映画『ダーティハリー3』ネタバレ・あらすじ・感想。クリント・イーストウッドがマグナム44ではなくバズーガ砲で仕留める意味。ソンドラ・ロックとの愛の日々が始まる。

スポンサーリンク
映画『ダーティハリー3』ネタバレ・あらすじ・感想。クリント・イーストウッドがマグナム44ではなくバズーガ砲で仕留める意味アクション映画

映画『ダーティハリー3』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。

映画『ダーティハリー3IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。

YouTubeで予告映像もご覧ください。

The Enforcer (1976) - IMDb
Directed by James Fargo. With Clint Eastwood, Tyne Daly, Harry Guardino, Bradford Dillman. San Francisco Inspector "Dirty" Harry Callahan must foil a terrorist...
The Enforcer (1976) Official Trailer – Clint Eastwood, Tyne Daly Movie HD

『ダーティハリー3』(96分/アメリカ/1976
原題『The Enforcer

【監督】
ジェームズ・ファーゴ
【製作】
ロバート・デイリー
【出演】
クリント・イーストウッド
ハリー・ガーディノ
ブラッドフォード・ディルマン
ジョン・ミッチャム
デバレン・ブックウォルター
ジョン・クロフォード
タイン・デイリー

スポンサーリンク
  1. 映画『ダーティハリー3』NHK BSプレミアム放送 4月16日(木)午後1時00分〜2時38分
    1. 4月16日(木)午後1時00分〜2時38分
  2. 映画『ダーティハリー3』のオススメ度は?
  3. 映画『ダーティハリー3』の作品情報・概要
  4. 映画『ダーティハリー3』のあらすじ・ネタバレ
  5. 映画『ダーティハリー3』の感想・評価・内容・結末
    1. トップカットが“カリフォルニア”って感じのギャップ
      1. 『ダーティハリー』シリーズからアメリカ社会が見えてくる
    2. こんなに走るクリント・イーストウッドは見たことない
      1. ここからソンドラ・ロックとの愛欲の日々が始まった
    3. ソンドラ・ロックとの愛の日々の到来の影響は、、、
      1. ソンドラ・ロックとの愛欲の日々が止まらない
    4. 監督としてはオッケー、しかし役者としては、、、
      1. コメディー路線に転じたクリント・イーストウッドも必見
    5. ソンドラ・ロックを売り出すために頑張った
      1. ソンドラ・ロックとの最後の共演作品
    6. 黒人の思想集団を悪と描かないところが良い
      1. クリント・イーストウッドがまさかの犯罪者を演じています
    7. 1976年のクリント・イーストウッドの心境はいかに、、、
      1. いくつになってもクリント・イーストウッドは女性が大好きです
    8. 正義なきベトナム戦争への悔恨のバズーガ砲
      1. アメリカ社会への提言クリント・イーストウッド最高作品
  6. 映画『ダーティハリー3』のキャストについて
    1. ハリー・キャラハン(クリント・イーストウッド)
    2. ケイト・ムーア(タイン・デイリー)
    3. マッケイ市警察本部長(ブラッドフォード・ディルマン)
    4. フランク・ディジョルジョ(ジョン・ミッチャム)
    5. ボビー・マクスウェル(デバレン・ブックウォルター)
    6. サンフランシスコ市長(ジョン・クロフォード)
  7. まとめ 映画『ダーティハリー3』一言で言うと!
  8. 合わせて観たい映画
    1. 【クリント・イーストウッドの過渡期がわかる映画】
      1. 映画『アウトロー』
      2. 映画『ガントレット』
      3. 映画『ダーティファイター 燃えよ鉄拳』
      4. 映画『ブロンコ・ビリー』
      5. 映画『ダーティーハリー4』
  9. 映画『ダーティハリー3』の作品情報

映画『ダーティハリー3』NHK BSプレミアム放送 4月16日(木)午後1時00分〜2時38分

4月16日(木)午後1時00分〜2時38分

クリント・イーストウッド主演作『ダーティーハリー』シリーズ第三弾『ダーティハリー3』がNHK BSプレミアムにて放送されます。悪を憎み、世の中の平和を目指すのがハリーの仕事なのか、それとも警察官の身分で殺人を楽しんでいるのかなど物議を醸した第一弾。第二弾はなんと警察官が凶悪犯罪に手を染める衝撃作でした。

そして今回の敵はベトナム帰還兵が犯罪に手を染めます。相棒役に選ばれたのはなんと女性警察官。時代から女性の社会進出という足音も聞こえてきます。

ハリーは最後に愛用のマグナム44を使いません。バズーガ砲を用います。果たしてその意味はなんでしょうか?

スポンサーリンク

映画『ダーティハリー3』のオススメ度は?

3.0

3つです

走るクリント・イーストウッドを観ることができます

ベトナム戦争帰還兵問題を提起しています

バズーガ砲の意味は?

アルカトラズへ繋がる意味は?

ソンドラ・ロックの存在が見え隠れする

スポンサーリンク

映画『ダーティハリー3』の作品情報・概要

『ダーティハリー』シリーズの3作目。原題 The Enforcer』は、1976年製作のアメリカ映画。ワーナー・ブラザース配給。クリント・イーストウッド主演。監督はジェームズ・ファーゴ。クリント・イーストウッドの長年の編集マンであるジョエル・コックスが加わった作品。5作品の中で唯一、音楽がラロ・シフリンではない。

スポンサーリンク

映画『ダーティハリー3』のあらすじ・ネタバレ

カルフォルニアの青空ときらめく太陽の中で一人の女性がヒッチハイクをしている。ショートパンツを履いている。ガス会社の車に乗り送ってもらう。待ち構えるのは凶悪な男。二人は無残に殺される。ハリー・キャラハン(クリント・イーストウッド) は街中の雑貨店い押し入った強盗を一網打尽にしたが「やりすぎ」とたしなめられ人事課へ移動となる。そして面接官としてケイト・ムーア(タイン・デイリー)を採用する。人事課であるため殺人事件の捜査はできない。独自の捜査を開始する。ムーアもハリーと行動を共にする。黒人過激派のウルフが捜査線上に上がるが、ハリーは一蹴する。そして市長が誘拐される。ハリーとムーアはアルカトラズへ渡る。

スポンサーリンク

映画『ダーティハリー3』の感想・評価・内容・結末

トップカットが“カリフォルニア”って感じのギャップ

『ダーティーハリー』シリーズ第三弾です。オープニングが実に爽やかです。燦々と降り注ぐ太陽、青い空に短パンの金髪女性。

しかもお尻がはみ出そうです。これがカリフォルニアっていうイメージそのままです。

第一弾、二弾と全く異なる始まりなので「これってダーティーハリー?」って疑っちゃいます。でもです。

すぐに血みどろの展開となりますからご安心ください(何が安心かわかりませんが)

『ダーティハリー』シリーズからアメリカ社会が見えてくる

映画『ダーティーハリー』ネタバレ・あらすじ・感想・内容・評価。クリント・イーストウッドは70年代疲弊していたアメリカ社会の正義のヒーロー。
映画『ダーティーハリー』ネタバレ・あらすじ・感想・内容・評価。クリント・イーストウッドは70年代疲弊していたアメリカ社会の正義のヒーロー。映画『ダーティーハリー』のクリント・イーストウッドは西部劇の役柄をそのまま移した現代のカウボーイに重なる。ただ過去作品はとてもじゃあないがヒーローとは程遠い。けれど本作は間違いなくヒーローだ。正義のヒーローだ。これはアメリカ社会が疲弊していたからこそ生まれたヒーローであると言える。『ダーティーハリー』?がアメリカ社会の縮図でもあった。
映画『ダーティハリー2』ネタバレ・あらすじ・感想。クリント・イーストウッドのマグナム44がアメリカ社会へ向かう理由。
映画『ダーティハリー2』ネタバレ・あらすじ・感想。クリント・イーストウッドのマグナム44がアメリカ社会へ向かう理由。映画『ダーティハリー2』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ダーティハリー2』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『ダーティハリー2』の作品情報・概要『ダーティハリー』(原題『Dirty Harry』)が高評価だったためシリーズ化されました。『ダーティハリー2』(原題『Magnum Force』)は、1973年製作のアメリカ映画。前作を超えるヒットを記録。監督のテッド・ポストは1968年のイーストウッドの主演作『奴らを高く吊るせ!』の監督も務めている。『奴らを高く吊るせ!』のモチーフを保ちつつ西部劇から現代劇へ時と場所を変えたリメイク作品と言ってもいい。  

こんなに走るクリント・イーストウッドは見たことない

『ダーティハリー3』を観るに当たっていくつか意識して欲しい点があります。まずハリー(クリント・イーストウッド)がよく走ります。

サンフランシスコ市内からビルの屋上から屋上へとマグナム44片手に走っています。これは本人だと思います。

クリント・イーストウッドほどになるとボディダブルの俳優が必ずいます。有名なのはバディ・ヴァン・ホーンです。

『アウトロー』での拷問シーンもヴァン・ホーンかと思われます。そして一番有名なのは『荒野のストレンジャー』のダンカン保安官です。

(なお、クリント・イーストウッドが走ることで有名な作品は1993年の『ザ・シークレット・サービス』です)

ここからソンドラ・ロックとの愛欲の日々が始まった

ソンドラ・ロックとの愛の日々の到来の影響は、、、

でもこの『ダーティハリー3』では実際にクリント・イーストウッドはかなりのアクションをやっていることがわかります。

アルカトラズへ渡った後もしっかりと走っています。本映画『ダーティハリー3』が製作されたのは1976年です。

この年クリント・イーストウッドは『アウトロー』を監督・主演しています。そうです。

クリント・イーストウッドの愛人となるソンドラ・ロックと共演しています。

そして本作を挟んで翌年『ガントレット』を監督・主演し、ソンドラ・ロックとの愛を全開させて行きます。

ソンドラ・ロックとの愛欲の日々が止まらない

監督としてはオッケー、しかし役者としては、、、

まあ、これらは映画の本筋とは関係ありませんが、1979年に『アルカトラズからの脱出』で迫真の演技を見せて、その後『ダーティファイター 燃えよ鉄拳』『ブロンコ・ビリー』などコメディー路線へ歩を進めます。

『アウトロー』で復讐に燃えるガンマン、『ダーティハリー3』で現代版カーボーイ、『アルカトラズからの脱出』では知的犯罪者、そして『ダーティファイター 燃えよ鉄拳』はお茶目なトラック野郎、と様々な役柄を演じています。

おそらくクリント・イーストウッドは役者としてのキャリアを確実にしたかったのだと思います。

しかしながらクリント・イーストウッドは役者としてはそんな評価されない結果となります。

監督としては数多くの賞を獲得していますが、役者として大きな賞は取っていません。

コメディー路線に転じたクリント・イーストウッドも必見

ソンドラ・ロックを売り出すために頑張った

それらを考えるとこの『ダーティハリー3』は過渡期にあったような気がするのです。

それと最も忘れてはいけないのが、やはりソンドラ・ロックとの愛欲の日々でしょう。

クリント・イーストウッドはソンドラ・ロックを売り出すために懸命だったと思われます。

彼女のために映画を作っていた時期だったと思います。

そして本シリーズの最高傑作と言われる『ダーティハリー4』でソンドラ・ロックを起用し一番のヒットに繋げます。

男冥利に尽きると言うのでしょうか。本映画『ダーティハリー3』の1976年から『ダーティハリー4』の1983年までのクリント・イーストウッドは超多忙でした。

監督としては大きく成長しましたが、残念ながら役者としての実績はあまり積めなかったと言えます(ソンドラ・ロックに全てを捧げていたからでしょうか)

ソンドラ・ロックとの最後の共演作品

『ダーティハリー4』はシリーズで一番のヒット作品。あらすじ・ネタバレ・感想。恋人ソンドラ・ロックとの最後の共演作品。
『ダーティハリー4』はシリーズで一番のヒット作品。あらすじ・ネタバレ・感想。恋人ソンドラ・ロックとの最後の共演作品。映画『ダーティハリー4』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ダーティハリー4』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 映画『ダーティハリー4』の作品情報・概要 『ダーティハリー4』原題『Sudden Impact』1983年製作のアメリカ映画。『ダーティハリー』シリーズの4作目。本シリーズ主演のクリント・イーストウッドが監督。 主演に当時の愛人ソンドラ・ロックを起用。ワーナー・ブラザース配給。シリーズ一番のヒット作品になる。ソンドラ・ロックとは最後の共演。『ダーティハリー』シリーズの中で最も雰囲気が暗い作品と言っていい。テーマがレイプされた女性の復讐劇である。昼間より夜の場面を多用することで傷ついた女性心情を表すのと、暗闇で行われる殺意が映画全体にサスペンス感を作り出している。しかも犯人にソンドラ・ロックを応援したくなる効果も出している。ソンドラの静かなる微笑みも恐ろしい。

黒人の思想集団を悪と描かないところが良い

さて、映画ですが相変わらず盛りだくさんの内容です。

凶悪犯たちは危険な革命思想を持った連中という印象がありますが、彼らは単にお金が欲しいだけの集団です。

変わって黒人の過激派ウルフが登場してくることも見逃せません。当時のアメリカの人種差別・偏見を帯びた社会を表しています。

マーベル映画の『ブラック・パンサー』に描かれていたブラックパンサー党への危機感もこの映画では描かれていると思います。

でも本作では過激派ウルフは悪として描かれなかったことが、後々大きな意味があると思います。

もし、ここで凶悪犯を黒人の過激派に設定したのであったら、間違いなく映画史として汚点となったでしょう。

かつての西部劇でネイティブ・インディアンを悪者にしたように。

クリント・イーストウッドがまさかの犯罪者を演じています

1976年のクリント・イーストウッドの心境はいかに、、、

繰り返しますが1976年はアメリカ社会にとって大きな年でした。なぜなら前年にベトナム戦争が終わっています。

政治への不信、不景気、治安悪化など問題が山積みです。さらにクリント・イーストウッドは個人的な問題を抱えていました。

そういった状況の中でハリウッドというある意味虚飾の世界で生きていくには相当タフでなければいけません。

クリント・イーストウッドの性格についていくつか情報があります。

元々、脳天気な性格であり楽観的で、ほとんど怒らないとか。あるいはあまり他人のことを気にしないとか。

でも多くの女性との間に子供が8人いますが、彼らは皆が仲良しであることがクリント・イーストウッドの全てを物語っているのではないでしょうか。

いくつになってもクリント・イーストウッドは女性が大好きです

正義なきベトナム戦争への悔恨のバズーガ砲

さて、そしてもう一つ注目して欲しい場面があります。最後に悪党をバズーガ砲で撃ち殺します。

本来ならマグナム44の出番なのです。でも敢えてバズーガ砲を登場させたのはベトナム戦争への悔恨なのではないかと思われます。

犯人のボビー・マクスウェルはベトナム帰還兵であることも意味が深いです。

しかもバズーガ砲は陸軍の兵器庫から盗まれたものです。

「こんな簡単に兵器を盗める陸軍って間抜けだよね、これでは戦争勝てないようね」印象を持ってしまいます。

撃った瞬間のクリント・イーストウッドから「これで戦争は終わりだ」という声が聞こえて気がしました。

イーストウッドの映画には必ずその時のアメリカの世相について訴求する場面があることも楽しみのひとつです。

アメリカ社会への提言クリント・イーストウッド最高作品

スポンサーリンク

映画『ダーティハリー3』のキャストについて

ハリー・キャラハン(クリント・イーストウッド)

主人公。サンフランシスコ市警の刑事。警察・司法に対する規範が厳しくなった時代でも敢えて強引な捜査を行う。問答無用的なところがあり、被疑者を射殺することも厭わない。上層部からは煙たがられている。相変わらず硬派というか、一本気に捜査を行う。長年の相棒フランクの死に少しだけ感情が揺れた。本映画では結構走っている。

ケイト・ムーア(タイン・デイリー)

ハリーの新しい相棒で女性。現場経験ゼロ。ハリーについていくのがやっとであったが少しずつ成長していく様の演技がよかった。しかしまさかの殉職とは、、、。ヒールを履いての追跡は大変だったと思います。

マッケイ市警察本部長(ブラッドフォード・ディルマン)

市警の警部。ハリーの上司でハリーを快く思っていない。市長にごますりしている。作戦は失敗ばかり。ちょっと間抜けな雰囲気をうまく出していたと思います。

フランク・ディジョルジョ(ジョン・ミッチャム)

市警の刑事でハリーの相棒。ハリーが人事課へ異動となったため、新しい相棒と共に行動していた。巡回中に強盗団を発見して重症の末、病院で息をひきとる。ハリーと違ってやや太り気味であるため動きにキレがない。ICUで死ぬ場面は良かった。

ボビー・マクスウェル(デバレン・ブックウォルター)

テロリスト集団のリーダー。ベトナム戦争の帰還兵。殺人を楽しむ性格。目的を果たすためなら仲間も殺す残虐な人物。デバレン・ブックウォルターの演技からは残虐な人間があまり伝わってこなかった(たぶん『ダーティーハリー』のスコルピオの印象が強すぎたため)

サンフランシスコ市長(ジョン・クロフォード)

自身の支持率と選挙にしか興味がないリベラルな政治家。人気取りのために警察組織における女性の割合を増やそうとしている。マッケイに昇進とチラつかせ意のままに操っている。結局、テロリストに誘拐され、毛嫌いしていたハリーに助けられる。

スポンサーリンク

まとめ 映画『ダーティハリー3』一言で言うと!

「仕事は足で稼ぐもの」は万国共通なのか。

わたしも若い時に務めた会社の上司から何回も言われたことがあります。当時はそれが当たり前と思っていましたが、年齢を重ねていくと無駄が多くあると気がつきました。もちろん実際に足を運ぶことは大事ですが、時代は一気にアナログからデジタルへ移行しました。顔が見えなくても仕事ができるようになりました。刑事ドラマとて今と昔はだいぶ違います。最近はあくせくと捜査する場面が少なくなった気がします。町のあちこちに監視カメラがあるのも大きな理由かと思います。

スポンサーリンク

合わせて観たい映画

【クリント・イーストウッドの過渡期がわかる映画】

映画『アウトロー』

この映画でソンドラ・ロックと出会った

映画『アウトロー(1976)』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。クリント・イーストウッドとソンドラ・ロックの愛の日々が始まる。
映画『アウトロー(1976)』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。クリント・イーストウッドとソンドラ・ロックの愛の日々が始まる。 映画『アウトロー(1976)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『アウトロー(1976)』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 映画『アウトロー(1976)』の作品情報・概要 『アウトロー』原題『The Outlaw Josey Wales』クリント・イーストウッド監督・主演のアメリカ合衆国の映画。アメリカ南北戦争を舞台にした西部劇。北軍を悪にしている。インディオとの暖かな交流も描いている。原作はフォレスト・カーター著作『The Rebel Outlaw: Josey Wales』。クリント・イーストウッドの息子カイル・イーストウッドが映画初出演。本作でソンドラ・ロックと出会い長い不倫関係になる。

映画『ガントレット』

もうソンドラ・ロックとのラブラブが止まらない

映画『ガントレット』はクリント・イーストウッドとソンドラ・ロックの青春恋愛ロードムービーだ。燃え盛る恋の炎が激しい
1977年製作の映画。おそらくではあるが、この時期のクリント・イーストウッドが一番勢いがあったのではないだろうか。やりたい放題だ。企画も何でも通っていたのだろう。恋人ソンドラ・ロックを主演に迎え、車、バイク、拳銃を振り回し男としても魅力を全開している。映画を用いてソンドラ・ロックに愛する気持ちを伝えているようだ。青春映画です。

映画『ダーティファイター 燃えよ鉄拳』

喧嘩の強さをソンドラ・ロックに見せつけているような気がします

映画『ダーティファイター 燃えよ鉄拳』男は酒と女とケンカ!って時代があった。クリント・イーストウッドとソンドラ・ロックのラブラブ映画
アメリカの酒場は荒くれ者が多い。トラック運転手はその筆頭と言える。本作のクリント・イーストウッドは酒、ギャンブル、女、そしてケンカが何より好きな男だ。ケンカせずして男にあらずだ。好きになった女を賭けてケンカする。一見、カッコいいが現代で通用しない。恋人、ソンドラ・ロックの歌声が素晴らしい。オランウータンと共演している

映画『ブロンコ・ビリー』

じゃじゃ馬ソンドラ・ロックに手を焼きましたが

クリント・イーストウッドにとって『ブロンコ・ビリー』はあまりにも過小評価され、忸怩たる作品となった。本作はカウボーイの誇りと友情、反戦、そして愛を描いている
クリント・イーストウッド曰く「自分のキャリアの中で最も魅力的な作品の一つ」と言い切る。自身のキャラクターにも近いという。興行的に失敗だったかもしれないが思い入れが強い。最早、時代遅れの感のあったカウボーイに哀愁の念を抱き続ける男と世間知らずなじゃじゃ馬娘とのラブコメ感満載の物語。しかしベトナム戦争終結後の社会問題も提起している。

映画『ダーティーハリー4』

ソンドラ・ロック最高演技!クリント・イーストウッドが逮捕しません

『ダーティハリー4』はシリーズで一番のヒット作品。あらすじ・ネタバレ・感想。恋人ソンドラ・ロックとの最後の共演作品。
『ダーティハリー4』はシリーズで一番のヒット作品。あらすじ・ネタバレ・感想。恋人ソンドラ・ロックとの最後の共演作品。映画『ダーティハリー4』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ダーティハリー4』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 映画『ダーティハリー4』の作品情報・概要 『ダーティハリー4』原題『Sudden Impact』1983年製作のアメリカ映画。『ダーティハリー』シリーズの4作目。本シリーズ主演のクリント・イーストウッドが監督。 主演に当時の愛人ソンドラ・ロックを起用。ワーナー・ブラザース配給。シリーズ一番のヒット作品になる。ソンドラ・ロックとは最後の共演。『ダーティハリー』シリーズの中で最も雰囲気が暗い作品と言っていい。テーマがレイプされた女性の復讐劇である。昼間より夜の場面を多用することで傷ついた女性心情を表すのと、暗闇で行われる殺意が映画全体にサスペンス感を作り出している。しかも犯人にソンドラ・ロックを応援したくなる効果も出している。ソンドラの静かなる微笑みも恐ろしい。
スポンサーリンク

映画『ダーティハリー3』の作品情報

映画.comより一部引用
スタッフ・キャスト
監督
ジェームズ・ファーゴ
脚本
スターリング・シリファント ディーン・ライズナー
原案
ゲイル・モーガン・ヒックマン S・W・シュアー
製作
ロバート・デイリー
撮影
チャールズ・W・ショート
美術
アレン・E・スミス
音楽
ジェリー・フィールディング
編集
フェリス・ウェブスター ジョエル・コックス
字幕
高瀬鎮夫
Harry_Callahan(クリント・イーストウッド)
Bressler(ハリー・ガーディノ)
Capt._McKay(ブラッドフォード・ディルマン)
Digeorgio(ジョン・ミッチャム)
Bobby_Maxwell(デバレン・ブックウォルター)
The_Mayor(ジョン・クロフォード)
Kate_Moore(タイン・デイリー)
1976年製作/96分/アメリカ
原題:The Enforcer
配給:ワーナー映画

タイトルとURLをコピーしました