2021-05

スポンサーリンク
お茶の間映画館

映画『スタンド・バイ・ミー』ネタバレ・あらすじ「リバー・フェニックスの輝きを観よ!」感想「12歳の悩みは家庭環境」結末「“死体探し”で少年から大人への成長物語」

映画『スタンド・バイ・ミー』ネタバレ・あらすじ「リバー・フェニックスの輝きを観よ!」感想「12歳の悩みは家庭環境」結末「“死体探し”で少年から大人への成長物語」映画『スタンド・バイ・ミー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『スタンド・バイ・ミー』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『スタンド・バイ・ミー』の作品情報・概要『スタンド・バイ・ミー』原題『Stand by Me』1986年のアメリカ合衆国の青春映画。ロブ・ライナー監督作品。主演はウィル・ウィートン。リヴァー・フェニックス、コリー・フェルドマン、ジェリー・オコンネルなど。原作はスティーヴン・キング。短編集『恐怖の四季』の中に収められた秋の物語『THE BODY』から。ジョン・レノンがカバーしたベン・E・キングの歌曲『スタンド・バイ・ミー』と早逝してカリスマとなったリヴァー・フェニックスのイメージもヒットの後押しとなっている。
2020年製作

映画『ジェントルメン』ネタバレ・あらすじ「マドンナの元夫ガイ・リッチー最新作」感想「大麻ビジネスの群像劇」結末「ヘンリー・ゴールディングを応援しよう!」

映画『ジェントルメン』ネタバレ・あらすじ「マドンナの元夫ガイ・リッチー最新作」感想「大麻ビジネスの群像劇」結末「ヘンリー・ゴールディングを応援しよう!」映画『ジェントルメン』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ジェントルメン』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ジェントルメン』の作品情報・概要『ジェントルメン』原題『The Gentlemen』2019年のアメリカ合衆国・イギリスのアクション映画。ガイ・リッチー監督作品。マシュー・マコノヒー、チャーリー・ハナム、ヘンリー・ゴールディング ミシェル・ドッカリー ジェレミー・ストロング エディ・マーサン コリン・ファレル ヒュー・グラントらが出演。大麻ビジネスを主軸に展開する騙し合いの群像劇。
2020年製作

映画『スプリー』ネタバレ・あらすじ「SNSの歓喜と悲劇」感想「承認欲求がもたらすものは?」結末「ユージーン・コトリャレンコ監督時代が来る!」

映画『スプリー』ネタバレ・あらすじ「SNSの歓喜と悲劇」感想「承認欲求がもたらすものは?」結末「ユージーン・コトリャレンコ監督時代が来る!」映画『スプリー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『スプリー』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『スプリー』の作品情報・概要映画『スプリー』 原題『Spree』2020年アメリカ製作のジェットコースタースリラー映画。ジョー・キーリー主演(Netflixドラマ『ストレンジャー・シングス 未知の世界』)監督はウクライナの新進気鋭ユージーン・コトリャレンコ監督。SNSの恐怖と不条理を描いている。「注目されたい」からSNSを駆使して拡散し「承認欲求」を満たしていく現代人ならでは、歓喜と恐怖と悲劇を独特の世界観とスピード感を用いて描いている。
2020年製作

映画『大綱引の恋』ネタバレ・あらすじ「頑張れ!三浦貴大」感想「テーマが不明」結末「佐々部清監督の遺作」

映画『大綱引の恋』ネタバレ・あらすじ「頑張れ!三浦貴大」感想「テーマが不明」結末「佐々部清監督の遺作」映画『大綱引の恋』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『大綱引の恋』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『大綱引の恋』の作品情報・概要『大綱引の恋』は佐々部清監督の遺作。家族愛の映画。鹿児島で400年以上の伝統を誇る川内大綱引を軸に展開。三浦貴大と知英主演。友情、帰郷、恋愛、婚活、ガン闘病、終活、日韓友好などを持ち込んでいる。大風呂敷を広げすぎた感が否めない。  
2021.05.12
2021年製作

映画『バイプレイヤーズ もしも100人の名脇役が映画を作ったら』ネタバレ・あらすじ「どんちゃん騒ぎしたい」感想「天海祐希の演技は境地!」結末「大杉漣さんへ捧げる」

映画『バイプレイヤーズ もしも100人の名脇役が映画を作ったら』ネタバレ・あらすじ「どんちゃん騒ぎしたい」感想「天海祐希の演技は境地!」結末「大杉漣さんへ捧げる」映画『バイプレイヤーズ もしも100人の名脇役が映画を作ったら』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『バイプレイヤーズ もしも100人の名脇役が映画を作ったら』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『バイプレイヤーズ もしも100人の名脇役が映画を作ったら』の作品情報・概要『バイプレイヤーズ ~もしも100人の名脇役が映画を作ったら~』2021年4月9日公開の日本のコメディ映画。テレビ東京系列で放送されているテレビドラマ『バイプレイヤーズ』を劇場版として公開。タイトルにもある通り、総勢100人にも及ぶ俳優達が出演しているとい「スケールの大きさ」では映画『翔んで埼玉』に比肩する映画である。
2020年製作

映画『プロジェクトV』ネタバレ・あらすじ「エンドのNG集必見!」感想「物語は単調」結末「67歳のジャッキー頑張った!」

映画『プロジェクトV』ネタバレ・あらすじ「エンドのNG集必見!」感想「物語は単調」結末「67歳のジャッキー頑張った!」映画『プロジェクトV』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『プロジェクトV』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『プロジェクトV』の作品情報・概要『プロジェクトV』原題『急先鋒』英語題『Vanguard』2020年公開の中国アクション映画。主演はジャッキー・チェン。
2021.09.06
お茶の間映画館

映画『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』ネタバレ・あらすじ「映画史に残る夫婦喧嘩」感想「『タイタニック』後の二人」結末「ディカプリオとウィンスレットは名優になった」

映画『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』ネタバレ・あらすじ「映画史に残る夫婦喧嘩」感想「『タイタニック』後の二人」結末「ディカプリオとウィンスレットは名優になった」映画『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。 映画『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』の作品情報・概要『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』原題『Revolutionary Road』は、2008年のイギリス・アメリカ合衆国のドラマ映画。タイトルはアメリカ・コネチカット州の「レボリューショナリー・ロード」に由来する。監督はサム・メンデス(映画『1917 命をかけた伝令』)、出演はレオナルド・ディカプリオ(映画『タイタニック(1997)』や映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』や映画『仮面の男』)とケイト・ウィンスレット(映画『タイタニック(1997)』)など。原作はリチャード・イェーツが1961年出版の小説『家族の終わりに(英語版)』から。キャスリン・ハーン(『スパイダーマン:スパイダーバース』)、マイケル・シャノン、デビッド・ハーバー、キャシー・ベイツ(映画『ミッドナイト・イン・パリ』や映画『リチャード・ジュエル』や映画『ビリーブ 未来への大逆転』)らが出演。
2021.05.12
お茶の間映画館

映画『タイタニック(1997)』ネタバレ・あらすじ「船上の『ロミオとジュリエット』」感想「ディカプリオ若い&ケイト・ウィンスレット17歳?」結末「ジェームズ・キャメロンが描く“格差社会”という船」

映画『タイタニック(1997)』ネタバレ・あらすじ「船上の『ロミオとジュリエット』」感想「ディカプリオ若い&ケイト・ウィンスレット17歳?」結末「ジェームズ・キャメロンが描く“格差社会”という船」 映画『タイタニック(1997)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『タイタニック(1997)』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『タイタニック(1997)』の作品情報・概要『タイタニック』原題『Titanic』ジェームズ・キャメロン監督・脚本(映画『エイリアン2』)による1997年のアメリカ映画。沈みゆく豪華客船の中で描く『ロミオとジュリエット』的悲恋映画。上流階級と下層階級の人間模様を描いた傑作である。レオナルド・ディカプリオ(映画『仮面の男』や映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』)とケイト・ウィンスレット主演。ビリー・ゼイン(映画『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2』)、フランシス・フィッシャー(映画『許されざる者(1992)』や映画『トゥルー・クライム』)、バーナード・ヒル、キャシー・ベイツ(映画『ミッドナイト・イン・パリ』や映画『リチャード・ジュエル』や映画『ビリーブ 未来への大逆転』)、グロリア・スチュアートらが出演。全世界で興行収入は21.9億ドルに達する。『ジュラシック・パーク』(1993年)を抜く。第70回アカデミー賞(1998年のアカデミー賞)において、作品賞、監督賞、撮影賞、美術賞、主題歌賞、音楽賞、衣裳デザイン賞、視覚効果賞、音響効果賞、音響賞、編集賞の11部門で受賞した。セリーヌ・ディオンが歌う主題歌「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」大ヒットした。
2021.05.12
2020年製作

映画『水を抱く女』ネタバレ・あらすじ「精霊ウンディーネが現代ベルリンに降臨」感想「パウラ・ベーアの演技必見」結末「寓話物語は勉強になる」

映画『水を抱く女』ネタバレ・あらすじ「精霊ウンディーネが現代ベルリンに降臨」感想「パウラ・ベーアの演技必見」結末「寓話物語は勉強になる」 映画『水を抱く女』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『水を抱く女』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。 映画『水を抱く女』の作品情報・概要 『水を抱く女』原題『Undine』ドイツ・フランス合作による2020年製作映画。寓話をモチーフに製作。lクリスティアン・ペッツォルト監督作品。パウラ・ベーア主演(2020年・第70回ベルリン国際映画祭で女優賞を受賞)、フランツ・ロゴフスキ、マリアム・ザリー、ヤコブ・マッチェンツ、アネ・ラテ=ポレらが出演。水の精霊ウンディーネを現代ベルリンに降臨させて紡いだラブストーリー。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました