映画『パリに見出されたピアニスト』ネタバレ・あらすじ・感想。美男子ジュール・ベンシェトリがラフマニノフを弾く。

上映中
スポンサーリンク

,映画『パリに見出されたピアニスト』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。

YouTubeで予告映像もご覧ください。

映画『パリに見出されたピアニスト』9月公開
フランス映画界期待の新鋭ジュール・ベンシェトリ主演!ラフマニノフ、ショパン、バッハ・・・数々の名曲が織りなす感動作。9月ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿シネマカリテ、YEBISU GARDEN CINEMA他全国ロードショー!
『パリに見出されたピアニスト』予告編

『パリに見出されたピアニスト』106/フランス・ベルギー合作/2018
原題『Au bout des doigts

【監督】
ルドビク・バーナード
【出演】
ランベール・ウィルソン
クリスティン・スコット・トーマス
ジュール・ベンシェトリ
カリジャ・トゥーレ

スポンサーリンク
  1. 映画『パリに見出されたピアニスト』のオススメ度は?
  2. 映画『パリに見出されたピアニスト』の作品概要
  3. 映画『パリに見出されたピアニスト』のあらすじ・ネタバレ
  4. 映画『パリに見出されたピアニスト』の感想・評価・内容・結末
    1. 『レディ・マエストロ』との違いはあれど成功物語には変わりない
    2. 貧しいことは不幸だ
    3. 不良になってもやっぱりピアノが好きなのだ
    4. 人間のクズみたいな性格だけど、、、才能はある
    5. 教授に拾われて将来の道が拓けていく
    6. 予定調和とわかっていても楽しめます
  5. キャストについて
    1. ランベール・ウィルソン
    2. クリスティン・スコット・トーマス
    3. ジュール・ベンシェトリ
    4. カリジャ・トゥーレ
  6. 映画『パリに見出されたピアニスト』演奏された曲
    1. ラフマニノフ
    2. リスト
    3. ショパン
    4. J・Sバッハ
    5. ショスタコーヴィチ
  7. まとめ 映画『パリに見出されたピアニスト』一言で言うと!
  8. 合わせて観たい映画
    1. 【夢に向かって頑張っている映画】
      1. 映画『レディ・マエストロ』
      2. 映画『ホワイト・クロウ 伝説のダンサー』
      3. 映画『さよなら くちびる』
      4. 映画『王様になれ』
      5. 映画『風をつかまえた少年』
      6. 映画『ブレス あの波の向こうへ』
      7. 映画『ガラスの城の約束』
      8. 映画『リアム16歳、はじめての学校』
      9. 映画『ビリーブ 未来への大逆転』
  9. 映画『パリに見出されたピアニスト』の作品情報

映画『パリに見出されたピアニスト』のオススメ度は?

3.5

3つ半です。

少年のシンデレラストーリーです。

路地裏でゴミのような生活をしていた少年。

不良仲間と窃盗ばかりしていた少年。

ピアノの才能だけはあった。

性格も最悪です。

傲慢で優しさがありません。

でも、変身します。

恋人と観に行ってください。

スポンサーリンク

映画『パリに見出されたピアニスト』の作品概要

才能はあるが、貧しく、教養もなく、チャンスもなく、人脈もない人っています。本映画は路地裏でゴミのような生活をしている不良がピアニストとして大成するメタモルフォーゼです。頑張れば夢は叶うといいますが、やはり良い師匠と出会うことが大事だと思います。

スポンサーリンク

映画『パリに見出されたピアニスト』のあらすじ・ネタバレ

貧しい、仕事もない、母子家庭、人脈もない、そして不良仲間との付き合い。路地裏でゴミのような生活をするマチューはパリ駅に置かれたピアノを一心不乱に弾いていた。偶然通りかかった音楽大学のピエール教授に声をかけられて人生が好転していく。恋、レッスン、衝突、不良仲間との決別、あるゆる困難を乗り越えてマチューはピアノコンテストへの出場を勝ち取る。

スポンサーリンク

映画『パリに見出されたピアニスト』の感想・評価・内容・結末

『レディ・マエストロ』との違いはあれど成功物語には変わりない

この映画は先に観た『レディ・マエストロ』の少年バージョンであると言って良いと思います。

もちろん時代も背景も違います。共通しているのは貧しいこと、仕事がないこと、お金がないこと、人脈もないことなどです。

でも少し違うのは『レディ・マエストロ』のアントニアは自らの夢である指揮者になる、という強い気持ちを持って生きていました

でもこのパ『パリに見出されたピアニスト』の少年はマチュー・マリンスキー(ジュール・ベンシェトリ) には夢も希望もありません。

悪い仲間と窃盗などをしながら糊口をしのいでいます。

貧しいことは不幸だ

でもマチューは人の助けによってピアニストになっていくのです。ここが両映画の大きな違いです

マチューは自らの意思を実現することができませんでした。彼の生まれがとても貧しく、周囲の環境もあまり良い人たちがいませんでした。

路地裏で隠れるように生きています。生き方、稼ぐ方法がないのです。

母と幼い弟の三人暮らしで、毎日が必死です。

周囲の友人も不良ばかりですから必然的に悪事に手を染めていくのです。

つまり生き方の選択肢がないのと、周りの人たちが足を引っ張ると言う2つ悪習に見舞われていました。

不良になってもやっぱりピアノが好きなのだ

でもです、神さまっているんですかね。キリスト教的に考えると性善説ですか。

天から授けられたピアノの才能を放っておけなかったのでしょうか。

音楽大学の教授ピエール・ゲイトナー(ランベール・ウィルソン) と偶然出会うのです。それもパリの駅構内で。

構内に設置してる「自由にピアノを弾いてください」で一心不乱にピアノ弾いていました。それを見たピエール教授がスカウトしたのです。

なぜそこでピアノを弾いていたかと言うと自身の家はボロボロのアパートで思いっきり弾けない。

おまけにピアノもしょぼい。思いっきり弾けるのはこの場所だけです。

人間のクズみたいな性格だけど、、、才能はある

彼は不良仲間との窃盗の合間にピアノを弾いてストレスを発散していたのでしょうか。

そう考えると救いがあります。自身の犯罪に対して負い目があったということです。

でも結局は悪事を働いていたため刑務所に入れられることになります。

そこで彼はピエールに連絡し出してもらいます。条件は奉仕活動をするということで。

そこから物語が一気に進んでいきます。初めて見る大学生活、同世代の若者の生き生きする姿、そして音楽を含め様々な芸術。

彼が刺激されないわけがありません。ピエールの狙いはそこにあったと思います。

マチューの性格ですが、本当にひねくれています。殴りたくなるほどです。

世の中を斜に見ています。人の言うことを聞きません。自分本位で生きています。

人に感謝などしません。傲慢です。

そしてすぐキレます。わたしだったら逃げ出したくなります。

教授に拾われて将来の道が拓けていく

でもピエールはその性格も全部ひっくるめてピアノのレッスンを受けさせます。優しさがあります。

レッスンを担当するのはかつてピアニストの夢を持っていたエリザベス(クリスティン・スコット・トーマス) です。

スパルタレッスンで有名です。他の学生たちにとって恐怖の存在です。

レッスンが始まりますが、二人は衝突します。

ここからマチューは少しずつ教養をつけていきます。

今までも演奏法は全くの自己流でしたが、譜面に込められた感情表現を見事に体現していくのです。

そしてフランス国内のコンテスト出場へ気持ちを向けます。

予定調和とわかっていても楽しめます

映画は一見、順調に進んでいくかのようですが、ちゃんと山あり谷ありの演出があります

かつての不良仲間からの誘い、恋人ができてケンカ、母親との関係等々。

そしてピエールには大学経営の存続のプレッシャーがあり、それを打破するためにもマチューがコンテストで優勝してもらわなければいけません。

まあこれは大人の事情ですが、あらゆる困難を詰め込んで最後の最後はハッピーエンドです。

シンデレラストーリーの少年版ですね

ただちょっと解せないのはピエールは大学を救う目的だったのに、映画の最後にはアメリカの大学に就任しています。そこは「あれ?」と思いました。キャリアアップじゃんって。

最後の最後でマチューが「ありがとう」と言った

この映画を観ていて感じたのは、やはり天賦の才能がある人は必ず誰かが手を差し伸べてくるのか、ということです

そしてその才能を開花する道筋をつけてくれるのだと言うことです。

ただ彼の場合は天才ですからうまくいきました。

私たちのような凡人は日々、一生懸命頑張るしかないのです。世界を変えるとか考えていません。身近な家族や友人が認めてくれればオッケーです

この映画は単なる少年のシンデレラストーリーですが、映画の中にはちゃんとした人間成長の物語が用意されていました。

あれだけ傲慢で反抗的だった少年が人に対して礼を言ったので。絶対にありえないことでした。

マチューがピエールとエリザベスに「ありがとう」と。この姿を観ることが出来て良かったと思いました。

スポンサーリンク

キャストについて

ランベール・ウィルソン

渋い演技です。とにかく辛抱強くマチューを見守ります。

クリスティン・スコット・トーマス

素晴らしい演技です。最初はイケ好かない嫌な女教授です。厳しいレッスンの中に音楽への愛があり、それをマチューに優しく伝えていきます。彼女に涙は似合いませんが、最後は泣いていましたね。

ジュール・ベンシェトリ

実生活は良いとこのお坊ちゃん生まれ。ですが見事に不良少年を演じていました。あの寂しそうな目がいいのでしょう。育ちの良さがちょっと不良の仕草の邪魔をしていましたが、良い演技だったと思います。

カリジャ・トゥーレ

すっごい強烈な個性を持っている女優さんです。この人が画面に出るとパッと明るくなります。今後期待大です。

スポンサーリンク

映画『パリに見出されたピアニスト』演奏された曲

ラフマニノフ

「ピアノ協奏曲 2 ハ短調 Op.18

リスト

「ハンガリー狂詩曲 2 嬰ハ短調」

ショパン

「ワルツ 3 イ短調 Op.34-2

J・Sバッハ

「平均律クラヴィーア曲集 第1巻第2 ハ短調 BWV.847

ショスタコーヴィチ

「ピアノ協奏曲 2 へ長調 Op.102

スポンサーリンク

まとめ 映画『パリに見出されたピアニスト』一言で言うと!

「若さこそが失礼であり、それが若者の特権である」

若すぎてなんだかわからないことってありましたよね。その時はなぜ誰も自分を理解してくれないのかと憤慨してしまうこともありました。でもそれで良いのです。若い頃から腰が低く、謙虚な人間など気持ち悪いです。本映画のマチューのようにガムシャラに自分を貫くのってすごく良いと思います。右向け右!っという社会にうんざりしているので、こういう若者に会いたいと思いました。ブッ飛ばし人生万歳!です。

スポンサーリンク

合わせて観たい映画

【夢に向かって頑張っている映画】

映画『レディ・マエストロ』

女性指揮者のパイオニアが困難を乗り越えて夢を実現する物語

実話映画『レディ・マエストロ』ネタバレ・あらすじ・感想・評価。女性指揮者のパイオニア「夢を諦めない、挑戦する」人生。
映画『レディ・マエストロ』公式サイトにて作品情報・上映館情報を記載。ネタバレ・あらすじ・感想・評価について記述。女性指揮者のパイオニア、アントニア・ブリコの実話物語です。貧困・差別・蔑視・嘲笑に負けず指揮者になる夢を掴んだたくましい女性。女性差別、ジャンダー、毒親問題も描いている。人生は困難なことが起きるが必ず乗り越えられると教えてくれる映画。素晴らしい。

映画『ホワイト・クロウ 伝説のダンサー』

ソ連から亡命してまで自身の夢を掴んだ

映画『ホワイト・クロウ 伝説のダンサー』ルドルフ・ヌレエフはパンク的バレエダンサー。ワガママに生きてこそ人生だ!ネタバレ、あらすじ、評価。
旧ソ連邦時代の暗影を背景に収めながら、若き才能が開花するまでも葛藤をダンスを舞台に描いた作品。自由を手に入れた先に何をもたらしたのか。何かを手に入れた瞬間に何かを失くすことは常。でも伝説を作った男はやりたいことをやったのだ。若い才能はいとも簡単に鉄のカーテンを飛び越えてしまった。でも暗影を感じる作品だ。

映画『さよなら くちびる』

音楽をやりたい!その夢を果たすために何が必要か?

映画『さよなら くちびる』青春エネルギー濃厚 ネタバレ・あらすじ・評価・成田凌 門脇麦 小松菜奈の演技が最高潮 音楽映画
ハルとレオ。二人はアルバイト先で出会い、音楽ユニットを結成する。ハルはレオにギターを教えて路上で歌う。評判となり全国へライブ活動に出かける。マネージャーとしてシマが加わる。しかし二人の関係は悪化し、解散の決意をする。3人は最後のツアーをするが、ハルレオの人気が火がついてしまう。解散するか継続か、3人は悩む。青春音楽物語。

映画『王様になれ』

カメラマンになりたいんだ!と叫びが聞こえる映画

映画『王様になれ』作品情報・ネタバレ・あらすじ・感想・評価。「the pillows」の30周年記念企画。TERU(GLAY)弾き語りあり。
映画『王様になれ』公式サイトと作品情報・上映館の紹介と作品情報・ネタバレ・あらすじ・感想・内容・結末を記述。ミュージシャン専門のフォトグラファーを目指す若者の挑戦と苦悩と失意、葛藤からチャンスを掴み成功を掴む様を描いている。オルタナティヴ・ロックバンド「the pillows」の30周年記念企画「Thank you, my highlight」の一環として制作された

映画『風をつかまえた少年』

両親、村、この国の役にたちたい。若者は挑戦しました

映画『風をつかまえた少年』作品情報・ネタバレ・あらすじ・感想・評価・結末。小学生必見。“努力”は夢を叶える。差別・貧困・地球温暖化について学ぶ。
日本では小中学校は義務教育でお金はそれほどかからない。でも世界には学校に通えない子どもがたくさんいる。このマラウイは学校へ通うのにお金がかかる。裕福でないと行けない。少年は勉学で知識をつけ村の農業を救うことを思いつく。風力発電だ。ゴミ捨て場で材料を集め電気を起こす。そして村の人々を救い、自身も大学へいく成功物語。

映画『ブレス あの波の向こうへ』

どんな時も頭の中はサーフィンの事ばかり

サイモン・ベイカーの初監督映画『ブレス あの波の向こうへ』サーフィン通して友情、恋、青春の素晴らしさを描く。ベン・スペンスとリバー・フェニックスの相違。ネタバレ・あらすじ・感想・評価
サイモン・ベイカーの初監督作品。オーストラリアを代表する作家ティム・ウィントンによる自伝的小説「ブレス 呼吸」を原作に映画化。サーフィンと出会い、夢中になり、友情、恋を通して大人へと成長していく少年たちの姿が描かれる。新鋭ベン・スペンスの演技が良い。最高なのはエリザベス・デビッキだ。強い存在感だ。

映画『ガラスの城の約束』

毒親の妨害を振り切って夢はまっしぐら

映画『ガラスの城の約束』ネタバレ・あらすじ 毒親 ネグレクト 虐待 過保護 過干渉 こんな両親いらないと思った作品
社会と隔絶するように生きる家族。父親はアル中で無職、母親はアーティスト気取りで家事も育児もしない。子どもは4人。彼らの世界はこの毒親になる。飲んだくれで暴言を吐く父親に洗脳されているかのようで、父親を尊敬、崇拝している。しかし成長するにつれて一家がおかしいと気づく。そして家を脱出する。毒親、ネグレクト、ハラスメント。

映画『リアム16歳、はじめての学校』

名門大学目指して母と息子で目指す受験

映画『リアム16歳、はじめての学校』ネタバレ・あらすじ・感想・内容 母親の息子愛が異常 マザコン息子が恋 欧米で自宅学習が普及する理由がわかる
日本ではあまり一般的ではない“自宅学習”英語でホームスクーリングという。欧米では子供の安全のため高度な教育のために広く浸透している。本作は母と息子が自宅学習を通してケンブリッジ大学を目指している。しかしひょんなことから息子が公立学校に通うことになる。公立学校を毛嫌いしている母親は深く悩む。子離れ、親離れをテーマにした映画

映画『ビリーブ 未来への大逆転』

女という事で笑われようがやりたいことがあるから気にしない

映画『ビリーブ 未来への大逆転』のルース・ベイダー・ギンズバーグは全ての人が“平等”になる憲法を作った偉大な女性。ネタバレ、感想、評価。
アメリカには挑戦する精神がある。己の信念を貫けば受け入れてくれる土壌jもある。とても寛容な国だ。この映画は女性に対して権利が不平等であると主張し憲法を改正させた勇気ある、そして力強い女性の生き方を描いた作品である。人は生まれながらに平等である。基本の基本であることを改めて認識させてくる映画だ。

 

スポンサーリンク

映画『パリに見出されたピアニスト』の作品情報

映画.comより一部引用
スタッフ・キャスト
監督
ルドビク・バーナード
脚本
ルドビク・バーナード ジョアン・ベルナール
ピエール・ゲイトナー(ランベール・ウィルソン)
エリザベス(クリスティン・スコット・トーマス)
マチュー・マリンスキー(ジュール・ベンシェトリ)
カリジャ・トゥーレ
2018年製作/106分/G/フランス・ベルギー合作
原題:Au bout des doigts
配給:東京テアトル