アメリカ映画

スポンサーリンク
2021年製作

映画『トムとジェリー』ネタバレ・あらすじ「トムを悪者にしないで!」感想「ジェリー狡いでしょ!」結末「小さいことが正義は嘘」

映画『トムとジェリー』ネタバレ・あらすじ「トムを悪者にしないで!」感想「ジェリー狡いでしょ!」結末「小さいことが正義は嘘」 映画『トムとジェリー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『トムとジェリー』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『トムとジェリー』の作品情報・概要 『トムとジェリー』原題『Tom and Jerry』2021年に公開されたアメリカ合衆国の実写アニメーション・スラップスティック・コメディ映画。元々はテレビアニメで、生誕80周年を記念して製作された。クロエ・グレース・モレッツ主演。マイケル・ペーニャ、コリン・ジョスト、ロブ・ディレイニー、ケン・チョン、ジョーダン・ボルジャー
2020年製作

映画『ミナリ』ネタバレ・あらすじ「韓国人がアメリカに根付いた理由に納得」感想「分断と融合」結末「日本映画は追いつけない」

映画『ミナリ』ネタバレ・あらすじ「韓国人がアメリカに根付いた理由に納得」感想「分断と融合」結末「日本映画は追いつけない」映画『ミナリ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ミナリ』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ミナリ』の作品情報・概要『ミナリ』原題『Minari』2020年に公開されたアメリカ合衆国のドラマ映画である。リー・アイザック・チョン監督作品。主演はスティーヴン・ユァン。ハン・イェリ、アラン・キム、ノエル・ケイト・チョー、ユン・ヨジョン、ウィル・パットン、スコット・ヘイズ。ミナリとはセリのことで、逞しく繁殖力が強い植物である。アメリカに移住している韓国人の根付き方をうまく比喩している。監督自身の生い立ちをモチーフに移民がアメリカで成功するための苦労、挫折、さらに挑戦を交えて構成された名作と言える。
お茶の間映画館

映画『イースター・パレード』ネタバレ・あらすじ「楽しすぎる」感想「フレッド・アステアのダンス絶品!」結末「ジュディ・ガーランド全盛期」

映画『イースター・パレード』ネタバレ・あらすじ「楽しすぎる」感想「フレッド・アステアのダンス絶品!」結末「ジュディ・ガーランド全盛期」映画『イースター・パレード』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『イースター・パレード』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『イースター・パレード』の作品情報・概要『イースター・パレード』 原題『Easter Parade』1948年のアメリカ合衆国のミュージカル映画。 チャールズ・ウォルターズ監督作品。ジュディ・ガーランドとフレッド・アステア(映画『パリの恋人』)が主演した。テクニカラー作品として撮影されている。当初はジーン・ケリー主演として撮影が行われていたが、ケリーが足を骨折したため中断。すでに引退していたアステアにケリーがお願いしてが代役に選ばれた。ケリーから直接アステアに電話連絡して、アステアは映画界することに。製作当時50歳近いアステアであったが、全く衰えのないダンスを披露して全米を驚愕させた。ジュディ・ガーランドは私生活での覚醒剤、アルコールなどのトラブルを抱えながらも本映画撮影中は大きな問題を起こさなかったと言われている。
SF映画

映画『禁断の惑星』ネタバレ・あらすじ「SF映画の金字塔的作品」感想「ルーカスも影響受けた」結末「潜在能力が宇宙で炸裂」

映画『禁断の惑星』ネタバレ・あらすじ「SF映画の金字塔的作品」感想「ルーカスも影響受けた」結末「潜在能力が宇宙で炸裂」映画『禁断の惑星』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『禁断の惑星』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『禁断の惑星』の作品情報・概要『禁断の惑星』原題『Forbidden Planet』1956年のアメリカ合衆国のSF映画。フレッド・M・ウィルコックス監督作品。出演はウォルター・ピジョンとアン・フランシス、レスリー・ニールセン、ウォーレン・スティーブンス、ジャック・ケリー、リチャード・アンダーソンら。物語のモチーフはシェイクスピアの「テンペスト」となっている。以後のSF映画に多大な影響を与えた作品。称して「SF映画の金字塔」的作品と呼ばれている。宇宙空間に人間の持つ、願望、欲望、理想から憎悪、支配、暴力、破滅的な思想(潜在意識)を持ち込んだ秀逸な映画。『スタートレック』『スター・ウォーズ』シリーズ『エイリアン』に与えた影響は大きい。
お茶の間映画館

映画『ガンヒルの決斗』ネタバレ・あらすじ「カーク・ダグラスvsアンソニー・クイン 」感想「インディアン(ネイティブ・アメリカン)に寄り添う映画」結末「汽車を用いての決闘場面は秀逸」

映画『ガンヒルの決斗』ネタバレ・あらすじ「カーク・ダグラスvsアンソニー・クイン 」感想「インディアン(ネイティブ・アメリカン)に寄り添う映画」結末「汽車を用いての決闘場面は秀逸」 映画『ガンヒルの決斗』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ガンヒルの決斗』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ガンヒルの決斗』の作品情報・概要『ガンヒルの決斗』原題『 Last Train from Gun Hill』1959年のアメリカ合衆国の映画。ジョン・スタージェス監督作品。カーク・ダグラス主演。映画『道』アンソニー・クイン。キャロリン・ジョーンズ、アール・ホリマン、ブラッド・デクスター、ブライアン・ハット、ジヴァ・ロダンらが共演。当時としては珍しくインディアン(ネイティブ・アメリカン)の人たちを絶対悪にしていない作品。汽車が敷設されている描写にアメリカに新しい時代が来ていること描いている。
2018年製作

映画『ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー』ネタバレ・あらすじ「愛する恋人の奪還目指すも撃沈」感想「若者の失恋と再出発を描く」結末「ハリソン・フォードの若き日々」をロン・ハワード演出

映画『ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー』の作品情報・概要『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』原題『Solo: A Star Wars Story』2018年公開のアメリカ映画。当初フィル・ロード&クリス・ミラー(映画『スパイダーマン:スパイダーバース』)が監督だったが「創作上の相違」から降板。急遽ロン・ハワードが監督を務めることになり話題になる。映画『パヴァロッティ 太陽のテノール』。主演はオールデン・エアエンライク、映画『ガラスの城の約束』や映画『記者たち 衝撃と畏怖の真実』のウディ・ハレルソン、映画『ボディガード(1992)』1992)』のエミリア・クラーク、ドナルド・グローヴァー、タンディ・ニュートンが出演している。
お茶の間映画館

映画『ホワイトハンター ブラックハート』ネタバレ・あらすじクリント・イーストウッド「ヒューストンを演じて“袖を正す”」感想「差別・偏見反対と動物愛護描く」結末

映画『ホワイトハンター ブラックハート』ネタバレ・あらすじクリント・イーストウッド「ヒューストンを演じて“袖を正す”」感想「差別・偏見反対と動物愛護描く」結末映画『ホワイトハンター ブラックハート』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ホワイトハンター ブラックハート』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ホワイトハンター ブラックハート』の作品情報・概要『ホワイトハンター ブラックハート』原題『White Hunter Black Heart』1990年に公開されたアメリカ映画。製作・監督・出演はクリント・イーストウッド。アメリカ映画界の巨匠・ジョン・ヒューストン監督が映画『アフリカの女王』の撮影で訪れた際の奇行蛮行を同作品の脚本家ピーター・ヴィアテルの体験から描かれている。ヴィアテル本人も脚本執筆している。ジェフ・フェイヒー、ジョージ・ズンザ、アラン・アームストロング、マリサ・ベレンソン共演。ホワイトハンター ブラックハートは「白人のハンターは悪魔の心」となります。
SF映画

映画『ウエストワールド』ネタバレ・あらすじ「マイケル・クライトンを再評価」感想「ユル・ブリンナーからシュワルツェネッガーへ」結末

映画『ウエストワールド』ネタバレ・あらすじ「マイケル・クライトンを再評価」感想「ユル・ブリンナーからシュワルツェネッガーへ」結末映画『ウエストワールド』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ウエストワールド』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。『ウエストワールド』原題『Westworld』1973年のアメリカ映画。後に世界的な大ヒットスティーヴン・スピルバーグ監督『ジュラシック・パーク』の原作者マイケル・クライトンの初監督作品。アメリカの富裕層のためのテーマパーク「デロス」で人間の欲望、願望が叶えられることが、ロボットの暴走を招く結果を描いた秀逸な作品。後の『ターミネーター』に影響を与えた。アメリカ・HBOが本作をドラマシリーズとして放映した。
2021.03.02
お茶の間映画館

映画『卒業(1967)』ネタバレ・あらすじ「アメリカンニューシネマの先駆け」感想「やっちまった感満載」結末

映画『卒業(1967)』ネタバレ・あらすじ「アメリカンニューシネマの先駆け」感想「やっちまった感満載」結末映画『卒業(1967)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『卒業(1967)』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『卒業(1967)』の作品情報・概要『卒業』原題『The Graduate』1967年のアメリカ合衆国の青春恋愛映画。マイク・ニコルズ監督作品。ダスティン・ホフマン主演。アン・バンクロフト、映画『明日に向かって撃て!』のキャサリン・ロス共演。小説家・チャールズ・ウェッブの同名小説を映画化。アメリカン・ニューシネマの先駆け的映画。後に『俺たちに明日はない』『イージーライダー』が続く。劇中の楽曲はサイモン&ガーファンクルの「サウンド・オブ・サイレンス」
お茶の間映画館

映画『捜索者』ネタバレ・あらすじ「雄大なアメリカ大地を堪能できる」感想「差別・偏見が強すぎる」結末

映画『捜索者』ネタバレ・あらすじ「雄大なアメリカ大地を堪能できる」感想「差別・偏見が強すぎる」結末映画『捜索者』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『捜索者』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『捜索者』の作品情報・概要『捜索者』原題『The Searchers』1956年製作・公開のアメリカの西部劇映画。ジョン・フォード監督作品。ジョン・ウェイン、ジェフリー・ハンター 、映画『ウエスト・サイド物語』のナタリー・ウッド主演。フォードは本作について「家族の一員になることの出来なかった一匹狼の悲劇」とコメントしている。南北戦争が終わり、一見穏やかになったところをインディアン(ネイティブ・アメリカン)に襲撃され、家族は殺され、少女が拉致されるという設定は今では差別・偏見の描写と言われている。
お茶の間映画館

映画『哀愁』ネタバレ「ビビアン・リーに同情」あらすじ「勇気ある反戦映画」感想・結末

映画『哀愁』ネタバレ「ビビアン・リーに同情」あらすじ「勇気ある反戦映画」感想・結末映画『哀愁』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『哀愁』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『哀愁』の作品情報・概要『哀愁』原題『Waterloo Bridge』1940年のアメリカ合衆国の恋愛映画。マーヴィン・ルロイ監督作品。主演はヴィヴィアン・リーとロバート・テイラー。原案は劇作家ロバート・E・シャーウッド作の2幕の舞台劇(Waterloo Bridge)から。本ヴィヴィアン・リーは、前年の『風と共に去りぬ』でアカデミー主演女優賞を獲得して、本作を選んだ。前作のたくましく強いアメリカ人女性とは打って変わって、繊細な女性を演じて好評を得た。
2019年製作

映画『どん底作家の人生に幸あれ!』ネタバレ・あらすじ「人生は必ず好転する」感想「チャールズ・ディケンズの自伝的映画」結末

映画『どん底作家の人生に幸あれ!』ネタバレ・あらすじ「人生は必ず好転する」感想「チャールズ・ディケンズの自伝的映画」結末 映画『どん底作家の人生に幸あれ!』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『どん底作家の人生に幸あれ!』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『どん底作家の人生に幸あれ!』の作品情報・概要『どん底作家の人生に幸あれ!』原題『The Personal History of David Copperfield』2019年の英米合作のコメディドラマ映画。映画『スターリンの葬送狂騒曲』のアーマンド・イアヌッチ監督作品。主演は映画『 ホテル・ムンバイ』 のデーヴ・パテール。共演は映画『デッド・ドント・ダイ』や『サスペリア』のティルダ・スウィントン、ヒュー・ローリー、ピーター・カパルディ、映画『リトル・ジョー』のベン・ウィショー、ポール・ホワイトハウス、映画『やっぱり契約破棄していいですか!?』のアナイリン・バーナード、デイジー・メイ・クーパー、モーフィド・クラーク、ベネディクト・ウォン、グェンドリン・クリスティーら。
2021.02.17
お茶の間映画館

映画『スティング』ネタバレ・あらすじ「詐欺映画の金字塔」感想「映画製作の勉強になる」結末

映画『スティング』ネタバレ・あらすじ「詐欺映画の金字塔」感想「映画製作の勉強になる」結末 映画『スティング』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『スティング』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『スティング』の作品情報・概要『スティング』原題『The Sting』1973年公開のアメリカ映画。監督はジョージ・ロイ・ヒル。アメリカン・ニューシネマの代表作『明日に向って撃て!』で共演したポール・ニューマンと映画『追憶(1973)』や映画『さらば愛しきアウトロー』のロバート・レッドフォードが再びコンビを組んで大ヒット。脚本のデビッド・S・ウォードは当時28歳、音楽のマービン・ハムリッシュは29歳と若き作家の台頭も感じさせる映画。製作会社はユニバーサル・ピクチャーズ。1974年第46回アカデミー賞で作品賞、監督賞、脚本賞、編集賞、美術賞、衣裳デザイン賞、音楽賞の7部門を受賞。詐欺師映画として映画史に残る名作。
2021.02.17
お茶の間映画館

映画『ハスラー2』ネタバレ・あらすじ「トム・クルーズの“イケイケ”で大ヒット」感想「ポール・ニューマンはアカデミー受賞」結末

映画『ハスラー2』ネタバレ・あらすじ「トム・クルーズの“イケイケ”で大ヒット」感想「ポール・ニューマンはアカデミー受賞」結末映画『ハスラー2』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ハスラー2』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『ハスラー2』の作品情報・概要『ハスラー2』原題『The Color of Money』ウォルター・テヴィスの小説を原作にしたアメリカ映画。『レイジング・ブル』のマーティン・スコセッシ監督作品。映画『明日に向かって撃て!』ポール・ニューマン主演。映画『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』のトム・クルーズ、メアリー・エリザベス・マストラントニオ共演で1986年製作。ポール・ニューマン主演の1961年公開の映画『ハスラー』(The Hustler)の、25年越しの続編。ポール・ニューマンは本作の演技で1987年アカデミー主演男優賞を受賞している。ハスラーの意味は“ぶんどる”とか“ぼったくる”とか“騙す”となる。若き日のイギー・ポップ(映画『デッド・ドント・ダイ』)フォレスト・ウィテカー(映画『ブラックパンサー』)も出演している。
2021.02.17
お茶の間映画館

映画『追憶(1973)』ネタバレ・あらすじ「バーブラ・ストライサンド適役でヒット!」感想「音楽勝ち映画」結末

映画『追憶(1973)』ネタバレ・あらすじ「バーブラ・ストライサンド適役でヒット!」感想「音楽勝ち映画」結末映画『追憶(1973)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『追憶(1973)』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『追憶(1973)』の作品情報・概要『追憶』 原題『The Way We Were』1973年のアメリカ映画。シドニー・ポラック監督。脚本はアーサー・ローレンツ。彼が大学時代に体験した学生運動を元にしている。主演は映画『ようこそ映画音響の世界へ』のバーブラ・ストライサンドと映画『明日に向かって撃て!』や映画『さらば愛しきアウトロー』のロバート・レッドフォード。左翼思想・共産主義に傾倒するケイティ・モロスキーとノンポリのハベルが恋愛して、結婚、離婚して成長していく物語を第二次大戦と戦後を挟んで紡ぐ物語。マッカーシズム、赤狩りの描写も内包した社会派映画の側面もある。
2021.02.17
2020年製作

映画『スタントウーマン ハリウッドの知られざるヒーローたち』ネタバレ・あらすじ「女性の地位向上に貢献」感想「スタントが成功した恍惚感」結末

映画『スタントウーマン ハリウッドの知られざるヒーローたち』ネタバレ・あらすじ「女性の地位向上に貢献」感想「スタントが成功した恍惚感」結末映画『スタントウーマン ハリウッドの知られざるヒーローたち』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『スタントウーマン ハリウッドの知られざるヒーローたち』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『スタントウーマン ハリウッドの知られざるヒーローたち』の作品情報・概要ハリウッドの映画史を語るにおいて絶対に不可欠な存在であるアクション。そのアクションの中心を担ってきたのは女性のスタントウーマンであったことはあまり知られていない。本映画『スタントウーマン ハリウッドの知られざるヒーローたち』は女性スタントの歴史から差別、苦悩、挫折、挑戦、成功に至るまでをドキュメンタリーとして描いている。ただ単に「スタントの名場面特集」ではなく、女性の地位向上に尽力している現状についても描かれている。
2021.02.17
LGBT

映画『ソング・トゥ・ソング』ネタバレ・あらすじ「人生は“浮遊”する」感想「マリック監督の宗教観全開」結末「天国の日々」はやってくる

映画『ソング・トゥ・ソング』ネタバレ・あらすじ「人生は“浮遊”する」感想「マリック監督の宗教観全開」結末「天国の日々」はやってくる映画『ソング・トゥ・ソング』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ソング・トゥ・ソング』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『ソング・トゥ・ソング』の作品情報・概要『ソング・トゥ・ソング』原題『Song to Song』2017年にアメリカ合衆国で公開されたドラマ映画。監督・脚本は映画『名もなき生涯』のテレンス・マリック。撮影監督はエマニュエル・ルベツキ。主演は映画『世界の涯ての鼓動』マイケル・ファスベンダーと映画『ファースト・マン』ライアン・ゴズリング。映画『ドント・ウォーリー』のルーニー・マーラ、映画『ポップスター』や映画スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス1 』のナタリー・ポートマンら。
2021.02.17
お茶の間映画館

映画『ウエスト・サイド物語』ネタバレ・あらすじ「分断」「人種差別」感想「アメリカの移民社会の闇をダンスと歌で描く恋愛映画」結末。

映画『ウエスト・サイド物語』ネタバレ・あらすじ「分断」「人種差別」感想「アメリカの移民社会の闇をダンスと歌で描く恋愛映画」結末。映画『ウエスト・サイド物語』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ウエスト・サイド物語』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『ウエスト・サイド物語』の作品情報・概要シェイクスピアの『ロミオとジュリエット』を元にして、ジェローム・ロビンスとアーサー・ローレンツが物語を書き、アーネスト・レーマンが脚本を執筆しました。音楽はレナード・バーンスタイン。ブロードウェイ・ミュージカルとして上演されました。恋愛物語を主軸にポーランド移民とプエルトルコ移民の争いをダンスと歌で描いた名作です。差別・偏見・憎悪が“分断”を助長させた状況は現在のアメリカ社会の映し絵とも言える。
2021.02.22
お茶の間映画館

映画『プリティ・ウーマン』ネタバレ・あらすじ「ジュリア・ロバーツ世界女優へ躍進!」感想「娼婦がシンデレラになる物語」結末「リチャード・ギアは優しい“乗っ取り屋”」

映画『プリティ・ウーマン』ネタバレ・あらすじ「ジュリア・ロバーツ世界女優へ躍進!」感想「娼婦がシンデレラになる物語」結末「リチャード・ギアは優しい“乗っ取り屋”」映画『プリティ・ウーマン』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、曲、主題歌、歌詞情報、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『プリティ・ウーマン』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『プリティ・ウーマン』の作品情報・概要『プリティ・ウーマン』原題『Pretty Woman』1990年公開のアメリカ映画。ゲイリー・マーシャル監督作品。『愛と青春の旅だち』や『嘘はフィクサーのはじまり』のリチャード・ギアと『ノッティングヒルの恋人』や『ベン・イズ・バック』のジュリア・ロバーツが主演するロマンティック・コメディ。オードリー・ヘプバーンの『マイ・フェア・レディ』を下敷きにしている。ロイ・オービソンが1964年に発表した「オー・プリティ・ウーマン」が主題歌に起用され、大ヒットした。ジュリア・ロバーツは本作でゴールデングローブ賞 主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)を受賞。ジュリア・ロバーツは、本作でゴールデングローブ賞 主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)を受賞した。
2021.02.22
2018年製作

映画『ストレイ・ドッグ』ネタバレ・あらすじ「N・キッドマンの老女に驚愕」感想「T・クルーズを追ってアクションスターに?」結末「キッドマンはエレガントが良い」

映画『ストレイ・ドッグ』ネタバレ・あらすじ「N・キッドマンの老女に驚愕」感想「T・クルーズを追ってアクションスターに?」結末「キッドマンはエレガントが良い」映画『ストレイ・ドッグ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ストレイ・ドッグ』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『ストレイ・ドッグ』の作品情報・概要『ストレイ・ドッグ』原題『Destroyer』は2018年に公開されたアメリカ合衆国のドラマ映画。監督は『インビテーション』のカリン・クサマ(クサマは父ハルオ・クサマとアメリカ人の母の間に生まれた日系人である)主演は『スキャンダル』『ある少年の告白』ニコール・キッドマン。特殊メイクによって老女のような風貌になったことで話題になる。アクションにも挑戦。
2021.02.22
アメリカ映画

【ネタバレ考察】映画『愛と青春の旅だち』あらすじ「ラストの主題歌で感涙」感想「フォーリー軍曹はアカデミー賞受賞」結末

【ネタバレ考察】映画『愛と青春の旅だち』あらすじ「ラストの主題歌で感涙」感想「フォーリー軍曹はアカデミー賞受賞」結末・ 歌詞・名言・テーマ曲と音楽の紹介。映画『愛と青春の旅だち』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『愛と青春の旅だち』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『愛と青春の旅だち』の作品情報・概要『愛と青春の旅だち』原題『An Officer and a Gentleman』1982年のアメリカの青春恋愛映画。テイラー・ハックフォード監督作品。リチャード・ギア主演。デブラ・ウィンガー、デビッド・キース、リサ・ブロント共演。鬼軍曹フォーリーを演じたルイス・ゴセット・ジュニアが1982年度アカデミー助演男優賞を受賞している。主題歌『愛と青春の旅だち』もアカデミー歌曲賞を受賞している。ジョー・コッカーとジェニファー・ウォーンズが歌った。本映画の成功は『トップガン』製作の後押しになったと言われている。
2021.02.22
お茶の間映画館

映画『シャレード(1963)』ネタバレ・あらすじ「オードリー・ヘプバーンのジバンシィ」「ケイリー・グラントは渋い」結末「祝・結婚!年齢差カップル」

映画『シャレード(1963)』ネタバレ・あらすじ「オードリー・ヘプバーンのジバンシィ」「ケイリー・グラントは渋い」結末「祝・結婚!年齢差カップル」映画『シャレード(1963)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『シャレード(1963)』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『シャレード(1963)』の作品情報・概要『シャレード』原題『Charade』1963年のアメリカ映画。主演はケーリー・グラントとオードリー・ヘプバーン。世界的な大スター共演で話題になった。ロマンティック・サスペンス映画の先駆けである。フランスのファッションブランド、ジバンシィがオードリー・ヘプバーンに衣装提供したことも大きな話題となった。
2021.02.22
2019年製作

映画『トルーマン・カポーティ 真実のテープ』ネタバレ・あらすじ「私はゲイ」LGBTQ公言作家「映画『ティファニーで朝食』は駄作」感想「アル中・薬物中毒で最後は悲惨」結末

映画『トルーマン・カポーティ 真実のテープ』ネタバレ・あらすじ「私はゲイ」LGBTQ公言作家「映画『ティファニーで朝食』は駄作」感想「アル中・薬物中毒で最後は悲惨」結末。映画『トルーマン・カポーティ 真実のテープ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『トルーマン・カポーティ 真実のテープ』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『トルーマン・カポーティ 真実のテープ』の作品情報・概要。ミシェル・オバマのアドバイザーを務めたイーブス・バーノー監督作品。20世紀のアメリカ文学を代表する作家であるトルーマン・カポーティが栄光を掴み、そして堕落していく様を描いたドキュメンタリー作品である。小柄で自らゲイであるとカミングアウトした作家カポーティーは、ニューヨークのセレブたちのアイドルとなった。才能ある者だけが成功できるニューヨーク。カポーティーは執筆よりも社交界のパーティーに夢中になる。そして新作「叶えられた祈り」を発表するや、社交界から締め出されてしまう。以降のカポーティーは見る影もなく死へ向かっていく。
2021.02.22
アメリカ映画

映画『ボウリング・フォー・コロンバイン』ネタバレ・あらすじ「アメリカの暴力と差別と恥の歴史」を“アポなし取材”感想「アメリカ銃社会に変わり無し!」結果

映画『ボウリング・フォー・コロンバイン』ネタバレ・あらすじ「アメリカの暴力と差別と恥の歴史」を“アポなし取材”感想「アメリカ銃社会に変わり無し!」結果。映画『ボウリング・フォー・コロンバイン』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ボウリング・フォー・コロンバイン』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『ボウリング・フォー・コロンバイン』の作品情報・概要『ボウリング・フォー・コロンバイン』原題『Bowling for Columbine』2002年に製作されたアメリカ映画である。マイケル・ムーア監督のドキュメンタリー映画。1999年4月20日に発生した『コロンバイン高校銃乱射事件』を主軸に展開。最初は犯人である二人の少年像へ向かうが次第に「アメリカ社会」への批判と非難を強めていく。アポなし突撃取材の手法は秀逸。アメリカの黒歴史からブッシュ政権への批判と巨大スーパーマーケットKマートの銃弾販売禁止に至るまでの突撃具合には頭がさがる。2002年カンヌ国際映画祭 55周年記念特別賞受賞、2003年アカデミー賞 長編ドキュメンタリー映画賞受賞作品。
2021.02.22
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました