ヒューマン映画

2023年製作

映画『「鬼滅の刃」上弦集結、そして刀鍛冶の里へ』ネタバレ・あらすじ「声優・花江夏樹素敵!」感想「鬼頭明里最高!」結末「下野紘応援します」

映画『「鬼滅の刃」上弦集結、そして刀鍛冶の里へ』ネタバレ・あらすじ「声優・花江夏樹素敵!」感想「鬼頭明里最高!」結末「下野紘応援します」 映画『「鬼滅の刃」上弦集結、そして刀鍛冶の里へ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『「鬼滅の刃」上弦集結、そして刀鍛冶の里へ』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。 映画『「鬼滅の刃」上弦集結、そして刀鍛冶の里へ』の作品情報・概要 2020年10月に公開された劇場版「無限列車編」は興行収入400億円を超える歴史的大ヒットを記録。本映画は『「鬼滅の刃」上弦集結、そして刀鍛冶の里へ』「鬼滅の刃」のテレビシリーズ第3期「刀鍛冶の里編」の放送開始(2023年4月)を前に、第2期「遊郭編」の第10、11話と「刀鍛冶の里編」の第1話を特別劇場上映することに。外崎春雄監督作品。原作は吾峠呼世晴。声優は花江夏樹、鬼頭明里、下野紘、松岡禎丞、小西克幸、河西健吾、花澤香菜、関俊彦、置鮎龍太郎、宮野真守、石田彰、古川登志夫、鳥海浩輔、沢城みゆき、逢坂良太らが担当。
2023年製作

映画『レジェンド&バタフライ』ネタバレ・あらすじ「キムタクの評価高い」感想「綾瀬はるか濃姫敵役」結末「宮沢氷魚次回作『ドラフトキング』期待!」

映画『レジェンド&バタフライ』ネタバレ・あらすじ「キムタクの評価高い」感想「綾瀬はるか濃姫敵役」結末「宮沢氷魚次回作期待!」映画『レジェンド&バタフライ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『レジェンド&バタフライ』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。
YouTubeで予告映像もご覧ください。
アクション映画

映画『パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト』ネタバレ・あらすじ・「ジョニー・デップ最高潮!」感想「キーラ・ナイトレイの演技」結末「ディズニー世界制覇!」

映画『パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト』ネタバレ・あらすじ・「ジョニー・デップ最高潮!」感想「キーラ・ナイトレイの演技」結末「ディズニー世界制覇!」 映画『パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト』の作品情報・概要 『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』原題『Pirates of the Caribbean: Dead Man's Chest』2006年のアメリカのファンタジー映画。ゴア・ヴァービンスキー監督作品。「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズの第2作目。『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』(2003年)の続編である。、脚本はテッド・エリオットとテリー・ロッシオが務める。前後編2部作の前編として2006年7月7日に米国で公開され、米国でのオープニング週末記録(1億3,600万ドル)、全世界での興行収入が10億ドルを超えた最速記録(63日間)、2006年の最高興行収入、ディズニー配給作品の最高興行収入など、当時のいくつかの記録を更新。2006年の全世界興行成績で第1位となった。アカデミー賞の美術賞、音響編集賞、音響賞にノミネートされ、視覚効果賞を受賞した。ジョニー・デップ、オーランド・ブルーム、キーラ・ナイトレイ、ステラン・スカルスガルド、ビル・ナイ、ジャック・ダベンポート、ケビン・マクナリー、ジョナサン・プライス、ナオミ・ハリス、トム・ホランダー、リー・アレンバーグ、マッケンジー・クルックらが出演。
アクション映画

映画『パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち』ネタバレ・あらすじ「ジョニー・デップ頑張れ!」感想「声優は平田広明」結末「ディズニー映画凄し!」

映画『パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち』ネタバレ・あらすじ「ジョニー・デップ頑張れ!」感想「声優は平田広明」結末「ディズニー映画凄し!」映画『パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。 映画『パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち』の作品情報・概要『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』原題『Pirates of the Caribbean: The Curse of the Black Pearl』2003年のアメリカのファンタジー映画。ゴア・ヴァービンスキーが監督作品。テッド・エリオット、テリー・ロッシオ、スチュアート・ビーティー、ジェイ・ウォルパートらが脚本を務める。ウォルト・ディズニー・ピクチャーズとジェリー・ブラッカイマーによって製作された。ウォルト・ディズニーがディズニー・テーマパークで展開している「カリブの海賊」をベースにしており、「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズの第1作目である。興行収入は全米で約3億500万ドルの大ヒット。主人公ジャック・スパロウを演じたジョニー・デップはアカデミー主演男優賞にノミネートされた。他にオーランド・ブルーム、キーラ・ナイトレイ、ジェフリー・ラッシュ、ジョナサン・プライス、ジャック・ダベンポートらが出演。
2022年製作

映画『アバター ウェイ・オブ・ウォーター』ネタバレ・あらすじ「ジェームズ・キャメロン天才」感想「『タイタニック』のケイト・ウィンスレット来たあ!」結末「シガニー・ウィーバー」

映画『アバター ウェイ・オブ・ウォーター』ネタバレ・あらすじ「ジェームズ・キャメロン天才」感想「『タイタニック』のケイト・ウィンスレット来たあ!」結末「シガニー・ウィーバー」映画『アバター ウェイ・オブ・ウォーター』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『アバター ウェイ・オブ・ウォーター』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『アバター ウェイ・オブ・ウォーター』の作品情報・概要 『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』原題『Avatar: The Way of Water』ジェームズ・キャメロン製作・脚本・監督作品。2022年のアメリカ合衆国のSF映画。同年12月16日に日米同時公開された。『アバター』の続編であり、全5作からなるアバターシリーズの2作目にあたる。前作の主人公であるジェイク・サリーとネイティリの子どもたちが新たな主人公となる。前作から13年もの時を経て流体シミュレーションやレンダリングが大幅に強化され、キャラクターだけでなく背景の水や炎の挙動まで緻密に描写されるようになった。サム・ワーシントン、ゾーイ・サルダナ、シガニー・ウィーバー、スティーブン・ラング、ケイト・ウィンスレット、クリフ・カーティス、ジェイミー・フラッターズ、ブリテン・ダルトン、トリニティ・ジョリー・ブリス、ベイリー・バス、フィリップ・ジョルジョ、デュアン・エバンス・Jr、ジャック・チャンピオンらが出演。  
アイドル映画

映画『ホーム・アローン』ネタバレ・あらすじ「留守番は楽しい」感想「マコーレー・カルキン は可愛かった」結末「ジョー・ペシ出演とは!」

映画『ホーム・アローン』ネタバレ・あらすじ「留守番は楽しい」感想「マコーレー・カルキン は可愛かった」結末「ジョー・ペシ出演とは!」映画『ホーム・アローン』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ホーム・アローン』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。 映画『ホーム・アローン』の作品情報・概要 『ホーム・アローン』原題『Home Alone』1990年公開のアメリカ合衆国のコメディ映画。クリスマス映画の代表作として知られる。クリス・コロンバス監督作品。脚本と製作はジョン・ヒューズ。主演はマコーレー・カルキン。ジョー・ペシ、ダニエル・スターン、ジョン・ハード、ロバーツ・ブロッサム、キャサリン・オハラらが出演。キッズ映画の最高傑作と言われている。日本では1991年6月22日、日比谷スカラ座(現:TOHOシネマズスカラ座)などで先行公開され、同年7月6日から全国一斉公開された。興行収入は全世界で4億7668万ドル、日本国内でも約34億円。アカデミー賞作曲賞・歌曲賞にノミネートされた。1992年には続編の『ホーム・アローン2』が公開された。
アイドル映画

映画『ホーム・アローン2』ネタバレ・あらすじ「トランプに似てる」感想「留守番ってスリルある」結末「マコーレー・カルキンはまだ可愛い」

映画『ホーム・アローン2』ネタバレ・あらすじ「トランプに似てる」感想「留守番ってスリルある」結末「マコーレー・カルキンはまだ可愛い」映画『ホーム・アローン2』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ホーム・アローン2』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。 映画『ホーム・アローン2』の作品情報・概要 『ホーム・アローン2』原題『Home Alone 2: Lost in New York』1992年に公開されたアメリカ合衆国のコメディ映画。1990年に公開された『ホーム・アローン』の続編である。クリス・コロンバス監督作品。脚本と製作はジョン・ヒューズ。出演はマコーレー・カルキン、ジョー・ペシ、ダニエル・スターン、ジョン・ハード、キャサリン・オハラ、ブレンダ・フリッカーなど。配給収入は日本国内で約25億円。
2022年製作

映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 策謀 第三章』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。

映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 策謀 第三章』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 策謀 第三章』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 策謀 第三章』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 策謀 第三章』の作品情報・概要 田中芳樹の代表作のSF小説『銀河英雄伝説』をテレビアニメ化し劇場用に編集した4シーズン目、第3章。宮野真守、鈴村健一、梶裕貴、諏訪部順一、小野大輔、中村悠一、川島得愛、遠藤綾、三木眞一郎、坂本真綾、花澤香菜、鈴木達央、石川界人、手塚秀彰、園崎未恵、野島健児らが出演。  
2022年製作

映画『ブラックアダム』ネタバレ・あらすじ「ドウェイン・ジョンソンの肉体美」感想「まさかのスーパーマン」結末「MCUを追い越せ!」

映画『ブラックアダム』ネタバレ・あらすじ「ドウェイン・ジョンソンの肉体美」感想「まさかのスーパーマン」結末「MCUを追い越せ!」 映画『ブラックアダム』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ブラックアダム』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ブラックアダム』の作品情報・概要 『ブラックアダム』原題『Black Adam』DCコミックスのヴィラン「ブラックアダム」をベースとする、2022年公開のアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画。ジャウム・コレット=セラ監督作品。脚本はアダム・スティキエル、ロリー・ヘインズ・ソーラブ・ノシルヴァーニが務め、ドウェイン・ジョンソン、オルディス・ホッジ、ノア・センティネオ、サラ・シャヒ、マーワン・ケンザリ、クインテッサ・スウィンデル、モー・アマー、ボディ・サボンギ、ピアース・ブロスナンらが出演する。「DCエクステンデッド・ユニバース」(DCEU)の11作目の作品。
SF映画

映画『アバター(2009)』ネタバレ・あらすじ「ジェームズ・キャメロン監督の世界観がすごい」感想「芸術的映画の金字塔」結末「『タイタニック』越える」

映画『アバター(2009)』ネタバレ・あらすじ「ジェームズ・キャメロン監督の世界観がすごい」感想「芸術的映画の金字塔」結末「『タイタニック』越える」 映画『アバター(2009)』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『アバター(2009)』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。 映画『アバター(2009)』の作品情報・概要 『アバター』原題『Avatar』ジェームズ・キャメロン監督・脚本・製作・共同編集作品。2009年のアメリカの叙事詩的SF映画。サム・ワーシントン、ゾーイ・サルダナ、スティーヴン・ラング、ミシェル・ロドリゲス、シガニー・ウィーバーらが出演。20世紀フォックスとキャメロンのライトストーム・エンターテインメントによって製作され、フォックスから配給された。アバターシリーズの第1作目。12年間記録を保持していたキャメロンの『タイタニック』(1997年)を上回り、『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019年)に抜かれるまでほぼ10年間、世界最高の興行収入歴代1位の作品となった。その後、2021年に中国での再公開によって『アベンジャーズ/エンドゲーム』の記録を抜き、世界最高の興行収入歴代1位の作品に再びなっている。
2022年製作

映画『すずめの戸締まり』ネタバレ・あらすじ「新海誠時代到来」感想「宮崎駿を超える!」結末「声優・深津絵里凄し!」

映画『すずめの戸締まり』ネタバレ・あらすじ「新海誠時代到来」感想「宮崎駿を超える!」結末「声優・深津絵里凄し!」映画『すずめの戸締まり』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『すずめの戸締まり』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。 映画『すずめの戸締まり』の作品情報・概要『すずめの戸締まり』原題『Suzume』新海誠が監督・脚本を務める、2022年の日本のアニメーション映画。縦横比は前作『天気の子』までビスタサイズの16:9だったが、本作はシネスコの横長となる。キャッチコピーは「行ってきます。」「扉の向こうには、すべての時間があったー」。原菜乃華、松村北斗、深津絵里、染谷将太、伊藤沙莉、花瀬琴音、花澤香菜、神木隆之介、松本白鸚らが出演。
2022年製作

映画『犯罪都市 THE ROUNDUP』ネタバレ・あらすじ「ど迫力韓国映画」感想「マ・ドンソク」結末「続編期待!」

映画『犯罪都市 THE ROUNDUP』ネタバレ・あらすじ「ど迫力韓国映画」感想「マ・ドンソク」結末「続編期待!」映画『犯罪都市 THE ROUNDUP』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『犯罪都市 THE ROUNDUP』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。
YouTubeで予告映像もご覧ください。
アクション映画

映画『バーフバリ 伝説誕生』ネタバレ・あらすじ「インド映画最高伝説」感想「スケールが大きい」結末「映画の世界制覇!」

映画『バーフバリ 伝説誕生』ネタバレ・あらすじ「インド映画最高伝説」感想「スケールが大きい」結末「映画の世界制覇!」映画『バーフバリ 伝説誕生』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『バーフバリ 伝説誕生』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『バーフバリ 伝説誕生』の作品情報・概要 『バーフバリ 伝説誕生』原題『Baahubali: The Beginning』2015年公開のインド映画。テルグ語、タミル語で撮影された全2部構成の叙事詩的映画『バーフバリシリーズ』の第1作目である。インド国内で最高額の予算で製作された本作は公開直後から高い評価を受け、インドの歴代興行収入最高額を記録。また、興行的に最も成功したテルグ語映画となった。プラバース、ラーナー・ダッグバーティ、タマンナー、アヌシュカ・シェッティ、ラムヤ・クリシュナ、ナーサル、サティヤラージらが出演。
アクション映画

映画『キリングゲーム』ネタバレ・あらすじ「ロバート・デ・ニーロvsジョン・トラボルタ」感想「奇跡の共演」結末「個性が強すぎる」

映画『キリングゲーム』ネタバレ・あらすじ「ロバート・デ・ニーロvsジョン・トラボルタ」感想「奇跡の共演」結末「個性が強すぎる」 映画『キリングゲーム』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『キリングゲーム』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『キリングゲーム』の作品情報・概要 『キリングゲーム』原題『Killing Season』マーク・スティーヴン・ジョンソン監督作品。エヴァン・ドーハティ脚本。ミレニアム・フィルムズ製作。2013年のアメリカ合衆国のアクション映画。ジョン・トラボルタとロバート・デ・ニーロの初の共演作。デ・ニーロ演じる退役アメリカ軍人とトラボルタ演じる元セルビア兵士の戦いが描かれる。他にマイロ・ビンティミリア、
エリザベス・オリンらが出演。
2022年製作

映画『バッドガイズ』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。

映画『バッドガイズ』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。映画『バッドガイズ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『バッドガイズ』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『バッドガイズ』の作品情報・概要『バッドガイズ』原題『The Bad Guys』は、アーロン・ブレイビーの同名の児童文学シリーズを原作とした、2022年のアメリカ合衆国の3Dコンピュータアニメーション・クライム・コメディ映画。ピエール・ペリフェル監督作品。サム・ロックウェル、マーク・マロン、アンソニー・ラモス、クレイグ・ロビンソン、オークワフィナ、ザジー・ビーツ、リチャード・アイオアディ、アレックス・ボースタイン、リリー・シン、尾上松也、安田顕、河合郁人、長田庄平、ファーストサマーウイカ、甲斐田裕子、山口勝平、斉藤貴美子、高橋真麻ら出演・声優担当。
2022年製作

映画『RRR』ネタバレ・あらすじ「大迫力」感想「友情映画」結末「インド映画の実力!」

映画『RRR』ネタバレ・あらすじ「大迫力」感想「友情映画」結末「インド映画の実力!」映画『RRR』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『RRR』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『RRR』の作品情報・概要『RRR』は2022年インド製作のアクション映画。S・S・ラージャマウリ監督作品。N・T・ラーマ・ラオ・Jr.、ラーム・チャラン、アジャイ・デーブガン、アーリアー・バット、シュリヤー・サラン、サムドラカニ、レイ・スティーブンソン、ラジーブ・カラカーナ、アリソン・ドゥーディ、オリビア・モリスらが出演。
2022年製作

映画『ザ・コントラクター』ネタバレ・あらすじ「クリス・パインは超ハンサム」感想・結末。

映画『ザ・コントラクター』ネタバレ・あらすじ「クリス・パインは超ハンサム」感想・結末。映画『ザ・コントラクター』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ザ・コントラクター』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ザ・コントラクター』の作品情報・概要『ザ・コントラクター』『Walad Min Al Janna』でカンヌ国際映画祭の脚本賞を受賞した、スウェーデン出身のタリク・サレ監督作品。クリス・パイン(『スパイダーマン:スパイダーバース』)、ベン・フォスター、ジリアン・ジェイコブス、エディ・マーサン(映画『キャッシュトラック』や映画『ジェントルメン』や『バイス』)、J・D・パルド、フロリアン・ムンテアヌ(映画『シャン・チー テン・リングスの伝説』)、キーファー・サザーランド(映画『スタンド・バイ・ミー』)らが出演。
2022年製作

映画『七人の秘書 THE MOVIE』ネタバレ・あらすじ「木村文乃大躍進!」感想・結末。

映画『七人の秘書 THE MOVIE』ネタバレ・あらすじ「木村文乃大躍進!」感想・結末。映画『七人の秘書 THE MOVIE』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『七人の秘書 THE MOVIE』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『七人の秘書 THE MOVIE』の作品情報・概要『七人の秘書 THE MOVIE』田村直己監督作品。中園ミホ脚本。2020年に放送されたTVドラマ『七人の秘書』劇場映映画化。表向きは“名乗るほどの者ではない”と目立つようなことはせず、裏ではそれぞれがスキルを発揮して弱い者を救う秘書たちの姿を描く。木村文乃(映画『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』)、広瀬アリス(映画『劇場版ラジエーションハウス』)、菜々緒(映画『マスカレード・ホテル』)、シム・ウンギョン(映画『ブルーアワーにぶっ飛ばす』や 映画『新聞記者』)、大島優子、室井滋(映画『大コメ騒動』や映画『小さいおうち』)、江口洋介(映画『るろうに剣心 京都大火編』や映画『るろうに剣心 最終章 The Beginning』や映画『コンフィデンスマンJP 英雄編』)、玉木宏(映画『極主夫道 ザ・シネマ』映画『キングダム2 遥かなる大地へ』や映画『空母いぶき』)、濱田岳(映画『大怪獣のあとしまつ』映画『劇場版 アーヤと魔女』や映画『引っ越し大名!』)、吉瀬美智子(映画『コンフィデンスマンJP』)、笑福亭鶴瓶(映画『ミニオンズ フィーバー』や映画『閉鎖病棟 それぞれの朝』)、内村遥、岐洲匠、丸川原瑛都らが出演。
2021年製作

映画『るろうに剣心 最終章 The Beginning』ネタバレ・あらすじ「金ロー観て泣こう」感想「佐藤健がカッコよすぎる」結末「続編期待!」

映画『るろうに剣心 最終章 The Beginning』ネタバレ・あらすじ「金ロー観て泣こう」感想「佐藤健がカッコよすぎる」結末「続編期待!」映画『るろうに剣心 最終章 The Beginning』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『るろうに剣心 最終章 The Beginning』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。 YouTubeで予告映像もご覧ください。 映画『るろうに剣心 最終章 The Beginning』の作品情報・概要 『るろうに剣心 最終章 The Beginning』2020年、新たな2部作として原作の「人誅編」をベースにした完結編『るろうに剣心 最終章 The Final』が同年7月3日公開予定だった。第1作へと続く序章『るろうに剣心 最終章 The Beginning』が8月7日にそれぞれ公開される予定だった。しか新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、「The Final」は2021年の4月23日、「The Beginning」は同年6月4日に公開が延期された。佐藤健、有村架純、高橋一生、村上虹郎、安藤政信、大西信満、池内万作、藤本隆宏、和田聰宏、中村達也、荒木飛羽、窪田正孝、高杉亘、高橋努、堀田真由、石田法嗣、大西武志、渡辺真起子、奥野瑛太、平埜生成、一ノ瀬ワタル、成田瑛基、野中隆光、松澤匠、増田健一、渡部龍平、菅原健、菅原永二、長野克弘、朝香賢徹、北村一輝、江口洋介らが出演。  
2022年製作

映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 策謀 第一章』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。

映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 策謀 第一章』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 策謀 第一章』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 策謀 第一章』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 策謀 第一章』の作品情報・概要映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 策謀 第一章』は田中芳樹の大長編SF小説「銀河英雄伝説」を、Production I.G制作により新たにアニメ化した「銀河英雄伝説 Die Neue These(ディ・ノイエ・テーゼ)」のフォースシーズン「策謀」。2018年のファーストシーズン「邂逅」(第1~12話)、19年のセカンドシーズン「星乱」(13~24話)、22年のサードシーズン「激突」(第25~36話)に続く物語で、フォースシーズン全12話(第37~48話)を3章に分けて上映するうちの第1章。宮野真守(映画『ミニオンズ フィーバー』や映画『ドラゴンボール超(スーパー) スーパーヒーロー』や映画『竜とそばかすの姫』)、鈴村健一(映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第三章』や映画『Fate/Grand Order 終局特異点 冠位時間神殿ソロモン』や映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』)、梶裕貴(映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第二章』や映画『ONE PIECE FILM RED』や映画『天気の子』)、諏訪部順一(映画『銀河英雄伝説 Die Neue These 激突 第一章』)、小野大輔、中村悠一、川島得愛、遠藤綾、三木眞一郎、坂本真綾、花澤香菜、手塚秀彰、野島健児、小原雅人、岩崎征実、大塚芳忠、園江治、石川界人、山路和弘、三宅健太、丹沢晃之、鈴木達央、安元洋貴、上村祐翔らが声優。
2021年製作

映画『るろうに剣心 最終章 The Final』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。

映画『るろうに剣心 最終章 The Final』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。映画『るろうに剣心 最終章 The Final』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『るろうに剣心 最終章 The Final』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『るろうに剣心 最終章 The Final』の作品情報・概要 『るろうに剣心』和月伸宏による日本の漫画『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』を原作とした日本の実写映画シリーズ。大友啓史監督作品。主演・佐藤健(映画『竜とそばかすの姫』や映画『るろうに剣心 伝説の最期編』)。アクション監督は谷垣健治(映画『燃えよデブゴン TOKYO MISSION』)。製作・配給はワーナー・ブラザース映画。武井咲(映画『るろうに剣心 京都大火編』)、新田真剣佑(映画『とんかつDJアゲ太郎』)、青木崇高(映画『朝が来る』)、蒼井優(映画『スパイの妻 劇場版』や映画『ある船頭の話』)、伊勢谷友介(映画『いのちの停車場』や映画『翔んで埼玉』や映画『マチネの終わりに』)、土屋太鳳(映画『大怪獣のあとしまつ』や映画『哀愁しんでれら』)、三浦涼介、音尾琢真、大西利空、中原丈雄、鶴見辰吾、小市慢太郎、阿部進之介、柳俊太郎、丞威(映画『ホテルローヤル』)、成田瑛基、荒木飛羽、小久保丈二
、テイ龍進、戸田昌宏、窪田正孝(映画『決戦は日曜日』や映画『劇場版ラジエーションハウス』)、渡辺大(映画『ノイズ』)、福山雅治(映画『沈黙のパレード』や映画『ラストレター』や映画『三度目の殺人』)、神木隆之介(映画『ホリック xxxHOLiC』や映画『るろうに剣心 京都大火編』)、北村一輝(映画『ヘルドッグス』)、有村架純(映画『花束みたいな恋をした』や映画『前科者』)らが出演。  
2022年製作

映画『沈黙のパレード』ネタバレ・あらすじ「犯人だれ?」感想「福山雅治」結末「東野圭吾作品」

映画『沈黙のパレード』ネタバレ・あらすじ「犯人だれ?」感想「福山雅治」結末「東野圭吾作品」映画『沈黙のパレード』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『沈黙のパレード』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『沈黙のパレード』の作品情報・概要『沈黙のパレード』東野圭吾の推理小説を映画化。西谷弘監督作品(映画『バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版』や映画『マチネの終わりに』)。福山雅治(映画『ラストレター』や映画『三度目の殺人』や映画『万引き家族』)、柴咲コウ(映画『燃えよ剣』や映画『ホリック xxxHOLiC』)、北村一輝(映画『ヘルドッグス』)、飯尾和樹、戸田菜穂、田口浩正、酒向芳、岡山天音(映画『キングダム2 遥かなる大地へ』や映画『ホテルローヤル』や 映画『新聞記者』)、川床明日香、出口夏希、村上淳(映画『うみべの女の子』や映画『ある船頭の話』)、吉田羊、檀れい(映画『奥様は、取り扱い注意』)、椎名桔平らが出演。  
2022年製作

映画『ヘルドッグス』ネタバレ・あらすじ「相関図を見ないとわからない」感想「松岡茉優が可愛い」結末「続編あるでしょ!」

映画『ヘルドッグス』ネタバレ・あらすじ「相関図を見ないとわからない」感想「松岡茉優が可愛い」結末「続編あるでしょ!」映画『ヘルドッグス』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ヘルドッグス』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ヘルドッグス』の作品情報・概要『ヘルドッグス』原田眞人監督作品。深町秋生による小説を映画化。岡田准一(映画『燃えよ剣』や映画『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』)、坂口健太郎(映画『余命10年』や映画『海街diary』や映画『今夜、ロマンス劇場で』)、松岡茉優(映画『万引き家族』や映画『蜜蜂と遠雷』)、MIYAVI、北村一輝、大竹しのぶ(映画『鉄道員(ぽっぽや)』や映画『借りぐらしのアリエッティ』)、金田哲、木竜麻生、中島亜梨沙、杏子、大場泰正、吉原光夫、尾上右近、田中美央、村上淳、酒向芳、赤間麻里子、吉田壮辰、小柳アヤカらが出演。
2022年製作

映画『ブレット・トレイン』ネタバレ・あらすじ「意味は新幹線」感想「ブラッド・ピットは運が悪いのか」結末「真田広之さん懐かしい」

映画『ブレット・トレイン』ネタバレ・あらすじ「意味は新幹線」感想「ブラッド・ピットは運が悪いのか」結末「真田広之さん懐かしい」映画『ブレット・トレイン』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ブレット・トレイン』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。YouTubeで予告映像もご覧ください。映画『ブレット・トレイン』の作品情報・概要 『ブレット・トレイン』原題『Bullet Train』は2022年公開のアメリカ合衆国のアクション・コメディ・スリラー映画。デヴィッド・リーチ監督作品。主演はブラッド・ピット(映画『ザ·ロストシティ』や『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』や映画『アド・アストラ』)。ジョーイ・キング、アーロン・テイラー=ジョンソン(映画『キングスマン ファースト・エージェント』や映画『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』)、ブライアン・タイリー・ヘンリー(映画『エターナルズ』や映画『ジョーカー』)、アンドリュー・小路、真田広之、マイケル・シャノン(映画『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』)、バッド・バニー、ザジー・ビーツ、ローガン・ラーマン、福原かれん 、サンドラ・ブロックらが出演。原作は伊坂幸太郎の小説『マリアビートル』  
タイトルとURLをコピーしました