ショーシャンクの空に : 作品情報 – 映画の運だぜ!アート

スポンサーリンク
ヒューマン映画
スポンサーリンク

『ショーシャンクの空に』原題『The Shawshank Redemption』

解説

『ショーシャンクの空に』原題『The Shawshank Redemption』はフランク・ダラボン監督の長編デビュー作品。原作はスティーヴン・キングの『刑務所のリタ・ヘイワース』から。主演は後に『ミスティック・リバー』原題『Mystic River』(クリント・イーストウッド監督作品)でアカデミー助演男優賞を受賞するティム・ロビンス。共演は『許されざる者』原題『Unforgiven』『ミリオンダラー・ベイビー』原題『Million Dollar Baby(クリント・イーストウッド監督作品)でアカデミー助演男優賞受賞のモーガン・フリーマン。1994年に公開されたアメリカ映画。エリート銀行員の男が妻とその愛人を殺害したとされ刑務所に送り込まれる。刑務所内で他の囚人と友情を育み看守や所長の裏金工作に協力し脱走する。「希望と持って生きる」「あきらめない精神」「友情の大切さ」をテーマにしている。

『ショーシャンクの空に』の激アツ評論『運だぜ!アート』へGO!

映画『ショーシャンクの空に』実話?ネタバレ・あらすじ。ティム・ロビンス&モーガン・フリーマン共演 「希望を持つことが大事」 感想「ジワタネホでハッピー」結末。
映画『ショーシャンクの空に』実話?ネタバレ・あらすじ。ティム・ロビンス&モーガン・フリーマン共演 「希望を持つことが大事」 感想「ジワタネホでハッピー」結末。映画『ショーシャンクの空に』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ショーシャンクの空に』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『ショーシャンクの空に』の作品情報・概要『ショーシャンクの空に』原題『The Shawshank Redemption』1994年に公開されたアメリカ映画。原作はスティーブン・キングの中編小説『刑務所のリタ・ヘイワース(Rita Hayworth and Shawshank Redemption)』から。監督・脚本は当時無名のフランク・ダラボン。主演はティム・ロビンス、共演は『許されざる者』『ミリオンダラー・ベイビー』モーガン・フリーマン。冤罪と思われる有能な銀行員が、腐敗した刑務所の中でも希望を捨てず生き抜いていくヒューマン・ドラマ。アメリカ公開当初はヒットしなかったが、近年は高評価でAFIのアメリカ映画ベスト100(10周年エディション)において72位担っている。日本では大ヒットした。
スポンサーリンク

『ショーシャンクの空に』関連映画

【無罪と戦うオススメ映画】

【オススメ脱走映画】

映画『アルカトラズからの脱出』ネタバレ・あらすじ・その後「クリント・イーストウッド」vs「ドン・シーゲル」最後の映画。脱走モノ。
映画『アルカトラズからの脱出』ネタバレ・あらすじ・その後「クリント・イーストウッド」vs「ドン・シーゲル」最後の映画。脱走モノ。1979年に公開されたアメリカ合衆国の映画である。原題『Escape From Alcatraz』ドン・シーゲルとクリント・イーストウッドが組んだ最後の作品である。脱走モノ映画にハズレはないと言われている。『アルカトラズからの脱出』以前、以降と言われるほど、本作は脱走映画に於けるポジションは重要だ。脚本も演出も撮影も昔ながらの職人気質を守っている。ドン・シーゲルの経験と技術が集積されている。脱走モノとして初のハッピーエンドか?
映画『パピヨン』困難に立ち向かう,諦めない,自由への渇望が半端ない,チャーリー・ハナムとラミ・マレックの友情物語 ネタバレ・あらすじ・感想・評価
オリジナル作品は1973年のスティーブ・マックイーン主演、ダスティン・ホフマン助演の映画だ。本作は果敢にリメイクに挑戦した。主演のチャーリー・ハナムはハンサムだ。そしてラミ・マレックの演技が華を添えている。人間はどんな困難でも乗り越えられる力があるのだろうか。諦めたら人生終わりだ。
映画『さらば愛しきアウトロー』ロバート・レッドフォード引退作品。実話の銀行強盗フォレスト・タッカーは脱獄王だった。ネタバレ・あらすじ・感想・評価
ハリウッドきってのハンサムスターの引退作品。実在した銀行強盗を演じている。武器は拳銃だが銀行に押し入るさい、一度も引き金を引いたことがない。そして刑務所へいくが、17回収容されて17回、脱獄している。「楽して生きるより、楽しく生きたい」が信条だ。レッドフォードの笑顔が良い。最後の最後まで皺くちゃな顔で笑っている。
タイトルとURLをコピーしました