芸術映画

スポンサーリンク
SF映画

映画『アバター(2009)』ネタバレ・あらすじ「ジェームズ・キャメロン監督の世界観がすごい」感想「芸術的映画の金字塔」結末「『タイタニック』越える」

映画『アバター(2009)』ネタバレ・あらすじ「ジェームズ・キャメロン監督の世界観がすごい」感想「芸術的映画の金字塔」結末「『タイタニック』越える」 映画『アバター(2009)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『アバター(2009)』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。 映画『アバター(2009)』の作品情報・概要 『アバター』原題『Avatar』ジェームズ・キャメロン監督・脚本・製作・共同編集作品。2009年のアメリカの叙事詩的SF映画。サム・ワーシントン、ゾーイ・サルダナ、スティーヴン・ラング、ミシェル・ロドリゲス、シガニー・ウィーバーらが出演。20世紀フォックスとキャメロンのライトストーム・エンターテインメントによって製作され、フォックスから配給された。アバターシリーズの第1作目。12年間記録を保持していたキャメロンの『タイタニック』(1997年)を上回り、『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019年)に抜かれるまでほぼ10年間、世界最高の興行収入歴代1位の作品となった。その後、2021年に中国での再公開によって『アベンジャーズ/エンドゲーム』の記録を抜き、世界最高の興行収入歴代1位の作品に再びなっている。
2022年製作

映画『すずめの戸締まり』ネタバレ・あらすじ「新海誠時代到来」感想「宮崎駿を超える!」結末「声優・深津絵里凄し!」

映画『すずめの戸締まり』ネタバレ・あらすじ「新海誠時代到来」感想「宮崎駿を超える!」結末「声優・深津絵里凄し!」映画『すずめの戸締まり』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『すずめの戸締まり』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。 映画『すずめの戸締まり』の作品情報・概要『すずめの戸締まり』原題『Suzume』新海誠が監督・脚本を務める、2022年の日本のアニメーション映画。縦横比は前作『天気の子』までビスタサイズの16:9だったが、本作はシネスコの横長となる。キャッチコピーは「行ってきます。」「扉の向こうには、すべての時間があったー」。原菜乃華、松村北斗、深津絵里、染谷将太、伊藤沙莉、花瀬琴音、花澤香菜、神木隆之介、松本白鸚らが出演。
アクション映画

映画『バーフバリ 伝説誕生』ネタバレ・あらすじ「インド映画最高伝説」感想「スケールが大きい」結末「映画の世界制覇!」

映画『バーフバリ 伝説誕生』ネタバレ・あらすじ「インド映画最高伝説」感想「スケールが大きい」結末「映画の世界制覇!」映画『バーフバリ 伝説誕生』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『バーフバリ 伝説誕生』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『バーフバリ 伝説誕生』の作品情報・概要 『バーフバリ 伝説誕生』原題『Baahubali: The Beginning』2015年公開のインド映画。テルグ語、タミル語で撮影された全2部構成の叙事詩的映画『バーフバリシリーズ』の第1作目である。インド国内で最高額の予算で製作された本作は公開直後から高い評価を受け、インドの歴代興行収入最高額を記録。また、興行的に最も成功したテルグ語映画となった。プラバース、ラーナー・ダッグバーティ、タマンナー、アヌシュカ・シェッティ、ラムヤ・クリシュナ、ナーサル、サティヤラージらが出演。
2022年製作

映画『NOPE ノープ』ネタバレ・あらすじ「ジョーダン・ピール監督の世界観」感想「意味は?」結末「ラストはすっきりする」

映画『NOPE ノープ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『NOPE ノープ』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。
2022年製作

映画『ジュラシック・ワールド 新たなる支配者』ネタバレ・あらすじ「イナゴ最強生物!」感想「ローラ・ダーンの演技」結末「次作もあるはず!」

映画『ジュラシック・ワールド 新たなる支配者』ネタバレ・あらすじ「イナゴ最強生物!」感想「ローラ・ダーンの演技」結末「次作もあるはず!」映画『ジュラシック・ワールド 新たなる支配者』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ジュラシック・ワールド 新たなる支配者』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ジュラシック・ワールド 新たなる支配者』の作品情報・概要『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』原題『Jurassic World: Dominion』2022年のアメリカ合衆国のSFアドベンチャー映画。コリン・トレヴォロウ監督作品。エミリー・カーマイケル脚本。『ジュラシック・ワールド/炎の王国』(2018年)の続編。「ジュラシック・パーク」フランチャイズの第6作目であり、「ジュラシック・ワールド」三部作の第3作目であり、完結編である。クリス・プラット(映画『ソー ラブ&サンダー』や映画『アベンジャーズ エンドゲーム』)、ブライス・ダラス・ハワード(映画『ロケットマン』)、ローラ・ダーン(映画『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』や映画『マリッジ・ストーリー』や映画『パーフェクト ワールド』)、ジェフ・ゴールドブラム、サム・ニール、ディワンダ・ワイズ、マムドゥ・アチー、B・D・ウォン、オマール・シー、イザベラ・サーモン、キャンベル・スコット、ジャスティス・スミス、スコット・ヘイズ、ディーチェン・ラックマン、ダニエラ・ピネダ、ジャスミン・チウ、エルバ・トリルらが出演。
2022年製作

映画『ソー ラブ&サンダー』ネタバレ・あらすじ「クリス・ヘムズワースvsクリスチャン・ベール」感想「ナタリー・ポートマン可愛い」結末「神さまが多すぎる」

映画『ソー ラブ&サンダー』ネタバレ・あらすじ「クリス・ヘムズワースvsクリスチャン・ベール」感想「ナタリー・ポートマン可愛い」結末「神さまが多すぎる」映画『ソー ラブ&サンダー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ソー ラブ&サンダー』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ソー ラブ&サンダー』の作品情報・概要『ソー:ラブ&サンダー』原題『Thor: Love and Thunder』マーベル・コミックのキャラクター「ソー」をベースとする、2022年公開予定のアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画。タイカ・ワイティティ監督作品(映画『バズ・ライトイヤー』や映画『彼らは生きていた』)。脚本はワイティティとジェニファー・ケイティン・ロビンソン。出演はクリス・ヘムズワース(映画『アベンジャーズ エンドゲーム』)、クリスチャン・ベール、テッサ・トンプソン、ジェイミー・アレクサンダー 、タイカ・ワイティティ、ラッセル・クロウ(映画『アオラレ』や映画『ある少年の告白』)、ナタリー・ポートマン(映画『ポップスター』や映画『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』や映画『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』)、クリス・プラット(映画『ジュラシック・ワールド』)、ブラッドリー・クーパー(映画『リコリス・ピザ』)や『アメリカン・スナイパー』や映画『運び屋』や映画『アリー/スター誕生』) 、ビン・ディーゼル (映画『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』)、デイブ・バウティスタ(映画『DUNE デューン 砂の惑星』)、カレン・ギラン、ポム・クレメンティエフらが出演。『マイティ・ソー バトルロイヤル』の続編でシリーズ4作目、また、「マーベル・シネマティック・ユニバース」の29作目。
2022.07.09
2021年製作

映画『リコリス・ピザ』ネタバレ・あらすじ「胸が軋むボーイ・ミーツ・ガール」感想「アラナ・ハイムを聴きたくなる」結末「やっぱりポール・トーマス・アンダーソンは素晴らしい」

映画『リコリス・ピザ』ネタバレ・あらすじ「胸が軋むボーイ・ミーツ・ガール」感想「アラナ・ハイムを聴きたくなる」結末「やっぱりポール・トーマス・アンダーソンは素晴らしい」映画『リコリス・ピザ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『リコリス・ピザ』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『リコリス・ピザ』の作品情報・概要『リコリス・ピザ』原題『Licorice Pizza』2021年公開のアメリカ合衆国の青春映画。製作・脚本・撮影・監督はポール・トーマス・アンダーソン。主演はアラナ・ハイムとクーパー・ホフマン(監督の盟友だったフィリップ・シーモア・ホフマンの息子)が務めた。タイトルの“Licorice Pizza”は、1969年から1980年代後半にかけてカリフォルニア州南部で店舗を展開していたレコードチェーンの名前から取られた。ポール・トーマス・アンダーソン監督の自伝的映画。ショーン・ペン、トム・ウェイツ(映画『デッド・ドント・ダイ』)、ブラッドリー・クーパー(映画『アメリカン・スナイパー』や映画『運び屋』や映画『アリー/スター誕生』)、ベニー・サフディ、エスティ・ハイム、ダニエル・ハイム、ドナ・ハイム、モチ・ハイムらが出演。
2022年製作

映画『バズ・ライトイヤー』ネタバレ・あらすじ「クリス・エバンスvs鈴木亮平 」感想「LGBTQアニメ誕生!」結末「ディズニーはやっぱりすごい!」

映画『バズ・ライトイヤー』ネタバレ・あらすじ「クリス・エバンスvs鈴木亮平 」感想「LGBTQアニメ誕生!」結末「ディズニーはやっぱりすごい!」映画『バズ・ライトイヤー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『バズ・ライトイヤー』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。 映画『バズ・ライトイヤー』の作品情報・概要『バズ・ライトイヤー』原題『Lightyear』は、2022年のアメリカ合衆国のコンピュータ・アニメーションSFアクション映画。ピクサー・アニメーション・スタジオとウォルト・ディズニー・ピクチャーズが製作。ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズが配給する。ピクサーの映画『トイ・ストーリー』シリーズのスピンオフ作品かつ前日譚。シリーズ1作目の世界で人気だったおもちゃのバズ・ライトイヤーの世界観で自身の原点を描いた作品。アンガス・マクレーン監督長編デビュー作。主人公バズの声をクリス・エヴァンス(映画『アベンジャーズ エンドゲーム』や映画『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』)が担当。日本版は鈴木亮平 (映画『孤狼の血 LEVEL2』や映画『燃えよ剣』や映画『海街diary』)。他はキキ・パーマー(映画『ハスラーズ』)、ピーター・ソーン、タイカ・ワイティティ(映画『ジョジョ・ラビット』や)、デイル・ソウルズ、ジェームズ・ブローリン、ウゾ・アドゥーバ、メアリー・マクドナルド=ルイス、イザイア・ウィットロック・Jr. 、アンガス・マクレーン 、今田美桜 、山内健司、三木眞一郎 、磯辺万沙子 、銀河万丈(映画『ドラゴンボール超(スーパー) ブロリー』) 、沢城みゆき(映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』)、りょう(映画『ドラゴンボールZ 復活の「F」』)らが担当。同性愛の描写があることから、イスラム圏である中東やアジアの一部地域では本作品の上映が許可されなかった。中華人民共和国でも上映は絶望視されている。  
2022.07.02
2021年製作

映画『シン・ウルトラマン』ネタバレ・あらすじ「成田亨さんと佐々木明さんへの深い尊敬」感想「斎藤工&長澤まさみは綺麗」結末「庵野秀明&樋口真嗣は最高最強!」

映画『シン・ウルトラマン』ネタバレ・あらすじ「成田亨さんと佐々木明さんへの深い尊敬」感想「斎藤工&長澤まさみは綺麗」結末「庵野秀明&樋口真嗣は最高最強!」映画『シン・ウルトラマン』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『シン・ウルトラマン』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『シン・ウルトラマン』の作品情報・概要 『シン・ウルトラマン』2022年5月13日公開予定の日本のSF特撮映画。樋口真嗣監督作品。企画・脚本の庵野秀明(映画『風立ちぬ』や映画『ラストレター』)。ウルトラマンのデザイナーである成田亨さんと佐々木明さんへの深い尊敬の念が込めれている。カラータイマーはない。1966年に放送された特撮テレビドラマ『ウルトラマン』を現在の時代に置き換えた「リブート」映画。タイトルロゴには「空想特撮映画」と表記される。円谷プロダクション、東宝、カラーが共同で製作。キャッチコピーは「そんなに人間が好きになったのか、ウルトラマン。」「空想と浪漫。そして、友情。」斎藤工(映画『糸』や『麻雀放浪記2020』)、長澤まさみ(映画『MOTHER マザー』や映画『コンフィデンスマンJP 英雄編』や映画『すばらしき世界』や映画『コクリコ坂から』)、有岡大貴、早見あかり、田中哲司 (映画『余命10年』や映画『あなたの番です 劇場版』や映画『ホタル』)、西島秀俊(映画『ドライブ・マイ・カー』や映画『奥様は、取り扱い注意』)、山本耕史(映画『ザ・マジックアワー』) 、岩松了(映画『花束みたいな恋をした』や映画『ヤクザと家族 The Family』)、嶋田久作(映画『カイジ2 人生奪回ゲーム』)、益岡徹(映画『おとなの事情 スマホをのぞいたら』)、長塚圭史、山崎一、和田聰宏(映画『引っ越し大名!』)、津田健次郎らが出演。主題歌は米津玄師(映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』)。
2022.05.16
いじめ・陰湿映画

映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』ネタバレ・あらすじ「庵野秀明の故郷で完結」感想「シンジと碇ゲンドウ」結末「ヱヴァが終わって僕らはどう生きる?」

映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』ネタバレ・あらすじ「庵野秀明の故郷で完結」感想「シンジと碇ゲンドウ」結末「ヱヴァが終わって僕らはどう生きる?」 映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』の作品情報・概要『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』英題『EVANGELION:3.0 YOU CAN (NOT) REDO.』は、2012年11月17日に公開された日本のアニメーション映画。庵野秀明が総監督、脚本、製作総指揮を務める、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』4部作の第3作にあたる。大災害「セカンドインパクト」後の世界を舞台に、人型兵器「エヴァンゲリオン」のパイロットとなった少年少女たちと、第3新東京市に襲来する謎の敵「使徒」との戦いを描いたTVアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』(以下「TVシリーズ」と表記)を、新たな設定とストーリーで「リビルド(再構築)」したものが『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズである。緒方恵美(映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』や映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』)、林原めぐみ(映画『名探偵コナン 緋色の弾丸』や映画『名探偵コナン ハロウィンの花嫁』や映画『SING シング ネクストステージ』)、宮村優子、坂本真綾、三石琴乃、山口由里子、石田彰、立木文彦、清川元夢、長沢美樹、子安武人、優希比呂、麦人、大塚明夫(映画『魔女の宅急便(1989)』や映画『ハウルの動く城』)、沢城みゆきらが声優を担当。
2022.05.11
SF映画

映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』ネタバレ・あらすじ「緒方恵美の声の魅力」感想「庵野秀明総監督」結末「シンジはどこへ行く?」

映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』ネタバレ・あらすじ「緒方恵美の声の魅力」感想「庵野秀明総監督」結末「シンジはどこへ行く?」 映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』の作品情報・概要 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』英題『EVANGELION:2.0 YOU CAN (NOT) ADVANCE.』2009年6月27日に公開された日本のアニメーション映画。庵野秀明が総監督、脚本、製作総指揮を務める。社会現象を巻き起こしたTVアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」を新たに描き直す劇場版4部作の第2部『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』。社会現象を巻き起こしたTVアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」を新たに描き直して公開。声優は緒方恵美(映画『劇場版 呪術廻戦 0』や映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』や映画『ゴーストバスターズ アフターライフ』)、林原めぐみ(映画『名探偵コナン 緋色の弾丸』や映画『ミュウツーの逆襲 EVOLUTION』)、宮村優子、坂本真綾(映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第二章』や映画『Fate/Grand Order 終局特異点 冠位時間神殿ソロモン』)、三石琴乃(映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』)、山口由里子、山寺宏一(映画『魔女の宅急便(1989)』や映画『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2』)、石田彰(映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』)、立木文彦(映画『仮面ライダー ビヨンド・ジェネレーションズ』)、清川元夢、長沢美樹、子安武人、優希比呂、関智一(映画『ミラベルと魔法だらけの家』や映画『ロン 僕のポンコツ・ボット』)、岩永哲哉、岩男潤子らが出演。  
2022.05.11
アニメーション

映画『魔女の宅急便(1989)』ネタバレ・あらすじ「宮崎駿監督」感想「荒井由実(ユーミン)楽曲」結末「クロネコヤマト業績アップ」

映画『魔女の宅急便(1989)』ネタバレ・あらすじ「宮崎駿監督」感想「荒井由実(ユーミン)楽曲」結末「クロネコヤマト運輸業績アップ」映画『魔女の宅急便(1989)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『魔女の宅急便(1989)』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『魔女の宅急便(1989)』の作品情報・概要『魔女の宅急便』英題『Kiki’s Delivery Service』スタジオジブリ制作の日本のアニメーション映画作品。スタジオジブリにおける宮崎駿監督の長編映画としては初の、他者の原作による作品である。主題歌には荒井由実の楽曲が採用された。略称は「魔女宅」(まじょたく)原作は角野栄子の児童文学『魔女の宅急便』ヤマト運輸がスポンサーとなっている。声優は高山みなみ(映画『耳をすませば(1995)』や映画『名探偵コナン ハロウィンの花嫁』)、佐久間レイ、信沢三恵子、戸田恵子(映画『花束みたいな恋をした』や映画『ザ・マジックアワー』や映画『トイ・ストーリー4』)、山口勝平、関弘子(映画『紅の豚』や映画『太陽の季節』)、三浦浩一、加藤治子(映画『ハウルの動く城』や映画『霧の旗(1977)』)、斉藤昌、土井美加、浅井淑子らが担当している。
2022.04.27
2022年製作

映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第二章』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。

映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第二章』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第二章』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第二章』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第二章』の作品情報・概要 『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第二章』多田俊介監督作品。過去にアニメ化もされた田中芳樹の大長編SF小説「銀河英雄伝説」を、Production I.G制作で新たにアニメ化した「銀河英雄伝説 Die Neue These(ディ・ノイエ・テーゼ)」。2018年のファーストシーズン「邂逅」(第1~12話)、19年のセカンドシーズン「星乱」(13~24話)に続くサードシーズン「激突」全12話を3章に分けて上映する劇場上映版の第2章。
2021年製作

映画『TITANE チタン』ネタバレ・あらすじ「ジュリア・デュクルノー監督の時代!」感想「身体ホラー映画」結末「自動車と愛を交わす?」

映画『TITANE チタン』ネタバレ・あらすじ「ジュリア・デュクルノー監督の時代!」感想「身体ホラー映画」結末「自動車と愛を交わす?」映画『TITANE チタン』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『TITANE チタン』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『TITANE チタン』の作品情報・概要『TITANE/チタン』原題『Titane』2021年の仏白合作のスリラー映画。ジュリア・デュクルノー監督作品。主演はヴァンサン・ランドンとアガト・ルセル。第74回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門に出品され、第46回(1993年)の『ピアノ・レッスン』以来、女性監督の作品として2度目となる最高賞のパルム・ドールを受賞した。
2022.04.19
2021年製作

映画『ナイトメア・アリー』ネタバレ・あらすじ「天国から地獄へ」感想「フィルムノワールは金髪が似合う」結末「因果応報ってある」

映画『ナイトメア・アリー』ネタバレ・あらすじ「天国から地獄へ」感想「フィルムノワールは金髪が似合う」結末「因果応報ってある」映画『ナイトメア・アリー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ナイトメア・アリー』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ナイトメア・アリー』の作品情報・概要『ナイトメア・アリー』原題『Nightmare Alley』2021年のアメリカ合衆国のネオ・ノワールサイコスリラー映画。ギレルモ・デル・トロ脚本・監督作品。キム・モーガン脚本執筆。ウィリアム・リンゼイ・グレシャムの小説『ナイトメア・アリー 悪夢小路』が原作。主演はブラッドリー・クーパー(『アメリカン・スナイパー』や映画『運び屋』や映画『アリー/スター誕生』)。他にケイト・ブランシェット(映画『ドント・ルック・アップ』や映画『ソング・トゥ・ソング』)、トニ・コレット、ウィレム・デフォー(映画『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』や映画『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』や映画『ポップスター』)、リチャード・ジェンキンス、ルーニー・マーラ(映画『ドント・ウォーリー』)、ロン・パールマン(映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』や映画『塔の上のラプンツェル』)、メアリー・スティーンバージェン(映画『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3』)、デヴィッド・ストラザーンが出演している。
2022.03.27
2021年製作

映画『ベルファスト』ネタバレ・あらすじ「ケネス・ブラナー自伝的映画」感想「宗教ってなんだ?」結末「紛争・戦争の原因は?」

映画『ベルファスト』ネタバレ・あらすじ「ケネス・ブラナー自伝的映画」感想「宗教ってなんだ?」結末「紛争・戦争の原因は?」映画『ベルファスト』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ベルファスト』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ベルファスト』の作品情報・概要 『ベルファスト』原題『Belfast』2021年製作のアイルランド・イギリス合作のドラマ映画。ケネス・ブラナー監督作品(映画『ナイル殺人事件』)。主演はジュード・ヒル。カトリーナ・バルフ(映画『フォードvsフェラーリ』)、ジュディ・デンチ(映画『キャッツ』や『J・エドガー』や『ヴィクトリア女王 最期の秘密』)、ジェイミー・ドーナン(映画『プライベート・ウォー』)、キアラン・ハインズ (映画『アナと雪の女王』や映画『ファースト・マン』)、コリン・モーガンらが出演。俳優・監督・舞台演出家として世界的に活躍するケネス・ブラナーが、自身の幼少期の体験を投影して描いた自伝的作品。出身地である北アイルランドのベルファストが舞台。激動の時代に翻弄されるベルファストの様子や、困難の中で大人になっていく少年の成長などを、力強いモノクロの映像で描いている。アカデミー賞の前哨戦として名高い第46回トロント国際映画祭で最高賞の観客賞を受賞。第94回アカデミー賞でも作品賞、監督賞ほか計7部門にノミネートされている。
2022.03.27
2022年製作

映画『SING シング ネクストステージ』ネタバレ・あらすじ「声優が豪華!MISIA」感想「まさかの「U2」のボノ&「B’z」稲葉浩志さん出演」結末「音楽って素晴らしい」

映画『SING シング ネクストステージ』ネタバレ・あらすじ「声優が豪華!MISIA」感想「まさかの「U2」のボノ&「B’z」稲葉浩志さん出演」結末「音楽って素晴らしい」 映画『SING シング ネクストステージ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『SING シング ネクストステージ』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『SING シング ネクストステージ』の作品情報・概要 『SING/シング: ネクストステージ』原題『Sing 2』ガース・ジェニングス脚本・監督作品。2021年のアメリカ合衆国のコンピュータアニメーション・ジュークボックス・ミュージカル・コメディ映画。『SING/シング』の続編。声優はマシュー・マコノヒー(映画『ジェントルメン』)、リース・ウィザースプーン、スカーレット・ヨハンソン(映画『ジョジョ・ラビット』や映画『マッチポイント』や映画『ブラック・ウィドウ』)、タロン・エガートン(映画『ロケットマン』)、トリー・ケリー、ニック・クロール、ガース・ジェニングス、ピーター・セラフィノヴィッツ、長澤まさみ(映画『MOTHER マザー』や映画『すばらしき世界』や映画『コンフィデンスマンJP 英雄編』)など。物語は「15年間、人前から姿を消している伝説のロック歌手、クレイ・キャロウェイを出演させるために奮闘を描く」クレイ・キャロウェイは英語版では「U2」のボノ、日本語版では「B’z」稲葉浩志が演じている。  
2022.03.24
アニメーション

映画『耳をすませば(1995)』ネタバレ・あらすじ「近藤喜文監督」感想「柊あおい原作」結末「何かを作る」少年少女の青春劇

映画『耳をすませば(1995)』ネタバレ・あらすじ「近藤喜文監督」感想「柊あおい原作」結末「何かを作る」少年少女の青春劇 映画『耳をすませば(1995)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『耳をすませば(1995)』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。 映画『耳をすませば(1995)』の作品情報・概要 『耳をすませば』英題『Whisper of the Heart』近藤喜文監督作品。1995年にスタジオジブリが制作したアニメーション映画作品。オリジナルは柊あおいの漫画作品。『りぼん』1989年8月号 から11月号にて連載された。
2020年製作

映画『白い牛のバラッド』ネタバレ・あらすじ「イラン映画万歳!」感想「イスラム教と死刑制度について」結末「赤い口紅の決意」

映画『白い牛のバラッド』ネタバレ・あらすじ「イラン映画万歳!」感想「イスラム教と死刑制度について」結末「赤い口紅の決意」映画『白い牛のバラッド』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『白い牛のバラッド』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『白い牛のバラッド』の作品情報・概要『白い牛のバラッド』イラン映画。サスペンス映画。マリヤム・モガッダムとシュ・サナイハの監督作品。アリレザ・サニファル、プーリア・ラヒミサムらが出演。イラン国内では検閲にひっかかり上映禁止となっている。死刑制度があるイランで、夫が死刑となった後、冤罪をわかり妻が謝罪を求める様を描きながら、恋愛要素も含有した物語となっている。
2021年製作

映画『Ribbon』ネタバレ・あらすじ「のんちゃん“吐露”を受け止めた」感想「頑張れと叫んだ」結末「すごい才能だ!」

映画『Ribbon』ネタバレ・あらすじ「のんちゃん“吐露”を受け止めた」感想「頑張れと叫んだ」結末「すごい才能だ!」映画『Ribbon』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『Ribbon』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『Ribbon』の作品情報・概要『Ribbon』2022年2月25日に公開された日本映画。監督・脚本・主演は本作が劇場公開用の長編映画初監督作となるのん(映画『この世界の片隅に』や映画『私をくいとめて』)。コロナ禍の2020年において美術大学の卒業制作展が中止となる。美大生・浅川いつか(のん) の暗澹たる気持ちは、家族や親友との衝突を招くことに。すべてはコロナが元凶と決めつけている。コロナに対して、過剰になっていく世界に格闘しながら、美大生いつかは希望を見出していく。山下リオ(映画『あのこは貴族』や映画『朝が来る』)、渡辺大知(映画『ノイズ』や映画『見えない目撃者』)、小野花梨(映画『Bittersand』)、春木みさよ、菅原大吉(映画『189』や映画『もののけ姫』)らが出演。岩井俊二(映画『ラストレター』)、樋口真嗣もサポートしている。
2022年製作

映画『THE BATMAN ザ・バットマン』ネタバレ・あらすじ「ロバート・パティンソンの成長を観たい」感想「ヴィランは“ゾディアック”」結末「ゴッサム・シティの雨は重い」

映画『THE BATMAN ザ・バットマン』ネタバレ・あらすじ「ロバート・パティンソンの成長を観たい」感想「ヴィランは“ゾディアック”」結末「ゴッサム・シティの雨は重い」映画『THE BATMAN ザ・バットマン』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『THE BATMAN ザ・バットマン』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『THE BATMAN ザ・バットマン』の作品情報・概要『THE BATMAN-ザ・バットマン-』原題『The Batman』DCコミックスの「バットマン」を主人公とした2022年のアメリカのスーパーヒーロー映画。マット・リーヴス監督・脚本作品。ピーター・クレイグも脚本を務めている。ロバート・パティンソン(映画『ハイ・ライフ』や映画『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』)、コリン・ファレル(映画『ジェントルメン』)、ポール・ダノ(映画『ワイルドライフ』)、ゾーイ・クラビッツ(『スパイダーマン:スパイダーバース』)、ジョン・タトゥーロ(映画『ハスラー2』)、アンディ・サーキス(映画『ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ』や映画『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』や映画『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』や映画『ブラックパンサー』)、ジェフリー・ライト(映画『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』や映画『パブリック 図書館の奇跡』)らが出演。青年ブルース・ウェインがバットマンになろうとしていく姿と、社会に蔓延する嘘を暴いていく知能犯リドラーによってブルースの人間としての本性がむき出しにされていく様を描く。シリーズ化必至。
2022.03.24
2022年製作

映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第一章』ネタバレ・あらすじ「SF映画最高作品!」感想「ラインハルト素敵!」結末「ヤンも素敵」

映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第一章』ネタバレ・あらすじ「SF映画最高作品!」感想「ラインハルト素敵!」結末「ヤンも素敵」映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第一章』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第一章』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第一章』の作品情報・概要『銀河英雄伝説』は田中芳樹による大長編SF小説(累計発行部数が1500万部を超える)。小説からアニメ、漫画、コンピューターゲーム、朗読、オーディオブック、舞台、そして映画などのメディア展開・商品化が大成功している。略称は『銀英伝』(ぎんえいでん)。本作はProduction I.Gの制作で新たにアニメ化した「銀河英雄伝説 Die Neue These(ディ・ノイエ・テーゼ)」のサードシーズン第1章となる。
2022.03.06
2021年製作

映画『MEMORIA メモリア』ネタバレ・あらすじ「カンヌ映画祭常連監督」感想「彷徨うティルダ・スウィントン」結末「最高芸術映画!」

映画『MEMORIA メモリア』ネタバレ・あらすじ「カンヌ映画祭常連監督」感想「彷徨うティルダ・スウィントン」結末「最高芸術映画!」映画『MEMORIA メモリア』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『MEMORIA メモリア』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『MEMORIA メモリア』の作品情報・概要『MEMORIA メモリア』 原題『Memoria』 2021年の泰古仏独墨中合作のドラマ映画。アピチャッポン・ウィーラセタクン監督作品。主演はティルダ・スウィントン(『サスペリア』や映画『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』や映画『どん底作家の人生に幸あれ!』や映画『アベンジャーズ エンドゲーム』)。共演はエルキン・ディアス、ジャンヌ・バリバール(映画『レ・ミゼラブル』や映画『COLD WAR あの歌、2つの心』)、フアン・パブロ・ウレゴ、アグネス・ブレッケ、ダニエル・ヒメネス・カチョら。第74回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門に出品され、ナダヴ・ラピド監督の『הַבֶּרֶךְ』と共に審査員賞を受賞した。音に悩まされる女性を主軸に展開。物語性を追うのではなく芸術性の高さを感じる映画。本作はDVD販売、動画配信の予定はなく、映画館でしか公開しないと明言している。  
2022年製作

映画『ナイル殺人事件』ネタバレ・あらすじ「ケネス・ブラナーの演出を観る」感想「スケールが大きい」結末「アーミー・ハマー大丈夫か?」

映画『ナイル殺人事件』ネタバレ・あらすじ「ケネス・ブラナーの演出を観る」感想「スケールが大きい」結末「アーミー・ハマー大丈夫か?」映画『ナイル殺人事件』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ナイル殺人事件』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ナイル殺人事件』の作品情報・概要『ナイル殺人事件』原題『Death on the Nile』ケネス・ブラナー監督作品。2022年公開のアメリカ合衆国・イギリスのミステリ・スリラー映画。原作はアガサ・クリスティの1937年の小説『ナイルに死す』。1978年に映画化されている。2004年にはテレビシリーズ『名探偵ポワロ』のエピソードとしても描かれている。脚本はマイケル・グリーン(映画『野性の呼び声』)。ガル・ギャドット、アーミー・ハマー(映画『 ホテル・ムンバイ』や『J・エドガー』)、トム・ベイトマン、アネット・ベニング(『リヴァプール、最後の恋』や『キャプテン・マーベル』)、ラッセル・ブランド、アリ・ファザル(『ヴィクトリア女王 最期の秘密』) 、ドーン・フレンチ 、ローズ・レスリー、エマ・マッキー、ソフィー・オコネドー(映画『ワイルド・ローズ』)、ジェニファー・ソーンダース、レティーシャ・ライト(映画『ブラックパンサー』や映画『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』)らが出演。  
2022.02.26
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました