPTSDに陥る。それでも何度も戦地を訪れて世界に真実を発信する。最後はシリアでアサド政権の残虐性を放送して死ぬ。なぜ彼女は戦地へ行ったのか、なぜ書きたかったのか、そこには人間としても尊厳があったのだろう。

映画『マイ・フェア・レディ』

レディになることが果たして「正しいのか」

映画『マイ・フェア・レディ』ネタバレ・あらすじ「オードリー・ヘプバーンの代表作であり、屈辱的な映画」感想「レックス・ハリソンは上手い」結末
映画『マイ・フェア・レディ』ネタバレ・あらすじ「オードリー・ヘプバーンの代表作であり、屈辱的な映画」感想「レックス・ハリソンは上手い」結末映画『マイ・フェア・レディ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『マイ・フェア・レディ』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『マイ・フェア・レディ』の作品情報・概要『マイ・フェア・レディ』原題『My Fair Lady)』1964年制作のアメリカ合衆国のミュージカル映画。ジョージ・キューカー監督作品。出演はオードリー・ヘプバーンとレックス・ハリソン。ブロードウェイで上演同名ミュージカル(主演はジュリー・アンドリュースとレックス・ハリソンだった)を映画化。紆余曲折の末、映画ではオードリー・ヘプバーンが演じることに。同年のアカデミー作品賞ほか8部門を受賞した。オードリー・ヘプバーンの代表作の一つとして知られているが、劇中で自身の歌唱が使用されなかったことで大きく傷つけられた作品である。

映画『追憶(1973)』

バーブラ・ストライサンド「キレッキレッ」の演技です

映画『追憶(1973)』ネタバレ・あらすじ「バーブラ・ストライサンド適役でヒット!」感想「音楽勝ち映画」結末
映画『追憶(1973)』ネタバレ・あらすじ「バーブラ・ストライサンド適役でヒット!」感想「音楽勝ち映画」結末映画『追憶(1973)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『追憶(1973)』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『追憶(1973)』の作品情報・概要『追憶』 原題『The Way We Were』1973年のアメリカ映画。シドニー・ポラック監督。脚本はアーサー・ローレンツ。彼が大学時代に体験した学生運動を元にしている。主演は映画『ようこそ映画音響の世界へ』のバーブラ・ストライサンドと映画『明日に向かって撃て!』や映画『さらば愛しきアウトロー』のロバート・レッドフォード。左翼思想・共産主義に傾倒するケイティ・モロスキーとノンポリのハベルが恋愛して、結婚、離婚して成長していく物語を第二次大戦と戦後を挟んで紡ぐ物語。マッカーシズム、赤狩りの描写も内包した社会派映画の側面もある。

【ドキュメンタリー映画オススメ】

映画『ボウリング・フォー・コロンバイン』

マイケル・ムーアのアポなし突撃取材を観るべし!

映画『ボウリング・フォー・コロンバイン』ネタバレ・あらすじ「アメリカの暴力と差別と恥の歴史」を“アポなし取材”感想「アメリカ銃社会に変わり無し!」結果
映画『ボウリング・フォー・コロンバイン』ネタバレ・あらすじ「アメリカの暴力と差別と恥の歴史」を“アポなし取材”感想「アメリカ銃社会に変わり無し!」結果。映画『ボウリング・フォー・コロンバイン』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ボウリング・フォー・コロンバイン』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『ボウリング・フォー・コロンバイン』の作品情報・概要『ボウリング・フォー・コロンバイン』原題『Bowling for Columbine』2002年に製作されたアメリカ映画である。マイケル・ムーア監督のドキュメンタリー映画。1999年4月20日に発生した『コロンバイン高校銃乱射事件』を主軸に展開。最初は犯人である二人の少年像へ向かうが次第に「アメリカ社会」への批判と非難を強めていく。アポなし突撃取材の手法は秀逸。アメリカの黒歴史からブッシュ政権への批判と巨大スーパーマーケットKマートの銃弾販売禁止に至るまでの突撃具合には頭がさがる。2002年カンヌ国際映画祭 55周年記念特別賞受賞、2003年アカデミー賞 長編ドキュメンタリー映画賞受賞作品。

映画『行き止まりの世界に生まれて』

この映画はダントツで素晴らしい「少年の叫び」を聞いてください

映画『行き止まりの世界に生まれて』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。オバマ前大統領推薦。毒親を根絶せよ!
映画『行き止まりの世界に生まれて』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。オバマ前大統領推薦。毒親を根絶せよ! 映画『行き止まりの世界に生まれて』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『行き止まりの世界に生まれて』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『行き止まりの世界に生まれて』の作品情報・概要『行き止まりの世界に生まれて』原題『Minding the Gap』ビン・リュー監督作品のドキュメンタリー映画。2018年公開。イリノイ州ロックフォードで育ったスケートボード好きの3人の青年たちの「心の闇」を描いている。共通しているのは暴力を振るう「毒親」だった。サンダンス映画祭ブレイクスルー映画製作米国ドキュメンタリー部門特別審査員賞を受賞。第91回アカデミー賞長編ドキュメンタリー映画賞にノミネート。オバマ前大統領が絶賛した映画。

映画『ようこそ映画音響の世界へ』

映画をより高い芸術へと導く人たちの物語

映画『ようこそ映画音響の世界へ』ネタバレ・あらすじ・感想。「映画の音は錯覚のアート」「音は“瞬間”を永遠にする」「人生は音に始まって音に終わる」
映画『ようこそ映画音響の世界へ』ネタバレ・あらすじ・感想。「映画の音は錯覚のアート」「音は“瞬間”を永遠にする」「人生は音に始まって音に終わる」映画『ようこそ映画音響の世界へ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ようこそ映画音響の世界へ』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『ようこそ映画音響の世界へ』の作品情報・概要映画産業の中心であるアメリカ・ハリウッドで映画における音響の歴史と変遷、さらに新しい技術への挑戦をドキュメンタリーとして記録した映画。トーキー前と後、更にステレオ、ドルビーへ進化を遂げる過程に存在した多くの音響デザイナーたちが映画への飽くなき挑戦を音を主人公にして描いている。監督はミッジ・コスティン、出演にジョージ・ルーカス、スティーヴン・スピルバーグ、ソフィア・コッポラ、クリストファー・ノーラン、アルフォンソ・キュアロンら。映画ファンなら珠玉の一品と言える名作。

映画『ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方』

愛する人と農業だけで暮らせたら本当に幸せ

映画『ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方』あらすじ・感想。自然の摂理に驚異。オーガニックライフ実現の夫婦に羨望とジェラシー。
映画『ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方』あらすじ・感想。自然の摂理に驚異。オーガニックライフ実現の夫婦に羨望とジェラシー。 映画『ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。 映画『ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方』の作品情報・概要 テレビ番組や映画の自然映像のキャメラマンのジョン・チェスター とオーガニックな食材を用いる料理家のモリーが自給自足が可能な農場を作り上げるまでの8年間をドキュメンタリーとして描いた作品。監督・脚本は夫はジョン・チェスター 自身。様々な困難に打ち克ちながら夢の実現へ向かう二人の軌跡を美しい自然映像と共に写し取っている秀作。

映画『三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実』

三島由紀夫がたった一人で全共闘と対峙します

映画『三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実』ネタバレ・感想。三島由紀夫圧勝!東大全共闘の遠吠えが虚しい。
映画『三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実』ネタバレ・感想。三島由紀夫圧勝!東大全共闘の遠吠えが虚しい。 映画『三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。 映画『三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実』の作品情報・概要 1969年(昭和44年)5月13日に東京大学駒場キャンパス900番教室(現・講堂)で行われた、三島由紀夫と東大全共闘の討論会についての記録したフィルムを再編集した映画。ドキュメンタリー作品。本討論会はTBSだけが撮影を許された。討論会に出席していた存命の人物も多く登場して、フィルムの三島由紀夫について語っている。

映画『M 村西とおる狂熱の日々 完全版』

村西とおるさんはすごい「嘘が全くありません」

映画『M 村西とおる狂熱の日々 完全版』ネタバレ・あらすじ・感想。村西とおる監督を知れば真実の“愛”に出会える
映画『M 村西とおる狂熱の日々 完全版』ネタバレ・あらすじ・感想。村西とおる監督を知れば真実の“愛”に出会える 映画『M 村西とおる狂熱の日々 完全版』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 公式サイトを案内し作品・キャスト・上映館・お時間情報のご確認が可能です。 映画『M 村西とおる狂熱の日々 完全版』の作品情報・概要日本のアダルトビデオに革命を起こした村西とおる監督を追いかけたドキュメンタリー映画。前科7犯に、借金50億円を抱えるという破天荒な男・村西とおる日本の「AV界の帝王」である。1996年夏、50億円の負債を追った村西とおるは再起を図るため、北海道で世界初となる4時間超のDVD用Vシネマと35本のヘアヌードビデオの撮影を同時にスタートさせた。その際に密着した映像記録を再編集して作り上げたのが本作。

映画『キューブリックに魅せられた男』

キューブリック捧げ過ぎてこんな姿に、、、

映画『キューブリックに魅せられた男』ネタバレ・あらすじ・感想。キューブリック映画を愛することが人生の“フィルムワーカー”
2017年製作/94分/G/アメリカ映画。原題は『Filmworker』放題は『キューブリックに魅せられた男』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館情報も紹介しています。ネタバレ・あらすじ・感想までを書いています。『バリー・リンドン』で念願のキューブリック作品に出演したレオン・ビターリは俳優を引退してキューブリックに弟子入りする。信頼を得てあらゆる雑務を命じられる。24時間365日寝食を忘れ尽くす。なぜからがこれほどまでにキューブリックに心酔するのかをキャメラは捉えている。肉体も精神も疲れ果てはレオン・ビターリに神々しく見えてくる。

映画『ドリーミング村上春樹』

村上春樹が好き過ぎて翻訳家になった女性がいます

映画『ドリーミング村上春樹』ネタバレ・あらすじ・結末。デンマーク人翻訳家メッテ・ホルムの村上春樹愛は仕事に直結している究極のハルキスト。
デンマーク人翻訳家デンマーク人翻訳家メッテ・ホルムを追ったドキュメンタリー映画。1995年ホルムは日本を旅した時に『ノルウェイの森』と出会った。読み終えてすぐに村上春樹の翻訳家になることを決意する。そして今ではデンマーク語の翻訳の大家となっている。そんな彼女が村上作品を翻訳する際の格闘と苦悩と挑戦をキャメラは追いかけている。

映画『サウナのあるところ』

フィンランドではサウナに入れば誰もが「平等」です

映画『サウナのあるところ』ネタバレ・あらすじ・作品情報・感想。フィンランドのサウナは人生の涙を流すところ。
映画『サウナのあるところ』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。 『サウナのあるところ』(81分/フィンランド/2010) 原題『Miesten vuo...

映画『ジョアン・ジルベルトを探して』

最後の最後にジルベルトが登場、、、

映画『ジョアン・ジルベルトを探して』作品情報・ネタバレ・あらすじ・評価。ボサノバの巨匠は気まぐれ姿見せず
映画『ジョアン・ジルベルトを探して』公式サイトとYouTubeを参照ください。 『ジョアン・ジルベルトを探して』(111分/スイス・ドイツ・フランス合作/2018) 原題『Where Are You, Joao Gilber...

映画『ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス』

図書館とは人なんです

フレデリック・ワイズマン監督作映画『ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス』“図書館は人である”図書館を愛する人は人に優しい人。ネタバレ・あらすじ・内容・感想
映画『ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス』の公式サイトとYouTubeを参照ください。 『ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス』(205分/アメリカ/2017) 原題『Ex Libris: The New Yo...

映画『アートのお値段』

アート作品の値段はこうして決定されます。

映画『アートのお値段』ネタバレ・あらすじ・感想・評価。ザザビーズの大宣伝映画。バスキアの「Untitled」(前澤友作氏、落札の瞬間映像あり)高額理由に納得。
映画『アートのお値段』公式サイトにて作品情報・上映館の紹介とネタバレ・あらすじ・感想・評価について記述。われわれのような一般人には夢のような話です。ウォホール、ヘリング、バスキア作品がなぜ高額なのかわかります。ジェフ・クーンズの100億円のうさぎも登場。村上隆も。ZOZO前社長前澤友作氏、落札の瞬間映像あり

映画『フリーソロ』

命をかけて岩山を登る男アレックス

ドキュメンタリー映画『フリーソロ』のアレックス「危険を冒すことで安心感を得る」ネタバレ・あらすじ・評価・感想・評価。撮影班の葛藤。CG一切無し。
映画『フリーソロ』公式サイトにて作品情報・上映館並びに時間を紹介。この映画はアレックスというクライマーが安全装置無しに、素手だけで米カリフォルニア州ヨセミテ国立公園にそびえる巨岩エル・キャピタンに挑む様子をドキュメンタリーとして描いています。CG一切なし。撮影隊の心情もうまく描いています。ハラハラドキドキの100分。

映画『ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえ』

芸術はいつの世も戦争に翻弄される運命にある

ドキュメンタリー映画『ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえ』戦争にはステータスが必要だった。ネタバレ、感想
ヒトラーは本当に芸術が好きだったのだろうか。だから芸術作品を一生懸命に集めたのだろうか。若い頃、画家を志していた少年が何故、独裁者になり世界を恐怖の坩堝に叩き落としたのか。その理由はこの映画には描かれていないが、ヒトラーとナチスは芸術作品を収集することでステータスをあげて、権威を不動のものにしようとした野心はわかった

映画『イメージの本』

神さま、仏さま、ゴダールさま。

映画『イメージの本』は映画の神様ゴダールの平和を願う反戦映画である。ネタバレ、評価
『イメージの本』(84分/瑞西・仏/2018) 原題 『Le livre d'image』 監督 ジャン=リュック・ゴダール ゴダールは良い意味で毎回、期待を裏切ってくれる。いつも新しいことに挑戦している。 映画こそ総合芸術...

映画『シード 生命の糧』

タネを消滅させて人間は何を得るのだろうか?

映画『シード 生命の糧』作品情報・ネタバレ・あらすじ・感想。種の消滅は地球を破壊する。種の保存は知性教養の象徴である。
映画『シード 生命の糧』公式サイトにて作品情報・上映館・お時間もご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。 映画『シード 生命の糧』(94分/アメリカ/2016) 原題『Seed: The Untold S...

映画『イル・ヴォーロ with プラシド・ドミンゴ 魅惑のライブ 3大テノールに捧ぐ』

イタリアの地で実際の歌声を聴けるなら本望です

映画『イル・ヴォーロ with プラシド・ドミンゴ 魅惑のライブ 3大テノールに捧ぐ』ネタバレ・あらすじ・評価・内容
映画『イル・ヴォーロ with プラシド・ドミンゴ 魅惑のライブ 3大テノールに捧ぐ』(160分/イタリア/2016) 原題『IL VOLO with Placido Domingo Notte Magica - Tr...

映画『カーライル ニューヨークが恋したホテル』

確かにニューヨークの代表のホテルですが、、、

映画『カーライル ニューヨークが恋したホテル』は92分のCM。中身なし。時代に取り残されたホテル感が満載。ネタバレ・あらすじ・感想・評価
映画スター、プロスポーツ選手、政治家、王族が宿泊したホテルとして有名。カーライルホテルはそれを冠にして繁栄してきたと公言しているような映画だ。アメリカの人々が「いつか泊まりたい」と羨望してそうだ。映画は92間、このホテルのCMを見せられている気分になる。自慢、見栄のオンパレード。肝心のホテルのサービスや他のホテルとの違いが見受けられない。泊まりたくなる魅力が伝わってこない。

映画『RBG 最強の85才』

アメリカ最強の女性弁護士はほっこりバアさんだった

映画『RBG 最強の85才』弁護士ルース・ベイダー・ギンズバーグの尽力でアメリカ女性の社会進出が加速した。あらすじ、ネタバレ、評価
アメリカ合衆国の法曹会で活躍する女性弁護士のドキュメンタリー映画である。あらゆる差別を撤廃するために弁護士ルース・ベイダー・ギンズバーグは半生を通して戦ってきた偉大な人物。性差別、人種差別、労働差別と日常生活から社会生活の隅々に渡り目を凝らし、弱き人々の声に耳を澄まし法律の改正を今なお積極的に行なっている。

映画『ヴィヴィアン・ウエストウッド 最強のエレガンス』

永遠にエレガンスでいてください

『ヴィヴィアン・ウエストウッド 最強のエレガンス』(84分/英/2018)
原題 『Westwood: Punk, Icon, Activist』 世界的に有名なファッションデザイナーである。大変申し訳ないが存じ上げなかった。でもデザインは見たことがある、いやあるような気がする。まだ存命なので当然ドキ...

『ホイットニー ~オールウエイズ・ラブ・ユー〜』

ホイットニー、なぜ「ヘルプ!」と叫ばなかったのだ

世界の歌姫『ホイットニー ~オールウエイズ・ラブ・ユー〜』名曲と映画は永遠だけど悲しい人生だ
ホイットニー・ヒューストンはなぜ死んだのか?誰が彼女を死に追いやったのか?彼女を終生苦しめたモノとは何か?世紀の歌姫はなんのために生まれ、生きて、死んだのかについてドキュメンタリーで追いかけている。歌うことが彼女の人生だったのに悲しい。彼女が本当に信頼できる人を側におけば、名曲を歌い、映画にも出て、娘の幸せだったと祈りたい

『私は、マリア・カラス』

あなたの一途な生き方が世界に響いてます

『私は、マリア・カラス』(114分/仏/2017)
原題 『Maria by Callas』 全身芸術家、マリア・カラス。生涯芸術家、マリア・カラス。完璧しか許されなかった芸術家。 マリア・カラスは孤独だったのか?あの満願の笑みの裏側に“不幸が似合う女”の...

『エリック・クラプトン~12小節の人生~』

とにかく死ななくて良かったね

『エリック・クラプトン~12小節の人生~』(135分/英/2017)
原題 『Eric Clapton: Life in 12 Bars』 クラプトンは身をもって自らの恥部を公表することで薬物やアルコールの危険性を訴えているのかもしれない。この映画を観れば絶対にドラッグやアル...

映画『カニバ パリ人肉事件38年目の真実』

佐川くんはなぜ殺人を犯したのか、その真実

映画『カニバ パリ人肉事件38年目の真実』佐川一政兄弟をドキュメンタリーで描く衝撃的作品
フランスでオランダ人女性を殺害してその肉を食べた男が佐川氏である。世界中に報道された。しかし佐川氏はパリ警察より釈放され日本に帰国した。作家、アダルト俳優、漫画家とうの仕事で生計を立てたいたが、数年前に脳梗塞を患い下半身が不自由になる。弟の介護に頼り暮らしている。フランスの撮影クルーが佐川氏と弟の日常を残酷なまでに記録したドキュメンタリー作品。

スポンサーリンク

映画『オードリー・ヘプバーン』の作品情報

映画.comより一部引用
スタッフ・キャスト
監督
ヘレナ・コーン
製作
ニック・タウシグ アナベル・ウィゴダー
製作総指揮
フィル・ハント コンプトン・ロス ルーシー・フェントン ネイト・ボロティン タミル・アルドン ポール・バン・カーター イアン・バーグ アビドゥ・マジード レイノルド・ダシルバ
脚本
ヘレナ・コーン
撮影
シモーナ・ススネア
編集
マーク・ケイディ
音楽
アレックス・ソマーズ
音楽監修
デビッド・フィッシュ ルパート・ホリアー
振付
ウェイン・マクレガー

オードリー・ヘプバーン
ショーン・ヘプバーン・ファーラー
エマ・キャスリーン・ヘプバーン・ファーラー
クレア・ワイト・ケラー
ピーター・ボグダノビッチ
リチャード・ドレイファス
バレエダンサーレッサンドラ・フェリ
バレエダンサーフランチェスカ・ヘイワード
バレエダンサーキーラ・ムーア
2020年製作/100分/G/イギリス
原題:Audrey
配給:STAR CHANNEL MOVIES

映画.comより一部引用
スタッフ・キャスト
監督
ヘレナ・コーン
製作
ニック・タウシグ アナベル・ウィゴダー
製作総指揮
フィル・ハント コンプトン・ロス ルーシー・フェントン ネイト・ボロティン タミル・アルドン ポール・バン・カーター イアン・バーグ アビドゥ・マジード レイノルド・ダシルバ
脚本
ヘレナ・コーン
撮影
シモーナ・ススネア
編集
マーク・ケイディ
音楽
アレックス・ソマーズ
音楽監修
デビッド・フィッシュ ルパート・ホリアー
振付
ウェイン・マクレガー
オードリー・ヘプバーン
ショーン・ヘプバーン・ファーラー
エマ・キャスリーン・ヘプバーン・ファーラー
クレア・ワイト・ケラー
ピーター・ボグダノビッチ
リチャード・ドレイファス
バレエダンサーレッサンドラ・フェリ
バレエダンサーフランチェスカ・ヘイワード
バレエダンサーキーラ・ムーア
2020年製作/100分/G/イギリス
原題:Audrey
配給:STAR CHANNEL MOVIES

タイトルとURLをコピーしました