LGBT

スポンサーリンク
2020年製作

映画『ステージ・マザー』ネタバレ・あらすじ「ドラァグクイーンの快感」感想「人間は承認欲求を求める」結末「アメリカ社会の薬物・DV問題も描く」

映画『ステージ・マザー』ネタバレ・あらすじ「ドラァグクイーンの快感」感想「人間は承認欲求を求める」結末「アメリカ社会の薬物・DV問題も描く」映画『ステージ・マザー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ステージ・マザー』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認くださいYouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ステージ・マザー』の作品情報・概要『ステージ・マザー』原題『Stage Mother』2020年に公開されたカナダのドラマ映画。トム・フィッツジェラルド監督作品。主演はジャッキー・ウィーヴァー。ルーシー・リュー、エイドリアン・グレニアー、マイア・テイラー、アリスター・マクドナルド、オスカー・モレノ、ジャッキー・ビート。音信不通だった息子の訃報が届き、サンフランシスコへ葬儀に出かけた母親がドラァグクイーンに魅了されて、一緒にゲイバーの再建に乗り出す。アメリカ社会の闇である薬物・アルコールから暴力・虐待問題も描いている。
2021年製作

映画『さんかく窓の外側は夜』ネタバレ・あらすじ「BLホラーを開拓」感想「幽霊より、人間の方が怖い」結末

映画『さんかく窓の外側は夜』ネタバレ・あらすじ「BLホラーを開拓」感想「幽霊より、人間の方が怖い」結末映画『さんかく窓の外側は夜』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『さんかく窓の外側は夜』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『さんかく窓の外側は夜』の作品情報・概要『さんかく窓の外側は夜』ヤマシタトモコによる日本の漫画作品である。実写の映画化に関してはワタナベエンターテインメントと松竹による共同製作プロジェクトの第1弾作品として製作。「BLホラー」を開拓した画期的な映画。監督はCMディレクターとして評価の高い森ガキ侑大。主演は岡田将生と『一度死んでみた』の志尊淳。平手友梨奈、『パラレルワールド・ラブストーリー』の筒井道隆、映画『さよなら くちびる』のマキタスポーツ、映画『マチネの終わりに』や映画『コンフィデンスマンJP』の桜井ユキ、映画『君の膵臓をたべたい(2017)』の北川景子らが共演。
2021.02.17
LGBT

映画『ソング・トゥ・ソング』ネタバレ・あらすじ「人生は“浮遊”する」感想「マリック監督の宗教観全開」結末「天国の日々」はやってくる

映画『ソング・トゥ・ソング』ネタバレ・あらすじ「人生は“浮遊”する」感想「マリック監督の宗教観全開」結末「天国の日々」はやってくる映画『ソング・トゥ・ソング』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ソング・トゥ・ソング』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『ソング・トゥ・ソング』の作品情報・概要『ソング・トゥ・ソング』原題『Song to Song』2017年にアメリカ合衆国で公開されたドラマ映画。監督・脚本は映画『名もなき生涯』のテレンス・マリック。撮影監督はエマニュエル・ルベツキ。主演は映画『世界の涯ての鼓動』マイケル・ファスベンダーと映画『ファースト・マン』ライアン・ゴズリング。映画『ドント・ウォーリー』のルーニー・マーラ、映画『ポップスター』や映画スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス1 』のナタリー・ポートマンら。
2021.02.17
LGBT

映画『エデンの海(1976)』ネタバレ・あらすじ山口百恵「オシッコ出てる」樹木希林「パンツ売ってください」感想「LGBTQには苦痛な作品」結末

映画『エデンの海(1976)』ネタバレ・あらすじ山口百恵「オシッコ出てる」樹木希林「パンツ売ってください」感想「LGBTQには苦痛な作品」結末映画『エデンの海(1976)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『エデンの海(1976)』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『エデンの海(1976)』の作品情報・概要西河克己監督作品。山口百恵主演。1950年中村登監督が同作を撮っており、その際、西河が助監督を務めている。そして26年後、自ら監督してリメイクする。脚本も前作と同じく馬場当。百恵の相手役は南條豊(山口の主演映画では三浦友和以外の俳優が相手役になった唯一の作品)浅野温子デビュー作品。
2021.02.17
2020年製作

映画『さくら』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「兄弟愛は禁断?」北村匠海&吉沢亮&小松菜奈共演の贅沢映画。「さくらの“脱糞”が招く幸せ!」

映画『さくら』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「兄弟愛は禁断?」北村匠海&吉沢亮&小松菜奈共演の贅沢映画。「さくらの“脱糞”が招く幸せ!」映画『さくら』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『さくら』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『さくら』の作品情報・概要直木賞作家・西加奈子原作『さくら』を映画監督の矢崎仁司が映像化。さくらは長谷川家の犬の名前。主演は『思い、思われ、ふり、ふられ』『君の膵臓をたべたい(2017)』の北村匠海。『青くて痛くて脆い』『キングダム』の吉沢亮、『糸』『閉鎖病棟 それぞれの朝』『さよなら くちびる』の小松菜奈、『赤い雪 Red Snow』『ある船頭の話』永瀬正敏、そして寺島しのぶが脇を固めている。
2021.02.22
2019年製作

映画『トルーマン・カポーティ 真実のテープ』ネタバレ・あらすじ「私はゲイ」LGBTQ公言作家「映画『ティファニーで朝食』は駄作」感想「アル中・薬物中毒で最後は悲惨」結末

映画『トルーマン・カポーティ 真実のテープ』ネタバレ・あらすじ「私はゲイ」LGBTQ公言作家「映画『ティファニーで朝食』は駄作」感想「アル中・薬物中毒で最後は悲惨」結末。映画『トルーマン・カポーティ 真実のテープ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『トルーマン・カポーティ 真実のテープ』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『トルーマン・カポーティ 真実のテープ』の作品情報・概要。ミシェル・オバマのアドバイザーを務めたイーブス・バーノー監督作品。20世紀のアメリカ文学を代表する作家であるトルーマン・カポーティが栄光を掴み、そして堕落していく様を描いたドキュメンタリー作品である。小柄で自らゲイであるとカミングアウトした作家カポーティーは、ニューヨークのセレブたちのアイドルとなった。才能ある者だけが成功できるニューヨーク。カポーティーは執筆よりも社交界のパーティーに夢中になる。そして新作「叶えられた祈り」を発表するや、社交界から締め出されてしまう。以降のカポーティーは見る影もなく死へ向かっていく。
2021.02.22
2020年製作

映画『ミッドナイトスワン』ネタバレ・あらすじ「草なぎくんこそ“母親”だ」感想「LGBTQ」の知識が深まる「未来に伝えたい」映画!結末「アカデミー賞2冠達成!」

映画『ミッドナイトスワン』ネタバレ・あらすじ「草なぎくんこそ“母親”だ」感想「LGBTQ」の知識が深まる「未来に伝えたい」映画!結末。映画『ミッドナイトスワン』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ミッドナイトスワン』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『ミッドナイトスワン』の作品情報・概要『下衆の愛』『全裸監督』の内田英治監督最新作。LGBTQをテーマに製作したドラマ映画。本映画『ミッドナイトスワン』は「T」のトランスジェンダーの苦悩や葛藤から差別・偏見を描いている。心の痛みと体の痛みの双方の描き方が素晴らしい。さらにDV・虐待をする“毒親”から脱出して夢を掴み取る少女の成長も交えて描く感動作。草なぎ剛主演。 服部樹咲は映画初出演。初々しい演技にドキドキする。
2021.03.19
2019年製作

映画『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「ガリ勉女子高生」の大逆襲!抱腹絶倒&お涙頂戴映画!

映画『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「ガリ勉女子高生」の大逆襲!抱腹絶倒&お涙頂戴映画!映画『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』の作品情報・概要『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』原題『Booksmart』2019年公開のアメリカ合衆国の青春映画。『ライフ・イットセルフ 未来に続く物語』『リチャード・ジュエル』出演女優オリヴィア・ワイルドの監督デビュー作品。女優のみならず演出の才能もあることを披露。主演は『レディ・バード』のビーニー・フェルドスタインと『デトロイト』『ビューティフル・ボーイ』のケイトリン・ディーヴァーが務める。「ガリ勉女子」という設定に全米が熱狂&狂喜した。  
2020.10.26
2019年製作

映画『ペイン・アンド・グローリー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。“痛み”を乗り越えた先に「人生は輝く」ペドロ・アルモドバル監督の自伝的映画。

映画『ペイン・アンド・グローリー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。“痛み”を乗り越えた先に「人生は輝く」ペドロ・アルモドバル監督の自伝的映画。 映画『ペイン・アンド・グローリー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ペイン・アンド・グローリー』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『ペイン・アンド・グローリー』の作品情報・概要『ペイン・アンド・グローリー』原題『Dolor y gloria』英題『 Pain and Glory』2019年のスペインのドラマ映画。ペドロ・アルモドバル監督・脚本作品。アントニオ・バンデラス主演。ペネロペ・クルス、アシエル・エチェアンディア、レオナルド・スバラーリャ、ノラ・ナバス、フリエタ・セラーノ共演。第72回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門に出品され、バンデラスが男優賞を受賞した。ペドロ・アルモドバルの自伝的要素が色濃く反映されている。母の死によって心身ともに満身創痍になった映画監督が復活への道を歩むまでを過去を回想しながら描いている。過去が栄光なら現在は痛み。
2020.10.26
LGBT

映画『ロニートとエスティ 彼女たちの選択』ネタバレ・あらすじ・感想。性を選択できる自由がある。LGBTQと多様性の時代。

映画『ロニートとエスティ 彼女たちの選択』ネタバレ・あらすじ・感想。性を選択できる自由がある。LGBTQと多様性の時代。 映画『ロニートとエスティ 彼女たちの選択』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ロニートとエスティ 彼女たちの選択』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。 映画『ロニートとエスティ 彼女たちの選択』の作品情報・概要 『ロニートとエスティ 彼女たちの選択』原題『Disobedience』2017年に制作された愛米英合作のドラマ映画である。セバスティアン・レリオ監督作品。主演はレイチェル・ワイズとレイチェル・マクアダムス。本作はナオミ・アルダーマンが2006年に上梓した小説『Disobedience』を原作としている。厳格なユダヤ教徒の女性の恋愛物語。もはや人間において性を分ける必要はない。
2021.03.15
2019年製作

映画『永遠に僕のもの』実話はロレンソ・フェロ&チノ・ダリンの純愛ゲイ物語。作品情報・ネタバレ・あらすじ・感想・評価。ペドロ・アルモドバル製作

1971年、アルゼンチンで起きた凶悪事件をモチーフに描かれています。犯人は若く美しい少年であった。残虐な手口ががさらに神秘性を高めた。本作はペドロ・アルモドバルが製作し、主演に新鋭ロレンソ・フェロを迎えて作られました。すでにアルゼンチンでは大ヒットしています。本作のテーマにはLGBTQへの理解も込められています。
2020.10.26
2019年製作

酷評!ネタバレ感想 映画『劇場版おっさんずラブ LOVE or DEAD』“LGBTQ”問題を嘲笑&晒し者に。テレ朝に失望。作品情報・あらすじ・内容。性差別・偏見が助長されないか心配

テレビ朝日で放送されたドラマの劇場版。男性同士の恋愛をテーマに作られた。LGBTQが話題になっているのに乗じて作ったとしか思えない。性に悩む人の心に寄り添っているとは思えない。逆に嘲笑しているイメージさえ持つ。品性も配慮も優しさもかける。天下の朝日新聞を社主に持つテレビ朝日が主導となって製作されたのが信じられない。駄作。
2020.03.27
2019年製作

映画『コレット』ネタバレ、あらすじ。女流作家シドニー=ガブリエル・コレットを演じるキーラ・ナイトレイの演技は絶品。女性の挑戦、勇気、希望の映画です。

今だに女性の社会進出を歓迎しない男は多い。世界的な女性作家シドニー=ガブリエル・コレットでさえも夫の強制により社会に出る機会を長く待った。この物語は文才のないダメ夫に嫁いだばかりに、作家としての才能を開花する女性の物語である。同時に女性の権利を広く訴えることでフランス女性たちに勇気と希望を与えた人生をつぶさに描いている。
2021.01.02
LGBT

映画『インビクタス/負けざる者たち』ネルソン・マンデラを演じるモーガン・フリーマンがそっくりです。勇者についてネタバレ、評価、感想

ネルソン・マンデラの物語。監督クリント・イーストウッド。主演モーガン・フリーマン。ネルソン・マンデラという偉大な人間を忘れてはならない。彼に見えたのは未来に光り輝くあらゆる色だったのだ。ネルソン・マンデラという偉大な人間を忘れてはならない。彼に見えたのは未来に光り輝くあらゆる色だったのだ。この映画では人種差別撤廃を訴え続けた不屈の男、ネルソン・マンデラの軌跡を描いている。白人黒人混成のラグビーチームが力を合わせて世界一を目指す。そして南アフリカの人々も一つになった。そして世界に認めらることになった。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました