芸術映画

スポンサーリンク
お茶の間映画館

映画『市民ケーン』ネタバレ・あらすじ「世界最高映画君臨!」感想「真実の愛を求めた男?」結末「「オーソン・ウェルズの悲劇が始まる」

映画『市民ケーン』ネタバレ・あらすじ「世界最高映画君臨!」感想「真実の愛を求めた男?」結末「「オーソン・ウェルズの悲劇が始まる」映画『市民ケーン』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『市民ケーン』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『市民ケーン』の作品情報・概要『市民ケーン』原題『 Citizen Kane』1941年公開のアメリカ映画。オーソン・ウェルズの監督デビュー作品。製作・脚本・主演も兼任。世界映画史上のベストワンとして高く評価されている。アメリカ実在の新聞王ウィリアム・ランドルフ・ハーストをモデルとしている。それまでの映画撮影の常識を超えたパン・フォーカス、長回し、ローアングル、クレーン撮影、特殊メイク、フラッシュバックによる脚本などを取り入れ、後年の映画製作に多大な影響を与えた。第14回アカデミー賞では作品賞など9部門にノミネートされたが、脚本賞のみの受賞に留まった。ハーストが権力を使って、受賞を阻止したと言われている。
お茶の間映画館

映画『タイタニック(1997)』ネタバレ・あらすじ「船上の『ロミオとジュリエット』」感想「ディカプリオ若い&ケイト・ウィンスレット17歳?」結末「ジェームズ・キャメロンが描く“格差社会”という船」

映画『タイタニック(1997)』ネタバレ・あらすじ「船上の『ロミオとジュリエット』」感想「ディカプリオ若い&ケイト・ウィンスレット17歳?」結末「ジェームズ・キャメロンが描く“格差社会”という船」 映画『タイタニック(1997)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『タイタニック(1997)』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『タイタニック(1997)』の作品情報・概要『タイタニック』原題『Titanic』ジェームズ・キャメロン監督・脚本(映画『エイリアン2』)による1997年のアメリカ映画。沈みゆく豪華客船の中で描く『ロミオとジュリエット』的悲恋映画。上流階級と下層階級の人間模様を描いた傑作である。レオナルド・ディカプリオ(映画『仮面の男』や映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』)とケイト・ウィンスレット主演。ビリー・ゼイン(映画『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2』)、フランシス・フィッシャー(映画『許されざる者(1992)』や映画『トゥルー・クライム』)、バーナード・ヒル、キャシー・ベイツ(映画『ミッドナイト・イン・パリ』や映画『リチャード・ジュエル』や映画『ビリーブ 未来への大逆転』)、グロリア・スチュアートらが出演。全世界で興行収入は21.9億ドルに達する。『ジュラシック・パーク』(1993年)を抜く。第70回アカデミー賞(1998年のアカデミー賞)において、作品賞、監督賞、撮影賞、美術賞、主題歌賞、音楽賞、衣裳デザイン賞、視覚効果賞、音響効果賞、音響賞、編集賞の11部門で受賞した。セリーヌ・ディオンが歌う主題歌「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」大ヒットした。
2021.05.12
お茶の間映画館

映画『天国の日々』ネタバレ・あらすじ「『ノマドランド』の多大な影響」感想「マジック・アワーは神の時間」結末「リチャード・ギアのダメっぷりが良い」

映画『天国の日々』ネタバレ・あらすじ「『ノマドランド』の多大な影響」感想「マジック・アワー神の時間」結末「リチャード・ギアのダメっぷりが良い」映画『天国の日々』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『天国の日々』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『天国の日々』の作品情報・概要『天国の日々』原題『Days of Heaven』1978年のアメリカ製作の映画。テレンス・マリック監督作品(映画『名もなき生涯』や映画『ソング・トゥ・ソング』)撮影はネストール・アルメンドロスとハスケル・ウェクスラー。音楽はエンニオ・モリコーネ(『荒野の用心棒』や映画『ザ・シークレット・サービス』や映画『ニュー・シネマ・パラダイス』)。マジック・アワー(魔法の時間)のみで撮影し、世界中のフィルムメーカーに多大な影響を与えた。【第93回アカデミー賞総括】『ノマドランド』が作品賞、監督賞、主演女優賞の主要3部門含む3冠を達成したクロエ・ジャオ監督もその一人。リチャード・ギア主演(映画『プリティ・ウーマン』や映画『愛と青春の旅だち』)。リンダ・マンズ、サム・シェパード、ブルック・アダムス、スチュアート・マーゴリン。
お茶の間映画館

映画『マッチポイント』ネタバレ・あらすじ「ウディ・アレンは神さま」感想「スカーレット・ヨハンソンの“唇”がセクシーすぎる」結末「人生はどっちに転がるのかわからない」

映画『マッチポイント』ネタバレ・あらすじ「ウディ・アレンは神さま」感想「スカーレット・ヨハンソンの“唇”がセクシーすぎる」結末「人生はどっちに転がるのかわからない」映画『マッチポイント』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『マッチポイント』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『マッチポイント』の作品情報・概要『マッチポイント』原題『Match Point』2005年公開のイギリスの映画。ウディ・アレン監督・脚本作品(映画『ミッドナイト・イン・パリ』や映画『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』)(36本目の監督作で未出演は10本目)2005年のアカデミー脚本賞にノミネート。ジョナサン・リース=マイヤーズ、スカーレット・ヨハンソン(映画『ジョジョ・ラビット』や映画『マリッジ・ストーリー』)、エミリー・モーティマー、ブライアン・コックス、ペネロープ・ウィルトン(映画『ガーンジー島の読書会の秘密』)、マシュー・グード(映画『オフィシャル・シークレット』)らが出演。
お茶の間映画館

映画『ニュー・シネマ・パラダイス』ネタバレ・あらすじ「郷愁はお前をダメにする」感想「映画の道を生きろ!」結末「初恋を掘り起こすと失望する」

映画『ニュー・シネマ・パラダイス』ネタバレ・あらすじ「郷愁はお前をダメにする」感想「映画の道を生きろ!」結末「初恋を掘り起こすと失望する」映画『ニュー・シネマ・パラダイス』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ニュー・シネマ・パラダイス』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ニュー・シネマ・パラダイス』の作品情報・概要『ニュー・シネマ・パラダイス』原題『Nuovo Cinema Paradiso』1988年公開のイタリア映画。ジュゼッペ・トルナトーレ監督作品。ジャック・ペラン主演。音楽はエンニオ・モリコーネ(『続・夕陽のガンマン 地獄の決斗』や『ザ・シークレット・サービス』)。映画愛の満ちた名作。ローマで映画監督として成功した男が「映画へ導いてくれ男の葬儀」のために数十年ぶりに帰郷する。少年時代を回想しながら葬儀へと向かう年齢差を超えた友情と若かりし日々の苦い恋愛を回顧する。初恋の女性との再会に胸を焦がす。エンニオ・モリコーネの音楽が物語を牽引している。停滞していたイタリア映画をもう一度、「世界の檜舞台に戻した」作品である。1989年カンヌ国際映画祭審査員特別賞。1989年アカデミー外国語映画賞。
2020年製作

映画『ステージ・マザー』ネタバレ・あらすじ「ドラァグクイーンの快感」感想「人間は承認欲求を求める」結末「アメリカ社会の薬物・DV問題も描く」

映画『ステージ・マザー』ネタバレ・あらすじ「ドラァグクイーンの快感」感想「人間は承認欲求を求める」結末「アメリカ社会の薬物・DV問題も描く」映画『ステージ・マザー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ステージ・マザー』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認くださいYouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ステージ・マザー』の作品情報・概要『ステージ・マザー』原題『Stage Mother』2020年に公開されたカナダのドラマ映画。トム・フィッツジェラルド監督作品。主演はジャッキー・ウィーヴァー。ルーシー・リュー、エイドリアン・グレニアー、マイア・テイラー、アリスター・マクドナルド、オスカー・モレノ、ジャッキー・ビート。音信不通だった息子の訃報が届き、サンフランシスコへ葬儀に出かけた母親がドラァグクイーンに魅了されて、一緒にゲイバーの再建に乗り出す。アメリカ社会の闇である薬物・アルコールから暴力・虐待問題も描いている。
2021.06.01
お茶の間映画館

映画『イースター・パレード』ネタバレ・あらすじ「楽しすぎる」感想「フレッド・アステアのダンス絶品!」結末「ジュディ・ガーランド全盛期」

映画『イースター・パレード』ネタバレ・あらすじ「楽しすぎる」感想「フレッド・アステアのダンス絶品!」結末「ジュディ・ガーランド全盛期」映画『イースター・パレード』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『イースター・パレード』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『イースター・パレード』の作品情報・概要『イースター・パレード』 原題『Easter Parade』1948年のアメリカ合衆国のミュージカル映画。 チャールズ・ウォルターズ監督作品。ジュディ・ガーランドとフレッド・アステア(映画『パリの恋人』)が主演した。テクニカラー作品として撮影されている。当初はジーン・ケリー主演として撮影が行われていたが、ケリーが足を骨折したため中断。すでに引退していたアステアにケリーがお願いしてが代役に選ばれた。ケリーから直接アステアに電話連絡して、アステアは映画界することに。製作当時50歳近いアステアであったが、全く衰えのないダンスを披露して全米を驚愕させた。ジュディ・ガーランドは私生活での覚醒剤、アルコールなどのトラブルを抱えながらも本映画撮影中は大きな問題を起こさなかったと言われている。
2018年製作

映画『ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー』ネタバレ・あらすじ「愛する恋人の奪還目指すも撃沈」感想「若者の失恋と再出発を描く」結末「ハリソン・フォードの若き日々」をロン・ハワード演出

映画『ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー』の作品情報・概要『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』原題『Solo: A Star Wars Story』2018年公開のアメリカ映画。当初フィル・ロード&クリス・ミラー(映画『スパイダーマン:スパイダーバース』)が監督だったが「創作上の相違」から降板。急遽ロン・ハワードが監督を務めることになり話題になる。映画『パヴァロッティ 太陽のテノール』。主演はオールデン・エアエンライク、映画『ガラスの城の約束』や映画『記者たち 衝撃と畏怖の真実』のウディ・ハレルソン、映画『ボディガード(1992)』1992)』のエミリア・クラーク、ドナルド・グローヴァー、タンディ・ニュートンが出演している。
お茶の間映画館

映画『春琴抄(1976)』ネタバレ・あらすじ「山口百恵さんの“ツンデレ”ならオッケー!」感想「三浦友和さん順従」結末「谷崎潤一郎vs西河克己監督の究極の芸術美学」

映画『春琴抄(1976)』ネタバレ・あらすじ「山口百恵さんの“ツンデレ”ならオッケー!」感想「三浦友和さん順従」結末「谷崎潤一郎vs西河克己監督の究極の芸術美学」映画『春琴抄(1976)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『春琴抄(1976)』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『春琴抄(1976)』の作品情報・概要『春琴抄』1976年製作の日本映画。原作は谷崎潤一郎の同名小説。西河克己監督作品。山口百恵主演文芸作品シリーズ第6作目。三浦友和との共演5作品目。幼少の大病により視力を失った女性が琴・三味線の「芸事」で生業を立てながら生きる物語。自身の身の世話は「丁稚奉公制度」で田舎から来た青年に任せて、「禁じられた恋愛」へと発展するという当時では衝撃的な内容となっている。
お茶の間映画館

映画『古都(1980)』ネタバレ・あらすじ「山口百恵さん“京都”で浮き上がる」感想「三浦友和さんの出番が少ない」結末「川端康成vs市川崑の究極芸術」

映画『古都(1980)』ネタバレ・あらすじ「山口百恵さん“京都”で浮き上がる」感想「三浦友和さんの出番が少ない」結末「川端康成vs市川崑の究極芸術」映画『古都(1980)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『古都(1980)』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『古都(1980)』の作品情報・概要『古都』1980年製作の日本映画。原作は川端康成。市川崑監督作品。撮影は長谷川清。山口百恵が一人二役という難役に挑戦して話題になった。双子の姉妹が離れ離れになるが再会して心を通い合わせるが、相手を慮って永遠の別れを選択する。川端康成の日本人の美意識を京都という舞台で究極まで高めた。市川崑監督の演出も際立っている。山口百恵作品の中で「最も美しい映画」と言われる所以も理解できる。三浦友和の登場尺数は短いのが気になる。實川延若、岸惠子、北詰友樹、沖雅也、石田信之、加藤武共演。
2020年製作

映画『甦る三大テノール 永遠の歌声』ネタバレ・あらすじ「オペラは元気が出る」感想「イタリアへ行きたくなる」結末

映画『甦る三大テノール 永遠の歌声』ネタバレ・あらすじ「オペラは元気が出る」感想「イタリアへ行きたくなる」結末映画『甦る三大テノール 永遠の歌声』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『甦る三大テノール 永遠の歌声』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『甦る三大テノール 永遠の歌声』の作品情報・概要イタリアを代表するオペラ歌手であるルチアーノ・パバロッティ、プラシド・ドミンゴ、ホセ・カレーラスの「3大テノール」が共演する模様を「始まりから終わりまで」を未公開映像などを交えて構成しているドキュメンタリー作品。始まりは白血病を克服したホセ・カレーラスの復活を祝して。終わりはパバロッティの死。製作はエルマー・クルーゼ。脚本はアクセル・ブリュッゲマン。
フランス映画

映画『勝手にしやがれ』ネタバレ・あらすじ「石原慎太郎とヌーヴェルバーグ」感想「ゴダールとトリフォー」結末

映画『勝手にしやがれ』ネタバレ・あらすじ「石原慎太郎とヌーヴェルバーグ」感想「ゴダールとトリフォー」結末映画『勝手にしやがれ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『勝手にしやがれ』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画映画『勝手にしやがれ』の作品情報・概要『勝手にしやがれ』原題『À bout de souffle』英題『Breathless』1959年製作のフランスの映画。ジャン=リュック・ゴダール長編デビュー作。1960年、ベルリン国際映画祭銀熊賞 (監督賞)受賞。原案はフランソワ・トリュフォーで、実際にあった事件をモチーフに製作された。「ヌーヴェルバーグ」の先駆け的映画。石原慎太郎著作・脚本『狂った果実』の影響あり。
2021.02.17
LGBT映画

映画『ソング・トゥ・ソング』ネタバレ・あらすじ「人生は“浮遊”する」感想「マリック監督の宗教観全開」結末「天国の日々」はやってくる

映画『ソング・トゥ・ソング』ネタバレ・あらすじ「人生は“浮遊”する」感想「マリック監督の宗教観全開」結末「天国の日々」はやってくる映画『ソング・トゥ・ソング』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ソング・トゥ・ソング』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『ソング・トゥ・ソング』の作品情報・概要『ソング・トゥ・ソング』原題『Song to Song』2017年にアメリカ合衆国で公開されたドラマ映画。監督・脚本は映画『名もなき生涯』のテレンス・マリック。撮影監督はエマニュエル・ルベツキ。主演は映画『世界の涯ての鼓動』マイケル・ファスベンダーと映画『ファースト・マン』ライアン・ゴズリング。映画『ドント・ウォーリー』のルーニー・マーラ、映画『ポップスター』や映画スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス1 』のナタリー・ポートマンら。
2021.06.01
女性の活躍映画

山口百恵出演映画全リスト三浦友和との愛の軌跡が見える『伊豆の踊子』から『古都』

山口百恵出演映画全リスト。山口百恵出演映画全リスト三浦友和との愛の軌跡が見える『伊豆の踊子』から『古都』日本の芸能界の歴史上最高のアイドル歌手であり、女優。活動期間は10年も無い。俳優・三浦友和と結婚して引退。その後、一切表舞台にはたってない。山口百恵が出演した全映画作品をリスト化。山口百恵の魅力を探る。『伊豆の踊子(1974)』『潮騒 しおさい(1975)』『絶唱(1975)』『エデンの海』『風立ちぬ』『春琴抄』『泥だらけの純情』『霧の旗』『ふりむけば愛』『炎の舞』『ホワイト・ラブ』『天使を誘惑』『古都』『としごろ』『お姐ちゃんお手やわらかに!』『花の高2トリオ 初恋時代』『昌子・淳子・百恵 涙の卒業式~出発~』
2021.03.15
2019年製作

映画『ばるぼら』ネタバレ・あらすじ「美乳」二階堂ふみ&「美尻」稲垣吾郎の衝撃愛!手塚眞とクリストファー・ドイルが紡ぐ「究極の芸術愛」誕生!感想・結末。

映画『ばるぼら』ネタバレ・あらすじ「美乳」二階堂ふみ&「美尻」稲垣吾郎の衝撃愛!手塚眞とクリストファー・ドイルが紡ぐ「究極の芸術愛」誕生!感想・結末。映画『ばるぼら』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ばるぼら』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『ばるぼら』の作品情報・概要『ばるぼら』は手塚治虫が『ビッグコミック』(小学館)で1973年(昭和48年)7月10日号から1974年(昭和49年)5月25日号まで描いた大人向けの漫画である。当時の手塚治虫の苦悩を投影したと言われている。手塚の実子でヴィジュアリストであり、映画監督の20手塚眞が実写化し2020年11月20日に公開された。主演は稲垣吾郎と『人間失格 太宰治と3人の女たち』『糸』二階堂ふみ。共演は『37セカンズ』『閉鎖病棟 それぞれの朝』の渋川清彦、『人数の町』『楽園』石橋静河、美波、大谷亮介ら。撮影監督は『ある船頭の話』クリストファー・ドイル。
2021.02.17
2020年製作

映画『空に住む』ネタバレ・あらすじ「空疎な東京タワーマンション」と「人情平屋家屋」の高低差。感想「未来へ歩き出す三人の女性たちを描く」結末はハッピー?

映画『空に住む』ネタバレ・あらすじ「空疎な東京タワーマンション」と「人情平屋家屋」の高低差。感想「未来へ歩き出す三人の女性たちを描く」結末はハッピー?映画『空に住む』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『空に住む』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。 映画『空に住む』の作品情報・概要『ユリイカ』(第53回カンヌ国際映画祭で国際批評家連盟賞とエキュメニック賞を受賞し)『共喰い』で菅田将暉に衝撃を与えた青山真治監督の7年ぶりの新作。EXILEなど人気アーティストの歌詞を手掛けてきた作詞家・小竹正人の小説を大胆に映像化し女性の生き方に重厚感を持たせている。多部未華子、岸井ゆきの、美村里江、岩田剛典らが出演。創造力がある青山真治ならでは作品。
2021.02.22
2020年製作

映画『スパイの妻 劇場版』ネタバレ・あらすじ「黒沢監督の世界観がサスペンス・ホラー」蒼井優&高橋一生が仲良く「コスモポリタン?」感想・結末。

映画『スパイの妻 劇場版』ネタバレ・あらすじ「黒沢監督の世界観がサスペンス・ホラー」蒼井優&高橋一生が仲良く「コスモポリタン?」感想・結末。映画『スパイの妻 劇場版』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『スパイの妻 劇場版』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『スパイの妻 劇場版』の作品情報・概要『スパイの妻』黒沢清監督作品。製作はNHK。BS8Kでテレビで放映され、2020年に映画として劇場公開された。第77回ベネチア国際映画祭コンペティション部門で銀獅子賞(最優秀監督賞)を受賞。蒼井優と高橋一生が1940年前後の戦争へ向かう時代設定の中で夫婦を演じる。反戦映画というより夫婦による恋愛サスペンス映画。
2021.02.22
2019年製作

映画『ポルトガル、夏の終わり』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。イザベル・ユペール主演映画は人生の終活は「夕日にあり」

映画『ポルトガル、夏の終わり』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。イザベル・ユペール主演映画は人生の終活は「夕日にあり」映画『ポルトガル、夏の終わり』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ポルトガル、夏の終わり』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『ポルトガル、夏の終わり』の作品情報・概要『ポルトガル、夏の終わり』原題『Frankie』2019年に公開された米仏葡合作のドラマ映画である。アイラ・サックス監督作品。イザベル・ユペール主演。ユベールがアイラ・サックスの『リトル・メン』を観て、手紙を書いてニューヨークで会い意気投合。アイラがすぐさま脚本を書き映画化された。死を目前にして襲われる感情を表現することの無力さを描いている。
2021.02.22
2019年製作

映画『ようこそ映画音響の世界へ』ネタバレ・あらすじ・感想。「映画の音は錯覚のアート」「音は“瞬間”を永遠にする」「人生は音に始まって音に終わる」

映画『ようこそ映画音響の世界へ』ネタバレ・あらすじ・感想。「映画の音は錯覚のアート」「音は“瞬間”を永遠にする」「人生は音に始まって音に終わる」映画『ようこそ映画音響の世界へ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ようこそ映画音響の世界へ』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『ようこそ映画音響の世界へ』の作品情報・概要映画産業の中心であるアメリカ・ハリウッドで映画における音響の歴史と変遷、さらに新しい技術への挑戦をドキュメンタリーとして記録した映画。トーキー前と後、更にステレオ、ドルビーへ進化を遂げる過程に存在した多くの音響デザイナーたちが映画への飽くなき挑戦を音を主人公にして描いている。監督はミッジ・コスティン、出演にジョージ・ルーカス、スティーヴン・スピルバーグ、ソフィア・コッポラ、クリストファー・ノーラン、アルフォンソ・キュアロンら。映画ファンなら珠玉の一品と言える名作。
2021.06.01
2019年製作

映画『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』ネタバレ・あらすじ・感想。“走る”シアーシャ・ローナンが全女性に「勇気と希望」を与えてくれる。

映画『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』ネタバレ・あらすじ・感想。“走る”シアーシャ・ローナンが全女性に「勇気と希望」を与えてくれる。映画『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』の作品情報・概要。『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』原題『Little Women』2019年に公開されたアメリカ合衆国のドラマ映画。グレタ・ガーウィグ監督・脚本作品。主演はシアーシャ・ローナン。共演は本作はエマ・ワトソン、フローレンス・ピュー、エリザ・スカンレン、ローラ・ダーン、ティモシー・シャラメ。メリル・ストリープ。アメリカ文学の女流作家ルイーザ・メイ・オルコットが発表した小説『若草物語』を原作としているが、ガーウィグがオルコットの手紙や書簡を分析して、オルコットの真実の真意に迫る脚本となっている。
2021.06.01
2020年製作

映画『デッド・ドント・ダイ』ネタバレ・あらすじ・感想。「伏線回収映画にパンチ」ジム・ジャームッシュが描くゾンビ映画は超風刺的だ。

映画『デッド・ドント・ダイ』ネタバレ・あらすじ・感想。「伏線回収映画にパンチ」ジム・ジャームッシュが描くゾンビ映画は超風刺的だ。映画『デッド・ドント・ダイ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『デッド・ドント・ダイ』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『デッド・ドント・ダイ』の作品情報・概要『デッド・ドント・ダイ』原題『The Dead Don't Die』は2019年に公開されたアメリカ合衆国のコメディ映画である。監督はカンヌ映画祭常連の現在の映画芸術の最高作家ジム・ジャームッシュ。主演はビル・マーレイ。アダム・ドライバー、ティルダ・スウィントン、イギー・ポップ、トム・ウェイツ共演。現代人が今世において固執する物欲に対して痛烈なメッセージを送っている。芸術性の高い作品。
2021.01.04
2019年製作

映画『名もなき生涯』ネタバレ・あらすじ・感想。テレンス・マリック自身の神への忠誠映画。正義を通して得られるものは?

映画『名もなき生涯』ネタバレ・あらすじ・感想。テレンス・マリック自身の神への忠誠映画。正義を通して得られるものは? 映画『名もなき生涯』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『名もなき生涯』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認できます。映画『名もなき生涯』の作品情報・概要『名もなき生涯』原題『A Hidden Life』2019年のアメリカ合衆国・ドイツの伝記映画。テレンス・マリック監督作品。アウグスト・ディール主演。ヴァレリー・パフナー)ブルーノ・ガンツ共演。第二次世界大戦中、ナチス・ドイツに併合されたオーストリアを舞台に田舎の農村で農業を営みながら、信仰心の厚い夫婦の生涯を描く。ナチス・ドイツからの忠誠を拒否することで人間の尊厳を貫き通した名もなき人がいた。
2021.06.01
2019年製作

映画『ミッドサマー』ネタバレ・あらすじ・感想。フェスティバル・スリラー誕生。アリ・アスター監督の“感性”こそが恐ろしい。

映画『ミッドサマー』ネタバレ・あらすじ・感想。フェスティバル・スリラー誕生。アリ・アスター監督の“感性”こそが恐ろしい。 映画『ミッドサマー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ミッドサマー』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認できます。 映画『ミッドサマー』の作品情報・概要『ミッドサマー』原題『Midsommar』2019年公開のアメリカ合衆国・スウェーデン合作のホラー映画。監督は『ヘレディタリー/継承』で世界に衝撃を与えたアリ・アスター。主演『ファイティング・ファミリー』のフローレンス・ピュー。北欧スウェーデンのミッドサマー“夏至祭”に参加したアメリカの大学生たちの混迷を描く。
2021.06.01
2019年製作

映画『ジュディ 虹の彼方に』ネタバレ・あらすじ・感想。レネー・ゼルウィガー圧巻演技と完全復活。アカデミー主演女優文句なし!

映画『ジュディ 虹の彼方に』ネタバレ・あらすじ・感想。レネー・ゼルウィガー圧巻演技と完全復活。アカデミー主演女優文句なし! 映画『ジュディ 虹の彼方に』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ジュディ 虹の彼方に』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認できます。 映画『ジュディ 虹の彼方に』の作品情報・概要 『ジュディ 虹の彼方に』原題『Judy』2019年のアメリカ合衆国・イギリス合作のジュディ・ガーランドの伝記映画。ルパート・グールド監督。主演はレネー・ゼルウィガー。本作は2005年に初演されたピーター・キルター脚本の舞台劇『エンド・オブ・ザ・レインボー』を原作としている。ジェシー・バックリー、フィン・ウィットロック、ルーファス・シーウェル、マイケル・ガンボンらが共演。不世出のエンターテナーであるジュディ・ガーランドの悲哀な人生を描いている。
2021.06.01
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました