映画『ソー ラブ&サンダー』ネタバレ・あらすじ「クリス・ヘムズワースvsクリスチャン・ベール」感想「ナタリー・ポートマン可愛い」結末「神さまが多すぎる」

スポンサーリンク
映画『ソー ラブ&サンダー』ネタバレ・あらすじ「クリス・ヘムズワースvsクリスチャン・ベール」感想「ナタリー・ポートマン可愛い」結末「神さまが多すぎる」2022年製作

映画『ソー ラブ&サンダー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。

映画『ソー ラブ&サンダー』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。

YouTubeで予告映像もご覧ください。

『運だぜ!アート』ツイッターアカウント

『ソー ラブ&サンダー』
2022年製作/119分/アメリカ
原題:Thor: Love and Thunder
配給:ディズニー
【監督】
タイカ・ワイティティ
【製作】ケビン・ファイギ【製作総指揮】ルイス・デスポジート ビクトリア・アロンソ ブライアン・チャペック トッド・ハロウェル クリス・ヘムズワース【共同製作】デビッド・J・グラント【原案】タイカ・ワイティティ ジェニファー・ケイティン・ロビンソン【脚本】タイカ・ワイティティ【美術】ナイジェル・フェルプス【衣装】マイェス・C・ルベオ【編集】マシュー・シュミット ピーター・S・エリオット ジェニファー・ベッキアレッロ【音楽】マイケル・ジアッキノ【音楽監修】デイブ・ジョーダン【視覚効果監修】ジェイク・モリソン【ビジュアル開発監修】アンディ・パーク
【出演】
クリス・ヘムズワース クリスチャン・ベール テッサ・トンプソン ジェイミー・アレクサンダー タイカ・ワイティティ ラッセル・クロウ ナタリー・ポートマン クリス・プラット ブラッドリー・クーパー ビン・ディーゼル デイブ・バウティスタ カレン・ギラン 
ポム・クレメンティエフ

(C)Marvel Studios 2022

スポンサーリンク
  1. 映画『ソー ラブ&サンダー』外部リンク
      1. ディズニー映画『アナと雪の女王2』あらすじ・解説・結末。オラフ声優武内駿輔さんOK。
  2. 映画『ソー ラブ&サンダー』のオススメ度は?
      1. ディズニー映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』あらすじ・結末・感想。レイの親・祖父は誰?J・J・エイブラムスは忖度しすぎ
  3. 映画『ソー ラブ&サンダー』の作品情報・概要
      1. ディズニー映画『野性の呼び声』あらすじ・ネタバレ・内容。犬が野生に帰る時。ハリソン・フォードの眼差しは「動物愛護」賛成。ジャック・ロンドンの小説を映画化。
  4. 映画『ソー ラブ&サンダー』の受賞歴
      1. ディズニー映画『ジョジョ・ラビット』ネタバレ・あらすじ・感想。戦争を二度と繰り返さない。差別・偏見もダメ。スカーレット・ヨハンソンアカデミー助演ノミネート。
  5. 映画『ソー ラブ&サンダー』のあらすじ・ネタバレ(簡易版)
      1. ディズニー映画『リメンバー・ミー』ネタバレ・あらすじ・感想。金曜ロードSHOW!ピクサー最高映画。家族愛と少年の夢への挑戦。メキシコの「死者の日」が美しい。
  6. 映画『『ソー ラブ&サンダー』』のあらすじ・ネタバレ(詳細版)
    1. 映画『『ソー ラブ&サンダー』』のあらすじ・ネタバレ:起
    2. 映画『『ソー ラブ&サンダー』』のあらすじ・ネタバレ:承
    3. 映画『『ソー ラブ&サンダー』』のあらすじ・ネタバレ:転
    4. 映画『『ソー ラブ&サンダー』』のあらすじ・ネタバレ:結
  7. 映画『ソー ラブ&サンダー』の感想・内容
      1. ディズニー映画『ナイトメア・アリー』ネタバレ・あらすじ「天国から地獄へ」感想「フィルムノワールは金髪が似合う」結末「因果応報ってある」
  8. 映画『ソー ラブ&サンダー』の考察・評価
      1. ディズニー映画『バズ・ライトイヤー』ネタバレ・あらすじ「クリス・エバンスvs鈴木亮平 」感想「LGBTQアニメ誕生!」結末「ディズニーはやっぱりすごい!」
  9. 映画『ソー ラブ&サンダー』の結末
      1. ディズニー映画『ウエスト・サイド・ストーリー』ネタバレ・あらすじ「恋愛で人種差別反対!」感想「LGBTQへの理解」結末「分断された世界の行方は?」
  10. 映画『ソー ラブ&サンダー』のキャストについて
      1. ディズニー映画『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』ネタバレ・あらすじ「最高芸術映画」感想「時代はウェス・アンダーソン監督」結末「アンソロジー映画」
  11. まとめ 映画『ソー ラブ&サンダー』一言で言うと!
      1. ディズニー映画『ミラベルと魔法だらけの家』ネタバレ・あらすじ「声優・斎藤瑠希さんが素晴らしい」感想「魔法(ギフト)が無くても頑張れる」結末「ディズニーが南米を制する日」
  12. 『運だぜ!アート』本日の総合アクセスランキング
  13. 合わせて観たい映画
    1. 【スター・ウォーズシリーズ】
      1. 映画『スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス』
      2. 映画『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』
      3. 映画『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』
      4. 映画『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』
      5. 映画『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』
      6. 映画『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』
      7. 映画『スター・ウォーズ フォースの覚醒』
      8. 映画『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』
      9. 映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』
  14. 映画『ソー ラブ&サンダー』の作品情報

映画『ソー ラブ&サンダー』外部リンク

HPサイト】
映画『ソー ラブ&サンダー』公式サイト

【予告映像】
映画『ソー ラブ&サンダー』トレーラー

【公式Twitter
映画『ソー ラブ&サンダー』

IMDbサイト】
映画『ソー ラブ&サンダー』

Rotten Tomatoesサイト】
映画『ソー ラブ&サンダー』

ディズニー映画『アナと雪の女王2』あらすじ・解説・結末。オラフ声優武内駿輔さんOK。

スポンサーリンク

映画『ソー ラブ&サンダー』のオススメ度は?

3.5

星3つ半

「観るしかない」マーベル作品

出演俳優は豪華です

ディズニー映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』あらすじ・結末・感想。レイの親・祖父は誰?J・J・エイブラムスは忖度しすぎ

【ネタバレ考察】映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』あらすじ・結末・感想。レイの親・祖父は誰?J・J・エイブラムスは忖度しすぎ
【ネタバレ考察】映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』あらすじ・結末・感想。レイの親・祖父は誰?J・J・エイブラムスは忖度しすぎ映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』の作品概要遠い昔、はるか彼方の銀河系で…。『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』原題『Star Wars: The Rise Of Skywalker』2019年12月20日に公開されたアメリカ映画。『スター・ウォーズ』シリーズにおける実写映画本編の第9作品目で最終作品。『スター・ウォーズ』シリーズの3部作『スター・ウォーズ フォースの覚醒』(2015)『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』(17)の最後を飾るのが本作『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』である。スカイウォーカーファミリーの物語が完結する。監督は映画『スター・ウォーズ フォースの覚醒』のJ・J・エイブラムス。主演は映画『スター・ウォーズ フォースの覚醒』や映画『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』のデイジー・リドリー。映画『マリッジ・ストーリー』や映画『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』や映画『デッド・ドント・ダイ』のアダム・ドライバー、 ジョン・ボイエガ、オスカー・アイザック、映画『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』のマーク・ハミル、映画『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』のキャリー・フィッシャーが脇を固める。
スポンサーリンク

映画『ソー ラブ&サンダー』の作品情報・概要

『ソー:ラブ&サンダー』原題『Thor: Love and Thunder』マーベル・コミックのキャラクター「ソー」をベースとする、2022年公開予定のアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画。タイカ・ワイティティ監督作品(映画『バズ・ライトイヤー』や映画『彼らは生きていた』)。脚本はワイティティとジェニファー・ケイティン・ロビンソン。出演はクリス・ヘムズワース(映画『アベンジャーズ エンドゲーム』)、クリスチャン・ベール、テッサ・トンプソン、ジェイミー・アレクサンダー 、タイカ・ワイティティ、ラッセル・クロウ(映画『アオラレ』や映画『ある少年の告白』)、ナタリー・ポートマン(映画『ポップスター』や映画『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』や映画『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』)、クリス・プラット(映画『ジュラシック・ワールド』)、ブラッドリー・クーパー(映画『リコリス・ピザ』)や『アメリカン・スナイパー』や映画『運び屋』や映画『アリー/スター誕生』 、ビン・ディーゼル (映画『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』、デイブ・バウティスタ(映画『DUNE デューン 砂の惑星』)、カレン・ギラン、ポム・クレメンティエフらが出演。『マイティ・ソー バトルロイヤル』の続編でシリーズ4作目、また、「マーベル・シネマティック・ユニバース」の29作目。

ディズニー映画『野性の呼び声』あらすじ・ネタバレ・内容。犬が野生に帰る時。ハリソン・フォードの眼差しは「動物愛護」賛成。ジャック・ロンドンの小説を映画化。

スポンサーリンク

映画『ソー ラブ&サンダー』の受賞歴

無し(2022年7月現在)

ディズニー映画『ジョジョ・ラビット』ネタバレ・あらすじ・感想。戦争を二度と繰り返さない。差別・偏見もダメ。スカーレット・ヨハンソンアカデミー助演ノミネート。

スポンサーリンク

映画『ソー ラブ&サンダー』のあらすじ・ネタバレ(簡易版)

サノスとの激闘の後、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーの面々とともに宇宙へ旅立ったソー。新たなる道(自分とは何者かを見つめ直す日々を送っていた)を歩もうとするが、全ての神々を排除すると脅迫する宇宙の冷酷な殺人鬼神殺しゴアが現れる。ソーは手遅れになる前にその脅威を排除するために再び戦うことを決意する。現在はニューアスガルドの王のヴァルキリー、コーグ、そしてかつて恋人だったジェーン・フォスターと共に立ち向かう。そしてジェーンはソーと同じ力を手にすることとなる。

ディズニー映画『リメンバー・ミー』ネタバレ・あらすじ・感想。金曜ロードSHOW!ピクサー最高映画。家族愛と少年の夢への挑戦。メキシコの「死者の日」が美しい。

スポンサーリンク

映画『『ソー ラブ&サンダー』』のあらすじ・ネタバレ(詳細版)

映画『『ソー ラブ&サンダー』』のあらすじ・ネタバレ:起

ソーはガーディアンズ・オブ・ギャラクシーと共に宇宙を飛び回り、救いを求める者たちを助けていました。

ある日、昔仲間のシフの救難信号を受けたソーはコーグと共に彼女の元へ。

ゴアという者が各地の神を殺し回っているという話を聞いたソーは、負傷したシフを地球のニューアスガルドへ運びます。

すると、ゴアが民を襲っており、元彼女のジェーンが戦っていたのを見てソーは驚きました。

ジェーンはムジョルニアに選ばれたことでソーのように戦い、ゴアは戦況を見て子供たちをさらうことにします。

映画『『ソー ラブ&サンダー』』のあらすじ・ネタバレ:承

ゴアを逃がしてしまったソーは、子供たちの一人と交信して居場所を突き止めました。

民を守っていたヴァルキリーは仲間を集めるべきと判断し、ソーとジェーンと共に神々の集う場へ。

ゼウスの元に集まる神々に助けを求めることにしますが…彼らはゴアとの戦いに協力しようとしませんでした。

ゴアは神殺しの剣を持っており、ゼウスはソーがこの場を教えることになると困ると考えて彼を拘束するとのこと。

ソーは尊敬していたゼウスに失望し、彼の武器であるサンダーボルトを奪ってその場を去ることにします。

ヴァルキリー、ジェーンと共に暴れた後、船に乗って宇宙へ旅立ち、ゴアの元へ。

映画『『ソー ラブ&サンダー』』のあらすじ・ネタバレ:転

色彩のないゴアのいる小さな星に到着したソーたちは、ストームブレイカーが狙われるとわかりますが影のモンスターに捕らわれてしまいました。

ソーはジェーンたちが人質になったことでストームブレイカーを手放す羽目になり、地球に戻ってきた3人…。

ジェーンはガンに侵された身体を動かすことが困難になり、ヴァルキリーもまたゴアとの戦いで負傷していたことで、ソーは単騎でゴアの元に向かうことにします。

映画『『ソー ラブ&サンダー』』のあらすじ・ネタバレ:結

ゴアは鍵となるストームブレイカーを持って最初に辿り着いた者の願いを叶えてくれる場所にいました。

彼は神に見捨てられたことで目の前で娘を亡くした過去を持ち、全ての神を殺してもらおうとしていたのです。

ソーはゴアを止めるために戦いつつ、捕えられていた子供たちを解放することに成功。ジェーンも加勢に来ますが、ゴアは願いを叶えようとしていました。

ジェーンはムジョルニアを使って神殺しの剣を破壊。しかし、ムジョルニアを使い続けるガンに蝕まれた身体が悪化して、死期が早まってしまったのです。

ソーは彼女が息を引き取る間際まで側にいることにし、ゴアは2人の姿を見て愛娘のことを思い出します。

そのため、ゴアは復讐を止めて娘を生き返らせてもらうことにし、神殺しの剣の呪いの影響で命を落とす寸前、ソーに娘を託しました。

ソーはジェーンを看取り、ゴアの娘を連れて宇宙へ旅立つのです。

スポンサーリンク

映画『ソー ラブ&サンダー』の感想・内容

正直言って、マーベル映画に振り回されています。新作公開される度に過去作を観ます。

ディズニープラスに入っていますので、費用はかかりません。

しかしながら頭を整理するのが大変であるのは変わりありません。

辻褄が合わない箇所はネットで検索して、出来るだけ「納得するように」しています。スピンオフ作品もさることながら、近作ではマルチバース化していますから、わたしの脳みそのCPUがついていけず「一体どうなるのだ」と絶叫しています。

しかしながら、マーベル作品は観なければ、「最新技術」と「最高表現」を語ることが出来ないという強迫観念に負けて、観てしまうという自身がもたらすマルチバースに嵌まっています。

さて、本映画『ソー ラブ&サンダー』は日米同時公開作品となっています。海外の映画レビューサイトに於いても、ブロガーの記事の記事が上がっておりませんので、試写会とうでは箝口令が出たのではないかと予想されます。

なんとマーベル・シネマティック・ユニバース作品の中で、最初の予告編から公開日までの期間が81日と最短となっています。

映画館へ足繁く通うわたしは「一年くらい前からあった気がする」のですが、、、。映画『トップガン マーヴェリック』などは一年以上前からずっとトレーラーが流れていました。

あまり情報を出さなかったので本映画『ソー ラブ&サンダー』への期待の高さが膨らみますが、時間がないということは「マーベル初心者」にとっての学習時間が少ないというネジリも生じているのも事実です。

正直言って、マーベルファンはついていけると思うのですが、これから「マーベルを始めよう」と思っている人にはハードルが高い作品です。

さて、本映画『ソー ラブ&サンダー』の予告はとてもコミカルな内容でした。不摂生のためおデブちゃんになったソー(クリス・ヘムズワース)が、ダイエットして再び雷神に戻ります。

しかも全裸にされます。モザイクがかかっています。こういう演出は過去作で観た記憶がありません。

一応、本映画『ソー ラブ&サンダー』はディズニー配給です。 結構、挑戦的です。先の映画『バズ・ライトイヤー』でも、同性愛表現がありましたから、ディズニーの思想も変容していると思われます。

嬉しいのはジェーン/マイティ・ソー(ナタリー・ポートマン) が再び登場することです。ポートマンは可愛いです。

『スター・ウォーズ』シリーズにも出演していますから、世界的興行成績をあげられる女優ということになります。

そしてわたしを一番狂喜させたのはゴア(クリスチャン・ベール) です。

『ダークナイト』『ダークナイト ライジング』は絶賛ですが、カメレオン俳優として『バイス』『フォードvsフェラーリ』も記憶に新しいです。

クリスチャン・ベールが本映画『ソー ラブ&サンダー』でどのような演技をするのかが一番の注目点ではないでしょうか。

それと監督のタイカ・ワイティティの手腕にも興味があります。映画『ジョジョ・ラビット』で見事な演出を行って、世界中の人々の涙を誘いました。

92回アカデミー賞では、アカデミー脚色賞を見事受賞しました。俳優としての才能よりも、監督としての才能の方に期待が高鳴ります。

その他、クリント・イーストウッドの後継者と目されるブラッドリー・クーパー や、映画『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』ビン・ディーゼル 、映画『アオラレ』で、サイコパスを演じて話題となったラッセル・クロウの怪演も見逃せません。

「マーベル映画は観るしかない」と強迫観念的に映画館へ行ってしまう映画です。

ディズニー映画『ナイトメア・アリー』ネタバレ・あらすじ「天国から地獄へ」感想「フィルムノワールは金髪が似合う」結末「因果応報ってある」

映画『ナイトメア・アリー』ネタバレ・あらすじ「天国から地獄へ」感想「フィルムノワールは金髪が似合う」結末「因果応報ってある」
映画『ナイトメア・アリー』ネタバレ・あらすじ「天国から地獄へ」感想「フィルムノワールは金髪が似合う」結末「因果応報ってある」映画『ナイトメア・アリー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ナイトメア・アリー』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ナイトメア・アリー』の作品情報・概要『ナイトメア・アリー』原題『Nightmare Alley』2021年のアメリカ合衆国のネオ・ノワールサイコスリラー映画。ギレルモ・デル・トロ脚本・監督作品。キム・モーガン脚本執筆。ウィリアム・リンゼイ・グレシャムの小説『ナイトメア・アリー 悪夢小路』が原作。主演はブラッドリー・クーパー(『アメリカン・スナイパー』や映画『運び屋』や映画『アリー/スター誕生』)。他にケイト・ブランシェット(映画『ドント・ルック・アップ』や映画『ソング・トゥ・ソング』)、トニ・コレット、ウィレム・デフォー(映画『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』や映画『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』や映画『ポップスター』)、リチャード・ジェンキンス、ルーニー・マーラ(映画『ドント・ウォーリー』)、ロン・パールマン(映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』や映画『塔の上のラプンツェル』)、メアリー・スティーンバージェン(映画『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3』)、デヴィッド・ストラザーンが出演している。
スポンサーリンク

映画『ソー ラブ&サンダー』の考察・評価

クイル率いるガーディアンズ・オブ・ギャラクシーは銃器などを使って戦うヒーロー!そんな中、ストームブレイカーを振り回して戦うソーは豪快でしたね。

一振りで何人も敵を倒し、勢いを保ったまま神殿を崩すのは見ものでした。

その地の民たちはソーの振る舞いに感謝の念と、神殿を壊したことに対する怒りを持っていたようですがソーにとって毎度のことにも感じられましたね。

そんな彼が扱うストームブレイカーは宇宙を渡る力も持っており、「虹の橋」と呼ばれる光を放つのがキレイです。

また、ソーが使っていたムジョルニアも再登場するのが見どころの一つでしょう。

『マイティ・ソー バトルロイヤル』でソーは姉のヘラにムジョルニアを壊されてしまいます。アベンジャーズとの戦いでも片手で持つハンマーを振り回していたのが印象的で、相棒のような存在だったため壊された際のショックは大きかったでしょうね。

そうしてムジョルニアとの久々の再会を果たしたソーですが、まさかジェーンと共に再会することになるとは思いもよらなかったでしょう。

ジェーンと付き合っていた頃を懐かしみつつ、ソーと同じ衣装を着ていた彼女はとてもカッコイイ!
ムジョルニアを自在に振り回すジェーンはとてもたくましく、シャドウモンスターを次々と倒していきます。

ムジョルニアは打撃武器としての攻撃力もありますが、粉々になって広い範囲に攻撃をするのも見もの!ムジョルニアの新たな戦法を目の当たりにしつつ、ソーに引けを取らない強さを発揮するジェーンは目を見張りました。

ディズニー映画『バズ・ライトイヤー』ネタバレ・あらすじ「クリス・エバンスvs鈴木亮平 」感想「LGBTQアニメ誕生!」結末「ディズニーはやっぱりすごい!」

映画『バズ・ライトイヤー』ネタバレ・あらすじ「クリス・エバンスvs鈴木亮平 」感想「LGBTQアニメ誕生!」結末「ディズニーはやっぱりすごい!」
映画『バズ・ライトイヤー』ネタバレ・あらすじ「クリス・エバンスvs鈴木亮平 」感想「LGBTQアニメ誕生!」結末「ディズニーはやっぱりすごい!」映画『バズ・ライトイヤー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『バズ・ライトイヤー』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。 映画『バズ・ライトイヤー』の作品情報・概要『バズ・ライトイヤー』原題『Lightyear』は、2022年のアメリカ合衆国のコンピュータ・アニメーションSFアクション映画。ピクサー・アニメーション・スタジオとウォルト・ディズニー・ピクチャーズが製作。ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズが配給する。ピクサーの映画『トイ・ストーリー』シリーズのスピンオフ作品かつ前日譚。シリーズ1作目の世界で人気だったおもちゃのバズ・ライトイヤーの世界観で自身の原点を描いた作品。アンガス・マクレーン監督長編デビュー作。主人公バズの声をクリス・エヴァンス(映画『アベンジャーズ エンドゲーム』や映画『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』)が担当。日本版は鈴木亮平 (映画『孤狼の血 LEVEL2』や映画『燃えよ剣』や映画『海街diary』)。他はキキ・パーマー(映画『ハスラーズ』)、ピーター・ソーン、タイカ・ワイティティ(映画『ジョジョ・ラビット』や)、デイル・ソウルズ、ジェームズ・ブローリン、ウゾ・アドゥーバ、メアリー・マクドナルド=ルイス、イザイア・ウィットロック・Jr. 、アンガス・マクレーン 、今田美桜 、山内健司、三木眞一郎 、磯辺万沙子 、銀河万丈(映画『ドラゴンボール超(スーパー) ブロリー』) 、沢城みゆき(映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』)、りょう(映画『ドラゴンボールZ 復活の「F」』)らが担当。同性愛の描写があることから、イスラム圏である中東やアジアの一部地域では本作品の上映が許可されなかった。中華人民共和国でも上映は絶望視されている。  
スポンサーリンク

映画『ソー ラブ&サンダー』の結末

そんなジェーンのことがとても気になる様子のソーには笑わされましたね。

意識をしているのを隠そうとしているようにも見えるのがおもしろかったです。一方、ジェーンはガンのステージ4であり、ムジョルニアを持っている時だけは勇ましい姿を見せられる…。

彼女がソーにガンのことを打ち明け、互いの思いを話すシーンが見どころでした。

ゴアは信仰心を持って暮らしていましたが、資源が枯れ果てた星で娘と共にさ迷うことに…。

娘が息を引き取り、ゴアも死んでしまうかと思われましたが神が戯れているオアシスに辿り着いた際には安心できるかと思いましたね、しかし、神に対して信仰心の厚さを訴えても助けてもらえない展開には序盤からハラハラさせられます。

そんなゴアが近くにあった神殺しの剣で神を倒し、呪われた身となったという経緯は色々と考えさせられますね。

全ての神を滅ぼすという復讐に身を投じ、最後はソーがジェーンを愛する様子を見て娘のことを思い出すという展開に見入ってしまいました。

ゴアは子供たちを人質にとった際にも傷つけたりはしなかったことから、元々優しい性格だったと思います。

ソーが彼の前に現れたからこそ、その心を取り戻したのだと感じさせました。

ディズニー映画『ウエスト・サイド・ストーリー』ネタバレ・あらすじ「恋愛で人種差別反対!」感想「LGBTQへの理解」結末「分断された世界の行方は?」

映画『ウエスト・サイド・ストーリー』ネタバレ・あらすじ「恋愛で人種差別反対!」感想「LGBTQへの理解」結末「分断された世界の行方は?」
映画『ウエスト・サイド・ストーリー』ネタバレ・あらすじ「恋愛で人種差別反対!」感想「LGBTQへの理解」結末「分断された世界の行方は?」映画『ウエスト・サイド・ストーリー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ウエスト・サイド・ストーリー』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ウエスト・サイド・ストーリー』の作品情報・概要『ウエスト・サイド・ストーリー』原題『West Side Story』2021年のアメリカ合衆国のミュージカルロマンスドラマ映画。スティーヴン・スピルバーグ監督作品。トニー・クシュナー脚本。ウィリアム・シェイクスピアの戯曲『ロミオとジュリエット』を基に、アーサー・ローレンツ、レナード・バーンスタイン、スティーヴン・ソンドハイムが1957年に発表したブロードウェイ・ミュージカル『ウエスト・サイド物語』の2度目の長編映画である。2020年、人種差別が続発したアメリカ。分断することを危惧したスピルバーグがかつての名作をリメイク。“異なる立場を越えて、私たちは手を取り合えるのか?”という普遍的なメッセージをこめている。アンセル・エルゴート、レイチェル・ゼグラー、アリアナ・デボーズ、デビッド・アルバレス、ジョシュ・アンドレス、コリー・ストール(映画『ミッドナイト・イン・パリ』や映画『ジョン・デロリアン』)、リタ・モレノ(映画『ウエスト・サイド物語』)、マイク・ファイストらが出演。  
スポンサーリンク

映画『ソー ラブ&サンダー』のキャストについて

ソー(クリス・ヘムズワース)
ゴア(クリスチャン・ベール)
ヴァルキリー(テッサ・トンプソン)
ジェイミー・アレクサンダー
コーグ(タイカ・ワイティティ)
ゼウス(ラッセル・クロウ)
ジェーン/マイティ・ソー(ナタリー・ポートマン)
ピーター・クイル/スター・ロード(クリス・プラット)
ロケット(声)ブラッドリー・クーパー
グルート(声)ビン・ディーゼル
ドラックス(デイブ・バウティスタ)
ネビュラ(カレン・ギラン)
マンティス(ポム・クレメンティエフ)

ディズニー映画『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』ネタバレ・あらすじ「最高芸術映画」感想「時代はウェス・アンダーソン監督」結末「アンソロジー映画」

映画『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』ネタバレ・あらすじ「最高芸術映画」感想「時代はウェス・アンダーソン監督」結末「アンソロジー映画」
映画『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』ネタバレ・あらすじ「最高芸術映画」感想「時代はウェス・アンダーソン監督」結末「アンソロジー映画」映画『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』の作品情報・概要 『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』原題『The French Dispatch of the Liberty, Kansas Evening Sun』2021年のアメリカ合衆国のコメディ映画。ウェス・アンダーソン監督作品。出演はビル・マーレイ(映画『オン・ザ・ロック』)、ティルダ・スウィントン(映画『デッド・ドント・ダイ』や『サスペリア』)、フランシス・マクドーマンド(映画『ノマドランド』)、ジェフリー・ライト(映画『パブリック 図書館の奇跡』)、オーウェン・ウィルソン(映画『ミッドナイト・イン・パリ』)、ベニチオ・デル・トロ(映画『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』)、エイドリアン・ブロディ、レア・セドゥー、ティモシー・シャラメ(映画『DUNE デューン 砂の惑星』や映画『ビューティフル・ボーイ』)、リナ・クードリ、マチュー・アマルリック(映画『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』)、スティーブン・パーク、リーブ・シュレイバー 、エリザベス・モス(映画『透明人間』) 、ギョーム・ガリエンヌ 、エドワード・ノートン。20世紀のフランスの架空の都市で発行されたアメリカの雑誌「ザ・フレンチ・ディスパッチ」の最終号に掲載された3つのストーリーを描く。2021年7月に開催された第74回カンヌ国際映画祭で初上映された。
スポンサーリンク

まとめ 映画『ソー ラブ&サンダー』一言で言うと!

「正直、ついていくのがやっとです」

「マーベル」です。もう本当に「勘弁してほしい」と思うところがあります。でも「観なくていけない」という強迫観念がわたしを苦しめます。生きている限り観るしかないです。

ディズニー映画『ミラベルと魔法だらけの家』ネタバレ・あらすじ「声優・斎藤瑠希さんが素晴らしい」感想「魔法(ギフト)が無くても頑張れる」結末「ディズニーが南米を制する日」

映画『ミラベルと魔法だらけの家』ネタバレ・あらすじ「声優・斎藤瑠希さんが素晴らしい」感想「魔法(ギフト)が無くても頑張れる」結末「ディズニーが南米を制する日」
映画『ミラベルと魔法だらけの家』ネタバレ・あらすじ「声優・斎藤瑠希さんが素晴らしい」感想「魔法(ギフト)が無くても頑張れる」結末「ディズニーが南米を制する日」映画『ミラベルと魔法だらけの家』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ミラベルと魔法だらけの家』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ミラベルと魔法だらけの家』の作品情報・概要『ミラベルと魔法だらけの家』原題『Encanto』2021年11月24日に公開されたアメリカ合衆国のコンピュータアニメーション・ファンタジー・ミュージカル映画。バイロン・ハワードとジャレッド・ブッシュ監督作品。ウォルト・ディズニー・ピクチャーズとウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ製作。活気溢れる南米コロンビアの奥地に佇む、魔法の力を持つ不思議な家が舞台。そこに住むマドリガル家に生まれる子どもたちを主軸に展開していく。
スポンサーリンク

『運だぜ!アート』本日の総合アクセスランキング

映画『望み』ネタバレ・あらすじ・感想・結末「息子は加害者か被害者か」崩壊する家族「世間体」も気になる映画。
映画『人数の町』ネタバレ・あらすじ・感想。「衣食住完備」「性欲も満たされる」としたら住むことが出来るか?
スター・ウォーズ初心者はここから!映画を見る順番や見所をわかりやすく解説!ネタバレ若干あり!
【ネタバレ酷評】映画『マチネの終わりに』あらすじ・結末。物語も演出も撮影もダメ。福山雅治&石田ゆり子の糸引くキスシーン。
映画『ラストレター』あらすじ・ネタバレ・感想。福山雅治vs松たか子vs岩井俊二が描く“死と再生”物語。“手紙”の錯綜が描くノスタルジー。
映画『ONE PIECE FILM RED』ネタバレ・あらすじ「ニカとヤマト」感想「尾田栄一郎先生は最高!」」「結末「海賊やめる?」
映画『楽園』ネタバレ・あらすじ・結末。ムラ社会は日本社会の縮図。長老(独裁者)の「決めつけ」こそ悪害なのだ。綾野剛、佐藤浩市もOKだが村上虹郎が最高だ!
映画『ミッドナイトスワン』ネタバレ・あらすじ「草なぎくんこそ“母親”だ」感想「LGBTQ」の知識が深まる「未来に伝えたい」映画!結末「アカデミー賞2冠達成!」
実話映画『愛と死をみつめて』ネタバレ・あらすじ「創価学会の意味?」感想「笠智衆が泣く」感想「軟骨肉腫で死亡」結末。
映画『ばるぼら』ネタバレ・あらすじ「美乳」二階堂ふみ&「美尻」稲垣吾郎の衝撃愛!手塚眞とクリストファー・ドイルが紡ぐ「究極の芸術愛」誕生!感想・結末。

スポンサーリンク

合わせて観たい映画

【スター・ウォーズシリーズ】

映画『スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス』

ジョージ・ルーカスが監督に復帰!22年ぶりです。

映画『スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス』ネタバレ・あらすじ・結末。アナキン・スカイウォーカー発見後の宇宙は平和になるのか
映画『スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』原題『Star Wars: Episode I The Phantom Menace』1999年に公開されたアメリカ映画。ジョージ・ルーカス監督作品。エピソード6から過去に戻りアナキン・スカイウォーカーを見つけ育てる物語。

映画『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』

アナキンの心の苦悩と恋愛を描いていると言うが・・・・。

映画『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』ネタバレ・あらすじ・結末。アナキンの禁じられた恋愛。母の死が後のダース・ベイダー誕生の布石となる。
映画『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。ディズニー公式サイトならびにIMDbサイトへのリンクもあります。 遠い昔、はるか彼方の銀河系で…。『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』原題『Star Wars: Episode II Attack of the Clones』2002年に公開されたアメリカ映画。ジョージ・ルーカス監督作品。アナキン・スカイウォーカーを主人公とする新三部作の第2章『エピソード2』に当たる。ユアン・マクレガー、ナタリー・ポートマン、ヘイデン・クリステンセンらが出演。

映画『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』

アナキンがついにダースサイドに落ちます

映画『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』ネタバレ・あらすじ・結末。ジョージ・ルーカス最後の監督作品。黒澤明とアメリカン・ニューシネマへの愛を込めて。
こちらからお読みください。『スター・ウォーズ』シリーズ全部をまとめて紹介しています。 映画『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラスト...

映画『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』

『スター・ウォーズ』シリーズ第一弾、全てはここから始まった

映画『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』ネタバレ・あらすじ・結末。ルークはルーカスの化身。銀河帝国はハリウッドメジャー映画会社。
映画『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。ディズニー公式サイトならびにIMDbサイトにて作品情報・キャスト情報も紹介しています。遠い昔、遥か彼方の銀河系で…。 『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』原題『Star Wars: Episode IV A New Hope』1977年に公開されたアメリカ映画。ジョージ・ルーカス監督・脚本。2019年の映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』まで全9作品の最初の映画。壮大なスペースオペラでありサーガの始まり。映画シリーズとしては最大のヒットとなる。

映画『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』

ハン・ソロが、、、。レジスタンス最大に危機に、、、。

映画『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』ネタバレ・あらすじ・結末。ハリソン・フォード好演がシリーズ存続を決めた。シリーズ最高傑作!
映画『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』ディズニー公式サイトならびにIMDbサイトでも情報も紹介しています。『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』原題『Star Wars: Episode V The Empire Strikes Back』1980年に公開されたアメリカ合衆国の映画。『スター・ウォーズ』シリーズ第二弾。監督はアーヴィン・カーシュナー。主演はマーク・ハミルとキャリー・フィッシャー。他にハリソン・フォード、ビリー・ディー・ウィリアムズ、アンソニー・ダニエルズ。ジョージ・ルーカスは製作総指揮。

映画『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』

完全なるハッピーエンド これで銀河は平和になった

映画『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』ネタバレ・あらすじ・結末。新作『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』と比較視聴。
映画『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』ディズニー公式サイトならびにIMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』原題『Star Wars: Episode VI Return of the Jedi』1983年に公開されたアメリカ映画。旧三部作の『エピソード6』アメリカでの公開当初のタイトルは『Return of the Jedi』(『ジェダイの帰還』)。日本での公開当初のタイトルは『スター・ウォーズ/ジェダイの復讐』。後年DVDの発売により本タイトルになった。監督はリチャード・マーカンド。ジョージ・ルーカスは製作総指揮。

映画『スター・ウォーズ フォースの覚醒』

スター・ウオーズシリーズ一番の人気作品と言われています。

映画『スター・ウォーズ フォースの覚醒』ネタバレ・あらすじ・結末。ハリソン・フォード無念の死。息子が悪に魂を売る。宇宙で家族再生を目指す映画。
映画『スター・ウォーズ フォースの覚醒』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。

映画『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』

シリーズ一番の問題作です。でも観ておくべき!

映画『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』ネタバレ・あらすじ・結末・感想。シリーズ最大の問題作。世界で賛否両論。アダム・ドライバーは輝いている。
映画『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』ディズニー公式サイトならびにIMDbサイトから作品情報・キャスト情報の紹介もしています。日本テレビ金曜ロードSHOW!でテレビ初登場。『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』原題『Star Wars: The Last Jedi』2017年公開のアメリカ映画。「スター・ウォーズ フォースの覚醒」に続く3部作の第2部で監督はライアン・ジョンソン。レイ(デイジー・リドリー) を主人公とする。フィン(ジョン・ボイエガ)カイロ・レン(アダム・ドライバー) が花を添える。 配給はウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ。

映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』

スカイ・ウォーカーファミリーの物語が終わります

【ネタバレ考察】映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』あらすじ・結末・感想。レイの親・祖父は誰?J・J・エイブラムスは忖度しすぎ
【ネタバレ考察】映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』あらすじ・結末・感想。レイの親・祖父は誰?J・J・エイブラムスは忖度しすぎ映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』の作品概要遠い昔、はるか彼方の銀河系で…。『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』原題『Star Wars: The Rise Of Skywalker』2019年12月20日に公開されたアメリカ映画。『スター・ウォーズ』シリーズにおける実写映画本編の第9作品目で最終作品。『スター・ウォーズ』シリーズの3部作『スター・ウォーズ フォースの覚醒』(2015)『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』(17)の最後を飾るのが本作『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』である。スカイウォーカーファミリーの物語が完結する。監督は映画『スター・ウォーズ フォースの覚醒』のJ・J・エイブラムス。主演は映画『スター・ウォーズ フォースの覚醒』や映画『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』のデイジー・リドリー。映画『マリッジ・ストーリー』や映画『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』や映画『デッド・ドント・ダイ』のアダム・ドライバー、 ジョン・ボイエガ、オスカー・アイザック、映画『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』のマーク・ハミル、映画『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』のキャリー・フィッシャーが脇を固める。
スポンサーリンク

映画『ソー ラブ&サンダー』の作品情報

映画.comより一部引用
スタッフ・キャスト
監督
タイカ・ワイティティ
製作
ケビン・ファイギ
製作総指揮
ルイス・デスポジート ビクトリア・アロンソ ブライアン・チャペック トッド・ハロウェル クリス・ヘムズワース
共同製作
デビッド・J・グラント
原案
タイカ・ワイティティ ジェニファー・ケイティン・ロビンソン
脚本
タイカ・ワイティティ
美術
ナイジェル・フェルプス
衣装
マイェス・C・ルベオ
編集
マシュー・シュミット ピーター・S・エリオット ジェニファー・ベッキアレッロ
音楽
マイケル・ジアッキノ
音楽監修
デイブ・ジョーダン
視覚効果監修
ジェイク・モリソン
ビジュアル開発監修
アンディ・パーク
ソー(クリス・ヘムズワース)
ゴア(クリスチャン・ベール)
ヴァルキリー(テッサ・トンプソン)
ジェイミー・アレクサンダー
コーグ(タイカ・ワイティティ)
ゼウス(ラッセル・クロウ)
ジェーン/マイティ・ソー(ナタリー・ポートマン)
ピーター・クイル/スター・ロード(クリス・プラット)
ロケット(声)ブラッドリー・クーパー
グルート(声)ビン・ディーゼル
ドラックス(デイブ・バウティスタ)
ネビュラ(カレン・ギラン)
マンティス(ポム・クレメンティエフ)
2022年製作/119分/アメリカ
原題:Thor: Love and Thunder
配給:ディズニー

タイトルとURLをコピーしました