映画『ガラスの城の約束』ネタバレ・あらすじ 毒親 ネグレクト 虐待 過保護 過干渉 こんな両親いらないと思った作品

上映中
映画『ガラスの城の約束』公式サイト。全国大ヒット公開中!
映画『ガラスの城の約束』公式サイト。全国大ヒット公開中!ブリー・ラーソン主演。『ショート・ターム』監督最新作。ホームレスの両親に育てられた女性の衝撃の半生を綴った全米ベストセラー小説を映画化。
6/14(金)公開『ガラスの城の約束』120秒本予告

 

『ガラスの城の約束』(127分/米/2017)
原題 『The Glass Castle』

スポンサーリンク
  1. 映画『ガラスの城の約束』のオススメ度は?
  2. 映画『ガラスの城の約束』の作品概要
  3. 映画『ガラスの城の約束』のあらすじ・ネタバレ
  4. 映画『ガラスの城の約束』の感想・評価・内容・結末
    1. “毒親”には付ける薬はないのは万国共通だ
    2. 嘘、偽りさえも何も知らない子どもは洗脳されてしまう
    3. クソ親からの脱出場面はヒヤヒヤしたが、応援した
    4. 無職、アル中、暴言、暴力、嘘つき、こんな父親いらないよ
    5. 運よく成功したから書いた本がベストセラー
    6. 結局、このクソ親はお金を無心する
    7. 毒親を切り捨ててこそ、本当に映画になったのに
  5. 映画『ガラスの城の約束』まとめ 一言で言うと!
  6. あわせて観たい映画
    1. 【ウッディ・ハレルソン出演作品】
      1. 『記者たち 衝撃と畏怖の真実』
    2. 【ブリー・ラーソン出演作品】
      1. 『キャプテン・マーベル』
    3. 【毒親が登場する映画】
      1. 映画『ワイルドライフ』
      2. 映画『荒野にて』
      3. 『ホイットニー ~オールウエイズ・ラブ・ユー〜』
      4. 映画『赤い雪 Red Snow』
      5. 映画『J・エドガー』
      6. 息子が可愛くて仕方ありません。徹底的な教育を施します。
      7. 映画『ある少年の告白』
    4. 【子ども可愛がり映画】
      1. 映画『リアム16歳、はじめての学校』
      2. 『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』
      3. 映画『パパは奮闘中』
    5. 【ある意味、毒親である気がする映画】
      1. 映画『ビューティフル・ボーイ』
      2. 映画『ベン・イズ・バック』
    6. 【夢に向かって頑張っている映画】
      1. 映画『パリに見出されたピアニスト』
      2. 映画『レディ・マエストロ』
      3. 映画『ホワイト・クロウ 伝説のダンサー』
      4. 映画『さよなら くちびる』
      5. 映画『王様になれ』
      6. 映画『風をつかまえた少年』
      7. 映画『ブレス あの波の向こうへ』
      8. 映画『リアム16歳、はじめての学校』
      9. 映画『ビリーブ 未来への大逆転』
      10. 映画『旅のおわり世界のはじまり』
      11. 映画『トールキン 旅のはじまり』
      12. 映画『チワワちゃん』
      13. 映画『芳華-Youth-』
  7. 映画『ガラスの城の約束』の作品情報

映画『ガラスの城の約束』のオススメ度は?

1.5

星1つ半です。

毒親、ネグレクトと割り切ってみれば良いと思います。

捉え方の問題ですが、祝福できませんでした。

親が子どもをいつまでも支配することはあまり歓迎できません。

以下、作品情報とか感想とか書いてあります。チャラーと読んでください。

スポンサーリンク

映画『ガラスの城の約束』の作品概要

社会から逸脱した生活を目指す夫婦と子どもたち。父親はまともに働かず酒ばかり飲んで暴言を繰り返す。母親もアーティスト気取りで絵ばかり描いて、家事も子育てもしない。しかも子どもを支配し自由も与えない。そんな家庭って日本にも多くあるかもしれない。過保護、過度の干渉、交友関係の遮断、そういう状況におかれたら即脱出しよう、そしてその人を助けたいと思わせてくれた作品。

スポンサーリンク

映画『ガラスの城の約束』のあらすじ・ネタバレ

世捨て人のように全米を放浪しながら暮らしている一家。社会とも隔絶し仕事もせず、酒を飲み暴言を吐く父親。子どもたちは外の世界を知らないのでそれが普通と思わざるを得ない。そして父親を尊敬している。将来、父親が自分たちのために“ガラスの家”を立ててくれると信じている。しかし、成長するにつれて違和感を覚える子どもたち。命がけで家を飛び出しニューヨークで自立して生きていくが、、、。そこにクソ両親が現れる。

スポンサーリンク

映画『ガラスの城の約束』の感想・評価・内容・結末

“毒親”には付ける薬はないのは万国共通だ

本作においては意見が様々と分かれる。

①こんなクソ親を美化する映画は最低だ

②クソ親だけど、やっぱり子どもを愛していたから感動した等。わたしは前者を支持する。

はっきっり言って子どもは時間を長くいる人物に多大な影響を受けるものだ。それが親だったら尚更である。“毒親”という言葉ある。簡単にいうと子どもの良し悪しに関わらず影響を持とうとする親。

過保護もそうだし、過干渉もそう、何かの相談事にも自分の意見を押し付けて我が子を思いのまま操作、いや支配しようとする。こういう親って多い。幼稚園、小学生だったらまだ良いが、中学以上になるともう自我がしっかりしているから本人の希望を尊重すべきだ

嘘、偽りさえも何も知らない子どもは洗脳されてしまう

とにかくこの映画を観ていてずっと違和感に包まれていた。冒頭からそうだ。まずクソ親父とクソ母は反社会的で、町の人や社会、ましては子どものための学校教育を否定している。

自分の価値観のみで生きて、子どもに強要している。もはや洗脳しているのだ。子どもにとっては両親がすべての時がある。まして外の世界を知らなければ、一見、なんでも知っている両親のことを尊敬せざる得まい

子どもの気を引くために自分の知識をひけらかし自慢する。子どもにとって親が全てだから信用してしまう。崇拝に近い。そんな人間は最低だと思う。

しかも子どもに「将来、ガラスの家に住もう」とロマンティックな話を信じ込ませて夢を抱かせる。嘘で固めた家族だ。

母親もひどい。画家と言って朝から晩まで絵を描いている。子どもの面倒もみない。食事も作らない。それで絵が売れていたのならまだ許されるが、一向に売れる気配がない。「お金なんていらない」というような事を平気で言う。

クソ親からの脱出場面はヒヤヒヤしたが、応援した

子どもは大きくなるとやっぱり疑問を抱くものだ。一人また一人と家を抜け出していく。その瞬間が一番感動した場面だ。こんな親から一刻も早く逃げるべきだ。

そしてまだ若いのだから頑張ればいくらでも人生を作っていくことができるからだ。本当に良かったと感じた。しかし、今度はこのクソ親父とクソ母が子どもを追いかけてニューヨークまでやってくる。もう地獄だ。

会いたくないが、会わざる得ない事情を作られて会うことになる。そして結局は毒親に振り回される。

無職、アル中、暴言、暴力、嘘つき、こんな父親いらないよ

わたしはこの映画に出てくるクソ親父が本当に嫌いだ。ウソ、ハッタリ、怠け者、そしてアル中ときた。そして暴言と暴力によって妻も子どもを支配している。本当にクソ野郎だ。何も良いことがない。

だからこの映画からは何も感じなかった。エンディングは「こんなクソ親だけど私たちの事を心から愛してくれた」という都合の良いハッピーエンドに流れ込むが、わたしとしては「こんな親と縁切れ!」なのだ。

だから冒頭の後者の意見には全く理解できないのだ。映画だから良いっていう話ではないのだ。幼児虐待、ネグレクト、ハラスメントを受けたすえで今があるというような考えが間違っているのだ。

運よく成功したから書いた本がベストセラー

後に著名なジャーナリストになった著者が両親に感謝しているとか、あの経験があったらから今のわたしがある等と嘯いているが、まるで理解できない。

この映画に関する多くのレビューを読んでみた。不支持しない人の意見は自身も毒親に悩まされた、あるいは未だに事あるごとに干渉されて悩んでいる人たちの意見が見受けられた。親と暮らしたのはたったの18年くらい

それから独り立ちして20年以上も経つし、人生を80年と計算しても親との日々は4分の1しかない。それをずっと付きまとわれてはたまったもんじゃない、という意見もある。

結局、このクソ親はお金を無心する

本当にそうだ。どっかの国は子どもをたくさん作る理由に労働力を上げる。大人になって家を出ても仕送りをさせる。

多ければ多いほど楽に暮らせるからだ。もはや奴隷だ。この映画の毒親も同じだ。何故ならばお金なんていらないと言っておきながら、ニューヨーク押しかけた目的は、娘に大金を無心するためだ。これには映画といえ怒れてきた。

毒親を切り捨ててこそ、本当に映画になったのに

さて、でもこれは映画だ。もし、この映画を最後まで毒親として扱って毒親を切り捨てる生き方をした子どもたちを描いていたらどうなっただろうか。わたしはそちらの方がいい作品になったと思う。

もちろん、物語の構成にもよるがこの映画に登場する人たちは過去に生きている。過去の思い出に生きている。わたしは過去に生きる人間に興味はない

いつまでも過去の栄光とか郷愁に浸っていては何も挑戦できないからだ。だからもし本作を違ったものにするのであれば未来に向かって生きる子どもたちを描いた方が人の心に感動を与えた作品になったと思う。

*出演している役者たちはすごい面々です。

スポンサーリンク

映画『ガラスの城の約束』まとめ 一言で言うと!

サラバ、毒親!いつまであると思うな、子どもの愛情

子どもの頃の時間はとてつもなく長く感じる。それは感じ方が繊細だっただけで時の流れは同じだ。でもその感じ方の中で親と過ごす時間が長ければ長いほど、経験したことが脳にインプットされてしまうのだ。親しか知らない時間に受けた影響は計り知れない。“刷り込み”です。未だに親からの干渉に胸を痛める友人がいる。女性です。一刻も早く救ってあげたいけれど、今度は年老いた姿をみて「親がかわいそう」と一番厄介な同情が邪魔をしている。わたしは兄が助けてくれたので恵まれているかもしれない。

スポンサーリンク

あわせて観たい映画

【ウッディ・ハレルソン出演作品】

『記者たち 衝撃と畏怖の真実』

真のジャーナリズムとは何か?を追い続けた正義ある記者の物語

実話『バイス』と『記者たち 衝撃と畏怖の真実』でイラク戦争の嘘が見えてくる。ネタバレ、感想、評価
イラク戦争とはなんだったのか?この映画は9.11を機にイラク戦争へと向かうアメリカ合衆国と国民、そして世界を翻弄する情報を流す人々を描く映画である。多勢に無勢となると人間は多勢の方に流れてしまう。嘘、デマがまかり通り、罪のない多くの人の命が消え、国家自体も消滅の危機に陥ることもある。情報を信じるのも自己責任である。

【ブリー・ラーソン出演作品】

『キャプテン・マーベル』

めっちゃカッコいい正義のヒロインやってます

女性アメリカン・コミックヒーロー『キャプテン・マーベル』ネタバレなし、あらすじ、評価
『キャプテン・マーベル』(124分/米/2019) 原題 『Captain Marvel』 映画と言ったらアクション、アクションと言ったらやっぱりヒーロー物だ。ターザン、スーパーマン、スパイダーマン、バットマンなどの漫画...

【毒親が登場する映画】

映画『ワイルドライフ』

働かない夫に愛想をつかし、不倫へ走る妻。息子の眼前で情事に耽ります。

ポール・ダノ初監督作品 映画『ワイルドライフ』ネタバレ・あらすじ 毒親を優しく見るエド・オクセンボールドの優しさ
ポール・ダノ初監督作品 映画『ワイルドライフ』はアメリカが抱える社会問題をテーマに描いている。“毒親”についてだ。子どもに過干渉するのも毒親だが、一番は“無関心”であることが最悪だ。人間は無視されることほど傷つくことはない。この作品の少年は母親から存在を消されてもポジティブに生きる姿勢を持ったことが救いだ。

映画『荒野にて』

父親は働いていますが、子どもの教育に無関心です。

映画『荒野にて』ネタバレ、評価。新鋭チャーリー・ブルマーの眼差しが切ない
この映画『荒野にて』はアメリカ映画に慣れ親しんだ人には驚きを与えるかもしれない。とても淡々と静かに進んでいく。アクションなどない。明るさもない。とにかくこの映画の主人公のチャーリー・プラマーの孤独感が際立っている。初めての友達が馬だ。その馬の命を守るために旅に出る。しかし若いがゆえに、教養もないが故に、無くしたり得たりする。

『ホイットニー ~オールウエイズ・ラブ・ユー〜』

娘が薬物に溺れているのを救えませんでした。

世界の歌姫『ホイットニー ~オールウエイズ・ラブ・ユー〜』名曲と映画は永遠だけど悲しい人生だ
ホイットニー・ヒューストンはなぜ死んだのか?誰が彼女を死に追いやったのか?彼女を終生苦しめたモノとは何か?世紀の歌姫はなんのために生まれ、生きて、死んだのかについてドキュメンタリーで追いかけている。歌うことが彼女の人生だったのに悲しい。彼女が本当に信頼できる人を側におけば、名曲を歌い、映画にも出て、娘の幸せだったと祈りたい

映画『赤い雪 Red Snow』

我が子を押入れに押し込めて男との情事を楽しみます。

永瀬正敏✖️菜葉菜W主演+井浦新の映画『赤い雪 Red Snow』(実話)は“ズシリ”と積もった。人間の記憶は曖昧で都合よく作られる。感想とネタバレ。
この映画は実話を元に制作されたと言うが、とても残酷な物語だ。人間の記憶とは都合よく出来ている。自分への関心を防ぐため、あるいは興味を向けるために記憶を作り変えることも可能だ。それを行うのは気まぐれな心もあるが、実際は無意識に計算された心が作り出している。一度発動するとそれが新たな記憶になるが、心は不自由になってしまう。

映画『J・エドガー』

息子が可愛くて仕方ありません。徹底的な教育を施します。

クリント・イーストウッド監督『J・エドガー』は実話。米大統領を操った男である。ケネディーの死にも関与している。ネタバレ、感想、評価。
『J・エドガー』(138分/米/2011) 原題『J. Edgar』 アメリカの近代史はJ・エドガー無しには語れない。功績も大きいが非難の声もある。 約50年、FBI長官を務める。情報収集に全力をかけた人生。 ジョン...

映画『ある少年の告白』

宗教的な観念で息子の自由を束縛します。

映画『ある少年の告白』LGBTへ理解を深めてくれます。ネタバレ、評価、あらすじ。
近年LGBTに関する映画が多く公開されている。今まで差別されてきた歴史もあるが、なぜこれほど多作されているのかを考えてみる。特にアメリカでは性的マイノリティーへの差別意識が高いことに改めて驚いた。その背景にはキリスト教プロテスタントの一派であるバプティスト教会の影響が大きい。本作を観ることでトランプ大統領とアメリカが観えてくる。

【子ども可愛がり映画】

映画『リアム16歳、はじめての学校』

気持ち悪いくらいに息子に干渉します。息子と恋人気分です。

映画『リアム16歳、はじめての学校』ネタバレ・あらすじ・感想・内容 母親の息子愛が異常 マザコン息子が恋 欧米で自宅学習が普及する理由がわかる
日本ではあまり一般的ではない“自宅学習”英語でホームスクーリングという。欧米では子供の安全のため高度な教育のために広く浸透している。本作は母と息子が自宅学習を通してケンブリッジ大学を目指している。しかしひょんなことから息子が公立学校に通うことになる。公立学校を毛嫌いしている母親は深く悩む。子離れ、親離れをテーマにした映画

『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』

こちらは母親依存です。

『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』感想、評価、ネタバレ
息子のとって母親はこの世と同じくらい大切な存在と言える。母親を失うこと、つまり亡くすことは世界の終わりが来たことを意味する。本作の原作者の宮川サトシさんは独特の表現でこのタイトルを付けたと思う。とても共感できます。死に対する負のイメージがありますが、死にゆく人を見ていると意外とネガティブではないのかもしれません。

映画『パパは奮闘中』

蒸発した妻の代わりに子育てします。

映画『パパは奮闘中』ロマン・デュラスの育メン度が上がる様が良い。ネタバレ、あらすじ、評価
現代社会において結婚し、子育てをする環境はとても厳しいと言える。夫は収入をあげようと必死に働くばかりに家庭のことを後回しにする。日々、家事、育児は妻にとっては大きな負担になっていく。本作は現代版『クレイマー、クレイマー』と言える。夫は妻が消えて、初めて妻のありがたみをわかった。そして妻の帰りを子供と待つ美しい物語だ。

【ある意味、毒親である気がする映画】

映画『ビューティフル・ボーイ』

薬物依存になった息子を助けるために奮闘しますが、それが重荷になります。

映画『ビューティフル・ボーイ』実話、ネタバレ、感想、評価。ティモシー・シャラメが美しい。
アメリカはずっとドラックが蔓延しているイメージがある。依存症も減らない。どうしてだろう。この映画は父と息子がドラッグを止めるまでの戦いを実話を元に作られている。一度、軽い気持ちで手を出したら最後。あとは地獄の底まで落ちていく。立ち直るのに何年かかるかわからない。お金もいくらかかるかわからない。ドラッグに良いこと無し。

映画『ベン・イズ・バック』

薬物施設を無断で出てきた息子を可愛がります。

映画『ベン・イズ・バック』ジュリア・ロバーツ&ルーカス・ヘッジズが薬物依存との戦いを描く。ネタバレ、あらすじ、感想、評価。アメリカ社会の闇
ジュリア・ロバーツが薬物依存で苦しむ息子を救おうと格闘する演技が素晴らしい。自身も年頃の息子を持つ身として体当たりで挑んでいる。アメリカ社会の深層について如実に描いている。薬物依存症から復活するのはとても難しい。自身の子供が壊れていくのは辛い。果たして息子は帰ってくるのか。そして以前のように平和に暮らす日々は戻るのか。

【夢に向かって頑張っている映画】

映画『パリに見出されたピアニスト』

夢の叶え方がわからない少年に手を差し伸べる人

映画『パリに見出されたピアニスト』ネタバレ・あらすじ・感想。美男子ジュール・ベンシェトリがラフマニノフを弾く。
映画『パリに見出されたピアニスト』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館について記載してます。ネタバレ・あらすじ・感想・内容・結末・まとめもわかりやすく書いています。パリの駅に置かれたピアノを一心不乱に弾いていた若者は貧しい青年マチュー。警察に追われるような仕事をしている。彼に魅了さえた音楽大学の教授ピエールがスカウト。しかし、マチューは刑務所送りに。刑務所から出す代わりにピアノのレッスンをさせる。コンテスト出場を目指し、マチューの人生は好転していくシンデレラストーリー。

映画『レディ・マエストロ』

女性指揮者のパイオニアが困難を乗り越えて夢を実現する物語

実話映画『レディ・マエストロ』ネタバレ・あらすじ・感想・評価。女性指揮者のパイオニア「夢を諦めない、挑戦する」人生。
映画『レディ・マエストロ』公式サイトにて作品情報・上映館情報を記載。ネタバレ・あらすじ・感想・評価について記述。女性指揮者のパイオニア、アントニア・ブリコの実話物語です。貧困・差別・蔑視・嘲笑に負けず指揮者になる夢を掴んだたくましい女性。女性差別、ジャンダー、毒親問題も描いている。人生は困難なことが起きるが必ず乗り越えられると教えてくれる映画。素晴らしい。

映画『ホワイト・クロウ 伝説のダンサー』

ソ連から亡命してまで自身の夢を掴んだ

映画『ホワイト・クロウ 伝説のダンサー』ルドルフ・ヌレエフはパンク的バレエダンサー。ワガママに生きてこそ人生だ!ネタバレ、あらすじ、評価。
旧ソ連邦時代の暗影を背景に収めながら、若き才能が開花するまでも葛藤をダンスを舞台に描いた作品。自由を手に入れた先に何をもたらしたのか。何かを手に入れた瞬間に何かを失くすことは常。でも伝説を作った男はやりたいことをやったのだ。若い才能はいとも簡単に鉄のカーテンを飛び越えてしまった。でも暗影を感じる作品だ。

映画『さよなら くちびる』

音楽をやりたい!その夢を果たすために何が必要か?

映画『さよなら くちびる』青春エネルギー濃厚 ネタバレ・あらすじ・評価・成田凌 門脇麦 小松菜奈の演技が最高潮 音楽映画
ハルとレオ。二人はアルバイト先で出会い、音楽ユニットを結成する。ハルはレオにギターを教えて路上で歌う。評判となり全国へライブ活動に出かける。マネージャーとしてシマが加わる。しかし二人の関係は悪化し、解散の決意をする。3人は最後のツアーをするが、ハルレオの人気が火がついてしまう。解散するか継続か、3人は悩む。青春音楽物語。

映画『王様になれ』

カメラマンになりたいんだ!と叫びが聞こえる映画

映画『王様になれ』作品情報・ネタバレ・あらすじ・感想・評価。「the pillows」の30周年記念企画。TERU(GLAY)弾き語りあり。
映画『王様になれ』公式サイトと作品情報・上映館の紹介と作品情報・ネタバレ・あらすじ・感想・内容・結末を記述。ミュージシャン専門のフォトグラファーを目指す若者の挑戦と苦悩と失意、葛藤からチャンスを掴み成功を掴む様を描いている。オルタナティヴ・ロックバンド「the pillows」の30周年記念企画「Thank you, my highlight」の一環として制作された

映画『風をつかまえた少年』

両親、村、この国の役にたちたい。若者は挑戦しました

映画『風をつかまえた少年』作品情報・ネタバレ・あらすじ・感想・評価・結末。小学生必見。“努力”は夢を叶える。差別・貧困・地球温暖化について学ぶ。
日本では小中学校は義務教育でお金はそれほどかからない。でも世界には学校に通えない子どもがたくさんいる。このマラウイは学校へ通うのにお金がかかる。裕福でないと行けない。少年は勉学で知識をつけ村の農業を救うことを思いつく。風力発電だ。ゴミ捨て場で材料を集め電気を起こす。そして村の人々を救い、自身も大学へいく成功物語。

映画『ブレス あの波の向こうへ』

どんな時も頭の中はサーフィンの事ばかり

サイモン・ベイカーの初監督映画『ブレス あの波の向こうへ』サーフィン通して友情、恋、青春の素晴らしさを描く。ベン・スペンスとリバー・フェニックスの相違。ネタバレ・あらすじ・感想・評価
サイモン・ベイカーの初監督作品。オーストラリアを代表する作家ティム・ウィントンによる自伝的小説「ブレス 呼吸」を原作に映画化。サーフィンと出会い、夢中になり、友情、恋を通して大人へと成長していく少年たちの姿が描かれる。新鋭ベン・スペンスの演技が良い。最高なのはエリザベス・デビッキだ。強い存在感だ。

映画『リアム16歳、はじめての学校』

名門大学目指して母と息子で目指す受験

映画『リアム16歳、はじめての学校』ネタバレ・あらすじ・感想・内容 母親の息子愛が異常 マザコン息子が恋 欧米で自宅学習が普及する理由がわかる
日本ではあまり一般的ではない“自宅学習”英語でホームスクーリングという。欧米では子供の安全のため高度な教育のために広く浸透している。本作は母と息子が自宅学習を通してケンブリッジ大学を目指している。しかしひょんなことから息子が公立学校に通うことになる。公立学校を毛嫌いしている母親は深く悩む。子離れ、親離れをテーマにした映画

映画『ビリーブ 未来への大逆転』

女という事で笑われようがやりたいことがあるから気にしない

映画『ビリーブ 未来への大逆転』のルース・ベイダー・ギンズバーグは全ての人が“平等”になる憲法を作った偉大な女性。ネタバレ、感想、評価。
アメリカには挑戦する精神がある。己の信念を貫けば受け入れてくれる土壌jもある。とても寛容な国だ。この映画は女性に対して権利が不平等であると主張し憲法を改正させた勇気ある、そして力強い女性の生き方を描いた作品である。人は生まれながらに平等である。基本の基本であることを改めて認識させてくる映画だ。

映画『旅のおわり世界のはじまり』

異国の地で歌手になることを決意した女の子

女優前田敦子vs黒沢清監督 映画『旅のおわり世界のはじまり』 ネタバレ・あらすじ・感想・評価「本当の自分」が始まる物語
カンヌ常連監督、黒沢清最新作は前田敦子を迎えてウズベキスタンへ。テレビレポーターとしての仕事に疑問をもち、ウズベキスタンの街、自然、人々を通じて本当にやりたいことを見つける人間成長物語。前田敦子は女優だ。もうAKBの面影は見えない。黒沢監督の新境地と言える作品。新しい世界はいつも始められる。

映画『トールキン 旅のはじまり』

仲間と未来の夢を語り合う青年たち

映画『トールキン 旅のはじまり』作品情報・ネタバレ・あらすじ・感想。『ホビットの冒険』『指輪物語』は四人の友情物語から始まった。
映画『トールキン 旅のはじまり』公式サイトにて作品情報・上映館・ネタバレ・あらすじ・感想を紹介。トールキンのSF冒険小説の最高傑作と言われる『ホビットの冒険』『指輪物語』の誕生秘話が明かされます。一番は友情です。四人の親友から名作は生まれたと言っても過言ではありません。友情の大切さをヒシヒシと描いています。

映画『チワワちゃん』

青春の儚いエネルギーが大爆発しています

漫画『チワワちゃん』を実写化。東京の街を失疾走する吉田志織が愛しい。
誰もが見知らぬ者同士とは大人だけの世界だと感じていた。しかし若者同士も自らの素性を積極的に明かさない。その理由は会ってないような者。東京の街を舞台に出会った若者たちの“パーティー”みたいな日々を激しいビートを斬新な映像で綴った東京ムービー。疾走するまで、消えてしまうまで青春を燃え尽きたい。

映画『芳華-Youth-』

戦争に青春を取られてしまう悲劇

映画『芳華-Youth-』には激動の70年代を生きた若者の青春、恋愛、苦悩と戦争の悲劇を描いた作品である。ネタバレ、あらすじ、評価
1970年代の中国は決して豊かな国ではなかった。文化大革命の影響で多くの知識人が投獄されたり、強制労働へと駆り出された。若者たちにとって人民軍に入ることが生き残る術の一つであった。その人民軍を慰問するの歌劇団にこの映画のテーマは置かれている。若き団員は青春を謳歌し、恋い焦がれ、泣き、そして戦争へと歩を進める。哀しき時代の物語。
スポンサーリンク

映画『ガラスの城の約束』の作品情報

映画のことなら映画.comより引用

スタッフ
【監督】
デスティン・ダニエル・クレットン
『ショート・ターム』(14)『ヒップスター』(16)『アメイジング・ジャーニー 神の小屋より』(17)

製作
ギル・ネッター
ケン・カオ
製作総指揮
マイク・ドレイク
原作
ジャネット・ウォールズ
脚本
デスティン・ダニエル・クレットン
アンドリュー・ランハム
撮影
ブレット・ポウラク
美術
シャロン・シーモア
衣装
ミレン・ゴードン=クロージャー
ジョイ・ハナエ・ラニ・クレットン
編集
ナット・サンダース
音楽
ジョエル・P・ウェスト
キャスト
ブリー・ラーソン(ジャネット・ウォールズ)
『アベンジャーズ エンドゲーム』(19)『キャプテン・マーベル』(19)『タナー・ホール 胸騒ぎの誘惑』(18)

ウッディ・ハレルソン(レックス・ウォールズ)
『記者たち 衝撃と畏怖の真実』(19)『ヴェノム』(18)『LBJ ケネディの意志を継いだ男』(18)『ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー』(18)

ナオミ・ワッツ(ローズマリー・ウォールズ)
『バイス』(19)『アバウト・レイ 16歳の決断』(18)『ダイバージェントFINAL』(17)『雨の日は会えない、晴れた日は君を想う』(17)『21グラム』(04)『マルホランド・ドライブ』(02)

マックス・グリーンフィールド(デヴィッド)
サラ・スヌークローリ
ジョシュ・カラスブライアン
ブリジット・ランディ=ペイン
作品データ
原題 The Glass Castle
製作年 2017年
製作国 アメリカ
配給 ファントム・フィルム
上映時間 127分
映倫区分 G