映画『トゥルー・クライム』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。等身大のクリント・イーストウッド。「死刑制度」「黒人差別」を正面から捉えた名作。

スポンサーリンク
映画『トゥルー・クライム』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。等身大のクリント・イーストウッド。「死刑制度」「黒人差別」を正面から捉えた名作。アメリカ映画

映画『トゥルー・クライム』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。

映画『トゥルー・クライム』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。

YouTubeで予告映像もご覧ください。

『トゥルー・クライム』
(127分/アメリカ/1999)
原題『True Crime』

【監督】
クリント・イーストウッド
【脚本】
ラリー・グロス ポール・ブリックマン スティーブン・シフ
【製作】
クリント・イーストウッド リチャード・D・ザナック リリ・フィニー・ザナック
【出演】
クリント・イーストウッド
ジェームズ・ウッズ
デニス・リアリー
イザイア・ワシントン
ダイアン・ベノーラ
リサ・ゲイ・ハミルトン
【HPサイト】
映画『トゥルー・クライム』IMDbサイト
【予告映像】
映画『トゥルー・クライム』トレーラー

スポンサーリンク
  1. 映画『トゥルー・クライム』のオススメ度は?
  2. 映画『トゥルー・クライム』の作品情報・概要
  3. 映画『トゥルー・クライム』のあらすじ・ネタバレ
  4. 映画『トゥルー・クライム』の感想・内容
      1. クリント・イーストウッド監督作品で特に人気が高い映画
      2. 西部劇映画初監督は永遠の謎解き&不朽名作
      3. 太平洋戦争における日米の立場が明確に!
      4. クリント・イーストウッドがソンドラ・ロックと出会った名作
  5. 映画『トゥルー・クライム』の結末・評価
      1. この頑固な親父も最後には心を入れ替える
      2. ソンドラ・ロックとの最後の共演作
  6. 映画『トゥルー・クライム』のキャストについて
  7. まとめ 映画『トゥルー・クライム』一言で言うと!
  8. 合わせて観たい映画
    1. 【差別をテーマにしたオススメ映画】
      1. 映画『伊豆の踊子(1974)』
      2. 映画『ルース・エドガー』
      3. 映画『ハリエット』
      4. 映画『ナイチンゲール』
      5. 映画『レ・ミゼラブル』
      6. 映画『黒い司法 0%からの奇跡』
      7. 映画『ブラック・クランズマン』
      8. 映画『ビール・ストリートの恋人たち』
      9. 映画『グリーンブック』
      10. 映画『あなたの名前を呼べたなら』
      11. 映画『ジョジョ・ラビット』
      12. 映画『ゴッズ・オウン・カントリー』
      13. 映画『ダンス・ウィズ・ウルブズ』
      14. 映画『存在のない子供たち』
      15. 映画『風をつかまえた少年』
      16. 映画『ジャングル・ブック(2016年の映画)』
      17. 『美女と野獣(1991)』
      18. 映画『天使にラブ・ソングを…』
      19. 映画『37セカンズ』
  9. 映画『トゥルー・クライム』の作品情報

映画『トゥルー・クライム』のオススメ度は?

4.0

4つです

人間について考えさせられます

差別とは?

人権とは?

死刑制度の是非

等身大のクリント・イーストウッドがいます

スポンサーリンク

映画『トゥルー・クライム』の作品情報・概要

『トゥルー・クライム』原題『True Crime1999年のドラマ映画。クリント・イーストウッド監督・主演作品。作家アンドリュー・クラヴァンの小説『真夜中の死線』(True Crime, 1995年)の映画化。当時の恋人フランシス・フィッシャーと愛娘フランチェスカも出演している。黒人差別問題と冤罪と死刑制度について言及している名作。

スポンサーリンク

映画『トゥルー・クライム』のあらすじ・ネタバレ

かつてはニューヨークの新聞社でスクープをとる敏腕記者として活躍したスティーブ・エベレット(クリント・イーストウッド) は現在はカルフォルニアのオークランド・トリビューンに勤めているが、パッとしない。「酒と女」に溺れているような生活で、記者としての評価は低い。好みの女性がいるとなりふり構わず口説こうとする。しかも上司の妻jにまで手を出す始末。同僚の若い女性と酒を飲んだが、彼女が事故死する。彼女の追いかけていた黒人死刑囚の記事を引き継ぐことに、、、。それが冤罪であるとわかる。しかし死刑執行の時間が迫っている、、、。

スポンサーリンク

映画『トゥルー・クライム』の感想・内容

とても面白い映画だと思います。しかもとてもデリケートなお話です。そしていま観るべき映画の一本だと思います。

特にアメリカの人種差別問題に関心がある人は必見です。さらに人権問題に対して積極的な活動を行いたい人もなおさらです。

本映画『トゥルー・クライム』は1999年製作ですから今から20年以上前の「冤罪物語」ですが、黒人の社会的立場が現在と全く変わっていないことにショックを覚えます。

クリント・イーストウッド監督作品で特に人気が高い映画

映画『パーフェクト ワールド』ネタバレ・あらすじ・感想・内容。クリント・イーストウッドvsケビン・コスナー、完全な世界とは“心の自由”を獲得すること。
映画『パーフェクト ワールド』公式サイトにて作品情報・キャストをご確認ください。映画『パーフェクト ワールド』ネタバレ・あらすじ・感想・内容。クリント・イーストウッドvsケビン・コスナー、完全な世界とは“心の自由”を獲得すること。映画『パーフェクト ワールド』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。パーフェクト ワールド映画『パーフェクト ワールド』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 映画『パーフェクト ワールド』の作品概要『パーフェクト ワールド』原題『A Perfect World』1993年のアメリカ映画(クライム、サスペンス映画)クリント・イーストウッド監督作品。『ダンス・ウイズ・ウルブス』(90)で製作・監督・主演をこなしアカデミー賞で多くの賞を獲得したケビン・コスナーを主演に迎えて製作。イーストウッドは『許されざる者』(92)でアカデミー監督賞は獲得しているが作品賞は獲っていない。コスナーの方が早く獲っている。フィリップ・ペリー 演じたT・J・ローサーが高く評価された。後のアカデミー賞助演女優賞獲得の若きローラ・ダーンが好演。

その前にこの映画に出てくるクリントイーストウッドについてお話しします。

本映画のクリント・イーストウッドはジャーナリストの役を演じています。これがプライベートのイーストウッドに最も近いのではないかと言われています。

ちょっとおっちょこちょいです。そして女好きでスケベな男です。

実際のクリント・イーストウッドは本当に女好きなのは有名な話です。世界的に有名です。

クールな西部劇のガンマンを演じても、無骨な刑事をやっても必ず女性との絡みはありました。

演出として必要であるのはもちろんですが、クリント・イーストウッドがそういう場面が好きだったと思われます。

役として演じていりと同時に個人的にも楽しんでいたと思います。

そして本映画『トゥルー・クライム』は、のクリント・イーストウッドにもっとも近いと言われてますから、まったくカッコ付けないリアルな姿を観ることができます。

ベテランジャーナリストであるスティーブ・エベレット(クリント・イーストウッド) きれいな女性を見るとすぐに口説き落とします。

20代の若い女性から自身の年齢(60歳)くらいまでの幅広く対応しています。彼には家庭があります。

妻バーバラ・エベレット(ダイアン・ベノーラ) そして4、5歳くらいの愛娘がいます。今までずっと女遊びを繰り返しています。

おそらく結婚も予期せぬ子どもができたためと思われます。バーバラもつか荒れ果てています。

西部劇映画初監督は永遠の謎解き&不朽名作

映画『荒野のストレンジャー』あらすじ・ネタバレ・感想。クリント・イーストウッド最初の西部劇映画は謎解き満載
クリント・イーストウッド監督作品第二弾。映画『荒野のストレンジャー』インターネット・ムービー・データベース(英語)にて作品情報・キャストなども紹介しています。ドン・シーゲル、セルジオ・レオーネと映画を撮って監督業への造形を深めたクリント・イーストウッドが初めて西部劇を撮った。原題 『High Plains Drifter』はまるで亡霊のような名無しの男のガンマンをイーストウッドが演じている。今でもこの映画の謎解きに夢中になる人が多い。映画『荒野のストレンジャー』あらすじ・ネタバレ・感想。クリント・イーストウッド最初の西部劇映画は謎解き満載映画『荒野のストレンジャー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『荒野のストレンジャー』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 映画『荒野のストレンジャー』の作品概要『荒野のストレンジャー』原題『High Plains Drifter』1973年に公開されたアメリカの西部劇映画。監督・主演はクリント・イーストウッド。監督第二弾で初めて西部劇を撮ることになった。映画の師匠であるセルジオ・レオーネとドン・シーゲル両監督へ感謝の気持ちが読み取れる。二人の監督から学び、そして影響を受けているのが如実にわかる作品でもある。

エベレットは本当に節操がありません。前新聞社では上層部の娘に手を出して首になっています。

そして現在の会社の同僚や上司の恋人や奥さんまでも口説き落とそうと必死です。

実際クリント・イーストウッドは結婚は2回しています。そして6人の女性との間に8人の子どもを設けています。

サクラメントの市長時代には女性を連れ込むためだけの家を持っていたそうです。

すごい性豪と驚かされますが、やはり大スターであり、才能もあり、そしてお金もあるからこそ可能であったと思います。

そしてクリント・イーストウッドはとにかく女性に優しいそうです。付き合った女性たちに愛も富も仕事も惜しむことなく与えてきたそうです。

大きな揉め事はソンドラ・ロックとの一件だけでしょう。

もうひとつ、この映画内で注目して欲しいのはクリント・イーストウッドがタバコを吸う姿です。これが実にカッコ悪いのです。

まったく様になっていないのです。実はクリント・イーストウッドはプライベートではタバコを一切吸いません。大の嫌煙家です。

彼は映画の中でだけしかタバコを吸いません。西部劇作品の中でも吸っていますが、ただくわえている場面が多いのです。

けれども本映画『トゥルー・クライム』では、タバコを手に持つ仕草があります。その仕草からクリント・イーストウッドはタバコ慣れしていないのが如実にわかるのです。

動きがおぼつかないし、セクシーさがまったくありません。おまけに煙を肺の中まで入れていません。

俗にいう金魚という吸いかたです。この辺りもクリントイーストウッドの本来の姿を映しとっている映画なのではないかと思われるのです。

太平洋戦争における日米の立場が明確に!

さらに本映画『トゥルー・クライム』で特筆すべき点は自身の娘を出演させているところです。

フランチェスカ・イーストウッドです。当時4歳です。映画の中に登場する女の子です。

そして彼女の母親も出演しています。弁護士としてです。フランシス・フィッシャーです。無論二人は結婚していません。

映画『許されざる者』で共演して恋仲になったと言われています(フランシス・フィッシャーは映画『タイタニック』のローズの母親役が有名)

クリント・イーストウッドは自身の映画に子どもと共演する作品が多くあります。

長男カイルは映画『アウトロー(1976)』映画『センチメンタルアドベンチャー』で、さらに長女アリソンは映画『タイトロープ』映画『運び屋』。

そして今やイケメン俳優であるスコットは映画『父親たちの星条旗』映画『グラン・トリノ』映画『インビクタス/負けざる者たち』映画『人生の特等席』等です。

もちろん自身の子どもや恋人を映画出演させるなど職権乱用と憤る人もいるかもしれませんが、彼なりに深い愛があったからだと思います。

彼の子ども6人はみんな仲が良いとのこと。もちろん女性たちも健全な交流があるというから驚きです。

そういった意味でも本映画『トゥルー・クライム』は等身大のクリント・イーストウッドを観ることができるのです。

クリント・イーストウッドがソンドラ・ロックと出会った名作

スポンサーリンク

映画『トゥルー・クライム』の結末・評価

さて映画の話に戻します。なぜこの映画をいま観る作品かと言うと、現在アメリカでは黒人の『ジョージ・フロイドの死』事件によって各地で抗議活動が行われています。

人種差別反対を掲げています。黒人イコール悪人というレッテルが貼られている社会があります。

白人たちの多くは心の奥底に「黒人は悪い」という勝手な深層心理を作り出しています。

本年公開された映画『黒い司法 0%からの奇跡』の死刑囚も無実の黒人です。映画『ビール・ストリートの恋人たち』もそうです。

さらに名作『アラバマ物語』も同様です。昔から映画の中の死刑囚や犯罪者を黒人にするという発想自体も差別ですが、結局ずっと人種差別が無くなっていない証拠だと認識できます。

本映画『トゥルー・クライム』の中で、黒人と言う理由だけで犯人扱いされていると言っても間違いではありません。

そして冤罪の可能性が高いのです。まもなく死刑が執行されます。時間がありません。

クリント・イーストウッド演じるスティーブ・エベレットはとにかく女好きですが、記事を書く力はあるのです。

過去の置いてスクープを多くとっています。本作では棚ぼた的に記事を書くことになります。最初は嫌だったのです。

言い方は悪いですが、「黒人の犯罪者」なんて彼には興味がありません。しかし懇意にしていた、つまり口説こうとしていた、同僚で若い女性記者が不慮の事故で死んでしまい、彼女の取材を引き継いだのです。

最初はやっつけ仕事のつもりでしたが、自慢のが真相を究明しろと命令してくるのです。

エベレットは鼻で仕事をしてきており、記者の勘として「無罪」だと感じるのです。

この頑固な親父も最後には心を入れ替える

そして真相を究明していくのです。しかし時間が迫っています。死刑執行まで数時間です。

そして執行を既のところでストップさせます。後半の追い込む演出はドキドキハラハラさせます。そして死刑執行とは恐ろしい制度であると感じます。

本映画『トゥルー・クライム』の中の男はジャーナリストとして、そして家庭崩壊危機の男の二つで描かれています。

前者は正義感が強い男、後者は本当にクズの男として描いています。これを対比させながら最後の最後で死刑囚を救い出すのです。

この絶妙なバランスがすばらしいと思いました。言い方を変えれば映画作家としてのクリント・イーストウッドと女好きのクリント・イーストウッドです。

映画の中にはそれが見えるのです。

*また死刑執行の描写もとてもショックでした。アメリカでは電気椅子ではなく薬物投与が現在では一般的だそうです。しかし死刑制度の是非について考えさせられる作品でした。

ソンドラ・ロックとの最後の共演作

『ダーティハリー4』はシリーズで一番のヒット作品。あらすじ・ネタバレ・感想。恋人ソンドラ・ロックとの最後の共演作品。
『ダーティハリー4』はシリーズで一番のヒット作品。あらすじ・ネタバレ・感想。恋人ソンドラ・ロックとの最後の共演作品。映画『ダーティハリー4』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ダーティハリー4』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 映画『ダーティハリー4』の作品情報・概要 『ダーティハリー4』原題『Sudden Impact』1983年製作のアメリカ映画。『ダーティハリー』シリーズの4作目。本シリーズ主演のクリント・イーストウッドが監督。 主演に当時の愛人ソンドラ・ロックを起用。ワーナー・ブラザース配給。シリーズ一番のヒット作品になる。ソンドラ・ロックとは最後の共演。『ダーティハリー』シリーズの中で最も雰囲気が暗い作品と言っていい。テーマがレイプされた女性の復讐劇である。昼間より夜の場面を多用することで傷ついた女性心情を表すのと、暗闇で行われる殺意が映画全体にサスペンス感を作り出している。しかも犯人にソンドラ・ロックを応援したくなる効果も出している。ソンドラの静かなる微笑みも恐ろしい。

スポンサーリンク

映画『トゥルー・クライム』のキャストについて

スティーブ・エベレット(クリント・イーストウッド)
アラン・マン(ジェームズ・ウッズ)
ボブ・フィンドレイ(デニス・リアリー)
フランク・ルイス・ビーチャム(イザイア・ワシントン)
バーバラ・エベレット(ダイアン・ベノーラ)
ボニー・ビーチャム(リサ・ゲイ・ハミルトン

スポンサーリンク

まとめ 映画『トゥルー・クライム』一言で言うと!

「貧困の原因は無教養」

教育が果たす役割は非常jに大きいと思います。貧困であるがゆえに教育を受けられないとさらに貧困になるのです。新しい知識や教養を身につければ貧困から脱出する機会が増えます。そして差別や人権について考えるようになると思うのです。貧困が差別を生み出す土壌であることは間違いないと思います。

スポンサーリンク

合わせて観たい映画

【差別をテーマにしたオススメ映画】

映画『伊豆の踊子(1974)』

職業差別・女性差別が厳しすぎる

映画『伊豆の踊子(1974)』ネタバレ・あらすじ・感想。山口百恵&三浦友和初共演(その後結婚)職業差別と女性差別が激しかった時代の純愛と悲恋。
映画『伊豆の踊子(1974)』ネタバレ・あらすじ・感想。山口百恵&三浦友和初共演(その後結婚)職業差別と女性差別が激しかった時代の純愛と悲恋。映画『伊豆の踊子(1974)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『伊豆の踊子(1974)』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『伊豆の踊子(1974)』の作品情報・概要『伊豆の踊子』(いずのおどりこ)は川端康成の同名小説を原作として製作された日本映画。1974年(昭和49年)12月公開。同名小説の6度目の映画化。主演は山口百恵と三浦友和。山口百恵は映画主演初作品である。ホリプロが全面的に協力している。是が非でも山口百恵をスターにしたかったと思われる。伊豆が舞台であるが、多忙の山口百恵のスケジュールを調整して奥多摩で撮影された。

映画『ルース・エドガー』

差別・偏見はアメリカ社会から消えないのか

映画『ルース・エドガー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「良い子」を演じるのは疲れる。人間には二面も三面性もあって良い。人の粗探しにNO!
映画『ルース・エドガー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「良い子」を演じるのは疲れる。人間には二面も三面性もあって良い。人の粗探しにNO!映画『ルース・エドガー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ルース・エドガー』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『ルース・エドガー』の作品情報・概要。ルース・エドガー』原題『Luce』2019年にアメリカ合衆国で公開されたドラマ映画。ジュリアス・オナー監督作品。主演はケルヴィン・ハリソン・Jr。ナオミ・ワッツ、 オクタビア・スペンサー、ティム・ロスが脇を固める。人間が持つ二面性、あるいは単なる思い込みで生まれた疑念から人間関係が崩壊する様を描いている。J・C・リーの戯曲『Luce』を原作ととしている。

映画『ハリエット』

こんなに強い女性人権活動家はいない

映画『ハリエット』あらすじ・ネタバレ・感想・結末。「自由か死か」奴隷でいるなら死んだ方がマシだ!奴隷解放運動家の英雄ハリエット・タブマン伝記映画
映画『ハリエット』あらすじ・ネタバレ・感想・結末。「自由か死か」奴隷でいるなら死んだ方がマシだ!奴隷解放運動家の英雄ハリエット・タブマン伝記映画。映画『ハリエット』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ハリエット』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『ハリエット』の作品情報・概要『ハリエット』原題『Harriet』2019年に公開されたアメリカ合衆国の伝記映画。奴隷解放運動家ハリエット・タブマンの激動の人生を映画化。監督はケイシー・レモンズ、主演はシンシア・エリヴォ。製作スタッフの多くが黒人である。ハリエット・タブマンはアフリカ系アメリカ人女性として「英雄」的存在。2020年、新20ドル紙幣に肖像画として採用される予定。本作は第92回アカデミー賞では主演女優賞と主題歌賞にノミネートされた。

映画『ナイチンゲール』

ジェニファー・ケント監督が描く#MeToo映画最高傑作

【ネタバレ考察】映画『ナイチンゲール』あらすじ・感想。#MeToo映画最高作。女性への暴力根絶&アボリジニへの人権も訴求!
【ネタバレ考察】映画『ナイチンゲール』あらすじ・感想。#MeToo映画最高作。女性への暴力根絶&アボリジニへの人権も訴求! 映画『ナイチンゲール』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ナイチンゲール』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。 映画『ナイチンゲール』の作品情報・概要 オーストラリア映画。女性監督ジェニファー・ケント長編第二弾作品。イギリス植民地時代のオーストラリアを舞台に、夫と子供を殺されてアイルランド人女性が復讐を果たすバイオレンススリラー。ならびに先住民のアボリジニ人の視点と思いも絡めて、差別・偏見と支配という苦悩も描いている。それらを内包しながら女性への暴力根絶を訴求している。2018年・第75回ベネチア国際映画祭コンペティション部門で審査員特別賞ほか計2部門を受賞した。アシュリン・フランシオーシ主演。サム・クラフリン、バイカリ・ガナンバル、デイモン・ヘリマン、ハリー・グリーンウッド、マイケル・シーズビー、ユエン・レスリー共演。

映画『レ・ミゼラブル』

華やかなパリには差別世界が広がっている

【ネタバレ考察】映画『レ・ミゼラブル』あらすじ・感想。貧困が暴動の温床である。差別・騒乱の無限ループがパリの真実。
【ネタバレ考察】映画『レ・ミゼラブル』あらすじ・感想。貧困が暴動の温床である。差別・騒乱の無限ループがパリの真実。映画『レ・ミゼラブル』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『レ・ミゼラブル』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『レ・ミゼラブル』の作品情報・概要文豪ビクトル・ユゴーの小説『レ・ミゼラブル』の舞台となったパリ郊外のモンフェルメイユで撮影された映画。移民・難民・貧困・差別・暴力・無教養・無寛容にならざるを得ない人間模様を通して無限地獄へと誘う。人はこれほどまでに愚かな生き物かをまざまざと見せつけられる。監督のラジ・リは生まれがモンフェルメイユで現在も住んでいる。フランス・パリの華やかな世界とは裏腹に移民国家である実情が力強く表現されている。

映画『黒い司法 0%からの奇跡』

ここはアメリカですか?

映画『黒い司法 0%からの奇跡』ネタバレ・あらすじ・感想。アメリカの光と陰。「正義の反対は貧困である」
映画『黒い司法 0%からの奇跡』ネタバレ・あらすじ・感想。アメリカの光と陰。「正義の反対は貧困である」 映画『黒い司法 0%からの奇跡』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『黒い司法 0%からの奇跡』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。『黒い司法 0%からの奇跡』原題『Just Mercy』2019年のアメリカ合衆国のドラマ映画。デスティン・ダニエル・クレットン監督作品。主演はマイケル・B・ジョーダン。本作はブライアン・スティーヴンソンが2014年に発表したノンフィクション『黒い司法 死刑大国アメリカの冤罪』を原作としている。ジェイミー・フォックス、ブリー・ラーソン共演。人種差別と死刑制度問題を絶妙に内包する物語。

映画『ブラック・クランズマン』

黒人差別をコミカルに描いた名作

スパイク・リー監督『ブラック・クランズマン』は人種差別問題をコメディータッチで描くことで痛烈なメッセージ送った。ネタバレ、あらすじ、感想。
スパイク・リー監督最新作『ブラック・クランズマン』はカンヌ国際映画祭でグランプリ獲得、さらにアカデミー脚色賞獲得した名作。ようやくアメリカ映画界もスパイク・リーの功績を評価し始めたと言える。遅すぎた春だ。本作は人種差別という重たいテーマをコミカルに描くことで痛烈なメッセージを投げかけてきた。このメッセージを未来に繋げたい。

映画『ビール・ストリートの恋人たち』

若い二人の恋愛に差別の障害が、、、涙が止まりません

映画『ビール・ストリートの恋人たち』は差別が運命を狂わす物語。若い二人の美しさに潜む悲劇に胸が痛む。感想と評価。ネタバレ。
ニューヨークの美しい街並みで繰り広げらる二人の恋物語。黒人であるがゆえに無実の罪を着せられ、刑務所に送り込まれた青年。彼を助けたい少女と家族。しかし黒人と言う理由だけで差別と偏見がたち隔たる。やがて新しい命が誕生するが、時は残酷に現実を刻んでいく。この二人、いや家族には、希望があるのか。いつか救世主が現れるのだろうか。

映画『グリーンブック』

黒人ミュージシャンと白人ドライバーの友情物語

2019年アカデミー賞 三部門受賞!納得『グリーンブック』は実話の男の友情物語。感想、評価、ネタバレ
この映画は天才黒人ピアニストが危険を承知の上で南部アメリカを旅することで人種差別撤廃を訴えている。共に旅するのが、陽気なイタリア人の用心棒。凸凹コンビが織りなすドラマに涙する。喜怒哀楽は元より、差別と言う醜い人間の感情を撤廃しなければ幸せな未来は訪れないと痛感させる映画である。人間は本音で話し合えば仲良くなれるのだ。

映画『あなたの名前を呼べたなら』

インドのカースト制度は終わらない

インド映画『あなたの名前を呼べたなら』身分を越えた恋物語の行方は?差別、貧困とカースト制度について考えてみる。ネタバレ・あらすじ・感想・結末・評価
カースト制度が色濃く残るインドで身分の差を越えた恋愛物語を女性映画監督ロヘナ・ゲラが描いた。監督曰く、現在では絶対に起こりえない恋物語だそうだ。監督は絶望的な差別、貧困に悩む庶民がいつか自由を手に入れ、幸せに暮らせる日を願って作ったのだろう。インド映画にしては歌、踊りの演出が抑えられ、おしゃれな作りになっている。

映画『ジョジョ・ラビット』

ユダヤ人差別が凄まじい

映画『ジョジョ・ラビット』ネタバレ・あらすじ・感想。戦争を二度と繰り返さない。差別・偏見もダメ。スカーレット・ヨハンソンアカデミー助演ノミネート。
映画『ジョジョ・ラビット』ネタバレ・あらすじ・感想。戦争を二度と繰り返さない。差別・偏見もダメ。スカーレット・ヨハンソンアカデミー助演ノミネート。映画『ジョジョ・ラビット』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ジョジョ・ラビット』公式サイトを紹介し、作品・キャスト・上映館・お時間の案内もしています。映画『ジョジョ・ラビット』の作品概要『ジョジョ・ラビット』原題『Jojo Rabbi』2019年のアメリカ合衆国のコメディ映画。タイカ・ワイティティ監督。主演はローマン・グリフィン・デイヴィス。共演はトーマシン・マッケンジー、タイカ・ワイティティ、レベル・ウィルソン、スティーブン・マーチャント、アルフィー・アレン、サム・ロックウェル、スカーレット・ヨハンソン。少年の成長を通して戦争のおぞましさを訴求している。

映画『ゴッズ・オウン・カントリー』

LGBT映画の最高作品

美しきゲイ映画『ゴッズ・オウン・カントリー』LGBTの差別・偏見なき世界を願う名作。作品情報・ネタバレ・あらすじ・感想・評価・内容
イギリス、ヨークシャーで家業の牧場で日々働く青年ジョニーは毎日鬱屈した日々を過ごしている。時折街出て、男を買う。ある日、ルーマニアから来た青年と出会い、恋に落ちる。彼との出会いで鬱屈した生活から抜け出し、仕事にも人生にも前向きに生きていくことを決意する。愛があれば恋愛は異性であろうと同姓であろうと関係ない。

映画『ダンス・ウィズ・ウルブズ』

ネイティブインディアンのために戦う白人

映画『ダンス・ウィズ・ウルブズ』ネタバレ・あらすじ・作品情報・感想・評価。ケビン・コスナー最高傑作は先住民の人権を向上させた名作。
映画『ダンス・ウィズ・ウルブズ』ネタバレ・あらすじ・作品情報・感想・評価。ケビン・コスナー最高傑作は先住民の人権を向上させた名作。映画『ダンス・ウィズ・ウルブズ』下記サイトにて作品情報・キャスト等をご確認ください。ケビン・コスナー、製作・監督・主演の最高傑作です。アメリカ先住民との交流を見事に描いています。先住民を善として描いています。人権も動物も大事にして映画製作されているのも評価されている理由でしょう。

映画『存在のない子供たち』

存在さえ認められないとは酷すぎます

映画『存在のない子供たち』ナディーン・ラバキー監督がレバノンの幼児虐待、人身売買、児童労働、難民、不法移民、不法就労、不当搾取を鋭利に描く。ネタバレ・あらすじ・感想・評価
存在のない子供とは出生証明書が国などの機関に提出されていない子供たち。世界を見渡すと実に多いという。存在が認められていないため病院にも行けず、学校にも行けない。しかも幼い頃から児童労働させられ、金品も搾取されている。女の子は売られていく。負のオンパレードしかない。一番大切なのは大人の教育。レバノンの女性ナディーン・ラバキー監督が描いた。

映画『風をつかまえた少年』

黒人であるがためにチャンスも乏しいのか、、

映画『風をつかまえた少年』作品情報・ネタバレ・あらすじ・感想・評価・結末。小学生必見。“努力”は夢を叶える。差別・貧困・地球温暖化について学ぶ。
日本では小中学校は義務教育でお金はそれほどかからない。でも世界には学校に通えない子どもがたくさんいる。このマラウイは学校へ通うのにお金がかかる。裕福でないと行けない。少年は勉学で知識をつけ村の農業を救うことを思いつく。風力発電だ。ゴミ捨て場で材料を集め電気を起こす。そして村の人々を救い、自身も大学へいく成功物語。

映画『ジャングル・ブック(2016年の映画)』

これは必見!動物から差別される人間を描いている

ディズニー映画『ジャングル・ブック(2016年の映画)』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「歌って・踊って・笑って・楽しむ」“幸せフェロモン”に包まれます。
ディズニー映画『ジャングル・ブック(2016年の映画)』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「歌って・踊って・笑って・楽しむ」“幸せフェロモン”に包まれます。映画『ジャングル・ブック』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ジャングル・ブック』ディズニー公式サイトならびにIMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『ジャングル・ブック』の作品情報・概要 『ジャングル・ブック』原題『The Jungle Book』実写の少年とCGIアニメーションによる動物が共演する実験的な映像表現で世界を驚愕させた「ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ」が開発)『アベンジャーズ』の製作総指揮のジョン・ファヴローが製作・監督。脚本はジャスティン・マークス。

『美女と野獣(1991)』

見かけで判断していはダメ

ディズニー映画『美女と野獣(1991)』の教訓が『アナ雪』の自由・独立・共感できる女性像を築きヒットへ。ネタバレ・あらすじ・感想。
ディズニー映画『美女と野獣(1991)』の教訓が『アナ雪』の自由・独立・共感できる女性像を築きヒットへ。ネタバレ・あらすじ・感想。。ネタバレ・あらすじ・感想。映画『美女と野獣(1991)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『美女と野獣(1991)』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『美女と野獣(1991)』の作品情報・概要『美女と野獣』原題『 Beauty and the Beast 』ディズニーの長編アニメーション映画作品。フランスの民話『美女と野獣』(J・L・ド・ボーモン夫人版)を元に1991年に制作された。第64回 アカデミー賞(1992年)においてアラン・メンケンが作曲賞受賞している。2017年実写版としてビル・コンドン監督がエマワトソンを主演に迎えて製作されている。ディズニーが新たな女子像を目指した作品であり、後世の作品に影響を与えたと言われている。

映画『天使にラブ・ソングを…』

ウーピー・ゴールドバーグ最高ハッピー

映画『天使にラブ・ソングを…』ネタバレ・あらすじ・感想。金曜ロードSHOW!視聴者リクエスト第1弾!ウーピー・ゴールドバーグ最高ハッピー
映画『天使にラブ・ソングを…』ネタバレ・あらすじ・感想。金曜ロードSHOW!視聴者リクエスト第1弾!ウーピー・ゴールドバーグ最高ハッピー 映画『天使にラブ・ソングを…』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『天使にラブ・ソングを…』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 映画『天使にラブ・ソングを…』の作品情報・概要 1992年製作のアメリカのコメディー映画。閉鎖的なイメージの修道院で繰り広げられるドタバタコメディーだが、友情、挑戦、変革等の要素を上手く取り入れている。主演のウーピー・ゴールドバーグの絶賛演技。ハーヴェイ・カイテルの座った演技とコミカルな雰囲気も素晴らしい。アメリカでは6ヶ月のロングランを記録。

映画『37セカンズ』

これは必見です!佳山明さんの演技がすごい!

映画『37セカンズ』ネタバレ・あらすじ・感想。HIKARI監督の才能に驚愕。障害者の映画ではない。女優・佳山明さんの絶賛演技に喜怒哀楽。
映画『37セカンズ』ネタバレ・あらすじ・感想。HIKARI監督の才能に驚愕。障害者の映画ではない。女優・佳山明さんの絶賛演技に喜怒哀楽。映画『37セカンズ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。公式サイトへ案内し、作品・キャスト・上映館・お時間情報のご確認も可能です。映画『37セカンズ』の作品情報・概要『37 Seconds』、『37セカンズ』(サーティセブンセカンズ)は、2020年2月7日に公開された日米合作映画。監督は大阪出身で在アメリカのHIKARI。主演は佳山明。神野三鈴、大東駿介、渡辺真起子、萩原みのりらが出演。出生時に37秒間呼吸が止まったことで脳性麻痺となった女性。母親の過剰な干渉に悩みながらも一人の人間として成長していく過程を描く。第69回ベルリン国際映画祭パノラマ部門の観客賞及び国際アートシアター連盟賞受賞作。
スポンサーリンク

スポンサーリンク

映画『トゥルー・クライム』の作品情報

映画.comより一部引用
スタッフ・キャスト
監督
クリント・イーストウッド
製作
クリント・イーストウッド リチャード・D・ザナック リリ・フィニー・ザナック
製作総指揮
トム・ルーカー
原作
アンドリュー・クラバン
脚本
ラリー・グロス ポール・ブリックマン スティーブン・シフ
撮影
ジャック・N・グリーン
美術
ヘンリー・バムステッド
編集
ジョエル・コックス
音楽
レニー・ニーハウス
主題歌
ダイアナ・クラール
スティーブ・エベレット(クリント・イーストウッド)
アラン・マン(ジェームズ・ウッズ)
ボブ・フィンドレイ(デニス・リアリー)
フランク・ルイス・ビーチャム(イザイア・ワシントン)
バーバラ・エベレット(ダイアン・ベノーラ)
ボニー・ビーチャム(リサ・ゲイ・ハミルトン)
1999年製作/127分/アメリカ
原題:True Crime
配給:ワーナー・ブラザース映画

タイトルとURLをコピーしました