病気・傷害苦悩映画

産まれながら抱えた病気や障害を持って生きている人。あるいは人生を歩んでいる時に不治の病に罹ってしまった人。そして事故や事件、あるいは戦争によって傷害を負って生きている人を描いた映画作品を紹介しています。

スポンサーリンク
2022年製作

映画『PLAN 75』ネタバレ・あらすじ「死がテーマ?」感想「不寛容な社会がテーマ」結末「早川千絵監督は頭が良い」

映画『PLAN 75』ネタバレ・あらすじ「死がテーマ?」感想「不寛容な社会がテーマ」結末「早川千絵監督は頭が良い」映画『PLAN 75』の作品情報・概要映画『PLAN 75』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『PLAN 75』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。 『PLAN 75』2022年6月17日に公開された映画作品。早川千絵監督作品。日本・フランス・フィリピン・カタール合作。75歳以上の高齢者に対して自らの生死の権利を保障し、支援する制度「PLAN 75」の施行に伴う制度の対象者たちや市役所の職員、スタッフの苦悩を描く。主演は本作が9年ぶりの映画主演作となる倍賞千恵子(映画『ハウルの動く城』や映画『小さいおうち』や映画「天気の子」)。磯村勇斗(映画『ホリック xxxHOLiC』や映画『前科者』や映画『ヤクザと家族 The Family』)、たかお鷹(映画『MOTHER マザー』や映画『決戦は日曜日』)、河合優実(映画『ちょっと思い出しただけ』や映画『サマーフィルムにのって』)、ステファニー・アリアン、大方斐紗子(『あなたの番です 劇場版』や映画『閉鎖病棟 それぞれの朝』)、串田和美(映画『誰も知らない』)らが出演。
2022年製作

映画『流浪の月』ネタバレ・あらすじ「事実と真実は異なる」感想「15年後再会した加害者と被害者の恋愛」結末「障害を乗り越えて成就」

映画『流浪の月』ネタバレ・あらすじ「事実と真実は異なる」感想「15年後再会した加害者と被害者の恋愛」結末「障害を乗り越えて成就」映画『流浪の月』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『流浪の月』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。 映画『流浪の月』の作品情報・概要『流浪の月』李相日監督作品。2020年の本屋大賞に輝いた凪良ゆうの小説『流浪の月』を映画化。誘拐事件の“被害女児”だった女性と、その事件の“加害者”とされた当時19歳の大学生の物語。いつまでも消えない“被害女児”と“加害者”というレッテルを貼られながらも惹かれあう2人を描いた作品です。主演は広瀬すず(映画『いのちの停車場』や映画『海街diary』)、松坂桃李(映画『孤狼の血 LEVEL2』や映画『新聞記者』)。横浜流星(映画『嘘喰い』や映画『あなたの番です 劇場版』)、多部未華子(映画『空に住む』)、趣里(『生きてるだけで、愛。』や映画『ホリック xxxHOLiC』)、三浦貴大(映画『大綱引の恋』や映画『大コメ騒動』)、白鳥玉季、増田光桜、内田也哉子、柄本明(映画『ある船頭の話』や映画『ノイズ』や映画『セーラー服と機関銃』や映画『楽園』)らが出演。
2022.06.26
LGBT映画

映画『人生はビギナーズ』ネタバレ・あらすじ「悩むユアン・マクレガー」感想「マイク・ミルズ監督」結末「オスカー獲得!クリストファー・プラマー 」

映画『人生はビギナーズ』ネタバレ・あらすじ「悩むユアン・マクレガー」感想「マイク・ミルズ監督」結末「オスカー獲得!クリストファー・プラマー 」映画『人生はビギナーズ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『人生はビギナーズ』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『人生はビギナーズ』の作品情報・概要 『人生はビギナーズ』原題『Beginners』2010年に製作されたマイク・ミルズ監督・脚本作品。アメリカ合衆国の映画。ユアン・マクレガー主演(映画『ドクター・スリープ』や映画『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』や映画『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』)。クリストファー・プラマー、メラニー・ロラン、ゴラン・ビシュニックらが出演。クリストファー・プラマーは第84回 アカデミー賞(2012年)に於いて、助演男優賞獲得。38歳のイラストレーターが母の死と余命わずかな父のカミングアウト「ゲイである」と聞いて、自らの人生を歩き出す物語。
2022.05.11
2022年製作

映画『モービウス』ネタバレ・あらすじ「マルチバースの扉が開く」感想「マーベル最強ヴィラン誕生」結末「スパイダーマンもやってくる?」

映画『モービウス』ネタバレ・あらすじ「マルチバースの扉が開く」感想「マーベル最強ヴィラン誕生」結末「スパイダーマンもやってくる?」映画『モービウス』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『モービウス』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『モービウス』の作品情報・概要『モービウス』原題『Morbius』マーベル・コミックの同名のキャラクターをベースにした、2022年のアメリカのスーパーヒーロー映画。ダニエル・エスピノーサ監督作品。コロンビア ピクチャーズとマーベル・エンターテインメント製作。「ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース」の第3作目。ジャレッド・レト(映画『ハウス・オブ・グッチ』)、マット・スミス(映画『ラストナイト・イン・ソーホー』や映画『オフィシャル・シークレット』)、アドリア・アルホナ、ジャレッド・ハリス、アル・マドリガル、タイリース・ギブソン(映画『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』)、マイケル・キートン(映画『スパイダーマン ホームカミング』や映画『バットマン』)らが出演。血液の病気を持っている天才医師のマイケル・モービウスは自身を実験台にして吸血鬼化していく。
2022.04.02
2021年製作

映画『ナイトメア・アリー』ネタバレ・あらすじ「天国から地獄へ」感想「フィルムノワールは金髪が似合う」結末「因果応報ってある」

映画『ナイトメア・アリー』ネタバレ・あらすじ「天国から地獄へ」感想「フィルムノワールは金髪が似合う」結末「因果応報ってある」映画『ナイトメア・アリー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ナイトメア・アリー』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ナイトメア・アリー』の作品情報・概要『ナイトメア・アリー』原題『Nightmare Alley』2021年のアメリカ合衆国のネオ・ノワールサイコスリラー映画。ギレルモ・デル・トロ脚本・監督作品。キム・モーガン脚本執筆。ウィリアム・リンゼイ・グレシャムの小説『ナイトメア・アリー 悪夢小路』が原作。主演はブラッドリー・クーパー(『アメリカン・スナイパー』や映画『運び屋』や映画『アリー/スター誕生』)。他にケイト・ブランシェット(映画『ドント・ルック・アップ』や映画『ソング・トゥ・ソング』)、トニ・コレット、ウィレム・デフォー(映画『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』や映画『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』や映画『ポップスター』)、リチャード・ジェンキンス、ルーニー・マーラ(映画『ドント・ウォーリー』)、ロン・パールマン(映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』や映画『塔の上のラプンツェル』)、メアリー・スティーンバージェン(映画『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3』)、デヴィッド・ストラザーンが出演している。
2022.03.27
2021年製作

映画『吟ずる者たち』ネタバレ・あらすじ「比嘉愛未さんの嘔吐にゲンナリ」感想「脚本がイマイチ」結末「地域おこし映画は難しい」

映画『吟ずる者たち』ネタバレ・あらすじ「比嘉愛未さんの嘔吐にゲンナリ」感想「脚本がイマイチ」結末「地域おこし映画は難しい」映画『吟ずる者たち』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『吟ずる者たち』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。 映画『吟ずる者たち』の作品情報・概要映画『吟ずる者たち』2022年製作の日本の歴史映画。油谷誠至監督作品。日本で初めて軟水醸造法を確立し、吟醸醸造の父と呼ばれた三浦仙三郎の実話を基に製作。比嘉愛未(映画『大綱引の恋』)、戸田菜穂(映画『そして、バトンは渡された』や映画『思い、思われ、ふり、ふられ』)、渋谷天外、ひろみどり、大森ヒロシ 、山口良一 、今井れん、中尾暢樹、中村久美、奥村知史、川上麻衣子 、丘みつ子、大和田獏、中村俊介らが出演。
2021年製作

映画『Ribbon』ネタバレ・あらすじ「のんちゃん“吐露”を受け止めた」感想「頑張れと叫んだ」結末「すごい才能だ!」

映画『Ribbon』ネタバレ・あらすじ「のんちゃん“吐露”を受け止めた」感想「頑張れと叫んだ」結末「すごい才能だ!」映画『Ribbon』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『Ribbon』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『Ribbon』の作品情報・概要『Ribbon』2022年2月25日に公開された日本映画。監督・脚本・主演は本作が劇場公開用の長編映画初監督作となるのん(映画『この世界の片隅に』や映画『私をくいとめて』)。コロナ禍の2020年において美術大学の卒業制作展が中止となる。美大生・浅川いつか(のん) の暗澹たる気持ちは、家族や親友との衝突を招くことに。すべてはコロナが元凶と決めつけている。コロナに対して、過剰になっていく世界に格闘しながら、美大生いつかは希望を見出していく。山下リオ(映画『あのこは貴族』や映画『朝が来る』)、渡辺大知(映画『ノイズ』や映画『見えない目撃者』)、小野花梨(映画『Bittersand』)、春木みさよ、菅原大吉(映画『189』や映画『もののけ姫』)らが出演。岩井俊二(映画『ラストレター』)、樋口真嗣もサポートしている。
2021年製作

映画『MEMORIA メモリア』ネタバレ・あらすじ「カンヌ映画祭常連監督」感想「彷徨うティルダ・スウィントン」結末「最高芸術映画!」

映画『MEMORIA メモリア』ネタバレ・あらすじ「カンヌ映画祭常連監督」感想「彷徨うティルダ・スウィントン」結末「最高芸術映画!」映画『MEMORIA メモリア』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『MEMORIA メモリア』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『MEMORIA メモリア』の作品情報・概要『MEMORIA メモリア』 原題『Memoria』 2021年の泰古仏独墨中合作のドラマ映画。アピチャッポン・ウィーラセタクン監督作品。主演はティルダ・スウィントン(『サスペリア』や映画『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』や映画『どん底作家の人生に幸あれ!』や映画『アベンジャーズ エンドゲーム』)。共演はエルキン・ディアス、ジャンヌ・バリバール(映画『レ・ミゼラブル』や映画『COLD WAR あの歌、2つの心』)、フアン・パブロ・ウレゴ、アグネス・ブレッケ、ダニエル・ヒメネス・カチョら。第74回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門に出品され、ナダヴ・ラピド監督の『הַבֶּרֶךְ』と共に審査員賞を受賞した。音に悩まされる女性を主軸に展開。物語性を追うのではなく芸術性の高さを感じる映画。本作はDVD販売、動画配信の予定はなく、映画館でしか公開しないと明言している。  
2022年製作

映画『余命10年』ネタバレ・あらすじ「小松菜奈さん“美人薄命“が似合う」感想「小坂流加さん原作と違いは?」結末「悲恋の先に希望がある」

映画『余命10年』ネタバレ・あらすじ「小松菜奈さん“美人薄命“が似合う」感想「小坂流加さん原作と違いは?」結末「悲恋の先に希望がある」映画『余命10年』の作品情報・概要 映画『余命10年』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『余命10年』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。 映画『余命10年』の作品情報・概要 『余命10年』藤井道人監督作品(映画『新聞記者』や映画『ヤクザと家族 The Family』)。38歳という若さで逝去した小説家・小坂流加の原作を映画化。小松菜奈(映画『糸』や映画『さくら』や映画『閉鎖病棟 それぞれの朝』)と坂口健太郎(映画『海街diary』や映画『今夜、ロマンス劇場で』)の恋の行方を主軸に「生きるとは」を描いている。山田裕貴(映画『燃えよ剣』)、奈緒(映画『事故物件 恐い間取り』や映画『あの頃。』)、井口理、黒木華(映画『小さいおうち』や映画『ノイズ』や映画『浅田家!』)、田中哲司、原日出子、リリー・フランキー(映画『万引き家族』や映画『前科者』や映画『一度死んでみた』)、松重豊(映画『コンフィデンスマンJP 英雄編』や映画『罪の声』や映画『大怪獣のあとしまつ』)らが出演。
2022.03.18
2021年製作

映画『ザ・ユナイテッド・ステイツvs.ビリー・ホリデイ』ネタバレ・あらすじ「悲惨な人生に涙」感想「歌姫は男運が悪すぎる」結末「人種差別撤廃!」

映画『ザ・ユナイテッド・ステイツvs.ビリー・ホリデイ』ネタバレ・あらすじ「悲惨な人生に涙」感想「歌姫は男運が悪すぎる」結末「人種差別撤廃!」映画『ザ・ユナイテッド・ステイツvs.ビリー・ホリデイ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ザ・ユナイテッド・ステイツvs.ビリー・ホリデイ』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ザ・ユナイテッド・ステイツvs.ビリー・ホリデイ』の作品情報・概要『ザ・ユナイテッド・ステイツ vs. ビリー・ホリデイ』原題『The United States vs. Billie Holiday』2021年に公開されたアメリカ合衆国の伝記映画である。リー・ダニエルズ監督作品。ヨハン・ハリが2015年に発表したノンフィクション『麻薬と人間 100年の物語』が原作。『奇妙な果実』という黒人差別の悲惨さを人々に知らしめ、44歳の若さで死去したアメリカジャズ界の伝説的歌手・ビリー・ホリデイを伝記として描いている。公民権運動に大きな影響を与えた反面、ホリデイの私生活は恋人からの暴力に苦しみ、自らは酒・ドラッグ依存に陥っていた。アンドラ・デイ、トレバンテ・ローズ、ギャレット・ヘドランド(映画『ドリームランド』)、ナターシャ・リオン、ダバイン・ジョイ・ランドルフ、ミス・ローレンス・ワシントン、ロブ・モーガン(映画『ドント・ルック・アップ』)、トーン・ベルらが出演。
2022.06.14
2022年製作

映画『さがす』ネタバレ・あらすじ「驚愕!片山慎三監督」感想「佐藤二朗が好きになる」結末「ずっと胸を“突き刺してくる”映画」

映画『さがす』ネタバレ・あらすじ「驚愕!片山慎三監督」感想「佐藤二朗が好きになる」結末「ずっと胸を“突き刺してくる”映画」映画『さがす』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『さがす』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『さがす』の作品情報・概要 『さがす』2022年1月21日公開の日本映画。『岬の兄妹』で衝撃を与えた片山慎三監督作品(商業映画監督デビュー)主演は佐藤二朗(映画『今日から俺は!!劇場版』や映画『かぐや様は告らせたい 天才たちの恋愛頭脳戦 ファイナル』)。伊東蒼(映画『空白』)、清水尋也(映画『青くて痛くて脆い』や『パラレルワールド・ラブストーリー』)、森田望智(映画『Bittersand』)、石井正太朗、松岡依都美(映画『万引き家族』や映画『三度目の殺人』)、成嶋瞳子、品川徹(映画『Diner ダイナー』)らが出演。指名手配中の連続殺人犯を捕まえうと懸賞金300万円がもらえると聞いた父が行方不明となる。不安と孤独を押し殺しながら父親を探す娘の姿を描く。アスミック・エースとDOKUSO映画館による次世代クリエイター映画開発プロジェクト「CINEMUNI(シネムニ)」第1弾作品。第26回釜山国際映画祭 ニューカレンツ(コンペティション)部門正式出品。“人間とは”“死とは”を強烈に衝撃的に、かつ残酷なまでに訴求してくる名作。
2022.01.24
2021年製作

映画『コーダ あいのうた』ネタバレ・あらすじ「涙腺決壊間違いなし!」感想「頑張る女子高校生を応援!」結末「CODAの意味は?」

映画『コーダ あいのうた』ネタバレ・あらすじ「涙腺決壊間違いなし!」感想「頑張る女子高校生を応援!」結末「CODAの意味は?」映画『コーダ あいのうた』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『コーダ あいのうた』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画コーダ あいのうた『』の作品情報・概要『コーダ あいのうた』原題『CODA』シアン・ヘダー監督・脚本作品。2021年アメリカ・フランス・カナダ合作のコメディドラマ映画である。聴覚障害者の両親をもつ子供(コーダ)である10代の少女の葛藤を描いている。歌の才能があることがわかるが、聴覚障害者の父母と兄を助けなければいけない。「夢をとるか家族をとるか」を悩む女子高校生が成長していく。2014年のフランス映画『エール!』の英語リメイクである。実際に聴覚障害者である俳優が出演したことも大きな評価となっている。ワールド・プレミアは2021年1月28日にサンダンス映画祭で行われた。Appleは映画祭史上最高額となる2500万ドルでこの映画の配給権を獲得した。劇場と配信サービスのApple TV+で公開されて大絶賛される。第79回ゴールデングローブ賞ドラマ映画賞と映画助演男優賞にノミネートされた。エミリア・ジョーンズ、トロイ・コッツァー、マーリー・マトリン、ダニエル・デュラント、フェルディア・ウォルシュ=ピーロ、エウヘニオ・デルベス 、エイミー・フォーサイスらが出演。
2022.02.08
サバイバル映画

映画『世界の中心で、愛をさけぶ』ネタバレ・あらすじ「長澤まさみ“剃髪”で称賛!」感想「切なすぎる恋愛」結末「青春恋愛映画の金字塔」

映画『世界の中心で、愛をさけぶ』ネタバレ・あらすじ「長澤まさみ“剃髪”で称賛!」感想「切なすぎる恋愛」結末「青春恋愛映画の金字塔」 映画『世界の中心で、愛をさけぶ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『世界の中心で、愛をさけぶ』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。 映画『世界の中心で、愛をさけぶ』の作品情報・概要 『世界の中心で、愛をさけぶ』日本の小説家・片山恭一の青春恋愛小説を映画化。行定勲監督作品。通称「セカチュー」2004年5月東宝系にて公開。主演は大沢たかおと柴咲コウ。興行収入85億円、観客動員数620万人を記録。主題歌の「瞳をとじて」も大ヒットした。長澤まさみ、森山未來(映画『モテキ』)、天海祐希(『カイジ 人生逆転ゲーム』や映画『チアダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』)、杉本哲太、宮藤官九郎 、津田寛治(映画『ONODA 一万夜を越えて』や『この道』)、近藤芳正(映画『もののけ姫』や映画『バイプレイヤーズ もしも100人の名脇役が映画を作ったら』)、木内みどり(映画『絶唱(1975)』や映画『エリカ38』や映画『ラストレター』)、田中美里、山崎努らが出演。長澤まさみの体当たり演技が話題となった。
2020年製作

映画『ヴォイス・オブ・ラブ』ネタバレ・あらすじ「残念な作品」感想「歌姫の叫びが聞こえない」結末「バレリー・ルメルシエは演技に集中すべき」

映画『ヴォイス・オブ・ラブ』ネタバレ・あらすじ「残念な作品」感想「歌姫の叫びが聞こえない」結末「バレリー・ルメルシエは演技に集中すべき」映画『ヴォイス・オブ・ラブ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ヴォイス・オブ・ラブ』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ヴォイス・オブ・ラブ』の作品情報・概要『ヴォイス・オブ・ラブ』原題『Aline』バレリー・ルメルシエ監督・脚本・主演作品。世界的歌姫セリーヌ・ディオンの半生をモチーフに描いた音楽映画。アーチストの伝説をモチーフにした映画としては珍しく、ドラッグ、酒などのネガティブな要素が皆無の作品となっています。まだセリーヌ・ディオンが健在ということで遠慮したのか。映画の構成や演出においては及第点に至っていない。楽曲に頼った「音楽勝ち映画」となってしまった感が否めない。
2022.04.19
2018年製作

映画『50回目のファーストキス』ネタバレ・あらすじ「長澤まさみはやっぱり綺麗だ!」感想「記憶が消えるって不幸ではないよ」結末「山田孝之くんは誠実」

映画『50回目のファーストキス』ネタバレ・あらすじ「長澤まさみはやっぱり綺麗だ!」感想「記憶が消えるって不幸ではないよ」結末「山田孝之くんは誠実」映画『50回目のファーストキス』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『50回目のファーストキス』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『50回目のファーストキス』の作品情報・概要『50回目のファースト・キス』はアダム・サンドラーとドリュー・バリモア(映画『E.T.(イーティー)』や映画『チャーリーズ・エンジェル』)出演のアメリカ映画『50 First Dates』をリメイクしたロナンティック・コメディ映画。福田雄一(映画『今日から俺は!!劇場版』)監督・脚本作品。山田孝之、長澤まさみ(映画『MOTHER マザー』や映画『すばらしき世界』や映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』)主演。軽薄な男性が記憶障害の女性と出会い、一途な愛を貫く姿を描いている。女性を支える家族や友人の優しさから苦労もうまく描写している。ムロツヨシ(映画『DESTINY 鎌倉ものがたり』)、勝矢、太賀、山崎紘菜、大和田伸也、佐藤二朗(映画『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』や映画『かぐや様は告らせたい 天才たちの恋愛頭脳戦 ファイナル』)、生越千晴 、小宮有紗 、青山めぐ 、桜井ユキらが出演。
2022.04.19
2019年製作

映画『ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男』ネタバレ・あらすじ「テフロン製品を捨てたくなる」感想「日本は大丈夫か?」結末「アメリカのフィルムメーカーは勇気ある」

映画『ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男』ネタバレ・あらすじ「テフロン製品を捨てたくなる」感想「日本は大丈夫か?」結末「アメリカのフィルムメーカーは勇気ある」映画『ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男』の作品情報・概要『ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男』原題『Dark Waters』は、2019年のアメリカ合衆国のスリラー映画。トッド・ヘインズ監督作品。主演はマーク・ラファロ(映画『アベンジャーズ エンドゲーム』)。共演はアン・ハサウェイ(映画『プラダを着た悪魔』)、ティム・ロビンス(映画『ショーシャンクの空に』)、ビル・キャンプ(映画『ジョーカー』や映画『ワイルドライフ』や『バイス』)、ヴィクター・ガーバー(映画『タイタニック(1997)』)、メア・ウィニンガム、ビル・プルマン(映画『めぐり逢えたら』)ら。世界的な大企業デュポンの隠蔽を暴き出す。勇気ある弁護士の闘争を十数年に渡り描き出す。
2021年製作

映画『恋する寄生虫』ネタバレ・あらすじ「小松菜奈さん&菅田将暉くん祝!結婚おめでとう」感想「林遣都くんの成長ぶりも見もの」結末「エンディングの花火が『糸』そっくり」

映画『恋する寄生虫』ネタバレ・あらすじ「小松菜奈さん&菅田将暉くん祝!結婚おめでとう」感想「林遣都くんの成長ぶりも見もの」結末「エンディングの花火が『糸』そっくり」 映画『恋する寄生虫』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『恋する寄生虫』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『恋する寄生虫』の作品情報・概要『恋する寄生虫』三秋縋の長編小説を映画化。柿本ケンサク監督作品。2021年製作の日本映画。ホラー・サスペンス色が強い。極度の潔癖症に悩まされ、人間関係を築けずに孤独に過ごす青年と、視線恐怖症で不登校の女子高生の寄生虫によってもたらされた恋愛模様を描く。林遣都、小松菜奈、井浦新、石橋凌らが出演。
2020年製作

映画『アナザーラウンド』ネタバレ・あらすじ「意味は“もう一杯!”」感想「酒はすべてを壊す最強ドラッグ?」結末「アルコール依存症は恐ろしい」

映画『アナザーラウンド』ネタバレ・あらすじ「意味は“もう一杯!”」感想「酒はすべてを壊す最強ドラッグ?」結末「アルコール依存症は恐ろしい」映画『アナザーラウンド』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『アナザーラウンド』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『アナザーラウンド』の作品情報・概要『アナザーラウンド』デンマーク語『 Druk』 英題『Another Round』トマス・ヴィンターベア監督作品。ヴィンターベアとトビアス・リンホルム脚本。2020年のコメディドラマ映画。デンマーク、オランダ、スウェーデンの合作。マッツ・ミケルセン、トマス・ボー・ラーセン、マグナス・ミラン、ラース・ランゼらが出演。ノルウェー人の哲学者が提唱した「血中アルコール濃度を一定に保つと仕事の効率が良くなり想像力がみなぎる」という理論を証明するため、高校教師4人自らが実験する。2020年第73回カンヌ国際映画祭のオフィシャルセレクションに選出された。さらに第78回ゴールデングローブ賞の最優秀外国語映画賞にノミネート、第93回アカデミー賞でも監督賞と国際長編映画賞の候補に挙がり、国際長編映画賞を受賞した。世界的にヒットした。デンマーク語原題を和訳すると「大量飲酒」となる。英題は「もう一杯」となる。
2021年製作

映画『モンタナの目撃者』ネタバレ・あらすじ「アンジー“キレがない”」感想「ブラピ思い出のモンタナ焼失」結末「トラウマからの脱却」

映画『モンタナの目撃者』ネタバレ・あらすじ「アンジー“キレがない”」感想「ブラピ思い出のモンタナ焼失」結末「トラウマからの脱却」映画『モンタナの目撃者』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『モンタナの目撃者』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。 映画『モンタナの目撃者』の作品情報・概要『モンタナの目撃者』原題『Those Who Wish Me Dead』2021年アメリカ映画。サバイバルスリラーのジャンルに入る。テイラー・シェリダン監督作品。アンジェリーナ・ジョリー主演。ニコラス・ホルト(映画『ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー』や映画『女王陛下のお気に入り』)、フィン・リトル、エイダン・ギレン(映画『ボヘミアン・ラプソディ』)、メディナ・センゴア、タイラー・ペリー(映画『バイス』)、ジェイク・ウェバー 、ジョン・バーンサル(映画『フォードvsフェラーリ』)らが出演。原作はマイケル・コリータの小説『Those Who Wish Me Dead』。原題を邦訳すると「私の死を願う者たち」となる。
いじめ・陰湿映画

映画『羊たちの沈黙』ネタバレ・あらすじ「ジョディ・フォスターを応援したくなる」感想「声が出ない恐怖」結末「サイコパスの心理はサイコパスに聞け!」

映画『羊たちの沈黙』ネタバレ・あらすじ「ジョディ・フォスターを応援したくなる」感想「声が出ない恐怖」結末「サイコパスの心理はサイコパスに聞け!」映画『羊たちの沈黙』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『羊たちの沈黙』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『羊たちの沈黙』の作品情報・概要『羊たちの沈黙』原題『The Silence of the Lambs』1991年のアメリカ合衆国のサイコスリラー映画。ジョナサン・デミ監督作品。出演はジョディ・フォスター、アンソニー・ホプキンス、スコット・グレン(映画『グリーンランド 地球最後の2日間』)など。原作はトマス・ハリスの同名小説。 幼少の頃受けたトラウマを抱える女性FBI訓練生が連続殺人事件を調査することになる。彼女にアドバイスを与える猟奇殺人犯で元精神科医との奇妙な交流を描き大ヒット。第64回アカデミー賞で主要5部門を受賞。 作品賞(エドワード・サクソン/ケネス・ウット/ロン・ボズマン)監督賞(ジョナサン・デミ)主演男優賞(アンソニー・ホプキンス)主演女優賞(ジョディ・フォスター)脚色賞(テッド・タリー)アカデミー作品賞を受賞した唯一のホラー映画でもある。
2022.03.08
2021年製作

映画『オールド』ネタバレ・あらすじ「時間という概念を再認識」感想「人生とは時間だった」結末「諦念という終活映画」

映画『オールド』ネタバレ・あらすじ「時間という概念を再認識」感想「人生とは時間だった」結末「諦念という終活映画」映画『オールド』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『オールド』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『オールド』の作品情報・概要『オールド』原題『Old』2021年製作のアメリカ合衆国のスリラー映画。M・ナイト・シャマラン監督作品。主演はガエル・ガルシア・ベルナル(映画『リメンバー・ミー』)。本作は2010年、フレデリック・ペータースとピエール・オスカル・レヴィーが発表したグラフィックノベル『Sandcastle』が原作となっている。出演はビッキー・クリープス、アレックス・ウルフ(映画『ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル』)、イーモン・エリオット、ノーラン・リヴァー、ルカ・ファウスティーノ・ロドリゲス、アレクサ・スウィントン、アビー・リー、ケン・レオン、アーロン・ピエール、ニキ・アムカ=バード、キャスリーン・チャルファント、グスタフ・ハマーステン、フランチェスカ・イーストウッド(映画『トゥルー・クライム』)、マシュー・シアー、M・ナイト・シャマラン
2020年製作

映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』ネタバレ・あらすじ「2021年世界興行収入第一位!」感想「コロナ禍で良く頑張った!」結末「3密守って上映&鑑賞スタイル成功」 」

映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』ネタバレ・あらすじ「2021年世界興行収入第一位!」感想「コロナ禍で良く頑張った!」結末「3密守って上映&鑑賞スタイル成功」 」映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の作品情報・概要『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』吾峠呼世晴の漫画『鬼滅の刃』を原作としたufotable制作の日本の長編アニメーション映画。「週刊少年ジャンプ」で2016~20年に連載され、単行本1~22巻の累計発行部数が1億部を突破する吾峠呼世晴の大ヒット漫画をアニメ化した「鬼滅の刃」の劇場版。2021年現在、日本歴代興行収入第1位。2020年の年間興行収入世界第一。兄が鬼になった妹をもう一度、人間に戻すために努力、修行、格闘を通して兄妹愛を描いている。コロナ禍に覆われた2020年度に於いて、爆発的なヒットとなった要因は、奇しくも「自粛生活」開けと“3密”を守っての上映マナーが功を奏したと言える。
お茶の間映画館

ジブリ映画『風立ちぬ』ネタバレ・あらすじ「意味は“生きるのかなあ、生きないような気がする”」感想「結核が不治の病だった時代」結末「天才・堀越二郎VS堀辰雄」

ジブリ映画『風立ちぬ』ネタバレ・あらすじ「意味は“生きるのかなあ、生きないような気がする”」感想「結核が不治の病だった時代」結末「天才・堀越二郎VS堀辰雄」映画『風立ちぬ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『風立ちぬ』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『風立ちぬ』の作品情報・概要『風立ちぬ』宮崎駿監督作品。『崖の上のポニョ』(2008年)以来、5年ぶりの新作。スタジオジブリ制作の長編アニメーション映画。実在の航空技術者である堀越二郎をモデルに描いている。堀辰雄の小説を参考にした。キャッチコピーは「生きねば。」宮崎駿作品としては珍しく男女のラブシーンが描かれている。また登場人物がタバコを吸うシーンも何度か見られる。主人公の声を映画監督の庵野秀明が行うことが衝撃を与えた。
2021.08.24
2020年製作

映画『スプリー』ネタバレ・あらすじ「SNSの歓喜と悲劇」感想「承認欲求がもたらすものは?」結末「ユージーン・コトリャレンコ監督時代が来る!」

映画『スプリー』ネタバレ・あらすじ「SNSの歓喜と悲劇」感想「承認欲求がもたらすものは?」結末「ユージーン・コトリャレンコ監督時代が来る!」映画『スプリー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『スプリー』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『スプリー』の作品情報・概要映画『スプリー』 原題『Spree』2020年アメリカ製作のジェットコースタースリラー映画。ジョー・キーリー主演(Netflixドラマ『ストレンジャー・シングス 未知の世界』)監督はウクライナの新進気鋭ユージーン・コトリャレンコ監督。SNSの恐怖と不条理を描いている。「注目されたい」からSNSを駆使して拡散し「承認欲求」を満たしていく現代人ならでは、歓喜と恐怖と悲劇を独特の世界観とスピード感を用いて描いている。
2022.01.13
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました