映画『リトル・ジョー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「香りで人を幸せにする“花”」世界平和実現か!仕事中毒のシングルマザーの葛藤を描く。

スポンサーリンク
映画『リトル・ジョー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「香りで人を幸せにする“花”」世界平和実現か!仕事中毒のシングルマザーの葛藤を描く2019年公開

映画『リトル・ジョー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。

映画『リトル・ジョー』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。

YouTubeで予告映像もご覧ください。

『リトル・ジョー』

(105分/オーストリア・イギリス・ドイツ合作/2019)

原題『Little Joe』

【監督】
ジェシカ・ハウスナー
【脚本】
ジェシカ・ハウスナー ジェラルディン・バヤール
【製作】
ローズ・ガーネット メアリー・バーク ビンセント・ガデル
【出演】
エミリー・ビーチャム
ベン・ウィショー
ケリー・フォックス
キット・コナー
デビッド・ウィルモット
フェニックス・ブロサール
セバスティアン・フールク
リンゼイ・ダンカン
【HPサイト】
映画『リトル・ジョー』公式サイト
【予告映像】
映画『リトル・ジョー』トレーラー

スポンサーリンク
  1. 映画『リトル・ジョー』第72回カンヌ国際映画祭で主演女優賞を受賞。
    1. 本映画の主演女優のエミリー・ビーチャムは第72回カンヌ国際映画祭で主演女優賞を受賞しています。
  2. 映画『リトル・ジョー』のオススメ度は?
  3. 映画『リトル・ジョー』の作品情報・概要
  4. 映画『リトル・ジョー』のあらすじ・ネタバレ
  5. 映画『リトル・ジョー』の感想・内容
    1. 女性監督ジェシカ・ハウスナーの世界観に魅了される
      1. 母親・長澤まさみが演じる“毒親”は本当に存在する
    2. テーマは「母親の物語」
    3. 子どもを“蔑ろ”にしてしまっている罪悪感とは?
      1. 最後の最後には我が娘の“夢”を応援するのが母親の役目です
    4. 二つの“ジョー”と格闘する母親の物語
    5. 荒削りだけど最後まで観ることに飽きない
      1. ペネロペ・クルスの母親役は美しすぎる
  6. 映画『リトル・ジョー』の結末・評価
    1. 花の香りを嗅いで“幸せな気分”になれるのであれば欲しくなる
      1. 無常の愛で息子を見守る母親は強いです
    2. 母親アリスの葛藤とは何から来ているのか?
      1. 薬物依存になった息子を救いたい一心の母親
    3. 最終的にアリスが選択したのは“リトル・ジョー”には共感しますか
    4. 日本人作曲家、故・伊藤貞司さんの音楽が秀逸
  7. 映画『リトル・ジョー』のキャストについて
    1. アリス(エミリー・ビーチャム)
    2. クリス(ベン・ウィショー)
    3. ベラ(ケリー・フォックス)
    4. キット・コナー(ジョー)
  8. まとめ 映画『リトル・ジョー』一言で言うと!
    1. 合わせて観たい映画
      1. 映画『ミッドサマー』
      2. 映画『IT イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』
      3. 映画『ナイチンゲール』
      4. 映画『ダーティーハリー』
      5. 映画『テッド・バンディ』
      6. 映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』
      7. 映画『シャイニング』
      8. 映画『ジョーカー』
    2. 【毒親が登場する映画】
      1. 映画『MOTHER マザー』
      2. 映画『誰も知らない』
      3. 映画『万引き家族』
      4. 映画『塔の上のラプンツェル』
      5. 映画『絶唱(1975)』
      6. 映画『ワイルドライフ』
      7. 映画『存在のない子供たち』
      8. 映画『ガラスの城の約束』
      9. 映画『荒野にて』
      10. 『ホイットニー ~オールウエイズ・ラブ・ユー〜』
      11. 映画『赤い雪 Red Snow』
      12. 映画『J・エドガー』
      13. 映画『ある少年の告白』
      14. 映画『タロウのバカ』
      15. 映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』
      16. 映画『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』
    3. 【子ども可愛がり映画】
      1. 映画『リアム16歳、はじめての学校』
      2. 『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』
      3. 映画『パパは奮闘中』
    4. 【ある意味、毒親である気がする映画】
      1. 映画『ビューティフル・ボーイ』
      2. 映画『ベン・イズ・バック』
      3. 映画『37セカンズ』
      4. 映画『燃えよスーリヤ!!』
      5. 映画『ジョーカー』
  9. 映画『リトル・ジョー』の作品情報

映画『リトル・ジョー』第72回カンヌ国際映画祭で主演女優賞を受賞。

本映画の主演女優のエミリー・ビーチャムは第72回カンヌ国際映画祭で主演女優賞を受賞しています。

独特の演技でした。目立たず騒がず、そして上品で、意味深な表情を持って観客を魅惑したと言って良いでしょう。

スポンサーリンク

映画『リトル・ジョー』のオススメ度は?

3.5

3つ半です

母親の物語です

仕事と子育ての狭間で悩んでいます

幸せになれるがあったなら?

欲しいですか?

母親はどっちのジョーを選ぶのか?

映画『リトル・ジョー』の作品情報・概要

『リトル・ジョー』原題『Little Joe2019年制作のオーストリア・イギリス・ドイツの映画。ジャンル的にスリラー、サスペンスに分類されているが、女性の生き方映画である。主演のエミリー・ビーチャムが第72回カンヌ国際映画祭で女優賞を受賞。監督はジェシカ・ハウスナー。かつてミヒャエル・ハネケのアシスタントしていた。『Lovely Ritaラブリー・リタ』(96)『ルルドの泉で』(11)『AMOUR FOU(原題)』(14)等で着実に力をつけている期待の女性監督。

映画『リトル・ジョー』のあらすじ・ネタバレ

バイオ企業で働くアリス(エミリー・ビーチャム)は新種の植物開発に情熱を燃やしている。アリスには一人息子ジョー(キット・コナー)がいる。ワーカホリックである彼女は子育てを蔑ろにしているという罪悪感に悩まされている。仕事と子育ての両立が難しい。彼女が開発した花は、一定条件を守ると持ち主に幸せをもたらすというもの。アリスはその花を一輪持ち帰り息子ジョーにプレゼントする。それから次々と奇妙なことが起き始める、、、、。

映画『リトル・ジョー』の感想・内容

女性監督ジェシカ・ハウスナーの世界観に魅了される

独特の雰囲気を持った映画だと思います。監督はジェシカ・ハウスナーです。女性監督です。

彼女の経歴を見て「やっぱり」と思いました。巨匠ミヒャエル・ハネケのアシスタントをしたことがあるからです。

ハネケ独特の感覚は唯一なもので、ジェシカも影響されたのだろうと感じました。

本映画『リトル・ジョー』は若干、荒削りなところがありますが、その世界観は唯一な創造物であることは間違いありません。

母親・長澤まさみが演じる“毒親”は本当に存在する

テーマは「母親の物語」

本映画『リトル・ジョー』は植物が人間に如何なる影響を与えるかについてをベースに勧められます。

幸せになる香りです。花の香りを嗅いだことで人類みんなが平和に、そして幸せになれればそんな良いことはありません。

一見、恐怖映画を彷彿させながら進んでいきます。

遺伝子操作、精神疾患、母子家庭などの要素を含んでいますが、本映画『リトル・ジョー』のテーマは「母親の物語」なのです。

子どもを“蔑ろ”にしてしまっている罪悪感とは?

母親のアリス(エミリー・ビーチャム) はバイオ企業で新種の植物開発に取り組み研究者です。一人息子と暮らしています。

仕事が忙しく子育てに十分な時間が取れません。食事もほとんどデリバリーです。自分では作りません。

彼女は仕事が好きです。ワーカーホリックです。

監督は「働くことで子どもを蔑ろにしてしまっているのではないかと罪悪感に苦しめられている母親の物語」と言っています。アリスは仕事に情熱を持っています。

新開発した花にリトル・ジョーと名付けたのは自身の息子ジョー(キット・コナー)に因んでのことです。

最後の最後には我が娘の“夢”を応援するのが母親の役目です

二つの“ジョー”と格闘する母親の物語

仕事と家事と子育ての板挟みに悩んでいます。ジョーもリトル・ジョーもアリスの子どもなのです。

両方を選んで幸せになれるのであれば良いのですが、二兎を追うことは難しいのです。アリスは終始、この二つのジョーと格闘していく物語です。

それをベースとして遺伝子組み替え、新ウイルス問題、精神疾患などの諸問題を織り交ぜて展開しています。これは素晴らしいアイデアだと思います。

荒削りだけど最後まで観ることに飽きない

ただデリケートは科学的実験を行う工場の描写については少々、荒削りなところが散在しています。

セキュリティー突破が簡単なことや、犬なども平気で室内にいること、さらに温度・空調調整がずさんなこと、などです。

このあたりはもっと厳重にして欲しかったです。厳重であるからこそ突破する意味が成り立つからです。

ペネロペ・クルスの母親役は美しすぎる

映画『ペイン・アンド・グローリー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。“痛み”を乗り越えた先に「人生は輝く」ペドロ・アルモドバル監督の自伝的映画。
映画『ペイン・アンド・グローリー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。“痛み”を乗り越えた先に「人生は輝く」ペドロ・アルモドバル監督の自伝的映画。 映画『ペイン・アンド・グローリー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ペイン・アンド・グローリー』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『ペイン・アンド・グローリー』の作品情報・概要『ペイン・アンド・グローリー』原題『Dolor y gloria』英題『 Pain and Glory』2019年のスペインのドラマ映画。ペドロ・アルモドバル監督・脚本作品。アントニオ・バンデラス主演。ペネロペ・クルス、アシエル・エチェアンディア、レオナルド・スバラーリャ、ノラ・ナバス、フリエタ・セラーノ共演。第72回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門に出品され、バンデラスが男優賞を受賞した。ペドロ・アルモドバルの自伝的要素が色濃く反映されている。母の死によって心身ともに満身創痍になった映画監督が復活への道を歩むまでを過去を回想しながら描いている。過去が栄光なら現在は痛み。

映画『リトル・ジョー』の結末・評価

花の香りを嗅いで“幸せな気分”になれるのであれば欲しくなる

さて、肝心の映画の内容ですがシングルマザーのアリス(エミリー・ビーチャム) がバイオ技術で新しい植物を開発するのです。

その花の香りを嗅ぐと人は幸せになれるという画期的な製品です。

もしこの商品開発が成功すれば世界に販売できます。しかも誰もが幸せな気持ちになれるため「世界平和が実現する」のです。

アリスは離婚した夫との間にジョー(キット・コナー)がいます。正直言ってアリスはダメな母親です。

息子ジョーに自らが開発した花のリトル・ジョーをプレゼントします。そこからが奇妙な現象が起き始めます。

ジョーが変わっていくのです。というかアリスがそう思い込んでいるのです。さらに会社の同僚たちも変わっていき気がするのです。

彼らに共通しているのはみんながリトル・ジョーの花粉を吸い込んでしまったことです。でもアリスは身近にいるのに何も変化は起きません。

ここです、ここなんです。物語の進行がちょっとお伽話っぽくなってくるのです。観ていて少々混乱してしまいます。

でも「この映画はアリスの一人称で描いている」と気がつくのです。

無常の愛で息子を見守る母親は強いです

母親アリスの葛藤とは何から来ているのか?

同僚のクリス(ベン・ウィショー) やベラ(ケリー・フォックス) の奇妙な行動もアリスの想像の賜物であり、その中心にある基本的な思考は上記した母親の葛藤から生まれた産物なのです。

産みの苦しみも表しています。最終的にアリスは一人息子を別れた夫に任せてリトル・ジョーを選びます。

その表情には一点の曇りはありませんでした。「これで研究に没頭できる」という安堵たる顔で終わるのです。

薬物依存になった息子を救いたい一心の母親

最終的にアリスが選択したのは“リトル・ジョー”には共感しますか

ミステリーとかホラーの要素をうまく絡めた現代女性の生き方を描いた秀作だと感じます。

仕事への情熱と子育て、、、。この二つを両立させたいけれど、やはり新しい植物開発への情熱は捨てられない。

それゆえに子育てを蔑ろにしている自分への罪悪感。その罪悪感が恐怖を助長させていくのです。

子育てをとれば「情熱を捨てなければいけない」逆に仕事をとれば「子どもとの絆を失うことになる」の狭間で悩みます。

そして、そして、最終的にアリスが選んだのはリトル・ジョーだったのです。この選択は数年前の女性ではあり得なかったことかもしれません。

でも現代社会において女性の社会的立場は性差別によって損失を招いている背景を鑑みればとてもハッピーな終わり方だと言えます。

先の映画『ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語』でグレタ・ガーウィグ監督が「新しい女性の時代到来」を宣言しています。

日本人作曲家、故・伊藤貞司さんの音楽が秀逸

さて、この映画をより一層ミステリアスに導いたのは音楽だと言えます。冒頭から日本人には聞き覚えのあるが流れてきます。

「尺八の音」です。

最初は「あれ、西洋の楽器かな」と思っていましたが、息の吐き方や擦れるような音で尺八とわかりました。

この尺八を用いた楽曲は日本人作曲家、故・伊藤貞司さんとのこと。恥ずかしながらわたしは知りませんでした。

ネットには賛否両論がありますが、わたしとしてはすごく良い音楽だと感じました。後半につれ、和太鼓や琴も入ってきます。

わたしたち日本人にとってもミステリアスな雰囲気になりますから、西洋人はもっと恐怖心を抱いたと思います。

スカーレット・ヨハンソンが演じる母親は必見!

映画『マリッジ・ストーリー』ネタバレ・あらすじ・感想。アカデミー賞はスカーレット・ヨハンソン当確。アダム・ドライバーの歌は最高。
映画『マリッジ・ストーリー』ネタバレ・あらすじ・感想。アカデミー賞はスカーレット・ヨハンソン当確。アダム・ドライバーの歌は最高。映画『マリッジ・ストーリー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『マリッジ・ストーリー』公式サイトを紹介し作品情報・キャスト情報もご確認できます。j映画『マリッジ・ストーリー』の作品概要『マリッジ・ストーリー』原題『Marriage Story』2019年の米英合作のコメディドラマ映画。ノア・バームバック初監督作品。主演はアダム・ドライヴァーとスカーレット・ヨハンソン。ローラ・ダーン、アラン・アルダ、レイ・リオッタ共演。2020年(第92回)アカデミー賞では作品賞、主演男優賞、主演女優賞、助演女優賞、作曲賞、脚本賞にノミネートされた。製作会社 ヘイデイ・フィルムズ、Netflix。
映画『ジョジョ・ラビット』ネタバレ・あらすじ・感想。戦争を二度と繰り返さない。差別・偏見もダメ。スカーレット・ヨハンソンアカデミー助演ノミネート。
映画『ジョジョ・ラビット』ネタバレ・あらすじ・感想。戦争を二度と繰り返さない。差別・偏見もダメ。スカーレット・ヨハンソンアカデミー助演ノミネート。映画『ジョジョ・ラビット』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ジョジョ・ラビット』公式サイトを紹介し、作品・キャスト・上映館・お時間の案内もしています。映画『ジョジョ・ラビット』の作品概要『ジョジョ・ラビット』原題『Jojo Rabbi』2019年のアメリカ合衆国のコメディ映画。タイカ・ワイティティ監督。主演はローマン・グリフィン・デイヴィス。共演はトーマシン・マッケンジー、タイカ・ワイティティ、レベル・ウィルソン、スティーブン・マーチャント、アルフィー・アレン、サム・ロックウェル、スカーレット・ヨハンソン。少年の成長を通して戦争のおぞましさを訴求している。

 

余談ですが、わたしの知り合いでオーガニックで野菜を育ている人がいます。

彼女は「野菜に話しかけるとよく育ち、美味しくなるよ」と言っていたことを思い出しました。

なぜなら本映画『リトル・ジョー』を育てる条件が1、必ず暖かい場所で育てること。2、毎日欠かさず水をあげること。3、何よりも愛すること、があります。

特に3番目は話しかけることが重要なのです。都市伝説ならぬ農業伝説かと笑われそうですが、わたし自身は植物にも愛情は伝わるような気がします。

畑へ行っていやいや「面倒臭いなあ」と言って作業するより、「今日も頑張るから、キュウリも頑張って!」という気持ちで作業した方が絶対に生産性が上がると思うからです。

つまり「思考が実現する」です。この映画を通してポジティブに生きる大切さを痛感しました。

映画『リトル・ジョー』のキャストについて

アリス(エミリー・ビーチャム)

バイオ企業の研究者。ワーカーホリック。研究開発に情熱を燃やしている。でも子育てを蔑ろにしている罪悪感に悩まされている。 エミリー・ビーチャムの演技はとても気品があります。目立たず騒がず、そして知性的です。一見、植物的で冷たいのかなあって思わせましたが、どんどん心が吸い寄せられていきます。

クリス(ベン・ウィショー)

アリスのアシスタントでアリスに恋している。ベン・ウィショーはハンサムですね。物腰が低く聡明な感じがしました。でも「豹変しないか」という期待を持たせてくれました。案の定、少しだけ凶暴になります。もう少し暴れて欲しかった。

ベラ(ケリー・フォックス)

研究者。精神を病んでいる過去あり。ケリー・フォックスは一瞬で不安に陥れるような演技をします。この人の存在が一番怖かったです。

キット・コナー(ジョー)

アリスの一人息子。子どもと少年の狭間の演技だったと思います。やはり子どもの真っ直ぐな視線は力強いです。難しい物語ですが、子どもは感性で乗り切れる能力が高いと感じました。

デビッド・ウィルモット
フェニックス・ブロサール
セバスティアン・フールク
リンゼイ・ダンカン

まとめ 映画『リトル・ジョー』一言で言うと!

合わせて観たい映画

映画『ミッドサマー』

フェスティバル・スリラーを開拓したアリ・アスター監督作品

映画『ミッドサマー』ネタバレ・あらすじ・感想。フェスティバル・スリラー誕生。アリ・アスター監督の“感性”こそが恐ろしい。
映画『ミッドサマー』ネタバレ・あらすじ・感想。フェスティバル・スリラー誕生。アリ・アスター監督の“感性”こそが恐ろしい。 映画『ミッドサマー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ミッドサマー』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認できます。 映画『ミッドサマー』の作品情報・概要『ミッドサマー』原題『Midsommar』2019年公開のアメリカ合衆国・スウェーデン合作のホラー映画。監督は『ヘレディタリー/継承』で世界に衝撃を与えたアリ・アスター。主演『ファイティング・ファミリー』のフローレンス・ピュー。北欧スウェーデンのミッドサマー“夏至祭”に参加したアメリカの大学生たちの混迷を描く。

映画『IT イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』

青春ホラー映画の金字塔

映画『IT イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』ネタバレ・感想と結末までのあらすじ。ラストの“口撃”が最強兵器だった。
『IT』(イット)は、1990年のアメリカ合衆国のホラー映画。原作はスティーヴン・キングのホラー小説『IT-イット-』2017年に『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』で登場人物の子ども時代を描く。本作『IT イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』はその27年後を描いている。映画『IT イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』公式サイトにて作品情報・キャスト・ネタバレ・あらすじ・結末について書いています。

映画『ナイチンゲール』

気分が悪くなるほど悲惨は映画です

【ネタバレ考察】映画『ナイチンゲール』あらすじ・感想。#MeToo映画最高作。女性への暴力根絶&アボリジニへの人権も訴求!
【ネタバレ考察】映画『ナイチンゲール』あらすじ・感想。#MeToo映画最高作。女性への暴力根絶&アボリジニへの人権も訴求! 映画『ナイチンゲール』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ナイチンゲール』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。 映画『ナイチンゲール』の作品情報・概要 オーストラリア映画。女性監督ジェニファー・ケント長編第二弾作品。イギリス植民地時代のオーストラリアを舞台に、夫と子供を殺されてアイルランド人女性が復讐を果たすバイオレンススリラー。ならびに先住民のアボリジニ人の視点と思いも絡めて、差別・偏見と支配という苦悩も描いている。それらを内包しながら女性への暴力根絶を訴求している。2018年・第75回ベネチア国際映画祭コンペティション部門で審査員特別賞ほか計2部門を受賞した。アシュリン・フランシオーシ主演。サム・クラフリン、バイカリ・ガナンバル、デイモン・ヘリマン、ハリー・グリーンウッド、マイケル・シーズビー、ユエン・レスリー共演。

映画『ダーティーハリー』

ゾディアック事件をモチーフに、、、

映画『ダーティーハリー』ネタバレ・あらすじ・感想・内容・評価。クリント・イーストウッドは70年代疲弊していたアメリカ社会の正義のヒーロー。
映画『ダーティーハリー』ネタバレ・あらすじ・感想・内容・評価。クリント・イーストウッドは70年代疲弊していたアメリカ社会の正義のヒーロー。映画『ダーティーハリー』のクリント・イーストウッドは西部劇の役柄をそのまま移した現代のカウボーイに重なる。ただ過去作品はとてもじゃあないがヒーローとは程遠い。けれど本作は間違いなくヒーローだ。正義のヒーローだ。これはアメリカ社会が疲弊していたからこそ生まれたヒーローであると言える。『ダーティーハリー』?がアメリカ社会の縮図でもあった。

映画『テッド・バンディ』

このテッド・バンディがいたからサイコパス映画が生まれてのかも、、

映画『テッド・バンディ』ネタバレ・あらすじ・結末。真実なんて存在しない。隣に殺人者がいるかもしれない。
映画『テッド・バンディ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『テッド・バンディ』公式サイトも紹介しています。作品情報・キャストもご確認できます。映画『テッド・バンディ』の作品概要『テッド・バンディ』2019年のアメリカ合衆国の犯罪映画。原題は『Extremely Wicked, Shockingly Evil and Vile』ジョー・バーリンジャー監督作品。主演はザック・エフロン。リリー・コリンズ、ハーレイ・ジョエル・オスメント、ジョン・マルコビッチ出演。バンディの恋人、エリザベス・ケンドールが1981年に発表した回顧録『The Phantom Prince: My Life with Ted Bundy』をモチーフに映画化された。

映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』

ドイツにもサイコパスはいます

映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』ネタバレ・あらすじ・感想。虐待されアル中、シリアルキラーになった原因は“毒親”のせいである。
映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』ネタバレ・あらすじ・感想。虐待されアル中、シリアルキラーになった原因は“毒親”のせいである。映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』の作品情報・概要ドイツのハンブルグで実際に起きた事件をモチーフにしています。ドイツを代表するシリアルキラーです。「なぜ彼が殺人者になったのか」などは描かれていません。淡々と殺人を繰り返す中にこそ真実がある映画です。監督は世界三大映画祭すべて主要な賞を獲得したファティ・アキンです。主演はヨナス・ダスラー。

映画『シャイニング』

やはりキューブリック描くと100倍の怖さです

映画『シャイニング』ネタバレ・あらすじ。キューブリックが映画人の尊敬を集めるのは挑戦魂が貪欲だったから。誰もキューブリックの真似はできない
映画『シャイニング』IDMnサイトにて作品情報・キャスト情報もご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。 『シャイニング』(119分/アメリカ/1980年) 原題『The Shining』 【監督】 ...

映画『ジョーカー』

こんなに真面目で努力しているのに、、、

映画『ジョーカー』トッド・フィリップス「共感の欠如がテーマ」影響を受けた映画考察と続編でヴィランはどうなる?。
映画『ジョーカー』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。 『ジョーカー』(122分/アメリカ/2019) 原題『Joker』 【監督】 トッ...

【毒親が登場する映画】

映画『MOTHER マザー』

長澤まさみが演じる“毒親”最強物語

映画『MOTHER マザー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。長澤まさみ「新境地の“毒親”」に拍手喝采。阿部サダヲの“クソ”っぷりに激怒。
映画『MOTHER マザー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。長澤まさみ「新境地の“毒親”」に拍手喝采。阿部サダヲの“クソ”っぷりに激怒。映画『MOTHER マザー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『MOTHER マザー』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『MOTHER マザー』の作品情報・概要。大森立嗣監督・脚本作品。港岳彦も脚本。主演は長澤まさみ。阿部サダヲ、夏帆、皆川猿時、 仲野太賀、土村芳、荒巻全紀、大西信満、木野花らが共演。新人の奥平大兼はオーディションを受けての映画デビューとなる。実際に起きた「少年による祖父母殺害事件」に着想を得て製作。企画・製作は『新聞記者』『宮本から君へ』などを手がけ脚光を浴びた河村光庸。 制作はスターサンズ。

映画『誰も知らない』

我らが是枝監督が描く毒親は一味違う

映画『誰も知らない』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。『パラサイト 半地下の家族』のポン・ジュノ監督に多大な影響を与えた映画。
映画『誰も知らない』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。『パラサイト 半地下の家族』のポン・ジュノ監督に多大な影響を与えた映画。 映画『誰も知らない』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『誰も知らない』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。  映画『誰も知らない』の作品情報・概要 2004年に公開された是枝裕和監督の日本映画。 主演の柳楽優弥が2004年度の第57回カンヌ国際映画祭にて史上最年少および日本人として初めての最優秀主演男優賞を獲得。1988年に発生したネグレクト、『巣鴨子供置き去り事件』をモチーフに是枝裕和監督が脚本を執筆。映像化まで15年の構想得て製作された。是枝監督の長編作4本目で世界にその名を轟かせた名作。

映画『万引き家族』

毒親から救出「楽しければ良いじゃん」でも捕まる

映画『万引き家族』ネタバレ・あらすじ・感想。カンヌ最高賞!是枝監督vs松岡茉優+リリー・フランキー+安藤サクラ&樹木希林の名作。
映画『万引き家族』ネタバレ・あらすじ・感想。カンヌ最高賞!是枝監督vs松岡茉優+リリー・フランキー+安藤サクラ&樹木希林の名作。映画『万引き家族』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『万引き家族』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 映画『万引き家族』の作品情報・概要『万引き家族』2018年6月8日公開の日本映画。是枝裕和監督作品。第71回カンヌ国際映画祭において、最高賞であるパルム・ドールを獲得。リリー・フランキー、安藤サクラ、樹木希林出演。是枝監督14作品目。一貫して「家族」「弱者」「日本社会」を描いている。胸に突き刺さるような名作である。

映画『塔の上のラプンツェル』

ディズニー史上最悪の毒親でしょう

映画『塔の上のラプンツェル』ネタバレ・あらすじ。コロナ王国のプリンセス。誘拐・監禁・STAY HOME18年から自由と結婚をGET!
映画『塔の上のラプンツェル』コロナ王国のプリンセス。誘拐・監禁・STAY HOME18年から自由と結婚をGET! 映画『塔の上のラプンツェル』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『塔の上のラプンツェル』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 映画『塔の上のラプンツェル』の作品情報・概要 『塔の上のラプンツェル』原題『Tangled』2010年のアメリカ合衆国のアニメ映画。ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ長編作品第50作目。原作のグリム童話『ラプンツェル(髪長姫)』をモチーフに製作。 

映画『絶唱(1975)』

封建制が残る時代とはいえ子どもの自由を奪う権利はない

映画『絶唱(1975)』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。山口百恵と三浦友和が“駆け落ち”して描く「反戦映画」の代表作。
映画『絶唱(1975)』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。山口百恵と三浦友和が“駆け落ち”して描く「反戦映画」の代表作。映画『絶唱(1975)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『絶唱(1975)』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『絶唱(1975)』の作品情報・概要。『絶唱』(ぜっしょう)1975年12月20日に公開された日本映画。西河克己監督作品。製作ホリ企画。配給は東宝。作家・大江賢次の同名作品を映画化。山口百恵文芸作品第三弾。恋人役は三浦友和。山陰の大地主の息子と貧しい山番の娘が愛を成就する物語。しかし戦争という悲劇に翻弄されてしまう。封建制度、地主制、さらには家父長制度への提言が込められている。

映画『ワイルドライフ』

ポール・ダノ初監督作品 映画『ワイルドライフ』ネタバレ・あらすじ 毒親を優しく見るエド・オクセンボールドの優しさ
ポール・ダノ初監督作品 映画『ワイルドライフ』はアメリカが抱える社会問題をテーマに描いている。“毒親”についてだ。子どもに過干渉するのも毒親だが、一番は“無関心”であることが最悪だ。人間は無視されることほど傷つくことはない。この作品の少年は母親から存在を消されてもポジティブに生きる姿勢を持ったことが救いだ。

子どもの前で夫以外の男性と情事を見せたら、、、

映画『存在のない子供たち』

これがレバノンの現状なのだろうか。出生証明書もない子供たち

映画『存在のない子供たち』ナディーン・ラバキー監督がレバノンの幼児虐待、人身売買、児童労働、難民、不法移民、不法就労、不当搾取を鋭利に描く。ネタバレ・あらすじ・感想・評価
存在のない子供とは出生証明書が国などの機関に提出されていない子供たち。世界を見渡すと実に多いという。存在が認められていないため病院にも行けず、学校にも行けない。しかも幼い頃から児童労働させられ、金品も搾取されている。女の子は売られていく。負のオンパレードしかない。一番大切なのは大人の教育。レバノンの女性ナディーン・ラバキー監督が描いた。

映画『ガラスの城の約束』

両親揃って社会から逸脱していて働きません。父親はアル中でDV野郎です。

映画『ガラスの城の約束』ネタバレ・あらすじ 毒親 ネグレクト 虐待 過保護 過干渉 こんな両親いらないと思った作品
社会と隔絶するように生きる家族。父親はアル中で無職、母親はアーティスト気取りで家事も育児もしない。子どもは4人。彼らの世界はこの毒親になる。飲んだくれで暴言を吐く父親に洗脳されているかのようで、父親を尊敬、崇拝している。しかし成長するにつれて一家がおかしいと気づく。そして家を脱出する。毒親、ネグレクト、ハラスメント。

映画『荒野にて』

父親は働いていますが、子どもの教育に無関心です。

映画『荒野にて』ネタバレ、評価。新鋭チャーリー・ブルマーの眼差しが切ない
この映画『荒野にて』はアメリカ映画に慣れ親しんだ人には驚きを与えるかもしれない。とても淡々と静かに進んでいく。アクションなどない。明るさもない。とにかくこの映画の主人公のチャーリー・プラマーの孤独感が際立っている。初めての友達が馬だ。その馬の命を守るために旅に出る。しかし若いがゆえに、教養もないが故に、無くしたり得たりする。

『ホイットニー ~オールウエイズ・ラブ・ユー〜』

娘が薬物に溺れているのを救えませんでした。

世界の歌姫『ホイットニー ~オールウエイズ・ラブ・ユー〜』名曲と映画は永遠だけど悲しい人生だ
ホイットニー・ヒューストンはなぜ死んだのか?誰が彼女を死に追いやったのか?彼女を終生苦しめたモノとは何か?世紀の歌姫はなんのために生まれ、生きて、死んだのかについてドキュメンタリーで追いかけている。歌うことが彼女の人生だったのに悲しい。彼女が本当に信頼できる人を側におけば、名曲を歌い、映画にも出て、娘の幸せだったと祈りたい

映画『赤い雪 Red Snow』

我が子を押入れに押し込めて男との情事を楽しみます。

永瀬正敏✖️菜葉菜W主演+井浦新の映画『赤い雪 Red Snow』(実話)は“ズシリ”と積もった。人間の記憶は曖昧で都合よく作られる。感想とネタバレ。
この映画は実話を元に制作されたと言うが、とても残酷な物語だ。人間の記憶とは都合よく出来ている。自分への関心を防ぐため、あるいは興味を向けるために記憶を作り変えることも可能だ。それを行うのは気まぐれな心もあるが、実際は無意識に計算された心が作り出している。一度発動するとそれが新たな記憶になるが、心は不自由になってしまう。

映画『J・エドガー』

息子が可愛くて仕方ありません。徹底的な教育を施します。

クリント・イーストウッド監督『J・エドガー』は実話。米大統領を操った男である。ケネディーの死にも関与している。ネタバレ、感想、評価。
『J・エドガー』(138分/米/2011) 原題『J. Edgar』 アメリカの近代史はJ・エドガー無しには語れない。功績も大きいが非難の声もある。 約50年、FBI長官を務める。情報収集に全力をかけた人生。 ジョン...

映画『ある少年の告白』

宗教的な観念で息子の自由を束縛します。

映画『ある少年の告白』LGBTへ理解を深めてくれます。ネタバレ、評価、あらすじ。
近年LGBTに関する映画が多く公開されている。今まで差別されてきた歴史もあるが、なぜこれほど多作されているのかを考えてみる。特にアメリカでは性的マイノリティーへの差別意識が高いことに改めて驚いた。その背景にはキリスト教プロテスタントの一派であるバプティスト教会の影響が大きい。本作を観ることでトランプ大統領とアメリカが観えてくる。

映画『タロウのバカ』

現代ニッポンにバカと叫ぶ!

大森立嗣監督映画『タロウのバカ』ネタバレ・あらすじ・感想・評価・内容。“ニッポンのバカ”を表現。菅田将暉vs仲野太賀vsYOSHI の競演こそが狂宴だ。
映画『タロウのバカ』公式サイトにて作品情報・上映館・お時間の紹介。ネタバレ・あらすじ・感想・評価・結末。大森立嗣監督が描く現代ニッポンの無責任、無関心、無感動時代の虚しさを表現。ウワベの美しさばかり気にする人たちが無意識に社会から排除される人たちを作り出している。現実に対して目を背けない確かな心を持つことが大事だ。

映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』

親の教育が悪かったからこんな男になったのか、、、

映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』ネタバレ・あらすじ・感想。虐待されアル中、シリアルキラーになった原因は“毒親”のせいである。
映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』ネタバレ・あらすじ・感想。虐待されアル中、シリアルキラーになった原因は“毒親”のせいである。映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』の作品情報・概要ドイツのハンブルグで実際に起きた事件をモチーフにしています。ドイツを代表するシリアルキラーです。「なぜ彼が殺人者になったのか」などは描かれていません。淡々と殺人を繰り返す中にこそ真実がある映画です。監督は世界三大映画祭すべて主要な賞を獲得したファティ・アキンです。主演はヨナス・ダスラー。

映画『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』

毒親で育って「アーサー」と出会うのは不運?

【ネタバレ酷評】映画『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』あらすじ・感想。109分のCM映画。ハーレイに共感できない。
【ネタバレ酷評】映画『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』あらすじ・感想。109分のCM映画。ハーレイに共感できない。 映画『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。 映画『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』の作品情報・概要 『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』原題『Birds of Prey (and the Fantabulous Emancipation of One Harley Quinn』2020年に公開されたアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画。DCエクステンデッド・ユニバースに属する作品である。中国系女性監督キャシー・ヤン作品。製作・主演はマーゴット・ロビー。

【子ども可愛がり映画】

映画『リアム16歳、はじめての学校』

気持ち悪いくらいに息子に干渉します。息子と恋人気分です。

映画『リアム16歳、はじめての学校』ネタバレ・あらすじ・感想・内容 母親の息子愛が異常 マザコン息子が恋 欧米で自宅学習が普及する理由がわかる
日本ではあまり一般的ではない“自宅学習”英語でホームスクーリングという。欧米では子供の安全のため高度な教育のために広く浸透している。本作は母と息子が自宅学習を通してケンブリッジ大学を目指している。しかしひょんなことから息子が公立学校に通うことになる。公立学校を毛嫌いしている母親は深く悩む。子離れ、親離れをテーマにした映画

『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』

こちらは母親依存です。

『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』感想、評価、ネタバレ
息子のとって母親はこの世と同じくらい大切な存在と言える。母親を失うこと、つまり亡くすことは世界の終わりが来たことを意味する。本作の原作者の宮川サトシさんは独特の表現でこのタイトルを付けたと思う。とても共感できます。死に対する負のイメージがありますが、死にゆく人を見ていると意外とネガティブではないのかもしれません。

映画『パパは奮闘中』

蒸発した妻の代わりに子育てします。

映画『パパは奮闘中』ロマン・デュラスの育メン度が上がる様が良い。ネタバレ、あらすじ、評価
現代社会において結婚し、子育てをする環境はとても厳しいと言える。夫は収入をあげようと必死に働くばかりに家庭のことを後回しにする。日々、家事、育児は妻にとっては大きな負担になっていく。本作は現代版『クレイマー、クレイマー』と言える。夫は妻が消えて、初めて妻のありがたみをわかった。そして妻の帰りを子供と待つ美しい物語だ。

【ある意味、毒親である気がする映画】

映画『ビューティフル・ボーイ』

薬物依存になった息子を助けるために奮闘しますが、それが重荷になります。

映画『ビューティフル・ボーイ』実話、ネタバレ、感想、評価。ティモシー・シャラメが美しい。
アメリカはずっとドラックが蔓延しているイメージがある。依存症も減らない。どうしてだろう。この映画は父と息子がドラッグを止めるまでの戦いを実話を元に作られている。一度、軽い気持ちで手を出したら最後。あとは地獄の底まで落ちていく。立ち直るのに何年かかるかわからない。お金もいくらかかるかわからない。ドラッグに良いこと無し。

映画『ベン・イズ・バック』

薬物施設を無断で出てきた息子を可愛がります。

映画『ベン・イズ・バック』ジュリア・ロバーツ&ルーカス・ヘッジズが薬物依存との戦いを描く。ネタバレ、あらすじ、感想、評価。アメリカ社会の闇
ジュリア・ロバーツが薬物依存で苦しむ息子を救おうと格闘する演技が素晴らしい。自身も年頃の息子を持つ身として体当たりで挑んでいる。アメリカ社会の深層について如実に描いている。薬物依存症から復活するのはとても難しい。自身の子供が壊れていくのは辛い。果たして息子は帰ってくるのか。そして以前のように平和に暮らす日々は戻るのか。

映画『37セカンズ』

お母さんはちょっと過干渉すぎます

映画『37セカンズ』ネタバレ・あらすじ・感想。HIKARI監督の才能に驚愕。障害者の映画ではない。女優・佳山明さんの絶賛演技に喜怒哀楽。
映画『37セカンズ』ネタバレ・あらすじ・感想。HIKARI監督の才能に驚愕。障害者の映画ではない。女優・佳山明さんの絶賛演技に喜怒哀楽。映画『37セカンズ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。公式サイトへ案内し、作品・キャスト・上映館・お時間情報のご確認も可能です。映画『37セカンズ』の作品情報・概要『37 Seconds』、『37セカンズ』(サーティセブンセカンズ)は、2020年2月7日に公開された日米合作映画。監督は大阪出身で在アメリカのHIKARI。主演は佳山明。神野三鈴、大東駿介、渡辺真起子、萩原みのりらが出演。出生時に37秒間呼吸が止まったことで脳性麻痺となった女性。母親の過剰な干渉に悩みながらも一人の人間として成長していく過程を描く。第69回ベルリン国際映画祭パノラマ部門の観客賞及び国際アートシアター連盟賞受賞作。

映画『燃えよスーリヤ!!』

インド的な教育方法?

映画『燃えよスーリヤ!!』ネタバレ・あらすじ・評価・結末。“痛い映画”インド人と日本人のユーモアのツボが違いすぎる。
映画『燃えよスーリヤ!!』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『燃えよスーリヤ!!』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館もご確認出来ます。映画『燃えよスーリヤ!!』は第43回トロント国際映画祭ミッドナイト・マッドネス部門で観客賞を受賞したインド映画。アクション、コメディー、ラブの要素を詰め込んだ映画。監督はバーサン・バーラー。主演はアビマニュ・ダサーニーとラーディカー・マダン。

映画『ジョーカー』

アーサーの母親は間違いなく狂っていました

映画『ジョーカー』と『天気の子』銃を手にした“憎悪の暴発”と“愛への発砲”の相違はあるが二人とも「天気(世界)なんて、狂ったままでいいんだ!」と思っている。
映画『ジョーカー』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館ならびにあらすじ・ネタバレ・感想・結末・評価について記載してます。本映画はいま世界中で話題沸騰になっています。ヴェネチア国際映画祭で金獅子賞を獲得しています。貧しいアーサーが如何にジョーカーになるのか、正義と悪は表裏一体。新海誠監督『天気の子』の帆高との比較。銃を手にした二人の行方。銃社会アメリカは今後どうするのか。アメリカに根付く格差社会への反発。世界はジョーカーを救世主と見るか、悪魔と見るのか。

 

 

映画『リトル・ジョー』の作品情報

映画.comより一部引用
スタッフ・キャスト
監督
ジェシカ・ハウスナー
製作
ブルノ・ワグナー ベルトラン・フェブル フィリップ・ボベール マルティン・ゲシュラハト ジェシカ・ハウスナー ジェラルディン・オフリン
製作総指揮
ハインリヒ・ミス ローズ・ガーネット メアリー・バーク ビンセント・ガデル マリーナ・ペラレス・マルエンダ ミヒェル・メルクト
脚本
ジェシカ・ハウスナー ジェラルディン・バヤール
撮影
マルティン・ゲシュラハト
美術
カタリーナ・ブーペルマン
衣装
ターニャ・ハウスナー
編集
カリーナ・レスラー
アリス(エミリー・ビーチャム)
クリス(ベン・ウィショー)
ベラ(ケリー・フォックス)
キット・コナー
デビッド・ウィルモット
フェニックス・ブロサール
セバスティアン・フールク
リンゼイ・ダンカン
2019年製作/105分/オーストリア・イギリス・ドイツ合作
原題:Little Joe
配給:ツイン

タイトルとURLをコピーしました