アメリカ映画

スポンサーリンク
SF映画

映画『アバター(2009)』ネタバレ・あらすじ「ジェームズ・キャメロン監督の世界観がすごい」感想「芸術的映画の金字塔」結末「『タイタニック』越える」

映画『アバター(2009)』ネタバレ・あらすじ「ジェームズ・キャメロン監督の世界観がすごい」感想「芸術的映画の金字塔」結末「『タイタニック』越える」 映画『アバター(2009)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『アバター(2009)』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。 映画『アバター(2009)』の作品情報・概要 『アバター』原題『Avatar』ジェームズ・キャメロン監督・脚本・製作・共同編集作品。2009年のアメリカの叙事詩的SF映画。サム・ワーシントン、ゾーイ・サルダナ、スティーヴン・ラング、ミシェル・ロドリゲス、シガニー・ウィーバーらが出演。20世紀フォックスとキャメロンのライトストーム・エンターテインメントによって製作され、フォックスから配給された。アバターシリーズの第1作目。12年間記録を保持していたキャメロンの『タイタニック』(1997年)を上回り、『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019年)に抜かれるまでほぼ10年間、世界最高の興行収入歴代1位の作品となった。その後、2021年に中国での再公開によって『アベンジャーズ/エンドゲーム』の記録を抜き、世界最高の興行収入歴代1位の作品に再びなっている。
アクション映画

映画『キリングゲーム』ネタバレ・あらすじ「ロバート・デ・ニーロvsジョン・トラボルタ」感想「奇跡の共演」結末「個性が強すぎる」

映画『キリングゲーム』ネタバレ・あらすじ「ロバート・デ・ニーロvsジョン・トラボルタ」感想「奇跡の共演」結末「個性が強すぎる」 映画『キリングゲーム』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『キリングゲーム』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『キリングゲーム』の作品情報・概要 『キリングゲーム』原題『Killing Season』マーク・スティーヴン・ジョンソン監督作品。エヴァン・ドーハティ脚本。ミレニアム・フィルムズ製作。2013年のアメリカ合衆国のアクション映画。ジョン・トラボルタとロバート・デ・ニーロの初の共演作。デ・ニーロ演じる退役アメリカ軍人とトラボルタ演じる元セルビア兵士の戦いが描かれる。他にマイロ・ビンティミリア、
エリザベス・オリンらが出演。
アクション映画

映画『オブリビオン』ネタバレ・あらすじ「トム・クルーズ最高!」感想・結末。

映画『オブリビオン』ネタバレ・あらすじ「トム・クルーズ最高!」感想・結末。映画『オブリビオン』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『オブリビオン』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。 映画『オブリビオン』の作品情報・概要 『オブリビオン』原題『Oblivion』ジョセフ・コシンスキー監督作品。に2013年のアメリカ合衆国のSFスリラー映画。コシンスキーがアルヴィド・ネルソンと共同で執筆し、ラディカル・コミックスが編集した未発表の同名グラフィックノベルを原作としている。出演はトム・クルーズ、オルガ・キュリレンコ、アンドレア・ライズボロー、モーガン・フリーマン、メリッサ・レオ、ゾーイ・ベル、ニコライ・コスター=ワルドーらである。
2022.10.25
2022年製作

映画『バッドガイズ』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。

映画『バッドガイズ』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。映画『バッドガイズ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『バッドガイズ』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『バッドガイズ』の作品情報・概要『バッドガイズ』原題『The Bad Guys』は、アーロン・ブレイビーの同名の児童文学シリーズを原作とした、2022年のアメリカ合衆国の3Dコンピュータアニメーション・クライム・コメディ映画。ピエール・ペリフェル監督作品。サム・ロックウェル、マーク・マロン、アンソニー・ラモス、クレイグ・ロビンソン、オークワフィナ、ザジー・ビーツ、リチャード・アイオアディ、アレックス・ボースタイン、リリー・シン、尾上松也、安田顕、河合郁人、長田庄平、ファーストサマーウイカ、甲斐田裕子、山口勝平、斉藤貴美子、高橋真麻ら出演・声優担当。
2022年製作

映画『ザ・コントラクター』ネタバレ・あらすじ「クリス・パインは超ハンサム」感想・結末。

映画『ザ・コントラクター』ネタバレ・あらすじ「クリス・パインは超ハンサム」感想・結末。映画『ザ・コントラクター』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ザ・コントラクター』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ザ・コントラクター』の作品情報・概要『ザ・コントラクター』『Walad Min Al Janna』でカンヌ国際映画祭の脚本賞を受賞した、スウェーデン出身のタリク・サレ監督作品。クリス・パイン(『スパイダーマン:スパイダーバース』)、ベン・フォスター、ジリアン・ジェイコブス、エディ・マーサン(映画『キャッシュトラック』や映画『ジェントルメン』や『バイス』)、J・D・パルド、フロリアン・ムンテアヌ(映画『シャン・チー テン・リングスの伝説』)、キーファー・サザーランド(映画『スタンド・バイ・ミー』)らが出演。
2022年製作

映画『ブレット・トレイン』ネタバレ・あらすじ「意味は新幹線」感想「ブラッド・ピットは運が悪いのか」結末「真田広之さん懐かしい」

映画『ブレット・トレイン』ネタバレ・あらすじ「意味は新幹線」感想「ブラッド・ピットは運が悪いのか」結末「真田広之さん懐かしい」映画『ブレット・トレイン』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ブレット・トレイン』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ブレット・トレイン』の作品情報・概要 『ブレット・トレイン』原題『Bullet Train』は2022年公開のアメリカ合衆国のアクション・コメディ・スリラー映画。デヴィッド・リーチ監督作品。主演はブラッド・ピット(映画『ザ·ロストシティ』や『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』や映画『アド・アストラ』)。ジョーイ・キング、アーロン・テイラー=ジョンソン(映画『キングスマン ファースト・エージェント』や映画『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』)、ブライアン・タイリー・ヘンリー(映画『エターナルズ』や映画『ジョーカー』)、アンドリュー・小路、真田広之、マイケル・シャノン(映画『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』)、バッド・バニー、ザジー・ビーツ、ローガン・ラーマン、福原かれん 、サンドラ・ブロックらが出演。原作は伊坂幸太郎の小説『マリアビートル』  
2022年製作

映画『NOPE ノープ』ネタバレ・あらすじ「ジョーダン・ピール監督の世界観」感想「意味は?」結末「ラストはすっきりする」

映画『NOPE ノープ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『NOPE ノープ』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。
2022年製作

映画『ソニック・ザ・ムービー ソニック vs ナックルズ』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。

映画『ソニック・ザ・ムービー ソニック vs ナックルズ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ソニック・ザ・ムービー ソニック vs ナック...
2022年製作

映画『ジュラシック・ワールド 新たなる支配者』ネタバレ・あらすじ「イナゴ最強生物!」感想「ローラ・ダーンの演技」結末「次作もあるはず!」

映画『ジュラシック・ワールド 新たなる支配者』ネタバレ・あらすじ「イナゴ最強生物!」感想「ローラ・ダーンの演技」結末「次作もあるはず!」映画『ジュラシック・ワールド 新たなる支配者』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ジュラシック・ワールド 新たなる支配者』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ジュラシック・ワールド 新たなる支配者』の作品情報・概要『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』原題『Jurassic World: Dominion』2022年のアメリカ合衆国のSFアドベンチャー映画。コリン・トレヴォロウ監督作品。エミリー・カーマイケル脚本。『ジュラシック・ワールド/炎の王国』(2018年)の続編。「ジュラシック・パーク」フランチャイズの第6作目であり、「ジュラシック・ワールド」三部作の第3作目であり、完結編である。クリス・プラット(映画『ソー ラブ&サンダー』や映画『アベンジャーズ エンドゲーム』)、ブライス・ダラス・ハワード(映画『ロケットマン』)、ローラ・ダーン(映画『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』や映画『マリッジ・ストーリー』や映画『パーフェクト ワールド』)、ジェフ・ゴールドブラム、サム・ニール、ディワンダ・ワイズ、マムドゥ・アチー、B・D・ウォン、オマール・シー、イザベラ・サーモン、キャンベル・スコット、ジャスティス・スミス、スコット・ヘイズ、ディーチェン・ラックマン、ダニエラ・ピネダ、ジャスミン・チウ、エルバ・トリルらが出演。
2022年製作

映画『グレイマン』ネタバレ・あらすじ「ライアン・ゴズリングはイケメンだ」感想・結末。

映画『グレイマン』ネタバレ・あらすじ「ライアン・ゴズリングはイケメンだ」感想・結末。 映画『グレイマン』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『グレイマン』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。 映画『グレイマン』の作品情報・概要『グレイマン』原題『The Gray Man』アンソニー・ルッソ(映画『アベンジャーズ エンドゲーム』)とジョー・ルッソ(映画『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』)が監督。2009年に出版されたマーク・グリーニーの『暗殺者グレイマン』に始まる小説シリーズをもとに映像化。クリストファー・マーカス(映画『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』)、スティーヴン・マクフィーリーが共同で脚本を執筆。マイク・ラロッカと共同で製作するアメリカのアクションスリラー映画である。Netflixオリジナル作品として配信されている。製作費は2億ドルと、Netflix史上最も高額な作品である。ライアン・ゴズリング(映画『ソング・トゥ・ソング』や映画『ファースト・マン』)、クリス・エバンス(映画『バズ・ライトイヤー』や映画『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』)、アナ・デ・アルマス、ジェシカ・ヘンウィック(映画『マトリックス レザレクションズ』や映画『スター・ウォーズ フォースの覚醒』)、レジ=ジーン・ペイジ、ワグネル・モウラ、ジュリア・バターズ(映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』)、ダヌーシュ、アルフレ・ウッダード(映画『ライオン・キング』)、ビリー・ボブ・ソーントン、シェー・ウィガム(映画『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』や映画『ジョーカー』や『バイス』)、デオビア・オパレイ(映画『キャッシュトラック』)、ロバート・カジンスキー、ダズ・クロウフォード、カラン・マルベイ(映画『アベンジャーズ エンドゲーム』)、エミ・イクワーカーらが出演。  
アクション映画

映画『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。

映画『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。映画『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』の作品情報・概要『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』原題『Captain America: The First Avenger』2011年のアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画。マーベル・スタジオ製作。主演はクリス・エヴァンス(映画『バズ・ライトイヤー』や映画『アベンジャーズ エンドゲーム』や映画『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』)。「マーベル・コミック」のアメリカン・コミックヒーロー『キャプテン・アメリカ』の実写映画作品としては、1990年の『キャプテン・アメリカ 卍帝国の野望』以来の新作。また、様々な「マーベル・コミック」の実写映画を、同一の世界観のクロスオーバー作品として扱う一大企画『マーベル・シネマティック・ユニバース』としては、第5作品目の映画となり、その中の『キャプテン・アメリカ』シリーズの第1作目。ヘイリー・アトウェル(映画『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』や映画『カセットテープ・ダイアリーズ』)、セバスチャン・スタン(映画『355』や映画『ブラックパンサー』)、トミー・リー・ジョーンズ(映画『カムバック・トゥ・ハリウッド!!』や映画『アド・アストラ』)、ヒューゴ・ウィービング、ドミニク・クーパー、スタンリー・トゥッチ(映画『プラダを着た悪魔』や映画『プライベート・ウォー』)、トビー・ジョーンズ(映画『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』)、リチャード・アーミテージ、ニール・マクドノー(映画『父親たちの星条旗』や映画『バイオハザード ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』)、デレク・ルーク、ケネス・チョイ(映画『スパイダーマン ホームカミング』)、サミュエル・L・ジャクソン(映画『スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス』や映画『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』や映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』)らが出演。  
2022年製作

映画『ミニオンズ フィーバー』ネタバレ・あらすじ「日本語版声優・笑福亭鶴瓶 」感想「尾野真千子も面白い」結末「次回作決定!」

映画『ミニオンズ フィーバー』ネタバレ・あらすじ「日本語版声優・笑福亭鶴瓶 」感想「尾野真千子も面白い」結末「次回作決定!」映画『ミニオンズ フィーバー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ミニオンズ フィーバー』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ミニオンズ フィーバー』の作品情報・概要『ミニオンズ フィーバー』原題『Minions: The Rise of Gru』は、2022年のアメリカ合衆国の3Dコンピュータアニメーション・コメディ映画。カイル・バルダ監督作品。共同監督はブラッド・アブルソンとジョナサン・デル・ヴァル。イルミネーション製作。2015年に公開された『ミニオンズ』 の続編。『怪盗グルーシリーズ』の5作目。グルー役はスティーヴ・カレル(映画『ビューティフル・ボーイ』や映画『マーウェン』や『バイス』や『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』)、ミニオン役はピエール・コフィン。他はタラジ・P・ヘンソン、ミシェル・ヨー(映画『シャン・チー テン・リングスの伝説』)、RZA(映画『デッド・ドント・ダイ』)、ジャン=クロード・バン・ダム、ルーシー・ローレス、ドルフ・ラングレン、ダニー・トレホ、ラッセル・ブランド、ジュリー・アンドリュース、アラン・アーキンらが声を担当。日本語版は笑福亭鶴瓶(映画『閉鎖病棟 それぞれの朝』)、市村正親(映画『そして、バトンは渡された』)、尾野真千子(映画『ヤクザと家族 The Family』や映画『ハケンアニメ!』)、渡辺直美、LiSA(映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』)、田中真弓 、速水奨、大塚明夫、立木文彦、宮野真守、鈴木拡樹らが担当
2022年製作

映画『ソー ラブ&サンダー』ネタバレ・あらすじ「クリス・ヘムズワースvsクリスチャン・ベール」感想「ナタリー・ポートマン可愛い」結末「神さまが多すぎる」

映画『ソー ラブ&サンダー』ネタバレ・あらすじ「クリス・ヘムズワースvsクリスチャン・ベール」感想「ナタリー・ポートマン可愛い」結末「神さまが多すぎる」映画『ソー ラブ&サンダー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ソー ラブ&サンダー』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ソー ラブ&サンダー』の作品情報・概要『ソー:ラブ&サンダー』原題『Thor: Love and Thunder』マーベル・コミックのキャラクター「ソー」をベースとする、2022年公開予定のアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画。タイカ・ワイティティ監督作品(映画『バズ・ライトイヤー』や映画『彼らは生きていた』)。脚本はワイティティとジェニファー・ケイティン・ロビンソン。出演はクリス・ヘムズワース(映画『アベンジャーズ エンドゲーム』)、クリスチャン・ベール、テッサ・トンプソン、ジェイミー・アレクサンダー 、タイカ・ワイティティ、ラッセル・クロウ(映画『アオラレ』や映画『ある少年の告白』)、ナタリー・ポートマン(映画『ポップスター』や映画『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』や映画『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』)、クリス・プラット(映画『ジュラシック・ワールド』)、ブラッドリー・クーパー(映画『リコリス・ピザ』)や『アメリカン・スナイパー』や映画『運び屋』や映画『アリー/スター誕生』) 、ビン・ディーゼル (映画『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』)、デイブ・バウティスタ(映画『DUNE デューン 砂の惑星』)、カレン・ギラン、ポム・クレメンティエフらが出演。『マイティ・ソー バトルロイヤル』の続編でシリーズ4作目、また、「マーベル・シネマティック・ユニバース」の29作目。
2022.07.09
2021年製作

映画『リコリス・ピザ』ネタバレ・あらすじ「胸が軋むボーイ・ミーツ・ガール」感想「アラナ・ハイムを聴きたくなる」結末「やっぱりポール・トーマス・アンダーソンは素晴らしい」

映画『リコリス・ピザ』ネタバレ・あらすじ「胸が軋むボーイ・ミーツ・ガール」感想「アラナ・ハイムを聴きたくなる」結末「やっぱりポール・トーマス・アンダーソンは素晴らしい」映画『リコリス・ピザ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『リコリス・ピザ』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『リコリス・ピザ』の作品情報・概要『リコリス・ピザ』原題『Licorice Pizza』2021年公開のアメリカ合衆国の青春映画。製作・脚本・撮影・監督はポール・トーマス・アンダーソン。主演はアラナ・ハイムとクーパー・ホフマン(監督の盟友だったフィリップ・シーモア・ホフマンの息子)が務めた。タイトルの“Licorice Pizza”は、1969年から1980年代後半にかけてカリフォルニア州南部で店舗を展開していたレコードチェーンの名前から取られた。ポール・トーマス・アンダーソン監督の自伝的映画。ショーン・ペン、トム・ウェイツ(映画『デッド・ドント・ダイ』)、ブラッドリー・クーパー(映画『アメリカン・スナイパー』や映画『運び屋』や映画『アリー/スター誕生』)、ベニー・サフディ、エスティ・ハイム、ダニエル・ハイム、ドナ・ハイム、モチ・ハイムらが出演。
2022年製作

映画『エルヴィス』ネタバレ・あらすじ「人種差別反対」感想「ロックンロールを世界へ」結末「キング・オブ・ロックンロール」

映画『エルヴィス』ネタバレ・あらすじ「人種差別反対」感想「ロックンロールを世界へ」結末「キング・オブ・ロックンロール」映画『エルヴィス』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『エルヴィス』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『エルヴィス』の作品情報・概要『エルヴィス』原題『Elvis』2022年公開のアメリカ合衆国の映画。エルヴィス・プレスリーの生涯を描いた伝記映画。バズ・ラーマン監督。主演はオースティン・バトラー(映画『デッド・ドント・ダイ』や映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』)。他にトム・ハンクス(映画『めぐり逢えたら』や『ハドソン川の奇跡』)、ヘレン・トムソン、リチャード・ロクスバーグ(『ブレス あの波の向こうへ』)、オリビア・デヨング、ヨラ、ションカ・デュクレ、リトル・リチャード、ケルビン・ハリソン・Jr.、ゲリー・クラーク・Jr.、デビッド・ウェンハム、ルーク・ブレイシー、デイカー・モンゴメリー、ナターシャ・バセット、ゼイビア・サミュエル、コディ・スミット=マクフィー、レオン・フォード 、ケイト・マルバニー、ガレス・デイビス、チャールズ・グラウンズ 、ジョシュ・マクコンビル、アダム・ダンらが出演。
2022.07.01
2022年製作

映画『バズ・ライトイヤー』ネタバレ・あらすじ「クリス・エバンスvs鈴木亮平 」感想「LGBTQアニメ誕生!」結末「ディズニーはやっぱりすごい!」

映画『バズ・ライトイヤー』ネタバレ・あらすじ「クリス・エバンスvs鈴木亮平 」感想「LGBTQアニメ誕生!」結末「ディズニーはやっぱりすごい!」映画『バズ・ライトイヤー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『バズ・ライトイヤー』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。 映画『バズ・ライトイヤー』の作品情報・概要『バズ・ライトイヤー』原題『Lightyear』は、2022年のアメリカ合衆国のコンピュータ・アニメーションSFアクション映画。ピクサー・アニメーション・スタジオとウォルト・ディズニー・ピクチャーズが製作。ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズが配給する。ピクサーの映画『トイ・ストーリー』シリーズのスピンオフ作品かつ前日譚。シリーズ1作目の世界で人気だったおもちゃのバズ・ライトイヤーの世界観で自身の原点を描いた作品。アンガス・マクレーン監督長編デビュー作。主人公バズの声をクリス・エヴァンス(映画『アベンジャーズ エンドゲーム』や映画『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』)が担当。日本版は鈴木亮平 (映画『孤狼の血 LEVEL2』や映画『燃えよ剣』や映画『海街diary』)。他はキキ・パーマー(映画『ハスラーズ』)、ピーター・ソーン、タイカ・ワイティティ(映画『ジョジョ・ラビット』や)、デイル・ソウルズ、ジェームズ・ブローリン、ウゾ・アドゥーバ、メアリー・マクドナルド=ルイス、イザイア・ウィットロック・Jr. 、アンガス・マクレーン 、今田美桜 、山内健司、三木眞一郎 、磯辺万沙子 、銀河万丈(映画『ドラゴンボール超(スーパー) ブロリー』) 、沢城みゆき(映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』)、りょう(映画『ドラゴンボールZ 復活の「F」』)らが担当。同性愛の描写があることから、イスラム圏である中東やアジアの一部地域では本作品の上映が許可されなかった。中華人民共和国でも上映は絶望視されている。  
2022.07.02
アメリカ映画

映画『花嫁の父』ネタバレ・あらすじ「エリザベス・テイラーの美貌と迫力!」感想「娘を想う父」結末「古典的アメリカ映画」

映画『花嫁の父』ネタバレ・あらすじ「エリザベス・テイラーの美貌と迫力!」感想「娘を想う父」結末「古典的アメリカ映画」映画『花嫁の父』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『花嫁の父』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『花嫁の父』の作品情報・概要 『花嫁の父』原題『Father of the Bride』1950年に製作・公開されたアメリカ合衆国の映画。ビンセント・ミネリ監督作品。エドワード・ストリーターのベストセラー小説から「イースター・パレード」のアルバート・ハケット、フランセス・グッドリッチのコンビが脚色。スペンサー・トレイシー、ジョーン・ベネット、エリザベス・テイラー、ドン・テイラー、ビリー・バーク、レオ・G・キャロル、モローニ・オルセン、メルビル・クーパー、テイラー・ホームズ、ポール・ハーベイ、フランク・オース、ラスティ・タンブリン、トム・アイリッシュ、マリエッタ・キャンティらが出演。
アメリカ映画

映画『大統領の陰謀』ネタバレ・あらすじ「ダスティン・ホフマンvsロバート・レッドフォード共演!」感想「ニクソン大統領とは?」結末「ワシントン・ポスト紙の精神」

映画『大統領の陰謀』ネタバレ・あらすじ「ダスティン・ホフマンvsロバート・レッドフォード共演!」感想「ニクソン大統領とは?」結末「ワシントン・ポスト紙の精神」映画『大統領の陰謀』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『大統領の陰謀』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『大統領の陰謀』の作品情報・概要『大統領の陰謀』原題『All The President's Men』アラン・J・パクラ監督作品。1976年制作のアメリカ合衆国の映画。ウォーターゲート事件を調査したワシントン・ポストの二人のジャーナリストの手記を元にしたドラマ。第49回アカデミー賞で作品賞をはじめ計8部門にノミネート。ブラッドリーを演じたジェイソン・ロバーズの助演男優賞ほか計4部門を受賞した。ダスティン・ホフマン(映画『卒業(1967)』や映画『パピヨン』)、ロバート・レッドフォード(映画『さらば愛しきアウトロー』や映画『スティング』や映画『追憶(1973)』や映画『明日に向かって撃て!』)、ジャック・ウォーデン、マーティン・バルサム(映画『サイコ (1960年の映画)』や映画『ティファニーで朝食を』)、ハル・ホルブルック(映画『ダーティハリー2』)、ジェイソン・ロバーズ、ジェーン・アレクサンダー (映画『シティヒート』)、メレディス・バクスター 、ネッド・ビーティ(映画『トイ・ストーリー3』)、スティーブン・コリンズ、ペニー・フラー 、ジョン・マクマーティン 、ロバート・ウォーデン 、フランク・ウィルス 、F・マーレイ・エイブラハム 、リンゼイ・クローズらが出演。
アクション映画

映画『ジュラシック・パークIII』ネタバレ・あらすじ「音楽ジョン・ウィリアムズ健在!」感想「キャスリーン・ケネディ製作」結末「恐竜映画は永遠に!」

映画『ジュラシック・パークIII』ネタバレ・あらすじ「音楽ジョン・ウィリアムズ健在!」感想「キャスリーン・ケネディ製作」結末「恐竜映画は永遠に!」 映画『ジュラシック・パークIII』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ジュラシック・パークIII』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ジュラシック・パークIII』の作品情報・概要『ジュラシック・パークIII』原題『Jurassic Park III』2001年に公開されたアメリカ映画。ジョー・ジョンストン監督作品。『ジュラシック・パーク』『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』に続くシリーズ第3作である。ユニバーサル映画提供。前2作はスティーブン・スピルバーグ(映画『ウエスト・サイド・ストーリー』や『E.T.(イーティー)』)監督。サム・ニール、ウィリアム・H・メイシー、ティア・レオーニ、アレッサンドロ・ニボラ(映画『ロニートとエスティ 彼女たちの選択』)、トレバー・モーガン、マイケル・ジェッター、ジョン・ディール、ブルース・A・ヤング、ローラ・ダーン(映画『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』や映画『マリッジ・ストーリー』や映画『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』)らが出演。
2022年製作

映画『トップガン マーヴェリック』ネタバレ・あらすじ「トップ・オブ・エンタメ作品決定!」感想「トム・クルーズ“驚異と狂気“!」結末「次回作は宇宙で撮影!」

映画『トップガン マーヴェリック』ネタバレ・あらすじ「トップ・オブ・エンタメ作品決定!」感想「トム・クルーズ“驚異と狂気“!」結末「次回作は宇宙で撮影!」映画『トップガン マーヴェリック』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『トップガン マーヴェリック』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『トップガン マーヴェリック』の作品情報・概要『トップガン マーヴェリック』原題『Top Gun: Maverick』2022年公開予定のアメリカ合衆国のアクション映画。1986年の『トップガン』の続編。ジョセフ・コシンスキー監督作品。脚本はアーレン・クルーガー、エリック・ウォーレン・シンガー、クリストファー・マッカリーが務めている。トム・クルーズ(映画『トップガン』や映画『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』)、マイルズ・テラー、ジェニファー・コネリー(映画『スパイダーマン ホームカミング』)、ジョン・ハム(映画『リチャード・ジュエル』や映画『カーライル ニューヨークが恋したホテル』)、グレン・パウエル(映画『ガーンジー島の読書会の秘密』)、ルイス・プルマン、チャールズ・パーネル、バシール・サラディン、モニカ・バルバロ、ジェイ・エリス、ダニー・ラミレス、グレッグ・ターザン・デイビス、エド・ハリス 、バル・キルマー(映画『ソング・トゥ・ソング』)、リリアナ・ウレイ、アンソニー・エドワーズ、メグ・ライアン(映画『めぐり逢えたら』)らが出演。
2022.06.21
アクション映画

映画『トップガン』ネタバレ・あらすじ「トム・クルーズが世界へ」感想「青春映画」結末「米海軍全面協力」

映画『トップガン』ネタバレ・あらすじ「トム・クルーズが世界へ」感想「青春映画」結末「米海軍全面協力」映画『トップガン』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『トップガン』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『トップガン』の作品情報・概要 『トップガン』(原題: Top Gun)は、1986年のアメリカのアクションドラマ映画。1986年の全米興行成績1位を記録。トニー・スコット監督作品。製作はドン・シンプソンとジェリー・ブラッカイマー(映画『バッドボーイズ フォー・ライフ』)、脚本はジム・キャッシュとジャック・エップス・ジュニアが務め、3年前に『カリフォルニア』誌に掲載された「Top Guns」という記事に着想を得ている。主演は、トム・クルーズ(映画『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』)、ケリー・マクギリス、バル・キルマー(映画『ソング・トゥ・ソング』)、アンソニー・エドワーズ、トム・スケリット(映画『エイリアン』)、マイケル・アイアンサイド、ジョン・ストックウェル、バリー・タブ、リック・ロソビッチ、ティム・ロビンス(映画『ショーシャンクの空に』や映画『ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男』)、クラレンス・ギルヤード・Jr.、ウィップ・ヒューブリー、ジェームズ・トルカン、メグ・ライアン(映画『めぐり逢えたら』や映画『ノッティングヒルの恋人』)、エイドリアン・パスダーらが出演。製作にはアメリカ海軍が全面協力。
2022.05.26
2021年製作

映画『フォーエバー・パージ』ネタバレ・あらすじ「挑戦的な物語」感想「アメリカって怖い」結末「平和であることを願う」

映画『フォーエバー・パージ』ネタバレ・あらすじ「挑戦的な物語」感想「アメリカって怖い」結末「平和であることを願う」映画『フォーエバー・パージ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『フォーエバー・パージ』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。 映画『フォーエバー・パージ』の作品情報・概要『フォーエバー・パージ』原題『The Forever Purge』アメリカのアクション・スリラー映画。エベラルド・ゴウト監督作品。「トランスフォーマー」のマイケル・ベイ(映画『アンビュランス』や映画『クワイエット・プレイス 破られた沈黙』)&「パラノーマル・アクティビティ」のジェイソン・ブラム製作(映画『ハロウィン KILLS』や映画『ザ・スイッチ』や映画『透明人間』)。「パージ」シリーズの第5作。アメリカ政府は深刻化する移民増加問題の対策として、1年に一晩だけ殺人を含む全ての犯罪が合法化される法律「パージ」を発令するという過激な物語。アナ・デ・ラ・レゲラ、
テノッチ・ウエルタ、ジョシュ・ルーカス(映画『フォードvsフェラーリ』)、キャシディ・フリーマン、レベン・ランビン、アレハンドロ・エッダ、ウィル・パットンらが出演。
2022.05.26
2022年製作

映画『ドクター・ストレンジ マルチバース・オブ・マッドネス』ネタバレ・あらすじ「怪演ベネディクト・カンバーバッチ」感想「頭混乱」結末「「マーベル・シネマティック・ユニバース」の28作品目の作品」

映画『ドクター・ストレンジ マルチバース・オブ・マッドネス』ネタバレ・あらすじ「怪演ベネディクト・カンバーバッチ」感想「頭混乱」結末「「マーベル・シネマティック・ユニバース」の28作品目の作品」映画『ドクター・ストレンジ マルチバース・オブ・マッドネス』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ドクター・ストレンジ マルチバース・オブ・マッドネス』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ドクター・ストレンジ マルチバース・オブ・マッドネス』の作品情報・概要『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』原題『Doctor Strange in the Multiverse of Madness』マーベル・コミックのキャラクター「ドクター・ストレンジ」をベースとする、2022年公開のアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画。サム・ライミ監督作品(映画『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』)脚本はジェイド・バートレットとマイケル・ウォルドロン、出演はベネディクト・カンバーバッチ(映画『アベンジャーズ エンドゲーム』や映画『1917 命をかけた伝令』)、エリザベス・オルセン(映画『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』や映画『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』)、ベネディクト・ウォン、ソーチー・ゴメスら。『ドクター・ストレンジ』(2016年)の続編でシリーズ2作目、また「マーベル・シネマティック・ユニバース」の28作品目の作品。
2022.05.11
お茶の間映画館

映画『麗しのサブリナ』ネタバレ・あらすじ「オードリー・ヘプバーンだけを観る」感想「年齢差30歳の恋愛」結末「サブリナカット大流行」

映画『麗しのサブリナ』ネタバレ・あらすじ「オードリー・ヘプバーンだけを観る」感想「年齢差30歳の恋愛」結末「サブリナカット大流行」映画『麗しのサブリナ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『麗しのサブリナ』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『麗しのサブリナ』の作品情報・概要『麗しのサブリナ』原題『Sabrina』1954年に公開されたアメリカ合衆国のロマンティック・コメディ。サミュエル・テイラーの戯曲『麗しのサブリナ』をビリー・ワイルダー監督(映画『昼下りの情事』や映画『アパートの鍵貸します』)が映画化した。オードリー・ヘプバーンは『ローマの休日』の大ヒットのプレッシャーを撥ね退けて大ヒットを記録。ハンフリー・ボガート(映画『カサブランカ』)、ウィリアム・ホールデン(映画『ワイルドバンチ』)、ウォルター・ハンプデン、ジョン・ウィリアムズ、マーサ・ハイヤー、ジョーン・ボーズ、マルセル・ダリオ 、マルセル・ヒライヤー 、ネラ・ウォーカー 、フランシス・X・ブッシュマン 、エレン・コービイらが出演。製作時ヘプバーンは25歳、ボガート56歳、ホールデンが36歳だった。年齢差を乗り越えて恋の成就となった。
2022.05.11
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました