映画『アバター ウェイ・オブ・ウォーター』ネタバレ・あらすじ「ジェームズ・キャメロン天才」感想「『タイタニック』のケイト・ウィンスレット来たあ!」結末「シガニー・ウィーバー」

映画『アバター ウェイ・オブ・ウォーター』ネタバレ・あらすじ「ジェームズ・キャメロン天才」感想「『タイタニック』のケイト・ウィンスレット来たあ!」結末「シガニー・ウィーバー」 2022年製作

映画『アバター ウェイ・オブ・ウォーター』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。

映画『アバター ウェイ・オブ・ウォーター』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。

YouTubeで予告映像もご覧ください。

『運だぜ!アート』ツイッターアカウント

『アバター ウェイ・オブ・ウォーター』
2022年製作/192分/G/アメリカ
原題:Avatar: The Way of Water
配給:ディズニー

【監督】ジェームズ・キャメロン【製作】ジェームズ・キャメロン ジョン・ランドー【製作総指揮】デビッド・バルデス リチャード・ベイナム【原案】ジェームズ・キャメロン リック・ジャッファ アマンダ・シルバー ジョシュ・フリードマン シェーン・サレルノ【脚本】ジェームズ・キャメロン リック・ジャッファ アマンダ・シルバー【撮影】ラッセル・カーペンター【美術】ディラン・コール ベン・プロクター【衣装】デボラ・L・スコット【編集】スティーブン・リフキン デビッド・ブレナー ジョン・ルフーア ジェームズ・キャメロン【音楽】サイモン・フラングレン
【出演】サム・ワーシントン ゾーイ・サルダナ シガニー・ウィーバー スティーブン・ラング ケイト・ウィンスレット クリフ・カーティス ジェイミー・フラッターズ ブリテン・ダルトン トリニティ・ジョリー・ブリス ベイリー・バス フィリップ・ジョルジョ デュアン・エバンス・Jr ジャック・チャンピオン

  1. 映画『アバター ウェイ・オブ・ウォーター』外部リンク
  2. 映画『アバター ウェイ・オブ・ウォーター』のオススメ度は?
  3. 映画『アバター ウェイ・オブ・ウォーター』の作品情報・概要
  4. 映画『アバター ウェイ・オブ・ウォーター』の受賞歴
  5. 映画『アバター ウェイ・オブ・ウォーター』のあらすじ・ネタバレ
    1. 映画『アバター ウェイ・オブ・ウォーター』のあらすじ・ネタバレ:起
    2. 映画『アバター ウェイ・オブ・ウォーター』のあらすじ・ネタバレ:承
    3. 映画『アバター ウェイ・オブ・ウォーター』のあらすじ・ネタバレ:転
    4. 映画『アバター ウェイ・オブ・ウォーター』のあらすじ・ネタバレ:結
  6. 映画『アバター ウェイ・オブ・ウォーター』の感想・内容
  7. 映画『アバター ウェイ・オブ・ウォーター』の考察・評価
  8. 映画『アバター ウェイ・オブ・ウォーター』の結末
  9. 映画『アバター ウェイ・オブ・ウォーター』のキャストについて
  10. まとめ 映画『アバター ウェイ・オブ・ウォーター』一言で言うと!
  11. 『運だぜ!アート』本日の総合アクセスランキング
  12. 合わせて観たい映画
    1. 【スター・ウォーズシリーズ】
      1. 映画『スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス』
      2. 映画『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』
      3. 映画『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』
      4. 映画『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』
      5. 映画『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』
      6. 映画『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』
      7. 映画『スター・ウォーズ フォースの覚醒』
      8. 映画『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』
      9. 映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』
  13. 映画『アバター ウェイ・オブ・ウォーター』の作品情報

映画『アバター ウェイ・オブ・ウォーター』外部リンク

HPサイト】
映画『アバター ウェイ・オブ・ウォーター』公式サイト

【予告映像】
映画『アバター ウェイ・オブ・ウォーター』トレーラー

【公式Twitter
映画『アバター ウェイ・オブ・ウォーター』

IMDbサイト】
映画『アバター ウェイ・オブ・ウォーター』

Rotten Tomatoesサイト】
映画『アバター ウェイ・オブ・ウォーター』

映画『アバター ウェイ・オブ・ウォーター』のオススメ度は?

5.0

星5つです

「すごい」世界観!

ジェームズ・キャメロン「天才」でしょ!

映画『アバター ウェイ・オブ・ウォーター』の作品情報・概要

『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』原題『Avatar: The Way of Water』ジェームズ・キャメロン製作・脚本・監督作品。2022年のアメリカ合衆国のSF映画。同年12月16日に日米同時公開された。『アバター』の続編であり、全5作からなるアバターシリーズの2作目にあたる。前作の主人公であるジェイク・サリーとネイティリの子どもたちが新たな主人公となる。前作から13年もの時を経て流体シミュレーションやレンダリングが大幅に強化され、キャラクターだけでなく背景の水や炎の挙動まで緻密に描写されるようになった。サム・ワーシントンゾーイ・サルダナシガニー・ウィーバー、スティーブン・ラング、ケイト・ウィンスレットクリフ・カーティス、ジェイミー・フラッターズ、ブリテン・ダルトン、トリニティ・ジョリー・ブリス、ベイリー・バス、フィリップ・ジョルジョ、デュアン・エバンス・Jr、ジャック・チャンピオンらが出演。

映画『アバター ウェイ・オブ・ウォーター』の受賞歴

映画『アバター ウェイ・オブ・ウォーター』のあらすじ・ネタバレ

映画『アバター ウェイ・オブ・ウォーター』のあらすじ・ネタバレ:起

ナヴィ族となったジェイクは、ネイティリとの間に子供ができ、幸せに暮らしていました。

ある日、スカイ・ピープルが宇宙からやってきて森が焼かれ、ジェイクたちは住処を変えることに…。

それでも長男のネテヤム、次男のロアク、末っ子のティク、養子のキリたちは、好奇心旺盛だったことから森を散策しに行きます。

兄弟たちは見覚えのないナヴィ族を見つけて後を追うと、前に侵略してきたスカイ・ピープルの大佐のコピーだとわかります。

ジェイクはその知らせを聞いて子供たちの元に急ぎますが、スパイダーが連れて行かれたと知りました。

映画『アバター ウェイ・オブ・ウォーター』のあらすじ・ネタバレ:承

大佐の息子だったスパイダーはナヴィ族と暮らしていたため、ジェイクの居場所を吐くよう言われます。

コピーの大佐はスパイダーをかばいつつ、ナヴィ族の暮らしなどを学ぶことにしました。

その頃、ジェイク一家は森を出て海の民の元へ。居場所を隠したいと説明しつつ、海での暮らし方を教えてもらいます。

しかし、ロアクが族長の息子とケンカをしてしまい、ジェイクに言われて謝りに仲良くするよう言われたことからロアクは海の狩りを手伝うことにしました。

その際に大型のクジラのような生物に襲われ、トゥルカン種のパヤカンに助けられたロアク。

群れから離れて過ごすパヤカンにロアクは親近感を覚え、共に過ごすようになります。

映画『アバター ウェイ・オブ・ウォーター』のあらすじ・ネタバレ:転

大佐はトゥルカン種を狩る漁師の協力を仰ぎ、海にある島々を巡ってジェイクの行方を追います。

そして、狩りを手伝うことでジェイクをおびき出せると考え、トゥルカンを一匹仕留めました。

海の民はトゥルカンと絆を結んでいたため狩人に怒りを覚えますが、ジェイクは大佐の罠であると気付きます。

しかし、ロアクがパヤカンも狙われると考えて海へ。

大佐と漁師たちはパヤカンを仕留めに現れ、ロアクや兄弟たちを捕らえようとします。ジェイクが到着すると、ロアクと族長の娘たちが捕まったと判明。

巨大な海船の甲板に捉えられた子供たちを確認したジェイクは一人で向かおうとしました。

映画『アバター ウェイ・オブ・ウォーター』のあらすじ・ネタバレ:結

ジェイクが到着する前に、なんとロアクの友人のパヤカンが船を襲い始め、海の民たちも騒ぎに乗じて漁師たちを仕留めにいきます。

ジェイクは大佐と戦い始め、人質になっていた子供たちは助かりますが今度はキリが捕まってしまいました。

そしてロアクやスパイダーたちを助けた際にネテヤムが撃たれ、ジェイクとネイティリが救おうとした時にはもう遅くネテヤムは息を引き取ります。

ジェイクとネイティリはキリとティクを助けるために船を襲い、大佐や手下たちを殲滅。ロアクはジェイクを抱えつつ海上へ向かい、ネイティリたちもなんとか助かりました。

ジェイク一家は海の民の元を離れることにし、新たな一歩を踏み出します。

映画『アバター ウェイ・オブ・ウォーター』の感想・内容

1作目に引き続き、ジェイクが森の民の族長だったり、恋仲だったネイティリとの間に子供ができていたりと展開が続いていたのが良かったですね。

また、前作で登場したグレイス博士の娘として登場するキリの存在感は凄かった!森では植物などに囲まれたり、海では光る魚たちに囲まれたりします。

博士とエイワの子供だったとも思えますが、キリは魚たちを集めることができたため最後に大活躍を見せました。

光る魚の群れを操って母とティクの居場所を見つけ出し、海上へ案内するのは頼もしさを感じたワンシーンです。

映画『アバター ウェイ・オブ・ウォーター』の考察・評価

1作目に関する他のシーンと言えば、森でジェイクとネイティリが大佐を倒した場所でのできごとも挙げられるでしょう。

ガイコツになった大佐をネヴィ族の姿になった大佐のコピーが持ち上げたり、スパイダーが過去の記録を見たり…。

父である大佐をネイティリがとどめを刺したと知った際のスパイダーの心情が気になりました。

ラストでスパイダーはネイティリに人質にされ、切り傷を与えられたことを踏まえると恨みの方が強くなってしまうのではとハラハラ。

まさか大佐が折れて人質のキリを解放するとは意外でした。そのことからスパイダーは大佐を海から引き上げて助けたのだと思いますが、今後の動向が気になります。

今作でも森や他の場所の演出が見どころとなりましたね。

ハレルヤ・マウンテンは空を飛ぶ洞窟という感じで、身を隠すのにはちょうど良さそうでしたが、キリは森と接しながら過ごす方が好みだったように見えます。

次にジェイク一家が海の民の元にたどり着いた際には、ハンモックのような道を歩いたり、海が見えるテントで暮らしたりしていたのが印象的。

海で生きるためにイルカのような生き物の扱いを学び、水中で長く呼吸できるように息を整えるそうして順応していくジェイク一家は流石だな思いました。

映画『アバター ウェイ・オブ・ウォーター』の結末

ロアクはパヤカンと絆を結び、友人として仲良くしていましたね。

独り者どうし仲良くとのことでしたが、パヤカンの過去を知ってロアクはみんなに伝えることができず…。

種族の掟とはいえ、パヤカンが孤独だったと分かるシーンは涙ぐんでしまいました。

そんなパヤカンが密猟者の船を粉砕していくのは爽快!母親を殺された恨み、ロアクを守ろうとする意志を感じさせます。

クジラのような大きな身体、銃弾を弾く硬さを持つ皮膚、手を触れば甲板の敵を一掃できるという凄まじさは思わず見入ってしまいました。

パヤカンとロアクの関係性、ジェイクと家族たちの関係性のどちらも感動を覚えるシーンが多かったのが印象的な映画。

しかし、まだスカイ・ピープルの者たちが基地にいることを考えると、ナヴィたちの戦いは終わっていないと思います。続編もまた心して待ちたいですね。

映画『アバター ウェイ・オブ・ウォーター』のキャストについて

ジェイク・サリー(サム・ワーシントン)
ネイティリ(ゾーイ・サルダナ)
キリ(シガニー・ウィーバー)
クオリッチ(スティーブン・ラング)
ロナル(ケイト・ウィンスレット)
トノワリ(クリフ・カーティス)
ネテャム(ジェイミー・フラッターズ)
ロアク(ブリテン・ダルトン)
トゥク(トリニティ・ジョリー・ブリス)
ツィレヤ(ベイリー・バス)
アォヌング(フィリップ・ジョルジョ)
ロトー(デュアン・エバンス・Jr.)
スパイダー(ジャック・チャンピオン)

まとめ 映画『アバター ウェイ・オブ・ウォーター』一言で言うと!

「ジェームズ・キャメロンは何者なのか?」

『運だぜ!アート』本日の総合アクセスランキング

映画『ばるぼら』ネタバレ・あらすじ「美乳」二階堂ふみ&「美尻」稲垣吾郎の衝撃愛!手塚眞とクリストファー・ドイルが紡ぐ「究極の芸術愛」誕生!感想・結末。
映画『ヘルドッグス』ネタバレ・あらすじ「相関図を見ないとわからない」感想「松岡茉優が可愛い」結末「続編あるでしょ!」
映画『MOTHER マザー』ネタバレ・あらすじ「長澤まさみ新境地の“毒親”に拍手喝采」感想「美女は悪女が似合う」結末「阿部サダヲの“クソ”っぷりに激怒」
映画『楽園』ネタバレ・あらすじ・結末。ムラ社会は日本社会の縮図。長老(独裁者)の「決めつけ」こそ悪害なのだ。綾野剛、佐藤浩市もOKだが村上虹郎が最高だ!
映画『劇場版 転生したらスライムだった件 紅蓮の絆編』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。
【ネタバレ酷評】映画『カイジ ファイナルゲーム』カイジに日本の未来を賭けて欲しくない。『パラサイト 半地下の家族』を見習え。
映画『アド・アストラ』の意味とネタバレ・あらすじ・感想・結末。ブラピ史上最高演技。宇宙は自身の心にある。困難を克服して栄光を掴む。
映画『RRR』ネタバレ・あらすじ「大迫力」感想「友情映画」結末「インド映画の実力!」
【ネタバレ酷評】映画『マチネの終わりに』あらすじ・結末。物語も演出も撮影もダメ。福山雅治&石田ゆり子の糸引くキスシーン。
実話映画『愛と死をみつめて』ネタバレ・あらすじ「創価学会の意味?」感想「笠智衆が泣く」感想「軟骨肉腫で死亡」結末。

合わせて観たい映画

【スター・ウォーズシリーズ】

映画『スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス』

ジョージ・ルーカスが監督に復帰!22年ぶりです。

映画『スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス』ネタバレ・あらすじ・結末。アナキン・スカイウォーカー発見後の宇宙は平和になるのか
映画『スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』原題『Star Wars: Episode I The Phantom Menace』1999年に公開されたアメリカ映画。ジョージ・ルーカス監督作品。エピソード6から過去に戻りアナキン・スカイウォーカーを見つけ育てる物語。

映画『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』

アナキンの心の苦悩と恋愛を描いていると言うが・・・・。

映画『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』ネタバレ・あらすじ・結末。アナキンの禁じられた恋愛。母の死が後のダース・ベイダー誕生の布石となる。
映画『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。ディズニー公式サイトならびにIMDbサイトへのリンクもあります。 遠い昔、はるか彼方の銀河系で…。『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』原題『Star Wars: Episode II Attack of the Clones』2002年に公開されたアメリカ映画。ジョージ・ルーカス監督作品。アナキン・スカイウォーカーを主人公とする新三部作の第2章『エピソード2』に当たる。ユアン・マクレガー、ナタリー・ポートマン、ヘイデン・クリステンセンらが出演。

映画『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』

アナキンがついにダースサイドに落ちます

映画『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』ネタバレ・あらすじ・結末。ジョージ・ルーカス最後の監督作品。黒澤明とアメリカン・ニューシネマへの愛を込めて。
こちらからお読みください。『スター・ウォーズ』シリーズ全部をまとめて紹介しています。 映画『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラスト...

映画『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』

『スター・ウォーズ』シリーズ第一弾、全てはここから始まった

映画『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』ネタバレ・あらすじ・結末。ルークはルーカスの化身。銀河帝国はハリウッドメジャー映画会社。
映画『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。ディズニー公式サイトならびにIMDbサイトにて作品情報・キャスト情報も紹介しています。遠い昔、遥か彼方の銀河系で…。 『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』原題『Star Wars: Episode IV A New Hope』1977年に公開されたアメリカ映画。ジョージ・ルーカス監督・脚本。2019年の映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』まで全9作品の最初の映画。壮大なスペースオペラでありサーガの始まり。映画シリーズとしては最大のヒットとなる。

映画『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』

ハン・ソロが、、、。レジスタンス最大に危機に、、、。

映画『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』ネタバレ・あらすじ・結末。ハリソン・フォード好演がシリーズ存続を決めた。シリーズ最高傑作!
映画『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』ディズニー公式サイトならびにIMDbサイトでも情報も紹介しています。『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』原題『Star Wars: Episode V The Empire Strikes Back』1980年に公開されたアメリカ合衆国の映画。『スター・ウォーズ』シリーズ第二弾。監督はアーヴィン・カーシュナー。主演はマーク・ハミルとキャリー・フィッシャー。他にハリソン・フォード、ビリー・ディー・ウィリアムズ、アンソニー・ダニエルズ。ジョージ・ルーカスは製作総指揮。

映画『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』

完全なるハッピーエンド これで銀河は平和になった

映画『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』ネタバレ・あらすじ・結末。新作『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』と比較視聴。
映画『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』ディズニー公式サイトならびにIMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』原題『Star Wars: Episode VI Return of the Jedi』1983年に公開されたアメリカ映画。旧三部作の『エピソード6』アメリカでの公開当初のタイトルは『Return of the Jedi』(『ジェダイの帰還』)。日本での公開当初のタイトルは『スター・ウォーズ/ジェダイの復讐』。後年DVDの発売により本タイトルになった。監督はリチャード・マーカンド。ジョージ・ルーカスは製作総指揮。

映画『スター・ウォーズ フォースの覚醒』

スター・ウオーズシリーズ一番の人気作品と言われています。

映画『スター・ウォーズ フォースの覚醒』ネタバレ・あらすじ・結末。ハリソン・フォード無念の死。息子が悪に魂を売る。宇宙で家族再生を目指す映画。
映画『スター・ウォーズ フォースの覚醒』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。

映画『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』

シリーズ一番の問題作です。でも観ておくべき!

映画『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』ネタバレ・あらすじ・結末・感想。シリーズ最大の問題作。世界で賛否両論。アダム・ドライバーは輝いている。
映画『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』ディズニー公式サイトならびにIMDbサイトから作品情報・キャスト情報の紹介もしています。日本テレビ金曜ロードSHOW!でテレビ初登場。『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』原題『Star Wars: The Last Jedi』2017年公開のアメリカ映画。「スター・ウォーズ フォースの覚醒」に続く3部作の第2部で監督はライアン・ジョンソン。レイ(デイジー・リドリー) を主人公とする。フィン(ジョン・ボイエガ)カイロ・レン(アダム・ドライバー) が花を添える。 配給はウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ。

映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』

スカイ・ウォーカーファミリーの物語が終わります

【ネタバレ考察】映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』あらすじ・結末・感想。レイの親・祖父は誰?J・J・エイブラムスは忖度しすぎ
【ネタバレ考察】映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』あらすじ・結末・感想。レイの親・祖父は誰?J・J・エイブラムスは忖度しすぎ映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』の作品概要遠い昔、はるか彼方の銀河系で…。『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』原題『Star Wars: The Rise Of Skywalker』2019年12月20日に公開されたアメリカ映画。『スター・ウォーズ』シリーズにおける実写映画本編の第9作品目で最終作品。『スター・ウォーズ』シリーズの3部作『スター・ウォーズ フォースの覚醒』(2015)『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』(17)の最後を飾るのが本作『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』である。スカイウォーカーファミリーの物語が完結する。監督は映画『スター・ウォーズ フォースの覚醒』のJ・J・エイブラムス。主演は映画『スター・ウォーズ フォースの覚醒』や映画『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』のデイジー・リドリー。映画『マリッジ・ストーリー』や映画『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』や映画『デッド・ドント・ダイ』のアダム・ドライバー、 ジョン・ボイエガ、オスカー・アイザック、映画『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』のマーク・ハミル、映画『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』のキャリー・フィッシャーが脇を固める。

映画『アバター ウェイ・オブ・ウォーター』の作品情報

映画.comより一部引用

監督
ジェームズ・キャメロン
製作
ジェームズ・キャメロン ジョン・ランドー
製作総指揮
デビッド・バルデス リチャード・ベイナム
原案
ジェームズ・キャメロン リック・ジャッファ アマンダ・シルバー ジョシュ・フリードマン シェーン・サレルノ
脚本
ジェームズ・キャメロン リック・ジャッファ アマンダ・シルバー
撮影
ラッセル・カーペンター
美術
ディラン・コール ベン・プロクター
衣装
デボラ・L・スコット
編集
スティーブン・リフキン デビッド・ブレナー ジョン・ルフーア ジェームズ・キャメロン
音楽
サイモン・フラングレン
ジェイク・サリー(サム・ワーシントン)
ネイティリ(ゾーイ・サルダナ)
キリ(シガニー・ウィーバー)
クオリッチ(スティーブン・ラング)
ロナル(ケイト・ウィンスレット)
トノワリ(クリフ・カーティス)
ネテャム(ジェイミー・フラッターズ)
ロアク(ブリテン・ダルトン)
トゥク(トリニティ・ジョリー・ブリス)
ツィレヤ(ベイリー・バス)
アォヌング(フィリップ・ジョルジョ)
ロトー(デュアン・エバンス・Jr.)
スパイダー(ジャック・チャンピオン)
2022年製作/192分/G/アメリカ
原題:Avatar: The Way of Water
配給:ディズニー

タイトルとURLをコピーしました