映画『スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス』ネタバレ・あらすじ・結末。アナキン・スカイウォーカー発見後の宇宙は平和になるのか

スポンサーリンク
映画『スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス』ネタバレ・あらすじ・結末。アナキン・スカイウォーカー発見後の宇宙は平和になるのかSF映画

こちらからお読みください。『スター・ウォーズ』シリーズ全部をまとめて紹介しています。

スター・ウォーズ初心者はここから!映画を見る順番や見所をわかりやすく解説!ネタバレ若干あり!
【スター・ウォーズの基本の基】映画を見る順番や見所をわかりやすく解説!初心者必見ネタバレ若干あり!スター・ウォーズ全シリーズのネタバレ・あらすじも別ページで詳しく解説。ジョージ・ルーカス構想のスター・ウォーズシリーズが遂に「スター・ウォーズ」シリーズ最新映画、「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」で完結します。スター・ウォーズを新たに見たい人はどの順番で観たら良いのか迷っているのも事実です。ここではスター・ウォーズをより深く理解するための順番と物語を徹底解説しています。偉大なサーガでした。世界中で大ヒットし熱狂的なファンがいます。ディズニー製作になったことでスター・ウォーズは永遠になりました。

映画『スター・ウォーズ エピソード1ファントム・メナス』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。

映画『スター・ウォーズ エピソード1ファントム・メナス』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。

YouTubeで予告映像もご覧ください。

Star Wars: Episode I - The Phantom Menace (1999) - IMDb
Directed by George Lucas. With Ewan McGregor, Liam Neeson, Natalie Portman, Jake Lloyd. Two Jedi escape a hostile blockade to find allies and come across a you...
3D Re-release Version
Two Jedi knights uncover a wider conflict when they are sent as emissaries to the blockaded planet Naboo.
映画『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス 3D』予告編

『スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス』(133分/アメリカ/1999)
原題『Star Wars: Episode I – The Phantom Menace』
【監督】
ジョージ・ルーカス
【製作】
リック・マッカラム
【出演】
リーアム・ニーソン
ユアン・マクレガー
ナタリー・ポートマン
ジェイク・ロイド

スポンサーリンク
  1. 映画『スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス』のオススメ度は?
  2. 映画『スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス』の作品概要
  3. 映画『スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス』のあらすじ・ネタバレ
  4. 映画『スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス』の感想・評価・内容・結末
    1. 『スター・ウォーズ9/スカイウォーカーの夜明け』が世界公開
    2. 『スター・ウォーズ』シリーズを挫折する原因
    3. 宇宙に舞台を移した戦争映画と考えれば楽です
    4. ジェダイは西洋的には騎士、でも目指すはサムライ
    5. アナキンは絶対神か悪魔かは次回作からわかります
  5. まとめ 映画『スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス』一言で言うと!
  6. 合わせて観たい映画
    1. 【スター・ウォーズシリーズ】
      1. 映画『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』
      2. 映画『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』
      3. 映画『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』
      4. 映画『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』
      5. 映画『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』
      6. 映画『スター・ウォーズ フォースの覚醒』
      7. 映画『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』
      8. 映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』
  7. 映画『スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス』の作品情報

映画『スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス』のオススメ度は?

3.5

3つ半です。

ナタリー・ポートマンがとにかく可愛いです。

キーラ・ナイトレイが影武者です。

アナキン・スカイウォーカーを見つける話です。

フォースとは超能力みたいな力

ジェダイとは騎士日本語では「サムライ」のような戦士です。

スポンサーリンク

映画『スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス』の作品概要

遠い昔、はるか彼方の銀河系で

『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』原題『Star Wars: Episode I The Phantom Menace1999年に公開されたアメリカ映画。ジョージ・ルーカス監督作品。エピソード6から過去に戻りアナキン・スカイウォーカーを見つけ育てる物語。

スポンサーリンク

映画『スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス』のあらすじ・ネタバレ

平和な惑星ナブーが銀河通商連合に襲撃される。事件の真相を探るため調査に向かったのはジェダイ騎士のクワイ=ガン・ジンとオビ=ワン・ケノービ。二人は宇宙船の不調で砂の惑星タトゥイーンに不時着してしまう。しかしそこで偶然出会った9歳の少年アナキンに注目する。アナキンはクワイ=ガン・ジンとオビ=ワン・ケノービと同じく、いやそれ以上のフォースの力を持っていたのだった。クワイ=ガンは、アナキンをジェダイ騎士団に入団させようとするが……

スポンサーリンク

映画『スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス』の感想・評価・内容・結末

『スター・ウォーズ9/スカイウォーカーの夜明け』が世界公開

20191220日(金)いよいよ『スター・ウォーズ9/スカイウォーカーの夜明け』が世界同時公開されます。

1作が1977年ですからかれこれ42年経ちました。

これで完結といわれていますが、わたしはアメリカ映画のそう言った宣伝文句を信じませんし、出来ることなら新たな展開を期待してしまうわたしだけではないでしょう。

しかも現在のスターウォーズから原作・発案者のジョージ・ルーカスは一線を引いています。

今はディズニーが製作していますから、本作『スター・ウォーズ9/スカイウォーカーの夜明け』が終わってからの新シリーズは当然行ってくるでしょう。

『スター・ウォーズ』シリーズを挫折する原因

さて、ひとえに『スター・ウォーズ』と言ってもあまりにも多すぎて何がなんだかわからないという人がいるのも事実です。

また現在と過去が入り混じっていて途中で観るのをやめてしまった人もいます。

「どこから観て良いかわからない」これが非常に多い意見です。

せっかくの新作が公開されますから急いで過去作から観ている人も多いです。

わたし的なアドバイスとしてはまずは新作を楽しむためには『スター・ウォーズ/フォースの覚醒(エピソード7)』と『スター・ウォーズ/最後のジェダイ(エピソード8)』の2本を観ておけば十分です。

これだけで楽しまめす。

そして余裕があるのでしたら、『スター・ウォーズ エピソード1ファントム・メナス』から順番に観ていくことをオススメします。

間違っても初期の『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』から観るのはやめたほうが良いでしょう。

混乱します。

混乱の原因は1、2、3より新しい時代なのに映像・合成技術、キャラクターデザインがちょっと古いところがです。

そして4を観た後に1、2、3へ行くと最新のCGを使いまくっているのに時代は4よりずっと前の話、過去の話になるからです。

もうここで挫折する人が続出してきます。

ですからわたしのオススメは1、2、3と観ていくことです。

宇宙に舞台を移した戦争映画と考えれば楽です

さて、そもそもなんでまた宇宙戦争になるのかという素朴な疑問が浮かびます。

結局、人間は本能的にか支配したい欲求があるからです。

これは植物も動物も虫も魚を同じです。

種の保存のために、われ先に遺伝子を残そうとします。

熱帯雨林の草花は他よりも早く光を手に入れることで大きく育ち、受精して種を残します。

人間もこの世に生まれてからずっと争いをしてきています。

もう終わることはありません。永遠に続きます。

その舞台を地球から宇宙へ移して宇宙戦争、『スターウォーズ』として描いたジョージ・ルーカスの着眼点に敬意を払います。

ですから簡単に言ってしまうと、舞台を宇宙に移しただけの戦争物語です。

地球では土地や油田、水、そして人を支配して金銭的なモノを手に入れますが、本映画では星を手に入れようとか、燃料を手に入れようという描写はあまりありません。

宇宙の平和という言葉はよく出てきます。

もっと出てくるのは宇宙征服です。

この二つを並べるといわゆる善悪の構図が見えてきます。

スター・ウォーズは宇宙空間で戦争をする善と悪の戦いです。

これは勧善懲悪の物語で、最も人間が好む設定になっています。

映画を観ているとはっきりと正義の区別がつくところも人を惹きつけてやみません。

もっと簡単にイメージするならアメリカvsソビエトの戦いを思い浮かべましょう。

この映画が公開されたのは1977年です。

まだアメリカとソビエトが半目していた時代です。

当時のアメリカ映画ではソビエトを敵とみなす映画が多かったです。

アメリカ人であるルーカスも本映画『スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス』には両国の争いをモチーフにしているのは間違い無いでしょう。

もちろん正義はアメリカ、悪はソビエトです。

ジェダイは西洋的には騎士、でも目指すはサムライ

さて、本映画『スター・ウォーズ エピソード1ファントム・メナス』は後々のシリーズを引っ張るアナキン・スカイウォーカーを見つけて育てる話です。

このアナキンは将来的に悪の化身のダース・ベイダーになります)

アナキンはフォースという力を生まれながらに持っています。

このフォースとは簡単に言ってしまえば超能力のようなものです。

モノを自在に空中浮遊させたり、人を吹き飛ばしたり、心を読んだりします。このフォースを持っている者を特訓させてジェダイに育てるのです。

ジェダイとは騎士です。

ジェダイはフォースを自在に使い、ライトセーバーという剣の達人になって初めて認められる憧れの存在です。

ここでジェダイを観ているとまるで剣道を見ている気持ちになります。

そうです。

ルーカスは日本の武士道、サムライから強い影響を受けています。

ご存知かと思いますが、ルーカスは黒澤明監督を尊敬しています。

黒澤作品の『七人の侍』と『隠し砦の三悪人』からスター・ウォーズの着想を得たといわれるほどです。

ですからジェダイの剣さばきは刀さばきに重なるのは無理ありません。

またアナキンの着ている服は着物をモチーフにしていますからもはや日本文化へのオマージュありきです。

そういった意味でも『スター・ウォーズ』シリーズはわたしたち日本人にとっては馴染深い作品であると思います。

アナキンは絶対神か悪魔かは次回作からわかります

さてさて、再び映画の話に戻ります。

アナキン誕生はまるでキリスト誕生と重なります。

母親は「父親はいない、自然にできた」と言います。

聖母マリアと同じ設定です。

これはつまり選ばれし者、絶対神そのものをイメージさせます。

アナキンを手に入れることで宇宙が平和か騒乱かがテーマにもなっていきます。

(逆にいうと「アナキンがいるから世界平和が乱れる」です)

でも『スター・ウォーズ エピソード1ファントム・メナス』は幼少のアナキンを引き取り訓練するところで終わります。

アナキンにはマスター、つまり先生がつきます。

先生と弟子の一子相伝が行われるのです。これも日本の武士道に通じますね。

映画の中では激しい戦闘シーンもありますが、まずはアナキンを見つけて貰い受ける、ということだけ理解すれば次作が楽しめます。

宇宙でも戦闘シーンも光が綺麗だなあって感覚で見れば良いと思います。

またナタリー・ポートマンの影武者がキーラ・ナイトレイだというのも見ものです。

これは必見ですね。

スポンサーリンク

まとめ 映画『スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス』一言で言うと!

スポンサーリンク

合わせて観たい映画

【スター・ウォーズシリーズ】

映画『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』

アナキンの心の苦悩と恋愛を描いていると言うが・・・・。

映画『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』ネタバレ・あらすじ・結末。アナキンの禁じられた恋愛。母の死が後のダース・ベイダー誕生の布石となる。
映画『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。ディズニー公式サイトならびにIMDbサイトへのリンクもあります。 遠い昔、はるか彼方の銀河系で…。『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃...

 

映画『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』

アナキンがついにダースサイドに落ちます

映画『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』ネタバレ・あらすじ・結末。ジョージ・ルーカス最後の監督作品。黒澤明とアメリカン・ニューシネマへの愛を込めて。
こちらからお読みください。『スター・ウォーズ』シリーズ全部をまとめて紹介しています。 映画『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラスト...

映画『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』

『スター・ウォーズ』シリーズ第一弾、全てはここから始まった

映画『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』ネタバレ・あらすじ・結末。ルークはルーカスの化身。銀河帝国はハリウッドメジャー映画会社。
映画『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。ディズニー公式サイトならびにIMDbサイトにて作品情報・キャスト情報も紹介しています。遠い昔、遥か彼方の銀河系で…。 『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』原題『Star Wars: Episode IV A New Hope』1977年に公開されたアメリカ映画。ジョージ・ルーカス監督・脚本。2019年の映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』まで全9作品の最初の映画。壮大なスペースオペラでありサーガの始まり。映画シリーズとしては最大のヒットとなる。

映画『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』

ハン・ソロが、、、。レジスタンス最大に危機に、、、。

映画『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』ネタバレ・あらすじ・結末。ハリソン・フォード好演がシリーズ存続を決めた。シリーズ最高傑作!
映画『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』ディズニー公式サイトならびにIMDbサイトでも情報も紹介しています。『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』原題『Star Wars: Episode V The Empire Strikes Back』1980年に公開されたアメリカ合衆国の映画。『スター・ウォーズ』シリーズ第二弾。監督はアーヴィン・カーシュナー。主演はマーク・ハミルとキャリー・フィッシャー。他にハリソン・フォード、ビリー・ディー・ウィリアムズ、アンソニー・ダニエルズ。ジョージ・ルーカスは製作総指揮。

映画『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』

完全なるハッピーエンド これで銀河は平和になった

映画『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』ネタバレ・あらすじ・結末。新作『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』と比較視聴。
映画『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』ディズニー公式サイトならびにIMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』原題『Star Wars: Episode VI Return of the Jedi』1983年に公開されたアメリカ映画。旧三部作の『エピソード6』アメリカでの公開当初のタイトルは『Return of the Jedi』(『ジェダイの帰還』)。日本での公開当初のタイトルは『スター・ウォーズ/ジェダイの復讐』。後年DVDの発売により本タイトルになった。監督はリチャード・マーカンド。ジョージ・ルーカスは製作総指揮。

映画『スター・ウォーズ フォースの覚醒』

スター・ウオーズシリーズ一番の人気作品と言われています。

映画『スター・ウォーズ フォースの覚醒』ネタバレ・あらすじ・結末。ハリソン・フォード無念の死。息子が悪に魂を売る。宇宙で家族再生を目指す映画。
映画『スター・ウォーズ フォースの覚醒』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。

映画『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』

シリーズ一番の問題作です。でも観ておくべき!

映画『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』ネタバレ・あらすじ・結末・感想。シリーズ最大の問題作。世界で賛否両論。アダム・ドライバーは輝いている。
映画『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』ディズニー公式サイトならびにIMDbサイトから作品情報・キャスト情報の紹介もしています。日本テレビ金曜ロードSHOW!でテレビ初登場。『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』原題『Star Wars: The Last Jedi』2017年公開のアメリカ映画。「スター・ウォーズ フォースの覚醒」に続く3部作の第2部で監督はライアン・ジョンソン。レイ(デイジー・リドリー) を主人公とする。フィン(ジョン・ボイエガ)カイロ・レン(アダム・ドライバー) が花を添える。 配給はウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ。

映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』

スカイ・ウォーカーファミリーの物語が終わります

【ネタバレ考察】映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』あらすじ・結末・感想。レイの親・祖父は誰?J・J・エイブラムスは忖度しすぎ。
映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』エピソード9のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説。公式サイトにて作品情報・キャストもご確認。『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』から始まったスカイウォーカーファミリーの物語が完結。前売り券は呼ぶように売れ劇場グッツやパンフレットも様々あるが?レイとカイロのその後の物語

 

スポンサーリンク

映画『スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス』の作品情報

映画.comより一部引用
スタッフ・キャスト
監督
ジョージ・ルーカス
製作
リック・マッカラム
製作総指揮
ジョージ・ルーカス
脚本
ジョージ・ルーカス
撮影
デビッド・タッターサル
美術
ギャビン・ボケット
編集
ロジャー・バートン ベン・バート
衣装
トリシャ・ビガー
音楽
ジョン・ウィリアムズ
サウンドデザイン
ベン・バート
デザインディレクター
ダグ・チャーン
視覚効果監修
ジョン・ノール デニス・ミューレン スコット・スキヤーズ
アニメーション監督
ロブ・コールマン
クワイ=ガン・ジン(リーアム・ニーソン)
オビ=ワン・ケノービ(ユアン・マクレガー)
パドメ・アミダラ(ナタリー・ポートマン)
アナキン・スカイウォーカー(ジェイク・ロイド)
パルパティーン元老院議員イアン・マクダーミド
シミ・スカイウォーカーペルニラ・アウグスト
シオ・ビブルオリバー・フォード・デイビス
パナカ隊長ヒュー・クァーシー
ジャー・ジャー・ビンクスアーメッド・ベスト
C-3POアンソニー・ダニエルズ
R2-D2ケニー・ベイカー
ヨーダ(声)フランク・オズ
バローラム最高議長テレンス・スタンプ
ボス・ナスブライアン・ブレッスド
ワトーアンドリュー・セコンブ
ダース・モールレイ・パーク
セブルバルイス・マクリード
ウォルドワーウィック・デイビス
ヌート・ガンレイサイラス・カーソン
リック・オーリーラルフ・ブラウン
メイス・ウィンドゥサミュエル・L・ジャクソン
ドミニク・ウェスト
ソフィア・コッポラ
キーラ・ナイトレイ
1999年製作/133分/アメリカ
原題:Star Wars: Episode I – The Phantom Menace
配給:20世紀フォックス映画

タイトルとURLをコピーしました