アメリカ映画

スポンサーリンク
2021年製作

映画『コーダ あいのうた』ネタバレ・あらすじ「涙腺決壊間違いなし!」感想「頑張る女子高校生を応援!」結末「CODAの意味は?」

映画『コーダ あいのうた』ネタバレ・あらすじ「涙腺決壊間違いなし!」感想「頑張る女子高校生を応援!」結末「CODAの意味は?」映画『コーダ あいのうた』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『コーダ あいのうた』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画コーダ あいのうた『』の作品情報・概要『コーダ あいのうた』原題『CODA』シアン・ヘダー監督・脚本作品。2021年アメリカ・フランス・カナダ合作のコメディドラマ映画である。聴覚障害者の両親をもつ子供(コーダ)である10代の少女の葛藤を描いている。歌の才能があることがわかるが、聴覚障害者の父母と兄を助けなければいけない。「夢をとるか家族をとるか」を悩む女子高校生が成長していく。2014年のフランス映画『エール!』の英語リメイクである。実際に聴覚障害者である俳優が出演したことも大きな評価となっている。ワールド・プレミアは2021年1月28日にサンダンス映画祭で行われた。Appleは映画祭史上最高額となる2500万ドルでこの映画の配給権を獲得した。劇場と配信サービスのApple TV+で公開されて大絶賛される。第79回ゴールデングローブ賞ドラマ映画賞と映画助演男優賞にノミネートされた。エミリア・ジョーンズ、トロイ・コッツァー、マーリー・マトリン、ダニエル・デュラント、フェルディア・ウォルシュ=ピーロ、エウヘニオ・デルベス 、エイミー・フォーサイスらが出演。
2021年製作

映画『スティルウォーター』ネタバレ・あらすじ「マルセイユが舞台」感想「マット・デイモンの後ろ姿が良い」結末「ブルーカラーが頑張る映画!」

映画『スティルウォーター』ネタバレ・あらすじ「マルセイユが舞台」感想「マット・デイモンの後ろ姿が良い」結末「ブルーカラーが頑張る映画!」映画『スティルウォーター』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『スティルウォーター』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『スティルウォーター』の作品情報・概要『スティルウォーター』原題『Stillwater』2021年のアメリカ合衆国製作の犯罪ドラマ映画。トム・マッカーシー監督作品。マーカス・ヒンチー、トーマス・ビデゲイン、ノエ・ドゥブレらが共同で脚本執筆。出演はマット・デイモン(映画『フォードvsフェラーリ』)、 カミーユ・コッタン(映画『ハウス・オブ・グッチ』)、アビゲイル・ブレスリン、リル・シャウバウ、イディル・アズーリら。
2022.01.17
2021年製作

映画『ハウス・オブ・グッチ』ネタバレ・あらすじ「レディー・ガガ悪女適役」感想「ジャレッド・レトのメイク」結末「グッチ崩壊招いたパトリツィアは獄中で悠々生活」

映画『ハウス・オブ・グッチ』ネタバレ・あらすじ「レディー・ガガ悪女適役」感想「ジャレッド・レトのメイク」結末「グッチ崩壊招いたパトリツィアは獄中で悠々生活」映画『ハウス・オブ・グッチ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ハウス・オブ・グッチ』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ハウス・オブ・グッチ』の作品情報・概要『ハウス・オブ・グッチ』原題『House of Gucci』2021年公開のアメリカ合衆国の伝記クライム映画。リドリー・スコット監督作品(映画『エイリアン』や映画『ドーナツキング』)。サラ・ゲイ・フォーデン原作のノンフィクション『ザ・ハウス・オブ・グッチ』(The House of Gucci: A Sensational Story of Murder, Madness, Glamour, and Greed)が原作。パトリツィア・レッジアーニとマウリツィオ・グッチを軸に世界的ファッションブランド「グッチ」の創業者グッチ家の経営権争いと、マウリツィオ・グッチ殺害事件を描いている。レディー・ガガ(映画『アリー/スター誕生』)、アダム・ドライバー(映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』や映画『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』や『ブラック・クランズマン』)、ジャレッド・レト、ジェレミー・アイアンズ(映画『仮面の男』)、サルマ・ハエック(映画『エターナルズ』や映画『ハミングバード・プロジェクト 0.001秒の男たち』)、アル・パチーノ(映画『スケアクロウ』や映画『アイリッシュマン』や映画『ゴッドファーザーPARTII』や映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』)が出演している。実際に起きた史実ならびに事件を忠実に再現している。さらに現存するグッチ家の人々の実名を用いて製作されたことが話題となっている。
2022.01.15
2021年製作

映画『クライ・マッチョ』ネタバレ・あらすじ「クリント・イーストウッド集大成か!」感想「意味は男らしく泣け」結末「人生はまだ続く」

映画『クライ・マッチョ』ネタバレ・あらすじ「クリント・イーストウッド集大成か!」感想「男らしく泣け」結末「人生はまだ続く」映画『クライ・マッチョ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『クライ・マッチョ』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。 映画『クライ・マッチョ』の作品情報・概要『クライ・マッチョ』原題『Cry Macho』 2021年のアメリカ合衆国のネオウェスタンドラマ映画。監督・製作・主演をクリント・イーストウッド。本作で監督デビュー50年、40作目となる。N・リチャード・ナッシュが執筆した同名タイトルの小説を映画化。エドゥアルド・ミネット、ナタリア・トラベン、ドワイト・ヨーカム、フェルナンダ・ウレホラらが出演。脚本はニック・シェンクとN・リチャード・ナッシュが担当。イーストウッドは『許されざる者』(92)以来、30年ぶりに乗馬した。
2022.01.17
2021年製作

映画『スパイダーマン ノー・ウェイ・ホーム』ネタバレ・あらすじ「まさかの同窓会映画!」感想「トビーが来たあ!」結末「続編あるでしょ!」

映画『スパイダーマン ノー・ウェイ・ホーム』ネタバレ・あらすじ「まさかの同窓会映画!」感想「トビーが来たあ!」結末「続編あるでしょ!」映画『スパイダーマン ノー・ウェイ・ホーム』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『スパイダーマン ノー・ウェイ・ホーム』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』原題『Spider-Man: No Way Home』マーベル・コミックのスーパーヒーロー『スパイダーマン』をベースとした、2021年のアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画。ジョン・ワッツ監督作品。脚本はクリス・マッケナ、エリック・ソマーズ。出演はトム・ホランド、ゼンデイヤ、ベネディクト・カンバーバッチ、ジェイコブ・バタロン、アルフレッド・モリーナ、ジョン・ファブロー、ジェイミー・フォックス、ウィレム・デフォー、ベネディクト・ウォン、マリサ・トメイ、トニー・レボロリ、J・K・シモンズ。コロンビア ピクチャーズとマーベル・スタジオが共同で製作し、ソニー・ピクチャーズ リリーシングが配給。『スパイダーマン:ホームカミング』(2017年)、『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』(2019年)に次ぐシリーズ3作目であり、「マーベル・シネマティック・ユニバース」(MCU)の27作目である。『スパイダーマン』シリーズ完結作品と言われている。
2022.01.13
2020年製作

映画『ドーナツキング』ネタバレ・あらすじ「カンボジアの勉強になる」感想「アメリカン・ドリームから地獄へ」結末「ドーナツの甘い“糖”が誘う負のスパイラル」

映画『ドーナツキング』ネタバレ・あらすじ「カンボジアの勉強になる」感想「アメリカン・ドリームから地獄へ」結末「ドーナツの甘い“糖”が誘う負のスパイラル」 映画『ドーナツキング』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ドーナツキング』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ドーナツキング』の作品情報・概要 『ドーナツキング』2020年アメリカ製作のドキュメンタリー映画。リドリー・スコット(映画『エイリアン』)が製作総指揮。アリス・グー監督作品。内戦からアメリカへ移民として渡ったテッド・ノイのアメリカン・ドリームを手にしたが、ギャンブル依存に陥りすべてを失う物語を主軸に描く。移民国家アメリカの光と陰の現実を描くと同時に、「一度成功を手にした人間は再起を目指す」強い商魂も描いている。
2021年製作

映画『キングスマン ファースト・エージェント』ネタバレ・あらすじ「イギリスのスパイは世界を制する」感想「コメディとして楽しめる」結末「次回作は日本人が登場するかも」

映画『キングスマン ファースト・エージェント』ネタバレ・あらすじ「イギリスのスパイは世界を制する」感想「コメディとして楽しめる」結末「次回作は日本人が登場するかも」 映画『キングスマン ファースト・エージェント』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『キングスマン ファースト・エージェント』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください映画『キングスマン ファースト・エージェント』の作品情報・概要『キングスマン:ファースト・エージェント』原題『The King's Man』2021年公開のイギリス・アメリカ合衆国のアクションスパイ映画。マシュー・ヴォーン監督作品。脚本はヴォーンとカール・ガイダシェク。レイフ・ファインズ(映画『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』や映画『オフィシャル・シークレット』)、ハリス・ディキンソン、ジャイモン・フンスー(映画『クワイエット・プレイス 破られた沈黙』や映画『チャーリーズ・エンジェル』)、ジェマ・アータートン、リス・エバンス(映画『アベンジャーズ エンドゲーム』や映画『アベンジャーズ』や映画『ノッティングヒルの恋人』や映画『オフィシャル・シークレット』)、トム・ホランダー(映画『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』や映画『ボヘミアン・ラプソディ』)、チャールズ・ダンス(映画『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』)、マシュー・グード、ダニエル・ブリュール、バレリー・パフナー(映画『名もなき生涯』)、ジョエル・バズマン、アーロン・ボドボス、アーロン・テイラー=ジョンソン、ブランカ・カティチ、イアン・ケリーらが出演する。「キングスマン」シリーズでは3作目となる。第一次世界大戦前夜の時代を舞台に、イギリスのスパイ機関「キングスマン」の誕生の秘話を描く。
2019年製作

映画『ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男』ネタバレ・あらすじ「テフロン製品を捨てたくなる」感想「日本は大丈夫か?」結末「アメリカのフィルムメーカーは勇気ある」

映画『ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男』ネタバレ・あらすじ「テフロン製品を捨てたくなる」感想「日本は大丈夫か?」結末「アメリカのフィルムメーカーは勇気ある」映画『ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男』の作品情報・概要『ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男』原題『Dark Waters』は、2019年のアメリカ合衆国のスリラー映画。トッド・ヘインズ監督作品。主演はマーク・ラファロ(映画『アベンジャーズ エンドゲーム』)。共演はアン・ハサウェイ(映画『プラダを着た悪魔』)、ティム・ロビンス(映画『ショーシャンクの空に』)、ビル・キャンプ(映画『ジョーカー』や映画『ワイルドライフ』や『バイス』)、ヴィクター・ガーバー(映画『タイタニック(1997)』)、メア・ウィニンガム、ビル・プルマン(映画『めぐり逢えたら』)ら。世界的な大企業デュポンの隠蔽を暴き出す。勇気ある弁護士の闘争を十数年に渡り描き出す。
2021年製作

映画『マトリックス レザレクションズ』ネタバレ・あらすじ「キアヌ・リーブスはやっぱりカッコいい」感想「キャリー=アン・モスは美人だ」結末「ラナ・ウォシャウスキーの才能に驚愕!」

映画『マトリックス レザレクションズ』ネタバレ・あらすじ「キアヌ・リーブスはやっぱりカッコいい」感想「キャリー=アン・モスは美人だ」結末「ラナ・ウォシャウスキーの才能に驚愕!」映画『マトリックス レザレクションズ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『マトリックス レザレクションズ』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『マトリックス レザレクションズ』の作品情報・概要『マトリックス レザレクションズ』原題『The Matrix Resurrections』ラナ・ウォシャウスキーが製作・監督・共同脚本作品。2021年公開のアメリカのSFアクション映画。映画「マトリックス」シリーズの第4作目。キアヌ・リーブス、キャリー=アン・モス、ジェイダ・ピンケット・スミス、ヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世、ランベール・ウィルソン(映画『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』や映画『パリに見出されたピアニスト』)、ダニエル・バーンハード、ジョナサン・グロフ(映画『アナと雪の女王2』映画『アナと雪の女王』)、ジェシカ・ヘンウィック(映画『スター・ウォーズ フォースの覚醒』)、トニール・パトリック・ハリス、プリヤンカー・チョープラー・ジョナス、ジェイダ・ピンケット・スミス、クリスティーナ・リッチ、テルマ・ホプキンスらが出演。性転換したラナ・ウォシャウスキー監督の葛藤・苦悩を乗り越えて、完成した映画。
2021.12.20
2021年製作

映画『ドント・ルック・アップ』ネタバレ・あらすじ「ポンコツアメリカ万歳!」感想「ディカプリオにオーラなし」結末「メリル・ストリープのサイコパス大統領に拍手!」

映画『ドント・ルック・アップ』ネタバレ・あらすじ「ポンコツアメリカ万歳!」感想「ディカプリオにオーラなし」結末「メリル・ストリープのサイコパス大統領に拍手!」 映画『ドント・ルック・アップ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ドント・ルック・アップ』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ドント・ルック・アップ』の作品情報・概要 『ドント・ルック・アップ』原題『Don’t Look Up』アダム・マッケイ脚本・共同製作・監督作品。アメリカのブラックコメディ映画。レオナルド・ディカプリオ(映画『タイタニック(1997)』や映画『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』や映画『仮面の男』)、ジェニファー・ローレンス、ロブ・モーガン、ジョナ・ヒル(映画『mid90s ミッドナインティーズ』や映画『行き止まりの世界に生まれて』や映画『リチャード・ジュエル』)、マーク・ライランス 、タイラー・ペリー(『バイス』や映画『モンタナの目撃者』)、ティモシー・シャラメ(映画『DUNE デューン 砂の惑星』や映画『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』や映画『ビューティフル・ボーイ』) 、ロン・パールマン(映画『塔の上のラプンツェル』) 、アリアナ・グランデ (映画『チャーリーズ・エンジェル』)、スコット・メスカディ 、ケイト・ブランシェット(映画『ソング・トゥ・ソング』)、メリル・ストリープ(映画『プラダを着た悪魔』や映画『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』や映画『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』や映画『マディソン郡の橋』)らが出演。地球に彗星が衝突するまでの日々をアメリカ大統領のバカっぷりと主軸に、SNSという軽薄な潮流をコメディとして描く名作。
2022.01.13
2020年製作

映画『アンテベラム』ネタバレ・あらすじ「アメリカ社会の闇」感想「終わらない人種s差別」結末「胸が締め付けれる物語」

映画『アンテベラム』ネタバレ・あらすじ「アメリカ社会の闇」感想「終わらない人種s差別」結末「胸が締め付けれる物語」映画『アンテベラム』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『アンテベラム』の作品情報・概要『アンテベラム』原題『Antebellum』2020年のアメリカのホラースリラー映画。ジェラルド・ブッシュとクリストファー・レンツが長編監督デビュー作品。ジャネール・モネイ(映画『ハリエット』や映画『マーウェン』)、エリック・ラング、ジェナ・マローン(映画『パブリック 図書館の奇跡』)、ジャック・ヒューストン(映画『アイリッシュマン』)、キアシー・クレモンズらが出演する。米国ではコロナ感染症拡大のため、2020年9月18日にプレミアム・ビデオ・オン・デマンドで公開された。その後、劇場公開へ。
2021年製作

映画『ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ』ネタバレ・あらすじ「年末年始を乗り越えろ!」感想「絶叫するのは体に良い」結末「シリーズ化期待作」

映画『ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ』ネタバレ・あらすじ「年末年始を乗り越えろ!」感想「絶叫するのは体に良い」結末「シリーズ化期待作」映画『ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ』の作品情報・概要 『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』原題『Venom: Let There Be Carnage』マーベル・コミックのキャラクター「ヴェノム」をベースに映画化。2021年のアメリカのスーパーヒーロー映画。アンディ・サーキス監督作品。脚本はケリー・マーセル(映画『クルエラ』)『ヴェノム』(2018年)の続編。トム・ハーディ、ウディ・ハレルソン(映画『ガラスの城の約束』や『記者たち 衝撃と畏怖の真実』)、ミシェル・ウィリアムズらが出演する。
2021.12.20
いじめ・陰湿映画

映画『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』ネタバレ・あらすじ「エマ・ワトソンが綺麗になっていく」感想「いじめ克服映画」結末「魔法使いは性格悪い」

映画『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』ネタバレ・あらすじ「エマ・ワトソンが綺麗になっていく」感想「いじめ克服映画」結末「魔法使いは性格悪い」 映画『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。 映画『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』の作品情報・概要 『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』原題『Harry Potter and the Order of the Phoenix』J・K・ローリングが2003年に発表した、小説『ハリー・ポッター』シリーズの映像化。デビッド・イェーツ監督作品。ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソン、ゲイリー・オールドマン、マイケル・ガンボン、マギー・スミスらが出演。
2021.12.07
2021年製作

映画『ミラベルと魔法だらけの家』ネタバレ・あらすじ「声優・斎藤瑠希さんが素晴らしい」感想「魔法(ギフト)が無くても頑張れる」結末「ディズニーが南米を制する日」

映画『ミラベルと魔法だらけの家』ネタバレ・あらすじ「声優・斎藤瑠希さんが素晴らしい」感想「魔法(ギフト)が無くても頑張れる」結末「ディズニーが南米を制する日」映画『ミラベルと魔法だらけの家』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ミラベルと魔法だらけの家』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ミラベルと魔法だらけの家』の作品情報・概要『ミラベルと魔法だらけの家』原題『Encanto』2021年11月24日に公開されたアメリカ合衆国のコンピュータアニメーション・ファンタジー・ミュージカル映画。バイロン・ハワードとジャレッド・ブッシュ監督作品。ウォルト・ディズニー・ピクチャーズとウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ製作。活気溢れる南米コロンビアの奥地に佇む、魔法の力を持つ不思議な家が舞台。そこに住むマドリガル家に生まれる子どもたちを主軸に展開していく。
いじめ・陰湿映画

映画『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』ネタバレ・あらすじ「ダニエル・ラドクリフってハンサムじゃん」感想「エマ・ワトソンってやっぱり将来性があった」結末「イギリス映画って独特」

映画『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』ネタバレ・あらすじ「ダニエル・ラドクリフってハンサムじゃん」感想「エマ・ワトソンってやっぱり将来性があった」結末「イギリス映画って独特」 映画『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。 映画『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』の作品情報・概要 『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』原題『Harry Potter and the Goblet of Fire』マイク・ニューウェル監督作品。イギリスの児童文学作家、J・K・ローリングが2000年に発表した、子供向けのファンタジー小説『ハリー・ポッター』シリーズの第4巻を映画化した作品(2001年のヒューゴー賞(長編小説)を受賞)ホグワーツ魔法魔術学校の4年生となったハリー・ポッター(ダニエル・ラドクリフ) が、望まないまま三大魔法学校対抗試合の選手となり、その裏に史上最悪の魔法使いヴォルデモート卿(レイフ・ファインズ)の謀略を感じつつ、厳しい試練に立ち向かう一年間を描く。ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソン、ゲイリー・オールドマン、マイケル・ガンボン、マギー・スミス、アラン・リックマン、ロビー・コルトレーンらが出演。興行収入110億円。
2021年製作

映画『エターナルズ』ネタバレ・あらすじ「アンジェリーナ・ジョリー案外良いかも」感想「ヒーローが多すぎる」結末「マーベルは観なきゃいけない!という強迫観念」

映画『エターナルズ』ネタバレ・あらすじ「アンジェリーナ・ジョリー案外良いかも」感想「ヒーローが多すぎる」結末「マーベルは観なきゃいけない!という強迫観念」映画『エターナルズ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『エターナルズ』IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『エターナルズ』の作品情報・概要『エターナルズ』原題『Eternals』クロエ・ジャオが監督作品(映画『ノマドランド』)。マーベル・コミックの同名の種族をベースとした、2021年のアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画。マーベル・スタジオが製作。ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズが配給。マーベル・シネマティック・ユニバースの第26作目。ジャオとパトリック・バーリー、ライアン・フィルポ、マシュー・フィルポが脚本を務め、ジェンマ・チャン(映画『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』)、リチャード・マッデン(映画『ロケットマン』)、クメイル・ナンジアニ、リア・マクヒュー、ブライアン・タイリー・ヘンリー、ローレン・リドロフ、バリー・コーガン(映画『アメリカン・アニマルズ』)、ドン・リー(映画『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』)、キット・ハリントン、サルマ・ハエック(映画『ハミングバード・プロジェクト 0.001秒の男たち』)、アンジェリーナ・ジョリー(映画『モンタナの目撃者』)らが出演。半分に減った地球の人口が戻った後、地球にある危機が迫り、セレスティアルズによって生み出され7000年以上人類を導き見守り地球で密かに暮らしていた不死の宇宙種族エターナルズは邪悪なディヴィアンツから地球を守ることになり、再び集結することとなる。
2021年製作

映画『ハロウィン KILLS』ネタバレ・あらすじ「アメリカのキッズの恐怖!ブギーマンってなに?」感想「予定調和有り!安心して観よう!」結末「歓迎!シリーズ化」

映画『ハロウィン KILLS』ネタバレ・あらすじ「アメリカのキッズの恐怖!ブギーマンってなに?」感想「予定調和有り!安心して観よう!」結末「歓迎!シリーズ化」映画『ハロウィン KILLS』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ハロウィン KILLS』IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ハロウィン KILLS』の作品情報・概要『ハロウィン KILLS』原題『Halloween Kills』2021年公開予定のアメリカ合衆国のスラッシャー映画。デヴィッド・ゴードン・グリーン監督作品。脚本はグリーン、ダニー・マクブライド、スコット・ティームスが務める。2018年の『ハロウィン』の続編。ジェイミー・リー・カーティス(映画『ハロウィン』)、ジュディ・グリア(映画『ジュラシック・ワールド』や映画『ジョン・デロリアン』)、アンディ・マティチャック、ジェームズ・ジュード・コートニー、アンソニー・マイケル・ホール、カイル・リチャーズ、ウィル・パットン(映画『ミナリ』)、トーマス・マン、ナンシー・スティーブンス、ニック・キャッスル、ディラン・アーノルドらが出演。「ハロウィン」フランチャイズの第12作目。予定調和のスプラッター&ホラー映画です。
2021年製作

映画『ロン 僕のポンコツ・ボット』ネタバレ・あらすじ「Bボットが欲しい」感想「ドラえもんみたい」結末「ほのぼのする映画」

映画『ロン 僕のポンコツ・ボット』ネタバレ・あらすじ「Bボットが欲しい」感想「ドラえもんみたい」結末「ほのぼのする映画」映画『ロン 僕のポンコツ・ボット』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ロン 僕のポンコツ・ボット』IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。 映画『ロン 僕のポンコツ・ボット』の作品情報・概要『ロン 僕のポンコツ・ボット』原題『Ron’s Gone Wrong』イギリス、アメリカ合衆国のコンピュータ・アニメーションのSFコメディ映画。ロックスミス・アニメーションの初の作品。ディズニーと20世紀スタジオが配給する唯一の作品となる。「Bボット」とは、最新式のロボット型デバイス。ネット、写真、通話、TV、ゲーム、音楽といったあらゆるデジタル機能に加えて、持ち主にピッタリな友達も見つけ出してくれるという夢のような存在である。ザック・ガリフィアナキス、ジャック・ディラン・グレイザー(映画『IT イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』)、オリビア・コールマン(映画『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』)、エド・ヘルムズ、ジャスティス・スミス(映画『名探偵ピカチュウ』)、ロブ・ディレイニー (映画『スキャンダル』)、カイリー・キャントラル 、リカルド・ウルタド 、マーカス・スクリブナー、トーマス・バーブスカらが出演。
2021年製作

映画『DUNE デューン 砂の惑星』ネタバレ・あらすじ「ティモシー・シャラメが美しい」感想「砂に埋没したくなる」結末「第二弾を観たい!」

映画『DUNE デューン 砂の惑星』ネタバレ・あらすじ「ティモシー・シャラメが美しい」感想「砂に埋没したくなる」結末「第二弾を観たい!」映画『DUNE デューン 砂の惑星』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『DUNE デューン 砂の惑星』IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。  映画『DUNE デューン 砂の惑星』の作品情報・概要『DUNE/デューン 砂の惑星』原題『Dune、別題: Dune: Part One』2021年のアメリカ合衆国のSF映画。ドゥニ・ビルヌーブ監督作品。エリック・ロス、ジョン・スペイツ、ヴィルヌーヴが脚本執筆。フランク・ハーバートのSF大河小説『デューン』の映画化作品。二部作の第1弾。ティモシー・シャラメ主演。レベッカ・ファーガソン、オスカー・アイザック、ジョシュ・ブローリン、ステラン・スカルスガルド、スティーヴン・ヘンダーソン、ゼンデイヤ、デヴィッド・ダストマルチャン、チャン・チェン、シャロン・ダンカン=ブルースター、シャーロット・ランプリング、ジェイソン・モモア、ハビエル・バルデムが出演している。1970年代にアレハンドロ・ホドロフスキーが10時間以上の大作映画構想を企画するが製作中止に追い込まれた。リドリー・スコットも企画したが断念。1984年にはデイヴィッド・リンチ監督が映画『デューン/砂の惑星』を発表したがファイナルカットの権利がもらえず上映し、惨敗している。
2021.10.16
2021年製作

映画『メインストリーム』ネタバレ・あらすじ「アンドリュー・ガーフィールド必見!」感想「SNSは“快感物質”を垂れ流す」結末「ローラがハリウッドで頑張っている」

映画『メインストリーム』ネタバレ・あらすじ「アンドリュー・ガーフィールド必見!」感想「SNSは“快感物質”を垂れ流す」結末「ローラがハリウッドで頑張っている」映画『メインストリーム』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『メインストリーム』IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『メインストリーム』の作品情報・概要『メインストリーム』原題『Mainstream』2020年に公開されたアメリカ合衆国のコメディ映画。ジア・コッポラ監督作品。主演はアンドリュー・ガーフィールド。マヤ・ホーク、ナット・ウルフ、ジョニー・ノックスビル、ジェイソン・シュワルツマン、アレクサ・デミー、コリーン・キャンプ、ローラらが出演。
2021年製作

映画『キャッシュトラック』ネタバレ・あらすじ「ジェイソン・ステイサムのスキンヘッドが素敵」感想「ガイ・リッチー監督を元マドンナ夫と呼ばせない」結末「シリーズ企画になるか微妙」

映画『キャッシュトラック』ネタバレ・あらすじ「ジェイソン・ステイサムのスキンヘッドが素敵」感想「ガイ・リッチー監督を元マドンナ夫と呼ばせない」結末「シリーズ企画になるか微妙」映画『キャッシュトラック』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『キャッシュトラック』IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『キャッシュトラック』の作品情報・概要『キャッシュトラック』原題『Wrath of Man』2021年製作のアメリカ・イギリス合作のクライムアクション映画。ガイ・リッチー監督作品(映画『ジェントルメン』や映画『アラジン』)。ジェイソン・ステイサム主演(映画『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』)。ホルト・マッキャラニー(映画『グリーンランド 地球最後の2日間』)、ジェフリー・ドノバン(映画『テッド・バンディ』や『J・エドガー』)、ジョシュ・ハートネット、ラズ・アロンソ 、ラウル・カスティーロ、デオビア・オパレイ、エディ・マーサン(『バイス』)、スコット・イーストウッド(映画『インビクタス/負けざる者たち』や映画『父親たちの星条旗』)、ニアム・アルガーらが出演。ガイ・リッチーとジェイソン・ステイサムが『リボルバー』以来16年ぶりにタッグを組み、フランス映画『ブルー・レクイエム』(2003年)をリメイクした。
2021年製作

映画『プリズナーズ・オブ・ゴーストランド』ネタバレ・あらすじ「園子温監督のハリウッド伝説が始まる!」感想「TAK∴さんの殺陣に“痺れる”」結末「ニコラス・ケイジ頑張れ!」

映画『プリズナーズ・オブ・ゴーストランド』ネタバレ・あらすじ「園子温監督のハリウッド伝説が始まる!」感想「TAK∴さんの殺陣に“痺れる”」結末「ニコラス・ケイジ頑張れ!」 映画『プリズナーズ・オブ・ゴーストランド』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『プリズナーズ・オブ・ゴーストランド』IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『プリズナーズ・オブ・ゴーストランド』の作品情報・概要『プリズナーズ・オブ・ゴーストランド』原題『Prisoners of the Ghostland』2021年のアメリカのスリラー映画。園子温監督ハリウッドデビュー作品。ニコラス・ケイジ主演。ソフィア・ブテラ、ビル・モーズリー、ニック・カサベテス、TAK∴、中屋柚香、YOUNG DAIS、古藤ロレナ、縄田カノン、栗原類、渡辺哲、潤浩らが出演。場所や時代設定が独創的である。時代劇と西部劇の融合で、近未来に訪れるディズトピア社会を描いている。脚本はアーロン・ヘンドリーとレザ・シクソ・サファイ。
2022.01.13
2021年製作

映画『レミニセンス』ネタバレ・あらすじ「意味は“回想”」感想「ヒュー・ジャックマン背が高い」結末「レベッカ・ファーガソンにため息」

映画『レミニセンス』ネタバレ・あらすじ「意味は“回想”」感想「ヒュー・ジャックマン背が高い」結末「レベッカ・ファーガソンにため息」映画『レミニセンス』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『レミニセンス』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『レミニセンス』の作品情報・概要『レミニセンス』原題『Reminiscence』2021年のアメリカ合衆国のSFサスペンススリラー映画。リサ・ジョイ監督・脚本作品で長編監督デビュー。ヒュー・ジャックマン(映画『ナイト ミュージアム エジプト王の秘密』や『フロントランナー』)、レベッカ・ファーガソン(映画『ドクター・スリープ』映画『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』)、タンディ・ニュートン(映画『ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー』)、ダニエル・ウー、クリフ・カーティス(映画『コロンビアーナ』や映画『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』)、マリーナ・デ・タビラ(『ROMA/ローマ』)、モージャン・アリア、ブレット・カレン(映画『ジョーカー』)、ナタリー・マルティネス、アンジェラ・サラフィアン、ニコ・パーカーらが出演。海面が上昇した近未来のマイアミにが舞台。主人公のニック・バニスター(ヒュー・ジャックマン)は、無骨で孤独な退役軍人である。彼の生業は顧客が望むあらゆる記憶を追体験させる機会を提供するというもの。それは特殊で危険な仕事である。
2021.10.01
お茶の間映画館

映画『ジュラシック・ワールド』ネタバレ・あらすじ「恐竜マニア垂涎の喜び」感想「CG技術は最高点へ」結末「続編に終わりなし!」

映画『ジュラシック・ワールド』ネタバレ・あらすじ「恐竜マニア垂涎の喜び」感想「CG技術は最高点へ」結末「続編に終わりなし!」映画『ジュラシック・ワールド』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ジュラシック・ワールド』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ジュラシック・ワールド』の作品情報・概要『ジュラシック・ワールド』原題『Jurassic World』2015年のアメリカのSFアクション映画。「ジュラシック・パーク」シリーズの第4作目。「ジュラシック・ワールド」三部作の第1作目。コリン・トレヴォロウ監督作品。脚本はリック・ジャッファ、アマンダ・シルヴァー、デレク・コノリー(映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』や映画『名探偵ピカチュウ』)とトレヴォロウら。クリス・プラット(映画『アベンジャーズ エンドゲーム』)、ブライス・ダラス・ハワード(映画『ロケットマン』)、ヴィンセント・ドノフリオ、タイ・シンプキンス(映画『アベンジャーズ エンドゲーム』)、ニック・ロビンソンらが出演している。
2021.09.13
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました