映画『ブレット・トレイン』ネタバレ・あらすじ「意味は新幹線」感想「ブラッド・ピットは運が悪いのか」結末「真田広之さん懐かしい」

スポンサーリンク
映画『ブレット・トレイン』ネタバレ・あらすじ「意味は新幹線」感想「ブラッド・ピットは運が悪いのか」結末「真田広之さん懐かしい」2022年製作

映画『ブレット・トレイン』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト・予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。

映画『ブレット・トレイン』公式サイト・IMDbサイト・ Rotten Tomatoesサイトにて作品情報・キャスト情報ならびにレビューをご確認ください。

YouTubeで予告映像もご覧ください。

『運だぜ!アート』ツイッターアカウント

『ブレット・トレイン』
2022年製作/126分/R15+/日本
原題:Bullet Train
配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

【監督】デビッド・リーチ【製作】ケリー・マコーミック デビッド・リーチ アントワン・フークア【製作総指揮】ブレント・オコナー カット・サミック 寺田悠馬 三枝亮介【原作】伊坂幸太郎【脚本】ザック・オルケウィッツ【撮影】ジョナサン・セラ【美術】デビッド・ショイネマン【衣装】セーラ・イブリン【編集】エリザベット・ロナルズドッティル【音楽】ドミニク・ルイス【挿入歌】アヴちゃん 奥田民生【視覚効果監修】マイケル・ブラツェルトン

【出演】ブラッド・ピット ジョーイ・キング アーロン・テイラー=ジョンソン ブライアン・タイリー・ヘンリー アンドリュー・小路 真田広之 マイケル・シャノン バッド・バニー ザジー・ビーツ ローガン・ラーマン 福原かれん サンドラ・ブロック

スポンサーリンク

映画『ブレット・トレイン』外部リンク

HPサイト】
映画『ブレット・トレイン』公式サイト

【予告映像】
映画『ブレット・トレイン』トレーラー

【公式Twitter
映画『ブレット・トレイン』

IMDbサイト】
映画『ブレット・トレイン』

Rotten Tomatoesサイト】
映画『ブレット・トレイン』

スポンサーリンク

映画『ブレット・トレイン』のオススメ度は?

3.5

星3つ半です

企画は良いが、、、

日本のイメージって、、、

富士山が、、、

スポンサーリンク

映画『ブレット・トレイン』の作品情報・概要

『ブレット・トレイン』原題『Bullet Train』は2022年公開のアメリカ合衆国のアクション・コメディ・スリラー映画。デヴィッド・リーチ監督作品。主演はブラッド・ピット(映画『ザ·ロストシティ』『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』や映画『アド・アストラ』)。ジョーイ・キング、アーロン・テイラー=ジョンソン(映画『キングスマン ファースト・エージェント』や映画『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』)、ブライアン・タイリー・ヘンリー(映画『エターナルズ』や映画『ジョーカー』)、アンドリュー・小路、真田広之、マイケル・シャノン(映画『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』)、バッド・バニー、ザジー・ビーツ、ローガン・ラーマン、福原かれん 、サンドラ・ブロックらが出演。原作は伊坂幸太郎の小説『マリアビートル』

スポンサーリンク

映画『ブレット・トレイン』の受賞歴

無し(20229月現在)

スポンサーリンク

映画『ブレット・トレイン』のあらすじ・ネタバレ

映画『ブレット・トレイン』のあらすじ・ネタバレ:起

レディバグはマリアから仕事を受け、東京から新幹線に乗車。ブリーフケースを盗んで次の駅で下車する予定でしたが…。

ケースの持ち主である殺し屋のレモンとタンジェリンが探し始めたことで降りられなくなってしまいます。

レモンたちは誘拐されたホワイト・デスの息子を救出し、身代金の入ったケースを持ち帰るという任務がありました。

しかし、新幹線内で何者かに息子を殺され、ケースも無くなったことで血眼になって犯人捜しをしていたのです。

レディバグは命の危機を悟り、レモンにケースを返すと交渉に行きますが失敗トイレに隠れて彼らに見つからないよう過ごします。

映画『ブレット・トレイン』のあらすじ・ネタバレ:承

その頃、車内ではプリンスと木村が行動を共にし、ゴミ箱に隠されていたケースを発見。

プリンスは木村にケースを解錠するよう指示します。木村の息子のワタルはプリンスに命を狙われており、指示に従うしかありません。

そうして木村は暗証番号を突き止めてケースを解錠。プリンスは中に爆弾を仕掛けてゴミ箱に戻すと、レモンが彼らを見かけたことで状況が変わります。

プリンスはケースの場所を言うつもりはありませんでしたが、レモンは彼女の本性を察しました。

木村は彼女の命が危ぶまれるとワタルの命が無いと考えて庇い、レモンに撃たれることに…。

そのままレモンはプリンスにも銃を向けますが、飲んでいた水に睡眠薬が入っていたことで倒れてしまい、プリンスは彼を銃で撃ちます。

映画『ブレット・トレイン』のあらすじ・ネタバレ:転

一方、タンジェリンはレディバグによって一度は新幹線を降ろされましたが車内に戻ることに成功。

撃たれたレモンを発見し、彼がプリンスに目印を付けていたことで銃を向けました。

そこにレディバグが現れ、女の子が危機にさらされていると感じてタンジェリンを殺害。プリンスと共に京都に向かうことになります。

途中駅で木村の父に声を掛けられました。

木村からの電話で孫たちの危機を察した彼は米原駅で新幹線に乗車し、プリンスの声に聞き覚えがあって彼女を問い詰めます。

プリンスはその場を去り、木村の父は息子と孫を助けることができました。

レディバグは木村の父がホワイト・デスに復讐しようとしていると聞き、京都で決着をつけることになるのです。

映画『ブレット・トレイン』のあらすじ・ネタバレ:結

新幹線は京都に到着し、レディバグはケースをホワイト・デスに渡して時間を稼ぎます。

ホワイト・デスは新幹線に殺し屋を集めたのは、亡き妻の仇を取るためだと語りました。

レディバグは彼の話を聞き、自分も命を狙われていると知って焦りますがブリーフケースが爆発。

プリンスが仕掛けていた爆弾によるものでしたが、レディバグは新幹線に避難することができました。

撃たれて生きながらえていたレモンは新幹線を発進させ、車内で木村とその父、レディバグたちがホワイト・デスと手下と共に戦い始めます。

レディバグは暴走する新幹線を止めるために緊急停止ボタンを作動させ、横倒しになって止まる新幹線…。

ホワイト・デスは致命傷を負いましたが、木村たちに向けて銃の引き金を引きます。

その銃はプリンスが仕掛けをしていたことで暴発。

ホワイト・デスは死に、それを見たプリンスは生き残った者たちに銃を向けるとトラックが彼女をはねたのです。

レディバグは迎えに来てもらい、帰路に付いて物語は幕を閉じます。

スポンサーリンク

映画『ブレット・トレイン』の感想・内容

レディバグはウルフやホワイト・デスに命を狙われるのですが、全く心当たりがない様子でしたね。

ウルフは結婚式を妨害されただけでなく、妻を含む参加者が暗殺されたことで新幹線に行き着いた…。

毒殺を得意とする殺し屋のホーネットによる犯行でしたが、レディバグもその場に居合わせたことで狙われることになるとは不運だったと言えるでしょう。

また、ホワイト・デスに狙われたも人違いということで、やっぱり不運。

ホワイト・デスは妻を事故死させたカーバーという男を狙っており、マリア経由で仕事を依頼していたのです。

カーバーの代理を急遽頼まれたレディバグですが、まさか殺し屋だらけの新幹線に居合わせることになるとは思いもよらなかったでしょうね。

レモンたちに狙われるのはケースが原因でしたが、ホワイト・デスの息子を殺したのではと疑われたり、疑いが晴れても犯人として仕立て上げられそうになったり…。

モモもんの着ぐるみを着て乗り込んでいたホーネットと鉢合わせて戦うの合わせて目が離せません。

ウルフやタンジェリンとの死闘と共にアクションも凄かったと改めて思います。

スポンサーリンク

映画『ブレット・トレイン』の考察・評価

プリンスはかわいい女の子の姿とは裏腹に残忍な手段もいとわない、恐ろしい人物でしたね。

映画の冒頭で木村が病院でうなだれて居る姿が映し出されましたが、幼い子供が屋上から落ちて目覚めない様子…。

目を離してしまったという責任を感じていた木村ですが、プリンスが犯人であると知って新幹線に乗り込むのです。

復讐を決意していたはずの木村ですが、指定した席に女の子が座っていたことで驚いていましたね。

それこそがプリンスの狙いであり、木村の隙を付いて気絶させるという手際の良さに目を見張りました。

そのまま彼の銃に細工をし、父親であるホワイト・デスを殺すという目的のために暗躍するためハラハラさせられます。

スポンサーリンク

映画『ブレット・トレイン』の結末

そして、ホワイト・デスを狙う木村の父の行動にも注目です。

木村からの電話でヒントを得るという洞察力、ワタルの病院には使者を待機させるという入念さ…。

ヤクザ組織のトップに近い存在だったことも踏まえると流石だと思いましたね。

ホワイト・デスとの因縁も踏まえて過去のストーリーに引き込まれました。

ストーリーや伏線の数々に引き込まれる映画でしたが、激しいアクションや「きかんしゃトーマス」のライトな話など、ユーモアのある演出も含めて楽しめる作品でした!

スポンサーリンク

映画『ブレット・トレイン』のキャストについて

レディバグ(ブラッド・ピット)
プリンス(ジョーイ・キング)
タンジェリン(アーロン・テイラー=ジョンソン)
レモン(ブライアン・タイリー・ヘンリー)
キムラ(アンドリュー・小路)
エルダー(真田広之)
ホワイト・デス(マイケル・シャノン)
ウルフ(バッド・バニー)
ホーネット(ザジー・ビーツ)
サン(ローガン・ラーマン)
福原かれん
マリア(サンドラ・ブロック)

スポンサーリンク

まとめ 映画『ブレット・トレイン』一言で言うと!

「ブラッド・ピットは私生活でも運が悪いのか」

スポンサーリンク

『運だぜ!アート』本日の総合アクセスランキング

映画『沈黙のパレード』ネタバレ・あらすじ「犯人だれ?」感想「福山雅治」結末「東野圭吾作品」
映画『ヘルドッグス』ネタバレ・あらすじ「相関図を見ないとわからない」感想「松岡茉優が可愛い」結末「続編あるでしょ!」
映画『人数の町』ネタバレ・あらすじ・感想。「衣食住完備」「性欲も満たされる」としたら住むことが出来るか?
映画『楽園』ネタバレ・あらすじ・結末。ムラ社会は日本社会の縮図。長老(独裁者)の「決めつけ」こそ悪害なのだ。綾野剛、佐藤浩市もOKだが村上虹郎が最高だ!
【ネタバレ酷評】映画『マチネの終わりに』あらすじ・結末。物語も演出も撮影もダメ。福山雅治&石田ゆり子の糸引くキスシーン。
映画『MOTHER マザー』ネタバレ・あらすじ「長澤まさみ新境地の“毒親”に拍手喝采」感想「美女は悪女が似合う」結末「阿部サダヲの“クソ”っぷりに激怒」
映画『ばるぼら』ネタバレ・あらすじ「美乳」二階堂ふみ&「美尻」稲垣吾郎の衝撃愛!手塚眞とクリストファー・ドイルが紡ぐ「究極の芸術愛」誕生!感想・結末。
映画『望み』ネタバレ・あらすじ・感想・結末「息子は加害者か被害者か」崩壊する家族「世間体」も気になる映画。
映画『閉鎖病棟 それぞれの朝』ネタバレ・あらすじ・結末。正義の男「鶴瓶に乾杯」に涙する綾野剛と小松菜奈。
映画『Wの悲劇』ネタバレ・あらすじ「薬師丸ひろ子最高!」感想「三田佳子vs世良公則&高木美保共演」結末「蜷川幸雄絶好調」その後『バブルの悲劇』が日本を襲う

スポンサーリンク

合わせて観たい映画

【アクション映画オススメ】

映画『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』

スパイと言ったらトム・クルーズです!

映画『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』ネタバレ・あらすじ・感想。トム・クルーズ(当時53歳)だけを観る映画。命を削る「狂気の沙汰」の映画製作に敬意。
映画『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』ネタバレ・あらすじ・感想。トム・クルーズ(当時53歳)だけを観る映画。命を削る「狂気の沙汰」の映画製作に敬意。 映画『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 映画『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』の作品情報・概要 『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』原題『Mission: Impossible - Rogue Nation』2015年公開のアメリカ合衆国のスパイ映画である。1996年、トム・クルーズが初めて製作に加わった『ミッション:インポッシブル』シリーズの5作目。映画内のアクションはほとんどトム・クルーズが行なっている。世界的な大スターが自らアクションを演じることは異例で毎回、話題を振りまくことが通例となっている。

『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』

ドウェイン・ジョンソンが世界ナンバーワンのアクションスター

映画『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』ドウェイン・ジョンソンの肉体美を観に行こう。ネタバレ・あらすじ・感想・結末
『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』(136分/アメリカ/2019) 原題『Fast & Furious: Hobbs & Shaw』 映画『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』のオススメ度は? ...

映画『ランボー ラスト・ブラッド』

ランボーの戦いは「終わったのか?」いや終わらないでしょう

映画『ランボー ラスト・ブラッド』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。スタローンが生きている限りランボーは「to be Continue」
映画『ランボー ラスト・ブラッド』ネタバレ・あらすじ・感想・結末。スタローンが生きている限りランボーは「to be Continue」映画『ランボー ラスト・ブラッド』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ランボー ラスト・ブラッド』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『ランボー ラスト・ブラッド』の作品情報・概要。『ランボー ラスト・ブラッド』原題『Rambo: Last Blood』2019年制作のアメリカ合衆国のアクション映画。シルヴェスター・スタローン主演・脚本のアクション映画『ランボーシリーズ』の第5作目。完結編と言われている。監督はエイドリアン・グランバーグ。先のシリーズではアメリカの敵なる巨悪と戦うパターンであったが、本作では自身のプライベートな復讐劇となっているのが特徴。

映画『ファイヤーフォックス』

ソビエトの戦闘機を盗むクリント・イーストウッド

映画『ファイヤーフォックス』ネタバレ・あらすじ・感想。クリント・イーストウッドがソンドラ・ロック(愛人)とマギー・ジョンソン(妻)の板挟み状態で製作した映画。
映画『ファイヤーフォックス』ネタバレ・あらすじ・感想。クリント・イーストウッドがソンドラ・ロック(愛人)とマギー・ジョンソン(妻)の板挟み状態で製作した映画。映画『ファイヤーフォックス』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。映画『ファイヤーフォックス』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『ファイヤーフォックス』の作品情報・概要『ファイヤーフォックス』原題『Firefox』クレイグ・トーマスの小説を元に1982年に製作されたアメリカ合衆国の映画。クリント・イーストウッド製作・監督・主演。著者のクレイグ・トーマスは1976年、北海道の函館空港に着陸して亡命を求めるソビエトの飛行士ベレンコ中尉亡命事件をモチーフに書き上げた小説。プライベートで混迷して、休んでいたクリント・イーストウッドの復帰作。

映画『コロンビアーナ』

復讐に燃える少女が美しい暗殺者に!

映画『コロンビアーナ』ネタバレ・あらすじ・感想。ゾーイ・サルダナがリュック・ベッソン製作でナタリー・ポートマン越えを狙うが、、。
映画『コロンビアーナ』ネタバレ・あらすじ・感想。ゾーイ・サルダナがリュック・ベッソン製作でナタリー・ポートマン越えを狙うが、、。 映画『コロンビアーナ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『コロンビアーナ』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 映画『コロンビアーナ』の作品情報・概要 『コロンビアーナ』原題『Colombiana』リュック・ベッソン製作・脚本。オリヴィエ・メガトン監督作品。ジェームズ・キャメロン監督の『アバター』で一躍世界のひのき舞台に躍り出たゾーイ・サルダナ主演。2011年のフランス・アメリカ合衆国のアクション映画。美女が殺し屋になって復讐を果たすというベッソンのお得意に物語。シリーズ化を目論んだが2作目は製作されていない。

映画『チャーリーズ・エンジェル』

やっぱり美女ばかりが活躍するアクションは素敵!

映画『チャーリーズ・エンジェル』ネタバレ感想。エンジェルのお色気路線は廃止。頭脳明晰エンジェル時代到来。
映画『チャーリーズ・エンジェル』ネタバレ感想。エンジェルのお色気路線は廃止。頭脳明晰エンジェル時代到来。映画『チャーリーズ・エンジェル』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品情報・概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『チャーリーズ・エンジェル』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館・お時間もご確認ください。映画『チャーリーズ・エンジェル』の作品情報・概要1970年代から80年代にかけてアメリカのテレビ番組としてスタートした『チャーリーズ・エンジェル』の映画版。2000年にキャメロン・ディアス、ドリュー・バリモア、ルーシー・リューの人気女優が共演して話題となり『チャーリーズ・エンジェル フルスロットル』も製作された。本作は最新映画となる。エリザベス・バンクスが製作・監督・脚本・出演を担当している。

映画『バッドボーイズ フォー・ライフ』

確かにウイル・スミスはカッコいいいけど、、、、

映画『バッドボーイズ フォー・ライフ』ネタバレ・あらすじ・感想。ウィル・スミスと息子の愛。アクションのキレは衰えた。ストレス発散できます。
映画『バッドボーイズ フォー・ライフ』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『バッドボーイズ フォー・ライフ』公式サイトにて作品情報・キャスト・上映館...

映画『ハンター』

元祖アクションスターはスティーブ・マックイーン

映画『ハンター』ネタバレ・あらすじ・結末。スティーブ・マックイーンの遺作。過去への罪滅ぼし。50歳での渾身のアクションは必見。
映画『ハンター』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ハンター』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 YouTubeで予告映...

 

 

スポンサーリンク

映画『ブレット・トレイン』の作品情報

映画.comより一部引用
スタッフ・キャスト
監督
デビッド・リーチ
製作
ケリー・マコーミック デビッド・リーチ アントワン・フークア
製作総指揮
ブレント・オコナー カット・サミック 寺田悠馬 三枝亮介
原作
伊坂幸太郎
脚本
ザック・オルケウィッツ
撮影
ジョナサン・セラ
美術
デビッド・ショイネマン
衣装
セーラ・イブリン
編集
エリザベット・ロナルズドッティル
音楽
ドミニク・ルイス
挿入歌
アヴちゃん 奥田民生
視覚効果監修
マイケル・ブラツェルトン
レディバグ(ブラッド・ピット)
プリンス(ジョーイ・キング)
タンジェリン(アーロン・テイラー=ジョンソン)
レモン(ブライアン・タイリー・ヘンリー)
キムラ(アンドリュー・小路)
エルダー(真田広之)
ホワイト・デス(マイケル・シャノン)
ウルフ(バッド・バニー)
ホーネット(ザジー・ビーツ)
サン(ローガン・ラーマン)
福原かれん
マリア(サンドラ・ブロック)
2022年製作/126分/R15+/日本
原題:Bullet Train
配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

タイトルとURLをコピーしました