ベルギー映画

スポンサーリンク
2021年製作

映画『ONODA 一万夜を越えて』ネタバレ・あらすじ「真実の小野田さんを観たい!」感想「負けず嫌いの性格で“29年”」結末「人生サバイバル!」

映画『ONODA 一万夜を越えて』ネタバレ・あらすじ「真実の小野田さんを観たい!」感想「負けず嫌いの性格で“29年”」結末「人生サバイバル!」映画『ONODA 一万夜を越えて』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ONODA 一万夜を越えて』IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ONODA 一万夜を越えて』の作品情報・概要『ONODA 一万夜を越えて』原題『Onoda, 10 000 nuits dans la jungle』2021年、フランス、ドイツ、ベルギー、イタリア、日本による国際共同製作作品。アルチュール・アラリ監督作品。原作はベルナール・サンドロン、、主演は遠藤雄弥(映画『空母いぶき』)と津田寛治(『この道』)。第74回カンヌ国際映画祭・ある視点部門オープニング作品。太平洋戦争終戦後、29年間フィリピン・ルバング島で過ごし、1974年に日本に帰還した小野田寛郎旧陸軍少尉と部下三人とジャングルでの壮絶な日々を描いている。フィクションの色が濃い。仲野太賀(映画『MOTHER マザー』や映画『タロウのバカ』や映画『すばらしき世界』)、松浦祐也(映画『人数の町』や映画『さよなら くちびる』)、千葉哲也(映画『空母いぶき』)、カトウシンスケ、井之脇海、足立智充、吉岡睦雄、嶋田久作(映画『カイジ2 人生奪回ゲーム』)、伊島空、森岡龍、諏訪敦彦、イッセー尾形(『ソローキンの見た桜』)らが出演。
2020年製作

映画『ミス・マルクス』ネタバレ・あらすじ「ロモーラ・ガライの演技に注目」感想「報われない人生」結末「離れられない“男”っている」

映画『ミス・マルクス』ネタバレ・あらすじ「ロモーラ・ガライの演技に注目」感想「報われない人生」結末「離れられない“男”っている」映画『ミス・マルクス』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ミス・マルクス』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ミス・マルクス』の作品情報・概要『ミス・マルクス』原題『Miss Marx』2020年のイタリア・ベルギーの伝記映画。 スザンナ・ニッキャレッリ監督作品。出演はロモーラ・ガライ、パトリック・ケネディ、ジョン・ゴードン・シンクレア、フェリシティ・モンタギュー、カリーナ・フェルナンデス 、エマ・カニフェ、ジョルジュ・アレンデル、セレスタン・リーラント、オリバー・クリス、アレクサンドラ・ルイス、ジョージナ・サドラー、ミエル・バン・ハッセル、フレディ・ドレイブル、フィリップ・グレーニングら。哲学者、思想家、経済学者のカール・マルクスの末娘でイギリスの社会主義者として活動したエリノア・マルクスの人生を描いている。  
2018年製作

映画『FUNAN フナン』ネタバレ・あらすじ「善悪がテーマではない」感想「母親の物語」結末

映画『FUNAN フナン』ネタバレ・あらすじ「善悪がテーマではない」感想「母親の物語」結末映画『FUNAN フナン』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『FUNAN フナン』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『FUNAN フナン』の作品情報・概要『FUNAN フナン』原題『Funan』2018年製作。第42回アヌシー国際アニメーション映画祭でグランプリを獲得作品。ドゥニ・ドゥ監督によるカンボジアの歴史ドラマを扱ったアニメーション映画。「家族の物語。母親の物語」である。脚本はドゥとマガリ・プゾル 。エリーゼ・トリン参画。ドゥニ・ドゥの母親の実体験をベースに1975年4月のクメール・ルージュの革命開始後から脚本化されている。映画のタイトル『FUNAN フナン』は、かつてインドシナ半島に存在した国家、扶南国に由来する。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました