ヒューマン映画

スポンサーリンク
2020年製作

映画『ジェントルメン』ネタバレ・あらすじ「マドンナの元夫ガイ・リッチー最新作」感想「大麻ビジネスの群像劇」結末「ヘンリー・ゴールディングを応援しよう!」

映画『ジェントルメン』ネタバレ・あらすじ「マドンナの元夫ガイ・リッチー最新作」感想「大麻ビジネスの群像劇」結末「ヘンリー・ゴールディングを応援しよう!」映画『ジェントルメン』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ジェントルメン』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ジェントルメン』の作品情報・概要『ジェントルメン』原題『The Gentlemen』2019年のアメリカ合衆国・イギリスのアクション映画。ガイ・リッチー監督作品。マシュー・マコノヒー、チャーリー・ハナム、ヘンリー・ゴールディング ミシェル・ドッカリー ジェレミー・ストロング エディ・マーサン コリン・ファレル ヒュー・グラントらが出演。大麻ビジネスを主軸に展開する騙し合いの群像劇。
お茶の間映画館

映画『タイタニック(1997)』ネタバレ・あらすじ「船上の『ロミオとジュリエット』」感想「ディカプリオ若い&ケイト・ウィンスレット17歳?」結末「ジェームズ・キャメロンが描く“格差社会”という船」

映画『タイタニック(1997)』ネタバレ・あらすじ「船上の『ロミオとジュリエット』」感想「ディカプリオ若い&ケイト・ウィンスレット17歳?」結末「ジェームズ・キャメロンが描く“格差社会”という船」 映画『タイタニック(1997)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『タイタニック(1997)』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『タイタニック(1997)』の作品情報・概要『タイタニック』原題『Titanic』ジェームズ・キャメロン監督・脚本(映画『エイリアン2』)による1997年のアメリカ映画。沈みゆく豪華客船の中で描く『ロミオとジュリエット』的悲恋映画。上流階級と下層階級の人間模様を描いた傑作である。レオナルド・ディカプリオ(映画『仮面の男』や映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』)とケイト・ウィンスレット主演。ビリー・ゼイン(映画『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2』)、フランシス・フィッシャー(映画『許されざる者(1992)』や映画『トゥルー・クライム』)、バーナード・ヒル、キャシー・ベイツ(映画『ミッドナイト・イン・パリ』や映画『リチャード・ジュエル』や映画『ビリーブ 未来への大逆転』)、グロリア・スチュアートらが出演。全世界で興行収入は21.9億ドルに達する。『ジュラシック・パーク』(1993年)を抜く。第70回アカデミー賞(1998年のアカデミー賞)において、作品賞、監督賞、撮影賞、美術賞、主題歌賞、音楽賞、衣裳デザイン賞、視覚効果賞、音響効果賞、音響賞、編集賞の11部門で受賞した。セリーヌ・ディオンが歌う主題歌「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」大ヒットした。
2021.05.12
お茶の間映画館

映画『荒野の七人』ネタバレ・あらすじ「黒澤明は偉大なり!」感想「ユル・ブリンナーとスティーブ・マックイーンの水面下の戦い」結末「インディアン(ネイティブアメリカン)に寄り添った物語」

映画『荒野の七人』ネタバレ・あらすじ「黒澤明は偉大なり!」感想「ユル・ブリンナーとスティーブ・マックイーンの水面下の戦い」結末「インディアン(ネイティブアメリカン)に寄り添った物語」 映画『荒野の七人』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『荒野の七人』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『荒野の七人』の作品情報・概要『荒野の七人』原題『The Magnificent Seven』1960年のアメリカ合衆国の西部劇映画。 ジョン・スタージェス監督作品。ユル・ブリンナー主演。スティーブ・マックイーン、チャールズ・ブロンソン、ジェームズ・コバーン、ホルスト・ブッフホルツ、ロバート・ボーン、ブラッド・デクスター、イーライ・ウォラックらが出演。 黒澤明監督の日本映画『七人の侍』(1954年)の舞台を西部開拓時代のメキシコに移して描いたリメイク映画。第二作『続・荒野の七人』(1966年)、第三作『新・荒野の七人 馬上の決闘』(1969年)、第四作『荒野の七人・真昼の決闘』(1972年)などの続編が製作されることになる。音楽のエルマー・バーンスタインの名声を高めた。旋律は早坂文雄さんに似ている。
お茶の間映画館

映画『天国の日々』ネタバレ・あらすじ「『ノマドランド』の多大な影響」感想「マジック・アワーは神の時間」結末「リチャード・ギアのダメっぷりが良い」

映画『天国の日々』ネタバレ・あらすじ「『ノマドランド』の多大な影響」感想「マジック・アワー神の時間」結末「リチャード・ギアのダメっぷりが良い」映画『天国の日々』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『天国の日々』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『天国の日々』の作品情報・概要『天国の日々』原題『Days of Heaven』1978年のアメリカ製作の映画。テレンス・マリック監督作品(映画『名もなき生涯』や映画『ソング・トゥ・ソング』)撮影はネストール・アルメンドロスとハスケル・ウェクスラー。音楽はエンニオ・モリコーネ(『荒野の用心棒』や映画『ザ・シークレット・サービス』や映画『ニュー・シネマ・パラダイス』)。マジック・アワー(魔法の時間)のみで撮影し、世界中のフィルムメーカーに多大な影響を与えた。【第93回アカデミー賞総括】『ノマドランド』が作品賞、監督賞、主演女優賞の主要3部門含む3冠を達成したクロエ・ジャオ監督もその一人。リチャード・ギア主演(映画『プリティ・ウーマン』や映画『愛と青春の旅だち』)。リンダ・マンズ、サム・シェパード、ブルック・アダムス、スチュアート・マーゴリン。
2019年製作

映画『ドリームランド』ネタバレ・あらすじ「“美乳”マーゴット・ロビー 」感想「アメリカン・ニューシネマになれない」結末「ハンサムなフィン・コール」

映画『ドリームランド』ネタバレ・あらすじ「“美乳”マーゴット・ロビー 」感想「アメリカン・ニューシネマになれない」結末「ハンサムなフィン・コール」映画『ドリームランド』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ドリームランド』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ドリームランド』の作品情報・概要『ドリームランド』原題『Dreamland』2019年に公開されたアメリカ合衆国のスリラー映画。マイルズ・ジョリス=ペイラフィット監督作品。主演はマーゴット・ロビー(映画『スキャンダル』や映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』や映画『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』)。フィン・コール 、トラビス・フィメル 、ケリー・コンドン 、ダービー・キャンプ 、ギャレット・ヘドランドらが共演。アメリカン・ニューシネマの名作『俺たちに明日はない』原題『Bonnie and Clyde』にインスパイアされている。登場人物に良心を持たせたことが不評の原因につながったと分析している。
2020年製作

映画『ノマドランド』ネタバレ・あらすじ「真の神は自然に存在する」感想「フランシス・マクドーマンド圧巻演技」結末「クロエ・ジャオ監督オスカー獲得」

映画『ノマドランド』ネタバレ・あらすじ「真の神は自然に存在する」感想「フランシス・マクドーマンド圧巻演技」結末「クロエ・ジャオ監督オスカー獲得」映画『ノマドランド』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ノマドランド』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ノマドランド』の作品情報・概要『ノマドランド』原題『Nomadland』2021年に公開されたアメリカ合衆国のドラマ映画。クロエ・ジャオ監督作品。主演はフランシス・マクドーマンド(アカデミー賞を二度獲得)本映画はジェシカ・ブルーダーが発表したノンフィクション『ノマド: 漂流する高齢労働者たち』(2017年)をモチーフとして製作された。他の出演デビッド・ストラザーン、リンダ・メイ、スワンキー、ボブ・ウェルズは実際にノマド生活を送る人たち。クリント・イーストウッドの映画『15時17分、パリ行き』』を彷彿させる演出も注目されている。
2021.04.27
お茶の間映画館

映画『マッチポイント』ネタバレ・あらすじ「ウディ・アレンは神さま」感想「スカーレット・ヨハンソンの“唇”がセクシーすぎる」結末「人生はどっちに転がるのかわからない」

映画『マッチポイント』ネタバレ・あらすじ「ウディ・アレンは神さま」感想「スカーレット・ヨハンソンの“唇”がセクシーすぎる」結末「人生はどっちに転がるのかわからない」映画『マッチポイント』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『マッチポイント』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『マッチポイント』の作品情報・概要『マッチポイント』原題『Match Point』2005年公開のイギリスの映画。ウディ・アレン監督・脚本作品(映画『ミッドナイト・イン・パリ』や映画『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』)(36本目の監督作で未出演は10本目)2005年のアカデミー脚本賞にノミネート。ジョナサン・リース=マイヤーズ、スカーレット・ヨハンソン(映画『ジョジョ・ラビット』や映画『マリッジ・ストーリー』)、エミリー・モーティマー、ブライアン・コックス、ペネロープ・ウィルトン(映画『ガーンジー島の読書会の秘密』)、マシュー・グード(映画『オフィシャル・シークレット』)らが出演。
お茶の間映画館

映画『ニュー・シネマ・パラダイス』ネタバレ・あらすじ「郷愁はお前をダメにする」感想「映画の道を生きろ!」結末「初恋を掘り起こすと失望する」

映画『ニュー・シネマ・パラダイス』ネタバレ・あらすじ「郷愁はお前をダメにする」感想「映画の道を生きろ!」結末「初恋を掘り起こすと失望する」映画『ニュー・シネマ・パラダイス』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ニュー・シネマ・パラダイス』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ニュー・シネマ・パラダイス』の作品情報・概要『ニュー・シネマ・パラダイス』原題『Nuovo Cinema Paradiso』1988年公開のイタリア映画。ジュゼッペ・トルナトーレ監督作品。ジャック・ペラン主演。音楽はエンニオ・モリコーネ(『続・夕陽のガンマン 地獄の決斗』や『ザ・シークレット・サービス』)。映画愛の満ちた名作。ローマで映画監督として成功した男が「映画へ導いてくれ男の葬儀」のために数十年ぶりに帰郷する。少年時代を回想しながら葬儀へと向かう年齢差を超えた友情と若かりし日々の苦い恋愛を回顧する。初恋の女性との再会に胸を焦がす。エンニオ・モリコーネの音楽が物語を牽引している。停滞していたイタリア映画をもう一度、「世界の檜舞台に戻した」作品である。1989年カンヌ国際映画祭審査員特別賞。1989年アカデミー外国語映画賞。
お茶の間映画館

映画『小さいおうち』ネタバレ・あらすじ「山田洋次監督の反戦映画」感想「人妻・松たか子の色気」結末「黒木華ベルリンで銀熊賞」

映画『小さいおうち』ネタバレ・あらすじ「山田洋次監督の反戦映画」感想「人妻・松たか子の色気」結末「黒木華ベルリンで銀熊賞」映画『小さいおうち』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『小さいおうち』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『小さいおうち』の作品情報・概要『小さいおうち』第143回直木賞を受賞した中島京子原作小説を映画化した作品。山田洋次監督作品。主演は松たか子(映画『ラストレター』や映画『アナと雪の女王2』)。黒木華(映画『浅田家!』や『億男』)、片岡孝太郎、吉岡秀隆(映画『鉄道員(ぽっぽや)』や映画『宇宙でいちばんあかるい屋根』や映画『男はつらいよ お帰り 寅さん』)、妻夫木聡(映画『ザ・マジックアワー』)、倍賞千恵子(映画『天気の子』)、小林稔侍(映画『新幹線大爆破』や映画『ホタル』)、橋爪功(映画『すばらしき世界』や映画『ある船頭の話』や映画『DESTINY 鎌倉ものがたり』)、笹野高史(映画『スパイの妻 劇場版』)らが出演。黒木華は第64回ベルリン国際映画祭最優秀女優賞(銀熊賞)を受賞。山形出身の女中・布宮タキがかつて奉公していた「赤い三角屋根の小さいおうち」の平井家のことを回顧しながら、太平洋戦争へ向かう最中で繰り広げられた不倫をモチーフに罪悪感に包まれた人生をつぶさに描いている。
お茶の間映画館

映画『イースター・パレード』ネタバレ・あらすじ「楽しすぎる」感想「フレッド・アステアのダンス絶品!」結末「ジュディ・ガーランド全盛期」

映画『イースター・パレード』ネタバレ・あらすじ「楽しすぎる」感想「フレッド・アステアのダンス絶品!」結末「ジュディ・ガーランド全盛期」映画『イースター・パレード』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『イースター・パレード』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『イースター・パレード』の作品情報・概要『イースター・パレード』 原題『Easter Parade』1948年のアメリカ合衆国のミュージカル映画。 チャールズ・ウォルターズ監督作品。ジュディ・ガーランドとフレッド・アステア(映画『パリの恋人』)が主演した。テクニカラー作品として撮影されている。当初はジーン・ケリー主演として撮影が行われていたが、ケリーが足を骨折したため中断。すでに引退していたアステアにケリーがお願いしてが代役に選ばれた。ケリーから直接アステアに電話連絡して、アステアは映画界することに。製作当時50歳近いアステアであったが、全く衰えのないダンスを披露して全米を驚愕させた。ジュディ・ガーランドは私生活での覚醒剤、アルコールなどのトラブルを抱えながらも本映画撮影中は大きな問題を起こさなかったと言われている。
2019年製作

映画『野球少女』ネタバレ・あらすじ「韓国のプロ野球は女性オッケー」感想「頭を使って男から三振を取れ!」結末「韓国映画にしてはとても爽やか」

映画『野球少女』ネタバレ・あらすじ「韓国のプロ野球は女性オッケー」感想「頭を使って男から三振を取れ!」結末「韓国映画にしてはとても爽やか」映画『野球少女』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『野球少女』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『野球少女』の作品情報・概要『野球少女』原題『Baseball Girl』2020年公開の韓国映画。1997年に韓国で女性として初めて高校の野球部に所属し、その後韓国プロ野球(KBO)主催の公式戦に先発登板したアン・ヒャンミ選手がモデル。
お茶の間映画館

映画『ガンヒルの決斗』ネタバレ・あらすじ「カーク・ダグラスvsアンソニー・クイン 」感想「インディアン(ネイティブ・アメリカン)に寄り添う映画」結末「汽車を用いての決闘場面は秀逸」

映画『ガンヒルの決斗』ネタバレ・あらすじ「カーク・ダグラスvsアンソニー・クイン 」感想「インディアン(ネイティブ・アメリカン)に寄り添う映画」結末「汽車を用いての決闘場面は秀逸」 映画『ガンヒルの決斗』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ガンヒルの決斗』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ガンヒルの決斗』の作品情報・概要『ガンヒルの決斗』原題『 Last Train from Gun Hill』1959年のアメリカ合衆国の映画。ジョン・スタージェス監督作品。カーク・ダグラス主演。映画『道』アンソニー・クイン。キャロリン・ジョーンズ、アール・ホリマン、ブラッド・デクスター、ブライアン・ハット、ジヴァ・ロダンらが共演。当時としては珍しくインディアン(ネイティブ・アメリカン)の人たちを絶対悪にしていない作品。汽車が敷設されている描写にアメリカに新しい時代が来ていること描いている。
2018年製作

映画『ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー』ネタバレ・あらすじ「愛する恋人の奪還目指すも撃沈」感想「若者の失恋と再出発を描く」結末「ハリソン・フォードの若き日々」をロン・ハワード演出

映画『ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー』の作品情報・概要『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』原題『Solo: A Star Wars Story』2018年公開のアメリカ映画。当初フィル・ロード&クリス・ミラー(映画『スパイダーマン:スパイダーバース』)が監督だったが「創作上の相違」から降板。急遽ロン・ハワードが監督を務めることになり話題になる。映画『パヴァロッティ 太陽のテノール』。主演はオールデン・エアエンライク、映画『ガラスの城の約束』や映画『記者たち 衝撃と畏怖の真実』のウディ・ハレルソン、映画『ボディガード(1992)』1992)』のエミリア・クラーク、ドナルド・グローヴァー、タンディ・ニュートンが出演している。
お茶の間映画館

映画『春琴抄(1976)』ネタバレ・あらすじ「山口百恵さんの“ツンデレ”ならオッケー!」感想「三浦友和さん順従」結末「谷崎潤一郎vs西河克己監督の究極の芸術美学」

映画『春琴抄(1976)』ネタバレ・あらすじ「山口百恵さんの“ツンデレ”ならオッケー!」感想「三浦友和さん順従」結末「谷崎潤一郎vs西河克己監督の究極の芸術美学」映画『春琴抄(1976)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『春琴抄(1976)』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『春琴抄(1976)』の作品情報・概要『春琴抄』1976年製作の日本映画。原作は谷崎潤一郎の同名小説。西河克己監督作品。山口百恵主演文芸作品シリーズ第6作目。三浦友和との共演5作品目。幼少の大病により視力を失った女性が琴・三味線の「芸事」で生業を立てながら生きる物語。自身の身の世話は「丁稚奉公制度」で田舎から来た青年に任せて、「禁じられた恋愛」へと発展するという当時では衝撃的な内容となっている。
お茶の間映画館

映画『古都(1980)』ネタバレ・あらすじ「山口百恵さん“京都”で浮き上がる」感想「三浦友和さんの出番が少ない」結末「川端康成vs市川崑の究極芸術」

映画『古都(1980)』ネタバレ・あらすじ「山口百恵さん“京都”で浮き上がる」感想「三浦友和さんの出番が少ない」結末「川端康成vs市川崑の究極芸術」映画『古都(1980)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『古都(1980)』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『古都(1980)』の作品情報・概要『古都』1980年製作の日本映画。原作は川端康成。市川崑監督作品。撮影は長谷川清。山口百恵が一人二役という難役に挑戦して話題になった。双子の姉妹が離れ離れになるが再会して心を通い合わせるが、相手を慮って永遠の別れを選択する。川端康成の日本人の美意識を京都という舞台で究極まで高めた。市川崑監督の演出も際立っている。山口百恵作品の中で「最も美しい映画」と言われる所以も理解できる。三浦友和の登場尺数は短いのが気になる。實川延若、岸惠子、北詰友樹、沖雅也、石田信之、加藤武共演。
お茶の間映画館

映画『ホワイトハンター ブラックハート』ネタバレ・あらすじクリント・イーストウッド「ヒューストンを演じて“袖を正す”」感想「差別・偏見反対と動物愛護描く」結末

映画『ホワイトハンター ブラックハート』ネタバレ・あらすじクリント・イーストウッド「ヒューストンを演じて“袖を正す”」感想「差別・偏見反対と動物愛護描く」結末映画『ホワイトハンター ブラックハート』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ホワイトハンター ブラックハート』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ホワイトハンター ブラックハート』の作品情報・概要『ホワイトハンター ブラックハート』原題『White Hunter Black Heart』1990年に公開されたアメリカ映画。製作・監督・出演はクリント・イーストウッド。アメリカ映画界の巨匠・ジョン・ヒューストン監督が映画『アフリカの女王』の撮影で訪れた際の奇行蛮行を同作品の脚本家ピーター・ヴィアテルの体験から描かれている。ヴィアテル本人も脚本執筆している。ジェフ・フェイヒー、ジョージ・ズンザ、アラン・アームストロング、マリサ・ベレンソン共演。ホワイトハンター ブラックハートは「白人のハンターは悪魔の心」となります。
お茶の間映画館

映画『黒部の太陽』ネタバレ・あらすじ「石原裕次郎と三船敏郎の挑戦」感想「日本が元気だった時代」結末

映画『黒部の太陽』ネタバレ・あらすじ「石原裕次郎と三船敏郎の挑戦」感想「日本が元気だった時代」結末映画『黒部の太陽』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『黒部の太陽』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認くださいYouTubeで予告映像もご覧ください。映画『黒部の太陽』の作品情報・概要『黒部の太陽』三船プロダクションと石原プロモーションの共同制作。熊井啓監督作品。関西電力が全面的に協力している。原作は木本 正次著作『黒部の太陽 日本人の記録』(毎日新聞社)から。五社協定の枠に苦しみながら石原裕次郎(映画『嵐を呼ぶ男』や映画『太陽の季節』や映画『夜霧よ今夜も有難う』)と三船敏郎(映画『七人の侍』)が命をかけて作り上げた。実際のロケ現場では命がけの撮影が行われている。興行収入16億円を叩き出す大ヒットとなる。
ヒューマン映画

映画『南極物語(1983)』ネタバレ・あらすじ「高倉健さんと渡瀬恒彦さんを観て!」感想「あまりにも創作し過ぎている」結末

映画『南極物語(1983)』ネタバレ・あらすじ「高倉健さんと渡瀬恒彦さんを観て!」感想「あまりにも創作し過ぎている」結末映画『南極物語(1983)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『南極物語(1983)』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『南極物語(1983)』の作品情報・概要『南極物語』英題『 ANTARCTICA』1983年公開の日本映画。蔵原惟繕監督作品。映画『新幹線大爆破』や映画『鉄道員(ぽっぽや)』や映画『居酒屋兆治』の高倉健主演。渡瀬恒彦、夏目雅子、荻野目慶子、映画『楽園』や映画『空母いぶき』の佐藤浩市、映画『エデンの海(1976)』1976)』や映画『ホワイト・ラブ』の岸田森らが共演。音楽はヴァンゲリスが担当。南極観測隊の苦難と十五匹のカラフト犬の生への闘いと悲劇を描いている。フジテレビと学習研究社がダッグを組んで製作。配給を東映の岡田茂社長に持ちかけると犬がウロウロするだけで客が来たら、ワシらが苦労して映画撮る必要ないやろ!!」と門前払いされる。テレビ番組の番宣と文部科学省特選を目玉に前売り券を240万枚販売して大ヒットへ繋がる。物語はほぼ創作となっている。書籍、写真集、レコードなどメディアミックスに成功している。木村拓哉主演でテレビ番組も作られる。ディズニーもリメイクした。
2021.03.02
お茶の間映画館

映画『卒業(1967)』ネタバレ・あらすじ「アメリカンニューシネマの先駆け」感想「やっちまった感満載」結末

映画『卒業(1967)』ネタバレ・あらすじ「アメリカンニューシネマの先駆け」感想「やっちまった感満載」結末映画『卒業(1967)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『卒業(1967)』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『卒業(1967)』の作品情報・概要『卒業』原題『The Graduate』1967年のアメリカ合衆国の青春恋愛映画。マイク・ニコルズ監督作品。ダスティン・ホフマン主演。アン・バンクロフト、映画『明日に向かって撃て!』のキャサリン・ロス共演。小説家・チャールズ・ウェッブの同名小説を映画化。アメリカン・ニューシネマの先駆け的映画。後に『俺たちに明日はない』『イージーライダー』が続く。劇中の楽曲はサイモン&ガーファンクルの「サウンド・オブ・サイレンス」
2021年製作

映画『ファーストラヴ』ネタバレ・あらすじ「堤監督の熟練技」感想「心から“涙”を流せる人が欲しくなる」結末

映画『ファーストラヴ』ネタバレ・あらすじ「堤監督の熟練技」感想「心から“涙”を流せる人が欲しくなる」結末映画『ファーストラヴ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ファーストラヴ』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ファーストラヴ』の作品情報・概要第159回直木賞を受賞した女流作家・島本理生のサスペンス小説を映画化。映画『望み』の堤幸彦監督作品。映画『さんかく窓の外側は夜』などの北川景子主演。映画『人数の町』や映画『私をくいとめて』の中村倫也 、芳根京子 、窪塚洋介、映画『記憶にございません!』や映画『Diner ダイナー』の木村佳乃らが共演。幼少期に父から受けたトラウマを抱え育った女子大生が父を刺殺した原因の背景には“毒親”と“幼児性愛”があった。公認心理師として彼女に接する女性の父親はかつて東南アジアで幼児回春を行なっていたというトラウマの解決を目指す作品。
2021年製作

映画『すばらしき世界』ネタバレ・あらすじ「2021年度最高作品決定!」感想「西川美和vs役所広司+仲野太賀with長澤まさみで弱者見殺社会に“喝”」結末

映画『すばらしき世界』ネタバレ・あらすじ「2021年度最高作品決定!」感想「西川美和vs役所広司+仲野太賀with長澤まさみで弱者見殺社会に“喝”」結末 映画『すばらしき世界』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『すばらしき世界』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『すばらしき世界』の作品情報・概要『すばらしき世界』西川美和監督作品。2021年製作。英題『Under The Open Sky』『蛇イチゴ』『ゆれる』『ディア・ドクター』『永い言い訳』とオリジナル脚本にこだわってきた西川美和が初めて原作小説を映画化したことが驚きである。原作は佐木隆三の長編小説『身分帳』実在の人物をモデルに、13年の刑期を終え出所した元殺人犯の男の苦労と生きざまを描く。「社会」と「人間」の“今”をえぐる物語となっている。閉塞感漂う現代日本の今を鋭く描いている。映画『三度目の殺人』の役所広司主演。映画『タロウのバカ』や映画『MOTHER マザー』の仲野太賀、映画『キングダム』や映画『コンフィデンスマンJP』』の長澤まさみ、六角精児、映画『ヤクザと家族 The Family』 や映画『浅田家!』や映画『新聞記者』の北村有起哉、白竜、キムラ緑子、映画『罪の声』の梶芽衣子、映画『DESTINY 鎌倉ものがたり』の橋爪功らが共演。
2021.02.20
2019年製作

映画『ディエゴ・マラドーナ 二つの顔』ネタバレ・あらすじ「不世出のサッカー選手」感想「薬物が彼を壊した」結末

映画『ディエゴ・マラドーナ 二つの顔』ネタバレ・あらすじ「不世出のサッカー選手」感想「薬物が彼を壊した」結末映画『ディエゴ・マラドーナ 二つの顔』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ディエゴ・マラドーナ 二つの顔』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『ディエゴ・マラドーナ 二つの顔』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ディエゴ・マラドーナ 二つの顔』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『ディエゴ・マラドーナ 二つの顔』の作品情報・概要監督・製作総指揮を手掛けたのはイギリスのアシフ・カパディア。『アイルトン・セナ ~音速の彼方へ』で英国アカデミー賞受賞、イギリス人歌手のエイミー・ワインハウスを描いた『AMY エイミー』で第88回アカデミー賞 - 長編ドキュメンタリー映画賞を受賞した実績を持っている。製作は『オアシス スーパーソニック』のジェームズ・ゲイ=リース、編集は映画『エリック・クラプトン 12小節の人生』 』のクリス・キング。音楽は映画『風をつかまえた少年』のアントニオ・ピント。マラドーナの500時間の貴重な秘蔵映像とインタビューを元に「栄光と挫折を繰り返す天才の光と影」をうまく描いている。カンヌ国際映画祭オフィシャルセレクション、英国アカデミー賞ノミネートされた。
2020年製作

映画『日本独立』ネタバレ・あらすじ「憲法について考えよう」感想「日本人が作った憲法が欲しい」結末

映画『日本独立』ネタバレ・あらすじ「憲法について考えよう」感想「日本人が作った憲法が欲しい」結末映画『日本独立』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『日本独立』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『日本独立』の作品情報・概要『日本独立』伊藤俊也監督作品。映画『ある船頭の話』の浅野忠信主演。2020年12月18日に公開された日本映画。吉田茂と白洲次郎が終戦から憲法制定、独立に至る歴史の裏側を日本側とアメリカ側の両方の視点から描いている。映画『父と暮せば』や映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』の宮沢りえ、小林薫、映画『空に住む』や映画『楽園』の柄本明 渡辺大 映画『引っ越し大名!』や映画『罪の声』の松重豊 映画『カイジ ファイナルゲーム』の伊武雅刀 佐野史郎 映画『泥だらけの純情(1977)』や映画『鉄道員(ぽっぽや)』の石橋蓮司 大鶴義丹 青木崇高 映画『エリカ38』や映画『朝が来る』の浅田美代子 梅宮万紗子 映画『えんとつ町のプペル』の野間口徹らが熱演している。
2021年製作

映画『ヤクザと家族 The Family』ネタバレ・あらすじ「家族愛が描けてない」感想「勉強不足では?」結末

映画『ヤクザと家族 The Family』ネタバレ・あらすじ「家族愛が描けてない」感想「勉強不足では?」結末映画『ヤクザと家族 The Family』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ヤクザと家族 The Family』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『ヤクザと家族 The Family』の作品情報・概要『ヤクザと家族 The Family』2021年1月29日公開予定の日本映画。監督は映画『新聞記者』で第43回日本アカデミー賞で作品賞を獲得し邦画界を驚愕させ、映画『宇宙でいちばんあかるい屋根』ではファンタジー映画で豊か才能を披露した藤井道人。主演は映画『楽園』や映画『閉鎖病棟 それぞれの朝』の綾野剛。映画『アルキメデスの大戦』の舘ひろし、映画『浅田家!』の北村有起哉、映画『ラストレター』の市原隼人、映画『さくら』の寺島しのぶ。現代ヤクザの苦境を描いた作品。製作は『宮本から君へ』「新聞記者」『MOTHER マザー』を送り出したスターサンズの河村光庸氏。
2021.02.17
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました