映画『パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト』ネタバレ・あらすじ・「ジョニー・デップ最高潮!」感想「キーラ・ナイトレイの演技」結末「ディズニー世界制覇!」

映画『パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト』ネタバレ・あらすじ・「ジョニー・デップ最高潮!」感想「キーラ・ナイトレイの演技」結末「ディズニー世界制覇!」 アクション映画

映画『パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。

映画『パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。

YouTubeで予告映像もご覧ください。

『運だぜ!アート』ツイッターアカウント

『パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト』
2006年製作/151分/アメリカ
原題:Pirates of the Caribbean: Dead Man’s Chest
配給:ブエナビスタ

【監督】ゴア・バービンスキー【製作】ジェリー・ブラッカイマー【製作総指揮】マイク・ステンソン チャド・オマン ブルース・ヘンドリックス エリック・マクレオド【原案】テッド・エリオット テリー・ロッシオ スチュアート・ビーティー ジェイ・ウォルパート【脚本】テッド・エリオット テリー・ロッシオ【撮影】ダリウス・ウォルスキー【美術】リック・ハインリクス【衣装】ペニー・ローズ【編集】クレイグ・ウッド スティーブン・リフキン【音楽】ハンス・ジマー

【出演】
ジョニー・デップ オーランド・ブルーム キーラ・ナイトレイ ステラン・スカルスガルド ビル・ナイ ジャック・ダベンポート ケビン・マクナリー ジョナサン・プライス ナオミ・ハリス トム・ホランダー リー・アレンバーグ マッケンジー・クルック

  1. 映画『パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト』外部リンク
  2. 映画『パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト』日本テレビ系『金曜ロードSHOW!』2023.1.27 よる9時〜11時29分放送
    1. 2023.1.27 よる9時〜11時29分放送
  3. 映画『パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト』のオススメ度は?
  4. 映画『パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト』の作品情報・概要
  5. 映画『パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト』の受賞歴
    1. 第30回 日本アカデミー賞(2007年)ノミネート
      1. 外国作品賞
    2. 第79回 アカデミー賞(2007年)受賞
      1. 視覚効果賞ノミネート 美術賞 音響編集賞 音響録音賞
    3. 第64回 ゴールデングローブ賞(2007年)ノミネート
      1. 最優秀主演男優賞(コメディ/ミュージカル)
  6. 映画『パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト』のあらすじ・ネタバレ
    1. 映画『パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト』のあらすじ・ネタバレ:起
    2. 映画『パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト』のあらすじ・ネタバレ:承
    3. 映画『パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト』のあらすじ・ネタバレ:転
    4. 映画『パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト』のあらすじ・ネタバレ:結
  7. 映画『パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト』の感想・内容
  8. 映画『パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト』の考察・評価
  9. 映画『パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト』の結末
  10. 映画『パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト』のキャストについて
  11. まとめ 映画『パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト』一言で言うと!
  12. 『運だぜ!アート』本日の総合アクセスランキング
  13. 合わせて観たい映画
    1. 【スター・ウォーズシリーズ】
      1. 映画『スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス』
      2. 映画『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』
      3. 映画『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』
      4. 映画『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』
      5. 映画『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』
      6. 映画『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』
      7. 映画『スター・ウォーズ フォースの覚醒』
      8. 映画『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』
      9. 映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』
  14. 映画『パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト』の作品情報

映画『パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト』外部リンク

HPサイト】
映画『パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト』公式サイト

【予告映像】
映画『パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト』トレーラー

【公式Twitter
映画『パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト』

IMDbサイト】
映画『パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト』

Rotten Tomatoesサイト】
映画『パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト』

映画『パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト』日本テレビ系『金曜ロードSHOW!』2023.1.27 よる9時〜11時29分放送

2023.1.27 よる9時〜11時29分放送

『金曜ロードSHOW!』

映画『パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト』のオススメ度は?

4.0

星4つです

最後まで「面白さ全開!」です

「カリブへ行きたい」

映画『パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト』の作品情報・概要

『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』原題『Pirates of the Caribbean: Dead Man’s Chest』2006年のアメリカのファンタジー映画。ゴア・ヴァービンスキー監督作品。「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズの第2作目。『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』(2003年)の続編である。、脚本はテッド・エリオットとテリー・ロッシオが務める。前後編2部作の前編として2006年7月7日に米国で公開され、米国でのオープニング週末記録(1億3,600万ドル)、全世界での興行収入が10億ドルを超えた最速記録(63日間)、2006年の最高興行収入、ディズニー配給作品の最高興行収入など、当時のいくつかの記録を更新。2006年の全世界興行成績で第1位となった。アカデミー賞の美術賞、音響編集賞、音響賞にノミネートされ、視覚効果賞を受賞した。ジョニー・デップ、オーランド・ブルーム、キーラ・ナイトレイステラン・スカルスガルドビル・ナイジャック・ダベンポート、ケビン・マクナリー、ジョナサン・プライスナオミ・ハリストム・ホランダー、リー・アレンバーグ、マッケンジー・クルックらが出演。

映画『パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト』の受賞歴

第30回 日本アカデミー賞(2007年)ノミネート

外国作品賞

第79回 アカデミー賞(2007年)受賞

視覚効果賞ノミネート 美術賞 音響編集賞 音響録音賞

第64回 ゴールデングローブ賞(2007年)ノミネート

最優秀主演男優賞(コメディ/ミュージカル)

映画『パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト』のあらすじ・ネタバレ

映画『パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト』のあらすじ・ネタバレ:起

ジャックはデイヴィ・ジョーンズとの約束を交わし、ブラックパール号の船長を務めていたという過去がありました。

実際に船長だった期間は長くはありませんでしたが、デイヴィ・ジョーンズはジャックに約束を果たさせようと探し始めます。

ジャックはウィルの父であり、亡くなったハズのビルから話を聞き、ビルのようにデイヴィ・ジョーンズの船に100年仕えることに…。

ジャックは追手の届かない陸地に向かって船を走らせました。

島に到着すると、ジャックは首長と崇められ、原住民は彼を食べるための準備をします。

そこにジャックを探しに来たウィルが現れ、なんとか島を脱出。ジャックの仲間と共に海に出て、ウィルはエリザベスに危機が迫っていると知らせます。

映画『パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト』のあらすじ・ネタバレ:承

ジャックを助けたことでベケット卿はエリザベスを処刑すると言い、ウィルは彼女を助けるために「鍵」を探すことになりました。

ジャックに話を聞いて幽霊船の船長、デイヴィ・ジョーンズが鍵を持っているとわかり、ウィルは彼の船へ。

そこで父・ビルと再会し、共に船で労働を努めます。

ビルは鍵を盗む手助けをし、ウィルはなんとか鍵を手に入れ、ジャックと再び合流しました。

映画『パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト』のあらすじ・ネタバレ:転

その頃、ジャックはトルトゥーガの街でエリザベスとノリントンと再会。

エリザベスはウィルを助けるために海に出たと言い、ジャックは彼女に「鍵」で開ける「宝箱」を探させます。

島にたどり着いたジャックたちは「宝箱」を探しだし、そこにウィルも合流。

ジャックに騙されたと話しつつ、箱に入っているデイヴィ・ジョーンズの心臓が必要だと話します。

ノリントンもまた心臓があれば失った地位を取り戻せると考え、ジャックと対峙。

彼らが戦い始めるとデイヴィ・ジョーンズの船員たちも現れたことで混戦となります。

ジャックは手に入れたデイヴィ・ジョーンズの心臓を土の入った瓶に入れておき、船に追われたことからデイヴィ・ジョーンズと戦うことに…。

その際に瓶に心臓が入っていないことに気付くのでした。

映画『パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト』のあらすじ・ネタバレ:結

ウィルとエリザベスはブラックパール号の船員を指揮しつつ、クラーケンと戦って少しの間だけ退けることに成功。

その間に船を捨てて逃げようと考えました。エリザベスはジャックに手錠をかけて船に留まらせ、ウィルたちと共にボートへ…。

ジャックは船ごとクラーケンに食べられてしまいます。

ウィルたちはジャックに紹介されたティア・ダルマの元に行き、悲しみに暮れました。

そして、どんな手を使ってもジャックを取り戻したいと話すと、ティア・ダルマは一人の男を紹介。

その男は死んだはずのバルボッサであり、彼の案内の元、ジャックを助けにいくよう命じられたのです。

映画『パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト』の感想・内容

バルボッサの登場で映画が終わるという、とても気になる展開!

ティア・ダルマは何ものなのかも気になりつつ、ブラックパール号と共に死んだジャックを助けることが本当にできるのか?と思いましたね。

そうしたラストに引き込まれる中、ジャックやウィルの冒険も凄かったと改めて思います。

人を食べてしまう原住民が住まう島で逃げ回ったり、ティア・ダルマの住む川上にボートで向かったり…。

様々な場所を巡るのが今作の見どころでしょう。トルトゥーガの街では飲んだくれたちがケンカを始めて賑わいを見せるシーンも特徴的。

船上だけでなく、それぞれの場所ならではのアクションもおもしろかったです。

映画『パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト』の考察・評価

船に乗って旅をするにあたり、クラーケンの存在が恐ろしかったですね。

貿易船を襲う際には無数の触手で船員たちをあっという間になぎ払い、帆も簡単に折ってしまうのが凄い!

船も丸呑みしてしまうほどの大きい怪物は、噂通りの恐ろしさがありました。

そんなクラーケンを動かすのはデイヴィ・ジョーンズ。

彼の乗る幽霊船が合図をすることで、クラーケンが現れるという展開は目を見張ります。

幽霊船は潜航することも可能で、海賊たちは海でも活動できる身体を持っていたようでしたね。

海の生き物を思わせる皮膚や身体を持っているデイヴィ・ジョーンズ一味の姿が印象に残りました。

映画『パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト』の結末

そんな彼らに追われるジャックですが、さすがに恐怖を感じていたようでした。

欲しいものに指針を向けるコンパスが使えず、ウィルやエリザベスを利用してデイヴィ・ジョーンズの心臓を狙うという策は見事です。

ウィルもエリザベスも行動力があり、相手のためには命懸けで戦うことからジャックには都合が良かったのかもしれません。

非道な海賊では無いジャックですが、仲間を大事にするのは二の次のようですね。

一方、デイヴィ・ジョーンズは冷酷で、生き残った人間に自身に100年仕えるか、殺されるかを選ばせるのが恐ろしかったです。

彼の船で働き続けると、徐々に自分を見失ってしまうようでしたがビル・ターナーもいつか船の一部になってしまうのか不安を覚えました。

ウィルは父を助けるために再びデイヴィ・ジョーンズに挑むのか、それともベケット卿が動き出すのか、3作目が気になる!

ノリントンはジャックがデイヴィ・ジョーンズの心臓を隠していたのに気付き、心臓をベケット卿に届けたことを考えると展開が大きく変わるのではと思いました。

映画『パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト』のキャストについて

ジャック・スパロウ(ジョニー・デップ)
ウィル・ターナー(オーランド・ブルーム)
エリザベス・スワン(キーラ・ナイトレイ)
ビル・ターナー(ステラン・スカルスガルド)
デイヴィ・ジョーンズ(ビル・ナイ)
ジェームズ・ノリントン(ジャック・ダベンポート)
ギブス(ケビン・マクナリー)
スワン総督(ジョナサン・プライス)
ティア・ダルマ(ナオミ・ハリス)
ベケット卿(トム・ホランダー)
ピンテル(リー・アレンバーグ)
ラゲッティ(マッケンジー・クルック)

まとめ 映画『パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト』一言で言うと!

「ジョニー・デップが一番輝いていた時代」

『運だぜ!アート』本日の総合アクセスランキング

映画『ばるぼら』ネタバレ・あらすじ「美乳」二階堂ふみ&「美尻」稲垣吾郎の衝撃愛!手塚眞とクリストファー・ドイルが紡ぐ「究極の芸術愛」誕生!感想・結末。
映画『ヘルドッグス』ネタバレ・あらすじ「相関図を見ないとわからない」感想「松岡茉優が可愛い」結末「続編あるでしょ!」
映画『MOTHER マザー』ネタバレ・あらすじ「長澤まさみ新境地の“毒親”に拍手喝采」感想「美女は悪女が似合う」結末「阿部サダヲの“クソ”っぷりに激怒」
映画『楽園』ネタバレ・あらすじ・結末。ムラ社会は日本社会の縮図。長老(独裁者)の「決めつけ」こそ悪害なのだ。綾野剛、佐藤浩市もOKだが村上虹郎が最高だ!
映画『劇場版 転生したらスライムだった件 紅蓮の絆編』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。
【ネタバレ酷評】映画『カイジ ファイナルゲーム』カイジに日本の未来を賭けて欲しくない。『パラサイト 半地下の家族』を見習え。
映画『アド・アストラ』の意味とネタバレ・あらすじ・感想・結末。ブラピ史上最高演技。宇宙は自身の心にある。困難を克服して栄光を掴む。
映画『RRR』ネタバレ・あらすじ「大迫力」感想「友情映画」結末「インド映画の実力!」
【ネタバレ酷評】映画『マチネの終わりに』あらすじ・結末。物語も演出も撮影もダメ。福山雅治&石田ゆり子の糸引くキスシーン。
実話映画『愛と死をみつめて』ネタバレ・あらすじ「創価学会の意味?」感想「笠智衆が泣く」感想「軟骨肉腫で死亡」結末。

合わせて観たい映画

【スター・ウォーズシリーズ】

映画『スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス』

ジョージ・ルーカスが監督に復帰!22年ぶりです。

映画『スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス』ネタバレ・あらすじ・結末。アナキン・スカイウォーカー発見後の宇宙は平和になるのか
映画『スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』原題『Star Wars: Episode I The Phantom Menace』1999年に公開されたアメリカ映画。ジョージ・ルーカス監督作品。エピソード6から過去に戻りアナキン・スカイウォーカーを見つけ育てる物語。

映画『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』

アナキンの心の苦悩と恋愛を描いていると言うが・・・・。

映画『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』ネタバレ・あらすじ・結末。アナキンの禁じられた恋愛。母の死が後のダース・ベイダー誕生の布石となる。
映画『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。ディズニー公式サイトならびにIMDbサイトへのリンクもあります。 遠い昔、はるか彼方の銀河系で…。『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』原題『Star Wars: Episode II Attack of the Clones』2002年に公開されたアメリカ映画。ジョージ・ルーカス監督作品。アナキン・スカイウォーカーを主人公とする新三部作の第2章『エピソード2』に当たる。ユアン・マクレガー、ナタリー・ポートマン、ヘイデン・クリステンセンらが出演。

映画『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』

アナキンがついにダースサイドに落ちます

映画『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』ネタバレ・あらすじ・結末。ジョージ・ルーカス最後の監督作品。黒澤明とアメリカン・ニューシネマへの愛を込めて。
こちらからお読みください。『スター・ウォーズ』シリーズ全部をまとめて紹介しています。 映画『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラスト...

映画『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』

『スター・ウォーズ』シリーズ第一弾、全てはここから始まった

映画『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』ネタバレ・あらすじ・結末。ルークはルーカスの化身。銀河帝国はハリウッドメジャー映画会社。
映画『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。ディズニー公式サイトならびにIMDbサイトにて作品情報・キャスト情報も紹介しています。遠い昔、遥か彼方の銀河系で…。 『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』原題『Star Wars: Episode IV A New Hope』1977年に公開されたアメリカ映画。ジョージ・ルーカス監督・脚本。2019年の映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』まで全9作品の最初の映画。壮大なスペースオペラでありサーガの始まり。映画シリーズとしては最大のヒットとなる。

映画『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』

ハン・ソロが、、、。レジスタンス最大に危機に、、、。

映画『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』ネタバレ・あらすじ・結末。ハリソン・フォード好演がシリーズ存続を決めた。シリーズ最高傑作!
映画『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』ディズニー公式サイトならびにIMDbサイトでも情報も紹介しています。『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』原題『Star Wars: Episode V The Empire Strikes Back』1980年に公開されたアメリカ合衆国の映画。『スター・ウォーズ』シリーズ第二弾。監督はアーヴィン・カーシュナー。主演はマーク・ハミルとキャリー・フィッシャー。他にハリソン・フォード、ビリー・ディー・ウィリアムズ、アンソニー・ダニエルズ。ジョージ・ルーカスは製作総指揮。

映画『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』

完全なるハッピーエンド これで銀河は平和になった

映画『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』ネタバレ・あらすじ・結末。新作『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』と比較視聴。
映画『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』ディズニー公式サイトならびにIMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』原題『Star Wars: Episode VI Return of the Jedi』1983年に公開されたアメリカ映画。旧三部作の『エピソード6』アメリカでの公開当初のタイトルは『Return of the Jedi』(『ジェダイの帰還』)。日本での公開当初のタイトルは『スター・ウォーズ/ジェダイの復讐』。後年DVDの発売により本タイトルになった。監督はリチャード・マーカンド。ジョージ・ルーカスは製作総指揮。

映画『スター・ウォーズ フォースの覚醒』

スター・ウオーズシリーズ一番の人気作品と言われています。

映画『スター・ウォーズ フォースの覚醒』ネタバレ・あらすじ・結末。ハリソン・フォード無念の死。息子が悪に魂を売る。宇宙で家族再生を目指す映画。
映画『スター・ウォーズ フォースの覚醒』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。

映画『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』

シリーズ一番の問題作です。でも観ておくべき!

映画『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』ネタバレ・あらすじ・結末・感想。シリーズ最大の問題作。世界で賛否両論。アダム・ドライバーは輝いている。
映画『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』ディズニー公式サイトならびにIMDbサイトから作品情報・キャスト情報の紹介もしています。日本テレビ金曜ロードSHOW!でテレビ初登場。『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』原題『Star Wars: The Last Jedi』2017年公開のアメリカ映画。「スター・ウォーズ フォースの覚醒」に続く3部作の第2部で監督はライアン・ジョンソン。レイ(デイジー・リドリー) を主人公とする。フィン(ジョン・ボイエガ)カイロ・レン(アダム・ドライバー) が花を添える。 配給はウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ。

映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』

スカイ・ウォーカーファミリーの物語が終わります

【ネタバレ考察】映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』あらすじ・結末・感想。レイの親・祖父は誰?J・J・エイブラムスは忖度しすぎ
【ネタバレ考察】映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』あらすじ・結末・感想。レイの親・祖父は誰?J・J・エイブラムスは忖度しすぎ映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』の作品概要遠い昔、はるか彼方の銀河系で…。『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』原題『Star Wars: The Rise Of Skywalker』2019年12月20日に公開されたアメリカ映画。『スター・ウォーズ』シリーズにおける実写映画本編の第9作品目で最終作品。『スター・ウォーズ』シリーズの3部作『スター・ウォーズ フォースの覚醒』(2015)『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』(17)の最後を飾るのが本作『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』である。スカイウォーカーファミリーの物語が完結する。監督は映画『スター・ウォーズ フォースの覚醒』のJ・J・エイブラムス。主演は映画『スター・ウォーズ フォースの覚醒』や映画『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』のデイジー・リドリー。映画『マリッジ・ストーリー』や映画『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』や映画『デッド・ドント・ダイ』のアダム・ドライバー、 ジョン・ボイエガ、オスカー・アイザック、映画『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』のマーク・ハミル、映画『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』のキャリー・フィッシャーが脇を固める。

映画『パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト』の作品情報

映画.comより一部引用
スタッフ・キャスト
監督
ゴア・バービンスキー
製作
ジェリー・ブラッカイマー
製作総指揮
マイク・ステンソン チャド・オマン ブルース・ヘンドリックス エリック・マクレオド
原案
テッド・エリオット テリー・ロッシオ スチュアート・ビーティー ジェイ・ウォルパート
脚本
テッド・エリオット テリー・ロッシオ
撮影
ダリウス・ウォルスキー
美術
リック・ハインリクス
衣装
ペニー・ローズ
編集
クレイグ・ウッド スティーブン・リフキン
音楽
ハンス・ジマー
ジャック・スパロウ(ジョニー・デップ)
ウィル・ターナー(オーランド・ブルーム)
エリザベス・スワン(キーラ・ナイトレイ)
ビル・ターナー(ステラン・スカルスガルド)
デイヴィ・ジョーンズ(ビル・ナイ)
ジェームズ・ノリントン(ジャック・ダベンポート)
ギブス(ケビン・マクナリー)
スワン総督(ジョナサン・プライス)
ティア・ダルマ(ナオミ・ハリス)
ベケット卿(トム・ホランダー)
ピンテル(リー・アレンバーグ)
ラゲッティ(マッケンジー・クルック)
2006年製作/151分/アメリカ
原題:Pirates of the Caribbean: Dead Man’s Chest
配給:ブエナビスタ

タイトルとURLをコピーしました