アメリカ映画

スポンサーリンク
SF映画

映画『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』ネタバレ・あらすじ「マーブル映画は観るしかない」感想「いつか頭が整理される」結末「こんなに地球はヒーローがいたのか」

映画『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』IMDbサイトにて作...
2021年製作

映画『ブラック・ウィドウ』ネタバレ・あらすじ「スカーレット・ヨハンソンの決めポーズ」感想「フローレンス・ピューへ世代交代」結末「ケイト・ショートランド監督は女性活躍社会を牽引」

映画『ブラック・ウィドウ』ネタバレ・あらすじ「スカーレット・ヨハンソンの決めポーズ」感想「フローレンス・ピューへ世代交代」結末「ケイト・ショートランド監督は女性活躍社会を牽引」映画『ブラック・ウィドウ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ブラック・ウィドウ』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ブラック・ウィドウ』の作品情報・概要『ブラック・ウィドウ』原題『Black Widow』アメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画。スパイ映画。マーベル・コミックに登場する同名キャラクターをベースにしている。2021年製作。ケイト・ショートランド監督作品。脚本はエリック・ピアソン。主演はスカーレット・ヨハンソン。フローレンス・ピュー、デビッド・ハーバー、O・T・ファグベンル) オルガ・キュリレンコ、ウィリアム・ハート、レイ・ウィンストン、レイチェル・ワイズ、エバー・アンダーソン、バイオレット・マッグロウ、ライアン・キエラ・アームストロング。『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016年)直後のナターシャの物語となっている。「家族」「絆」「懐古」そして別れと新たな戦いの火蓋を切る物語となっている「マーベル・シネマティック・ユニバース」シリーズの24作目。
2021.08.01
アクション映画

映画『アベンジャーズ』ネタバレ・あらすじ「ディズニー配給で世界獲り!」感想「ロバート・ダウニー・Jr.完全復活」結末「スカーレット・ヨハンソンの決めポーズ」

映画『アベンジャーズ』ネタバレ・あらすじ「ディズニー配給で世界獲り!」感想「ロバート・ダウニー・Jr.完全復活」結末「スカーレット・ヨハンソンの決めポーズ」映画『アベンジャーズ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『アベンジャーズ』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『アベンジャーズ』の作品情報・概要『アベンジャーズ』原題『Marvel’s The Avengers 』(北米でのタイトル)『Marvel Avengers Assemble 』(英国とアイルランドでのタイトル)は、2012年のアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画。マーベル・スタジオ製作。ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ配給。マーベル・コミック原作のスーパーヒーロー映画のクロスオーバー作品である。「マーベル・コミック」の実写映画を、同一の世界観として扱う『マーベル・シネマティック・ユニバース』(MCU)に属する作品。『アイアンマン』(2008年)『インクレディブル・ハルク』(2008年)『アイアンマン2』(2010年)『マイティ・ソー』(2011年)『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』(2011年)のクロスオーバー作品。「フェイズ1(第1シーズン)」のクライマックスを飾る作品。シリーズ映画最大のヒットの始まりは本映画からと言われている。ロバート・ダウニー・Jr.、クリス・エバンス、マーク・ラファロ、クリス・ヘムズワース、スカーレット・ヨハンソン、ジェレミー・レナー、サミュエル・L・ジャクソン、トム・ヒドルストン、クラーク・グレッグ、コビー・スマルダース、ステラン・スカルスガルド、グウィネス・パルトロウ、ポール・ベタニー、マキシミリアーノ・ヘルナンデス、イエジー・スコリモフスキ、パワーズ・ブースらが出演。
いじめ・陰湿映画

映画『西部の男』ネタバレ・あらすじ「『ローマの休日』へと続く」感想「ゲイリー・クーパーは超ハンサム」結末「ウィリアム・ワイラー監督は多彩」

映画『西部の男』ネタバレ・あらすじ「『ローマの休日』へと続く」感想「ゲイリー・クーパーは超ハンサム」結末「ウィリアム・ワイラー監督は多彩」  映画『西部の男』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『西部の男』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。 映画『西部の男』の作品情報・概要 『西部の男』原題『The Westerner』ウィリアム・ワイラー監督作品(映画『おしゃれ泥棒』)。1940年のアメリカ西部劇映画。ゲイリー・クーパー(映画『昼下りの情事』)、ウォルター・ブレナン、ドリス・ダヴェンポート、フレッド・ストーン、ドリス・ダベンポート、フォレスト・タッカー、リリアン・ボンドポール・ハースト、チル・ウィルス、チャールズ・ハルトン、トム・タイラー、ルピタ・トバー、ダナ・アンドリュースら。ウォルター・ブレナンが第13回アカデミー賞助演男優賞を受賞した。3回目である。
2021年製作

映画『クルエラ』ネタバレ・あらすじ「ヴィランという人生もオッケー!」感想「困難を乗り越えて生きる女性」結末「エマ・ストーンの目は“大きすぎる”」

映画『クルエラ』ネタバレ・あらすじ「ヴィランという人生もオッケー!」感想「困難を乗り越えて生きる女性」結末「エマ・ストーンの目は“大きすぎる”」映画『クルエラ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『クルエラ』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『クルエラ』の作品情報・概要『クルエラ』原題『Cruella』2021年のアメリカ合衆国のコメディ映画。クレイグ・ガレスピー監督作品。出演はエマ・ストーン(映画『女王陛下のお気に入り』や『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』)とエマ・トンプソン、ジョエル・フライ、ポール・ウォルター・ハウザー(映画『リチャード・ジュエル』や『ブラック・クランズマン』)、エミリー・ビーチャム(映画『リトル・ジョー』)、 カービー・ハウエル=バプティスト、マーク・ストロング(映画『ストックホルム・ケース』)など。 ディズニーのアニメ映画『101匹わんちゃん』の悪役クルエラ・ド・ヴィルの若き日の姿を描くオリジナルストーリー。エマ・ストーンがクルエラを演じる。ディズニー映画のヴィランとして悪名高い女性を主人公に描くは『マレフィセント』に続く。設定舞台を1960年代のイギリス・ロンドンに設定。パンクミュージックを流すことで時代をうまく表している。
SF映画

映画『バットマン』ネタバレ・あらすじ「ヴィラン応援映画誕生」感想「ジャック・ニコルソン怪演」結末「“オスカー”前のキム・ベイシンガー必見!」

映画『バットマン』ネタバレ・あらすじ「ヴィラン応援映画誕生」感想「ジャック・ニコルソン怪演」結末「“オスカー”前のキム・ベイシンガー必見!」映画『バットマン』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『バットマン』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『バットマン』の作品情報・概要『バットマン』原題『Batman』DCコミックスによる同名のアメリカン・コミックス『バットマン』を原作としている。1989年待望の映画化。アメリカ製作。アクション・SF・サアスペンス映画。『ビートルジュース』を大ヒットさせて、評価を得たティム・バートン監督。主演はマイケル・キートン(映画『トイ・ストーリー3』)。ジョーカー役には名優ジャック・ニコルソン(映画『シャイニング』や映画『カーライル ニューヨークが恋したホテル』)。『L.A.コンフィデンシャル』でオスカーを受賞する女優キム・ベイシンガーの演技も初々しい。ロバート・ウール、パット・ヒングル(映画『ガントレット』や『ダーティハリー4』)、ビリー・ディー・ウィリアムズ(映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』)、マイケル・ガフ、ジャック・パランス、ジェリー・ホール、トレイシー・ウォルター(映画『ハンター』)、リー・ウォレス、ウィリアム・フットキンスらが出演。
2020年製作

映画『アメリカン・ユートピア』ネタバレ・あらすじ「映画館で観るべし!」感想「アメリカに理想郷はない」結末「アメリカの終焉」

映画『アメリカン・ユートピア』ネタバレ・あらすじ「映画館で観るべし!」感想「アメリカに理想郷はない」結末「アメリカの終焉」映画『アメリカン・ユートピア』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『アメリカン・ユートピア』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『アメリカン・ユートピア』の作品情報・概要アメリカの伝説的なパンクグループ「トーキング・ヘッズ」のボーカルだったデビッド・バーンが2018年に発表したアルバム「アメリカン・ユートピア」を原案に作られたブロードウェイ舞台を映像化。監督は『マルコムX』や「ブラック・クランズマン」のスパイク・リー監督。舞台ではあらゆる国籍の人間が「歌って、踊って、演奏」を繰り広げて構成されている。一切のケーブルを排除して、生演奏、生歌唱で行われている。照明の美しさも秀逸。スパイク・リーの撮影と編集テクニックに惚れ惚れする。
2021年製作

映画『クワイエット・プレイス 破られた沈黙』ネタバレ・あらすじ「大感動の家族愛映画」感想「ミリセント・シモンズを応援したい」結末「続編は恋して欲しい」

映画『クワイエット・プレイス 破られた沈黙』ネタバレ・あらすじ「大感動の家族愛映画」感想「ミリセント・シモンズを応援したい」結末「続編は恋して欲しい」映画『クワイエット・プレイス 破られた沈黙』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『クワイエット・プレイス 破られた沈黙』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『クワイエット・プレイス 破られた沈黙』の作品情報・概要『クワイエット・プレイス 破られた沈黙』原題『A Quiet Place: Part II』2020年に製作されたアメリカ合衆国のホラー映画で2018年に公開されたホラー映画『クワイエット・プレイス』の続編。ジョン・クラシンスキー監督作品。主演はエミリー・ブラント(映画『プラダを着た悪魔』)。キリアン・マーフィ、ミリセント・シモンズ、ノア・ジュプ(映画『ハニーボーイ』や映画『フォードvsフェラーリ』)、ジャイモン・フンスー(映画『チャーリーズ・エンジェル』)らが出演。監督は「成長した子供たち(リーガンとマーカス)に焦点を当てている。2人は世界を探検すると共に、自分の身を自分で守る術を習得していくのです」と述べている。
お茶の間映画館

映画『ワイルドバンチ』ネタバレ・あらすじ「西部劇ナンバーワン」感想「巨匠サム・ペキンパー最高傑作」結末「後世のフィルメメーカーに影響大」

映画『ワイルドバンチ』ネタバレ・あらすじ「西部劇ナンバーワン」感想「巨匠サム・ペキンパー最高傑作」結末「後世のフィルメメーカーに影響大」映画『ワイルドバンチ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ワイルドバンチ』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ワイルドバンチ』の作品情報・概要『ワイルドバンチ』原題『The Wild Bunch』1969年製作のアメリカ合衆国の西部劇映画。サム・ペキンパー監督作品。ペキンパーの最高傑作であり、「最後の西部劇」と呼ばれている。「アメリカン・ニューシネマ」の代表的な映画。かつて強盗団として鳴らした“ワイルドバンチ”は今は老齢の集団となっている。彼らは時代の波に乗れなかった無法者であるが、最後には仲間の葬いのために男を美学を貫く。
2021.06.30
お茶の間映画館

映画『ダイヤルMを廻せ!』ネタバレ・あらすじ「グレース・ケリーが美人すぎる」感想「浮気したからこんな事件になった」結末「ヒッチコックは観客の心を振動させる」

映画『ダイヤルMを廻せ!』ネタバレ・あらすじ「グレース・ケリーが美人すぎる」感想「浮気したからこんな事件になった」結末「ヒッチコックは観客の心を振動させる」 映画『ダイヤルMを廻せ!』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ダイヤルMを廻せ!』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ダイヤルMを廻せ!』の作品情報・概要『ダイヤルMを廻せ!』原題『Dial M for Murder』1954年のアメリカ合衆国のサスペンス・ミステリー映画。アルフレッド・ヒッチコック監督作品。レイ・ミランド、グレース・ケリー、ロバート・カミングス、ジョン・ウィリアムズ、アンソニー・ドーソン、レオ・ブリット、パトリック・アレン、ジョージ・リー、ジョージ・アルダーソンら。妻の浮気を知った男が完全殺人を計画しし、実行する。
2020年製作

映画『カムバック・トゥ・ハリウッド!!』ネタバレ・あらすじ「同窓会に行きたくなる」感想「年老いた役者を観るには辛い」結末「コメディとしてはオッケー」

映画『カムバック・トゥ・ハリウッド!!』ネタバレ・あらすじ「同窓会に行きたくなる」感想「年老いた役者を観るには辛い」結末「コメディとしてはオッケー」映画『カムバック・トゥ・ハリウッド!!』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『カムバック・トゥ・ハリウッド!!』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『カムバック・トゥ・ハリウッド!!』の作品情報・概要『カムバック・トゥ・ハリウッド!!』原題『The Comeback Trail』2020年のアメリカ合衆国のクライムコメディ映画。ジョージ・ギャロ監督作品。脚本家ハリー・ハーウィッツの『The Comeback Trail』のリメイク作品。年老いた映画プロデューサー役のロバート・デ・ニーロ(映画『アイリッシュマン』や映画『ゴッドファーザーPARTII』)、引退した往年の大スターをトミー・リー・ジョーンズ(映画『アド・アストラ』)、老齢なギャングのボスをモーガン・フリーマン(映画『ショーシャンクの空に』や映画『インビクタス/負けざる者たち』や映画『許されざる者(1992)』)が演じている。
2020年製作

映画『グリーンランド 地球最後の2日間』ネタバレ・あらすじ「隕石落下の危機で家族再生」感想「CGの完成度は高い」結末「人類は滅びないのか?」

映画『グリーンランド 地球最後の2日間』ネタバレ・あらすじ「隕石落下の危機で家族再生」感想「CGの完成度は高い」結末「人類は滅びないのか?」映画『グリーンランド 地球最後の2日間』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『グリーンランド 地球最後の2日間』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『グリーンランド 地球最後の2日間』の作品情報・概要『グリーンランド -地球最後の2日間-』原題『Greenland』2020年のアメリカ合衆国の災害映画(ディザスター映画)リック・ローマン・ウォー監督作品。出演はジェラルド・バトラー、モリーナ・バッカリン、デビッド・デンマン、ホープ・デイビス ロジャー・デイル・フロイド、アンドリュー・バイロン・バチェラー、メリン・ダンジー ホルト・マッキャラニー、デイル(スコット・グレンら。地球に無数の隕石が落下してくる。選ばれた人間だけがシェルターに避難できる。その場所はグリーンランド。離婚危機の男が家族再生を目指して奮闘する。
2020年製作

映画『アオラレ』ネタバレ・あらすじ「アオリ運転はダメ!」感想「ラッセル・クロウの豹変ぶりに恐怖」結末「謝って逃げるが勝ち」です

映画『アオラレ』ネタバレ・あらすじ「アオリ運転はダメ!」感想「ラッセル・クロウの豹変ぶりに恐怖」結末「謝って逃げるが勝ち」です 映画『アオラレ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『アオラレ』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認くださいYouTubeで予告映像もご覧ください。映画『アオラレ』の作品情報・概要『アオラレ』原題『Unhinged』2020年に公開されたアメリカ合衆国のスリラー映画。デリック・ボルテ監督作品。主演はラッセル・クロウ。原題を直訳すると「不安定な」となる。現代アメリカの社会問題である、自動車運転のマナーから起きる事件をモチーフに製作。交通渋滞、無用なクラクション、無理な割り込みと追い越し、そして“アオリ運転”から発生する傷害、殺人事件を浮き彫りにしている。実際はどこの国でも起きている問題を映像化。ラッセル・クロウの演技が秀逸。
お茶の間映画館

映画『見知らぬ乗客』ネタバレ・あらすじ「妻を憎む心の隙間に入り込む悪魔」感想「巧みな話術に引き込まれてしまう」結末「犯罪をしなくて良かった」

映画『見知らぬ乗客』ネタバレ・あらすじ「妻を憎む心の隙間に入り込む悪魔」感想「巧みな話術に引き込まれてしまう」結末「犯罪をしなくて良かった」 映画『見知らぬ乗客』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『見知らぬ乗客』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認くださいYouTubeで予告映像もご覧ください。映画『見知らぬ乗客』の作品情報・概要『見知らぬ乗客』原題『Strangers on a Train』1951年のアメリカ合衆国のサイコスリラー映画。アルフレッド・ヒッチコック監督作品。出演はファーリー・グレンジャー、ルース・ローマン、ロバート・ウォーカー、レオ・G・キャロル、パトリシア・ヒッチコック、ケイシー・ロジャースら。女流小説家のパトリシア・ハイスミスの同名小説を作家レイモンド・チャンドラーらが脚色して映画化。善人である人間の弱点をつくことで、悪の行いへと誘うことも容易ことを巧みな演出を持って描写している。第24回アカデミー賞撮影賞(白黒部門)にてロバート・バークスがノミネートされたが受賞を逃す。
お茶の間映画館

映画『市民ケーン』ネタバレ・あらすじ「世界最高映画君臨!」感想「真実の愛を求めた男?」結末「「オーソン・ウェルズの悲劇が始まる」

映画『市民ケーン』ネタバレ・あらすじ「世界最高映画君臨!」感想「真実の愛を求めた男?」結末「「オーソン・ウェルズの悲劇が始まる」映画『市民ケーン』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『市民ケーン』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『市民ケーン』の作品情報・概要『市民ケーン』原題『 Citizen Kane』1941年公開のアメリカ映画。オーソン・ウェルズの監督デビュー作品。製作・脚本・主演も兼任。世界映画史上のベストワンとして高く評価されている。アメリカ実在の新聞王ウィリアム・ランドルフ・ハーストをモデルとしている。それまでの映画撮影の常識を超えたパン・フォーカス、長回し、ローアングル、クレーン撮影、特殊メイク、フラッシュバックによる脚本などを取り入れ、後年の映画製作に多大な影響を与えた。第14回アカデミー賞では作品賞など9部門にノミネートされたが、脚本賞のみの受賞に留まった。ハーストが権力を使って、受賞を阻止したと言われている。
SF映画

「クイーンが音楽担当」映画『フラッシュ・ゴードン』ネタバレ・あらすじ「フレディ・マーキュリーが“アアア”と叫ぶ」感想「ジョージ・ルーカスに影響を与えた」結末「B級SF映画としてはマニア垂涎」

「クイーンが音楽担当」映画『フラッシュ・ゴードン』ネタバレ・あらすじ「フレディ・マーキュリーが“アアア”と叫ぶ」感想「ジョージ・ルーカスに影響を与えた」結末「B級SF映画としてはマニア垂涎」映画『フラッシュ・ゴードン』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『フラッシュ・ゴードン』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『フラッシュ・ゴードン』の作品情報・概要『フラッシュ・ゴードン』原作『Flash Gordon』1980年のアメリカ合衆国のSF映画。マイク・ホッジス監督作品。製作はディノ・デ・ラウレンティス(映画『道』)出演はサム・ジョーンズ、メロディ・アンダーソン、オルネラ・ムーティ、マックス・フォン・シドー、トポル、ティモシー・ダルトン(映画『トイ・ストーリー3』)、マリアンジェラ・メラート、ブライアン・ブレスド、ピーター・ウィンガードら。アメリカのコミック・ストリップ(新聞連載漫画)であり、同名の主人公が活躍するスペースオペラである。『スター・ウォーズ』シリーズのジョージ・ルーカスが愛読しており、映画化を望んでいた。音楽は世界的なロックバンド・クイーンが担当。主題歌「フラッシュのテーマ」のフレディ・マーキュリーの絶叫が印象的。
お茶の間映画館

映画『スタンド・バイ・ミー』ネタバレ・あらすじ「リバー・フェニックスの輝きを観よ!」感想「12歳の悩みは家庭環境」結末「“死体探し”で少年から大人への成長物語」

映画『スタンド・バイ・ミー』ネタバレ・あらすじ「リバー・フェニックスの輝きを観よ!」感想「12歳の悩みは家庭環境」結末「“死体探し”で少年から大人への成長物語」映画『スタンド・バイ・ミー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『スタンド・バイ・ミー』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『スタンド・バイ・ミー』の作品情報・概要『スタンド・バイ・ミー』原題『Stand by Me』1986年のアメリカ合衆国の青春映画。ロブ・ライナー監督作品。主演はウィル・ウィートン。リヴァー・フェニックス、コリー・フェルドマン、ジェリー・オコンネルなど。原作はスティーヴン・キング。短編集『恐怖の四季』の中に収められた秋の物語『THE BODY』から。ジョン・レノンがカバーしたベン・E・キングの歌曲『スタンド・バイ・ミー』と早逝してカリスマとなったリヴァー・フェニックスのイメージもヒットの後押しとなっている。
2020年製作

映画『ジェントルメン』ネタバレ・あらすじ「マドンナの元夫ガイ・リッチー最新作」感想「大麻ビジネスの群像劇」結末「ヘンリー・ゴールディングを応援しよう!」

映画『ジェントルメン』ネタバレ・あらすじ「マドンナの元夫ガイ・リッチー最新作」感想「大麻ビジネスの群像劇」結末「ヘンリー・ゴールディングを応援しよう!」映画『ジェントルメン』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ジェントルメン』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ジェントルメン』の作品情報・概要『ジェントルメン』原題『The Gentlemen』2019年のアメリカ合衆国・イギリスのアクション映画。ガイ・リッチー監督作品。マシュー・マコノヒー、チャーリー・ハナム、ヘンリー・ゴールディング ミシェル・ドッカリー ジェレミー・ストロング エディ・マーサン コリン・ファレル ヒュー・グラントらが出演。大麻ビジネスを主軸に展開する騙し合いの群像劇。
2020年製作

映画『スプリー』ネタバレ・あらすじ「SNSの歓喜と悲劇」感想「承認欲求がもたらすものは?」結末「ユージーン・コトリャレンコ監督時代が来る!」

映画『スプリー』ネタバレ・あらすじ「SNSの歓喜と悲劇」感想「承認欲求がもたらすものは?」結末「ユージーン・コトリャレンコ監督時代が来る!」映画『スプリー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『スプリー』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『スプリー』の作品情報・概要映画『スプリー』 原題『Spree』2020年アメリカ製作のジェットコースタースリラー映画。ジョー・キーリー主演(Netflixドラマ『ストレンジャー・シングス 未知の世界』)監督はウクライナの新進気鋭ユージーン・コトリャレンコ監督。SNSの恐怖と不条理を描いている。「注目されたい」からSNSを駆使して拡散し「承認欲求」を満たしていく現代人ならでは、歓喜と恐怖と悲劇を独特の世界観とスピード感を用いて描いている。
お茶の間映画館

映画『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』ネタバレ・あらすじ「映画史に残る夫婦喧嘩」感想「『タイタニック』後の二人」結末「ディカプリオとウィンスレットは名優になった」

映画『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』ネタバレ・あらすじ「映画史に残る夫婦喧嘩」感想「『タイタニック』後の二人」結末「ディカプリオとウィンスレットは名優になった」映画『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。 映画『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』の作品情報・概要『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』原題『Revolutionary Road』は、2008年のイギリス・アメリカ合衆国のドラマ映画。タイトルはアメリカ・コネチカット州の「レボリューショナリー・ロード」に由来する。監督はサム・メンデス(映画『1917 命をかけた伝令』)、出演はレオナルド・ディカプリオ(映画『タイタニック(1997)』や映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』や映画『仮面の男』)とケイト・ウィンスレット(映画『タイタニック(1997)』)など。原作はリチャード・イェーツが1961年出版の小説『家族の終わりに(英語版)』から。キャスリン・ハーン(『スパイダーマン:スパイダーバース』)、マイケル・シャノン、デビッド・ハーバー、キャシー・ベイツ(映画『ミッドナイト・イン・パリ』や映画『リチャード・ジュエル』や映画『ビリーブ 未来への大逆転』)らが出演。
2021.05.12
お茶の間映画館

映画『タイタニック(1997)』ネタバレ・あらすじ「船上の『ロミオとジュリエット』」感想「ディカプリオ若い&ケイト・ウィンスレット17歳?」結末「ジェームズ・キャメロンが描く“格差社会”という船」

映画『タイタニック(1997)』ネタバレ・あらすじ「船上の『ロミオとジュリエット』」感想「ディカプリオ若い&ケイト・ウィンスレット17歳?」結末「ジェームズ・キャメロンが描く“格差社会”という船」 映画『タイタニック(1997)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『タイタニック(1997)』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『タイタニック(1997)』の作品情報・概要『タイタニック』原題『Titanic』ジェームズ・キャメロン監督・脚本(映画『エイリアン2』)による1997年のアメリカ映画。沈みゆく豪華客船の中で描く『ロミオとジュリエット』的悲恋映画。上流階級と下層階級の人間模様を描いた傑作である。レオナルド・ディカプリオ(映画『仮面の男』や映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』)とケイト・ウィンスレット主演。ビリー・ゼイン(映画『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2』)、フランシス・フィッシャー(映画『許されざる者(1992)』や映画『トゥルー・クライム』)、バーナード・ヒル、キャシー・ベイツ(映画『ミッドナイト・イン・パリ』や映画『リチャード・ジュエル』や映画『ビリーブ 未来への大逆転』)、グロリア・スチュアートらが出演。全世界で興行収入は21.9億ドルに達する。『ジュラシック・パーク』(1993年)を抜く。第70回アカデミー賞(1998年のアカデミー賞)において、作品賞、監督賞、撮影賞、美術賞、主題歌賞、音楽賞、衣裳デザイン賞、視覚効果賞、音響効果賞、音響賞、編集賞の11部門で受賞した。セリーヌ・ディオンが歌う主題歌「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」大ヒットした。
2021.05.12
お茶の間映画館

映画『荒野の七人』ネタバレ・あらすじ「黒澤明は偉大なり!」感想「ユル・ブリンナーとスティーブ・マックイーンの水面下の戦い」結末「インディアン(ネイティブアメリカン)に寄り添った物語」

映画『荒野の七人』ネタバレ・あらすじ「黒澤明は偉大なり!」感想「ユル・ブリンナーとスティーブ・マックイーンの水面下の戦い」結末「インディアン(ネイティブアメリカン)に寄り添った物語」 映画『荒野の七人』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『荒野の七人』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『荒野の七人』の作品情報・概要『荒野の七人』原題『The Magnificent Seven』1960年のアメリカ合衆国の西部劇映画。 ジョン・スタージェス監督作品。ユル・ブリンナー主演。スティーブ・マックイーン、チャールズ・ブロンソン、ジェームズ・コバーン、ホルスト・ブッフホルツ、ロバート・ボーン、ブラッド・デクスター、イーライ・ウォラックらが出演。 黒澤明監督の日本映画『七人の侍』(1954年)の舞台を西部開拓時代のメキシコに移して描いたリメイク映画。第二作『続・荒野の七人』(1966年)、第三作『新・荒野の七人 馬上の決闘』(1969年)、第四作『荒野の七人・真昼の決闘』(1972年)などの続編が製作されることになる。音楽のエルマー・バーンスタインの名声を高めた。旋律は早坂文雄さんに似ている。
お茶の間映画館

映画『天国の日々』ネタバレ・あらすじ「『ノマドランド』の多大な影響」感想「マジック・アワーは神の時間」結末「リチャード・ギアのダメっぷりが良い」

映画『天国の日々』ネタバレ・あらすじ「『ノマドランド』の多大な影響」感想「マジック・アワー神の時間」結末「リチャード・ギアのダメっぷりが良い」映画『天国の日々』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『天国の日々』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『天国の日々』の作品情報・概要『天国の日々』原題『Days of Heaven』1978年のアメリカ製作の映画。テレンス・マリック監督作品(映画『名もなき生涯』や映画『ソング・トゥ・ソング』)撮影はネストール・アルメンドロスとハスケル・ウェクスラー。音楽はエンニオ・モリコーネ(『荒野の用心棒』や映画『ザ・シークレット・サービス』や映画『ニュー・シネマ・パラダイス』)。マジック・アワー(魔法の時間)のみで撮影し、世界中のフィルムメーカーに多大な影響を与えた。【第93回アカデミー賞総括】『ノマドランド』が作品賞、監督賞、主演女優賞の主要3部門含む3冠を達成したクロエ・ジャオ監督もその一人。リチャード・ギア主演(映画『プリティ・ウーマン』や映画『愛と青春の旅だち』)。リンダ・マンズ、サム・シェパード、ブルック・アダムス、スチュアート・マーゴリン。
2019年製作

映画『ドリームランド』ネタバレ・あらすじ「“美乳”マーゴット・ロビー 」感想「アメリカン・ニューシネマになれない」結末「ハンサムなフィン・コール」

映画『ドリームランド』ネタバレ・あらすじ「“美乳”マーゴット・ロビー 」感想「アメリカン・ニューシネマになれない」結末「ハンサムなフィン・コール」映画『ドリームランド』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ドリームランド』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ドリームランド』の作品情報・概要『ドリームランド』原題『Dreamland』2019年に公開されたアメリカ合衆国のスリラー映画。マイルズ・ジョリス=ペイラフィット監督作品。主演はマーゴット・ロビー(映画『スキャンダル』や映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』や映画『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』)。フィン・コール 、トラビス・フィメル 、ケリー・コンドン 、ダービー・キャンプ 、ギャレット・ヘドランドらが共演。アメリカン・ニューシネマの名作『俺たちに明日はない』原題『Bonnie and Clyde』にインスパイアされている。登場人物に良心を持たせたことが不評の原因につながったと分析している。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました