映画『プロジェクトV』ネタバレ・あらすじ「エンドのNG集必見!」感想「物語は単調」結末「67歳のジャッキー頑張った!」

スポンサーリンク
映画『プロジェクトV』ネタバレ・あらすじ「エンドのNG集必見!」感想「物語は単調」結末「67歳のジャッキー頑張った!」2020年製作

映画『プロジェクトV』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。

映画『プロジェクトV』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。

YouTubeで予告映像もご覧ください。

『運だぜ!アート』ツイッターアカウント

『プロジェクトV』
(2020年製作/107分/G/中国)
原題『急先鋒 Vanguard』

【監督】
スタンリー・トン
【製作】スタンリー・トン バービー・タン【製作総指揮】スタンリー・トン【脚本】スタンリー・トン【アクション監督】スタンリー・トン【音楽】ネイサン・ワン
【出演】
ジャッキー・チェン
ヤン・ヤン アレン ムチミヤ シュ・ルオハン ジュー・ジャンティン ジャクソン・ルー エヤド・ホーラーニ

HPサイト】映画『プロジェクトV』公式サイト

【予告映像】映画『プロジェクトV』トレーラー

スポンサーリンク

映画『プロジェクトV』のオススメ度は?

2.0

星2つです

正直「面白くない」です

アクションシーンが多すぎて「飽きます」

でもレジェンド「ジャッキー・チェン」の勇姿を観ましょう!

スポンサーリンク

映画『プロジェクトV』の作品情報・概要

『プロジェクトV』原題『急先鋒』英語題『Vanguard2020年公開の中国アクション映画。主演はジャッキー・チェン。

スポンサーリンク

映画『プロジェクトV』のあらすじ・ネタバレ

世界各国の中国人を顧客に持つ民間国際警備会社「ヴァンガード」(中国語:急先鋒)の創設者であるトン・ウンテン(ジャッキー・チェン)。彼が最高司令官を務めている。仕事は各要人や富豪など警備と警護で、絶対的な信頼を得て来た。ある日、イギリス・ロンドンの中華街で開催された旧正月の祝賀イベントで事件が起きる。ヴァンガードの顧客である中国人実業家のチョン・クォックラップ(ジャクソン・ルー)が誘拐されたのだ。万全の警備体制の隙を突かれた。あろうことか、チョン・ホイシュン(アレン) の上司であるマシムは、中東のテロリスト集団「復讐兄弟」のリーダーだったのだ。チョンはすぐさまスコットランドヤードに通報する。マシムはアメリカ軍のドローン攻撃により、あっけなく殺害された。しかし父の殺害に激怒したマシムの息子・オマル(エヤド・ホーラーニ)は復讐を誓う。そして傭兵組織「北極狼」にチョンの誘拐を命じるのだった。チョンはヴァンガードによって救出されたが、トンとヴァンガードのメンバーたちはチョンの娘・ファリダ(シュ・ルオハン)を保護するためにアフリカへ向かう。さらにオマル一味と戦うために中東・ドバイに向かう。

スポンサーリンク

映画『プロジェクトV』の感想・内容

「どう評価して良いのかわからない映画」となります。ジャッキー・チェンを観てきました。1954年生まれですから、67歳です。レジェンドです。観るしかないですね。2019年製作の映画『ランボー ラスト・ブラッド』のシルベスター・スタローンと比較されます。スタローンは機関銃をぶっ放す演技で許されますが、ジャッキーは肉体を駆使しての激しいアクションが売り物です。これは常日毎からトレーニングしていないと維持できません。

でも相変わらずジャッキーは頑張っていました。アクションもそれなりにこなしていますが、体のキレはもうありません。体が重たそうなんです。ただそれを見抜かれないように工夫されています。香港映画特有の長いショットはあまりありません。短いショットで、繋いでいます。マルチ撮影なので、編集でジャッキーのスピードをカバーできます。でも、他の若手俳優のアクションシーンが長く、とても見応えがあるので、ジャッキーの衰えを露呈する結果となってしまいました。でも、「レジェンド」ですから、最後まで観ましょう。

スポンサーリンク

映画『プロジェクトV』の考察・評価

映画の内容は予定調和です。最後には正義が勝つで終わります。特に真新しい物語ではありません。結果的にまた「イスラム教徒を悪者にして」となります。これってもう飽きました。欧米のフィルムメーカーはやりすぎています。そろそろ、悪者にされたアラブ・イスラム教徒たちが本気で怒るのではないかと危惧してしまいます。

正直、冒頭からエンディングまで、ひたすら「アクション」場面が展開されます。ずっと続きます。これって、「飽きるんです」しかも、「眠たくなる」のです。わたし、途中で何回か寝落ちしました。それでも物語についていけます。そこが香港・中国映画の素晴らしいところでしょう。

スポンサーリンク

映画『プロジェクトV』の結末

本映画『プロジェクトV』の最大の見所はエンドクレジットに流れるNG集です。これしかありません。

スポンサーリンク

映画『プロジェクトV』のキャストについて

トン・ウンテン(ジャッキー・チェン)
ロイ・ジャンユー(ヤン・ヤン)
チョン・ホイシュン(アレン)
ミヤ(ムチミヤ)
ファリダ(シュ・ルオハン)
コンドル(ジュー・ジャンティン)
チョン・クォックラップ(ジャクソン・ルー)
オマル(エヤド・ホーラーニ)

スポンサーリンク

まとめ 映画『プロジェクトV』一言で言うと!

「アジアが世界に誇る映画スターを目に焼き付けよう!」

もう観るしかないです。アジアの大スターです。「レジェンド」です。年老いて、動きは遅くなりましたが、新しいことに挑戦する姿に尊敬の念を覚えます。

スポンサーリンク

『運だぜ!アート』本日の総合アクセスランキング

映画『楽園』ネタバレ・あらすじ・結末。ムラ社会は日本社会の縮図。長老(独裁者)の「決めつけ」こそ悪害なのだ。綾野剛、佐藤浩市もOKだが村上虹郎が最高だ!
映画『MOTHER マザー』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。長澤まさみ「新境地の“毒親”」に拍手喝采。阿部サダヲの“クソ”っぷりに激怒。
映画『ある船頭の話』ネタバレ・あらすじ・感想。柄本明vsオダギリジョーvsクリストファー・ドイル。「時代は一瞬の風で変わる」
映画『ミッドナイトスワン』ネタバレ・あらすじ「草なぎくんこそ“母親”だ」感想「LGBTQ」の知識が深まる「未来に伝えたい」映画!結末「アカデミー賞2冠達成!」
映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』ネタバレ・あらすじ・感想・評価。蜷川実花映画はインパクト勝負だけ作品。物語を紡げない。二階堂ふみは最高演技。
映画『パーフェクト ワールド』ネタバレ・あらすじ・感想・内容。クリント・イーストウッドvsケビン・コスナー、完全な世界とは“心の自由”を獲得すること。
映画『奥様は、取り扱い注意』ネタバレ・あらすじ「パクリ疑惑に連続出演」感想「綾瀬はるかは、取り扱い注意になってしまう」結末「芸術作品を選ぶべし!」
【ネタバレ酷評】映画『マチネの終わりに』あらすじ・結末。物語も演出も撮影もダメ。福山雅治&石田ゆり子の糸引くキスシーン。
映画『デッド・ドント・ダイ』ネタバレ・あらすじ・感想。「伏線回収映画にパンチ」ジム・ジャームッシュが描くゾンビ映画は超風刺的だ。
映画『さくら』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。「兄弟愛は禁断?」北村匠海&吉沢亮&小松菜奈共演の贅沢映画。「さくらの“脱糞”が招く幸せ!」

スポンサーリンク

合わせて観たい映画

【アクション映画オススメ】

映画『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』

スパイと言ったらトム・クルーズです!

映画『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』ネタバレ・あらすじ・感想。トム・クルーズ(当時53歳)だけを観る映画。命を削る「狂気の沙汰」の映画製作に敬意。
映画『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』ネタバレ・あらすじ・感想。トム・クルーズ(当時53歳)だけを観る映画。命を削る「狂気の沙汰」の映画製作に敬意。 映画『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 映画『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』の作品情報・概要 『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』原題『Mission: Impossible - Rogue Nation』2015年公開のアメリカ合衆国のスパイ映画である。1996年、トム・クルーズが初めて製作に加わった『ミッション:インポッシブル』シリーズの5作目。映画内のアクションはほとんどトム・クルーズが行なっている。世界的な大スターが自らアクションを演じることは異例で毎回、話題を振りまくことが通例となっている。

『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』

ドウェイン・ジョンソンが世界ナンバーワンのアクションスター

映画『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』ドウェイン・ジョンソンの肉体美を観に行こう。ネタバレ・あらすじ・感想・結末
『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』(136分/アメリカ/2019) 原題『Fast & Furious: Hobbs & Shaw』 映画『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』のオススメ度は? ...

映画『ランボー ラスト・ブラッド』

ランボーの戦いは「終わったのか?」いや終わらないでしょう

映画『ランボー ラスト・ブラッド』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。スタローンが生きている限りランボーは「to be Continue」
映画『ランボー ラスト・ブラッド』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。スタローンが生きている限りランボーは「to be Continue」映画『ランボー ラスト・ブラッド』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ランボー ラスト・ブラッド』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『ランボー ラスト・ブラッド』の作品情報・概要。『ランボー ラスト・ブラッド』原題『Rambo: Last Blood』2019年制作のアメリカ合衆国のアクション映画。シルヴェスター・スタローン主演・脚本のアクション映画『ランボーシリーズ』の第5作目。完結編と言われている。監督はエイドリアン・グランバーグ。先のシリーズではアメリカの敵なる巨悪と戦うパターンであったが、本作では自身のプライベートな復讐劇となっているのが特徴。

映画『ファイヤーフォックス』

ソビエトの戦闘機を盗むクリント・イーストウッド

映画『ファイヤーフォックス』ネタバレ・あらすじ・感想。クリント・イーストウッドがソンドラ・ロック(愛人)とマギー・ジョンソン(妻)の板挟み状態で製作した映画。
映画『ファイヤーフォックス』ネタバレ・あらすじ・感想。クリント・イーストウッドがソンドラ・ロック(愛人)とマギー・ジョンソン(妻)の板挟み状態で製作した映画。映画『ファイヤーフォックス』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ファイヤーフォックス』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『ファイヤーフォックス』の作品情報・概要『ファイヤーフォックス』原題『Firefox』クレイグ・トーマスの小説を元に1982年に製作されたアメリカ合衆国の映画。クリント・イーストウッド製作・監督・主演。著者のクレイグ・トーマスは1976年、北海道の函館空港に着陸して亡命を求めるソビエトの飛行士ベレンコ中尉亡命事件をモチーフに書き上げた小説。プライベートで混迷して、休んでいたクリント・イーストウッドの復帰作。

映画『コロンビアーナ』

復讐に燃える少女が美しい暗殺者に!

映画『コロンビアーナ』ネタバレ・あらすじ・感想。ゾーイ・サルダナがリュック・ベッソン製作でナタリー・ポートマン越えを狙うが、、。
映画『コロンビアーナ』ネタバレ・あらすじ・感想。ゾーイ・サルダナがリュック・ベッソン製作でナタリー・ポートマン越えを狙うが、、。 映画『コロンビアーナ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『コロンビアーナ』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 映画『コロンビアーナ』の作品情報・概要 『コロンビアーナ』原題『Colombiana』リュック・ベッソン製作・脚本。オリヴィエ・メガトン監督作品。ジェームズ・キャメロン監督の『アバター』で一躍世界のひのき舞台に躍り出たゾーイ・サルダナ主演。2011年のフランス・アメリカ合衆国のアクション映画。美女が殺し屋になって復讐を果たすというベッソンのお得意に物語。シリーズ化を目論んだが2作目は製作されていない。

映画『チャーリーズ・エンジェル』

やっぱり美女ばかりが活躍するアクションは素敵!

映画『チャーリーズ・エンジェル』ネタバレ感想。エンジェルのお色気路線は廃止。頭脳明晰エンジェル時代到来。
映画『チャーリーズ・エンジェル』ネタバレ感想。エンジェルのお色気路線は廃止。頭脳明晰エンジェル時代到来。映画『チャーリーズ・エンジェル』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『チャーリーズ・エンジェル』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『チャーリーズ・エンジェル』の作品情報・概要1970年代から80年代にかけてアメリカのテレビ番組としてスタートした『チャーリーズ・エンジェル』の映画版。2000年にキャメロン・ディアス、ドリュー・バリモア、ルーシー・リューの人気女優が共演して話題となり『チャーリーズ・エンジェル フルスロットル』も製作された。本作は最新映画となる。エリザベス・バンクスが製作・監督・脚本・出演を担当している。

映画『バッドボーイズ フォー・ライフ』

確かにウイル・スミスはカッコいいいけど、、、、

映画『バッドボーイズ フォー・ライフ』ネタバレ・あらすじ・感想。ウィル・スミスと息子の愛。アクションのキレは衰えた。ストレス発散できます。
映画『バッドボーイズ フォー・ライフ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『バッドボーイズ フォー・ライフ』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館...

映画『ハンター』

元祖アクションスターはスティーブ・マックイーン

映画『ハンター』ネタバレ・あらすじ・結末。スティーブ・マックイーンの遺作。過去への罪滅ぼし。50歳での渾身のアクションは必見。
映画『ハンター』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ハンター』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 YouTubeで予告映...
スポンサーリンク

映画『プロジェクトV』の作品情報

映画.comより一部引用
スタッフ・キャスト
監督
スタンリー・トン
製作
スタンリー・トン バービー・タン
製作総指揮
スタンリー・トン
脚本
スタンリー・トン
アクション監督
スタンリー・トン
音楽
ネイサン・ワン
トン・ウンテン(ジャッキー・チェン)
ロイ・ジャンユー(ヤン・ヤン)
チョン・ホイシュン(アレン)
ミヤ(ムチミヤ)
ファリダ(シュ・ルオハン)
コンドル(ジュー・ジャンティン)
チョン・クォックラップ(ジャクソン・ルー)
オマル(エヤド・ホーラーニ)
2020年製作/107分/G/中国
原題:急先鋒 Vanguard
配給:ツイン

タイトルとURLをコピーしました