裁判・法廷映画

不倫、離婚などの民事訴訟から、傷害や凶悪犯罪などの刑事訴訟までを法廷を舞台として描いた映画を紹介しています。また大企業や国家といった巨大な権力への法廷闘争の作品を紹介しています。正義のために戦う弁護士と依頼者の戦いに胸が痛みます。

スポンサーリンク
2021年製作

映画『スティルウォーター』ネタバレ・あらすじ「マルセイユが舞台」感想「マット・デイモンの後ろ姿が良い」結末「ブルーカラーが頑張る映画!」

映画『スティルウォーター』ネタバレ・あらすじ「マルセイユが舞台」感想「マット・デイモンの後ろ姿が良い」結末「ブルーカラーが頑張る映画!」映画『スティルウォーター』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『スティルウォーター』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『スティルウォーター』の作品情報・概要『スティルウォーター』原題『Stillwater』2021年のアメリカ合衆国製作の犯罪ドラマ映画。トム・マッカーシー監督作品。マーカス・ヒンチー、トーマス・ビデゲイン、ノエ・ドゥブレらが共同で脚本執筆。出演はマット・デイモン(映画『フォードvsフェラーリ』)、 カミーユ・コッタン(映画『ハウス・オブ・グッチ』)、アビゲイル・ブレスリン、リル・シャウバウ、イディル・アズーリら。
2022.01.17
2019年製作

映画『ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男』ネタバレ・あらすじ「テフロン製品を捨てたくなる」感想「日本は大丈夫か?」結末「アメリカのフィルムメーカーは勇気ある」

映画『ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男』ネタバレ・あらすじ「テフロン製品を捨てたくなる」感想「日本は大丈夫か?」結末「アメリカのフィルムメーカーは勇気ある」映画『ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男』の作品情報・概要『ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男』原題『Dark Waters』は、2019年のアメリカ合衆国のスリラー映画。トッド・ヘインズ監督作品。主演はマーク・ラファロ(映画『アベンジャーズ エンドゲーム』)。共演はアン・ハサウェイ(映画『プラダを着た悪魔』)、ティム・ロビンス(映画『ショーシャンクの空に』)、ビル・キャンプ(映画『ジョーカー』や映画『ワイルドライフ』や『バイス』)、ヴィクター・ガーバー(映画『タイタニック(1997)』)、メア・ウィニンガム、ビル・プルマン(映画『めぐり逢えたら』)ら。世界的な大企業デュポンの隠蔽を暴き出す。勇気ある弁護士の闘争を十数年に渡り描き出す。
2020年製作

映画『黒い司法 0%からの奇跡』ネタバレ・あらすじ・感想。アメリカの光と陰。「正義の反対は貧困である」

映画『黒い司法 0%からの奇跡』ネタバレ・あらすじ・感想。アメリカの光と陰。「正義の反対は貧困である」 映画『黒い司法 0%からの奇跡』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『黒い司法 0%からの奇跡』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。『黒い司法 0%からの奇跡』原題『Just Mercy』2019年のアメリカ合衆国のドラマ映画。デスティン・ダニエル・クレットン監督作品。主演はマイケル・B・ジョーダン。本作はブライアン・スティーヴンソンが2014年に発表したノンフィクション『黒い司法 死刑大国アメリカの冤罪』を原作としている。ジェイミー・フォックス、ブリー・ラーソン共演。人種差別と死刑制度問題を絶妙に内包する物語。
2022.01.13
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました